関連
勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」#01
勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」#02
勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」#03

799 : VIPに... - 2012/06/23 21:43:39.78 yWQiwylQo 510/742

―――夜 魔王の城

ドラゴン「……」

エルフ「……」カチャカチャ

ドラゴン「……」

エルフ「えっと……ここは……」カチャカチャ

ドラゴン「なにをしている?」

エルフ「え?」

ドラゴン「動かぬ人形で人形遊びか?」

エルフ「今は動かないだけで、動くよ」

ドラゴン「……」

エルフ「ガーちゃんは動くよ。まだ、生きてるから」カチャカチャ

ドラゴン「……そうなのか?」

エルフ「うん。エネルギーはなくなっちゃったし、動力部の損傷も激しいけど、きっと……動く」

ドラゴン「動くのか……」

キラーマジンガ「……」

801 : VIPに... - 2012/06/23 21:47:03.92 yWQiwylQo 511/742

エルフ「んと……」ガチャガチャ

ドラゴン「……」ソーッ

エルフ「これは……んー……」グイッ

ドラゴン「おい。そんなに乱暴にしたら壊れるんじゃないか?」

エルフ「もう壊れてるし」

ドラゴン「余計に壊れるだろう」

エルフ「うるさいなぁ。―――そこの部品とって」

ドラゴン「これか?」

エルフ「違うよ。右のやつ」

ドラゴン「これか」

エルフ「違うよ!!これだよ!!」

ドラゴン「分かりにくいな」

エルフ「つかえねー」

ドラゴン「き、きさま……!!誰に向かって……!!!」

エルフ「いいから黙っててよ」カチャカチャ

802 : VIPに... - 2012/06/23 21:52:20.66 yWQiwylQo 512/742

ドラゴン「……エルフ族は口が悪いな」

エルフ「一応、敬語は使えるけど」

ドラゴン「じゃあ、使えよ」

エルフ「……ドラゴン様」

ドラゴン「なんだ?」

エルフ「魔王のことはどう思っているのですか?」

ドラゴン「我々にとっての絶対的な王だ。それは変わらない」

エルフ「……」

ドラゴン「エルフ族でも魔王様に対する信仰は続いているはずだ」

エルフ「それは……」

ドラゴン「ニンゲンに手を貸さなければ……お前たちの立場は違っていたのだろうがな」

エルフ「だから、あれはニンゲンたちが……勝手にしたことなんです……」

ドラゴン「お前は若いようだが、過去の過ちについては聞いているのか?」

エルフ「勿論です。―――ニンゲンがボクらを裏切ったと、長老から話は聞きました」

ドラゴン「……話してみろ。ああ、作業はしながらでいいからな」

803 : VIPに... - 2012/06/23 22:03:03.60 yWQiwylQo 513/742

エルフ「かつて、魔族はニンゲンと関係を持たないように暮らしていたと聞きました」カチャカチャ

ドラゴン「そうだ。魔族は魔族の世界だけで生きてきた」

エルフ「故に争いは起こらず、互いに干渉もしない遠い隣人でいられた」

エルフ「ある日、一人のエルフがニンゲンに助けられ、そのお礼に簡易魔法を伝授したのが全ての始まり」

ドラゴン「火を指先から出すだけの魔法にニンゲンは群がったらしいな」

エルフ「はい」

ドラゴン「そうしていく内にニンゲンは欲を出し、様々な魔法を乞うようになったわけだ」

エルフ「そのうちにエルフ族とニンゲンは互いの不干渉だった境界を無くした。それによってニンゲンの文明は大きく進んだわけですけど」

ドラゴン「力を持ったニンゲンは世界の掌握に躍起なったがな。魔王様の話では随分と唐突な戦争だったらしい」

エルフ「……」

ドラゴン「当初はエルフが魔法を伝授したことは誰も知らなかったし、そもそも不文律を犯す同族がいることすら想像していなかったが」

エルフ「申し訳ありません」

ドラゴン「先祖の間違いを子孫が謝罪するか。ふん……100年ほど遅いな」

エルフ「魔法銃の開発もただニンゲンの文明発展の助力になればと提供したに過ぎません。それを魔王討伐の最終兵器にするなんて……」

ドラゴン「まあいいさ。もう過ぎたこと。既にどちらかが滅びるまで戦うことになった。悔やんでも怒りを露にしても手遅れだ」

804 : VIPに... - 2012/06/23 22:07:16.65 yWQiwylQo 514/742

ドラゴン「幽霊船ではそれを言おうとしたのだな?」

エルフ「はい」

ドラゴン「手が止まってるぞ」

エルフ「あぁ……すいません」カチャカチャ

ドラゴン「だが、どのような理由があろうともエルフに対する憎悪は消えないだろう」

エルフ「……」

ドラゴン「エルフさえいなければニンゲンが欲を出すこともなかったと言う者もいる」

エルフ「そうですね……ボクたちは……一生……恨まれて―――」

勇者「お茶いりますか?」

ドラゴン「おぉ?!」

エルフ「わぁ?!いつの間に?!」

勇者「ドラゴちゃんがキリッとして……勇者の側室になるしかねえな、と発言した辺りからいました」

ドラゴン「どこでそんなこといった?!言ってみろ?!」

勇者「照れちゃって、このこの」

ドラゴン「食べるぞ?足から食べるぞ?」

805 : VIPに... - 2012/06/23 22:11:50.12 yWQiwylQo 515/742

勇者「僕が君を食べようかな?―――足の指の間を丹念に舐めてあげる」

ドラゴン「いやらしい顔をするな!!!」

エルフ「もう、びっくりさせないでよ」

勇者「いやぁ、久々に貴女の丁寧な言葉遣いを聴きましてね、もう僕の股間がお祭り騒ぎに」

エルフ「どんな性癖なの?」

勇者「君が泣いてあきれるほどに」キリッ

エルフ「かっこよくないから」カチャカチャ

勇者「で、キラちゃんはどうですか?」

エルフ「時間はかかる。短時間ではまず無理かな」

勇者「じゃあ、今のうちにペロペロしておくか」

ドラゴン「やめろ、下衆が」

勇者「ところで今の話、本当ですか?」

ドラゴン「……エルフ族が言うなら本当なのだろう」

勇者「ニンゲンって悪いやつだなー。マジでさいてーじゃねーか」

ドラゴン「てめーだよ!!」

806 : VIPに... - 2012/06/23 22:19:22.65 yWQiwylQo 516/742

勇者「僕は勇者。紳士の中の紳士。キングオブジェントルメンである僕を捕まえて、変態とは失敬ですね」

ドラゴン「ふん……」

勇者「協力したくない理由の一つでもあると」

ドラゴン「その通りだな。とはいえ昔の話だ。魔族の中にはどうしてニンゲンと戦をしているのか理解できていないものもいる」

勇者「エルフ族が人間を嫌うのは根幹にそういう訳があったのですね?」

エルフ「ボク自身は生まれる前の話だから、ピンとこないこともあるよ。周りの大人からニンゲンは屑だって言われて育ってきたから、先入観で嫌ってるだけ」

勇者「僕以外の人間は好きになれないと?」

エルフ「人間は例外なく嫌いだよ」

勇者「僕がこんなに愛してるのに?!酷いなぁー!!!えー?!」

エルフ「嘘ばっかり」

勇者「じゃあ、向こうで裸になろうか」

エルフ「やだよ!!あっちいけ!!作業の邪魔!!」

勇者「ガードかてえ。ここまで一緒にやってきのに……」

ドラゴン「お前は不思議なニンゲンだな」

勇者「そうですか?割と一般人だと思いますけど……ああ!!そっか!!俺、勇者だった!!一般人とは一線を画しますね!!」キリッ

807 : VIPに... - 2012/06/23 22:24:38.90 yWQiwylQo 517/742

ドラゴン「ずっと不思議に思っていたことがある」

勇者「なんですか?ドーラゴちゃん」

ドラゴン「どうしてお前は俺を見て驚かなかった?」

勇者「へ?」

ドラゴン「洞窟で初めて出会ったときだ。俺を見ても驚いていなかっただろう?」

勇者「いや、めちゃくちゃ驚いてましたよ。なにせ、側室候補だっためんこい女の子がいきなり巨大なトカゲになったんですから」

ドラゴン「お前、結構失礼だな」

勇者「すいません」

ドラゴン「普通な俺の姿を見れば畏怖し、身を震わせるものだと思うが?」

勇者「まあ、でも、あれですよ。あれだけ可愛い女の子が元の姿だと考えれば、別にいいかなって思いまして」

ドラゴン「話がかみ合わないな」

勇者「貴女が女の子になればいいだけの話」

ドラゴン「……そんなに気に入ったのか?」

勇者「うんっ」

ドラゴン「……」

808 : VIPに... - 2012/06/23 22:32:05.99 yWQiwylQo 518/742

勇者「むしろ、あの女の子の姿のほうが威厳があったというか」

ドラゴン「見え透いた嘘を吐くな」

勇者「……正直言うと、貴方を見たときは怖かった」

ドラゴン「ほう……?」

エルフ「……」カチャカチャ

勇者「でも、僕が怖がると彼女たちが絶望しますからね」

ドラゴン「……」

エルフ「え……」

勇者「僕は勇者として二人を守ると宣言していたので。そんな勇者様がドラゴンをみて膝を笑わせていたら、どうです?」

ドラゴン「上に立つものの責任か」

勇者「最悪の事態が起こっても彼女たちが無事に離脱できる方法は用意していました」

ドラゴン「ふん。どうやってだ?あの時、俺がお前らを追っていれば今頃、ここには居ないだろうに」

勇者「簡単じゃないですか。―――僕が貴方と対峙すればいい」

ドラゴン「な……」

エルフ「そんなの瞬時に殺されるよ」

809 : VIPに... - 2012/06/23 22:42:29.53 yWQiwylQo 519/742

勇者「場所が場所だったので、防戦ならこっちに分がありましたよ。なにせ、この巨体ですからね。小回りは利かないでしょう」

ドラゴン「お前が囮になって時間を稼いだということか?」

勇者「万が一外に出ても追いかけてくるようなら、森の中で数日間戦う覚悟でいました。無論、彼女たちとは別れてですけど」

ドラゴン「お前……」

勇者「それが上に立つ者の振舞い方だと思います」

ドラゴン「だが、勇者のお前が死ねば魔王の討伐は終わっていたのだぞ?」

勇者「僕の意志は誰かに受け継がれるので大丈夫です」

ドラゴン「……」

勇者「最終目標は側室10人と綺麗なお嫁さんとの豪遊生活ですが、まあついでに魔王の討伐も目標です」

勇者「その目標なら僕の亡き後でも必ず達成される。そう信じています」

ドラゴン「次代にその責務を渡すというのか?だから、お前は危険を省みず、行き急ぐように戦うのか?」

勇者「違う。俺は死にたくないし、死んだらダメだって分かってる。でも、守りたい者に守られて死ぬのだけは御免だ」

ドラゴン「……」

エルフ「……」カチャカチャ

勇者「見捨てるなんてもってのほか。死ぬなら誰かを守って死ぬ。それが俺の死に方だ」

811 : VIPに... - 2012/06/23 22:57:55.68 yWQiwylQo 520/742

ドラゴン「ふん……俺との戦いのときは守れて居なかったくせに」

勇者「いや、あそこでキラちゃんと交戦していなかったら、それこそ全員ミンチですよ」

ドラゴン「ふっ……意志は受け継がれるか」

勇者「これも立派な『負けない戦い方』ですね」

ドラゴン「……!」

勇者「じゃあ、そろそろ寝ます。あの二人はもう疲れて寝てますので、間に挟まれるようにして添い寝をしようかと思います。止めないでください」

エルフ「おやすみ」

ドラゴン「……」

勇者「ああ、そうそう。ドラゴちゃん」

ドラゴン「その呼び方はどうにかならないのか?」

勇者「主が倒れても仲間は立ち上がりますよ」

ドラゴン「どういう意味だ?」

勇者「だからこそ、仲間を信じて主は壁に立ち向かえる。仲間を踏み台にして壁を越えても意味なんてないでしょう?」

ドラゴン「それは魔王様のことを言っているのか?」

勇者「おやすみなさい」

813 : VIPに... - 2012/06/23 23:03:13.66 yWQiwylQo 521/742

エルフ「ふーん……色々、考えてるんだ」

ドラゴン「魔王様とは違うな」

エルフ「それはニンゲンだから」

ドラゴン「……」

エルフ「……」カチャカチャ

ドラゴン「……なあ」

エルフ「んー?」

村娘「―――こっちのほうがいいか?」

エルフ「おぉ!?え?!なにが?!」

村娘「それとも……」

少女「こっちがいいのか?」

エルフ「だから何が?!」

少女「俺はニンゲンには協力しない。勇者に手を貸すことにした」

エルフ「一緒だと思うけど」

少女「奴に興味が出た。ニンゲンに仕えるのは無理だが、勇者になら仕えてもいいかもしれんな」

816 : VIPに... - 2012/06/23 23:09:25.33 yWQiwylQo 522/742

エルフ「ドラゴン様……」

少女「お前も無理はするな。明日も早いのだろう?」

エルフ「ありがとうございます」

少女「これでドラゴン族も裏切り者か……」

エルフ「でも、ドラゴンは元々神の使いでしたよね」

少女「言い伝えではな。ドラゴン族は地上を監視する目的で天から降りてきたといわれている」

エルフ「それロマンチックですね」

少女「そう……魔王様に仕えるのが全てではない。俺は神の使いとしてこの世界を見守る使命があったはずだ。うん、だからドラゴン族に泥をかけるわけじゃない」

エルフ「自分にそう言い訳しておくんですね」

少女「こういうのはなぁ!!心構えが大事なんだよ!!」

エルフ「わかりました。そこのやつとってください」

少女「え?これ?」

エルフ「違うよ!」

少女「怒るなよ?!すこし間違えただけだろ?!」

エルフ「もう!!もうちょっと勉強してください!!ガーちゃんのマスターなんですよね?!」

817 : VIPに... - 2012/06/23 23:14:43.93 yWQiwylQo 523/742

―――翌朝

僧侶「おはようございまーす」

魔法使い「んー……結構寝たわね」

勇者「二人とも寝相悪いですねー。首を絞めてくるとかありえませんよ、全く」

魔法使い「アンタが添い寝してこようとするからでしょ?!」

勇者「え?!あれわざと?!」

僧侶「ドラゴンさんはどこに……?」キョロキョロ

エルフ「だーかーら!!これはここの部品なんですってばぁ!!」

少女「えー?だが、形状的に言えばここだろう?」

勇者「おはようございます」

エルフ「あ、おはよう」

少女「よく眠れたか?」

勇者「な……?!なんで、その姿に!?まさか……まさか……!!!」プルプル

少女「か、勘違いするな!!お前のためではないからな!!!」

魔法使い「別にその姿になっておく必要はないでしょうに……」

