関連
勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」#01

255 : VIPに... - 2012/06/12 20:10:45.50 mdsvb+zfo 157/742

―――牢屋

勇者「こんなことになるなんて……困った……」

エルフ「気分はどう?」

勇者「おぉ……」

エルフ「なに?」

勇者「あの一ついいですか?」

エルフ「……」

勇者「森で出会ったとき、驚かれているようでしたが。あれは……?」

エルフ「……」

勇者「貴女の一人称がボクであることの次に気になるのですが」

エルフ「そうだった?」

勇者「……それにしても僕は運がいいです」

エルフ「え?」

勇者「エルフに出会うだけではなく、貴女のような絶世の美女エルフにも出会えましたから」

エルフ「なに、それ……変なの……」

256 : VIPに... - 2012/06/12 20:19:43.52 mdsvb+zfo 158/742

勇者「……」

エルフ「食事、持ってきただけだから……」

勇者「何か隠してますね?」

エルフ「……」

勇者「こうして貴女の……いや、貴方たちの策に嵌ってあげたというのに」

エルフ「何がいいたいの?」

勇者「エルフの一族は魔法を使える。人間とは比較にならないほどの高威力の魔法を。そうですよね?」

エルフ「当たり前でしょ。ボクたちは―――」

勇者「うはっ」

エルフ「―――我々は魔法の基礎を築いた種族だから」

勇者「では、どうしてあのときに殺さなかったのですか?」

エルフ「それは……長老が言っていた通り、掟に則って貴方の処刑を……」

勇者「三日後に?明日でも、今でもいいと思いますけど?」

エルフ「……」

勇者「僕をすぐに殺せない理由でもあるのですか?」

257 : VIPに... - 2012/06/12 20:24:53.65 mdsvb+zfo 159/742

―――エルフの森 深部

魔法使い「今日はここまでにしましょう」

僧侶「そうですね」

魔法使い「大丈夫?随分、無理してない?」

僧侶「はい。なんとか」

魔法使い「見張りは私がするから、ゆっくり休んでて」

僧侶「そういうわけには……」

魔法使い「あんたが倒れると困るのは私だから」

僧侶「でも……」

魔法使い「いいから。寝てて」

僧侶「すいません……」

魔法使い「……あんたと居て、分かったわ……ダメね……私……」

僧侶「え?」

魔法使い「……」

僧侶「あの……?」

258 : VIPに... - 2012/06/12 22:48:07.15 mdsvb+zfo 160/742

魔法使い「はぁ……」

僧侶「ダメって……そんなこと……。貴女は私なんかよりずっと役に立ってますよ」

魔法使い「そう思う?」

僧侶「森での一件、山での落とし穴、洞窟での戦闘、全て貴女がいないと私たちはとっくに死んでいました」

魔法使い「……」

僧侶「回復しかできない私とは違います」

魔法使い「でも、私の魔力はすぐになくなる」

僧侶「それは……」

魔法使い「アイツは使いどころをいつも考えていたわ。多分、いつも頭を悩ましていたでしょうね」

僧侶「……」

魔法使い「私だけじゃ……やっぱり……。情報収集だって上手くいかないし……」

僧侶「それは私も同じです!!」

魔法使い「……」

僧侶「ですから、エルフに会って……」

魔法使い「会って……何かが変わればいいわね……」

259 : VIPに... - 2012/06/12 22:54:39.89 mdsvb+zfo 161/742

―――エルフの里 長老の家

長老「どうだった?」

エルフ「こちらの考えに気づいているのかいないのか……よくわかりませんでした」

長老「だが、魔王を倒すと言った以上……奴に間違いはないはず」

エルフ「でも、三人だって……」

長老「違うなら記憶を奪い、森の外に出せばよい」

エルフ「しかし……!!」

長老「奴がここの存在を公言しては、また同胞が被害に遭うかもしれない。そうでなくとも拉致が横行しているのに……」

エルフ「彼はそんなことしないと思います」

長老「なぜだ?」

エルフ「彼はボクのことしか見ていませんでした。ここには他にもエルフがいるのに」

長老「……」

エルフ「何故、ここへ来たのかは分かりませんが、誘拐を考えているようには思えないのです」

長老「人間とは狡猾な生き物だ。それは散々、教えてきたはずだが?」

エルフ「そうですが……」

260 : VIPに... - 2012/06/12 23:02:00.71 mdsvb+zfo 162/742

―――牢屋

勇者「……」

エルフ「まだ起きてたの……?」

勇者「おぉ!!どうしたのですか?!おやすみのキスを?」

エルフ「どうしてここまで足を運んだのかを聞きに」

勇者「……第一の目的は側室探しですが、第二の目的は戦力アップのためです」

エルフ「魔王と戦うために?」

勇者「いえ。ドラゴンを倒すために」

エルフ「……」

勇者「驚かないんですね。ドラゴンですよ、ドラゴン。口から火を吐く」

エルフ「彼は幻の存在でもなんでもないから」

勇者「流石は魔族同士ですね。お知り合いですか?」

エルフ「……存在を知っているだけ」

勇者「ふむふむ」

エルフ「ねえ、貴方に仲間は?一人旅ってことはないはずだけど……」

262 : VIPに... - 2012/06/12 23:09:19.24 mdsvb+zfo 163/742

勇者「どうして?」

エルフ「それは……」

勇者「実は喧嘩別れをしてしまって。今は独り身なんですよ。ですから夜が寂しくて。温もりが欲しいですね」

エルフ「……あのとき素直に帰っていればいいものを」

勇者「何かを隠されるのは好きじゃないので」

エルフ「……」

勇者「やはり、僕は魔王に狙われているのですか?」

エルフ「見つけ次第、能力を測れと魔族に通達している」

勇者「ほう……。それは貴方たちも例外ではないと?」

エルフ「ええ。疎まれる種族ではあっても、魔族。魔王には逆らえないから……」

勇者「では、最初に驚いたのは?」

エルフ「もうじき勇者がこの森に現れるというのは聞いていた。二人の仲間を連れているからって」

勇者「でも、一人だけだった」

エルフ「だから誘拐犯だとも思った。けれど、誘拐目的なら多人数だろうし、もう色々貴方はおかしかった」

勇者「なるほど。だから、あんな面食らっていたわけですか」

263 : VIPに... - 2012/06/12 23:14:51.12 mdsvb+zfo 164/742

エルフ「そういうこと」

勇者「すっきりしました。では、もう結構です」

エルフ「え?なにが?」

勇者「それが真実なのでしょう?」

エルフ「そうだけど」

勇者「なら……あとは貴女を側室に迎え入れるだけだ」

エルフ「はい?!」

勇者「僕と添い遂げましょう」

エルフ「嫌!!人間となんて……!!」

勇者「異種間でのお付き合いってよくないですか?」

エルフ「よくない!!」

勇者「えー?」

エルフ「ちなみにエルフは皆、同じように答えるから」

勇者「いやいや。僕は貴女にしか興味はありませんよ?」

エルフ「……」

264 : VIPに... - 2012/06/12 23:25:04.26 mdsvb+zfo 165/742

勇者「僕は貴女を側室にしたいのですよ」

エルフ「嘘ばっかり。ボク以外にも美人はいっぱいいるし、そもそも人間からなら同じ顔に見えるはず」

勇者「何をいいますか。人間だって、犬や猫の容姿に優劣をつけられる!!」

エルフ「犬猫と一緒にするな!!」

勇者「すいません」

エルフ「全く。自分の立場がわかっていないみたい……」

勇者「よくわかりませんね」

エルフ「え?」

勇者「だって。僕の能力を測るつもりなのか、殺すつもりなのか……どっちなんですか?」

エルフ「それは……」

勇者「処刑までの猶予は僕が該当の人物なのか調べる期間であり、処刑は僕の力を調べる場だと考えても?」

エルフ「そこまで考えてはいない……と思う。今のところ貴方はこの森に迷い込んだだけの旅人って扱いになっているし」

勇者「そうですか。では、処刑はしないと?」

エルフ「……なんの罪もない人を簡単に殺したりはしない。ボクたちは人間ではないので」

勇者「優しい種族ですね……。魔物の一種族とは思えないぐらいに知的で紳士的です。益々、貴女のことが好きになりました」

265 : VIPに... - 2012/06/12 23:32:39.37 mdsvb+zfo 166/742

エルフ「では、これで」

勇者「待ってください」

エルフ「まだ何か?」

勇者「好きです」

エルフ「……」

勇者「アイラブユー」

エルフ「……失礼します」

勇者「ちっ……。どうして出会う女性は皆、ガードが固いのか。ゆるゆるだったのは姫様ぐらいだな」

勇者「……」

勇者(ドラゴンを倒すためにはエルフの力が必要だと、どの書物にも書かれていた……)

勇者(でも、噂通り、エルフは大の人間嫌い……。懐柔は難しい……)

勇者(このままでは二人と別れた意味がない。どうにかして仲間に引き入れたいところだけど……)

勇者「月が綺麗だなぁ……」

勇者「お二人は今頃、何をしているのか」

勇者「ドラゴンが彼女たちを見つける前に……!」

266 : VIPに... - 2012/06/12 23:37:28.43 mdsvb+zfo 167/742

―――翌日 エルフの里

僧侶「……」

魔法使い「もしかして……見つけた……?」

僧侶「あ、あそこにいる人……耳の形が私たちと違います」

魔法使い「本当ね……。じゃあ……ここが……」

僧侶「はい……」

魔法使い(でも……割と簡単に見つかったわね……この集落。これなら、とっくの昔に誰かが見つけてても……)

