1 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:06:05.06 nQBvhiJ00 1/15

クー子「・・・あれ、わたしなんでベッドに」

真尋「・・・すう・・・すう」

クー子「・・・少年? そうだ、急に頭がぼうっとして」

真尋「・・・・・・」

クー子「少年、徹夜で看病、してくれたの?」

真尋「・・・むにゃ」

クー子「・・・えへへ。ちょっと嬉しい」ツンツン

真尋「・・・ん、あ?」

クー子「あ、起こしちゃった」

真尋「クー子、大丈夫か?」

クー子「まだ少しだるいけど、平気」

元スレ
クー子「風邪ひいた私を少年は優しく看病するべき」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388671565/

4 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:14:48.29 nQBvhiJ00 2/15

クー子「・・・おかゆまで作ってくれてたんだ」

真尋「い、言っておくが、今回は特別だからな。病人だから仕方なく――」

クー子「少年、ありがとう」

真尋「・・・べ、別に感謝されるようなことじゃない」

クー子「ふふ、照れてる少年、可愛い」

真尋「うっさいな! ・・・じゃあ、僕は部屋に戻るから、ちゃんと食べろよ」

クー子「・・・わかった、ふーふーしてくれたら」

真尋「・・・へ」

クー子「クー子は猫舌、だから冷まして食べさせてあげるべき」マジ

5 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:19:04.90 nQBvhiJ00 3/15

真尋「いや、だったら、そこに置いておけば自然に冷めるんじゃ」

クー子「少年はわかってない」フルフル

真尋「な、なにをだよ」

クー子「女の子の気持ち。わたしの気持ち」

真尋「わ、わけわかんねーよ。と、とにかく、僕はそんなこと」

クー子「・・・せっかく少年が作ってくれた食事だから、美味しく召し上がりたい」

真尋「う・・・」

クー子「・・・くすん」

真尋「わ、わかったよ。それくらいなら・・・」

クー子「・・・ホント?」

6 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:20:03.76 nQBvhiJ00 4/15

真尋「ふー、はふー。・・・これくらいでいいかな」

クー子「いいと思う」

真尋「じゃあ、口開けて」

クー子「・・・あーん、を所望する」

真尋「ぼ、僕のキャラじゃないだろ!」

クー子「・・・くすん」

真尋「ぬぐ・・・あ、あーん」

クー子「素直な少年にクー子の好感度は滝登り」

真尋「鰻登りだろ、はよ食え」スッ

クー子「・・・いただきます」アーン

9 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:23:02.12 nQBvhiJ00 5/15

真尋「・・・どうだ?」

クー子「・・・べりぃぐー」グッ

真尋「そりゃよかった。・・・ふー、はふー」

クー子「・・・あーん」

真尋「はいはい」スッ

クー子「・・・・・・」モグモグ

真尋「それだけ食欲あるなら、心配なさそうだな」

クー子「・・・お水」

真尋「はぁ? せめて水差しくらい・・・・・・わかったから、そんな目で見るな」

クー子「・・・おお、以心伝心」

真尋「それは違う。絶対に違う」

11 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:29:06.50 nQBvhiJ00 6/15

クー子「ごちそう様でした」

真尋「はい、お粗末様でした」

クー子「少年、・・・その、ありがと」

真尋「気にすんなって。じゃあ僕は下にいくから、何かあったら」

クー子「・・・あ、少年、一つだけ」

真尋「うん?」

クー子「外に干してある着替え、持ってきてほしい」

真尋「ああ、まぁ、それくらいなら」

クー子「・・・あと、その、下着も」ポッ

真尋「・・・・・・」

12 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:33:26.71 nQBvhiJ00 7/15

――コンコン


クー子「入っていい」

真尋「・・・ほら、持ってきたぞ。着替え一式」

クー子「ありがと。・・・なんで顔を反らしてるの?」

真尋「聞かなくたってわかるだろ!」

クー子「冗談なのに、くすん」

真尋「いいからはよ受け取れ。いつまで持たせる気だ」

クー子「・・・少年」スッ

真尋「な、なんだよ」

クー子「・・・その、どう? クー子の下着」

真尋「ど、どうって言われたって、つかどんな返答期待してんだよ!」

クー子「・・・感想とか、印象とか」

13 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:36:00.36 nQBvhiJ00 8/15

真尋「ま、まぁ思ったより大人っぽい下着ではあったかな」

クー子「・・・被った?」

真尋「んなわけあるか!」

クー子「・・・少年、顔真っ赤」クス

真尋「もういい、僕はもう行くぞ」

クー子「・・・待って、いかないで」

真尋「・・・今度はなんだ」ウンザリ

クー子「その、汗びっしょりだから」

真尋「だから、こうして着替え持ってきただろ」ビシッ

クー子「・・・その前に、汗をふきふきしてほしい」

真尋「え・・・」ポッ

クー子「・・・少年は実に素直」

15 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:40:23.41 nQBvhiJ00 9/15

真尋「ち、違っ、これは!」

クー子「心配しなくても、背中だけ。少し節々が痛むから、お願い」

真尋「・・・ああ、そういうことか」

クー子「少年、どこまで期待した?」クス

真尋「なにもしてねーよ! つか、クー子。お前本当に大丈夫なのか?」

クー子「・・・なんのこと?」

真尋「いつものお前なら絶対にそこまで甘えてこないぞ」

クー子「・・・確かに、体調悪くて、弱気にはなってるかも」

真尋「だろうな」

クー子「・・・でも平気。少年になら触られても、嫌じゃないし」

真尋「」

16 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:42:47.75 nQBvhiJ00 10/15