819 : VIPに... - 2012/06/23 23:21:27.54 yWQiwylQo 524/742

少女「昨晩、勇者が言っていた。確かに巨体では小回りが利かないからな。この姿でのメリットもある」

勇者「人間が嫌いなくせにー、このこの」プニプニ

少女「う、うるさい!!頬を突くな!!!それにこれは一時的なものだ!!目的が達成されれば、元の姿に戻るわぁ!!」

僧侶「かわいいのに」プニプニ

少女「にゃめりょ!!しゃべりぇんだりょうがぁ!!!」

魔法使い「マーちゃんは?」

エルフ「とりあえずあとはエネルギーの補給をしたら動くようになると思う」

勇者「やったー!!じゃあ、んー……魔王を生け捕りにしてキラちゃんの血肉にするっていうのはどうですか?」

ドラゴン「魔王様を生け捕りとか無理に決まっているだろうが」

エルフ「でも、動かしたところで……」

魔法使い「どういうこと?」

エルフ「ボクたちのことを覚えているかどうかわからないよ。ボクの矢は色んなところを傷つけたから」

勇者「また僕に恋をするのは間違いないので大丈夫ですよ」キリッ

魔法使い「いつ恋をしてたのよ?!」

勇者「あーん?肉便器は黙ってろよ!!」

820 : VIPに... - 2012/06/23 23:26:00.43 yWQiwylQo 525/742

魔法使い「なっ……!?」

ドラゴン「人間とはやはり汚らわしいな」

エルフ「不潔」

勇者「ねー?」

魔法使い「名誉毀損よぉ……」

僧侶「あの!」

ドラゴン「なんだ?」

僧侶「どうしてドラゴンに変身するんですか?!」

ドラゴン「頬を突くからだろうがぁ!!」

僧侶「じゃあ、尻尾を突きます」

ドラゴン「そこならいいけど」

僧侶「……」ツンツン

勇者「じゃあ、キラちゃんはキャプテンの船に置いておくとして、僕たちは魔王のところに行きましょう」

魔法使い「いよいよね」

エルフ「うん」

821 : VIPに... - 2012/06/23 23:30:12.00 yWQiwylQo 526/742

―――船着場

キャプテン「へー、仲間になったのかい」

少女「一時的なものだ。誤解はするな」

勇者「キャンディーいる?」

少女「いらん!!!」

勇者「あーん」

少女「もがっ?!」

キャプテン「じゃあ、この子は責任持って預かるよ」

エルフ「ガーちゃんをお願い」

キャプテン「傷一つつけやしないよ」

魔法使い「それで、いつ仕掛けるの?」

キャプテン「ああ、そうだ。他の船から気になる情報があったんだけどさ」

僧侶「なんですか?」

キャプテン「魔王の軍勢が南下していくのを見たらしい。しかもかなりの規模だったみたいだ。魔王の姿はなかったみたいだけどね」

勇者「南下……?」

822 : VIPに... - 2012/06/23 23:36:45.13 yWQiwylQo 527/742

キャプテン「戦争を仕掛けるタイミング的には好都合なんだけどさ」

魔法使い「南というと……」

少女「もぐもぐ……ああ、以前トロルが陣取っていた国を攻め落とすつもりらしいな……もぐもぐ」

勇者「なに!?」

魔法使い「どうしてそれを先に言わないのよ?!」

少女「関係のないことだろう。俺たちは魔王様を倒しに行くのだから」

エルフ「まあ……そうだけど」

勇者「―――ふざけんなぁ!!!このトカゲ!!」

少女「今は違う!!」

僧侶「そうです!!あの国にも大勢の人がいるんです!!」

勇者「俺の側室だっている!!」

魔法使い「ああ、あのお姫様ね」

少女「あの国を救いに戻るのか?それでは魔王様に時間を与えてしまい、万全の態勢を整える手助けをすることになるぞ?」

勇者「しるか!!魔王と側室なんて比べるまでもねえだろうが!!!」

少女「お前は何をいっているんだ?それより、キャンディーはもっとないのか?」

823 : VIPに... - 2012/06/23 23:41:48.43 yWQiwylQo 528/742

キャプテン「どうすんだい?戻るのか進むのか」

勇者「もどろー!!!」

エルフ「本気?」

勇者「魔王が万全の態勢を整えたところで意味ねーし!!そもそも魔王のほうが圧倒的に有利だし!!」

少女「もっと有利になるかもしれないぞ?」

勇者「えーい!!姉さん!!」

キャプテン「なんだい、ダーリン?」

勇者「貴女は戦争を仕掛けてください」

キャプテン「魔王を追い詰めりゃあいいわけだね」

勇者「はい」

キャプテン「旦那の頼みとあっちゃあ!!やるしかないねえ!!!―――錨をあげろ!!帆をはりなぁ!!!」

勇者「僕たちは南に行き、姫様を助ける!!!」

魔法使い「ちょっと!!他の人は?!」

勇者「二の次だこらぁ!!!」

僧侶「いつもの勇者様です」

825 : VIPに... - 2012/06/23 23:49:31.99 yWQiwylQo 529/742

ドラゴン「―――乗れ!!」

勇者「俺の腰の上にはいつ乗ってくれますか?」

ドラゴン「やめろ!!変態がぁ!!!」

僧侶「落ちないように命綱とかは……?これ海に叩きつけられて内臓破裂のパターンでは……?」

魔法使い「怖い妄想しないの。しっかりしがみ付いていれば大丈夫よ」

エルフ「行くなら急ごうよ。犠牲者が増えちゃうよ」

勇者「その通りだ!!側室姫を失うわけにはいかねえ!!!」

魔法使い「側室姫って……まあ、いいわ」

ドラゴン「本当にいいのか?俺が行動を共にしていることこそ、お前にとっては最大の隠し玉だったはず。魔王様の意表を突くことはできなくなるぞ?」

勇者「言ったでしょう。死ぬなら誰かを守って死ぬと」

ドラゴン「お前のいう誰かとは……」

勇者「目に映る者、全てだ」

ドラゴン「……お前は絶対に死なせん」

勇者「簡単に死ぬつもりもないですけどね」

ドラゴン「ふっ。―――しっかり掴まっていろ!!最大速度で飛ぶぞ!!!」バサッバサッ

826 : VIPに... - 2012/06/23 23:58:09.60 yWQiwylQo 530/742

―――上空

僧侶「うわっ……うわっ……」

魔法使い「高所恐怖症?」

僧侶「いや……こんな乗り物初めてで……」

ドラゴン「乗り物扱いするなぁ!!振り落とすぞ!!」

勇者「やめい!!」ペチペチ

ドラゴン「頭を叩くなぁ!!!」

エルフ「それにしてもどうして南にある小さな国を狙ってるの?」

勇者「あの国が占領されてしまえば、隣国は意図も簡単に魔王の手に落ちるでしょう。立地的に戦略拠点に向いているのですよ」

エルフ「そうなんだ」

ドラゴン「お前は何でもできるのか?」

勇者「夜の四十八手は完璧です」

ドラゴン「なんだそれは?戦術か?」

勇者「今度じっくり教えてあげましょう……実演でなぁ!!」

魔法使い「馬鹿なこといってないの!本当に落ちるわよ?!」

842 : VIPに... - 2012/06/24 20:13:41.68 J1lRI/U/o 531/742

―――城下町

兵士長「ここだけは死守するんだ!!!王も姫様もいるのだからな!!」

兵士「「はいっ!!」」

魔物「ギギギ」

キマイラ「小さき生き物でも束になれば、どうして中々厄介だな」

兵士長「怯むな!!指揮官を落とせば―――」

キマイラ「やれぇ!!!」

魔物「「ガァァァァ!!!」」ダダダダッ

兵士「「うおぉぉぉぉ!!!」」ダダダッ

キマイラ「無駄なことはやめろ。貴様らに勝ち目はない」

兵士長「王族が逃げるための時間を稼ぐぞ!!」

キマイラ「抵抗するな。痛いだけだぞ?―――それにニンゲンは皆殺しにしろと言われている」

兵士長「なんだと?!」

キマイラ「誰一人、生きてこの国から亡命できはしなぁい!!!なーっはっはっはっは!!!!」

兵士長「王……!!姫様……!!」

843 : VIPに... - 2012/06/24 20:17:20.50 J1lRI/U/o 532/742

「はぁ……はぁ……!!」

「大丈夫か?」

「はい……」

「ここを抜ければ逃げられ―――」

魔物「グルルル……」

「なに!?」

「ひっ……お、お父様!!」

「向こうだ!!向こうに逃げろ!!」

「しかし!!」

「生きろ!!生きて勇者様に会うんだ!!」

「お父様ぁ!!」

「いけ!!」

「で、できません!!」

「お前さえ生きていれば国はまた蘇る!!逃げろ!!」

「うぅ……!!」ダダダッ

844 : VIPに... - 2012/06/24 20:22:43.14 J1lRI/U/o 533/742

―――上空

ドラゴン「見ろ。街は既に戦火に包まれているぞ」

勇者「急がないと。僕はこの辺りで降りる」

魔法使い「じゃあ、手筈通りに」

エルフ「行こう!」

僧侶「勇者様、お気をつけて」

勇者「心配は無用です。ドラゴちゃん!!君の使命は?」

ドラゴン「勇者に代わり、三人の術者を守護することだ」

勇者「君も無理だけはするな」

ドラゴン「分かっている」

勇者「では、僕は王族が使う逃走用の通路に向かいます」

魔法使い「生きて帰ってきてよ」

エルフ「死んだらダメだよ。ちゃんとボクたちを守ってくれないと、困るし」

僧侶「勇者さまー!!!フレーフレー!!」

勇者「声援ありがとう!!僕の可愛い側室レディたち!!」

845 : VIPに... - 2012/06/24 20:27:47.20 J1lRI/U/o 534/742

―――城下町

キマイラ「お前で最後だな」

兵士長「くっ……」

キマイラ「では―――」

ドラゴン「そこまでだ」

キマイラ「!?」

兵士長「な……ド、ドラゴン……」

キマイラ「ドラゴン様。どうしてこちらに?!」

ドラゴン「何、魔王様からの新たな指令を届けにきただけだ」

キマイラ「そんな。ドラゴン様がわざわざ足を運ぶことでは」

ドラゴン「いや。俺が出向かないとダメなんだ」

キマイラ「ど、どういうことですか?」

ドラゴン「それはな―――俺はお前たちの敵だからだぁ!!!!」

キマイラ「ドラゴン様!?気は確かですか?!」

ドラゴン「殺しはしない。だが、反抗されると勢い余って致命傷を与えかねない。だから、何もするな」

846 : VIPに... - 2012/06/24 20:33:22.94 J1lRI/U/o 535/742

魔法使い「怪我人の手当てを!!」

エルフ「分かってる!!」

僧侶「が、がんばります!!」

キマイラ「ニンゲン……ドラゴン様……裏切ったのですね……!!!」

ドラゴン「俺は元々神の使いだ。魔族だけに肩入れしているわけではない」

キマイラ「屁理屈を……!!!」

ドラゴン「ふん」

キマイラ「お前ら!!やつらを殺せ!!」

魔物「「オォォォォ!!!!」」

僧侶「ひっ?!」

魔法使い「来るなら来なさい!!」

ドラゴン「下がっていろ。―――こいつらに手を出すものは決して許さん!!焼かれる覚悟のある奴だけが前にでろぉ!!!」

魔物「「グルル……!!」」

魔法使い「容赦ないわね。元同僚でしょ?」

ドラゴン「俺には譲れないモノがある。それを奪うというなら同胞だろうと敵に回す。それが俺の戦い方だ」

847 : VIPに... - 2012/06/24 20:37:49.44 J1lRI/U/o 536/742

「はぁ……はぁ……!!!」ダダダッ

「きゃっ―――」ドタッ

「い、た……」

魔物「ギギギギ!!!!」

「もう……ダメ……」

「生きて……もう一度……勇者……さま……に……あいたかった……」

魔物「ガァァァァァ!!!!」

勇者「―――俺の寵姫になにしてくれんとんじゃぁ!!!!」

「え……」

魔物「がぁ?!」

勇者「天誅!!!」ザンッ

魔物「ギギィ……!!!」

勇者「姫様。ご無沙汰しております。貴女が大好きな俺です」

「ゆ……しゃ……さまぁ……」ウルウル

勇者「怖かったでしょう。もう大丈夫です」ギュッ

848 : VIPに... - 2012/06/24 20:42:16.47 J1lRI/U/o 537/742

「勇者様!!お父様が!!お父様が!!」

勇者「なんですって?」

「助けてください!!お父様を助けてください!!」

勇者「わかりました。姫様はここにいてください」

「は、はい……」

勇者「心配しないでください。貴女を悲しませるようなことはしません」

「おねがいします!!」

勇者「無事に王を助け出したら、きちんと告白します」

「な、なにをですか?」

勇者「姫様を側室にくださいと」

「はい……!嬉しいです!!」

勇者「え……。あ、はい」

「勇者さま!!お父様を!!」

勇者「分かりました!!」ダダダッ

「勇者さま……」

851 : VIPに... - 2012/06/24 20:47:14.13 J1lRI/U/o 538/742

「うぅ……ここで……終わるか……」

勇者「王!!」

「な……なんと……いかんな……走馬灯か……」

勇者「いや。幻ではありません」

「おぉぉ!!奇跡か……!!」

勇者「到着が遅くなり申し訳ありません。人民に多大なる被害が……」

「いや……それよりも娘はどうした……?」

勇者「無事です。王もこの薬草を使ってください。応急処置ぐらいにはなるはずです」

「ああ……すまない……。また助けてもらったな……」

勇者「それが自分の務めです」

「勇者よ……娘を……たの……む……」

勇者「ちょっと!!しっかりしてください!!目を閉じるな!!!」

「たの……む―――」

勇者「王!?王!!!」

勇者「くそっ!!」

852 : VIPに... - 2012/06/24 20:56:18.15 J1lRI/U/o 539/742

―――城下町

ドラゴン「―――ぬんっ!!!」ドゴォ

魔物「ぐえ!?」

キマイラ「くっ……!?」

ドラゴン「次はどいつだ?」ポキポキ

キマイラ「くそ……」

魔物「ギギギギ!!!!」

キマイラ「―――なに?勇者だと?ふふ……分かった」

ドラゴン「ん?」

キマイラ「ここは潔く撤退しましょう。全滅するぐらいならば、退けと魔王様には常々言われている」

ドラゴン「相手にもそれなりの傷を与えてから、だろう?よく知っている。その命令の所為で部下を多く失ったかなら」

キマイラ「その通り。部下は捨て駒に過ぎない。―――そしてニンゲンは餌に食いつく」

ドラゴン「どういう意味だ?」

キマイラ「ドラゴン様。ニンゲンの弱さを間もなく目にするでしょう。楽しみにしていてくださいね」ダダッ

ドラゴン「ま、まて!!」

853 : VIPに... - 2012/06/24 21:02:22.11 J1lRI/U/o 540/742

勇者「姫様」

「……お……父様は……」

勇者「申し訳ありません。出来る限りのことはしたのですが……出血が酷く……」

「あぁぁ……」ガクッ

勇者「姫様!!」

「お父様……お父様……」

勇者(俺が治癒の魔法を使えれば……こんなことには……!!)