僧侶「ど、どうします?」

魔法使い「行きましょう。なんのためにここまで来たと思ってるの?」

僧侶「で、ですね……」

魔法使い「門前払いされたら、諦めましょう」

僧侶「門前払いで済まなかった……?」

魔法使い「そのときは……戦うしかないわね」

僧侶「相手は魔法の祖ですよ?!」

魔法使い「エルフは人間のこと嫌いだっていうし、攻撃されることは頭に入れておかないとダメでしょ?」

267 : VIPに... - 2012/06/12 23:41:46.79 mdsvb+zfo 168/742

僧侶「絶対に死にますよ!!」

魔法使い「なんとか逃げればいいでしょ」

僧侶「この森をですか?!」

魔法使い「そうよ!」

僧侶「魔物に襲われたらどうするんですか!!」

魔法使い「そのときは戦うしかないでしょ?!」

僧侶「エルフの追撃をかわしながらですか?!」

魔法使い「そうするしかないでしょ?!」

僧侶「どっちにしろ殺されますよ!!」

魔法使い「じゃあ、何かいい考えあるの?!菓子折りの一つも持ってきてないでしょ?!」

僧侶「えっと……非常食ならありますよ。勇者様に買って頂いた」

魔法使い「馬鹿!!そんな物で―――」

エルフ「あの」

魔法使い「なによ!!―――あ」

エルフ「こちらに来ていただけますか?抵抗するなら、多少痛い目を見てもらうことになりますが」

268 : VIPに... - 2012/06/12 23:46:04.69 mdsvb+zfo 169/742

―――長老の家

長老「この者たちか」

兵士「はっ。騒いでいましたので捕らえました」

僧侶「ご、ごめんなさい」

魔法使い「……」

長老「して、何が目的だ?」

僧侶「魔法を使いこなしたく思いまして」

長老「なに?」

魔法使い「私たち魔力の使い方が下手糞なの。それでエルフに会えばコツを教えてもらえるかもって思って」

長老「ふむ。それがここまで足を運んだ理由か?」

僧侶「はい!」

長老「何のためだ?」

魔法使い「魔王を倒すためよ」

エルフ「な……」

長老「そうか……なるほど……」

269 : VIPに... - 2012/06/12 23:49:24.44 mdsvb+zfo 170/742

長老「奴をここへ」

兵士「はっ」

魔法使い「やつ……?」

長老「お前たちに会わせたい人間がいる」

魔法使い「まさか……」

僧侶「そんなこと……」

兵士「―――連れてきました」

勇者「どうも」

魔法使い「……」

僧侶「勇者様!!!どうしたのですか?!」

勇者「謂れの無い罪で捕まってしまいまして」

魔法使い「どうせ女のエルフを追っかけまわしたんでしょ?」

勇者「おや。よくわかりましたね。半分、正解です」

僧侶「勇者様……」

長老「やはり貴様らは仲間だったか」

270 : VIPに... - 2012/06/12 23:59:26.98 mdsvb+zfo 171/742

勇者「いえ、違います」

魔法使い「そうね。仲間だった、からね」

僧侶「……」

エルフ「喧嘩ですか?」

僧侶「そうなんです」

エルフ「ふーん」

長老「こちらとしても都合がよいな」

勇者「……」

魔法使い「どういうことよ?」

長老「三人まとめて処刑を行う」

僧侶「えぇぇぇ?!」

魔法使い「ちょっと待って!!この変態は死刑でもいいけど、私たちは関係ないわ!!」

勇者「僕、勇者なのに情状酌量の余地なしですか?酷い」

長老「我が一族の掟だ。疑わしき人間は全て罪人として処罰する」

僧侶「そ、そんなぁ……」

271 : VIPに... - 2012/06/13 00:04:24.72 AIccCtSXo 172/742

―――牢屋

魔法使い「アンタねえ!!どうして別れてもこういうことに巻き込むのよ!!」

勇者「これはもう運命の赤い糸で結ばれているのかもしれませんね」

魔法使い「バッカじゃないの?!」

僧侶「あの……抑えてください……」

魔法使い「あんたもどうして文句言わないの?!」

僧侶「えっと……私は勇者様と合流できてほっとしてますけど……」

魔法使い「もう……」

勇者「でも、僕たちの命もここで終わりですね」

魔法使い「アンタの所為でね」

勇者「勇者の血を絶やすわけにはいきません。さあ、服を脱いでください」

魔法使い「なに考えてるのよ?!」

僧侶「そ、そうです!どうせみんな死ぬんですから、種をまいても……」モジモジ

魔法使い「そういう意味じゃないわ!!!」

エルフ「楽しそうですね」

272 : VIPに... - 2012/06/13 00:10:56.83 AIccCtSXo 173/742

勇者「あ、ボクっ娘さん」

エルフ「貴方は黙ってて」

勇者「はっ!」

魔法使い「なに?処刑方法が決まったの?」

エルフ「我々の処刑は儀式的に行います。―――貴方たちは特設の舞台に上がり、そこで神官三名と戦って頂きます」

僧侶「し、神官と戦うのですか?」

エルフ「はい」

魔法使い「エルフの神官って……」

エルフ「この里で最も魔術に長けた者たちです」

僧侶「昔、死刑囚と猛獣を戦わせ見世物にする処刑があったと聞きます……。そういった類のものですね?」

エルフ「端的に言えばそうなります」

魔法使い「人間じゃエルフの神官にか到底叶わないと知っていて……」

エルフ「でなければ処刑になりませんから。ですが、万が一、神官たちを倒せば……」

僧侶「解放されるのですね」

エルフ「はい。それはお約束致します」

273 : VIPに... - 2012/06/13 00:16:51.94 AIccCtSXo 174/742

魔法使い「……」

僧侶「……」

勇者「公開処刑とはなんとも残忍な」

エルフ「勝てばいいのです。勝てば」

魔法使い「そんなの無理に決まっているでしょう」

僧侶「そうですよ!!」

勇者「……貴女もそう思っていますか?」

エルフ「え……」

勇者「……」

エルフ「当然。神官たちが負けることはまずありえない」

勇者「あーっはっはっはっはっは!!」

エルフ「な、なに!?」

魔法使い「ついに壊れた?」

勇者「僕の側室候補ともあろう御人が、まさか節穴の双眸だったとは……情けない。僕はガッカリしました」

エルフ「なんだって……?!」

275 : VIPに... - 2012/06/13 00:23:37.36 AIccCtSXo 175/742

勇者「この二人はこの僕が!!勇者である僕が目をつけた術士だ!!!」

僧侶「あの……」

魔法使い「外見だけで選んだくせに」

エルフ「それがなに?」

勇者「つまり、エルフの神官よりも強い」

エルフ「な……?!」

僧侶「えぇぇぇぇ?!」

魔法使い「そうだったの?!」

エルフ「二人が私より驚いているけど?」

勇者「敵を欺くにはまず味方から。二人にはいつも罵りの言葉を叩きつけてますからね。二人は自分のことをできねえやつだと思い込ませていました」

エルフ「どうしてそんなことを……」

勇者「自分よりも優秀な奴に勝てば励みになる。勝利の快感を覚えれば、更に努力しようと思えるでしょう?」

勇者「自分は天才だ。勝って当たり前と思っていては、それが自分の限界だと決めつけ、努力をしなくなる!!だからこそ、僕は身を削る思いで蔑んできました」

僧侶「そうでしたっけ?」

魔法使い「むしろ、いつも褒めてくれてた気がするわ」

276 : VIPに... - 2012/06/13 00:28:48.38 AIccCtSXo 176/742

勇者「だから、今こそ本気を出すときです!!」

僧侶「そう言われましても……」

魔法使い「流石に魔法の創造主を倒すなんてこと……」

エルフ「では、楽しみにしている」

勇者「望むところだ。忘れるな。僕たちが勝てば、お前は俺の側室だからな」

エルフ「誰がそんな約束した?!」

勇者「したよ!!しらばっくれるな!!」

エルフ「……いいでしょう。受けて立ちます」

勇者「やったー」

エルフ「ふんっ。どうせ、勝つことは不可能だけど……」

勇者「やってみなくてはわかりません」

エルフ「……」

勇者「僕は死ぬわけにはいきません。最後まで足掻いてみせます」

エルフ「苦しむのは貴方だ。―――魔王に歯向かわなければ、こんなにことにならなかったのに……」

勇者「……」

277 : VIPに... - 2012/06/13 00:32:39.93 AIccCtSXo 177/742

―――夜

勇者「……」

僧侶「ふわぁぁ……はぁ……」

勇者「お二人はもう休んだほうがいいですよ?」

魔法使い「変なことする気?」

勇者「してもいいですか?」

魔法使い「ダメに決まってるでしょ?」

勇者「では、何もしません」

僧侶「あの……勇者様、何をされて……?」

勇者「明日、どう戦うかを考えています」

魔法使い「無理よ。考えるだけ無駄。どんなに戦術を組んでも、圧倒的な戦力には負けるわ」

勇者「……」

僧侶「勇者様……」

勇者「絶対に死なない……こんなところで……死んでたまるか……」

魔法使い「アンタ……どうしてそこまで……」

278 : VIPに... - 2012/06/13 00:42:46.58 AIccCtSXo 178/742

―――魔王城

長老『―――明日、勇者と戦います』

魔王「でかした。ふふふふ……たまには役に立つな。負けてもいい。しっかりと相手の能力を測れ」

長老『ですが……恐らく、殺してしまいます』

魔王「構わん。殺せるなら殺せ」

長老『わ、わかりました……』

魔王「ふん……。ニンゲンに魂を売った下等種族どもめ……」

ドラゴン「捨て駒としてはいいですね」

魔王「ああ。勇者一行の能力を調査するためには戦うしかない。しかし、全力を出させるためにはそれなりの実力者が必要だ」

ドラゴン「とはいえ、戦の前に貴重な強者を向かわせるわけには行きませんからね。失ってしまったとき、大きな損害となりますし」

魔王「そうだ。だが、エルフの連中はいくら死んでも良い。我らには非協力的だしなぁ」

ドラゴン「しかも、ニンゲンよりも強い。この上ない適材者ですね」

魔王「勇者が死ぬのならそれでよし。生きていても、勇者らの特徴は得られる。どちらに転んでも得をするのは我だ……くくくく……」

ドラゴン「結果が楽しみですね」

魔王「全くだな……」

279 : VIPに... - 2012/06/13 00:46:47.26 AIccCtSXo 179/742

―――翌朝 エルフの里 牢屋

兵士「出ろ」

勇者「……」

僧侶「ついに……」

魔法使い「ふぅー……」

兵士「ついてこい」

勇者「……」

僧侶「まさか……こんな森の奥で死ぬことになるなんて……」

魔法使い「はぁ……怖くなってきたわ……」

僧侶「わ、私も体の震えが……止まりません……」

勇者「……」

魔法使い「アンタは?」

勇者「え?」

魔法使い「怖いでしょ?」

勇者「僕だけなら相当怖かったですが、貴女たちがいるなら怖くありませんね。むしろ、緊張できなくて困るぐらいです」

280 : VIPに... - 2012/06/13 00:51:38.18 AIccCtSXo 180/742

魔法使い「また強がり言って」

勇者「本当ですよ」

僧侶「相手はエルフですよ?!」

勇者「僕は勇者です。そして貴女たちは有能な魔法使いと僧侶です」

僧侶「そ、そんな真顔で言われても……」

魔法使い「いい?!今までの魔物みたく本能で向かってきたり、魔法が簡単に通じる相手じゃないのよ?!」

勇者「でしょうね。だからこそ、戦術が大事になります」

僧侶「えぇ……」

魔法使い「無理よ……。今度ばかりは……」

勇者「できますよ」

僧侶「どうして……そこまで断言できるのですか……?」

勇者「貴女たちがすごい術者だからです」

魔法使い「はぁ……なんの根拠もないってことね……」

僧侶「うぅ……」

勇者「絶対勝つぞー!!おー!!」

281 : VIPに... - 2012/06/13 00:56:45.96 AIccCtSXo 181/742

―――処刑場

長老「ではこれより、洗礼の儀を執り行う!!」

長老「罪人よ。聖地へ足を踏み入れることを許可する」

兵士「上がれ」

勇者「……」

僧侶「……っ」ガクガク

魔法使い「できるだけ、苦しくない方法で殺して欲しいわね」

僧侶「そ、そうですね……」

長老「罪を流す者よ、聖地へ」

神官「……」

勇者「あの人たちが……神官ですか……」

神官「……準備は整っております」

神官「右に同じ」

神官「いつでも、どうぞ」

長老「罪深き者たちに洗礼を!!!」

282 : VIPに... - 2012/06/13 01:02:57.69 AIccCtSXo 182/742

勇者「では、手筈通りに」

魔法使い「ほ、本当に大丈夫なんでしょうね?」

僧侶「勇者様……本当に私は抱きついているだけでいいのですか?」ギュゥゥ

勇者「ぬほほぉ。―――はい」キリッ

魔法使い「なんで私が矢面に……」

勇者「貴女の能力なら大丈夫です」

魔法使い「信じられないけど」

勇者「向こうは魔法のプロフェッショナル。だからこそ、貴女たちの苦しみなど絶対に分からない」

僧侶「それって……」

神官「では……洗礼を始める」

勇者「来ます!!」

魔法使い「ええい!!もうどうせ死ぬなら……!!!」

神官「炎よ!」ゴォォォ

魔法使い「―――はぁ!!!」コォォォ

神官「な……!!炎を掻き消した……?!」

283 : VIPに... - 2012/06/13 01:08:03.14 AIccCtSXo 183/742

長老「ん……?!なんだ……今のは……?」

エルフ(まさか……全力ではないとはいえ、いとも簡単に……神官の魔法を……)

魔法使い「ほ、炎なんて私には効かないわ!!」

魔法使い(冷気を纏っただけだけど……)

神官「面白い……では……!!―――凍れ!!!」コォォォ

魔法使い「氷も効かない!!」ゴォォォ

神官「なんだと……」

神官「中々の能力者。注意せよ」

神官「うむ」

魔法使い「……っ」

勇者「よし。警戒を強めた」

僧侶「それって……本気にさせたってことですよね?」

勇者「さあ、次行きますよ」

僧侶「は、はい!」ギュゥゥ

神官「では、手加減はしない。―――雷よ!!」バリバリ

284 : VIPに... - 2012/06/13 01:12:37.33 AIccCtSXo 184/742

勇者「雷!?」

神官「終わりだ」

僧侶「きゃぁぁ!!!」

勇者「絶対に離れないでください!!」

僧侶「は、はい!!」ギュゥゥゥ

―――ドォォォォン!!!!

長老「―――終わったか」

エルフ「……」

神官「儀式は終了」

神官「では、死体の回収をおこな―――」

勇者「―――はぁぁ!!!」ゴォッ

神官「なに……!!」

勇者「せいっ!!」ザンッ

神官「バ……カ……な……」ドサッ

勇者「砂塵を巻き上げては、敵を見失う。状況によっては今みたいに隙をつくることになります。覚えておいてください」

285 : VIPに... - 2012/06/13 01:19:29.45 AIccCtSXo 185/742

神官「理解不能」

神官「何故、無傷でいる……。確かに直撃したはず……」

勇者「結構痛いですよ。でも、僕は無敵なんで」

僧侶「うっ……」ギュッ

勇者「(大丈夫ですか?)」

僧侶「(は、はい……)」

長老「どうなっている……!?」

エルフ「そんな馬鹿なこと……」

勇者「これだけははっきり言っておきます。僕を倒すことはできないぞ!!!」

神官「思考中」

神官「魔力を解放する。肉体を滅裂させれば再生も不可能のはず」

勇者「ああ、やっぱり力があるとそういう力押しができていいですねえ!!全くぅ!!」

僧侶「(勇者様、流石に治癒が追いつかない傷を負えば……)」

勇者「(分かっています)」

魔法使い「(ちょっと、あれは多分指定した空間を爆発させる魔法よ?!どうするの?!)」

286 : VIPに... - 2012/06/13 01:24:22.05 AIccCtSXo 186/742

勇者「指定した空間を?」

魔法使い「そうよ!!」

勇者「やったー!!」ダダダッ

僧侶「えぇ?!特攻?!」

神官「なに……?!」

勇者「爆発させる魔法は近距離では使えない。それは以前に聞きました」

魔法使い「あ……」

神官「くっ……!!」バッ

勇者「遅いっ!!!」ズバッ

神官「がっ……?!」ドサッ

勇者「二人目だぁ!!!」

神官「……」

勇者「ふん。いくら魔法ができるからって、やりようはいくらでもある!!」

神官「……」

勇者「もう声も出ませんか?!ええ、おい!!」

287 : VIPに... - 2012/06/13 01:29:56.02 AIccCtSXo 187/742

神官「……」

勇者「あーん?」

神官「爆発」

勇者「え―――」

ドォォォォン!!!!

僧侶「きゃぁ?!」

魔法使い「なっ……!?自爆?!」

勇者「うっぁ……ずっ……」

僧侶「勇者様ぁ!!!」タタタッ

神官「損傷甚大……」

勇者「まさ……か……捨て身……とは……」

僧侶「今、治癒を……!!」ギュッ

勇者「あ、ありがとうございます」

神官「治癒開始」

魔法使い「一撃でしとめないと、向こうも回復しちゃうわね……」

288 : VIPに... - 2012/06/13 01:33:51.14 AIccCtSXo 188/742

神官「爆炎放出」ゴォォォ

僧侶「きゃぁ?!」

魔法使い「炎なら!!」コォォォ

神官「……」

魔法使い「効かないわ」

神官「氷塊放出」

魔法使い「無駄よ!!」ゴォォォ

神官「……」

魔法使い「はぁ……はぁ……」

勇者(これ以上はまずい……タネがバレたら……)

僧侶「うぅ……」ギュゥゥ

神官「解析完了」

魔法使い「え……?」

神官「炎、継続放出開始」ゴォォォ

魔法使い「なっ……!!」コォォォ

289 : VIPに... - 2012/06/13 01:39:26.11 AIccCtSXo 189/742

神官「貴殿、魔法放出不可」

魔法使い「ちょっ……!!」

勇者「まずい……!!早くトドメを……!!!」ダダダッ

僧侶「勇者様!!」

勇者「うおぉぉぉ!!!!」

神官「爆炎放出」ゴォォォ

勇者「うぁ!!」

魔法使い「馬鹿!!なにやって―――」

神官「最大出力」ゴォォォォ

魔法使い「やめて……よ……!!もう……魔力が……!!!」コォォォ

僧侶「ど、どちらに抱きつけば……!!」オロオロ

神官「貴殿、魔力残量皆無」

魔法使い「うる……さい……やれる……これぐら、い……!!!」

神官「諦観推奨」

魔法使い「そ、そんなこと……奨めないでよ……!!」

291 : VIPに... - 2012/06/13 01:53:15.22 AIccCtSXo 190/742

長老「どういうことだ……これは……?」

エルフ「あの二人の術者。少し様子が変ですね」

長老「うむ。神官の魔法を相殺できるほどの魔力を放出しておいて、それを攻撃に転換しないとは」

エルフ「しないというより、できないのでは?」

長老「む……それは……」

エルフ「できるのであれば、治癒も抱きつくほど密着する必要はないですし、魔法で攻撃するのも安全な遠距離で行うはず」

長老「相手との力量が違いすぎるから奇をてらった方法を用いているのではないか?」

エルフ「攻撃魔法を防御に使うのはありえますが、それなら先ほど神官が弱っているときに追撃をかけないのが不自然です」

長老「そういえばあの術者たちは魔法について学びたいを言っておったな……」

エルフ「魔法を上手く使いこなせないということでしょうね」

長老「そういうことか。分かってしまえばどうということはないな」

エルフ「ええ。時間をかければ終わります。エルフの魔力量は人間の数十から数百倍ですからね」

長老「ああ……。人間にとっては無限に等しいだろう」

エルフ「儀式終了も時間の問題ですね……」

エルフ(悪く思わないで……。これも全て貴方たちが魔王と戦おうとするから……)

297 : VIPに... - 2012/06/13 21:22:48.89 AIccCtSXo 191/742

勇者(このままじゃ……!!)

神官「……」ゴォォォ

魔法使い「くぅ……ぁ……ん……!」コォォ

僧侶「……っ」タタタッ

魔法使い「え……?」

僧侶「……」ギュッ

魔法使い「あんた……!!」

僧侶「うぅ……」ガクガク

魔法使い「……もう!!」コォォォ

神官「無意味」ゴォォ

魔法使い「死にたくないから足掻くのよ!!悪い?!」

僧侶「うぅぅ……ぅ……ぐすっ……ゆう……しゃさま……たすけて……」

勇者「あ……!!」

勇者(あ、いや……上手くいくかはわからない……それ以前に二人を危険な目に合わせてしまう……)

勇者(だが……迷ってはいられない……!!)

298 : VIPに... - 2012/06/13 21:27:34.01 AIccCtSXo 192/742

勇者「わかった!!諦める!!」

神官「……」ピクッ

魔法使い「ど、うし……て……」

僧侶「そ、んな……」

勇者「もうお二人を苦しませないでください」

神官「……」

魔法使い「まだ……やれる……のに……」

勇者「もう無理ですよ。やめましょう。お二人とも、もう魔力が……」

僧侶「あぁ……うぅ……」ガクッ

魔法使い「しっかりして!」

僧侶「私たち……ここで……終わり……なんですね……」ウルウル

勇者「残念ですが……治癒する術が無い以上、勝ち目はありません」スッ

僧侶「……」

勇者「申し訳ありません。僕が不甲斐ないばかりに……」

僧侶「いえ……」

299 : VIPに... - 2012/06/13 21:34:02.58 AIccCtSXo 193/742

魔法使い「やめて……」

勇者「……」

魔法使い「アンタはいつも諦めなかったじゃない……!!」

勇者「勝算があったからですよ」

魔法使い「何よ……今はないっていうの……?」

勇者「はい」

魔法使い「どうしてよ!?綺麗なお嫁さんと側室を10人はべらせるんでしょ?!」

勇者「志半ばで力尽きる人が殆どですよ」

魔法使い「なんで……やめて……」

勇者「本当に申し訳ありません。自分が馬鹿なことをしなければ、貴方達を巻き込むこともなかったのに……」

魔法使い「……」

勇者「僕から処刑しろ」

神官「……」

魔法使い「本気なの……」

僧侶「勇者様……」

300 : VIPに... - 2012/06/13 21:38:30.61 AIccCtSXo 194/742

長老「観念したのか……致し方ないな……。所詮は人間だったか……」

エルフ「……」

神官「処刑容認」スッ

勇者「魔法で殺すのか……?」

神官「肯定」

勇者「できるだけ痛くないように頼みます」

神官「了解」

勇者「ふぅー……」

魔法使い「いや……だ……め……」

僧侶「……」

神官「―――爆破」

勇者「……っ」

僧侶「―――やめてぇ!!!」バッ

神官「!?」

ドォォォン!!!

