1 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 00:19:31.18 5RNrp25UT 1/24

真尋「ニャル子さんおはよう」

ニャル子さん「」

ニャル子「ってなんでさん付けで呼ぶんですか!真尋さん!」

真尋「お前だってさん付けで呼んでるじゃないか。呼ぶなら真尋って呼んでくれないか?」





みたいなイチャラブが見たいんです!お願いします!

元スレ
真尋「ニャル子さん」ニャル子「」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362151171/

11 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 00:26:41.79 wpqtmo7d0 2/24

真尋「少女」

クー子「……少年?」

真尋「おはよう、少女」

クー子「……なに、その呼び方」

真尋「お前だって僕のこと少年って言うだろ」

クー子「……そうだけど。いつも通りに呼んで欲しい」

真尋「自分だけってのはずるいだろ。だったらそっちも僕のこと真尋って呼んでくれ」

クー子「……え、と……」


ふむ。

18 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 00:39:41.26 wpqtmo7d0 3/24

真尋「ハス太くん」

ハス太「えっ……真尋くん?」

真尋「どうした? ハス太くん」

ハス太「な、なんで「くん」付けで呼ぶの?」

真尋「だってお前も僕のこと「くん」付けで呼ぶんだし、僕がそうしてもいいだろ?」

ハス太「で、でもなんだか他人行儀っぽいっていうか……」

真尋「え? じゃあお前、今まで僕に対して他人行儀だったのか?」

ハス太「ち、ちがくて! そうじゃなくて! うぅぅ……」ウルウル

20 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 00:46:44.35 wpqtmo7d0 4/24

ハス太「うえええええん、ニャル子ちゃああああん!」

クー子「……ニャル子。ハス太くんもやられたみたい」

ニャル子「ハス太くんもですか……単純ながら地味に効果絶大……流石は真尋さん……」

ハス太「どうしよぉ……真尋のいじわる……」

ニャル子「参りましたね……我々の場合、同じ方法で返す、という手は使えませんし……」

クー子「……いっそのこと……燃やす?」

ニャル子「試そうとした瞬間に弱弱前弱強のコマンド入れますよ」

クー子「……つまり、ニャル子に密着されながら最低でも13発……」ハァハァ

ハス太「そんなこと言ってる場合じゃないよ! 早く何とかしないと心が折れちゃうよ!」


???「話は聞かせてもらったわ」

22 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 00:49:19.37 wpqtmo7d0 5/24

真尋「ふー……これは意外と使えるな。最近あいつら調子に乗りすぎだし、しばらくこのまま……」

頼子「息子くん」

真尋「え」

頼子「どうしたの? 息子くん」

真尋「あの、母さん……?」

頼子「うん、なぁに?」

真尋「なに、その呼び方」

頼子「あら? だって息子くんだってわたしのこと「母さん」って呼ぶじゃない?」

真尋「…………」ダラダラ

頼子「…………」ニコニコ

真尋「……すいません、元に戻します」

頼子「よろしい」


終われ

40 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 01:44:31.12 wpqtmo7d0 6/24

だらだら書いてく。
思いつきで全体図なんざ全然作ってないから、ギブアップしたら誰か続けるなり新しいの書くなりスレ落とすなりしてくれ。



頼子「あのねヒロ君。
   確かにニャル子ちゃん達もちょっと元気過ぎるけれど、ヒロ君が本気で傷つくようなことはしてないでしょ?」

真尋「ま、まぁそうだけど……でも今回のことでも、あいつらだってそこまで深刻なダメージは……」

頼子「わかってないわねぇ。あのね? 好きな人によそよそしくされるっていうのは、少しずつ、でも着実に傷つくものなのよ?
   何なら母さん、これから一年くらい『息子くん』って呼ぶようにしましょうか?」

真尋「……(想像中)……あぁ……確かにそれは……」

頼子「でしょう? だから、ヒロ君の気持ちもわかるけど、それでもちょーっとやり過ぎだと思うの」

真尋「……何が言いたいのさ」

41 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 01:46:10.72 wpqtmo7d0 7/24