「うぅぅ……!!うぅぅ……お父様ぁ……!!!」

勇者「姫様、逃げましょう。ここに居てはいずれ魔物に―――」

キマイラ「―――手遅れだな」

勇者「……?!」

「ひぃ?!」

キマイラ「ドラゴン様を誑かせたな……ニンゲンの分際で……」

勇者「大人しく尻尾を巻いて帰ればいいものを……!!」

キマイラ「手土産の一つもなく魔王様のところへは戻れないのでな」

854 : VIPに... - 2012/06/24 21:07:57.22 J1lRI/U/o 541/742

キマイラ「こい!!」グイッ

「いやぁぁ!!!」

勇者「貴様!!!姫様に触れるな!!」

キマイラ「取引だ」

勇者「なに?」

キマイラ「ドラゴン様と貴様の命を差し出せ。そうすればこのニンゲンの命だけは助けてやろう」

勇者「……」

「ゆ、勇者さま……わ、わたしのことは……!!」

勇者「なら、さっさと俺を殺せ」

キマイラ「お前、このニンゲンのために死ぬのか?」

勇者「勿論だ。その人は俺にとって大事な人だからな」

「勇者さま!!!」

キマイラ「なーっはっはっはっはっは!!!いいだろう!!ならば、死ね!!」

勇者「……」

「やめてください!!勇者さまぁ!!!」

855 : VIPに... - 2012/06/24 21:14:52.06 J1lRI/U/o 542/742

キマイラ「はぁー!!!」

「ゆうしゃさまぁぁぁぁ!!!!」

勇者「……っ」

ドラゴン「―――ドラゴンキック!!!」ドゴォ

キマイラ「ごほぉ!?」

勇者「ナイスタイミングだ!!」

ドラゴン「だろ?少し物陰から様子を伺っていたからな」

勇者「なんて勝手なやつだ。側室度を6ポイント下げておくか」

「ド、ドラゴンまで……もう……だめ―――」ガクッ

ドラゴン「どうした?おい」

勇者「気絶したようだ。……姫様は少し寝ていたほうがいいかもしれないな」

ドラゴン「怪我人の手当ては順調だ。侵攻してきた魔物たちは撤退を始めている」

勇者「じゃあ、あとは……そこの珍獣だけか」

キマイラ「くっ……ドラゴンさま……!!」

ドラゴン「敬称はよせ。俺はお前の敵だ」

856 : VIPに... - 2012/06/24 21:23:20.59 J1lRI/U/o 543/742

キマイラ「魔王様の側近でもあるあなたが……」

ドラゴン「魔王様にとっては側近も足軽も同じ駒だ。捨てるときは捨てる。俺はそんな指揮官の下では戦えない」

キマイラ「世迷いごとを……魔王様の決断で一体どれだけの戦果があったか……わかっていないのか?!」

ドラゴン「なんとでも言うがいい。俺はもうお前たちと勝利の美酒に酔うことはない」

キマイラ「……」

勇者「魔王に伝えろ。お前の恐れる最悪の事態が起こったとな」

キマイラ「ニンゲンに味方する者は敵だ……!!」

ドラゴン「だから、そういっているだろう」

キマイラ「必ず……葬ってやる……!!」

勇者「帰る時は海上からの砲撃に気をつけろよ」

キマイラ「殺す!!殺してやる……!!ニンゲンがぁ!!!」

ドラゴン「早く行け」

キマイラ「ちっ―――」ダダダッ

ドラゴン「まさか、魔物も王族専用の避難路を知っていたとはな」

勇者「もっと早く到着できていれば……こんなことには……」

858 : VIPに... - 2012/06/24 21:51:26.20 J1lRI/U/o 544/742

―――城内 医務室

兵士長「そうですか……王は……姫様を守る為に……」

勇者「はい。立派なお姿でした」

兵士長「勇者殿に看取られて、王も嬉しかったと思います」

勇者「……」

魔法使い「姫様は?」

僧侶「外傷は殆どありませんでした。ですが、姫様の心労のほうが不安です……」

勇者「弁明の余地などないですね。僕が……迅速にここへ着けていれば問題はなかったのに」

少女「あ、あれが全速力だったんだ。俺はがんばって空を飛んだぞ」

エルフ「誰の所為でもないよ……。いや……もしかしたら……」

勇者「人間にも問題はありますよ」

エルフ「そう……」

少女「ここでの用は済んだな。すぐに戻るか?」

勇者「いえ、休憩してから戻りましょう。皆さんも多くの怪我人を看て疲れているでしょう?」

僧侶「そ、そうですね……時間はあまりないですけど、できるだけ体調は整えたほうがいいですから」

876 : VIPに... - 2012/06/28 00:29:37.07 reOp6s80o 545/742

―――夜

「生き残りは?」

「こちらの部隊は10名ほどしか」

「分かった。できるだけ守衛に回してくれ」

「了解」

僧侶「兵士さんたち忙しそうですね」

魔法使い「これだけ派手にやられたらね」

エルフ「でも国民の殆どは隣国に逃げられたって聞いたよ?」

僧侶「そうなのですか?」

エルフ「王様が巧くしたって。でも、王まで逃げると感付かれるかもしれないから残ったみたいだね」

僧侶「そうだったのですか」

魔法使い「もしかして姫様もなの?」

エルフ「だと思うよ」

僧侶「姫様……お辛いでしょうね……」

魔法使い「アイツも。変に自分を追い込んでなきゃいいけど……。前にも似た様なことあったし……」

877 : VIPに... - 2012/06/28 00:32:51.80 reOp6s80o 546/742

―――姫の自室

勇者「失礼します」

「勇者さま……」

勇者「目が覚めたと聞きまして」

「ありがとうございます」

勇者「……」

「申し訳ありません」

勇者「え?」

「お父様を救おうとしていただいたのに、満足にお礼もできないで」

勇者「何を言いますか。貴女が無事なことが自分にとってなによりも―――」

「勇者さま……」

勇者「はい」

「お父様は民を守る為に最後まで城に残っていました」

勇者「はい。聞き及んでいます」

「……それは失策だと思いますか?」

878 : VIPに... - 2012/06/28 00:37:56.49 reOp6s80o 547/742

勇者「いいえ。思いません。王の判断は的確でした」

「私は違うと思います」

勇者「姫様……」

「確かに民を守ることが王族としての責務だと思います。けれど、それは果たして命をかけるまでのことでしょうか?」

勇者「姫様、なんてことを……」

「私は最後まで城に残りたくはありませんでした。でも、お父様に残れと……言われて……」

勇者「……」

「私は……民のために……赤の他人のために命を差し出すことができませんでした……」

勇者「姫様、それは……当然のことです」

「違います!!」

勇者「……」

「私は王族……保身を第一に考えてしまうなんて……私は自分が恐ろしいです……」

勇者「……自分も同じです」

「え……?」

勇者「自分も勇者の身でありながら他人のために命を投げ出すことには躊躇しますよ?」

879 : VIPに... - 2012/06/28 00:43:57.19 reOp6s80o 548/742

「そんなの嘘です!!だって、勇者さまは私のために命を―――」

勇者「それはそれだけ貴女のことが大切だからです」

「勇者さま……」

勇者「自分の命よりも大事なものが目の前で崩れそうになっているなら、なんとしても守ろうとします」

「あ……の……」

勇者「私の命で貴女が生き長らえることができるなら、安いものですよ」

「あ、ありがとうございます……」

勇者「無論、貴女だけが命よりも大事というわけではありませんが」

「……」

勇者「姫様?」

「勇者さま……」

勇者「なんですか?」

「こんな私でよければ……娶ってもらえませんか?」

勇者「え……いや……」

「今、分かりました……きっと勇者さまこそ、国を統べるお方なのだと……」

880 : VIPに... - 2012/06/28 00:48:26.68 reOp6s80o 549/742

勇者「姫様……あの……」

「ダメですか?」

勇者「待ってください。結婚の約束は既に済ませているはず。何も今更……」

「本当に私と婚姻を?」

勇者「側室としてですけど」

「側室……」

勇者「はい」

「……」

勇者「私は残念ながら貴女を正妻に迎えるつもりは―――」

「わかりました」

勇者「え?」

「でも、政治的なことになりますが、私が側室であることは公表できません。よろしいですか?」

勇者「あの……え?」

「勇者さまと添い遂げることができるなら私は側室であろうと構いません。王族も抜けましょう」

勇者「まさか……姫様……僕に……」

881 : VIPに... - 2012/06/28 00:54:41.38 reOp6s80o 550/742

「玉座に誰も座らないのは、国として終わりですから」

勇者「僕に王になれと!?」

「私ではお父様を継ぐ事はできません。だから、勇者さまに……」

勇者「ま、待ってください!!それは……!!」

「大役なのは分かっています。ですが、私を側室として迎えいれるのでしたら……」

勇者「まあ、あの……王族の方がいなくなりますものね」

「はい。側室の王になど、民はついてきませんから」

勇者「……」

「勇者さま……」

勇者「か、考えさせてください」

「分かりました」

勇者「確かに王からは貴女のことを頼むとも言われましたが……」

「不束者ですが、よろしくお願いします」

勇者「いや……」

「ところで側室とはどのようなことをすればよろしいのですか?何分、勉強不足でして……窓拭き?」

882 : VIPに... - 2012/06/28 01:00:52.44 reOp6s80o 551/742

―――廊下

勇者「はぁ……」

少女「どうした?随分と陰鬱な顔で出てきたな」

勇者「姫様に王にならないかといわれのです」

少女「すごいな。お前が一国の主か。見てみたい気もする」

勇者「いや、側室をいっぱい作るなら王族になったほうが好都合といえば好都合ではあるけど」

少女「……」

勇者「んー」

少女「おい」

勇者「なんです?」

少女「ただ責任を感じて、あの姫に同情しているだけなら断ったほうがいい」

勇者「同情では……」

少女「お前に民を導く才能があるかどうかは俺にはわからない。だが、それだけの理由で王の座に着くと後悔するぞ?」

勇者「分かっています」

少女「気負うな。まだ、これからが本番なのだからな」

883 : VIPに... - 2012/06/28 01:04:29.72 reOp6s80o 552/742

勇者「……」

少女「じゃあな」

勇者「待ってください」

少女「なんだ?」

勇者「ありがとうございます」

少女「か、勘違いするな。俺はお前がしゃきっとしないと……色々困るだけだ」

勇者「ちょっと付き合ってもらえませんか?」

少女「どこに連れ出す気だ?」

勇者「貴女とは二人きりで談話をしてみたいと思っていたところです」

少女「……」

勇者「ふふ……」ジリジリ

少女「よ、よるな……ケダモノが」ジリジリ

勇者「ドラゴンの貴女に言われたくないですね」

少女「それもそうか」

勇者「さあ、夜のデートと行きましょうか」

885 : VIPに... - 2012/06/28 01:09:43.79 reOp6s80o 553/742

―――中庭

少女「ここは……」

勇者「ここが無事でよかった」

少女「なんでこの場所に来た?」

勇者「ここ、いいところでしょう?」

少女「ま、まあな」

勇者「今ならドラゴンに戻っても騒ぎにはなりませんよ?この場所は大丈夫です」

少女「馬鹿言うな。この姿でなければパニックになるだろうが」

勇者「嫌なんでしょう?」

少女「お前……」

勇者「もう割り切ったみたいな態度でいますけど、本当は人間の姿になんかなりたくないんですよね?」

少女「余計なお世話だ」

勇者「僕らでいうなら足を骨折して不自由になったみたいな感じでしょう?」

少女「よくわからんが」

勇者「ほらほら、ここなら大丈夫ですって」

886 : VIPに... - 2012/06/28 01:16:05.54 reOp6s80o 554/742

ドラゴン「―――ふぅ」

勇者「星が綺麗ですね。―――君が変身する女の子の姿が一番綺麗だけどね」

少女「……そうか」

勇者「ああ、嘘です。ドラゴンの姿も十二分に魅力的です」

ドラゴン「……」

勇者「この尻尾が特にかっこいいですよねー」モミモミ

ドラゴン「で、なんの話だ?」

勇者「魔王は今、どこに?」

ドラゴン「恐らく、孤島にある城にいるだろう。そこで魔法銃の対策、そして俺への対抗策を練っている」

勇者「ずっと疑問だったことがある」

ドラゴン「なんだ?」

勇者「魔王はどうしてそこまで用心深いのか……」

ドラゴン「……」

勇者「たかが人間に対して、前線にも出てこず、全ては部下任せ。何かあるのか?」

ドラゴン「……魔法銃が全ての原因だ」

887 : VIPに... - 2012/06/28 01:29:34.83 reOp6s80o 555/742

勇者「魔法銃が?」

ドラゴン「魔法銃により魔王様は重症を負った」

勇者「みたいだな」

ドラゴン「魔法様はそれまでニンゲンという下等生物など害虫同然だと思っていた。なのに、その害虫に深手を負わされた」

勇者「もしかして……その一敗で魔王は慎重派に?」

ドラゴン「絶対の勝利に拘り始めたのは間違いなく、その敗戦が原因だろう」

勇者「数百年前の敗戦は魔王にとってよほどショックだったのか」

ドラゴン「そうでなくても魔王様の力は衰え始めていたからな。自身の老いを目の当たりにしてしまったのかもしれない」

勇者「なに……?」

ドラゴン「古代においては神と魔族の戦いもあり、常に次代の魔王様が用意されていたみたいだが……」

勇者「ここ何千年は住み分けがきちんとでき、不文律があった」

ドラゴン「ああ。故に魔王様の交代もなかった。急に起こった戦争のために次の魔王様はいなかった」

ドラゴン「平和ボケしていたと言われればそれまでだがな」

勇者「この数百年の間に次代を担う魔王は現れなかったのか?」

ドラゴン「候補はいた。だが、魔王になるまでには至らない者たちばかりだ。何千年も戦ってこなければ当然だな」

888 : VIPに... - 2012/06/28 01:45:15.02 reOp6s80o 556/742

勇者「もしかして、貴女も候補?」

ドラゴン「どうだったかな。とにかく魔族は過去の力を取り戻しつつある」

勇者「それはキラちゃんのあれ?」

ドラゴン「その通りだ。あの魔道士が開発した生命エネルギーの抽出が役に立っている」

勇者「国民を皆殺しにするのは、そのエネルギーを手っ取り早く回収するためか」

ドラゴン「いや、あの人形は相手を殺すことでエネルギーを吸収していたが、俺たちにはそういうことはできない」

勇者「じゃあ、拉致か?」

ドラゴン「植民地化していた土地でニンゲンを生かしていた。今はもう崩壊してしまったが」

勇者「まさか!!あの魔道士!!」

ドラゴン「そう。あの魔道士の役目はニンゲンを集めることにある。集めたニンゲンの8割は魔王様の下に送られていた」

勇者「なら、どうして装置を持って攻めてこない?」

ドラゴン「エネルギーを吸い上げる装置は持ち運べず、また破壊されては事だ。それができるなら魔道士もやっていただろう」

勇者「一気に大人数を捕らえることはしなかったのか?」

ドラゴン「それは魔道士の仕事だった。魔王様はニンゲンと小競り合いを続けて、魔道士のことをニンゲンに気づかせないようにしていただけだからな」

勇者「戦争をやっていれば人身売買や拉致はあまり注目されないからな。戦争を魔族復古のためのカモフラージュにしていたのか」

889 : VIPに... - 2012/06/28 01:58:39.91 reOp6s80o 557/742

ドラゴン「そういうことになる」

勇者「なるほど……。過去の勇者たちもそのことに気づいていれば……」

ドラゴン「もしかしたら、魔王様は倒されていたかもしれないな」

勇者「部下を簡単に切り捨て、自分だけが生き残る戦いをするのはそういう理由もあったわけだ」

ドラゴン「魔王様が前線に出てきたとき、それは全てが完了したということだろう」

勇者「だが、今は人間を集める術は……」

ドラゴン「魔道士がいなくなったことは報告済みだ。そろそろ代替案を実行してくる可能性もある」

勇者「代替案?」

ドラゴン「海には大勢のニンゲンが浮いている」

勇者「海賊艦隊を狙うのか」

ドラゴン「一人残らず生け捕りにすることはできなくても、あれだけの規模だ。2割も捕らえる事が出来れば相当な栄養素になる」

勇者「魔王が今まで海賊に手出ししなかったのは……」

ドラゴン「海賊が帰還せずとも海で散ったとしか思わないだろう。拉致して戦力に変えるなど想像すらしないはずだ」