301 : VIPに... - 2012/06/13 21:43:23.75 AIccCtSXo 195/742

魔法使い「なっ……!!」

長老「どうした!!」

エルフ「庇ったの……?」

僧侶「ぅ……ぁ……」

勇者「……!!」

神官「失敗」

勇者「……」

魔法使い「いやぁぁぁ!!!!」

神官「処刑開始」スッ

勇者「くっ……!!」ジリジリ

神官「撤退不可。抵抗無意味」スタスタ

勇者「……っ」

魔法使い「あぁ……ぁ……!!!」ガクガク

神官「処刑開始」スッ

勇者「……」

303 : VIPに... - 2012/06/13 21:50:17.96 AIccCtSXo 196/742

僧侶「……」スクッ

長老「なに?!」

エルフ「え……!?」

神官「……?!」バッ

僧侶「……」

神官「理解不能……!!」スッ

勇者「―――でぁぁぁ!!!」

神官「……!!」

勇者「あぁぁぁぁ!!!!」ザンッ

神官「はっ……ぁ……!?」

勇者「はぁ……はぁ……戦闘中に背中を向ける奴が……あるか……ど素人め……!!」

魔法使い「え……どうして……?」

僧侶「や……やりま……し……」フラッ

勇者「危ない!!」パシッ

僧侶「ゆう……しゃ……さま……」ニコッ

306 : VIPに... - 2012/06/13 21:56:27.63 AIccCtSXo 197/742

長老「馬鹿な……神官の魔法を受けて……立ち上がるなんて……!!」

勇者「彼女は常に治癒魔法が漏れている状態なんです」

エルフ「え?」

勇者「だから、魔力さえ残っていれば自動的に自分を治癒する」

魔法使い「でも……もう治癒できるだけの魔力は……」

勇者「魔力を回復させれば問題はありません。たとえ雀の涙ほどでも魔力があるなら、多少なりとも傷は癒えます」

魔法使い「それはそうだけど……どうやって回復させたわけ……?」

勇者「大丈夫ですか?」

僧侶「気絶しなかったのが……奇跡……ですね……」

勇者「本当に。だから、危ない賭けでした」

僧侶「ふふ……私でも……お役に……立て……ましたか……?」

勇者「ええ……」

僧侶「うれ……し……ぃ……」

魔法使い「大丈夫なの!?」

勇者「気を失っただけです。問題ありません。でも、絶対安静ですね……」

307 : VIPに... - 2012/06/13 22:02:11.87 AIccCtSXo 198/742

長老「馬鹿な……人間に……負けるとは……」

エルフ「こんなことって……」

勇者「まずは彼女の休む場所を用意してください」

魔法使い「大丈夫!?ねえ!!」

僧侶「うぅ……」

勇者「魔力はもう残っていないでしょうね。傷が殆ど癒えていない」

長老「そんな……こんなことあってはならん……!!」

エルフ「長老……」

長老「人間に……我々が……!!」

エルフ「長老、しっかりしてください」

勇者「慢心した結果だ。人間は貴方たちが思っているほど、弱くはない」

長老「数の暴力しか知らぬ……野蛮な種族……のはず……なのに……」

勇者「お願いします。今は一刻も早く、彼女を休ませてあげたいのです」

エルフ「……こちらに」

僧侶「ぁ……ぅ……」

308 : VIPに... - 2012/06/13 22:05:01.60 AIccCtSXo 199/742

―――エルフの家

エルフ「……」パァァ

僧侶「うぅ……ぅ……」

エルフ「これで大丈夫でしょう」

勇者「本当ですか?」

エルフ「ええ」

魔法使い「よかったぁ……」

エルフ「だけど、しばらくは安静にしておかないと……」

勇者「……」

エルフ「それでは、ボクはこれで」

勇者「待ってください」

エルフ「なに?」

勇者「……ありがとうございました」

エルフ「……ごゆっくり」

勇者「……」

309 : VIPに... - 2012/06/13 22:10:35.29 AIccCtSXo 200/742

僧侶「すぅ……すぅ……」

魔法使い「本当によかった……」

勇者「いやー、死ぬかと思いましたね」

魔法使い「ねえ……どういうことなの?この子は魔力がなくなってたはずなのに」

勇者「以前、彼女に携帯させた物を使ったのですよ」

魔法使い「え?」

勇者「すぐに魔力が枯渇する彼女にとって最大の武器に成り得る……これを」スッ

魔法使い「それ……非常食?」

勇者「僕を庇う直前に食べるように言っておきました。魔力は睡眠か食事を取ることで回復するとのことですので」

魔法使い「死んだらどうするつもりだったの?」

勇者「そのときは……諦めるしか……」

魔法使い「……」

勇者「申し訳ありません。僕は最低の手段を選び、彼女を危険に晒しました。どんな罰も受けるつもりです」

魔法使い「私に言われても……困るわ……」

勇者「申し訳……ありません……」

310 : VIPに... - 2012/06/13 22:18:44.04 AIccCtSXo 201/742

―――長老の家

長老「魔王様……」

魔王『結果は?』

長老「勇者は生きております」

魔王『殺し損ねたか。下等種族では荷が勝ちすぎていたか?』

長老「勇者らの体質を知っていれば、負けはしませんでした」

魔王『言い訳はよい。して、体質とはなんだ?』

長老「勇者は魔法の類を一切使えぬ人間であり、剣術に長けています」

魔王『ふむ……』

長老「そして二人の術者ですが……こやつ等が一癖ありまして……」

魔王『早く言え』

長老「一人は魔力の放出ができず、相手に接触しなければ傷を負わせることが叶いません」

長老「治癒魔法を操る者は常に魔力が漏れている状態で、魔力が尽きぬ限りは自身と自身に触れた者を癒します。ですが、魔力はすぐに尽きてしまいます」

魔王『欠陥の特異体質というわけか。ふはははは……そうか……感謝するぞ、エルフの長よ。これで我の勝利は約束された』

長老「はい……」

311 : VIPに... - 2012/06/13 22:24:08.84 AIccCtSXo 202/742

―――エルフの家

僧侶「……」

勇者「……」

魔法使い「いい加減、休んだら?」

勇者「……」

魔法使い「目が覚めるまでもう少しかかるわよ」

勇者「ですが……」

魔法使い「いいから。もしかしてアンタ、無意味に服を脱がせたりしようなんて考えてないわよね?」

勇者「そんなこと考えていません」

魔法使い「本当かしらぁ?」

勇者「僕の所為で……彼女は……」

魔法使い「……いいから、休んで。アンタだって、傷ついてヘトヘトのはずよ?」

勇者「……」

魔法使い「これは命令。休め」

勇者「わかりました……」

313 : VIPに... - 2012/06/13 22:31:15.38 AIccCtSXo 203/742

―――エルフの里

勇者「……」

エルフ「何をしている?」

勇者「……」

エルフ「怒っているの?」

勇者「はい」

エルフ「でも、貴方たちだってボクたちに対して……色々と酷い仕打ちを……」

勇者「自分が許せません」

エルフ「え……?」

勇者「僕が囮になるべきだった……!!」

エルフ「……」

勇者「生き残れる可能性があると分かったとき……僕は最も可能性が高い方法を手にとってしまった……」

勇者「二人を守る立場にいる僕が……」

エルフ「でも、誰が囮になっても失敗したらみんな死んでいた。なら、成功率が高い手段を選ぶのは当然だと思うけど……」

勇者「誰が囮になってもよかったのなら……僕がなるべきだったんです……!!」

314 : VIPに... - 2012/06/13 22:38:47.20 AIccCtSXo 204/742

エルフ「……」

勇者「すいません。貴女にこんなことを言っても……仕方ないですね……」

エルフ「別に……」

勇者「……」

エルフ「貴方達三名は現時刻をもって、解放されることになりました」

勇者「ありがとうございます」

エルフ「できればすぐにでも立ち去ってもらいたいのですが」

勇者「それは……」

エルフ「わかっています。一人は重傷ですから、暫くの間は面倒を見ます」

勇者「もしかして僕だけを……?」

エルフ「ええ。元はといえば、貴方が騒ぎを大きくしたわけですから。貴方がこの里からいなくなれば、誰も文句はいいません」

勇者「わかりました。なら彼女たちだけでも―――いや、それはしないほうがいいですね……」

エルフ「え?」

勇者「こちらの弱点は魔王を通じて他の魔族にも伝わっているはず。彼女たちだけを置いていくことは……もう出来ません」

エルフ「そうですか……」

315 : VIPに... - 2012/06/13 22:44:35.08 AIccCtSXo 205/742

勇者「……」

エルフ「道中、お気をつけて」

勇者「はい?」

エルフ「それでは」

勇者「ちょっと待ってください!!」

エルフ「なんですか?」

勇者「おかしいなことを言わないでください」

エルフ「は?」

勇者「貴女がどうして旅の成功を祈る側にいるのですか?」

エルフ「だって……」

勇者「貴女は祈られる側ですよね?」

エルフ「なんで?!」

勇者「あれー?約束……忘れたなんて言わないですよね?誇り高きエルフ族が、そんな馬鹿なこと……」

エルフ「な、なんのこと……?」

勇者「僕たちが勝てば貴女は僕の側室になるって約束……しましたよね?」

316 : VIPに... - 2012/06/13 22:49:36.00 AIccCtSXo 206/742

エルフ「あ……!!!」

勇者「ぬほほぉ!!」

エルフ「ボクは……!!」

勇者「ダメ」

エルフ「待って!!ボクはエルフだ!!人間と関係を持つことは許されない!!そういう戒律がある!!」

勇者「あっそ。いや、でも、約束は守ってくださいね」

エルフ「待って!!エルフ族に伝わる妖精の剣と鎧を貴方に差し上げるから!!!」

勇者「そんなのいりません」

エルフ「じゃあ、盾もつける!!」

勇者「いりませんて」

エルフ「兜もあげるぅ!!!」

勇者「僕はね……貴女が欲しいのですよ」キリッ

エルフ「そんなぁ……」

勇者「では、すぐに支度を整えてください」

エルフ「待って!!お願い!!あれはなかったことにぃ!!!」

317 : VIPに... - 2012/06/13 22:58:15.98 AIccCtSXo 207/742

―――エルフの家

魔法使い(アイツ……大丈夫かしら……)

魔法使い(すごく自分を追い詰めてたみたいだけど……)

魔法使い「はぁ……ああいうとき……どう声をかけたらよかったの……?」

魔法使い「ねえ……?」

僧侶「すぅ……すぅ……」

魔法使い「私って……やっぱり……ダメね……」

魔法使い「気の利いたことも言えないなんて……」

勇者「ただいま戻りました」

魔法使い「あ。さっきは―――え?」

エルフ「おねがいしますぅぅ!!!許してくださぁぁぁい!!妖精の妙薬もあげますからぁぁぁ!!!」ギュゥゥゥ

勇者「だから、貴女以外いらないのですよ。分からない人ですねぇ」

エルフ「戒律を破るとボクが処刑されるんですよぉ!!!」

勇者「なら僕が生涯をかけて匿ってあげます。ほら、解決した」

エルフ「ちがうぅぅ!!!そういう問題じゃないぃぃ!!!」

320 : VIPに... - 2012/06/13 23:06:56.47 AIccCtSXo 208/742

魔法使い(元気そうね……)

勇者「まだ、目覚めてないのですか?」

魔法使い「ええ」

勇者「少々酷ですがいつでもここを発てるようにしておいてください」

魔法使い「え……!!でも!!」

勇者「エルフ族は仲間意識が非情に強いですから。ここに留まることは危険です。色々と」

魔法使い「それって……他の魔物を呼んで私たちを……」

エルフ「そんなことはしない!!」

魔法使い「でも……魔族は魔族でしょ?―――あと、ソイツから離れてくれない?」

エルフ「あ……」パッ

勇者「ちっ」

エルフ「我々は人間と友好関係を築いていた過去がある。そのため、他の魔族からは敵視されているぐらいだ」

魔法使い「じゃあ、魔王とも敵対関係なの?」

エルフ「中立……といいたいところだけど、魔王が何か命令してきたら逆らえない。逆らえばきっと……一族が滅びるから」

勇者「それは酷い。こんなに美しい一族を葬るなんて……魔王!!許さん!!」

321 : VIPに... - 2012/06/13 23:13:41.27 AIccCtSXo 209/742

魔法使い「まあ、いいわ。要するに魔王には絶対服従なのね?」

エルフ「……」

勇者「僕たちは魔王に目をつけられていますからね。処刑命令が出てもおかしくありません」

魔法使い「わ、私は嫌よ!!もう一度、エルフと戦うなんて!!」

勇者「それは僕もです。だから、彼女が目覚め次第、いつでも動けるようにしておきましょう」

魔法使い「……仕方ないわね」

勇者「貴女もですよ」

エルフ「ちょっ……!?」

魔法使い「え?どういうこと?」

勇者「彼女とは約束しましたからね。僕たちが勝てば僕の側室になると」

魔法使い「あー……」

エルフ「だ、だからぁ!!!あれはその場の勢いで……!!!」

勇者「約束も守れないのか!!!それでも誉れ高きエルフ族か?!えぇ!!おい!!!こっちは命かけたんだ!!お前も命かけろ!!!」

エルフ「め、めちゃくちゃじゃないですか……」ウルウル

勇者「おっと。すいません。つい熱くなってしまいました。でも、大丈夫です。僕の側室になれば将来は約束されたようなものですから」

322 : VIPに... - 2012/06/13 23:18:56.07 AIccCtSXo 210/742

エルフ「いやぁ……なんで……こんなことにぃ……」メソメソ

勇者「僕に惚れられたのが運の尽きですね」

エルフ「全くです……」

魔法使い「ちょっと……ということは、このエルフもこれから一緒に行動するの?」

勇者「はい」

魔法使い「それって……あの……」

エルフ「あの……妖精の笛もつけますから」

勇者「そんなに嫌ですか?」

エルフ「はい……」

勇者「わかりました……」

エルフ「えっ?!」

勇者「そこまで嫌だというなら……僕も考えましょう」

エルフ「ほ、ほんとうに?!」

勇者「無理強いなんてさせたくありませんからね」

エルフ「よ、よかった……理解ある人間で……」

323 : VIPに... - 2012/06/13 23:25:45.47 AIccCtSXo 211/742

勇者「貴女が一緒にこないというなら、僕たちはこの里のことを号外で人間たちに伝えます」

エルフ「えぇぇぇ?!」

魔法使い「それは流石に……!!」

勇者「そうなったらこの森に何万という人員が投入され、貴方達は……喰われますよー!!がおー!!!」

エルフ「いやぁぁぁ!!!」

勇者「さぁ!!!どうする?!貴女一人が犠牲になって里を救うか、それとも人間たちから逃げ隠れる道を選ぶか!!!」

エルフ「そんなの酷いっ!!」

勇者「好きなほうを選んでください。無理強いなんてさせたくないですから」

魔法使い「あんた……悪魔なの……?」

勇者「さぁ?どうするんですかぁ?」

エルフ「くっ……」ウルウル

勇者「ぬほほぉ……」

エルフ「……ます……」

勇者「え?」

エルフ「行きます!!ボクも連れて行ってぇ!!!」

325 : VIPに... - 2012/06/13 23:30:12.87 AIccCtSXo 212/742

―――夜

魔法使い「一応、いつでも出発できるようにはしておいたわ」

勇者「ありがとうございます」

魔法使い「……」

勇者「軽蔑しますか?」

魔法使い「いや……アンタらしくないなと思って……」

勇者「どうしても必要でした」

魔法使い「側室に?」

勇者「……はい」

魔法使い「あきれた……」

勇者「……」

魔法使い「ねえ……それじゃあ……私たちはここまでなの?」

勇者「え?」

魔法使い「エルフがいるなら……私たちはいらない……でしょ?エルフ一人で攻撃も治癒もできる……し……」

勇者「何を言ってるんです?」

328 : VIPに... - 2012/06/13 23:36:45.33 AIccCtSXo 213/742

魔法使い「だって……」

勇者「お二人も必要ですよ。無論、連れて行きます」

魔法使い「でも……一回、別れてるし……」

勇者「こうして再会できました。これも赤い糸で結ばれている証拠ですよ」

魔法使い「はぁ!?」

勇者「それに一緒に行動してもらわないと困ります。魔王は僕たち三人を狙っているわけですから」

魔法使い「そうだけど」

勇者「もう休んでください。彼女の看病は僕が引き受けましょう」

魔法使い「……」

勇者「どうしました?」

魔法使い「あ……ありがとう……」

勇者「何に対してですか?」

魔法使い「バーカ」

勇者「……?」

勇者「まあ、いいか」

329 : VIPに... - 2012/06/13 23:41:56.00 AIccCtSXo 214/742

勇者「……」

僧侶「……」

勇者「……申し訳……ありません……」

僧侶「……勇者様……自分を責めないでください……」

勇者「……!!」

僧侶「あのときはああするしか……無かった……」

勇者「しかし……」

僧侶「貴方は最善の策を……」

勇者「違う。貴女を危険に晒すことなく突破できた……のに……」

僧侶「それだと……勇者様が……私のような目に……」

勇者「……」

僧侶「いつもそうですね……」

勇者「なにがですか?」

僧侶「貴方はいつも……全部一人で解決しようとしていました……。わざと別行動をとったのも……」

勇者「やめてください。あれは僕の失言が原因です。意図もなにもありません」

331 : VIPに... - 2012/06/13 23:53:07.42 AIccCtSXo 215/742

僧侶「エルフを探そうと考えたのは……私たちだけではドラゴンに……魔王に勝てないと判断したからですよね?」

勇者「魔王。今まで誰も魔王と対峙することが叶わず散っていったために、その力は未知数でした」

勇者「ですが、おとぎ話の怪物を従えていると分かり、愕然としました。恐らく……いや、確実に人間では敵わないと悟った」

僧侶「……」

勇者「貴女たちの能力が劣っているから、僕が勇者としては未熟だからなんて理由ではない。絶望的な力の差がある」

僧侶「だから……私たちを突き放して……同じおとぎ話のエルフ族を仲間に……?」

勇者「貴女たちの目的が復讐だと聞き、きっと簡単には別れてくれないと思いました。だから……」

僧侶「勇者様……」

勇者「あの時は酷いことを……そしてこの度も……」

僧侶「よかった……」

勇者「何がでしょうか?」

僧侶「少しだけ……あれは本心だったのではないかって疑っていました……でも……勇者様はやはり……お優しい……」

勇者「……」

僧侶「好きです……そんな勇者様が……。だから……傍にいさせてください……」

勇者「……何を言っているのですか。貴女は側室候補。傍にいてもらわないと僕が困りますよ、はい」

332 : VIPに... - 2012/06/14 00:03:19.30 yGKIhs8Xo 216/742

僧侶「ふふ……嬉しい……」

勇者「え?」

僧侶「私は側室で構いません……よ……?」

勇者「えっ?」

僧侶「……」

勇者「あの……」

僧侶「すぅ……すぅ……」

勇者「……おやすみなさい」

エルフ「あのー」

勇者「おや、どうされました?」

エルフ「いつ出発するの?」

勇者「明朝にします」

エルフ「わかった。ボクは森の外で待ってるから……」

勇者「こっそり出るのですね」

エルフ「当然でしょ!?見つかれば極刑だし……。もうこの里には戻れないし……うぅ……」ウルウル

339 : VIPに... - 2012/06/14 23:26:18.34 yGKIhs8Xo 217/742

―――翌朝

魔法使い「起きて……ねえ……起きて……」ユサユサ

勇者「ん……?」

魔法使い「ほら、顔でも洗ってきて」

勇者「あ……はい……」

魔法使い「もう……」

僧侶「おはようございます」

勇者「おお!!もう大丈夫なのですか?」

僧侶「はいっ。勇者様が一晩中、お傍にいてくれたおかげです」

勇者「それはよかった」

僧侶「ふふ……」

勇者「……」

僧侶「あの……なにか?」

勇者「いえ。では、洗顔してきます。そのあと、すぐに出発しましょう」

僧侶「はい」

340 : VIPに... - 2012/06/14 23:32:59.69 yGKIhs8Xo 218/742

魔法使い「顔色もいいし、もう大丈夫みたいね」

僧侶「ご心配をおかけしました」

魔法使い「いいのよ。―――それよりも……アイツが心配だわ」

僧侶「勇者様がですか?」

魔法使い「あんたを傷つけたって、すごく落ち込んでたから」

僧侶「そうみたいですね……」

魔法使い「まだ引き摺ってなきゃいいけど……」

僧侶「……」

勇者「―――お待たせしました」

魔法使い「はい、荷物」

勇者「ありがとうございます」

魔法使い「さ、行きましょ」

勇者「そうですね。きっとボクっ娘さんも待っていますし」

僧侶「え?誰ですか?」

魔法使い「エルフよ。こいつ、ついに人外にまで手を出したのよ。呆れちゃうでしょ?」

341 : VIPに... - 2012/06/14 23:39:13.91 yGKIhs8Xo 219/742

僧侶「その方も……側室候補なのですか?」

勇者「はい」

僧侶「そうですか」

魔法使い「それだけ?もっと批難すべきよ、これは」

僧侶「いえ。人間とエルフの恋は実際にあったと聞きます」

魔法使い「え?」

僧侶「それは悲恋だったようですが……。でも、勇者様ならきっとエルフとも純愛を貫けると思います」

魔法使い「ちょっと!!側室10人って時点で不純じゃないの!!」

僧侶「私は……勇者様のお傍に居られたら……」

魔法使い「はぁ?!」

僧侶「あ……すいません。失言ですね」

魔法使い「……」

勇者「ふっ。僕は正妻と10人の側室を区別しません。変わらぬ愛情を注ぐ覚悟があります」

僧侶「それで十分です……勇者様……」

魔法使い「あの……え……?」

342 : VIPに... - 2012/06/15 00:03:53.80 5AluVXmCo 220/742

―――エルフの森

勇者「それでは色々とお世話になりました」

僧侶「ありがとうございました」

魔法使い「本当、色々とお世話になったわね」

長老「……もう会うことはないだろう」

勇者「あの、一つだけよろしいですか?」

長老「なんだ?」

勇者「この里、随分と見つかりやすい場所にあったようですが……今まで、人間に見つかったことはないのですか?」

長老「おぬしらが倒した神官たちの力を合わせれば、結界を張り集落そのものを不可視にすることも可能だ」

魔法使い「不可視ですって?」

僧侶「そんな……でも……私たちには今もこうして見えてますよね?」

勇者「そのようなことができるのに、僕たちの侵入を許したのですか?」

魔法使い(そうよね。こんなにあっさり見つけられるんじゃ、大勢の人間に見つかっているはず……)