頼子「かんたんよ。ニャル子ちゃん達、ヒロ君に撫でてもらうと喜ぶんでしょ?」

真尋「つまり……傷つけた分を癒やせと」

頼子「50てーん」

真尋「はい?」

頼子「ヒロ君が傷つけちゃったんだから、ヒロ君がそれを癒やすのは当然。言わば修理代ね。
   それとは別に、慰謝料としてもうひと声!」

真尋「ごめん母さん。結論から言って」

頼子「ハグしちゃお?」

真尋「え」

43 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 01:50:16.53 wpqtmo7d0 8/24

真尋「待って待ってちょっと待ってそれは流石に払いすぎっていうか無理無理無理無理僕がそんなこと出来るわけ……」

頼子「じゃあ撫でてあげるのより上の癒やしって、ヒロ君的にはなぁに?」

真尋「……いや……えっと……」

真尋(撫でるより上……膝枕は……多分ダメだ。足りないとか言われそう。
   頬ずり……なおさらダメだ。接触面積が小さくても羞恥度はこっちの方が高い……)

頼子「どう? 何かある?」

真尋「う、ぐ……」

頼子(ここで「膝枕+頭なでなで」あたりが浮かばないあたり、ヒロ君もまだまだねぇ)

44 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 01:55:21.18 wpqtmo7d0 9/24

真尋「……ねえ母さん。何かお情けはもらえないのかな。ハグにしても僕には難易度が高いんだけど……」

頼子「あるわよ?」

真尋「え、あっさり?」

頼子「要するに、ヒロ君としては、ニャル子ちゃん達にお詫びはしたい、けれど恥ずかしいから出来そうにない……ってことよね?」

真尋「まぁ……うん」

頼子「じゃあ羞恥心消しちゃいましょ」

真尋「え」

46 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:04:43.83 wpqtmo7d0 10/24

真尋「あの、母さん……?」

頼子「実はニャル子ちゃん達に貸してもらったものがあるのよ。これこれ」

真尋「……すごく嫌な予感がするんだけど、何それ。
   ひと昔前の漫画やアニメに出てくる『未来の銃』みたいなデザインしてるんだけど……」

頼子「えーっと、くとるふ?ナントカの心を壊す力……みたいなこと言ってたけど」

真尋「完璧に危険物だよねそれ!?
   あいつら名前パクっただけのヘンテコアイテムしかないかと思ってたのに
   精神崩壊を再現するものまで持ってたのか!!」

頼子「医療器具らしいわよ? 患者さんの心の病んだ部分だけ消しちゃう優れものみたい」

真尋「元ネタが元ネタだけに平和利用なんて欠片も信じられないんだけど!?」

頼子「まあまあ。とりあえず、羞恥心にセットして、と……」

真尋「やめて母さんホントにやめ――」

頼子「それ、発射~」ビィーム

真尋「ぎゃ――――――――――――――――――――!!!!」

49 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:10:11.86 wpqtmo7d0 11/24

ニャル子「お母様お母様! もう随分経ちますがそろそろよろしいでしょうか!?
     真尋さんの1番ハグ、是非ともこのニャル子がお受けしたく存じ――――」ズザー

真尋「え」
頼子「あら」


ニャル子「ぎょええええええええええええええええええええええええええっっ!!?」ビビビビビビ


真尋「…………ニャ、ニャル子?」

ニャル子「あはぅ……」パタ

頼子「あらあら……ニャル子ちゃんに当たっちゃったわね」

真尋「あの……母さん?」

頼子「なにかしら?」

真尋「今の光線……羞恥心を消すんだよね?」

頼子「正確には削るらしいわよ? 根こそぎなくしたら医療器具にならないからって」

真尋「いずれにせよ、それがこいつに当たったってことは……」

頼子「ニャル子ちゃんの羞恥心が薄くなったってことになるわねぇ」

真尋「」サーッ

53 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:16:31.66 wpqtmo7d0 12/24

真尋は 逃げ出した! ▼

頼子「どこへ行こうと言うのかしら? あなたは今、お母さんの前にいるのよ?」

しかし まわりこまれた! ▼

真尋「どいて母さん!! ただでさえ羞恥心なんて欠片もないこいつからさらに羞恥心削ったら
   ギリギリ描写どころかレーベル変更しないといけなくなる目に遭う!!」

頼子「大丈夫よぉ。ヒロ君もニャル子ちゃんも、世界の命運を賭けた戦いを潜り抜けてきたんでしょう?
   このくらいなら平気平気」

真尋「あんなしょーもないドタバタでそんな信頼抱かないでよ!? 大体今回はそのニャル子が――はっ!?」

ニャル子「…………」ムクリ

真尋「」ダラダラダラ

56 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:26:33.67 wpqtmo7d0 13/24