勇者「なら、早く戻らないといけないか」

ドラゴン「焦る必要はない。あれだけの数を捌くのは、それなりの日数がかかる」

890 : VIPに... - 2012/06/28 02:03:12.18 reOp6s80o 558/742

勇者「そうだな……。キャプテンたちも弱くないわけだし」

ドラゴン「お前が勝てなくても誰も責めはしない。心配するな」

勇者「負ければ誰も側室にできないだろう?それはちょっとなぁ」

ドラゴン「言っていろ」

勇者「……」

少女「―――そろそろ戻る。寝坊するなよ?」

勇者「分かりました。ありがとうございます。愛してますよー」

少女「黙れ。軟派者めが」

勇者「えへへ」

少女「褒めてないっ!!」

勇者「おやすみなさい」

少女「ふんっ」スタスタ

勇者「……ふぅ……」

勇者「力を取り戻しているとすれば……」

勇者「よし……」

891 : VIPに... - 2012/06/28 02:07:56.86 reOp6s80o 559/742

―――姫の自室

勇者「よろしいですか?」

「どうぞ」

勇者「姫様。夜分遅くに申し訳ありません」

「いえ」

勇者「姫様。先ほどの問いに対する答えを出しにきました」

「なんでしょうか?」

勇者「約束はできません」

「……」

勇者「僕は貴女を側室にしたい。心からしたい。もう今すぐにでもしたいぐらいです」

「勇者さま……」

勇者「でも、王になる約束だけはできません」

「どうしてですか?」

勇者「僕はただの平民です。王の器ではありません。勇者というのも称号に過ぎません。だから、王にはなれないと思うのです」

「でも、私を側室にするというのなら……」

892 : VIPに... - 2012/06/28 02:13:26.38 reOp6s80o 560/742

勇者「姫様を側室にしたい。でも、王にはなりたくない。―――それって身勝手ですか?」

「はい」

勇者「ふふ……ですよね」

「しかし、私に勇者さまを批判するだけの資格はありません。私もまた身勝手な姫だったのですから」

勇者「……」

「国民のために……国のために……そういう心構えができません」

「可愛い服を着たい。友人とお茶を飲みながら話したい。殿方と恋がしたい」

勇者「姫様……」

「そういう想いのほうが強いのです」

勇者「そうですか」

「最低な王族ですね……私は……」

勇者「嫌ならやめてしまいしょう」

「……へ?」

勇者「王族を捨てると言ったではないですか」

「そ、それは……勇者さまが王としてこの国を支えてくれるならという意味で……」オロオロ

893 : VIPに... - 2012/06/28 02:19:11.09 reOp6s80o 561/742

勇者「僕は魔王を倒し、世界の英雄となります。そのときまでに決めておいてもらえますか?」

「な、なにをですか?」

勇者「僕の側室になるか。それとも王族として生きるか」

「……!」

勇者「でも、答えは分かりきっていますが」

「勇者さま……」

勇者「姫様。次に会うときは大英雄ですからね」

「あ……」

勇者「では、おやすみなさい」

「勇者さま!!」タタタッ

勇者「え―――」

「もう行ってしまうのですね……」ギュッ

勇者「姫様……」

「戻ってきてとはいいません。ですが……私は貴方のことを愛しています……それだけは覚えていてください……」

勇者「ありがとうございます……姫様……」

895 : VIPに... - 2012/06/28 02:26:22.53 reOp6s80o 562/742

「勇者さま……今夜は……ここで……」

勇者「姫様」バッ

「そう……ですか……」

勇者「次に会うときまで生きていてください。姫様を必ず側室にしてみせます」

「……では、勇者さまが戻ってくるまで私はこの国と生きていきます」

勇者「ええ。それがいいでしょう。―――それでは」

「勇者さま!!」

勇者「……」

「……」

勇者「行ってまいります」

「旅の無事を祈っています」

勇者「この上ない誉れです」

「行って……らっしゃいませ……」

勇者「貴女は素晴らしい女性だ。誰が手放すものですか」ニヤッ

「……うそつき……」

896 : VIPに... - 2012/06/28 02:30:52.61 reOp6s80o 563/742

―――廊下

勇者「……」

少女「あ、いたいた」

勇者「くそっ!!!」ガンッ

少女「ど、どうした?」

勇者「え?いや……ちょっとかっこつけすぎたと思いまして」

少女「ほう?断ったのか」

勇者「僕はあの王様のようにはなれないと思います」

少女「どうしてだ?」

勇者「王が国にいる全ての美女を側室にしちゃまずいでしょ?」

少女「ああ、そうだな」

勇者「というわけで、魅力的なお誘いでしたがやめておきます。―――で、貴女はこんなところでなにを?」

少女「寝室が分からない。案内してくれ」

勇者「……じゃあ、こっちです。楽しみましょう」グイッ

少女「やめろ!!貴様!!違う場所に連れ込む気だろうが?!」

897 : VIPに... - 2012/06/28 02:34:59.46 reOp6s80o 564/742

―――翌朝

勇者「いててて……」

僧侶「もう朝から怪我なんて何があったんですか?」ギュッ

勇者「ぬほほぉ……いや、猛獣に殴られまして」

僧侶「猛獣?」

魔法使い「おはよう」

少女「……」

エルフ「どうしたの?機嫌悪そうだけど」

少女「なんでもない……」

勇者「まさか、あれほど暴れるとは思いませんでした」

少女「……ふんっ」

魔法使い「……ねえ?」

勇者「なんですか?」

魔法使い「何かあったの?」

勇者「え?別になにもありませんが?―――ちょっとした身体検査をしただけですよ、はい」

898 : VIPに... - 2012/06/28 02:39:03.48 reOp6s80o 565/742

魔法使い「身体検査って―――」

兵士長「勇者殿!!」

勇者「どうしました?」

兵士長「これを」スッ

勇者「これは……手紙?」

兵士長「ご武運を」

勇者「はい」

僧侶「誰からですか?」

勇者「この匂いは……」クンクン

エルフ「犬みたいなことやめなよ」

勇者「姫様からの手紙ですね」キリッ

僧侶「きっとラブレターですよ!!」

勇者「ふっ。もしかしたら婚姻届かもしれませんね」

魔法使い「アンタねえ?!一国の姫様になにしてんのよ?!」

勇者「姫様は肉親を失った身。僕だけでも優しく包んであげないといけないでしょう?優しくしてどこに問題があると?いや、ないですよね?」

899 : VIPに... - 2012/06/28 02:44:23.45 reOp6s80o 566/742

少女「早く出発したほうがいいぞ?」

勇者「ですね」

ドラゴン「―――乗れ」

魔法使い「……」

僧侶「勇者様!ラブレター読んでください」

勇者「乙女の秘密でしょうし、今は時間が惜しいです」ペラッ

エルフ「あ、読むんだ」

魔法使い「……」ソーッ

ドラゴン「飛ぶぞ!!」バサッバサッ

勇者「ふむふむ……なるほど……」

魔法使い「なんて書いてあるのよ?」

勇者「貴方のことを想うと股間が大洪水になります。早く、この火照った体を冷ましにきてーあっはーん―――と書いてますね」

エルフ「へー。顔に似合わず淫乱なんだ」

勇者「もうね、エロエロです」

魔法使い「嘘いうな!!!あの姫様がそんなこと書くわけないでしょうがぁ!!!」

900 : VIPに... - 2012/06/28 02:50:17.76 reOp6s80o 567/742

勇者「僕の側室になる女性はエロくなくてはいけません」

僧侶「そ、そうなのですか?!」

勇者「オフコース」

僧侶「あぁ……そ、そんなぁ……」ガタガタ

ドラゴン「怖いならしっかり捉まっていろ」

魔法使い「またいい加減なことを……」

エルフ「いやらしい女じゃないとダメってこと?」

勇者「エッチな女性って……素敵やん?」

僧侶「あぁ……エッチな女性なんて……どうしたら……」オロオロ

魔法使い「馬鹿じゃないの?気持ち悪いこといわないで」

勇者「しかし、性に貪欲なほうがこっちも嬉しいですね」ニコッ

ドラゴン「ニンゲンのオスはそういうメスが好きなのか」

勇者「だーいすきです」

エルフ「性欲あるほうが面倒だと思うけどなぁ」

勇者「はぁぁぁぁ?!―――もう一度言います。はぁぁぁぁぁぁ!?」

901 : VIPに... - 2012/06/28 02:58:33.89 reOp6s80o 568/742

エルフ「な、なに?」

勇者「いいですか?男女共に性欲があるとどれだけのメリットがあると思っていますか?!」

エルフ「そ、そんなの考えたことないけど」

勇者「バッカだなぁ!!毎日、エッチなことしか考えない恋人同士ならよぉ!!毎日がもうドキドキじゃん?」

魔法使い「意味がわからないわよ」

勇者「いいか?!性欲は二人の関係を冷めさせないための大事で重要で大切でしかも肝心なものなんだぜぇ?!それぐらいわかるだろう?!」

僧侶「好きだけじゃダメですか?」

勇者「ダメだな。エッチも好きじゃないとダメだな」

僧侶「うぐ……」

ドラゴン「交尾などただの作業だろうに」

勇者「そう!!作業だ!!だが、その作業がすっごく気持ちよくて楽しくて、毎日でもやっていたいと思うのは良いことです」

エルフ「どうして?」

勇者「子宝に恵まれる。そして僕が嬉しい」

僧侶「なるほど……エッチになれるようにがんばりますっ」

魔法使い「女に囲まれながら何を口走ってるのよ、馬鹿ね……もう……ホントに……」

902 : VIPに... - 2012/06/28 03:04:17.13 reOp6s80o 569/742

勇者「貴女はもう体がスケベですけど……ぬふふ……」

僧侶「そ、そうですか……?」

勇者「もう……うひょー」

魔法使い「ちょっと、この変態どうにかしてよ。今から魔王と戦いにいくっていうのに、緊張感の欠片もないじゃない」

エルフ「緊張を解そうとしているんじゃないの?」

魔法使い「まさか……単なる私利私欲を放出しているだけよ」

エルフ「そうかなぁ」

魔法使い「それに緊張を解すために選ぶ話題じゃないでしょう?」

エルフ「それはそうかもね」

勇者「とくにこの二の腕とか……」モミモミ

僧侶「あんっ」

魔法使い「ほら、離れて!!」グイッ

勇者「なにすんだこらぁ!!!!青空の下で脱がないお前らが悪いんだろうがぁ!!」

魔法使い「真面目にやってよ!!」

ドラゴン「暴れて落下だけはするなよ。拾うのが面倒だからな」

903 : VIPに... - 2012/06/28 03:11:00.21 reOp6s80o 570/742

―――海上 海賊船 甲板

キャプテン「うてぇー!!!」

ドン!!ドン!!ドン!!」

魔物「キキー!!!」

キャプテン「うるさいよ!!!」ドォン!!

魔物「ぎゃぁ?!」

キャプテン「怯むな!!うてー!!!」

海賊「アイアイサー!!!」

キャプテン「さあ!!魔王の糞野郎!!さっさと追い詰められなぁ!!」

ゴゴゴゴ……!!

キャプテン「ん?なんだい?」

海賊「キャプテン!!海から魔物がぁ!!!」

キャプテン「海中からか!!そんなの想定内さ!!―――魚雷発射よーい!!!」

メキメキメキ……!!

キャプテン「え―――」

904 : VIPに... - 2012/06/28 03:16:25.54 reOp6s80o 571/742

船長「どうした?!」

海賊『報告します!!第8、9、15船団が轟沈しましたぁ!!』

船長「馬鹿な!?何があった?!」

海賊『そ、それが海底から―――うわぁぁぁっぁぁ!!!!!!』

船長「どうした?!応答しろ!!どうしたんだ?!」

船長「くそ……!!キャプテンの船は無事だろうな……!!」

ゴゴゴゴゴ……!!!

船長「な、なんだ……!?」

海賊「かしらぁ!!やべえよ!!前に出たクラーケン級がうじゃうじゃいやがる!!!」

船長「なんだと?!」

キャプテン『―――誰か!!応答しな!!』

船長「キャプテン!!」

キャプテン『全員撤退だ!!魔王のやつら、とんでもない兵力をもってやがった!!これじゃあ全滅になるよ!!』

船長「しかし!!」

キャプテン『ここはあたしが引き受ける!!逃げれる奴は全員にげなぁ!!!』

905 : VIPに... - 2012/06/28 03:21:31.47 reOp6s80o 572/742

キャプテン「いいかい!!逃げて態勢を立て直すんだ!!」

船長『嫌です!!』

海賊『俺たちもキャプテンと戦います!!』

キャプテン「ばかいってんじゃないよぉ!!!死にたいのか!?」

船長『キャプテンを見捨てて何が海賊ですかぁ!!!』

海賊『キャプテン!!俺たちはいつも一緒ですからぁ!!』

キャプテン「……あんたらは生きろ。これは命令だよ」

船長『そ、そんな……』

キャプテン「生きて勇者に伝えな。奴らの戦力は異常だってね」

船長『キャプテン!!!』

キャプテン「はやくいきなぁ!!!」

船長『ア……アイアイサー……』

キャプテン「……」

メキメキ……!!!

キャプテン「どうやら……あたしもここまでみたいだねえ……。ごめんよ……いい女は黙って旦那の帰りを待つもんなのに……待てなくて……ごめんよ……」

906 : VIPに... - 2012/06/28 03:25:57.19 reOp6s80o 573/742

海賊「キャプテン!!魚雷発射準備整いました!!」

キャプテン「よし。一斉発射だ。ただでは死なないよ!!」

海賊「「アイアイサー!!!」」

キャプテン「地獄の果てまでついてきなぁ!!!」

海賊「魚雷発射!!!」

ドォォォォン!!!

キャプテン「どうだい?!」

メキメキメキ……!!!

キャプテン「船が割れるよ!!!」

ボキィ……!!!

海賊「うわぁぁぁぁあ!!!!!キャプテェェェン!!!!」

キャプテン「くっ……!!意味がないとは……。これまでの苦労はなんだったのかねえ……」

ゴゴゴゴ……

キャプテン「情けない……結局は井の中の蛙に過ぎなかったわけだね」

キャプテン「……愛してるって……伝えたかったなぁ……」

907 : VIPに... - 2012/06/28 03:30:20.90 reOp6s80o 574/742

ズズズズズ……!!

キャプテン「絶対にあたしの仇……とっておくれよ……」

―――守る!!

キャプテン「……え?」

ドラゴン「―――くらえぇ!!!」ゴォォォ

クラーケン「ガァァァァ!!!!」

キャプテン「あぁ……」

勇者「ふっ」バッ

キャプテン「あ……あぁ……」ウルウル

勇者「よっと」シュタ

キャプテン「あぁぁぁ……」ヨロヨロ

勇者「もう大丈夫です」

キャプテン「うぅぅ……」ギュッ

勇者「皆さんを他の船に運んでください!!」

ドラゴン「了解だ」バサッバサッ

908 : VIPに... - 2012/06/28 03:35:13.41 reOp6s80o 575/742

勇者「怪我は?」

キャプテン「……っ」ゴシゴシ

勇者「泣いて―――」

キャプテン「泣いてない!!」

勇者「そうですよね」

キャプテン「わ、悪かったね……約束、守れなくて……追い詰められなかった……」

勇者「いえ。僕も魔王軍がこれほどまでの戦力を有していたのは驚きです。これでは人間が文字通り束になっても敵いません」

キャプテン「どうしたらいいんだい?」

勇者「一隻だけ船を囮に使ってもいいでしょうか?」

キャプテン「それは構わないけど……」

勇者「ありがとうございます」

ドラゴン「おい。生存者は皆、運べたぞ」

勇者「分かりました。次の仕事をお願いします」

ドラゴン「全く、人使いが荒いな」

勇者「まあまあ、がんばってください。君にしかできないことですから」

909 : VIPに... - 2012/06/28 03:41:04.02 reOp6s80o 576/742

―――海賊船

勇者「面舵いっぱーい!!」

僧侶「アイアイサー」

魔法使い「ふぅ……」

エルフ「クラーケンは集まってきてる」

勇者「はっ。確かに船の弱点は船底だ。だが……弱点しか狙ってこないのは馬鹿のやること」

少女「二匹ほど張り付いた!!」

勇者「よぉーし!!」

魔法使い「……網に掛かったわ!!」

勇者「お願いします!!!」

ドラゴン「のれぇ!!」

僧侶「うわ!うわ!!」テテテッ

エルフ「もっと高く!!」

勇者「―――今です!!」

エルフ「燃えろぉぉぉ!!!」ゴォォォ

910 : VIPに... - 2012/06/28 03:47:21.50 reOp6s80o 577/742

―――ドォォォォン!!!!