長老「……」

勇者「やはり魔王ですか?」

343 : VIPに... - 2012/06/15 00:12:55.34 5AluVXmCo 221/742

長老「魔王から勇者一行が近くにいると伝えられた。そして勇者が目の前に現れれば、その能力を測れともな」

勇者「やはりそうでしたか」

長老「初めは一人だけだったから、また我らの身柄を狙う不貞の輩と思ったがな」

勇者「不可視にできるのに拉致されるのですね」

長老「人物そのものを透明にすることはできん。特定の場所に結界を張ることで初めて不可視になるのだからな」

勇者「透明人間……というわけではないと?」

長老「そんな魔法ありはせん。誘拐されるエルフは決まって狩りの最中だからな。結界の中に居続けるのは難しいからな」

勇者「優秀な神官がいるからこそ広範囲で不可視にできるが、個人だと範囲が狭まると?」

長老「そういうことだ。その範囲も人一人で限界だろう」

勇者「……」

魔法使い「覗きに使えるとか思ってないでしょうね?」

勇者「どうして僕はエルフじゃないのでしょうか。神様は酷いことをしますね」

魔法使い「この……!!」

長老「さぁ、もういいだろう。早く行ってくれ」

勇者「はっ。それでは、お元気で」

344 : VIPに... - 2012/06/15 00:19:39.30 5AluVXmCo 222/742

勇者「里が見えなくなっていく……」

僧侶「すごい……」

魔法使い「あー!!!」

勇者「どうしました?下着を着忘れたとか!?」

魔法使い「違うわよ!!私たちの重大な欠点を直して貰うっていう目的があったじゃない!!」

僧侶「そうでした。色々あって忘れていましたね」

勇者「欠点?」

魔法使い「魔力を上手くコントロールできるようになるかもって思って、私たちはこの森にきたのよ」

勇者「僕の側室になるために追ってきたのではないのですか?」

魔法使い「違うわよ!!あんたからも言ってあげて!!」

僧侶「……」モジモジ

魔法使い「え?」

勇者「まあまあ、とにかく今は森を出ましょう。―――外でエルフが待っているのですから」

魔法使い「そうよ……そうだったわ。エルフが仲間になったのよね」

僧侶「そうですね。ボクっ娘さんというエルフが仲間になってくれたのなら、私たちの欠点を改善することも―――」

345 : VIPに... - 2012/06/15 00:24:35.00 5AluVXmCo 223/742

―――フィールド

エルフ「無理」

魔法使い「え……」

僧侶「本当ですか?」

エルフ「貴女たちはそういう特異体質だから。魔力を調整することで改善されることはないよ」

魔法使い「そんなぁ……」

勇者「残念でしたね」

魔法使い「他人事だと思って……!!」

エルフ「でも……補強はできるかもしれない」

僧侶「補強?」

エルフ「定期的に魔術による補強を行えば魔力が一時的に漏れないようにすることはできる」

魔法使い「それでもいいわ」

僧侶「お願いします」

エルフ「かなり面倒だけど……。まあ、これから先のことを考えれば―――」

勇者「ゆるさんっ!!!!」

346 : VIPに... - 2012/06/15 00:30:50.22 5AluVXmCo 224/742

魔法使い「なっ?!」

僧侶「ひぐっ」ビクッ

エルフ「どうして?」

勇者「ならん!!!お母さんから貰った体を大切にしないやつなんて、俺は嫌いだ!!!」

魔法使い「何言ってるのよ?!旅を続けるなら―――」

勇者「ダメー!!!!絶対にノー!!!ノォォォ!!!!」

エルフ「ど、どうしてそこまで……」

僧侶「勇者様……?」

魔法使い「どうしてよ!?私たちが一般的な魔力の扱い方ができれば、戦いだって劇的に楽になるわよ?!」

勇者「貴女たちの体質が改善される……それすなわち、他の魔法使いや僧侶と同じになるということ」

僧侶「そ、そうですね」

勇者「つまり、治癒をするとき対象の人物に触れなくても大丈夫になるってことですね?」

僧侶「はい」

魔法使い「いちいちくっつきに行くのはタイムロスだし、離れた場所からでも治癒ができるって相当いいことじゃない」

勇者「没個性じゃん!!!なにいってんのぉ?!」

347 : VIPに... - 2012/06/15 00:37:05.33 5AluVXmCo 225/742

エルフ「没個性って……。そんな考えで魔王と戦うつもりだったの?」

勇者「何か問題でも?」

エルフ「いや……」

魔法使い「ちょっと。アンタの足りない脳みそでよく考えなさいよ」

勇者「僕の頭には欲望がぎっしり詰まってますが」

魔法使い「いい?私たちは基本的に前線で戦えない」

勇者「当然です。前に出て戦うのは僕の役目ですから」

魔法使い「でしょ?なら、離れたところから治癒ができるってすごく便利よね?」

勇者「そうですね」

魔法使い「分かってくれたのね」

勇者「はい」

魔法使い「じゃあ、補強を―――」

勇者「ならんっ!!!」

魔法使い「なんでよ?!」

勇者「するなら魔力が漏れないようにするだけ!!治癒は今までどおり抱きつかないとできないようにしなさい!!!」

348 : VIPに... - 2012/06/15 00:42:48.41 5AluVXmCo 226/742

魔法使い「なんの解決にもならないでしょ!?」

僧侶「それに魔力の漏れを防いでしまうと、密着しての治癒は不可能になりますよ」

勇者「そうなのですか?!じゃあ、だめ!!今のままでいい!!自然体っていいですよね!!!」

僧侶「え……」

勇者「ね!?」

僧侶「は、はい……」

勇者「さあ、いざ行かん!!魔王の城!!!」

エルフ「え?結局、補強はしなくてもいいってこと?」

魔法使い「ちょっと!!デメリットが消せるのよ!?」

勇者「黙ってくださいよぉ!!」

魔法使い「拒む理由を言って!!」

勇者「理由?そんなの……一つしかないですよ……」

エルフ「あ……もしかして、二人の特異体質を利用して相手の意表を突く作戦を色々考えているとか?」

魔法使い「そうなの?」

勇者「違う。―――僕がぁ!!!いや、俺がぁ!!!合法的に女体に触る機会が減るでしょう!?分かってくださいよぉ!!!」

352 : VIPに... - 2012/06/15 00:50:48.30 5AluVXmCo 227/742

エルフ「は……?」

勇者「普段からガード固いくせに……更に強化するとか……マジで勘弁してくださいよぉぉ……」ウルウル

魔法使い「……」

僧侶「勇者様……私に抱きつかれるの……お嫌いじゃないんですか?」

勇者「なんで?!むしろ好きですよぉ!!!」

僧侶「そ、そうですか……よかった……」ホッ

魔法使い「待って」

勇者「なんですか?」

魔法使い「あの……その……なんて言ったらいいか……分からないんだけど……」

エルフ「サイテー……こんな人間が勇者って……」

僧侶「あの……きっと勇者様にもお考えがあってのことでは?」

魔法使い「考えって!!たった今、本音を語ったじゃない!!!」

僧侶「目に見えること全てが本質とは限りません」

エルフ「やけに肩持つね。何かあったの?」

僧侶「い、いえ……私は勇者様のことを信頼しているだけでして……」

353 : VIPに... - 2012/06/15 00:59:09.07 5AluVXmCo 228/742

勇者「流石ですね。貴女の側室度が5ポイント上がりました」

僧侶「わーい」

魔法使い「ちょっと!!!なによその不愉快なポイントは!!」

勇者「ええい!!とにかく、今のままで何も問題はありません!!!」

魔法使い「嘘でしょ……」

勇者「本当です」

エルフ「ボクはどっちでもいいけど……どうする?」

勇者「……」

魔法使い「……私はまだいいわ。でも、こっちはどうするのよ」

僧侶「わ、私ですか?」

魔法使い「この子は常に魔力が漏れている状態、休んだり食事をとったりしないと1時間ほどで魔力が無くなるのよ?」

勇者「……」

魔法使い「今後、内部が複雑な塔や洞窟を探索するようなことがあればどうするの?」

勇者「そのためにエルフ族を仲間にしたのですが?」

魔法使い「おい!!!いい加減にしなさいよ!!!」

354 : VIPに... - 2012/06/15 01:07:07.62 5AluVXmCo 229/742

僧侶「えっと……勇者様……私は……不必要ということですか?」

勇者「何を言っているのですか。貴重な側室候補なのに、必要ですよ」

僧侶「ゆうしゃさまぁ……」

エルフ「あのー……」

魔法使い「あのねえ!!!!」

勇者「とまあ、冗談はこれぐらいにして」

エルフ「どういうこと?」

勇者「定期的に魔術を施しても一時的にしか効果が得られないのであれば、労力の無駄遣いでしょう」

エルフ「それは……」

魔法使い「……」

勇者「もっと効率のいい方法はないですか?―――例えば普段は魔力漏れを完全に遮断し、治癒が必要なときだけそれを解放させるとか」

僧侶「いいですね」

勇者「ええ。それなら長時間の活動もできるようになります」

エルフ「なるほど。うん。それなら魔力を封じる装飾品を身につければできるかもしれない」

魔法使い(反論したいけど……できないわ……悔しい……)

355 : VIPに... - 2012/06/15 01:13:48.05 5AluVXmCo 230/742

勇者「では、その方法で試してみましょう」

エルフ「わかった。じゃあ、作業に集中できる場所に行きたいのだけど」

勇者「それなら街に向かいましょう。宿屋で道具の製作を」

エルフ「街……か……」

勇者「……?」

僧侶「この道をまっすぐいけば着くはずです」

魔法使い「これからのこともそこで考えたほうがいいわね」

勇者「はい。情報収集もしないといけませんし」

僧侶「あの……勇者様」

勇者「なんでしょうか?」

僧侶「人身売買を行っている組織のことご存知ですか?」

勇者「人身売買?」

魔法使い「ちょっと」

僧侶「今から行く街にその組織があると……噂で……」

勇者「……」

357 : VIPに... - 2012/06/15 01:21:20.79 5AluVXmCo 231/742

魔法使い「それ今、言っても仕方ないでしょ?」

僧侶「でも、私は放っておけません」

勇者「人身売買……ですか。組織ぐるみでそんなことを」

僧侶「もしかしたらエルフ族を拉致している人もいるかもしれません。いえ、きっと居ます」

エルフ「だろうね。人間はそういう生き物だ。見方によってはボクだって誘拐されたようなものだし」

勇者「営利誘拐です」

エルフ「はっきり言わないで」

勇者「わかりました。勇者としてもそのような非人道的行為を看過することは出来ません」

僧侶「ありがとうございます」

魔法使い「でも、裏世界の話よ?どうやって調べるの?」

勇者「裏世界の人物に聞けばいいだけの話です」

僧侶「どうやって……?」

勇者「こちらには今、いいエサもありますし。ね?」

エルフ「え?」

魔法使い「まさか……」

359 : VIPに... - 2012/06/15 01:29:34.77 5AluVXmCo 232/742

―――街 宿屋 寝室

エルフ「完成。できたよ」

僧侶「このブレスレットが魔力を封じる……」

エルフ「そう。名づけて魔封じの腕輪」

魔法使い「そのまんまね」

エルフ「うるさい。道具の名称なんて分かりやすいほうがいいに決まっているからね」

魔法使い「そういう魔法の道具を精製するのもエルフの専売特許なの?」

エルフ「魔法に関する全てのモノはエルフ族発祥。厳密に言えば、魔族発祥だけど」

魔法使い「ふーん。じゃあ、店で普通に並んでいる魔法の杖とかもそうなのね」

エルフ「多分、そういうのはレプリカじゃないかな」

僧侶「これ、可愛いですね。ありがとうございます」

エルフ「ふん……」

魔法使い「ねえ……?」

エルフ「なに?」

魔法使い「どうしてついてきたの?アナタなら無理についてこなくても……」

360 : VIPに... - 2012/06/15 01:38:40.87 5AluVXmCo 233/742

エルフ「脅されたの聞いてたでしょ?」

魔法使い「ええ……でも……」

エルフ「……」

魔法使い「あんな最低な人間に従うぐらいなら、死んだほうがマシとか考えなかったの?」

エルフ「それは……」

僧侶「あの!勇者様に対して失礼ですよ!」

魔法使い「そりゃ、トロルと戦ったときは結構かっこいいとかも思ったわよ?でも、最近のアイツは度が過ぎているというか、調子に乗っているというか」

僧侶「ちゃんと勇者様なりに考えているはずです」

エルフ「ボクもそれは思う」

魔法使い「え?」

エルフ「彼、色々隠してる気がする」

僧侶「隠してる?」

エルフ「側室とか結婚とか色々言ってるけど……実際のところ―――」

勇者「ただいま戻りました!!!」

僧侶「お、おかえりなさいませ!」

361 : VIPに... - 2012/06/15 01:44:15.67 5AluVXmCo 234/742

勇者「猥談の最中でしたか?!」

魔法使い「違うわよ!!!」

勇者「毛の処理法を言い合ってるものと思って、こうしてノックなしに突撃したのに……」

エルフ「……馬鹿なの?」

勇者「え?毛が無いのですが?」

エルフ「どこ見ていってるの!?」バッ

魔法使い(本当に色々考えてるの……こいつ……?)

僧侶「勇者様、それで組織のことは……?」

勇者「しっぽは掴めました。今から行きましょう」

魔法使い「嘘!?もう!?」

僧侶「私たち、1日かけても何の手がかりも得られなかったのに……」

勇者「酒場で強面の男性中心に色々聞きましたからね。すごく怖かったですよ」

エルフ「なんて言って近づいたの?」

勇者「いい女がいるんだけど、いくらで買う?って言いました」

魔法使い「ばっ?!」

362 : VIPに... - 2012/06/15 01:51:50.49 5AluVXmCo 235/742

エルフ「それだと貴方が人身売買をしている商人になるんじゃないの?」

勇者「ええ。それでいいんです」

僧侶「どういうことですか?」

勇者「見たこともない同業者が己の縄張りを荒らすと、黙っていられない人たちっているんですよ。裏社会には特に」

魔法使い「同業者の振りをしておびき出したってわけ?」

勇者「はい。数十分で怖そうな人たちが僕に近づいてきました」

僧侶「何か乱暴をされたのでは?!」

勇者「いえいえ。こちらにはエルフがいると言ったら、目の色を変えて僕の話を聞いてくれましたよ」

エルフ「ボクのこと!?」

勇者「偶然、森でエルフと出会い、恋人関係になった。でも、もう別れたい。別れるなら、金にしたい。そう説明しました」

エルフ「ぬあぁぁぁぁぁ!!!!!!どうして!!なんで!!!そんなことが平気で言えるのぉ!!!」

勇者「待ってください。将来の側室候補を渡すわけないでしょう。全ては組織の人間を釣るためのエサに過ぎません」

僧侶「では……これから、その組織の人間と接触して……」

勇者「組織を潰しましょう」

魔法使い「で、できるの……そんなこと……?」

363 : VIPに... - 2012/06/15 02:04:23.04 5AluVXmCo 236/742

勇者「待ち合わせ場所は町外れに倉庫でとのことでした」

エルフ「ボクは行かないから」

勇者「え?」

エルフ「人間同士の問題にまで首を突っ込むことはしたくない」

勇者「はい。むしろ僕から貴女にはお留守番をお願いしようと思っていました」

エルフ「……はい?」

魔法使い「エルフ族を連れていくって考えじゃなかったの?」

勇者「不測の事態も考えられますからね。もし本当に連れ去られたら大問題ですよ」

エルフ「ふーん……」

勇者「しかしながら、エルフ族の売買もやはり行われているようですので、貴女にとっても無関係とは言えないでしょう」

エルフ「うっ……」

勇者「仲間意識が強いエルフ族が同胞を見捨てるような真似……できませんよね?」

エルフ「……貴方は本当に卑怯だ」

勇者「じゃあ、協力してくれますね?」

エルフ「わかった……する。ボクだって、同胞を助けたいし……」

369 : VIPに... - 2012/06/15 23:18:56.54 5AluVXmCo 237/742

エルフ「それで?ボクは本当に留守番をしていればいいの?」

勇者「はい。ここで大人しくしていてください」

エルフ「不安なんだけど……」

勇者「では、その不安を打ち消すために……口付けを……」

エルフ「へえ……」

魔法使い「ふぅん……」

勇者「冗談ですから……あの……殺さないで……」

僧侶「や、やめてください!!」

魔法使い「何か作戦があるんでしょうね?」

勇者「勿論です」キリッ

エルフ「作戦って……」

勇者「聞きましたよ?貴女もアレ、できるんでしょう?」

エルフ「あれ?」

勇者「対象域の不可視化」

エルフ「で、できるけど……精々、人一人を隠す程度だよ?」

370 : VIPに... - 2012/06/15 23:26:05.46 5AluVXmCo 238/742

―――街外れ 倉庫

勇者「そろそろ待ち合わせの時間ですね」

僧侶「あの……勇者様?」

勇者「はい?」

僧侶「大丈夫なのですか?」

勇者「信用できませんか?」

僧侶「い、いえ!!滅相もありません!!」

勇者「変だと思いませんか?」

僧侶「なにがですか?」

勇者「人が人を拉致するのは分かります。ですが、エルフを拉致することなんてできるでしょうか?」

僧侶「長老さんの話では不可視域から出てて狩りをしているエルフがよく攫われるということでしたけど」

勇者「魔法を使える。狩りの最中なので武器も所持していたでしょう。そんなエルフが簡単に拉致できるでしょうか」

僧侶「いくらエルフとはいえ数十人で囲めば……」

勇者「そんな大人数で行動していれば、いくらなんでも気づくはずです」

僧侶「そ、それもそうですね……」

371 : VIPに... - 2012/06/15 23:30:02.89 5AluVXmCo 239/742

勇者「僕の考えが正しければ……」

僧侶「正しければ?」

勇者「この組織の裏には―――」

盗賊「よう。本当に来たんだな?」

勇者「む?」

僧侶「……」

盗賊「へへ。まあ、来なかったら直接、宿に乗り込むつもりだったけどな」

勇者「そうですか」

「……」

「あいつの隣にいるのがエルフか?」

「へぇ……美人だな。売れそうだ」

勇者(相手は10人……)

僧侶「勇者様……」ギュッ

盗賊「さあ、そのエルフを渡してもらおうか?」

勇者「金が先だろ」

372 : VIPに... - 2012/06/15 23:35:54.85 5AluVXmCo 240/742

盗賊「分かってないみたいだなぁ?」

勇者「なに?」

盗賊「てめえに口答えする権利なんてねえんだよ。さっさと渡せ」

勇者「金が無いなら、この子は渡せないな」

盗賊「ふざけんなよ……」

勇者「ふざけてるのはお前らだろう」

盗賊「けっ。この人数相手に何ができるっていうんだよ?」

勇者「ドラゴンを相手にするよりは楽勝だな」

盗賊「てめぇ……!!」

「調子に乗ってると……痛い目みるぜぇ?」

「へへへ……」

勇者「金がないなら破談だ。僕は帰らせてもらおう」

盗賊「渡せないのはそっちも同じだろうが」

勇者「なに?」

盗賊「どうせその女はエルフじゃないんだろう?それぐらい分かってんだよ!!」

373 : VIPに... - 2012/06/15 23:44:41.90 5AluVXmCo 241/742

僧侶「ひっ……」

「マジかよ」

「流石はリーダー!!」

盗賊「てめえらも少しは頭を使えよ。エルフを連れているなんて下調べしないと信じられないからなぁ」

勇者「どういう意味だ」

盗賊「別のグループがてめえの泊まっている宿に向かっている」

僧侶「そんな……!!」

勇者「やっぱり、後をつけられていたか」

盗賊「エルフなんて普通じゃ絶対に手に入らない。ハッタリの可能性は大。仮に本当でもこんな場所に正直に持ってはこない」

盗賊「ちゃんと金を得るまで隠しとくもんだろ?」

勇者「馬鹿正直に連れてきていても強奪しただろうに」

盗賊「当たり前だ。カモがネギと調味料を一緒に持ってきてくれたんだからな。まあ、素直に引き渡せば骨折ぐらいで許してやるよ」

僧侶「あ、貴方たちは人ではありません!!」

盗賊「うるせぇ!!!!てめえも!!宿にいる女もちゃんと売買にかけてやるよ!!」

勇者「屑だな、お前ら」

374 : VIPに... - 2012/06/15 23:51:47.87 5AluVXmCo 242/742

盗賊「はぁ?お前も同業だろうが!!」

勇者「女性を力尽くで奪い、しかも商売の道具にしているお前らを屑と呼ばずになんていえばいい?」

「リーダー、早く黙らせようぜ」

盗賊「そうだな」

勇者「いいか?奪っていいのはなぁ……心だけだぁ!!!」

僧侶「勇者様……」

勇者「女性の心も奪えないお前らは男としては底辺だな!!」

盗賊「黙れ……てめえ!!!何様だ!!こらぁ!!!」

勇者「勇者様だよ!!!」

盗賊「勇者……!?」

「リーダー!!もしかして!!」

盗賊「ちっ……」

勇者「お前らのボスは誰だ!!言え!!」

盗賊「相手は一人だ!!やっちまえ!!!」

勇者「あぁ!?やっちまうぞ!!!こらぁぁ!!!」

375 : VIPに... - 2012/06/15 23:56:38.64 5AluVXmCo 243/742

―――宿屋

バンッ!!!