クー子「じゃあ、お願い」

真尋「・・・水道水だから少し冷たいかもしれないぞ」ギュー

クー子「・・・問題ない、こう見えてもクー子は火の化身」エヘン

真尋「猫舌のな」

クー子「・・・くすん」

真尋「じゃあ、拭くぞ」スッ

クー子「いつでも来ていい――ひゃうんッ!?」ビクン

真尋「おわっ、って、ご、ごめん! ちょっと冷たすぎたかな」

クー子「ちょ、ちょっと驚いただけ。・・・大丈夫、やっているうちに慣れる」

真尋「じゃ、じゃあ続けるぞ」ソォ

19 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:47:19.70 nQBvhiJ00 11/15

クー子「――んっ、・・・ふぁっ、あっ」ゾクゾク

真尋「ばっ、おま、変な声出すなって・・・」ドキドキ

クー子「く、首は、弱いから、控えて」ハァハァ

真尋「わ、わかった。背中と脇を中心に」グィ

クー子「ひっ、あっ、ま、待って、そのタッチ、こそばゆくて」

真尋「・・・もういっそ自分でやったらどうだ?」

クー子「・・・も、もう少しだし、ちゃんと我慢するから」

真尋「・・・僕も別の意味で我慢しなきゃいけないんだけど」ボソ

クー子「少年、何か言った?」

真尋「・・・何でもないよ」

21 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:49:34.05 nQBvhiJ00 12/15

クー子「・・・はぁふぅ・・・はぁ・・・はぁ」グッタリ

真尋「・・・おまえ、発熱しすぎ」ダラー

クー子「だ、だって、風邪なんて引いたの初めてだし、それに」

真尋「・・・それに?」

クー子「少年に拭かれると・・・くすぐったくて」モジモジ

真尋「だから自分でやったらと何度も言った!」

クー子「それは、その、止めるのもなんだかもったいない気がして」

真尋「拭いてるうちに乾いちまったぞ、このタオル」カラッカラ

クー子「・・・それは、少年がえっちぃ手つきでクー子を辱めたから」

真尋「その物言いには断固として抗議させてもらう!」

クー子「・・・あの」ジー

真尋「・・・なんだよ」


クー子「ありがと・・・とても気持ちよかった」ウットリ


真尋「・・・っ、・・・お前ってば、ほんとに、ずるいやつだ」プイ

23 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:54:55.29 nQBvhiJ00 13/15

クー子「・・・さっきよりずっと楽になった、いぇい」

真尋「みたいだな。顔色がずっとよくなってる」

クー子「後はなにを頼もう・・・」

真尋「無理に頼みごとひりだすな。それより、少しでも長く寝た方がいいぞ」

クー子「ん、今なら寝れそう、かな」

真尋「夕飯ができたら起こしにくるから、それまで休んでろ」スクッ

クー子「・・・うん、そうする」

真尋「早く元気になってくれよ。クー子がそんなだとこっちまで調子狂っちまうし」ポリポリ

クー子「うん。・・・・・・ふふふ」

真尋「ん、なに笑ってるんだよ」

クー子「今日の少年は素直で、とても優しい。・・・悪くない」

真尋「むず痒くなるからやめてくれ。じゃあ今度こそ、お休み」バタン


クー子「・・・あ、まだひとつ頼めそうなことあった」

クー子「おやすみのちゅーをせがんだら、どんな顔するだろ。今度やってみよう」ボスッ

24 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:59:41.79 nQBvhiJ00 14/15

――翌朝


クー子「・・・ごはんできたら起こしてくれるって言った」プー

真尋「ご、ごめん。ぐっすり寝てたから、その」

クー子「・・・くすん」

真尋「で、でもさ、おかげでもうほとんど治ってるんじゃないか。すっきりした顔してるし」

クー子「話をすり替えない」ジロ

真尋「・・・だから、すまんって」

クー子「なんて、看病してくれた手前、怒るわけにもいかない」

真尋「・・・」ホッ

クー子「でも、いつか埋め合わせはしてもらう」

25 : 以下、名... - 2014/01/03(金) 00:07:01.65 e+eyZFYP0 15/15

真尋「わかった、約束する。――ああ、そういえばさ」

クー子「・・・?」

真尋「どんな夢みてたんだ? なんだかとても楽しそうだったけど」

クー子「・・・///」

真尋「な、なんで、そこで赤くなるんだよ」

クー子「こ、答えなきゃ、ダメ?」

真尋「気になるから、できれば答えてほしいが・・・どうしても嫌だってんなら」

クー子「その、少年が、クー子のことを・・・」ボソボソ

真尋「僕がクー子のことを?」

クー子「〇〇〇に自分の××だと△△してくれた」

真尋「」


おしまい

記事をツイートする 記事をはてブする