僧侶「きゃぁ?!」

魔法使い「あつっ……!」

勇者「どうだぁ!!一箇所にしか集まらないとこうなるんだよぉ!!あはっはー!!」

エルフ「大量の魚雷を同時に爆発させるなんて……馬鹿しか考えないよ」

勇者「最高の褒め言葉です」

ドラゴン「魔物は怯んでる。クラーケンも無事ではないだろう」

勇者「糞野郎どもぉぉぉ!!!!反撃の狼煙をあげろぉぉぉ!!!!」

海賊「「オォォォォ!!!!!」」

キャプテン「おまえらぁ!!!この好機をのがすんじゃないよぉ!!!」

勇者「では、行ってきます。くれぐれも無理はしないように。頃合を見て退却してください」

キャプテン「待っておくれ!!」

勇者「なんですか?」

キャプテン「あ……あ、あ……愛してるから!!!あたし、あんたが大好きだからぁ!!!」

魔法使い「ぶふっ?!」

911 : VIPに... - 2012/06/28 03:52:15.05 reOp6s80o 578/742

海賊「「なんだとぉぉぉお!!?!?!」」

キャプテン「はぁ……はぁ……」

勇者「どうしてそれを今?」

キャプテン「だ、だって……言いたかったんだから……仕方ないだろ……」

勇者「そうですか」

魔法使い「今、言わなくてもいいでしょう?!」

僧侶「私も勇者様のこと大好きですよ?」ギュッ

勇者「まいったなぁ」

魔法使い「もうなんでみんな真面目にやらないのよぉ!!!」

エルフ「変に固くならないだけいいんじゃない?」

ドラゴン「いくぞ。これほどまでに力をつけているなら、魔王様も恐らく……」

勇者「ええ。行きましょう」

キャプテン「絶対にもどってきなよー!!ダーリーン!!!」

勇者「分かってるよ!!ハニー!!」

海賊「「アァァァアアアアア!!!!!!俺たちのキャプテンがぁぁぁぁ!!!!寝取られたぁぁぁぁ!!!!」」

912 : VIPに... - 2012/06/28 03:58:25.53 reOp6s80o 579/742

勇者「魔物に動きを察知されないようにしてください」

ドラゴン「分かっている。俺を舐めるな」

勇者「え?舐めてもいいんですか?」

僧侶「ああいう告白って……いいですよねぇ……」

エルフ「そうかな?」

魔法使い「全然、そうは思わないわね。私だったら―――」

勇者「愛している」ボソッ

魔法使い「きゃぁあああ!?!」ビクッ

勇者「耳元で囁かれるほうがいいんですよね?」

魔法使い「ど、どうしてそのことを―――じゃなくて、気持ち悪いことしないで!!」

勇者「好きな人に愛してるって言われるのが嫌いなのですか?んー……変なの」

魔法使い「そういうことじゃないわよ!!馬鹿!!」

僧侶「勇者様、私にも言ってください」

勇者「……愛してるよ」

僧侶「はいっ。私もです」

913 : VIPに... - 2012/06/28 04:03:55.60 reOp6s80o 580/742

―――魔王の城

キマイラ「魔王様!!!」

魔王「来たか」

キマイラ「海上に勇者が現れたと」

魔王「よし……好都合だ」

キマイラ「どうされますか?」

魔王「……手筈通りでいい」

キマイラ「ははっ」

魔王「くくく……ここまで我の邪魔をしてきた者は今回の勇者が始めてだな……」

魔王「我が側近のドラゴンすら手駒にするとは驚きだが、それもここまでにしてくれる」

キマイラ「勇者さえいなくなれば、魔王様に歯向かう愚かな人間がまた減りますね」

魔王「それだけではない」

キマイラ「え?」

魔王「魔族の完全なる復活を世に見せ付けてくれる……!!!未来永劫、この我に逆らう者が現れないようになぁ!!!」

魔王「ふふふふ……!!!!ふはははははははは!!!!!!」

914 : VIPに... - 2012/06/28 04:09:15.06 reOp6s80o 581/742

―――上空

ドラゴン「見えてきたぞ」

勇者「あれが魔王の城か」

僧侶「このときが遂に来たのですね」

魔法使い「やっぱりここまで来ると……体が震えちゃうわね」

勇者「それは大変だ」ギュッ

魔法使い「……」ゴォッ

勇者「あつっ?!」

エルフ「このまま直接乗り込めるかな?」

ドラゴン「厳しいだろうな……」

僧侶「ど、どうしてですか?」

ドラゴン「城の周辺を見ろ」

魔物「―――グルルルル!!!」バサッバサッ

勇者「ドラゴちゃんの迎撃部隊か」

ドラゴン「お前たちを乗せながら戦えない。お前たちを城の近くで降ろし、俺は奴らを倒してから合流に向かう。いいな?」

915 : VIPに... - 2012/06/28 04:17:34.49 reOp6s80o 582/742

―――魔王の孤島 陸地

ドラゴン「また後でな」

勇者「いってらっしゃい。マイディアー」

ドラゴン「はいはい」バサッバサッ

僧侶「ご武運をー!!」

魔法使い「じゃあ、私たちも急ぎましょう。ドラちゃんが魔王の前に着くときに私たちがいないと締まらないもの」

勇者「ですねー。ドラゴちゃんも泣いてしまうかもしれない」

エルフ「……」

勇者「大丈夫ですか?」

エルフ「うん。勿論」

勇者「迫害されていたとはいえ、貴女は王を戦うわけですから……」

エルフ「心配ないよ。大丈夫」

勇者「よし。行きましょう」

僧侶「はいっ!」

魔法使い「故郷の仇……絶対に……倒す……」ギリッ

916 : VIPに... - 2012/06/28 04:21:47.63 reOp6s80o 583/742

―――魔王の城 城門前

勇者「……」

魔法使い「ドラちゃん……戦ってるわね」

エルフ「一人で平気かな……?」

僧侶「見た感じ、相手は10匹ほどいますね」

勇者「なら、余裕でしょう。あの子は強いですし」

魔法使い「……ええ、そうね」

勇者「開けます」

ギィィィィ……

魔法使い「……」

エルフ「空気が重たい」

僧侶「なんという禍々しさ……ここが魔王の根城……」

勇者「どんな罠があるかわかりません。みなさんは僕に密着してください!」

僧侶「は、はい!」ギュッ

勇者「ぬふっ」

917 : VIPに... - 2012/06/28 04:28:19.61 reOp6s80o 584/742

魔法使い「こっちに階段があるわ」

エルフ「とりあえず上を目指そうか」

魔法使い「魔王も最上階で威張ってるのかしら?」

エルフ「そうかもね」

勇者「あと二名、僕に抱きついてないですな。これは命令違反だ。組織としては処罰するしかねえな」

魔法使い「くっついてたら襲われたとき対応できないでしょ?」

勇者「罰として上から脱いでくれます?」

エルフ「行こう」

魔法使い「ええ」

勇者「おぉぉい!!本当に危険なんで固まって行動をですねえ!!!」

僧侶「んしょ……」スルッ

勇者「貴女は脱がなくていいですよ?」

僧侶「え?」

勇者「さ、緊張感を持って進みましょう!!」

魔法使い「アンタが言うな」

918 : VIPに... - 2012/06/28 04:31:29.97 reOp6s80o 585/742

―――魔王の孤島 上空

ドラゴン「オォォォォ!!!!!」ゴォォォ

魔物「ギャァァァ―――」

ドラゴン「ふんっ!!」バキッ

魔物「オォォ―――」

ドラゴン「ふん……こんなものか……」

ドラゴン「さぁ、勇者と合流を―――」

ドラゴン「……!!」ゾクッ

ドラゴン「な、なんだ……?!」

ドラゴン「はぁ……はぁ……」キョロキョロ

ドラゴン「まさか……!!」

魔王「―――久しいな」

ドラゴン「ま、魔王様……?!」

魔王「ふふふ……」

ドラゴン「そうですか……全ての準備が……整ったのですね……」

919 : VIPに... - 2012/06/28 04:40:03.80 reOp6s80o 586/742

魔王「そうだ」

ドラゴン「……」

魔王「さあ、戻って来い」

ドラゴン「え……?」

魔王「一時の気の迷いというのは誰にでもある。そうだな?」

ドラゴン「魔王様……」

魔王「お前の力が必要なのだ」

ドラゴン「……」

魔王「弱いニンゲンの味方をしてどうする?―――感じでいるはずだ。我の中で渦巻く魔力の奔流を」

ドラゴン「今の魔王様が本来のお姿ということですね……」

魔王「そうだ。もう誰も我を止めることはできない。我はニンゲンを殲滅し、この世界を手に入れる」

ドラゴン「そうですか」

魔王「行くぞ。我と共に栄華を―――」

ドラゴン「魔王様……いや、魔王。俺はもう裏切り者だ。お前の傍で働く気はない。―――もう信じた人に捨てられるのは嫌だからな」

魔王「そうか……ふはははは……残念だ……。ならば……死ね」スッ

934 : VIPに... - 2012/06/29 00:44:16.65 hpeqfj4Jo 587/742

―――魔王の城 中層

勇者「はぁぁぁ!!!」ザンッ

魔物「グゥゥゥ……」

勇者「はぁ……はぁ……」

エルフ「こっちも倒したよ」

魔法使い「怪我はない?」

勇者「はい。なんともありません」

僧侶「もう少しですね」

勇者「ええ。いそぎ―――」

ドォォォォン……

勇者「ん?」

エルフ「なに?爆発?」

魔法使い「外からね。まさか……」

勇者「ドラゴちゃんを信じましょう。僕たちは魔王の下に」

エルフ「うん」

935 : VIPに... - 2012/06/29 01:00:26.11 hpeqfj4Jo 588/742

―――魔王の城 最上階

勇者「……」ググッ

ギィィィ……

魔法使い「……いる?」キョロキョロ

エルフ「……」キョロキョロ

僧侶「いませんね」

勇者「いない……?まだ別室が―――」

キマイラ「ここが終着点だ、ニンゲン」

勇者「お前は……!?」

キマイラ「よく来たな」

僧侶「あ、あなたが……魔王?!」

エルフ「違うよ。あれはキマイラ。魔王の側近だね」

魔法使い「側近?魔王はどこなの?!」

キマイラ「さあな。魔王様もお忙しい身だからなぁ」

勇者「なんだと……?」

936 : VIPに... - 2012/06/29 01:09:55.46 hpeqfj4Jo 589/742

キマイラ「まぁ、どうでもいいことだろう。お前らはここで死ぬんだからなぁ」

勇者「……」

エルフ「来る!」

僧侶「きゃぁー!!」

魔法使い「ここまで来て逃げるわけには―――」

勇者「出ましょう」

エルフ「え!?」

魔法使い「な、なにいってるの?!」

勇者「魔王はまだ魔法銃を警戒していたんです」

僧侶「ど、どういうことですか?」

勇者「魔王は僕たちと戦う気がないということですよ」

エルフ「じゃあ……逃げたの?」

勇者「でしょうね。先ほどの爆発音は恐らく、魔王によるもの」

僧侶「ゴンちゃんが危ないです!!」

キマイラ「貴様ら……逃げられるとでも思っているのか?」

937 : VIPに... - 2012/06/29 01:20:29.07 hpeqfj4Jo 590/742

勇者「あぁ?」

キマイラ「ここでお前らは臓物をぶちまけて死ぬんだよぉ!!!」

勇者「行きましょう」

エルフ「え?でも……」

勇者「いいから」

魔法使い「しょうがないわね」

僧侶「ゴンちゃんが大変です!!」

キマイラ「まてこらぁぁぁ!!!!」ダダダッ

勇者「逃げろ!!」ダダッ

エルフ「うわ!!」ダッ

僧侶「ま、まってください!!」タタッ

魔法使い「くっ……!!」タタタッ

キマイラ「おらぁぁぁぁ!!!!」

勇者「扉を閉めてください!!」

キマイラ「てめ―――!?」

938 : VIPに... - 2012/06/29 01:27:27.77 hpeqfj4Jo 591/742

エルフ「よいしょー!!!」グググッ

魔法使い「ふーん!!!」グググッ

バタンッ!!

キマイラ『ギャァァ―――』

ゴォォン!!!

勇者「よし」

僧侶「お間抜けさんで助かりましたね」

エルフ「うん」

魔法使い「と言ってもすぐに追いかけてくるわよ?」

勇者「どうでもいいです。一刻も早くドラゴちゃんの安否確認をしなくてはなりません」

僧侶「ですね!!」

勇者「それに僕らだけでは到底敵う相手ではありませんでしたし」

エルフ「そっか……」

勇者「とっとと城を出ます!!」

僧侶「おーっ」

939 : VIPに... - 2012/06/29 01:34:54.18 hpeqfj4Jo 592/742

―――魔王の城 城門

勇者「はぁ……はぁ……!!ドラゴちゃぁぁん!!!」

魔法使い「あそこ!!」

僧侶「あぁ!!」

少女「う……ぅぅ……」

勇者「どうしたんですかぁ?!」

少女「まお……う……さま……が……」

エルフ「今、治癒するから」パァァ

勇者「大丈夫か?」

少女「ああ……この姿になって身を隠した……からな……」

魔法使い「魔王はどこに向かったの?」

少女「恐らく海賊船団のところだろう。魔王様はきっと……最終段階に入っている……」

勇者「力を取り戻すのか」

少女「海賊たちの命を吸収するつもりなのだろうな」

僧侶「そんな……!!私たちの目の届く場所でそんなことをさせるわけには……!!」

940 : VIPに... - 2012/06/29 01:47:29.59 hpeqfj4Jo 593/742

少女「もうよい……十分だ」

エルフ「でも」

ドラゴン「―――乗れ。時間がないぞ」

魔法使い「よっと。ほら、早く乗って」

僧侶「は、はい」

エルフ「ほっ。―――いつでもいいよ!!」

ドラゴン「これが最終決戦になるだろう。心の準備はできているか?」

魔法使い「そんなのいつだって出来てたわ」

僧侶「す、少しこわ、こわいですけど……私も故郷のことがありますから……!!」

エルフ「エルフ族を喰うつもりなら、なんとしても止めたい。ボクらはただ平穏に暮らせればいいんだ」

勇者「とりあえず綺麗なお嫁さんと側室10人をはべらせるまでは死ねません。さくっと魔王を倒して報奨金をせしめて、風呂入って、歯を磨いて、寝る!!」

ドラゴン「急ごう」

勇者「いくぞぉ!!僕の可愛い側室ちゃんたちぃ!!!」

魔法使いエルフ僧侶「「おぉー!!」」

魔法使い「―――いや!!側室じゃないわよ?!」

941 : VIPに... - 2012/06/29 01:52:37.11 hpeqfj4Jo 594/742

―――海上 海賊船 甲板

キャプテン「ドンドン撃ちなぁ!!!弾が尽きてもぶっ放すんだよぉ!!!」

ドン!!ドン!!ドン!!!

海賊「キャプテン!!11時の方角からなんかくる!!!」

キャプテン「あぁ?!なんだい!?」

魔王「くっくっくっくっく……!!」

キャプテン「ありゃあ……魔王か……?」

海賊「ひぃぃぃ!?あれがぁ?!」

キャプテン「ひるむんじゃないよぉ!!!うてうてー!!!」

ドン!!ドン!!ドン!!

魔王「群小なる人間に我を止められるはずがないだろう……」

キャプテン「砲撃が効いてないのかい?!」

魔王「ハァァァァ!!!!」ゴォォォ

ドォォォォォン!!!!!

キャプテン「嘘だろ……船が……一撃で沈没……!?」

942 : VIPに... - 2012/06/29 01:58:50.06 hpeqfj4Jo 595/742

魔王「ふはははは……!!よし……勝てる……これなら……!!!」

海賊「やばい!!逃げる暇のないですよー!!!」

キャプテン「うろたえるな!!おい!!キラちゃんはどこにいるんだい?!」

海賊「後方の第19船に積んでます!!」

キャプテン「その船は真っ先に戦闘海域から離脱させな!!その後、順次離脱するよ!!」

海賊「アイアイサー!!!」

魔王「ほう……逃げ出すか。魔法銃が一丁しかないというのは本当らしいな」

キャプテン「あたしのダーリンは絶対にきてくれる!!!それまで耐えるんだ!!いいねぇ!?」

海賊「「あいあいさぁ……」」

キャプテン「やる気だしなぁ!!!このボンクラどもぉぉ!!!」

魔王「―――どうやら、貴様が指揮官のようだな」

キャプテン「なっ……?!」

魔王「まずは兵隊の士気と指揮系統を壊すとするか」

キャプテン「にゃろ……!!人間様を舐めるんじゃないよぉ!!」チャカ

魔王「遅い!!!」ザンッ!!

943 : VIPに... - 2012/06/29 02:07:28.58 hpeqfj4Jo 596/742

キャプテン「あ―――ぎゃぁぁああああああ!!!!!」

海賊「キャプテン!!!」

魔王「ふははははは!!!!やるなぁ!!!咄嗟に後ろに飛んだか!!!」

キャプテン「うぅぅ……ぁぁぁ……!!」

魔王「片目が潰れただけで済んだか……。だが、次は避けられまい」

キャプテン「あぁぁ……!!!おぉぉぅぅぅううぃぃ!!!!」

魔王「ふはははははは!!!!」

海賊「キャプテンを守れぇぇぇ!!!」ダダダッ

「ウオォォォ!!!」

魔王「劣弱な愚民が……霧散に消えろ!!」ゴォォォ

海賊「うあぁあああ!!!!!」

キャプテン「やめ……ろぉぉ……」

魔王「はーっはっはっはっはっはっ!!!!!安心するがいい!!全員が殺さん!!」

キャプテン「あ……?」

魔王「3割ほどは生かしておいてやろう……くっくっくっくっく……」

944 : VIPに... - 2012/06/29 02:11:58.18 hpeqfj4Jo 597/742

魔王「その他は殺せ」

魔物「「ギャギャギャギャギャ!!!!」」バサッバサッ

「た、戦え!!!」

「うぉぉぉぉ!!!」

魔王「はーっはっはっはっはっは!!!」

キャプテン「く……」チャカ

魔王「ん?」

キャプテン「くら……え……!!」バァァン

魔王「ふん」キュィィン

キャプテン「はぁ……ぁ……」

魔王「無駄だ。ニンゲンの火器では我が魔力の壁は突破できん」

キャプテン「へへ……ば……カ……だ、ねぇ……」

魔王「なに……?」

キャプテン「あたしのやることはね……旦那のお膳立て……なのさ……」

魔王「むっ?!―――後ろか?!」バッ

945 : VIPに... - 2012/06/29 02:16:11.17 hpeqfj4Jo 598/742

勇者「オォォォォォ!!!!」ダダダッ

魔王「勇者か!!」

勇者「はぁ!!!」ギィィン

魔王「ふん!!」ギィン

勇者「おうわぁ!?」

魔王「非力だな、ニンゲンの英雄にしては」

勇者「うわぁぁぁぁ」ゴロゴロゴロゴロ

勇者「―――酷いことに」

キャプテン「なぁに。目ん玉は……もう一個あるよ……。ダーリンの顔が見れるだけでも……あたしは嬉しいね……」

勇者「よく戦ってくれましたね、感謝しています」

キャプテン「また……強く抱いておくれよ……」

勇者「はい」ギュッ

キャプテン「あぁ……やっと……あん、し……ん……して……ねむ、れ……る……」

勇者「―――魔王、いい加減にしろよ」

魔王「何のことだ?」

946 : VIPに... - 2012/06/29 02:22:12.45 hpeqfj4Jo 599/742

勇者「俺の女に手を出したな……それも二度もぉぉ!!!」

魔王「知らんなぁ」

勇者「絶対に許さん……てめえだけは許さん……たとえ、お前の正体が超美少女だったとしても許さん!!!」

魔王「はっ。我の姿はこれ一つだ。申し訳ないな」

勇者「よーし。これで俺の憂いは消え去った。迷うことなくお前を斬れる」

魔王「出来るものなら―――」

ドラゴン「オォォォォォ!!!!」ゴォォォォ

魔王「ぬっ!!」バッ

魔法使い「くらえぇ!!!」シュバ

魔王「そのような鞭でぇ!!!」バシッ

エルフ「燃えろぉぉ!!!」ゴォォォ

魔王「無駄だぁ!!」キュィィン

ドラゴン「ドラゴニックキック!!!」

魔王「ふんっ!!!」ドゴォ

勇者「隙ありぃぃぃ!!!!」ダダダッ

948 : VIPに... - 2012/06/29 02:29:57.79 hpeqfj4Jo 600/742

魔王「うっとうしいわ!!!!」ゴォッ!!

勇者「うわっ?!」

エルフ「突風!?」

ドラゴン「俺の後ろに!!」

魔法使い「うっ……」

ドラゴン「はぁぁぁ!!」バサッバサッ!!

魔王「くくく……よくもう一度来れたな……」

ドラゴン「今の目的は魔王を倒すことだからな。死なない限りは何度でも戦う」

魔王「目を覚ますと思ったが……ダメだったか……。ならば、今度こそ殺してやるぞ」

勇者「そこの人」

「は、はい?」

勇者「キラちゃんはどこに?」

「そ、それなら後方の船だ……第19船……」

勇者「案内しろ!!」

「そ、そんな無茶な?!状況わかってんのか?!」

949 : VIPに... - 2012/06/29 02:35:33.32 hpeqfj4Jo 601/742

勇者「あの子がいないと勝てない!!」

「で、でも……どうやって……」

勇者「近くの船を寄せろ。それで俺が船伝いにキラちゃんを向かえにいく」

「ええ?!」

魔王「なにやら奇策珍策を練っているようだなぁ」

ドラゴン「……」

魔王「何の真似だ?」

ドラゴン「勇者の邪魔はさせない。まずは俺を倒してからにしてもらおう」

魔王「ふふふ……くくく……ふはははははは!!!!!」

魔法使い「……」

魔王「吼えたな!!!その驕り、万死に値するぞぉぉ!!」

ドラゴン「お前も勇者と共にいけ」

魔法使い「馬鹿ね。二人のほうが時間稼ぎできるでしょ?」

ドラゴン「ちゃんと役に立ってくれよ?」

魔法使い「分かってるわよ」

950 : VIPに... - 2012/06/29 02:40:47.10 hpeqfj4Jo 602/742

魔王「くたばれぇぇ!!!」ゴォォォォ

ドラゴン「あぁぁぁぁぁ!!!!」ゴォォォォ

魔王「ふんっ。灼熱の息吹は流石だな」

ドラゴン「……」

魔王「冷気はどうだぁぁ!!!」コォォォ

ドラゴン「くっ!」

魔法使い「もえろぉぉぉ!!!!」ゴォォォォ

魔王「な……」

魔法使い「はぁ……はぁ……ふ……ふふ……魔王の魔法も……た、大したこと……ないわね……」

魔王「随分と苦しそうだな」

魔法使い「はぁ……アンタの目……お、かしいんじゃない……?」

魔王「ニンゲンにしては中々の使い手だ。しかし、情報通りではなぁ……」バリバリバリ

魔法使い「電撃……!?」

ドラゴン「下がれ」

魔王「焦土と化せ!!!」バチバチバチ!!!

951 : VIPに... - 2012/06/29 02:47:23.66 hpeqfj4Jo 603/742

ドラゴン「グァァァァァ!!!!!」

魔法使い「……!!」

魔王「ふははははははは!!!!!!」

ドラゴン「……」

魔王「ニンゲンを庇い、深手を負うか」

魔法使い「……」

魔王「劣等種を救ってなんの意味がある?種から劣っている者など消えて当然だぁ!!!」

魔法使い「なんですって……」

魔王「力に溺れ、欲に塗れ、他人から奪うことでしかそれを満たせぬ愚かな存在!!それがニンゲンだぁ!!!」

魔王「そのような生物に価値などあるはずがない」

ドラゴン「お、とって……いれば……死んで……も……い、いと……?」

魔王「より優れた種族が繁栄したほうが世界のためだろう?」

ドラゴン「そして……お前は部下を何百、何千、何万と……切り捨ててきたのか……ゴミのように……」

魔王「何が悪い?」

ドラゴン「―――魔王ぉぉぉ!!!!」ダダダッ

952 : VIPに... - 2012/06/29 02:52:55.18 hpeqfj4Jo 604/742

魔王「馬鹿な……!!動けるはずが?!」

ドラゴン「オォォォォォォ!!!!」ドゴォ!!