エルフ「誰!?」

賊徒「こいつか……」

エルフ「なんですか!!貴方たちは!!!」

「その耳!!リーダー!!こりゃあマジもんだぁ!!!」

賊徒「だな。あの男、結構怪しかったが……へへ……こりゃぁついてる。ボスも大喜びだな」

「やったぁ!!旨い酒が飲めるぜ!!」

「やっほー!!」

エルフ「無礼ですよ!立ち去ってください!!」

賊徒「そういうわけにもいかねえなぁ」

エルフ「ならば……」

賊徒「おぉ!?」

エルフ「燃えろ!!!」ゴォォォ

賊徒「魔法か―――!!!」

377 : VIPに... - 2012/06/16 00:02:49.35 6zpDwEe9o 244/742

エルフ「え……?!」

賊徒「くくく……きかねえなぁ」

エルフ「ど、どうして……!?」

「大人しくしろって」

「エルフは傷ものにはできないからなぁ」

賊徒「抵抗はするなよ?」

エルフ「くっ……なら、痺れろ!!!」バリバリバリ

賊徒「ぎゃぁぁぁぁ―――なんてな♪」

エルフ「な……んで……?!」

賊徒「無駄無駄ぁ!!俺たちに魔力の篭った攻撃は通用しねえよ」

エルフ「人間のくせに……」

賊徒「さあ、こい!!」グッ

エルフ「やめろ!!」バッ

賊徒「いいから―――」

パシンッ!!!

378 : VIPに... - 2012/06/16 00:07:40.12 6zpDwEe9o 245/742

賊徒「ぃてっ?!」

「な、なんだ!?」

「わ、わかんねぇ……」

賊徒「な、なんだ?魔法はきかねえはずだぞ……!!」

エルフ「ふっ。魔法にも色々あるんですよ?」

賊徒「なにぃ!?」

エルフ「やっ!!!」

パシンッ!!!

賊徒「ぎゃぁ!?」

「あいつの後ろから鞭みたいなのが伸びてきたぞ!!」

「そ、そんな魔法聞いたことねえよ!!」ガタガタ

賊徒「くそ……!!魔法に対しては無敵のはずじゃねえのかよ!!!」

エルフ「答えてもらいますよ?誰が貴方達を無敵にしたのですか?」

賊徒「ちくしょう!!撤退だ!!こいつは変な魔法をつかいやがる!!」

エルフ「待ちなさい!!」

379 : VIPに... - 2012/06/16 00:15:02.46 6zpDwEe9o 246/742

―――待って。

エルフ「分かってる。追わないよ」

魔法使い「良かった。不可視化、役に立ったわね」

エルフ「にしても、情報にない戦力があるってだけで尻尾を巻くとは……。これだから人間は」

魔法使い「あいつらはチンピラみたいなものだし、魔法に対しては無敵っていうアドバンテージがなくなれば弱腰にもなるわよ」

エルフ「彼の読み通りだったわけだ……。なんか悔しい……」

魔法使い「あの賊ども……どこで魔法を無力化する方法を……」

エルフ「彼らに魔法の素養は無かったから、きっと魔法具の類を身につけているに違いない」

魔法使い「それって……魔封じの腕輪みたいなもの?」

エルフ「そう」

魔法使い「じゃあボスってエルフ?!」

エルフ「それはないよ。ボクたちは同胞を裏切るような真似だけは絶対にしない。たとえ魔王の命令であっても」

魔法使い「……」ジーッ

エルフ「ボ、ボクは!!同胞を守るために!!!!こうして泣く泣く一緒にいるだけで!!!うぅー!!!」

魔法使い「そうよね。ごめんなさい。じゃあ……誰が……?」

380 : VIPに... - 2012/06/16 00:20:08.20 6zpDwEe9o 247/742

―――倉庫

「がはっ?!」ドサッ

勇者「……」

僧侶「かっこいいです!勇者様!!」

盗賊「こいつ……うそだろ……」

勇者「お前はドラゴンを相手にしたことがあるか?」

盗賊「ひっ……!?」

勇者「奴が放った威圧感と炎を経験したら、お前らみたいな狭小で下劣なだけの人間を恐れなくなる」

盗賊「……!!」

勇者「さあ、吐いてもらおうか?」

盗賊「な、なにをだよ……?」

勇者「決まってるだろ?」グイッ

盗賊「おぉ……!!」

勇者「お前らのボスとその居場所だよ」

盗賊「い、いえるかよ……!!」

381 : VIPに... - 2012/06/16 00:25:18.95 6zpDwEe9o 248/742

勇者「……」

盗賊「へ、へへ……死んでもそれだけは言えねえなぁ……」

勇者「そうですか。では……死んでいただきましょう」ギラッ

盗賊「て、てめえ!!それでも勇者かよ?!」

勇者「僕は残念ながら聖人君子ではありません。人間ですからね」

盗賊「は?」

勇者「肩書きが勇者ってだけの人間です。貴方たちと同じ、屑な人間なんですよ」

僧侶「勇者様!!流石に人を殺めるのは……!!」

勇者「さあ、答えてください」

盗賊「……」

勇者「いえ」

盗賊「い、いえない!!」

勇者「なら……」スッ

盗賊「ひぃ?!」

僧侶「だ、だめです!!勇者様!!!」ギュッ!

382 : VIPに... - 2012/06/16 00:28:56.90 6zpDwEe9o 249/742

勇者「―――冗談ですよ」

僧侶「そ、そうですか……」

盗賊「……」

勇者「しかし、口を割ってもらわないと困りますねえ……」

僧侶「あの」

盗賊「な、なんだよ……?」

僧侶「手を」

盗賊「え?」

僧侶「少し怪我をされていますね」ギュッ

盗賊「な?!」

僧侶「はい。これで大丈夫です」

盗賊「な、なにしやがる!!このやろう!!!」バッ

僧侶「ですが……化膿してはいけませんし……」

盗賊「よ、余計なことすんなぁ!!」

勇者「お前……俺の側室候補の優しさすら無碍にするのか?!!救えないなぁ!!!こらぁ!!!」

383 : VIPに... - 2012/06/16 00:34:17.23 6zpDwEe9o 250/742

盗賊「ひぃぃぃ!?!?」

僧侶「勇者様!?ダメです!!」

勇者「堪忍袋の尾が切れたぁ!!!もう絶対に許さん!!!」グイッ

盗賊「やめろ?!なにしやがる?!」

勇者「くらえ!!―――秘技!!キャメル・クラッチ!!!」グググッ

盗賊「いだだだだだ!?!?」

僧侶「あぁぁ……」オロオロ

勇者「謝れぇ!!!この女神に謝れ!!!」グググッ

盗賊「あぁ……!!ぁ……!!!」

勇者「なんか言えよ!!!」グググッ

盗賊「ふが?!ふがぁ?!」

僧侶「勇者様!!顎を押さえているのでその人は喋りたくても喋れないです!!」

勇者「え?!あ、そうですか……」パッ

盗賊「がはっ……はぁ……おまえ……なんだよ……この女の……男か?」

勇者「この人は僕の側室候補です」

384 : VIPに... - 2012/06/16 00:40:10.48 6zpDwEe9o 251/742

僧侶「はぁ……あの……大丈夫ですか?」

盗賊「なわけねーだろ!!」

勇者「逆エビ固めだぁ!!」グググッ

盗賊「あだだだだだ!!!!」

僧侶「あの貴方に指示を出しているのは誰なのですか?」

盗賊「い……え……な―――」

勇者「ふんっ!」グキィ

盗賊「ぎゃぁぁああ!?!!」

僧侶「教えてください」

盗賊「ボ、ボスのことは本当にしらねえ!!姿なんてみせてくれねえんだ!!!か、金をくれるから従ってるだけでぇ!!!」

僧侶「そのボスさんはどこに?」

盗賊「こ、ここからずっと北にいった塔にいるよ!!!」

勇者「そこに拉致した人もいるのかぁ!?!」

盗賊「いる!!いる!!そこで人間やエルフを売ってるんだぁ!!!もういいだろう!!やめてぇ!!!」

勇者「なるほど。ご協力感謝いたします」

386 : VIPに... - 2012/06/16 00:43:58.27 6zpDwEe9o 252/742

盗賊「ちくしょう……!!」

僧侶「……」ギュッ

盗賊「え……?」

僧侶「これで少しは痛みも和らいだはずです」

盗賊「おま……」

僧侶「もう悪いことはしないでください。お願いします」

盗賊「……」

勇者「行きましょう。宿にいるお二人も心配です」

僧侶「分かりました」

盗賊「まて」

勇者「なんですか?」

盗賊「最近、ボスは勇者……多分、アンタのことだと思うけど、随分気にしているみたいだった」

勇者「僕を?」

盗賊「いつか邪魔してくるだろうから警戒しておけって……言われてたんだよ……」

勇者「分かりました。貴重な情報、ありがとうございます」

387 : VIPに... - 2012/06/16 00:51:49.71 6zpDwEe9o 253/742

―――宿

勇者「ただいま戻りました」

魔法使い「おかえり。どうだったの?」

僧侶「組織の本拠地が分かりました。ここから北にある塔のようです」

エルフ「北っていうと……この辺りか」

勇者「すぐに出発しましょう。相手のボスにまで騒ぎが届いてしまうと奇襲がかけにくくなります」

魔法使い「賛成ね」

エルフ「ボクは反対」

僧侶「ど、どうしてですか?」

エルフ「それは―――」

勇者「相手は人間でなく、魔族だからですね?」

僧侶「……」

魔法使い「それは私も思っていたわ。あいつらただの盗賊のくせに魔法具を持っていたみたいだもの」

勇者「ボスは勇者を気にしているといっていました。人間の犯罪者なら国の兵士を警戒するはずなのに、勇者に気を回すのは少々不自然ですしね」

エルフ「エルフの魔法すら掻き消す道具を大量に作れる相手だから、慎重になったほうがいいと思う」

388 : VIPに... - 2012/06/16 00:58:54.19 6zpDwEe9o 254/742

僧侶「でも……どうして同じ魔族であるエルフまで……」

勇者「エルフ族は人間には見世物にされ、他の魔族からは蔑視されている種族ですからね」

魔法使い「でも……魔族が商売をするってちょっと意味が分からないわ」

勇者「それは相手に聞いてみないとわかりませんね」

エルフ「……」

魔法使い「どうするの?行くの?」

勇者「……」

僧侶「勇者様……」

勇者「行きましょう。逃げられては困ります」

エルフ「でも?!」

勇者「こちらには貴女がいます。万が一、魔法戦になっても引けは取らないでしょう」

エルフ「……ボクを信じていいの?本気で戦わないかもしれないのに」

勇者「裏切るならここで裏切ってください。戦いの最中に裏切られては死ぬのが僕だけで済まなくなりますから」

エルフ「なにいって……」

勇者「ここで里に帰るというなら僕は止めません。貴女も魔族です。蔑まされているとはいえ同族と争うのは嫌でしょうし」

389 : VIPに... - 2012/06/16 01:08:06.42 6zpDwEe9o 255/742

僧侶「勇者様!!」

魔法使い「馬鹿なの?!ここでこの子が抜けたら……!!」

勇者「魔封じの腕輪を頂いただけでも感涙モノです」

エルフ「え……」

勇者「貴女のおかげでこの先の旅がかなり楽になりました。ありがとうございます」

エルフ「ここで抜けてもいいの?」

勇者「はい」

エルフ「ど、どうせ抜けたら……里のことを……」

勇者「言うわけないじゃないですか。その代わり、魔王を倒した後に迎えにあがりますので」

エルフ「ど、どうして?!」

勇者「貴女を側室にするためにですよ」

エルフ「はっ。強引に連れ出したと思えば、もう帰ってもいいって?かなり無茶苦茶だと思うけど?」

勇者「あの里にいては、どなたも微々たる協力もしてくれなったじゃないですかぁ?!」

エルフ「そういう戒律が―――もしかして……貴方……ボクを外に連れ出したのは……」

勇者「旅を共にして貴女を僕に惚れさせるためですよ?なに深読みしているでござるかね?」

391 : VIPに... - 2012/06/16 01:15:38.48 6zpDwEe9o 256/742

エルフ(言ってることがおかしいって、分かってるの……?)

勇者「とにかく急ぎましょう」

魔法使い「待って!!本当にいいの?!」

勇者「構いません。無理強いなんてできませんから」

魔法使い「脅して連れ出しておいてよく言えるわね?!」

勇者「えーい!!僕について来い!!可愛い側室ちゃんたち!!」

僧侶「はーい♪」テテテッ

魔法使い「だれが側室よ!!!」

エルフ「あ……」

魔法使い「どうするの?」

エルフ「ボクは……」

魔法使い「アイツは私たちにも帰っていいって言ってくれたことがあるわ」

エルフ「そうなんだ」

魔法使い「エルフの里のことはきっと言わないと思うわ。口外して貴女が攫われたら側室にできないとか考えてそうだもの」

エルフ「……やっぱり、彼は卑怯だ」

392 : VIPに... - 2012/06/16 01:22:27.31 6zpDwEe9o 257/742

―――フィールド

勇者「いいのですか?」

エルフ「同胞を売り物にしているなら、許せないよ」

勇者「なるほど。つまり、僕の側室になる決心をしたということでよろしいですね?」

エルフ「違うけど」

勇者「ちがうのー?!」

魔法使い「当たり前でしょう?」

勇者「全く……!!なんで近頃の女子はこうも防御力が高いのか!!!けしからん!!!」

僧侶「ごめんなさい……勇者様……」

勇者「いえいえ。貴女ぐらいの守備力ならいいのですが、ふふふ」

僧侶「え?でも、防御が弱いのは……勇者様にとっては足手まといでは……」

勇者「何をいいますやら。いいですか?貴女から許可が出て夜這いするとき、守りが薄いほうがいいですよ、はい」

魔法使い「―――良かったの?」

エルフ「同胞は放っておけないし……それに彼はやっぱり色々隠してるから……それが少し気になって……」

魔法使い「……?」

394 : VIPに... - 2012/06/16 01:37:02.98 6zpDwEe9o 258/742

―――魔道士の塔 最上階

魔道士「あっひゃっひゃっっひゃっひゃ~!!今日も良質なニンゲンのメスが手に入ったぞぉ!!!」

ドラゴン「―――久しぶりだな」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃ!!これはこれは!!今日はどのような件で?先日、魔王様に納品したばかりですが」

ドラゴン「勇者一行がこちらに向かっているようだ」

魔道士「おぉ!!噂の魔王様が注目しているという?」

ドラゴン「そうだ。油断はしないようにな」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃ。油断?この私には魔法は通じません。―――この魔抗石で作った鎧がある限りは」

ドラゴン「魔法が通じないだけだろう?勇者は剣術にも秀でているのだぞ?」

魔道士「剣術?!あっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!物理的な攻撃こそ戒心する必要すらないですよ~!!!」

ドラゴン「……」

魔道士「過去に魔法を打ち破った剣術がありましたか?!ないでしょう?!」

ドラゴン「まあいい。奴らの弱点だけでも教えておこうか」

魔道士「はぃ~」

ドラゴン(さてこちらも作戦に移るか……。魔王様も本当に慎重だ……約束された勝利にすらすぐに手をつけないとは……)