ニャル子「…………」ボーッ

真尋「う、あ……」

ニャル子「…………」クルッ

真尋「ぃっ!?」ビクッ

ニャル子「…………」ジーッ

真尋「ニャル……子……?」

ニャル子「えっ」

真尋「!?(びくっ) ど、どうした?」

ニャル子「あ、あの……もう一度、いいですか?」

真尋「(何ともない……のか?)な、何がもう一度なんだよ、ニャル子……?」

ニャル子「……!」パァァ

真尋(え、笑った……?)

59 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:32:11.97 wpqtmo7d0 14/24

ニャル子「良かった……ちゃんと今まで通りに呼んでくれるんですね」ホッ

真尋「え? あ、さっきのことか……(何も変わってない……よな?)
   えっと、ごめんなニャル子。僕もやりすぎた」

ニャル子「い、いえいえ! 元はと言えばわたしが普段、真尋さんにご迷惑をお掛けしてるのが原因ですし……!」パタパタ

真尋(……あれ? 何だこの違和感)

ニャル子「た、立ち話も何ですから、お茶でも用意しますね! 少し待っててください!」テクテクテク


真尋「…………」

頼子「…………」

真尋「ねえ母さん」

頼子「なぁに?」

真尋「どういうこと?」

頼子「さあ? どういうことなのかしら?」

真尋「なんで自分がやらかしたことなのに無頓着なのさ……
   はぁ……なんだか別の意味で不気味だな……ちょっと見てくる」スタスタ


頼子「ふむ……なるほど、ね」クスクス

61 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:41:41.48 wpqtmo7d0 15/24

真尋「…………」

ニャル子「…………」ニコニコ

真尋「…………」

ニャル子「…………」ニコニコ

真尋(何だ……この状況……)

真尋(お茶にもお菓子にも妙なものは混ざってなかった……
    いつもなら絶対1つ2つは懲りずに変なもの混ぜるニャル子がだぞ? それに何より……)

ニャル子「? どうしました真尋さん?」ニコニコ

真尋(  笑 顔 に 邪 念 が ま っ た く な い  )

真尋(本当にどうなってるんだ……?
   いつも何か企んで……いや企んでない時もあるけど、
   それでもここまで純粋な笑顔を浮かべたニャル子なんて見たことない……それに……)ズズ・・・

ニャル子「あ、紅茶つぎますね」トクトク

真尋「…………」

ニャル子「? 真尋さん?」

真尋「いや、ありがとう」

真尋(  な ん で 何 も し て こ な い ん だ ?  )

64 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:47:34.84 wpqtmo7d0 16/24

真尋(おかしいだろ……いつものニャル子なら紅茶をつぐフリをしながら
   変なものを混入したり、僕に抱きついてきたりする……
   なのにその素振りがまったく……)

ニャル子「あの、真尋さん」

真尋「な、なんだ?」

ニャル子「わ、わたしも腰掛けてもよろしいでしょうか?」モジモジ

真尋「あ、ああ。お前も食べなよ」

ニャル子「で、では失礼して……」スッ

真尋(って、ちょっと待て。何で僕に近づいてくるんだ。
   隣に座る気か? あれ? てことはやっぱりいつものニャル子か?)

65 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:52:19.27 wpqtmo7d0 17/24

ニャル子「よいしょ、と……」ポス

真尋(やっぱり隣に座った……念の為フォークの用意を……って、ん?)

ニャル子「……」チラチラ

真尋「……ニャル子」

ニャル子「(びくっ)は、はい!?」

真尋「食べないのか?」

ニャル子「い、いえいえ、いただきます」サクッ

真尋(…………。やっぱりいつものニャル子じゃない……)

67 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 02:58:14.96 wpqtmo7d0 18/24

真尋(大抵は抱きつこうとしてくる、たまに唇を突き出してくる。
   だからフォークの用意をしたのに、全然その素振りがない……)

ニャル子「……」ジーッ

真尋(しかも横目で熱い視線を送ってきてるし……
   いや、熱い視線はいつものことなんだけど、
   今のコレは何ていうか、いつもと違って恥じらいを含んだような……ん?)