魔王「うお?!」

僧侶「きゃぁ?!」

ドラゴン「ふー……ふー……そして俺も……同じように……!!」

魔王「お前は違う……。お前はただ、戦略的に仕方なかった」

ドラゴン「そんな陳腐な理由で、何の躊躇いもなく……俺を切り捨てたのか……」

魔王「我がニンゲンに勝利するためだ」

ドラゴン「……」

僧侶「ゴンちゃん……」ギュッ

ドラゴン「(しっかり背中につかまっていろ)」

僧侶「……はい」ギュゥゥ

魔王(にしても今の攻撃で……どうして動けた……?傷も殆ど治癒している……)

魔王(まるで傷ついた瞬間に癒えているような……)

ドラゴン「魔王。お前の考えにはやはりついていけない。盲目的に信じていた俺が馬鹿だったな」

953 : VIPに... - 2012/06/29 03:09:38.41 hpeqfj4Jo 605/742

魔王「……」

ドラゴン「こい。貴様は魔族にとって害でしかない」

魔王「今まで魔族が巧く繁栄してこれたのは誰のお陰だ?」

ドラゴン「……」

魔王「完璧な存在など居はしないぞ」

ドラゴン「そうだな」

魔王「多少の不満も飲み込めない下民がそうやってクーデターを起こすと、王は大変困る」

魔法使い「多少ですって?!」

魔王「戦に犠牲は付き物だ。無血で終わる戦争などない」

ドラゴン「……」

魔王「兵士は死ぬ。その死ぬ兵士たちを次の戦で役立てる。何が問題だ?」

ドラゴン「ああ、そうだ。お前はそうやって勝ち続けてきた……」

魔王「そして魔族も力をつけた」

ドラゴン「お前のやり方はきっと正しいんだろう……でも……」

ドラゴン「それを隠してこそ王だろうが!!開き直って自分の主張を臆面もなく翳すな!!!」

954 : VIPに... - 2012/06/29 03:21:45.97 hpeqfj4Jo 606/742

魔王「何も分かっていないな」

ドラゴン「なんだと?」

魔王「体裁を気にし、上辺の言葉で飾る。これこそ不満の種になろう」

魔法使い「……」

魔王「我の行動と偽りの慰めが矛盾したとき、積もる怏怏は計り知れない」

魔王「それならば初めからこうして曝け出しているほうがよかろう?」

ドラゴン「お前……」

魔王「貴様のような離反者もいる。だが、どうだ?お前に味方かいたか?」

ドラゴン「……っ」

魔王「我のやり方に異を唱える者は、我が魔王となったときに離れているか、遥か昔に暴動を起こしていることだろう」

魔王「しかし、それはなかった。誰も我のやり方に疑問は覚えなかったわけだ」

ドラゴン「違う……それはお前が……」

魔王「いい加減、気づけ。お前だけが異常ということにな」

魔法使い「―――バッカじゃないの?」

魔王「……ほう?」

955 : VIPに... - 2012/06/29 03:31:29.75 hpeqfj4Jo 607/742

魔法使い「旅をしてきて思ったけど、アンタに賛同していない魔族もいたわよ?」

魔王「……」

魔法使い「でも、革命を起こそうとはしない。魔王が怖いから」

ドラゴン「……」

僧侶「エルフ族ですか?」

魔法使い「単なる恐怖政治じゃない。まるで賢王みたいな言い草だけど、全然違うでしょ」

魔王「ニンゲン……我を侮辱するか?」

魔法使い「アンタは愚王よ。部下のことなんて何も考えない、自分の身が一番大好きなね」

魔王「おのれ……!!」

魔法使い「アンタなんかより立派な王は人間にいっぱいいるわ。戦争で勝ってこれたのも戦略が巧かったからじゃない」

魔王「……っ」

魔法使い「戦力が大きかったからに過ぎない。その証拠に、アンタはたった一人の勇者に翻弄されてきたんだから」

魔王「翻弄……?ふはははははは!!!!何を抜かすかぁ!!!我の手の平で踊るだけのニンゲンがぁ!!!」

魔法使い「私たちのリーダーはアンタの幼稚で愚昧で浅はかな考えなんてぜーんぶお見通しだったわよぉ?」

魔王「きさまぁぁ……!!」

960 : VIPに... - 2012/06/29 10:06:36.14 hpeqfj4Jo 608/742

ドラゴン「その辺にしておけ」

魔法使い「え?」

ドラゴン「船を壊されたらどうする?」

魔法使い「そうね……」

魔王「我を罵った罪は重いぞ……ニンゲン……!!」

魔法使い「やば」

ドラゴン「俺の後ろにつけ」

魔法使い「そうするわ」

魔王「いくぞぉぉぉぉ!!!!」ゴォォォ

ドラゴン「ぐっ?!」

魔王「ふん!!!」ザンッ

ドラゴン「―――はぁぁぁ!!!」ドゴォ

魔王「ぬぅ?!」

魔王(やはり……何かがおかしい。もしや……)

僧侶「(私がくっついていること……バレませんように……勇者様……早く戻ってきてください……)」ギュゥゥ

961 : VIPに... - 2012/06/29 10:18:33.42 hpeqfj4Jo 609/742

―――海賊船 甲板

勇者「早く!!」

エルフ「待って!!」

勇者「キラちゃんを目覚めさせないと……!!」

エルフ「でも、ガーちゃんを起動させるって急すぎるよ!!」

勇者「仕方ないじゃないですか!!僕だってまだ先だと思っていました!!」

エルフ「どういうこと?」

勇者「魔王が引き篭もっている限りはドラちゃんと貴女さえ居ればなんとかなる予定だったんです」

エルフ「ど、どうして?」

勇者「魔王が慎重だったのは、こちらの戦力を恐れていたから。それは対抗するだけの手段がなかったからでしょう」

エルフ「でも、出てきた……」

勇者「そう。つまり僕たちに勝てるだけの用意ができたということです」

エルフ「だけど、魔王は魔法銃を敬遠してこっちに来たんじゃ」

勇者「それなら僕が到着したときにどこかに行くはずです。魔王が先に海賊団を襲ったのは単にリスクの問題でしょう」

エルフ「リスクって、ニンゲンの反撃?」

962 : VIPに... - 2012/06/29 10:22:55.90 hpeqfj4Jo 610/742

勇者「そうです。今、表立って魔王と戦っているのは飽く迄も海賊船団。魔法銃を有する僕らよりも負けるリスクは少なく、また全人類の士気を大幅に削ぐことができる」

エルフ「じゃあ、合流したボクたちって……」

勇者「魔王にとっては手間が省けたというだけでしょうね」

エルフ「そんな」

勇者「だからこそ、魔王にとってのイレギュラーが必要なのです」

エルフ「それが、ガーちゃん」

勇者「その通り」

エルフ「ガーちゃん、ボクたちの記憶を持っているか怪しいよ?」

勇者「言ったでしょう?―――もう一度、ボクに恋をさせると」

エルフ「……うん」

勇者「さぁ!!急ぎましょう!!!」ダダダッ

エルフ「大丈夫かな……」ダダダッ

海賊「おーい!!こっちだぁ!!!」

勇者「え?」

海賊「キラーちゃん、運んできたぜー!!」

963 : VIPに... - 2012/06/29 10:26:56.80 hpeqfj4Jo 611/742

勇者「てめぇぇ!!!なにやってんだぁぁ!!!」

海賊「はぁ?!」

勇者「俺の娘にさわるんじゃねえ!!!」

海賊「わ、わりぃ……」

エルフ「今は非常時だよ!!お礼!!」

勇者「……ご協力感謝します」

海賊「……大事な仲間なんだな」

勇者「とうぜんだろぉ!!」

エルフ「エネルギー……どうしよう……」

勇者「魔力でなんとかなりませんか?」

エルフ「ボクの全魔力を注げば、起動ぐらいはするだろうけど、すぐに止まると思うよ?」

勇者「そんな!!」

エルフ「どうする?」

勇者「乳頭を押せば、恥らって目を覚ますとは?!」

エルフ「ないよ」

964 : VIPに... - 2012/06/29 10:31:24.54 hpeqfj4Jo 612/742

魔王「ふんっ!!!」ザンッ

ドラゴン「オォォォォォォ!!!!!!」

魔王「……」

ドラゴン「オォォォォォ!!!!!」ゴォォォ

魔王「……っ」バッ

魔法使い「やぁぁぁぁ!!!」ゴォォォ

魔王「なに!?」

魔法使い「マグマ……パーンチ!!!」ドゴォ

魔王「―――所詮は魔法か。少し魔力を流すだけで簡単に相殺できるな」

魔法使い「ウソ……」

ドラゴン「下がれ!!!」

魔王「逃がさん!!!」

魔法使い「ひっ……!?」

ドラゴン「―――ドラゴンテール!!!」パシンッ

魔王「ぬお!?」

965 : VIPに... - 2012/06/29 10:35:26.13 hpeqfj4Jo 613/742

僧侶「(その尻尾、武器にもなるんですね)」

ドラゴン「普通はしない」

魔王「……」

魔法使い「た、助かったわ」

ドラゴン「余計なことはするな」

魔法使い「できると思ったのよ……」

ドラゴン「考えなしに行動するところ、勇者に注意されたことはないのか?」

魔法使い「う……」

魔王「ハァァァァ!!!!」ゴォォォ

ドラゴン「ふんっ!!」

魔王「……どうやら、お前は無敵のようだな」

ドラゴン「……」

魔王「その背中に出来損ないの術士がいるな?」

ドラゴン「だったら、どうする?」

魔王「そやつから先に―――殺す!!」シュッ

966 : VIPに... - 2012/06/29 10:40:02.77 hpeqfj4Jo 614/742

ドラゴン「離れろ!!!」

僧侶「わぁ!!」バッ

魔王「―――やはり貴様かぁ!!!」

僧侶「うぁ―――」

ドラゴン「させるかぁぁぁぁ!!!!」ドゴォ

魔王「力比べか……!!完全復活を遂げた我に勝てるとでも……思っているのかぁ!!」ググッ

ドラゴン「そんなこと微塵も思わないな。貴方は……魔族の王……最強でなければならない……!!!」ググッ

魔王「分かっているようだな……ならば……」スッ

魔法使い「危ない!!」

僧侶「ゴンちゃぁん!!」

魔王「―――弾け飛べぇぇぇ!!!!」

ドラゴン「しまっ―――」

ドォォォォォン!!!!!

魔法使い「くっ……!!」

僧侶「きゃぁぁ!!!」

967 : VIPに... - 2012/06/29 10:45:14.19 hpeqfj4Jo 615/742

勇者「爆発……!!」

エルフ「でかい……」

勇者「急いで戻りましょう!!」

エルフ「うん!!」

勇者「にしてもキラちゃん、キスしたら目覚めませんか?」

エルフ「だから、そんな機能無いってば。一番いいのは一時的に起動させて、ガーちゃん本人に適当な生命体を殺させることなんだけど」

勇者「周囲には腐るほどいますが」

エルフ「弱ってないとダメだよ。戦っている最中にエネルギーが切れちゃったら洒落にならないし」

勇者「どっちにしても危機であることは間違いないですね」

エルフ「うん」

勇者「キラちゃん……俺の愛情で奇跡的な起動とか……」

キラーマジンガ「……」

勇者「ないかぁ!!」

エルフ「ガーちゃんは機械兵士なんだから、ちゃんとした手順を踏まないとどうやっても動かないってば」

勇者「くそぉ!!目覚めのキッスはいらんのかぁ?!」

968 : VIPに... - 2012/06/29 10:49:19.41 hpeqfj4Jo 616/742

エルフ「だからぁ」

勇者「……」ピタッ

エルフ「ど、どうしたの?」

勇者「……」

エルフ「え……?―――ドラゴン様!?」

魔王「ふふふふ……ふはははははは!!!!!」

僧侶「ゴンちゃん!!」ダッ

魔法使い「ダメ!!」ガシッ

魔王「―――砕けろぉ!!」

ドォォォン!!!

僧侶「きゃぁ?!」

魔法使い「危ないでしょう?!」

魔王「さぁ、どうする?お前たちの主力が倒れたぞ?」

僧侶「ゴンちゃん……ゴンちゃぁぁぁん!!!」

ドラゴン「ぅ……ぉ……」

969 : VIPに... - 2012/06/29 10:54:12.32 hpeqfj4Jo 617/742

勇者「キラーマジンガの起動、お願いします」

エルフ「でも……魔物が……」

勇者「……」

エルフ「待って。ドラゴン様を……?」

勇者「……」

エルフ「嘘だよね?」

勇者「時間がないのです」

エルフ「嫌だ!!」

勇者「しかし!!他に方法がない!!!」

エルフ「そんなの魔王と一緒だよ」

勇者「……っ」

エルフ「ボクは反対だよ、そんなの。―――そんなことするなら、軽蔑する。ボクの好きな勇者じゃないもん」

勇者「じゃあ、どうしたら……」

エルフ「それは……」

勇者「とにかく、ドラゴンをあのままにはできません。治癒をお願いします。僕がなんとか魔王の気を逸らしますから」

970 : VIPに... - 2012/06/29 11:01:33.05 hpeqfj4Jo 618/742

勇者「魔王!!!」

魔王「……来たか」

僧侶「勇者様!!ゴンちゃんが!!」

勇者「いい加減にしろよ……!!俺の女に何度手を出すつもりだぁぁぁぁぁ!!!!!」

魔法使い「もっと言ってやって!!」

魔王「ふん……我に歯向かうものは全て処刑だ」

勇者「貴様にそんな権利なんてないだろうがぁ!!!」

魔王「我は魔族の王!!!世界を統べる王だ!!!兎の毛ほどの小国で満足するようなニンゲンとは違う!!」

勇者「そんな人間相手に熱くなってる時点で器が知れるな」

魔王「……」

勇者「お前なんか足下が見えていない、独活の大木だぜ」

魔王「……ふふ……くくく……」

勇者「なんだ……」

魔王「安い挑発だな。―――何をしようとしているのか、手に取るようにわかるわぁ!!!」バッ

エルフ「なっ?!」

971 : VIPに... - 2012/06/29 11:07:26.53 hpeqfj4Jo 619/742

魔王「ドラゴンの治癒など……させるかぁぁぁ!!!!」ゴォォォォ

エルフ「壁よ!!」キュゥィィン

魔王「ふははははは!!!耐えられるのかぁ!!!」

エルフ「がっ……!?無理……かも……」

勇者「それ以上はぁぁぁぁ!!!!」ダダダッ

魔王「ふん」ブゥン

勇者「つっ!?」

魔王「貴様らでは我には勝てない。何故、それが分からん」

エルフ「うぐぐぐ……!!!」

魔法使い「助けなきゃ!!」

魔王「できるのか?」ゴォォォォ

魔法使い「まじぃ?!」コォォォ

魔王「我の炎すらも受け止めるか……実に面白いニンゲンだな……」

魔法使い「まりょ……く、がぁ……!!」

僧侶「……ここは……私が……」

972 : VIPに... - 2012/06/29 11:10:36.67 hpeqfj4Jo 620/742

勇者「やめろ!!!」

僧侶「……っ」ビクッ

魔王「……」

勇者「魔王……これがなにか分かるな……」チャカ

魔王「魔法銃か……」

エルフ「あっ……はぁ……はぁ……」

魔法使い「し、死ぬかと思ったわ……」

僧侶「ゴンちゃんの治癒を!!」

エルフ「分かってるよ!!」

勇者「これで終わりにしてやる」

魔王「ぬ……」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「くらえぇぇぇ!!!!」グッ

魔王「今の我ならば受け止められる!!―――壁よ!!!」

973 : VIPに... - 2012/06/29 11:14:37.76 hpeqfj4Jo 621/742

カチンッ

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……」カチッカチッ

魔王「……ほう?」

勇者(やっぱり弾切れだったか……)

魔王「どうやらこれで我の勝利はより確実なものとなったな」

勇者「みたいだな」

魔王「覚悟は……できたな?」

勇者「みなさん!!カバーを!!!」

僧侶「は、はい!!」

魔法使い「作戦は?!」

勇者「えーと……特にありません」

魔法使い「ちょっと……!?」

勇者「もう……勝機は殆どありませんから……」

974 : VIPに... - 2012/06/29 11:20:16.26 hpeqfj4Jo 622/742

僧侶「勇者様……」

魔法使い「……」

勇者「やはり……人間では魔王になど勝てなかったのです……」

魔法使い「殆どっていったわね?」

勇者「……」

魔法使い「まだあるんでしょ?勝つ方法が!!それを試しなさいよ!!」

僧侶「勇者様!!私たちはどんなに無茶なことでもやりますから!!」

勇者「キラちゃんが目覚めれば……あるいは……」

魔法使い「どうすればいいの?」

勇者「起動させるためには大量の魔力が必要です。その後で生命エネルギーもいります」

僧侶「魔力は?」

魔法使い「私のはもうスッカラカンよ?」

僧侶「私は抱きつけば魔力を送ることもできますが、少しずつなので時間がかかるかと……」

勇者「だから……絶望的なんです……」

魔法使い「ごめんなさい……最後まで役立たずで……」

975 : VIPに... - 2012/06/29 11:24:38.71 hpeqfj4Jo 623/742

勇者「とりあえず両名とも僕に抱きついてくれますか?」

僧侶「え?」

魔法使い「こんなときに何言ってるのよ!?」

勇者「最後のお願いです」

魔法使い「もう……」ギュッ

僧侶「勇者様……」ギュッ

勇者「ぬほほぉ……これが……最後に味わう抱擁……」

魔王「終わりだ……!!」

勇者「好きにしろ」

魔法使い「……っ」ギュゥゥ

僧侶「うぅぅ……」ギュゥゥ

勇者「む……そんなに胸を押し付けて、興奮するじゃないですか。貴女もお尻がたまりませんなぁ」ゴソゴソ

魔法使い「きゃぁ?!どこ触ってるのよ!!」

勇者「……大事にしてくれて、感謝します」

魔法使い「え?」

976 : VIPに... - 2012/06/29 11:29:47.18 hpeqfj4Jo 624/742

エルフ「まずい……治癒が追いつかない……」パァァ

ドラゴン「もういい」

エルフ「でも!!ドラゴン様!!」

ドラゴン「もう……俺は駄目だ……それよりも……人形をもってこい……」

エルフ「ドラゴン様……」

ドラゴン「俺の命だ……好きなようにさせろ……」

エルフ「……」

ドラゴン「あの人形は俺のために働いた……その褒美はいるだろう……」

エルフ「……わかりました」

ドラゴン「はやくしろ……勇者が……」

エルフ「ガーちゃん……いくよ……んっ……!!!」

ドラゴン「はぁ……はぁ……」

キラーマジンガ「―――おはようございます」

ドラゴン「おお……」

キラーマジンガ「マスター……代理ですね。どうしたのですか?酷い外傷です。早急な治療を推奨いたします」

977 : VIPに... - 2012/06/29 11:36:00.86 hpeqfj4Jo 625/742

エルフ「ガーちゃん……良く聞いて……」

キラーマジンガ「なんでしょうか?」ズイッ

エルフ「ちかい……」

ドラゴン「俺を殺せ。木偶人形」

キラーマジンガ「……殺す?何故ですか?理由がありません」

ドラゴン「後ろを見ろ」

キラーマジンガ「……状況、把握しました」

ドラゴン「俺を殺し、お前の力に変えろ。そして、勇者と共に魔王を……討て……」

キラーマジンガ「マスター代行とはいえ、私がマスターを手に掛けることは許されません」

ドラゴン「やれ……」

キラーマジンガ「できません」

エルフ「そ、そんな……でも、今のままじゃあ、ガーちゃんはすぐに機能停止になっちゃうよ?!」

キラーマジンガ「これは私の意志です。できません」

ドラゴン「―――俺はもう死ぬ……だがな……無駄死にだけはしたくない……。俺が死ぬことで勇者を守れるのなら……そう死なせてくれ……」

キラーマジンガ「……」

978 : VIPに... - 2012/06/29 11:40:47.66 hpeqfj4Jo 626/742

魔王「勇者ぁ!!!貴様が消えれば……我の天下となるのだぁぁぁぁぁ!!!!!」ブゥン

勇者「二人ともはなれて!!」ドンッ

僧侶「わっ?!」

魔法使い「ちょっと!!無茶よ!!!」

魔王「ハァァァァ!!!」

勇者「なんのぉ!!!」ギィィン

魔王「そのような鈍らで何ができる!!!」ボキィ

勇者「ふっ!!」バッ

魔王「燃え盛れ!!!」ゴォォォ

勇者「―――甘い!!」ズバッ

魔王「つっ!?」

勇者「剣はもう一本あるんだよ!!」

僧侶「あ、私の……いつのまに?!」

魔王「非力よな……ふんっ!!」ボキィ

勇者「よくも……!」

979 : VIPに... - 2012/06/29 11:48:36.61 hpeqfj4Jo 627/742

魔王「これで―――」

勇者「―――おわりだぁぁぁぁ!!!」ギラッ

魔王「貴様!?」

勇者「突き刺されぇぇぇぇぇ!!!!」

グサッ!!