395 : VIPに... - 2012/06/16 01:42:30.29 6zpDwEe9o 259/742

―――魔道士の塔 入り口

勇者「ここか……」

僧侶「雰囲気……ありますね」

魔法使い「嫌な空気が流れてくるわね……」

エルフ「吐きそう……」

勇者「僕の口でそれを受け止めましょう」

エルフ「え?それはちょっと」

魔法使い「バカなこと言ってないで進むわよ!!!」

勇者「気を引き締めていきましょう!!」

僧侶「はいっ!!」

魔法使い「アンタが一番、気を引き締めて……お願い……」

勇者「僕は常に緊張状態ですよ?隙さえあれば、貴女達のお尻に接触したいと思っている所存であります」

魔法使い「あのね、宣言したら無理になるってわかってるの?」

勇者「戦闘中なら?」ニヤァ

魔法使い「アンタから棺桶に入れてやるからね」ニコッ

396 : VIPに... - 2012/06/16 01:48:28.64 6zpDwEe9o 260/742

―――最上階

魔道士「あっひゃっひゃっひゃっひゃ!!」

魔物「キー!!!キー!!」

魔道士「分かっているよ。勇者一行が到着したんだろう?」

ドラゴン「ほう……来たのか?」

魔道士「そこでご覧になっていますか?わたしがぁ!!勇者を消し炭にしてあげましょう!!」

ドラゴン「いや。俺も忙しい身でな。勇者はお前に任せよう」

魔道士「ははー!!―――ところで、勇者の身柄は私がジユーにしても?」

ドラゴン「好きにしろ」

魔道士「やったぁ!!あっひゃっひゃっひゃ~!!新しい素体が欲しいと思ってたところなんですよね~!!」

ドラゴン「相変わらずだな」

魔道士「私の夢は無尽蔵のエネルギーを持ち!!心をもった機械兵士の開発ですからねええ!!!」

ドラゴン「キラーマンジガ……だったか?本当にできるのか?」

魔道士「プロトタイプはお見せしたじゃないですか。あっひゃっひゃっひゃ」

ドラゴン「ふん……あの悪趣味な木偶人形か……」

398 : VIPに... - 2012/06/16 01:54:48.14 6zpDwEe9o 261/742

―――魔術師の塔 一階

勇者「魔物もいそうですね」

エルフ「居ないほうがおかしいでしょう」

僧侶「こ、こわい……」ギュッ

魔法使い「敵の本拠地って感じのところは初めてな気がするわ……」

僧侶「は、はい……」ギュゥゥゥ

魔法使い「あの……歩きにくいけど……」

僧侶「うぅ……」ギュゥゥ

魔法使い「まあ、いいわ」

勇者「ここには拉致された人もいるんですよね?」

エルフ「そうか……どうする?先に捕まっている人たちを探す?」

勇者「いえ。あくまでもボスの打倒が最優先です。監禁されている人たちはボスを倒してからにしましょう。途中で発見しても足手まといになりますから」

魔法使い「そうね。助けるならボスを先に叩いたほうがいいわね」

僧侶「では……どうしましょう?」

勇者「ボスはきっと最上階にいますね。僕がボスだったら確実に最上階で側室たちとランデブーですし」

399 : VIPに... - 2012/06/16 01:58:23.92 6zpDwEe9o 262/742

―――魔道士の塔 三階

魔物「キー!!!」バサッバサッ

勇者「とうっ!!!」ザンッ

エルフ「燃えろぉ!!!」ゴォォォ

魔物「ギャァァァ―――!!!」

勇者「愛の勝利!!」

エルフ「違う」

魔法使い「……」

僧侶「やりましたね」パチパチ

勇者「ふっ」

エルフ「ボクのおかげだけど」

勇者「その通りです!!貴女がいて良かった!!うん!!」

エルフ「簡単に認めて……プライドもないの?」

魔法使い「ほら、早く次の階に行きましょう」

勇者「はっ」

400 : VIPに... - 2012/06/16 02:02:26.08 6zpDwEe9o 263/742

―――魔道士の塔 四階

僧侶「勇者様!!」

勇者「なんですか?抱かせてくれるのですか?」

僧侶「怪我してませんよね?抱く必要はないかと」

勇者「え……」

僧侶「ここに扉があります」

魔法使い「怪しいわね」

エルフ「一応、中を確認しておくほうがいいと思う。監禁されている人もいるかもしれないし」

勇者「そうですね。肉奴隷化した少女が居たらお持ち帰りしないと」

魔法使い「……早く、開けて」

勇者「はい」グッ

ギィィィ……

僧侶「……!?」

エルフ「え……?!な、なに……あの……子……?!」

勇者「は、は、裸の少女が変な水槽にはいってるぅぅぅぅ!!!!」

401 : VIPに... - 2012/06/16 02:07:45.27 6zpDwEe9o 264/742

魔法使い「なに……これ……?」

エルフ「……キラー……マジンガ……?」

勇者「なんだー!?これー?!すっげー!!!えー!!!裸だぁ!!!」

魔法使い「うるさい!!外に出てて!!」ゲシッ

勇者「あうっ?!そんな!!僕にだって目の保養を―――」

バタンッ

魔法使い「で、この子は?」

エルフ「感じからして……普通の人間じゃないと思うけど……」

僧侶「キラーマジンガって名前からするに、機械っぽいですよね」

魔法使い「そうね」

エルフ「もしかしてここのボスが作ったもの……?こんな技術をもっているなら……ボクたちに勝ち目は……」

魔法使い「エルフ族の精製技術より数段上ね……」

僧侶「とんでもない魔法具を身につけているのでは?」

エルフ「……」

魔法使い「トロルや魔人よりも強敵であることは間違いないわね」

403 : VIPに... - 2012/06/16 02:14:41.35 6zpDwEe9o 265/742

ギィィ……

魔法使い「お待たせ、行きましょう」

勇者「で、あの水槽に入っていた少女は?」

エルフ「ここのボスが作った機械兵士だと思うけど」

勇者「なるほど。では、起動させましょう」

魔法使い「どうして?」

勇者「即!戦!力!じゃないですか。何言ってるんです?」

僧侶「そうですね。ここのボスさんもかなりの強敵なら、戦力は多いほうがいいですよね」

勇者「んだ!」

魔法使い「あんた―――」

エルフ「駄目」

勇者「どうしてですか?」

エルフ「もし製造した者の指示にしか従わないようになっていたら、恐ろしい難敵を目覚めさせることになる。起動させるにしてもちゃんと調べてからじゃないと危険すぎるよ」

勇者「む……。確かにそうですね。あのような可憐な少女とは刃を交えたくありませんし」

魔法使い「はぁ……。あんた……ちゃんと後先考えてよね……ホント……」

404 : VIPに... - 2012/06/16 02:21:18.16 6zpDwEe9o 266/742

勇者「では、後ほど迎えにくるということで」

魔法使い「え?どうして?」

勇者「側室候補だからだよぉ!!いい加減、わかれよぉ!!」

魔法使い「ちょっと!!人間じゃないのよ?!」

勇者「それが何か?」

魔法使い「は……!?」

エルフ「見たところ生殖器とか実装されていなさそうだったけど……」

勇者「んなもんいらねえよ!!可愛ければいいじゃん!」

魔法使い「もう突っ込みきれないわ……」

僧侶「流石は勇者様です。差別も区別もしないなんて……」

勇者「はい。人間や魔族や機械兵士。皆、この星に生まれたのなら家族みたいなものです!!愛する者を細分するなんてできませんよぉ!!!」

エルフ「カッコいいのかどうかよくわからないけど……」

魔法使い「前半の本音が無ければカッコいいわね」

エルフ「ふーん」

勇者「僕の側室も多種多様になってきましたね!!いやぁ!!めでたいのぉ!!」

407 : VIPに... - 2012/06/16 02:28:09.91 6zpDwEe9o 267/742

―――最上階

魔道士「あっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!次はぁ……お前にしようか!!!」グイッ

女性「んー?!?!?」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!さぁ!!!搾り取ってあげましょうかぁ!!!!」

女性「んぅぅぅううう!!!!!」

魔道士「―――ふふふ。中々じゃないですかぁ……くくく……」

魔物「キー!!!キー!!!!」

魔道士「え?勇者一行が?使えない部下ばかりで困るよ、全くぅ」

魔物「キー……」

魔道士「いいでしょう。この私が直々に相手をしてあげますよぉ!!!あっひゃっひゃっひゃ!!!」

魔物「キー!!!キー!!!!」

魔道士「ああ、そこのゴミはいつものようにニンゲンに売りますから、ゴミ箱にでも入れておいてくださいねえ」

魔物「キー!」グイッ

女性「ぁ……ぉ……」ピクッピクッ

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!行きましょうか!!!!」

408 : VIPに... - 2012/06/16 02:34:11.88 6zpDwEe9o 268/742

―――最上階 大扉

勇者「階段はありましたか?」

魔法使い「こっちには無かったわ」

エルフ「ここが最上階じゃないかな?」

僧侶「そうだといいですね」

勇者「じゃあ、あとはこの扉の先だけですか」

魔法使い「早く行きましょう。また被害者が出る前にボスってやつを叩かないと」

勇者「そうですね。どうやら、僕たちのことを警戒しているようですし」

エルフ(本気で警戒しているなら魔法に対しての備えは万全と見るべきかな……)

勇者「開けますよ」

ギィィィ……

勇者「む……?」

魔道士「ついにきましたね。勇者ご一行様……」

勇者「貴方は?」

魔道士「この塔に住まうしがない魔道士ですよ。あっひゃっひゃっひゃ」

409 : VIPに... - 2012/06/16 02:40:03.97 6zpDwEe9o 269/742

エルフ「魔道士……!?」

魔道士「おんやぁ?その人は……エルフ族ですかぁ?」

魔法使い「だったら、なによ?」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!これはいい!!!流石は勇者様ぁ!!!感謝の極みですよぉ!!!」

勇者「なに?まさか魔族に僕の魅力が分かる人がいるなんて」

魔道士「私に手土産を持ってきてくれるとはぁ!!あっひゃっひゃっひゃ!!!いやぁ!!!うれしいですよぉ!!!」

僧侶「手土産って……」

魔道士「私にエルフを譲ってくれるのですねぇ?」

勇者「……あ?」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃ!!素晴らしい!!最近はエルフの入荷が少なくて困っていたんですよぉ!!」

エルフ「貴方はエルフを使ってなに―――」

勇者「はははは。ご冗談が過ぎますよ?」

魔道士「なにがでしょうか?」

勇者「僕から側室候補を奪おうとするとはいい度胸ですね。―――五体満足では帰しませんよ?」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃ。なるほど!!エルフに手を出す人間がここにもいたのですねえ!!では、私のゴミ箱から好きなだけ持っていってくださいな!!」

410 : VIPに... - 2012/06/16 02:45:32.56 6zpDwEe9o 270/742

僧侶「ゴミ箱ってなんですか?」

魔道士「そのエルフを譲ってくれるのなら!!今、余っている4人のエルフをあげます!!」

勇者「オンナ?!」

魔道士「もちろん」

勇者「むむむむ……!!!」

魔法使い「アンタねえ!?」

エルフ「ボクだから良いって言ってじゃないか?!」

勇者「そうですよ?」

エルフ「だったら、なんで悩むのさ!!」

勇者「いやぁ。こいつを倒せば一気に側室候補が増えるなあっと思って。増えると、ほら部屋割りとか悩んでしまうじゃないですか」

エルフ「そ、そういうこと……」

魔法使い「……」ジーッ

エルフ「え?あ……!!いや、今のは言葉の綾で!!!」アセアセ

僧侶「ふふ……」

エルフ「わ、笑うな!!」

411 : VIPに... - 2012/06/16 02:52:36.41 6zpDwEe9o 271/742

魔道士「おやおや……。今、とんでもないことを言いましたねえ」

勇者「エルフだけで側室が5人も埋まっちゃうなんて、これは新手のハーレムですね。ええ」

魔法使い「会話になってないわよ?」

魔道士「私を……倒すといいました?」

勇者「はい。倒して、4人のエルフをゲッチュです」

魔道士「あひゃ……あひゃひゃ……」

僧侶「そ、それよりゴミ箱って……」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!」

魔法使い「な、なにこいつ……」

エルフ「魔道に生きる魔物は大体こうなの。研究のこと以外は毛ほども興味を持たない」

僧侶「頭がおかしいってことですか……?」

勇者「……」

魔道士「いやぁ、勇者様。エルフを譲ってくれるなら、生きたまま素体にしてあげようと思いましたが、戦うというのなら死体を素体にしましょう」

魔道士「まぁ、私としては意思を持たない死体のほうがいいんですけどねぇ!!!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

勇者「僕の体でエッチな妄想をする奴を初めてみた!!不快だ!!!」

412 : VIPに... - 2012/06/16 02:57:59.35 6zpDwEe9o 272/742

魔道士「研究の続きがしたいので!!一気に終わりにしますよぉぉぉ!!!!!」

エルフ「まずい!!下がって!!!」バッ

勇者「え―――」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」ゴォォォォ

エルフ「ふっ!!!」キュィィン

魔道士「おぉ!!!すごい!!!私の魔法を完璧に防ぐとはぁ!!!」

エルフ「……」

魔法使い「すごいじゃない……」

僧侶「これなら戦えますね」

勇者「あの」

エルフ「なに?」

勇者「何発まで防げそうですか?」

魔法使い「やっぱり……」

エルフ「あと5発……かな……」

僧侶「そ、そんな!?」

413 : VIPに... - 2012/06/16 03:04:18.29 6zpDwEe9o 273/742

エルフ「あの桁違いの魔力を防ぐにはボクも魔力をフルに使うしかないから……」

僧侶「じゃあ、どうしたら?!」

勇者「接近すれば余裕で勝てるんですけどね」

魔法使い「扱う魔法は私たちと大して違わないわね」

勇者「では―――」

魔道士「さぁぁ!!!終わりにしまようかぁぁぁ!!!!」ゴォォォォ

エルフ「はぁぁぁ!!!」キュィィィン

魔道士「あひゃ?!いいですねえ!!!流石はエルフ!!!」

エルフ「でぁぁ!!」ダダダッ

勇者「続けー!!」ダダダッ

魔道士「ああ!!エルフを文字通り盾にして特攻ですかぁ!!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

エルフ「……っ」ダダダッ

勇者「危険ですが、お願いしますね」

魔法使い「一発ぐらいなら……きっと……」

僧侶「わ、私もサポートします」ギュゥゥ

414 : VIPに... - 2012/06/16 03:09:25.06 6zpDwEe9o 274/742

魔道士「さぁ!!いつまで耐えられますかぁ?!」ゴォォォォ

エルフ「ずぁ!!」キュィィン

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

勇者「いまだぁ!!!!」ダダッ

魔道士「おやぁ?!そこから攻撃ですかぁ?!」

勇者「はぁぁぁ!!!」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」ゴォォォォ

勇者「ふっ―――」

魔道士「貴方ならまる焦げでもいい素体に―――」

魔法使い「―――熱いわね!!」

魔道士「ほう!!なるほどぉ!!それが貴女の力!!!欠陥の特異体質ですかぁ!!!!」

勇者「―――誰が欠陥だ!!おらぁぁ!!!」ゴォッ

魔道士「ほほう!!」

勇者「俺の側室候補を愚弄するやつは許さん!!!」ザンッ

魔道士「ぎゃぁぁ―――!!!」

416 : VIPに... - 2012/06/16 03:13:10.93 6zpDwEe9o 275/742

エルフ「やった……!!」

僧侶「あの……お怪我は?!」

魔法使い「大丈夫。あんたが抱きついてくれていたからもう治ったわ」

僧侶「よかった」

勇者「……」

魔道士「……」

エルフ「さあ、捕らえられた人を―――」

勇者「待ってください!!!」ガシッ

僧侶「え?!な、なんですか?!」

魔法使い「アンタ!!またセクハラを!?」

勇者「違う!!それを貸して!!!」

僧侶「え?え?」

魔道士「―――あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!!」

エルフ「な……?!」

魔道士「私には……そのような攻撃など通用しませんよぉぉ!!!」

417 : VIPに... - 2012/06/16 03:17:20.42 6zpDwEe9o 276/742

勇者「これを奴に―――!!!」ダダダッ

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!」ゴォォォォ

勇者「うわっと!?」

魔道士「外しましたか」

勇者「遅かった……」

僧侶「どうして……今……確実に……」

魔道士「貴女たちの特異体質……おもしろいですよねぇ」

魔法使い「なんですって?」

魔道士「魔力が漏れているから常に魔法の効果を得られるなんて。早速真似をしてみましたよぉ」

エルフ「真似って……」

魔道士「そう!!傷つけばその場で即治癒!!中々どうして素晴らしい!!!」

魔法使い「よかったわね。褒められて」

僧侶「あまり嬉しくないです」

魔道士「貴女も。弱いニンゲンが最高出力で魔力を放つ方法は、貴女のような体質でなければ不可能でしょう!!神に感謝すべきでは?!」

魔法使い「それはどうも……」

418 : VIPに... - 2012/06/16 03:25:31.79 6zpDwEe9o 277/742

魔道士「まぁ、私に物理的な攻撃は通じませんよぉ」

勇者「人間の能力を流用するなんて、プライドはもってないのか?!」

魔道士「あっひゃっひゃっひゃ。面白い活用法があれば喜んで使用させていただきますよぉ。私は頭の固い魔族ではないのでぇ」

勇者「ちっ……」

魔道士「剣では魔法を破れない!!!これは自然の理ぃ!!!」

魔法使い「良いこというわ」

僧侶「勇者様も強いです……」

魔道士「さぁ!!!勇者様ぁ!!素体になっていただきましょうかぁ!!」

エルフ「素体って一体なに?」

魔道士「私の研究に使用する肉体のことですよ!!魔族ではどうしても成功しませんでしたが、最近、ニンゲンだとうまくいくことに気づきましてねえ」

勇者「え?」

エルフ「それって……もしかして……」

魔道士「無尽蔵のエネルギーを持ち!!!心まで有する機械兵士の開発ですよぉ!!!!」

勇者「あの水槽に入っていた少女か……」

魔法使い「人造人間じゃなくて……人間を改造しているってこと……?」

419 : VIPに... - 2012/06/16 03:33:15.88 6zpDwEe9o 278/742

魔道士「あっひゃっひゃっひゃっひゃ。さあ、勇者様。私の研究の礎になってもらいましょうかぁ!!!」

勇者「断る!!僕には叶えたい夢があるから!!!」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」ゴォォォ

勇者「なっ―――」

エルフ「くっ!?」キュィィン

勇者「……」

エルフ「はぁ……はぁ……策は?」

勇者「これさえ……奴につけられたら……」

エルフ「魔封じの腕輪……」

勇者「……」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!」

勇者(捨て身はもう通用しない。奴の魔法はもう防ぎきれない。どうしたら……)

僧侶「……せない……」

魔法使い「え?」

僧侶「わ、私は絶対に貴方を許しません!!!」

420 : VIPに... - 2012/06/16 03:40:00.30 6zpDwEe9o 279/742

魔道士「はい?」

僧侶「命をなんだと思っているのですか!!!」

魔法使い「ちょっと……」

魔道士「命?!そんなものぉ!!ただの材料にすぎませんねえ!!!」

僧侶「ざい……?!」

魔道士「その通り。低脳なニンゲンは知らないでしょうが、命とは最も逞しいエネルギーのですよぉ」

魔道士「虫にも獣でもニンゲンでも、そのエネルギー量に違いはない!!どの種も平等な量を持っている!!素晴らしいエネルギーだ!!!」

勇者「何を言っているんだ……?」

僧侶「……っ」ギリッ

魔道士「ですが、そのエネルギーも有限。生きているだけで消費していってしまう。生きるためにそのエネルギーは無くなっていく!!回復もしない!!!」

魔道士「なら、そのエネルギーを無限にしてやろうじゃないですかぁ!!!この私がぁ!!!!」

エルフ「そんなことできるわけ……」

魔道士「できますねえ!!!ニンゲンのエネルギーを吸収し続ければいいだけの話ですし!!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

魔法使い「無限のエネルギーって……」

魔道士「この世界にニンゲンは腐るほどいる!!その有り余るエネルギーを有効活用してやろうというのですよぉ!!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