ニャル子「……」チラチラ

真尋(そういえばこいつ……羞恥心薄まったんじゃないのか……?
   いつも恥も外聞もないくせに、今は逆に恥ずかしがってるような……)

ニャル子「あ、あの……真尋さん?」モジモジ

真尋「な、なんだ?」

ニャル子「あの、は……は……」モジモジ

真尋「は?」

ニャル子「は……。っ……、ハグ、の、ことなんですが……」カァーッ

真尋「」

68 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 03:03:37.10 wpqtmo7d0 19/24

真尋「そういえば……そうだった……」

真尋(何なんだ!? やっぱりいつものニャル子なのか!?
   もう訳が分からない……!!)

ニャル子「あの……ダメでしょうか……」

真尋「い、いや……僕がやり過ぎたのは事実だし……その……」

ニャル子「い、いえ! 流石に図々しいのは承知してます!
     な、なので……その、代わりにですね……」

真尋「か、代わりに?」

ニャル子「真尋さんの肩に……もたれかかってもいいですか?」

70 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 03:10:32.66 wpqtmo7d0 20/24

真尋「…………」

ニャル子「…………」スゥスゥ

真尋(本当に僕の肩を枕にするだけで、他に何もしてこないな……
   あどけない顔して寝やがって……これじゃまるで……)

ニャル子「まひろさぁん……」ムニャムニャ

真尋「まるで普通の女の子だな……」ボソ

ニャル子「むぅ……?」スゥー

真尋「調子狂うよな……なんで普段からそうしてくれないんだか……」

ニャル子「……って……」

真尋(あ、起こしちゃったか?)

ニャル子「だ、て……はずか……じゃ……すか……」

真尋「……え」

72 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 03:15:26.62 wpqtmo7d0 21/24

         だって、恥ずかしいじゃないですか

            真尋さんのことが――


ニャル子「だいす……まひ……」

真尋「~~~~~っ!!?」カァーッ

ニャル子「このよの……」

真尋(羞恥心って……恥ずかしいって……)

ニャル子「だ……より……」

真尋(じゃあ、今のニャル子はおかしくなったというより……)



           ――――愛して、ます



真尋(~~~~~~~っ!!)ボッ

74 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 03:19:22.91 wpqtmo7d0 22/24

~翌日~

真尋「あ」
ニャル子「うっ!?」ビクゥッ

…………。

ニャル子「ややややあやあ真尋さん! 今日もいいお天気ですねぇ!
     どうですかっ! たまには学校をサボタージュしてこの天気の果てまで二人で……ふた、りで……」

真尋「…………」

ニャル子「」ボッ

真尋(どうやら元には戻ったみたいだけど……昨日のこと覚えてるんだな……)カァーッ

ニャル子「えや……あの……はぅあぅ……」

75 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 03:24:43.05 wpqtmo7d0 23/24

真尋「……バカなこと言ってないで学校行くぞ」

ニャル子「そそそそうですね! 学業こそ若者の本分!
     スクールライフこそ未だ根強くエロゲーの舞台として……」

真尋「ああ、それとなニャル子」

ニャル子「は、はい何でしょ――――」


                 ぎゅっ


真尋「たまには素に戻ってもいいんだぞ」

ニャル子「」

76 : 以下、名... - 2013/03/02(土) 03:29:56.31 wpqtmo7d0 24/24

ニャル子「な、にゃ、は、まひっ、麻痺っ……まひろさん?」ボフッ

真尋「昨日言ってたハグ、まだだったろ」カァーッ

ニャル子「あ、ひゃ、ふ……はぅ」ペタン

真尋「座り込んでたら遅刻するぞ。先に行くからな」

ニャル子「ちょ待……腰がぬけへ……はぅぅぅ……」



この日を境に、ニャル子は僕に対してがっつくような態度を取らなくなった。
それはそれで何か物足りない気がしないでもないけれど……
「きっと、良いことなんだろう」と思える程度には、僕もニャル子と向き合えるようになった。


クー子(真っ白)「……」
ハス太(真っ白)「……」

終われ。

記事をツイートする 記事をはてブする