魔王「ガァァァァァアアアアアァァァァァア!!!!!!」

勇者「キャプテンと同じ痛みを思い知れ!!!」

魔王「おの……れぇぇぇ……我の目を……そのような玩具でぇぇ……!!!」

魔法使い「あれは……私のナイフ……」

勇者「はぁ……はぁ……」

魔法使い「……」

僧侶「勇者様!!」

魔王「ぐ……ふふ……これが……精一杯なのだろう……!!!」

勇者「はぁ……はぁ……はぁ……まだ……立つのか……」

魔王「―――この程度で図に乗るなぁぁ!!!」ザンッ!!!

980 : VIPに... - 2012/06/29 11:52:33.18 hpeqfj4Jo 628/742

勇者「がぁ……」

魔王「ふふふ……ふはははは……!!」

僧侶「勇者様ぁ!!!」

魔法使い「いや……」

勇者「あ……ぁ……」ヨロッ

勇者(傷が……深すぎる……)

僧侶「勇者さ―――」

魔王「お前も……目障りだ!!!」ゴォォォォ

魔法使い「どいて!!」ドンッ

僧侶「え―――」

魔法使い「アァァァァァ―――!!!!!」

勇者「やめろぉぉ!!!」

僧侶「きゃぁぁぁ!!!!」

魔王「ふははは……ここまでやるとはな……驚いたぞ。だが……万策尽きな……」

勇者「かっ……ぁ……くそっ……」

981 : VIPに... - 2012/06/29 11:57:15.67 hpeqfj4Jo 629/742

魔王「ドラゴン……」

ドラゴン「……」

エルフ「はぁ……はぁ……」

魔王「ふん……治癒が間に合わなかったか……」

エルフ「……」

勇者(意識が……)

魔王「ここで終幕だな。楽しかったぞ……ふはははは……」

勇者「まて……」

僧侶「いやです!!私のせいで……こんな……こんなぁ……!!」ギュゥゥ

魔法使い「ぅ……」

魔王「仲良く海の底で戯れていろぉ!!!」

キラーマジンガ「―――錆びるのでお断りさせていただきます」

魔王「!?」

キラーマジンガ「最終目標補足。魔王……私は貴方を倒すために生まれた機械兵士」シャキン

魔王「貴様は……魔道士の……」

982 : VIPに... - 2012/06/29 12:03:46.87 hpeqfj4Jo 630/742

キラーマジンガ「はぁ!!!」ザンッ

魔王「ぐぉ!?」

キラーマジンガ「……」

魔王「あやつめ……我を暗殺し、魔王の座を狙っていたというのは本当だったか……」

キラーマジンガ「覚悟して頂きます」

魔王「それはできんな!!!」バッ

キラーマジンガ「あ……」

魔王「一先ず退くとしよう……!!」

勇者「それは……ぁ……!!」

エルフ「ここで逃げられたら……終わる……!!」

魔王「我は負けん……負けるわけにはいかぬ!!!」

キラーマジンガ「逃がしません」バッ

魔王「くるなぁ!!化け物めぇぇ!!」ゴォォォ

キラーマジンガ「―――はぁぁぁぁ!!!」ギラッ

魔王「なんだと―――!!」

984 : VIPに... - 2012/06/29 12:07:30.18 hpeqfj4Jo 631/742

キラーマジンガ「成敗」ザンッ

魔王「がはっ……?!」

勇者「……」

僧侶「ジーちゃん……」

エルフ「やった……?」

魔法使い「うぅ……っ……」

魔王「おのれぇ……オノレェェェ……!!!」

勇者「もう一撃だぁ……!」

キラーマジンガ「了解」

魔王「―――遅いわぁ!!!」スッ

キラーマジンガ「!?」

ドォォォォン!!!!

エルフ「ガーちゃぁん!!!」

魔王「機械兵士までいるとはな……ふふふふ……態勢を立て直すしかあるまい……」

勇者「まて……に、げるなぁ……」

985 : VIPに... - 2012/06/29 12:14:08.81 hpeqfj4Jo 632/742

魔王「ここまでの深手を負わされるとは……あやつの機械兵士……侮れぬ……な……」

エルフ「魔王……まて……」

勇者「くそ……」

魔王「ふふふ……また相手になってやろう……今度会うときは更なるエネルギーを蓄えて……」

勇者「まてぇ……!!」

ドラゴン「―――魔王」

魔王「なに……」

ドラゴン「往生際が悪いな……」

魔王「死にぞこないがぁぁ!!!!」

ドラゴン「逃がしはしない!!!」ガシッ

魔王「ぬぉ!?」

ドラゴン「勇者よ!!キラーマジンガはもう限界だ!!!お前が立ち上がらせろ!!」

勇者「俺も限界だけど……」

僧侶「勇者様!!手を!!」

勇者「あ……あぁ……」ギュッ

986 : VIPに... - 2012/06/29 12:19:36.63 hpeqfj4Jo 633/742

勇者「よし……これで少しは動ける……」グッ

僧侶「勇者様、急いでください!!」

勇者「ああ……わかってるよ」

勇者「キラーマジンガ!!」グイッ

キラーマジンガ「パパ……お腹が空きました」

勇者「あそこに飯があるぞ」

キラーマジンガ「……」

魔王「おのれぇぇ!!!」ガッ

ドラゴン「勇者よ!!早くしろ!!!」

キラーマジンガ「パパ……」

勇者「走れるか?」

キラーマジンガ「無理です」

勇者「じゃあ、早く乗れ!!」

キラーマジンガ「よっと。―――合体!!勇者マジンガ!!」

勇者「ネーミングセンスねえな!!―――いくぞぉぉ!!」ダダダッ

987 : VIPに... - 2012/06/29 12:24:31.28 hpeqfj4Jo 634/742

魔法使い「おぶって……つっこむき……?」

僧侶「いけー!!」

勇者「アァァァァァ!!!!」ダダダッ

キラーマジンガ「エネルギー値限界です」

勇者「気合で我慢だ!!!」

キラーマジンガ「スパルタパパ……好きじゃない……」

魔王「くぅぅぅ!!!!」

ドラゴン「最後だ……魔王……!!!」

魔王「なぜだぁぁ!!!何故ニンゲンに加担する!!!」

ドラゴン「俺はニンゲンに手を貸した覚えはない!!」

魔王「我が……我が死んでもぉぉぉ―――!!!」

勇者「やれぇぇ!!!」

キラーマジンガ「一刀両断っ」

魔王「オォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!」

―――ザンッ!!!