421 : VIPに... - 2012/06/16 03:51:21.75 6zpDwEe9o 280/742

僧侶「なんて……ことを……!!!」

エルフ「それはエルフからも……?」

魔道士「エルフは特別ですよ。エルフ族は命の他にも魔力というエネルギーもあるのでね」

魔法使い「同じ魔族もそうやって材料として考えるのね」

魔道士「エルフは魔族にあって、魔族に非ず。ニンゲンに尻尾を振って生きてきた売春婦な種族!!!」

勇者「……」

魔道士「そのような種族を生かしておくことなど、魔族の恥です。でも、そのまま虐殺するのも勿体無い話。ならば―――」

エルフ「全てを吸い上げ……機械兵士の燃料にする……」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!貴方たちも本望でしょう?!魔族の役に立ってて!!!」

勇者「貴様も人間に媚売って、そのエネルギーを得ているんだろう?」

魔道士「媚を売ってくるのはニンゲンの方ですが?―――金さえあれば言う事を聞いてくれる有能なアリだ」

僧侶「……!」

魔道士「しかも、人形にも劣る抜け殻のニンゲンを大金出して欲しがる者までいる始末!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

魔法使い「人間を操る為に商売をしていたってわけね……」

魔道士「この国はぁ!!私にとって養鶏場そのもの!!!ニンゲンがニンゲンを産み、そして育み!!私がその命を喰らうサイクル!!!あっひゃっひゃ!!サイコー!!」

422 : VIPに... - 2012/06/16 03:57:15.45 6zpDwEe9o 281/742

勇者「ゴミ箱というは……命を吸い上げた人間と入れておく場所のことか」

魔道士「ええ!!そうですとも!!」

僧侶「……っ」

魔道士「命のないニンゲンは金に替えるだけの道具。私からすればゴミです」

魔法使い「……」

エルフ「取り消せ!!」

魔道士「これはこれは卑しいエルフですね。やはりニンゲンが恋しいですか?」

エルフ「貴様と同族であることをボクは恥じる!!!」

魔道士「同意しますよ!!私もエルフと同じ魔族であることを恥ずかしく思います!!!」

エルフ「おのれ……!!」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃ!!!さあ!!!どうしますかぁ!?さぁ!!さぁ!!!!」

魔道士「勇者様には素体になってもらうとしてぇ……。エルフは勿論、他の二人も上質なエネルギーは採れそうですねえ!!!」

僧侶「やめ……ろ……」

勇者「え……?」

僧侶「だまれぇ!!!この外道!!!」

423 : VIPに... - 2012/06/16 04:03:48.65 6zpDwEe9o 282/742

魔法使い「!?」

エルフ「ひっ」ビクッ

魔道士「なんですかな?大声を出して。貴重な命を磨耗させないでくださいよ」

僧侶「生きる者を道具といい……命を材料という……」

勇者「あの……?」

僧侶「貴方の行いは……神に代わり、私が断罪します!!」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!断罪?!どうやってやるんですかぁ?!ニンゲンの分際で!!!」

僧侶「……」

魔法使い「無茶よ!!やめて!!!」

勇者(そういえば……彼女……治癒魔法以外にも……)

魔道士「まずは貴女の命からぁ!!!!」ゴォォォ

僧侶「―――風よっ!!!!」

―――ゴォッ!!!

魔道士「ほほう!!!私の魔法が掻き消えた!!!すばらしい!!」

魔法使い「風の魔法……!!あんた!!そんな魔法使ったら!!!」

424 : VIPに... - 2012/06/16 04:10:01.63 6zpDwEe9o 283/742

僧侶「はぁぁぁぁぁ……!!!!!」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!さあ!!!何発耐えられます―――」

―――ビッ!

魔道士「え……?」

エルフ「いっ!?―――え?な、なんかこっちまで風の攻撃が……」

勇者「まずい!!彼女は魔法を止められない!!」

魔法使い「退避!!退避ー!!!」

エルフ「説明してよ!!!」

―――ズバッ!!

魔道士「がっ?!―――あっひゃっひゃっひゃ!!!なるほどぉ!!!発動した魔法は止めることができない!!!なるほどぉ!!!」

僧侶「……」

魔道士「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」ゴォォォォ

僧侶「……」パンッ

魔道士「私の魔法が消える!!駄目だ!!!すごい!!貴女はすごい!!!普通のニンゲンならそんな魔力を放出し続けることなど不可能!!」

魔道士「貴女の特異体質が生み出した奇跡!!!あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!」

425 : VIPに... - 2012/06/16 04:17:47.84 6zpDwEe9o 284/742

僧侶「消えなさい……」

魔道士「貴女のようなニンゲンを作れば!!!そうだ!!!新しいキラーマジンガは貴女のような体質に―――」

僧侶「消えろ!!外道ぉ!!!」ヒュン!