988 : VIPに... - 2012/06/29 12:30:00.31 hpeqfj4Jo 635/742

魔王「ガァ……ァァ……」

勇者「はぁ……はぁ……」

キラーマジンガ「……」

ドラゴン「魔王……様……」

魔王「死なぬ……我……は……しな―――」

僧侶「……」

魔法使い「……たお……したの……?」

エルフ「魔王……」

勇者「はぁ……はぁ……はぁ……」

キラーマジンガ「エネルギー補給完了しました」

エルフ「勝った……んだ……」

魔法使い「や、やった……のね……?」

僧侶「私たちが……魔王を……!!」

ドラゴン「ああ……魔王は倒れた……我々の手によってな……」

勇者「ふっ……ふふふ……はははは……やった……ついに……やったんだ……」ガクンッ

989 : VIPに... - 2012/06/29 12:34:21.06 hpeqfj4Jo 636/742

魔法使い「大丈夫?!」

勇者「腰が抜けました……」

ドラゴン「情けないな」

エルフ「そういうドラゴン様も足がガクガクしてますけど?」

ドラゴン「これはあれだ……8ビートを刻んでいるだけだ」

キラーマジンガ「全然8ビートではありません」

僧侶「勇者さまー!!!」ギュッ

勇者「おぉ?!」

僧侶「やったのですね!!私たち!!!」ギュゥゥゥ

勇者「はい……やりました。僕たちの勝ちです」

僧侶「勇者様……夢みたいです……私……私……!!」ギュゥゥ

勇者「ええ……まさか、本当にここまでこれるとは……っと、僕は初めからこうなることが分かっていましたけど」キリッ

魔法使い「腰が抜けた状態でいわれてもかっこよくないわよ。―――ほら、手」

勇者「ど、どうも……」ギュッ

魔法使い「お疲れ様……かっこよかったわよ?」

990 : VIPに... - 2012/06/29 12:39:59.61 hpeqfj4Jo 637/742

勇者「でも、殆どキラちゃんの活躍によるものですし」

ドラゴン「そうだな……。俺を殺していれば、もう少し楽に勝てたものを」

キラーマジンガ「最終的な決断は自分の意志で下してもいいと言ったのはマスターです。私はそれに従いました」

ドラゴン「まぁ……な……」

キラーマジンガ「私にも譲れないモノがありますから」

エルフ「まるでニンゲンみたいだね、ガーちゃんは」

キラーマジンガ「それは最高の褒め言葉です」

ドラゴン「周囲にいた魔物も撤退しているようだな」

キラーマジンガ「はい。魔物の反応が遠ざかっていきます」

僧侶「勇者様、これからどうされるのですか?」

勇者「まずはキャプテンの治療を行いましょう」

魔法使い「勝利の余韻に浸っている場合じゃないのね」

勇者「魔物が襲ってこないとも限りません。疲れているとは思いますが、お願いします」

僧侶「分かりました」

ドラゴン「この船も時期に沈む。移動しよう」

991 : VIPに... - 2012/06/29 12:45:10.59 hpeqfj4Jo 638/742

―――海賊船 医務室前

船長「キャプテンはどうなったんだよ?!」

エルフ「右目はもう……駄目だったよ」

勇者「どうにもならないと?」

僧侶「神経がやられていました。傷を癒すことはできても……そこまでは……」

船長「そんなぁぁ……!!!」

勇者「面会はできますか?」

僧侶「はい。まだ、意識は戻っていませんが」

勇者「では、失礼します」スタスタ

船長「俺も面会する!!!するぞぉぉぉぉ!!!」

エルフ「騒がしいから貴方はダメ」

船長「なんだとぉ!!」

僧侶「キャプテンさんの体に障りますから」

船長「キャプテェェェン!!!!」

エルフ「大人しくしててよ!!」ドガァ

992 : VIPに... - 2012/06/29 12:49:51.06 hpeqfj4Jo 639/742

―――医務室

勇者「……あ」

キャプテン「ダーリンじゃないか……」

勇者「気がついたのですね」

キャプテン「どうだい?眼帯つけて……海賊らしくなったろ?」

勇者「……」

キャプテン「こっちのほうが……かっこいい……ね……」

勇者「貴女の美しさは損なわれていませんよ」

キャプテン「……」

勇者「貴女は綺麗です」

キャプテン「ほ、本当だろうね……?」

勇者「勿論」

キャプテン「じゃ、じゃぁ……こんな……顔でも……あたしを……お、お、およめに……してくるの……?」モジモジ

勇者「拒む理由がどこにありますか。むしろ、こちらから頭を下げて懇願したいぐらいです」

キャプテン「も、もう……ダーリンの……そ、そういうところが……あ、あたしは……好きだ……ぞ……」

994 : VIPに... - 2012/06/29 12:54:52.31 hpeqfj4Jo 640/742

―――甲板

少女「……沈んでいく」

キラーマジンガ「……」

魔法使い「魔王の最後ね。船を一緒に海の底か……」

少女「これでよかった……これで……魔族も変わる……」

キラーマジンガ「私にはよくわかりませんが、マスターがそういうのでしたらきっと変わるのでしょう」

魔法使い「でも、新しい魔王がいないと魔族が混乱しちゃうんじゃないの?」

少女「だろうな」

魔法使い「どうするの?」

少女「まだ分からない」

キラーマジンガ「マスターが新魔王になるべきでは?」

魔法使い「あ、それいいわね。私も応援するわよ?」

少女「馬鹿いうな。俺は裏切り者だぞ。そんなことをすれば余計な混乱を生むだけだ」

魔法使い「そうかしら?」

少女「そうだ。それに……俺にはできないな……統治なんて……」

995 : VIPに... - 2012/06/29 12:58:42.25 hpeqfj4Jo 641/742

―――夜 甲板

勇者「……」

少女「勇者よ」

勇者「どうしました?」

少女「俺は何も感じないが、夜は冷えるのだろう?中に入ったらどうだ?」

勇者「……」

少女「……どうした?」

勇者「もうそろそろ来るかなと思っています」

少女「誰がだ?」

勇者「僕は魔王を殺してしまった」

少女「おい」

勇者「きっと僕は魔族に恨まれている」

少女「……」

勇者「このままじゃ……また、繰り返すだけ……」

少女「お前……まさか……」

996 : VIPに... - 2012/06/29 13:04:42.90 hpeqfj4Jo 642/742

勇者「……」

少女「まて……!!」

勇者「来たようです」

少女「?!」

キマイラ「―――ここに居たか」

勇者「船を直接狙ってこなかったのは、感謝するべきですね。紳士的な対応に感服する次第です」

キマイラ「……」

少女「おい……やめろ……!!」

勇者「俺も復讐から始めたようなものだった……」

少女「勇者!!考え直せ!!こいつ程度なら俺が―――」

勇者「俺にだって親友や最愛の人はいた……魔王はそれを全て奪った……」

勇者「だから、死んで当然だって思っていた」

少女「勇者よ!!目を覚ませ!!」

勇者「でも……それは……魔族だって同じだった……。ドラゴンのように……仲間のために苦心し、涙を流せるなら……」

勇者「魔王を倒せば俺は誰かに恨まれる……。終わらない……何も解決しない……」

997 : VIPに... - 2012/06/29 13:10:58.48 hpeqfj4Jo 643/742

キマイラ「では、どうする?」

勇者「俺一人の命で済むか?」

キマイラ「大人しく殺されるのなら」

少女「やめろ……!!」

キマイラ「ここで殺せばまた戦火は広がるな」

ドラゴン「―――やめろぉ!!!」

勇者「でも、俺を殺さないと気がすまないだろ?」

キマイラ「勿論だ」

勇者「ドラゴちゃん」

ドラゴン「勇者……」

勇者「これで復讐は終わりです」

ドラゴン「なぜだ……!!」

勇者「俺で終わりにする……そう決めたのです……ずっと前に」

ドラゴン「間違っている!!!」

勇者「俺は人知れず死ぬのです。何人もの女性を口説き、収集がつかなくなったから蒸発した。そういうシナリオです」

998 : VIPに... - 2012/06/29 13:14:19.41 hpeqfj4Jo 644/742

キマイラ「では、こい」グイッ

勇者「ああ」

ドラゴン「まて……!!」バサッバサッ

勇者「ドラゴちゃん」

ドラゴン「行かせはせんぞ……!!」

キマイラ「本調子ではないのでしょう、ドラゴン様?」

ドラゴン「ぐっ……」

勇者「ドラゴちゃん!!」

ドラゴン「な、なんだ!?」

勇者「僕は死なない」

ドラゴン「ふざけるなぁ!!!」

勇者「可愛い側室がいっぱいいるんだ。必ず帰ってくるよ」

ドラゴン「やめろぉぉ!!!」

勇者「おかしいなぁ、僕を信じられないの?」

ドラゴン「当然だ!!」

3 : VIPに... - 2012/06/29 13:33:17.94 hpeqfj4Jo 645/742

勇者「そもそも僕は女性陣の裸を見たことがないんですよ?それを見ないまま成仏は不可能」

ドラゴン「嘘をつくな!!」

勇者「あ、キラちゃんのはバッチリ見ちゃったな。確かに」

ドラゴン「そういうことじゃない……!!」

勇者「しかし、君の裸も見てないので、見るまで殺されても死ねないですよ、いや、本当に」

ドラゴン「いい加減に……!!」

キマイラ「今のドラゴン様では勝てませんよ」

ドラゴン「ふざける―――」

勇者「戦うな。君が戦い、傷ついたら、僕はまた剣を抜かなければいけない。そうなれば泥沼の消耗戦になる」

ドラゴン「残される者たちのことを考えろ!!!」

勇者「自分勝手な勇者で……本当に申し訳ありません」

ドラゴン「帰ってくるんだ!!!」

勇者「みなさんによろしく……貴女も牙を剥くことはもうしないください……僕からの最後のお願いです……」

キマイラ「失礼します」バッ

ドラゴン「ふざ……けるなぁぁぁぁ!!!!!!!」

4 : VIPに... - 2012/06/29 13:38:13.44 hpeqfj4Jo 646/742

魔法使い「―――どうしたの!?」

僧侶「え?え?敵襲ですか?!」

エルフ「何かあった?」

少女「……」

キラーマジンガ「マスター?」

キャプテン「なんだい、うるさいねえ……」

少女「魔王の残党が……来ただけだ」

魔法使い「そいつは?」

少女「俺が追い払った」

キャプテン「なんだ、それだけかい。―――あたたた」

僧侶「寝ていないとダメですよ」

キャプテン「そういうわけにもいかないだろう。ダーリンが大仕事をこなしてくれたんだ。あたしが休んでるわけにもいかないよ」

魔法使い「どうせ、港に帰るまでは何もできないでしょ?」

キラーマジンガ「休養は重要です」

キャプテン「はいはい……分かったよ……うるさいねえ……」

5 : VIPに... - 2012/06/29 13:43:49.07 hpeqfj4Jo 647/742

少女「……」

エルフ「ドラゴン様?」

少女「なんだ?」

エルフ「……何か……あったのですね?」

少女「……」

エルフ「あの……」

少女「勇者は去った」

エルフ「え……」

少女「もう帰ってはこないだろう」

エルフ「ど、どういうことですか?!」

少女「だが、必ず帰ってくるとも言った……」

エルフ「は……?」

少女「だから……俺は待つことにする……勇者の凱旋を……」

エルフ「どこに……行ったのですか……」

少女「奴の決意を無駄にはできない……」

8 : VIPに... - 2012/06/29 13:50:55.49 hpeqfj4Jo 648/742

―――翌日

魔法使い「あれ?あのタラシは?」

エルフ「……」

少女「奴ならこの船から降りた」

僧侶「えぇ?!」

キラーマジンガ「海に飛び込んだのですか?」

少女「色々な女性を口説きすぎて、故郷に帰ったあとのことが怖くなったと言っていた」

魔法使い「はぁぁぁぁぁ?!」

キラーマジンガ「パパの側室は私を含め7人いました」

僧侶「あの……」

キラーマジンガ「しかし、側室であれば別に問題はないように思えますが」

魔法使い「何が側室よ!!ふざけんじゃないわよ!!私はそんなの認めてないわ!!」

キラーマジンガ「そういうわれましても」

少女「とにかく奴は去った。探すなら探せばいい」

魔法使い「誰が探すのよ!!あんなやつ!!」

10 : VIPに... - 2012/06/29 14:14:28.89 hpeqfj4Jo 649/742

―――甲板

魔法使い「ボートは?」

キャプテン「んなもんでこの大海原に出る気かい?」

魔法使い「聞いただけよ」

キャプテン「ダーリン……どこいったのかねえ」

魔法使い「新しい側室でも探しにいったんでしょ」

キャプテン「本当にそう思ってる?」

魔法使い「……ふん」

キャプテン「何か一言ぐらいあってもよかったのにねえ」

魔法使い「ホントよ……。私物は全部置いていくとか……誰が管理すると思ってるのよ」

キャプテン「あたしがするよ?」

魔法使い「え?」

キャプテン「ダーリンの服とかあるんだろ?―――あー、毎晩匂いを嗅ぎながら……ふふ……」

魔法使い「だめよ!!何いってんのよ!!」

キャプテン「あたしに任せておけばオールオーケーさね」

11 : VIPに... - 2012/06/29 14:20:02.82 hpeqfj4Jo 650/742

―――客室

僧侶「勇者様……何か置手紙でも……」ゴソゴソ

エルフ「……無いと……思うけど……」

僧侶「どうしてですか?あの勇者様ならきっと何を残しているに違いありません」

キラーマジンガ「はい。パパはふざけた人でしたが、とても訳もなく失踪するとは考えにくいです」

エルフ「それはだから、女性関係が煩わしくなったから……」

キラーマジンガ「話は伺いました。誰もパパとは肉体関係がないとか」

エルフ「そ、そりゃないよ!!」

僧侶「残念ながら……ありません……」

キラーマジンガ「誰とも一線を越えてはいません。その程度で煩わしく思うような人物ならば、最初から手当たり次第に口説こうとはしないはずです」

エルフ「ガーちゃん……」

キラーマジンガ「と、恋愛マニュアルに書いてありました」

エルフ「誰の本?」

キラーマジンガ「パパのです」

エルフ「あぁ……そう……」

12 : VIPに... - 2012/06/29 14:33:41.78 hpeqfj4Jo 651/742

僧侶「あ……」

キラーマジンガ「便箋ですか?」

僧侶「これは……姫様のラブレター……」

エルフ「なんて書いてあるか見る?」

僧侶「でも……」

キラーマジンガ「何か手がかりがあるかもしれません」

僧侶「そ、そうですね……よ、よし……」

僧侶「えい!!」ペラッ

キラーマジンガ「なんと書かれていますか?」

僧侶「えっと……昨夜はご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした―――」

―――きっと約束を守ることはないでしょう。勇者様の言葉の奥、そして見つめる先には尋常ならざる覚悟があるようでした。

こう書くと失礼ではあるのですが、私には勇者様が生への執着を捨てたようにしか見えませんでした。

もしも、貴方が平和のために、他人のために命を捨てるつもりなのであれば、思いとどめて欲しいです。

私は貴方を愛しています。貴方自身の犠牲で紡がれる未来など私はいりません。

死なないで。絶対に。

13 : VIPに... - 2012/06/29 14:39:52.95 hpeqfj4Jo 652/742

―――甲板

少女(目に映るもの全てを守るとは……こういうことだったのか……?)

少女「お前は愚かだ……これから先……誰が守ってくれるというのだ……」

魔法使い「ねえ」

少女「どうした?」

魔法使い「他に何か言ってなかったの?」

少女「気になるのか?」

魔法使い「野垂れ死にされたら……夢見が悪いでしょ……」

少女「ふん……少なくとも野垂れ死にはしないだろう……」

魔法使い「そうなの?」

僧侶「―――大変です!!!」

魔法使い「どうしたのよ?」

僧侶「ゆ、ゆ、勇者様は……!!!」

魔法使い「なに?」

僧侶「し、し、死ぬつもりだったんですよ!!!」

14 : VIPに... - 2012/06/29 14:44:31.28 hpeqfj4Jo 653/742

魔法使い「は?」

僧侶「こ、これを!!」

魔法使い「これ……姫様の手紙じゃない……」

少女「……」

魔法使い「え……」

僧侶「きっと、姫様には最後の挨拶を済ませていたのではないでしょうか?」

魔法使い「でも……死ぬって……」

僧侶「敵討ちの連鎖を……止める為に……では……?」

魔法使い「連鎖って……」

僧侶「魔王を倒したのですから人間は魔物から恨まれます。勇者様はそうさせないために……」

魔法使い「人間代表で生贄に……なったっていうの……」

僧侶「……どうなのですか?」

少女「それが正解だったとして、俺たちに何ができる?」

魔法使い「助けに行けば!!」

少女「助けに?勇者が命を賭けてまで全てのニンゲンを守ろうとしたのに、それを反故にするのか?」

16 : VIPに... - 2012/06/29 14:51:23.92 hpeqfj4Jo 654/742

魔法使い「そ、それは……」

少女「この話はこれで終わりだ」

僧侶「そんなのってないです!!」

少女「なら、行け。俺は止めない」

魔法使い「……」

僧侶「ゆうしゃ……さまぁ……」ウルウル

少女「これで終わりなんだ……世界は救われ、ニンゲンが魔物と争う理由も潰えたのだから……」

魔法使い「アイツは……最後まで自分勝手で……他人の気持ちなんて……何も考えなくて……!!」

僧侶「ゆうしゃさまぁぁ……ぁぁぁぁ……!!!!」

少女「見てみたかったな……勇者が統治するところは……」

魔法使い「なんでよ……どうして最後まで……何もかもを滅茶苦茶にしていくのよ……あの馬鹿は……!!」

僧侶「ゆうしゃさまぁ……ゆうしゃ、さまぁ……ぁぁ……!!」

魔法使い「もういいわ……あんな奴……大嫌いよ……世界で一番……」

魔法使い「きら……い……なんだから……」

キャプテン「―――島が見えたぞぉぉぉ!!!てめえら!!上陸の準備しなぁ!!!」

17 : VIPに... - 2012/06/29 14:57:29.25 hpeqfj4Jo 655/742

―――海賊の村

キャプテン「色々世話になったね」

エルフ「それはこっちのほうだよ。ありがとう」

僧侶「……」

キャプテン「大丈夫かい?」

魔法使い「ああ、平気よ。楽しかったわ。初めは……海賊なんて嫌な奴らだって思ってたけど……」

キャプテン「まぁ、昔も今も海賊は鼻つまみ者さ。まあ、これからは平和になるだろうし、漁業でもしようかねえ」

船長「手伝います!!キャプテン!!!」

海賊「うっす!!!」

キャプテン「たっりめーだよ!!!アンタたちはあたしに一生を捧げなぁ!!!」

少女「楽しそうだな」

キャプテン「船に乗りたかったらいつでも言って頂戴な。あんたたちなら大歓迎だからね」

キラーマジンガ「海はもうこりごりです」

キャプテン「そういうなって。特にキラキラちゃんの腕っぷしは買ってるんだからね」

キラーマジンガ「買ってもらっても困ります」

キャプテン「あっはっはっは!!じゃあ、またね!!元気でな!!」

魔法使い「ええ!貴女たちもね」

エルフ「さよなら」

キャプテン「絶対に遊びにくるんだよー!!!」

18 : VIPに... - 2012/06/29 15:05:34.67 hpeqfj4Jo 656/742

―――港町

魔法使い「え?ここに住むの?」

少女「ああ。悪くない場所だからな」

魔法使い「でも、どうして……」

少女「ここに居ればきっと様々な情報が入ってくるはずだ。それに海賊たちからも情報を仕入れやすい」

エルフ「情報って?」

少女「魔族の動きだ。新たな魔王が誰になるのか分からないが、不穏な動きはかならずあるだろう」

キラーマジンガ「マスターは迅速に対応するため、永住を決めたのですね」

少女「永住はしない。暫くの間だ」

キラーマジンガ「では、私はマスターの下で色々とお世話させていただきます」

少女「結構だ……といいたいが、まあ、頼む」

キラーマジンガ「はい」

魔法使い「ここでお別れね」

エルフ「今までありがとう。ガーちゃんには優しくしてね」

少女「分かっている。ああ、道中危険だろうから、キラーマンジガを連れて行け。それじゃあな」

19 : VIPに... - 2012/06/29 15:12:55.63 hpeqfj4Jo 657/742

―――フィールド

魔法使い「貴女はどうするの?」

エルフ「ボクは……どうしよう……」

魔法使い「里に帰るの?」

エルフ「うーん……それが一番いいかなぁ……」

キラーマジンガ「里に戻られると、こちらから会いにいくのは非常に困難ですね」

魔法使い「そうねー、見えないものね」

エルフ「あはは、そうだね」

僧侶「……」

エルフ「……でも、今更帰ったら、根掘り葉掘り色々聞かれそうで面倒かもね」

魔法使い「じゃあ、どうするつもりなの?」

エルフ「もう少し、みんなと一緒にいてもいい?」

魔法使い「勿論よ。ね?」

僧侶「……」

エルフ「ありがとう。嬉しいよ」

20 : VIPに... - 2012/06/29 15:19:52.65 hpeqfj4Jo 658/742

―――城下町

キラーマジンガ「では、ここまででよろしいですか」

魔法使い「護衛ありがとう。助かったわ」

キラーマジンガ「いえ、私も補給を兼ねていますから」

エルフ「ドラゴン様によろしく」

キラーマジンガ「はい」

魔法使い「貴女に言うのも変だけど……元気でね」

キラーマジンガ「はい」

僧侶「……」

魔法使い「なんとか言ったら?当分、会えないんだし」

僧侶「……今までありがとう……ございます……」

キラーマジンガ「こちらこそお世話になりました」

エルフ「またね、ガーちゃん」

魔法使い「マーちゃん、またね」

キラーマジンガ「はい。いつか必ず」

21 : VIPに... - 2012/06/29 15:28:14.01 hpeqfj4Jo 659/742

―――夜 宿屋

魔法使い「あー!!!もう!!報奨金が出ないってどういうことよぉ!!」

エルフ「世間では海賊艦隊の功績だから仕方ないね」

魔法使い「大金が手に入るはずだったのに」

エルフ「大金なんて手に入れてどうするつもりだったの?」

魔法使い「お店でもやろうかなって。もう、冒険はこりごりだし」

エルフ「商売か……」

僧侶「そうです!!」ガタッ

魔法使い「え?な、なに?」

僧侶「お花屋さんをやりましょう!!」

エルフ「薬草屋じゃなくて?」

僧侶「お花屋さんです!!なんとなく考えていました!!」

魔法使い「アイツのことで悩んでたんじゃないの?」

僧侶「いえ。勇者様が帰ってくるまでどう過ごそうかずっと考えていただけです」

エルフ「あぁ……そうなんだ……」

22 : VIPに... - 2012/06/29 15:34:37.99 hpeqfj4Jo 660/742

僧侶「がんばりましょうね」

魔法使い「お店をやるのはいいけど……資金は?」

僧侶「ないんですか?」

魔法使い「無いわよ」

エルフ「じゃあ、まずは資金を集めるところからだね」

魔法使い「どこで集めればいいかしら?」

僧侶「また傭兵として登録しておきますか?」

魔法使い「……そうね。まあ、そっちは片手間でいいけど」

エルフ「傭兵?二人とも傭兵だったの?」

魔法使い「あれ?言ったことなかった?」

僧侶「傭兵登録所で私たちと勇者様は出会ったのです」

エルフ「へえ……」

魔法使い「でも、魔王はいなくなったし……傭兵の需要なんてあるのかしら?」

僧侶「魔物がいなくなったわけじゃないですから、きっとありますよ」

魔法使い「私たちにあればいいわね……需要……」

23 : VIPに... - 2012/06/29 15:42:02.06 hpeqfj4Jo 661/742

―――数ヵ月後 傭兵登録所

魔法使い「暇ね……」

僧侶「今日の新聞ですよー」

魔法使い「んー……なになに……大漁船艦隊、密漁発覚か?……艦隊の首領は否認……」

僧侶「キャプテンさん、楽しそうですね」

魔法使い「トラブルも絶えないみたいだけどね」

僧侶「そういえばジーちゃんとゴンちゃんからも近況報告の手紙がきたんですよ」

魔法使い「なんだって?」

僧侶「最近、すごいことが舞い込んだとのことです」

魔法使い「すごいこと?」

僧侶「魔族の中で保守派と革新派が対立を始めたそうで。で、革新派のリーダーにゴンちゃんが選ばれたとか」

魔法使い「あの子、なんだかんだ言って魔族のために動いてるのね」

僧侶「ジーちゃんを秘書にするって書いてありましたよ?」

魔法使い「みんな……色々してるのね……」

僧侶「何も変わっていないの……私たちだけですね……」

24 : VIPに... - 2012/06/29 15:47:56.76 hpeqfj4Jo 662/742

エルフ「ただいまー。いやー、疲れた」

魔法使い「おかえりなさい」

エルフ「魔物は目的なくニンゲンを襲うようになったみたい。もう大変だよ」

僧侶「お忙しいようで羨ましいです」

エルフ「お花屋さん開業のためにバリバリ働かないとね」

魔法使い「ありがとう……でも、私たちにも仕事くれぇぇ……」ウルウル

僧侶「お願いしますぅ……」ウルウル

エルフ「ボクに言わないでよ!!」

魔法使い「そもそも私たちが魔王を倒したのに世間の風は厳しいわね」

僧侶「キャプテンさんばかりが記事になってましたからね」

魔法使い「はぁ……美味しい仕事……ないかしらねぇ……」

僧侶「そうですねえ……」

エルフ「なんか最近老け込んでない?」

魔法使い「老け込んでないわよ!!」

僧侶「ちょっとヤル気が起きないだけです!!」

25 : VIPに... - 2012/06/29 15:52:44.80 hpeqfj4Jo 663/742

受付「あーちょっといいですか?」

僧侶「はい?」

魔法使い「なぁに?」

エルフ「また仕事?ボクはパスだよ」

受付「ああ、いえ……それが……」

魔法使い「なによ?」

受付「魔法使いと僧侶とエルフ族を出せと言う人が今来ているのですよ」

僧侶「え……」

エルフ「ボクがエルフってことは……」

受付「もちろん公表なんてしてませんよ!!」

魔法使い「……ねえ、他に条件とかつけてこなかった?」

受付「すごく美人で有能なって言ってましたね」

僧侶「もしかして……!!」ガタッ

エルフ「そんな……こと……」

魔法使い「い、行きましょう?」

26 : VIPに... - 2012/06/29 16:06:06.30 hpeqfj4Jo 664/742

受付「―――お待たせしました」

「……おぉ!素晴らしい!」

受付「こちらの方々でよろしいですか?」

「ええ。勿論ですよ」

魔法使い「……」

「よろしくお願いします。いやー、実は知り合いが遠く離れた港町にいるらしいのですが、このご時勢一人で出歩くのは危険でして、はい」

僧侶「うっ……うぅ……」

「そこでとっても美人な傭兵を探してここにやってきたわけなんですよ。いやー、ここまで見事な美人だとは思いませんでしたが」

エルフ「……っ」

「短い間……いや、長い間、いやいや、一生涯、僕だけの傭兵になってもらいたいぐらいですね」

魔法使い「馬鹿じゃないの?」

僧侶「うぅぅ……うぇぇん……んっ……ぐすっ……」

エルフ「……話してくれるよね?今まで何があったのかぐらいは。こっちは本当に心配したんだから!!」

「それを語るにはまずはベッドインからしないとダメですね。でも、その前に……ただいま戻りました。みんなが大好きな元・勇者です」


END


続き
勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」―epilogue―

記事をツイートする 記事をはてブする