魔道士「おぉ―――あ……?ひゃひゃ……ゃ……ぎゃ……」

僧侶「はぁ……はぁ……はぁ……はぁ……」

魔法使い「お……収まった……?」

勇者「大丈夫ですか!!!」ダダダッ

僧侶「ぅ……ぁ……」ガクッ

勇者「おっと」

エルフ「すごい……壁やら床、天井まで傷だらけに……」

魔法使い「今まで治癒にしか魔力を使えなかったけど、あの腕輪のおかげで温存できるようになったから」

エルフ「普段、優しい人って溜め込むってきいたことあるけど……。その典型?」

魔法使い「私も彼女が本気で怒ったところ初めてみたわ……」

勇者「これは……怒りのツボを押さえておかないと……将来の側室勢力図が一変するかもしれませんね……」

僧侶「すぅ……すぅ……」

426 : VIPに... - 2012/06/16 04:31:36.55 6zpDwEe9o 285/742

勇者「では、僕は拉致監禁されている人たちを助けにいきます!!!」

魔法使い「私を行くわ。アンタだけだと何をするかわからないし」

勇者「ですから、僕はちゃんと段階を踏んだ末にラブチュッチュするのであってですね―――」

魔法使い「わかったわよぉ!!」

エルフ「……」

僧侶「すぅ……ん……すぅ……」

エルフ「でも……どうしてあの魔道士に魔法が……?」

エルフ「魔法具を賊に配るぐらいなら、自分でも装備するはず……」

エルフ「うーん……」

エルフ「もしかして……魔法具では止められないほどの魔力を……?」

僧侶「ゆう……しゃ……さまぁ……」

エルフ「……!」ゾクッ

エルフ「人間も千差万別か……」

エルフ「敵に回したくないな……こんな人間……」

僧侶「うふふ……すぅ……すぅ……」

427 : VIPに... - 2012/06/16 04:34:58.94 6zpDwEe9o 286/742

―――牢獄

勇者「誰かいますかぁ!!!」

魔法使い「見て!!」

勇者「裸?!」

女性「ぉ……ぉ……」

勇者「だ、大丈夫ですか!?」

女エルフ「……」

魔法使い「しっかりして!!」

男性「……」

勇者「息のない人もいますね。買い手がつかなかったのか……それとも衰弱しきってしまったのか」

魔法使い「とにかく助けないと」

勇者「そうですね」

「うぅ……ぐすっ……うぇ……」

勇者「ん?」

少女「うぅ……たすけて……だれかぁ……うぅぅ……」

428 : VIPに... - 2012/06/16 04:41:09.17 6zpDwEe9o 287/742

―――広間

エルフ「ふぅー……」パァァァ

魔法使い「どう?」

エルフ「はぁ……みなさん命そのものを吸い上げられているから……手の施しようがないね」

魔法使い「治らないってこと?」

エルフ「端的に言えば、全く老化せずに老衰死するようなものだから」

魔法使い「そんな……」

エルフ「……」

勇者「君、大丈夫か?」

少女「うぅぅ……うぇぇぇん……ママぁ……パパぁ……!!」

勇者「困ったなぁ……。これは一緒にお風呂か……?」

魔法使い「何言ってるのよ?!」

勇者「しかし、裸の付き合いも必要ですよ」

魔法使い「その子は元気があるから後回し!!それよりもこっちの衰弱している人たちを助ける方法を考えて!!!」

勇者「そんなのキラーマジンガを起動させて、エネルギーをその人たちに返せばいいのでは?」

429 : VIPに... - 2012/06/16 04:46:36.42 6zpDwEe9o 288/742

エルフ「そうか。エネルギーの在り処はそこしか考えられない」

魔法使い「でも……」

勇者「さぁー!!キラちゃんを僕のキッスで!!!」

魔法使い「なんか……敗北感が……」

エルフ「人を助けるためにはそれなりの犠牲も必要だから」

勇者「では、キラちゃんを救出に行きましょう!!!」

魔法使い「じゃあ、アンタは留守番ね。この子の傍に誰かいないと……あ、いや、結局、駄目か……それなら目の届くところに……」

エルフ「ボスがいなくなって、塔にいた魔物は逃げ出したみたいだし、ここは安全だと思う。それにできれば三人で行きたい」

魔法使い「どうして?」

エルフ「もしあの機械兵士が暴れたら、大事になるから」

魔法使い「そ、そうね……」

勇者「話は纏まりましたね。―――今行きますよ!!!眠り姫ー!!!!」

魔法使い「いい?すぐに戻ってくるから大人しくしててね?」

少女「う……うん……」

エルフ「急ごう」

430 : VIPに... - 2012/06/16 04:53:41.45 6zpDwEe9o 289/742

少女「……」

僧侶「すぅ……すぅ……」

少女「ふん……あれだけ大口を叩いたわりにはあっさりと倒されたようだな……」

少女「……」スタスタ

魔道士「」

少女「魔法は通じないのではなかったのか?」

少女「ん……?なるほど……鎧が破壊されている……。これは勇者による一撃か……」

少女「鎧の不備に気づかなかったのか……。まあ、研究だけをしていた者に戦闘など期待するだけ無駄だったか」

少女「とはいえ……」

僧侶「すぅ……すぅ……むにゃ……」

少女「この広間の惨状……強大な魔法が発動したと考えるべきか……。これでは下手に手出しができないな……」

少女「魔王様が懸念していたことが起こったか」

少女「能力の秘匿……」

少女「では、作戦をプランBに移行するか」

少女「勇者たちの力……調べ尽くしてくれる……」

443 : VIPに... - 2012/06/17 21:55:16.75 TJvh+pVro 290/742

―――キラーマジンガの部屋

勇者「やぁ。お嬢さん」

キラーマジンガ「……」

魔法使い「出て行きなさい」

勇者「おや?いいのですか?僕を追い出し彼女が暴走したとき、困るのは誰か……頭の良い貴女なら分かりますよね?」

魔法使い「……っ」

エルフ「仮にも勇者。こんな少女の裸で変な気分になったりしないでしょ?」

勇者「もちろん!!でへへ」

魔法使い「……はやくしましょう」

エルフ「うん……。じゃあ、起動させてみる。まずは水を抜いて……」ピッピッ

魔法使い「暴走しないわよね……」

勇者「僕が抱きしめてあげなければ!!」

魔法使い「おい!!」

エルフ「起動」ピッ

キラーマジンガ「―――おはようございます」

444 : VIPに... - 2012/06/17 21:59:12.01 TJvh+pVro 291/742

勇者「おお?!」

魔法使い「暴走する……?」

キラーマジンガ「……」キョロキョロ

エルフ「おはよう。気分は?」

キラーマジンガ「良好です」

勇者「ねえ」

キラーマジンガ「はい」

勇者「僕のこと覚えている?」

キラーマジンガ「検索開始……検索中……申し訳ありません。メモリーには該当するデータが残っていません」

勇者「そうか」

キラーマジンガ「貴方は?」

勇者「……パパだよ」

魔法使い「ぶっ?!」

キラーマジンガ「パパ……?父親ということですか?」

勇者「そうだよ」

445 : VIPに... - 2012/06/17 22:05:00.41 TJvh+pVro 292/742

エルフ「とりあえずこの服をきて。ボクのだけど」

キラーマジンガ「ありがとうございます」

魔法使い「ちょっと!!なに言ってるのよ?!」

勇者「まあまあ。僕に任せてください」

魔法使い「任せてくださいって……」

勇者「娘よ」

キラーマジンガ「はい」

勇者「僕と一緒に来るかい?」

キラーマジンガ「お言葉ですが、自分の父親に当たる人物はこの塔の管理者です。貴方ではありません」

勇者「そう思いこまされているんだよ」

キラーマジンガ「どういうことですか?」

勇者「君は僕と……この人の間に生まれた人間の女の子だ!!!」

魔法使い「なぁぁ?!なんで私があ、あんたなんかとぉ!!!」

キラーマジンガ「証明する物の提示を要請します」

勇者「どうしてわかってくれないんだぁ!!!娘よぉぉ!!!」ギュゥゥ

446 : VIPに... - 2012/06/17 22:34:33.38 TJvh+pVro 293/742

キラーマジンガ「そういわれましても。私のメモリーにない人物ですので、警戒させていただきます」

勇者「証明する物は生憎とない」

キラーマジンガ「では貴方の命令に従うことはできません」

勇者「……」

エルフ「機械だから何言っても無駄だって」

魔法使い「側室じゃなくて娘にするってどういう了見なのよ?!」

勇者「じゃあ、君が父親だと思い込んでいる人物が既に亡くなっているとしたらどうする?」

キラーマジンガ「その場合は新たなマスターを選出しなければなりません」

エルフ「君はどういう目的で作られたか分かっている?」

キラーマジンガ「来るべき戦いのためです」

魔法使い「戦い?」

キラーマジンガ「はい」

エルフ「それって……誰と誰の?いや、どことどこのって言ったほうがいい?」

キラーマジンガ「そこまではデータとして残されておりません」

魔法使い「人間を滅ぼすためとか?」

448 : VIPに... - 2012/06/17 22:50:06.91 TJvh+pVro 294/742

エルフ「それはないと思う」

魔法使い「どうして?あの魔道士が作ったっていうなら」

勇者「彼女は人間の命をエネルギーにしているのですから、滅ぼしては本末転倒でしょう」

魔法使い「あ……」

エルフ「あの魔道士が目指していたのは無尽蔵のエネルギーを内臓し、心まで有する機械兵士の開発。ただそれだけ」

魔法使い「心ね」

キラーマジンガ「なにか?」

勇者「心を持たせるってところが中々興味深いですよね」

エルフ「あのマッドサイエンティストが心を作ろうとしていた……。来るべき戦い……」

勇者「あの」

キラーマジンガ「はい」

勇者「君のことはキラちゃんって呼んでもいい?」

キラーマジンガ「私の名はキラーマジンガ。その呼称は登録されていません」

勇者「ちっ」

エルフ「もう少し何かないか調べてみよう。このままじゃエネルギーの抽出方法も分からないし」

449 : VIPに... - 2012/06/17 23:09:25.52 TJvh+pVro 295/742

魔法使い「何かって言われても」ゴソゴソ

エルフ「取扱書とか手記とか……そういう類を……」ゴソゴソ

勇者「年齢は?」

キラーマジンガ「製造されてから六ヶ月になります」

勇者「生後六ヶ月か」

キラーマジンガ「ところで、貴方は私の父親なのですか?」

勇者「気になる?」

キラーマジンガ「データに無い以上、貴方は信頼に値する人物ではありません。ですが、肉親であるというのなら戦闘は回避したいので」

勇者「へえ……」

キラーマジンガ「彼女は私の母親なのですか?」

勇者「うんうん」

魔法使い「違うわよ!!!」

キラーマジンガ「否定されました」

勇者「照れ屋なんだ。はっはっはっはっは」

キラーマジンガ「親であることを告げることは羞恥心を煽ることに繋がるのですか?」

450 : VIPに... - 2012/06/17 23:16:52.64 TJvh+pVro 296/742

勇者「なるよ」

キラーマジンガ「分かりました」

勇者「え?」

キラーマジンガ「……インプット完了しました」

勇者「なにしたんだ?」

キラーマジンガ「私は人の感情、心の揺らぎを学んでいくように設定されています」

勇者「なるほど。今のも人間の感情として記憶したんだ」

キラーマジンガ「はい」

勇者「大変だね」

キラーマジンガ「それが私に与えられたことですので」

勇者「でも、感情ってさ十人十色だから同じ状況でも答えが違ってくるものだよ?」

キラーマジンガ「それは承知しております。なので同じ状況を何度か経験し、感情の平均化を常に図っています」

勇者「じゃあ、恋愛の感情って平均化されてるの?」

キラーマジンガ「恋愛……愛情に関する感情であればいくつかは」

勇者「ほう……。いいね。じゃあ、ちょっと試そうか」

459 : VIPに... - 2012/06/18 19:58:01.72 6jHxUJYMo 297/742

魔法使い「何やってるのアイツは……」

エルフ「変に暴れないだけマシかな」

魔法使い「ん……?これは?」

勇者「―――まった?」

キラーマジンガ「今来たところです」

勇者「そっか、よかった」

キラーマジンガ「今日はどこにいくのですか?」

勇者「そうだな……実は今さ、両親が旅行で留守なんだ」

キラーマジンガ「本当ですか?それって……」

勇者「ああ。朝まで二人っきりになれるよ?」

キラーマジンガ「でも……私は……」

勇者「いいだろ?もう恋人になってから3ヶ月だ。そろそろ次の愛を確かめようぜ?」

キラーマジンガ「……優しく……してください……」

勇者「それはできない。だって、君が……美しいから」キリッ

キラーマジンガ「もう……めちゃくちゃにして……」ウットリ

460 : VIPに... - 2012/06/18 20:03:39.53 6jHxUJYMo 298/742

エルフ「これは……あの魔道士の日記?」

魔法使い「読んでみましょう」

エルフ「うん」ペラッ

勇者「―――何か飲む?」

キラーマジンガ「何でもいいです」

勇者「そうか……じゃあ……」

キラーマジンガ「待ってください。それはまだ早いです」

勇者「どうして?なんでもいいって言ったじゃないか」

キラーマジンガ「だって……それは大人の飲み物……」

勇者「君は十分、大人だよ。ほら、口をあけて」

キラーマジンガ「や、やめてください」

勇者「ここには僕たち以外だれもいない。叫んだって無駄だ」

キラーマジンガ「や……やぁ……」

勇者「さあ……口を開けろぉ!!」ガバッ

キラーマジンガ「だ、だめです!!お酒は二十歳になってからぁ!」

461 : VIPに... - 2012/06/18 20:09:10.62 6jHxUJYMo 299/742

勇者「関係あるかよぉ!!おらぁ!!!酒だ!!酒をだせ!!」

キラーマジンガ「あなた!もう家にはお酒を買うだけのお金はないです!!」

勇者「だまれ!!」バシッ

キラーマジンガ「あぁん!」

勇者「てめえは俺の言うことだけを聞いていればいいんだよ!!」

キラーマジンガ「そんな……昔のあなたに戻って……」ウルウル

勇者「酒!!いいから酒もってこいよ!!」

キラーマジンガ「―――もう我慢できません。私は実家に帰らせていただきます」

勇者「え……お、おい……嘘だろ……?はは……悪い冗談は……」

キラーマジンガ「さよなら……」タタタッ

勇者「まってくれ!!俺が悪かった!!!まってくれぇぇぇぇ!!!!!」

エルフ「―――なるほど。要は治癒魔法と同じようにしたら、生命エネルギーの還元ができるみたいだ」

魔法使い「魔法を使うようにって、あの子の協力が大前提なのね」

エルフ「そういうことになるかな。でも、元のマスターはもういないし、あの子がボクたちの中から誰か一人をマスターとして選んでくれたら」

魔法使い「はぁ……それしかないわね」

462 : VIPに... - 2012/06/18 20:13:39.46 6jHxUJYMo 300/742

キラーマジンガ「どうでしたか?」

勇者「すごいな。すごすぎるよ」

キラーマジンガ「いえ」

勇者「でも、まだまだだ」

キラーマジンガ「どういうことでしょうか?」

勇者「最後の別れのシーンだけど、あれは酷いよ」

キラーマジンガ「そんなバカな……」

勇者「いいか?あそこは―――」

魔法使い「はい。御飯事はやめて」

勇者「何か分かりましたか?」

エルフ「うん。―――あの」

キラーマジンガ「なんでしょうか?」

エルフ「お願いしたいことがあるんだけど」

キラーマジンガ「マスター以外の命令を聞くことは許可されていません」

魔法使い「よく聞いて……貴女のマスターは、死んだわ。もういないの」

463 : VIPに... - 2012/06/18 20:23:07.62 6jHxUJYMo 301/742

キラーマジンガ「そうなのですか?」

勇者「ああ。君のマスターは酷い奴だった」

キラーマジンガ「そうですか」

魔法使い「だから……」

キラーマジンガ「マスターのご遺体は?」

エルフ「上階にあるけど」

キラーマジンガ「案内してもらえますか?」

勇者「どうする気だ?」

キラーマジンガ「マスターが没した場合、ご遺体を埋葬するように言われております」

魔法使い「そうなの」

エルフ「結構、律儀なマスターだったんだ」

キラーマジンガ「行きましょう」

勇者「こっちだ」

魔法使い「いいの?もしかしたらマスターの死体を見たときに怒り狂って……」

勇者「大丈夫ですよ。僕を信じてください」

464 : VIPに... - 2012/06/18 20:27:51.53 6jHxUJYMo 302/742

―――最上階

少女「……あ」

勇者「お待たせ。何かあったか?」

少女「ううん……」

キラーマジンガ「マスター……」スタスタ

エルフ「……」

キラーマジンガ「埋葬を開始します」

魔法使い「どうするの?」

キラーマジンガ「マスターの自室に棺桶があるはずです。それを持ってきます」

勇者「手伝おうか?」

キラーマジンガ「いいえ。私一人で大丈夫です」

勇者「そう」

キラーマジンガ「お心遣い、感謝いたします」

エルフ「衰弱した人の様子は?」

魔法使い「さっきより弱ってるみたいね。急がないと……」

465 : VIPに... - 2012/06/18 20:34:41.59 6jHxUJYMo 303/742

キラーマジンガ「……」サッサッ

勇者「もしもし?」ペチペチ

僧侶「うぅん……」

勇者「やはり深い眠りについているようですね」

魔法使い「全魔力大放出だもの」

勇者「しばらく寝ていてもらうほうがいいですね」

エルフ「んー……」

魔法使い「なに?」

エルフ「貴女もかなりの魔力を放出できるのに、彼女のようにはできないの?」

魔法使い「あの子は魔法を止められない。私は魔法が飛ばせない。そういう違いがあるの」

勇者「でもドラゴンの炎も防いだんですよ」

エルフ「それはすごいね。人間でそんな芸当ができるのは大魔導士ぐらいだと思ってたのに」

魔法使い「でも、あれは向こうも本気じゃなかったでしょうし」

勇者「いえいえ。もうドラゴンの炎なんか余裕で霧散にしていたではないですか」

少女「……」

468 : VIPに... - 2012/06/18 21:59:15.51 6jHxUJYMo 304/742

魔法使い「でも、何度も通用はしないわ。あれ一回でもかなりの魔力を消費したし」

エルフ「ドラゴン……。いつかは戦うときが来る……」

勇者「大丈夫ですよ。こちらには絶世の美女であり閨秀魔法使いと、容姿端麗・艶麗のエルフがいるのです」

魔法使い「はぁ……舌がよく回るわね」

エルフ「嬉しいくせに」

魔法使い「うるさいわね」

勇者「ドラゴンなんてちょちょいのちょいやで」

少女「……」

勇者「どうかした?」

少女「え!?」

勇者「怖い顔してたから。―――もう怯えてないみたいだね」

少女「そ、そんなこと……」

勇者「……」

キラーマジンガ「今から埋葬のために塔を降りたいのですが」

勇者「あ、少しまってください」

470 : VIPに... - 2012/06/18 22:07:23.62 6jHxUJYMo 305/742

キラーマジンガ「なんでしょうか?」

勇者「マスターはどうする?」

キラーマジンガ「埋葬が終了したあとに行います。新たなマスターが埋葬の中止を命じる可能性もありますので」

勇者「なるほど」

エルフ「じゃあ、この人たちも運ばないと」

キラーマジンガ「どうしてですか?」

魔法使い「この人たちは貴女にエネルギーを分けて、衰弱しているの」

キラーマジンガ「なるほど。私からこの方々にエネルギーの供給を行えというのですね?」

勇者「そういうこと。やってくれる?」

キラーマジンガ「……そうですね。あなた方の中から新たなマスターを選出しなければならないようですし、エネルギーの供給ぐらいなら」

魔法使い「本当?!」

キラーマジンガ「はい」

勇者「よかった」

魔法使い「じゃあ、パパっとやってくれる?」

キラーマジンガ「了解しました」

471 : VIPに... - 2012/06/18 22:11:29.87 6jHxUJYMo 306/742

―――魔道士の塔 入り口

キラーマジンガ「……」ザッザッ

「ありがとうございました」

魔法使い「いえいえ」

女性「なんとお礼を言っていいか」

勇者「僕の側室になってくれれば、それで」

女性「え……でも、私には……夫が……」

勇者「人妻でもオッケーです」

女性「そ、そんな……」

エルフ「いくらなんでもそれはダメでしょ?」

勇者「む。人妻の魅力を説くときがついに―――」

エルフ「来てないから」

女性「えっと……貴女は……?」

エルフ「ボクは……ただ彼と知り合い……」

勇者「未来の側室です」キリッ

472 : VIPに... - 2012/06/18 22:15:41.91 6jHxUJYMo 307/742

女性「まぁ」

エルフ「いや……」

勇者「行くあて、あるんですかねぇ?」

エルフ「……」

キラーマジンガ「埋葬、完了しました」

魔法使い「終わったのね」

キラーマジンガ「早速、マスターの選出を行いたいのですが」

勇者「パパにしておきなさい」

魔法使い「ダメよ!!こいつだけは!!」

勇者「なんですと?どこがダメなのですかね?」

魔法使い「そもそもパパじゃないでしょ?!」

勇者「義父ですよ。そういう設定です」

魔法使い「いや……」

キラーマジンガ「―――そこの人物が我がマスターに相応しいと判断します」

少女「……え?わ、私……ですか?」

473 : VIPに... - 2012/06/18 22:21:46.61 6jHxUJYMo 308/742

エルフ「ど、どうして?!」

キラーマジンガ「知力、体力、魔力。どれをとっても前マスターに引けを取らない、いえ、一部ステータスはそれを凌駕しています」

少女「そ、そんなこと……!」

魔法使い「こんな子どもが……?」

エルフ「ボクたちの中で一番優秀ということ?」

キラーマジンガ「はい」

勇者「君……」

少女「な、なんですか……!?」

勇者「すごいね」

少女「あ、いや……えへへ……」

エルフ「でも、そういう逸材を集めていたし、ありえなくもないか」

魔法使い「ねえ、えっと魔法とか使えたりするの?」

少女「少しだけ……」

勇者「それは大変だ。この歳で魔法が使えるというなら、きっと優秀な師がいるか、名家の出なのでしょう」

魔法使い「親が心配しているかもしれないわね」

474 : VIPに... - 2012/06/18 22:30:07.65 6jHxUJYMo 309/742

勇者「そうでしょうね」

魔法使い「じゃあ、とりあえず街にいってこの子の親探しをしましょうか」

勇者「ええ。それがいいでしょう」

キラーマジンガ「私のマスターになっていただけますか?」

少女「いや……」

キラーマジンガ「そんな」

勇者「いきなり言われても困惑するでしょう」

エルフ「そっか」

少女「あの……私の代わりに……」

勇者「僕が?」

少女「うん」

勇者「じゃあ、側室になってくれる?」

少女「うん……なるから……」

魔法使い「ちょっと!見境なしなの?!」

勇者「下は6歳、上は49歳までオッケーですよ?」

477 : VIPに... - 2012/06/18 22:34:45.29 6jHxUJYMo 310/742

魔法使い「幅広いわね」

勇者「勇者ですから」

キラーマジンガ「では、不本意ではありますが、貴方を代理マスターとして認証いたします」

勇者「くるしゅうない」

キラーマジンガ「では……」スッ

勇者「なんですか?」

キラーマジンガ「私の目を見てください」

勇者「はい」

キラーマジンガ「……」ジーッ

勇者「んー」

キラーマジンガ「あの……」

魔法使い「どうしてキスしようとしてるのよ?!」

エルフ「何も分からない女の子に手を出すのは勇者としてどうなの?」

勇者「おっと。そうですね。僕としたことが、あっはっはっは」

キラーマジンガ「マスター認証が終了いたしました。ただし、代理であることをお忘れなきようお願いいたします」

478 : VIPに... - 2012/06/18 22:39:30.20 6jHxUJYMo 311/742

勇者「じゃあ、僕の命令には絶対服従ということでよろしいですね?」

キラーマジンガ「はい」

勇者「そうだなぁ。まずは服を脱いでくれる?」

キラーマジンガ「はい」スルッ

勇者「あ、やっぱりいいです」

キラーマジンガ「……?」

魔法使い「……命拾いしたわね」

エルフ「……」

勇者「と、とにかく街までもどりましょう。助けた人を安全な場所に連れて行かないと」

魔法使い「賛成ね。疲れたわ」

エルフ「うん」

勇者「起きてますか?」ペシペシ

僧侶「うぅん……ゆう、しゃ……さまぁ……」

勇者「ダメか」

キラーマジンガ「マスター。私が彼女を運搬いたします」

482 : VIPに... - 2012/06/18 22:49:52.12 6jHxUJYMo 312/742

―――街 宿屋

魔法使い「はぁー!!」ドサッ

エルフ「長い1日だった……」

僧侶「すぅ……すぅ……」

勇者「全くですね」

魔法使い「なんでアンタがこっちの部屋にいるのよ」

勇者「いいではないですか」

魔法使い「よくないわよ。……で、あのキラーマジンガと女の子は?」

勇者「キラちゃんに女の子の両親、あるいは自宅の捜索をお願いしています」

エルフ「護衛も兼ねて?」

勇者「キラちゃんの正規マスターはあの子なので危害を加えることはないでしょうし、従順に付き添ってくれるはずです」

魔法使い「そうだろうけど」

勇者「僕たちは吉報を待つことにしましょう。―――さぁ、一緒に寝ましょうか?」ギュッ

エルフ「え?ボクと寝るの?」

魔法使い「おい……」

483 : VIPに... - 2012/06/18 22:58:34.60 6jHxUJYMo 313/742

―――街 住宅街

キラーマジンガ「ここでもないようですね」

少女「……ちょっといいか?」

キラーマジンガ「はい?」

少女「正規のマスターは俺なのか?」

キラーマジンガ「飽く迄も貴女がマスターです。しかし、代理マスターの認証を行いましたので直接的な命令権は貴女にありません」

少女「つまり、俺の命令は聞けないと?」

キラーマジンガ「いえ。私本体、代理マスターに不都合が起きない程度のご命令であれば従います」

少女「なるほど。お前、全員の能力値を計測したんだよな?」

キラーマジンガ「はい」

少女「各人物の長所や短所も分かるのか?」

キラーマジンガ「はい」

少女「教えてくれ」

キラーマジンガ「それはできません。不利益が生じます」

少女「ちっ……これだから木偶人形は嫌いだ。見ているだけで吐き気がする」

484 : VIPに... - 2012/06/18 23:08:58.67 6jHxUJYMo 314/742

キラーマジンガ「申し訳ありません」

少女「よし。マスター認証をする」

キラーマジンガ「よろしいのですか?」

少女「ああ」

キラーマジンガ「では……代理マスターコードを破棄。マスター認証を行います」

少女「ふふ……」

キラーマジンガ「―――認証、完了しました」

少女「勇者一行の身体情報を全て教えろ」

キラーマジンガ「了解しました」

少女「よし……これで……!!!」

キラーマジンガ「どなたからお聞きになりますか?」

少女「勇者だ。奴の弱点を教えろ」

キラーマジンガ「了解しました。―――彼の弱点は女性です」

少女「え?」

キラーマジンガ「彼は異性に近づくと緊張から体温を上昇させ、発汗しています。恐らく女性に免疫がない、あるいは何らかの精神的外傷があるものと判断します」

487 : VIPに... - 2012/06/18 23:19:07.08 6jHxUJYMo 315/742

少女「本当か……?」

キラーマジンガ「間違いありません。私と代理マスター認証をする際、目の焦点も定かではありませんでした」

少女「あの魔法を使う女は?」

キラーマジンガ「彼女の弱点は魔力の制御ができないところにあります。彼女の先天性の障害があると思われます」

キラーマジンガ「彼女の体組織では魔法の発動が困難でしょう。発動し、対象に損傷を与えるためには相対距離を無くす必要があります」

少女「あの修道女は?」

キラーマジンガ「彼女もまた魔力を制御できないところにあります。先天性の異常により、一度流れ出した魔力を自分の意思では停止することができません」

少女「なるほど。では、あのエルフは?」

キラーマジンガ「平均的なエルフ族の能力であり、秀でたものも劣っているものもありません」

少女「どういうことだ?」

キラーマジンガ「長所も短所もありません」

少女「……」

キラーマジンガ「以上です」

少女「……そ、それだけか?もっとないのか?」

キラーマジンガ「ありません。各ステータスも平均的な人間と変わりがないため、弱点は言えません」

488 : VIPに... - 2012/06/18 23:25:38.17 6jHxUJYMo 316/742

少女「バカな……それだけの弱点を抱えながら……どうやって数々の魔物を……」

キラーマジンガ「……」

少女「本当に目を見張るようなところはないんだな?」

キラーマジンガ「ありません」

少女「……」

キラーマジンガ「ありません」

少女「わかった。マスターを辞退する。もう一度、奴を代理マスターとして認証しろ」

キラーマジンガ「何故でしょうか?」

少女「お前が嫌いだからだ」

キラーマジンガ「マスターのことは私、大好きです」

少女「いいから言われた通りにしろ!!」

キラーマジンガ「しかし、次のマスター登録は現マスターが亡くならない限りはできません」

少女「……こっちにこい」

キラーマジンガ「はい」

少女「本当に手間がかかるな……!!こんな奴を部下になんて死んでも御免だ……!!」

490 : VIPに... - 2012/06/18 23:30:10.60 6jHxUJYMo 317/742

―――郊外

少女「よくみておけ」

キラーマジンガ「はい」

少女「……っ」メリメリ

キラーマジンガ「……」ジーッ

ドラゴン「―――どうだ!!!」

キラーマジンガ「マスター……マスター……」オロオロ

ドラゴン「マスターは死んだ!!」

キラーマジンガ「マスター……埋葬を……」

ドラゴン「そういえば埋葬までしなければいけなかったか」

キラーマジンガ「マスターのご遺体がない……」オロオロ

ドラゴン(こいつには死んだふりも通用しないな。なら―――)

少女「―――ここだ」

キラーマジンガ「マスター!!!マスタァァ!!!生きていたのですね!!!」テテテッ

少女「……」

491 : VIPに... - 2012/06/18 23:35:27.58 6jHxUJYMo 318/742

―――宿屋

勇者「遅いですね」

エルフ「はなれて」ググッ

勇者「まあまあ」

魔法使い「でも、本当にちょっと不安ね」ギュッ

勇者「あっつ!?火傷した!?―――応急処置!!!」ムニュ

僧侶「あぁん」

魔法使い「……」

キラーマジンガ「―――遅くなりました」

少女「ごめんなさい」

勇者「キラちゃん。首尾は?」

キラーマジンガ「残念ながら、彼女の自宅はありませんでした。マスター」

勇者「そうか……」

魔法使い「残念ね」

少女(どうやら演技ぐらいはできるようだな。そのままお前は勇者をマスターだとしておけ。付き纏われては敵わない)

492 : VIPに... - 2012/06/18 23:42:12.05 6jHxUJYMo 319/742

僧侶「すぅ……すぅ……」

勇者「じゃあ……この子は……僕が保護するとして」

魔法使い「然るべき場所に預けるべきよ」

勇者「しかし!!この子はもう結婚できる!!!」

魔法使い「できないわよ!!」

勇者「まだ子どもの産める状態ではないと?そんな……そんな馬鹿な……」

少女「あの……」

エルフ「どうしたの?」

少女「わ、私のパパとママね……こことは違う街にいるの……」

勇者「本当に?」

少女「うん」

魔法使い「どこ?」

少女「海が見える街」

勇者「港町か」

エルフ「えっと……この辺で港町っていったら……」ペラッ

503 : VIPに... - 2012/06/19 22:02:01.15 S4OnmIi3o 320/742

勇者「ここしかないでしょうね」

エルフ「そこまで遠くないし、ボクたちも船に乗って次の国を目指すっていうのもアリかな」

少女「……」

魔法使い「船旅かぁ」

キラーマジンガ「前マスターが言っていました。まだ海水は危ないと」

魔法使い「錆びるの?」

キラーマジンガ「はい」

勇者「……いいのですか?」

エルフ「え?」

勇者「船旅となれば多くの人間と鮨詰めに」

エルフ「な、なんで、そんなこと……ボクは別に……」

勇者「……」

魔法使い「とにかくこの子の自宅を探すのが最優先よね?がんばりましょう」

勇者「ええ。ご両親に挨拶はしておかないといけませんしね」

少女「ありがとう……」


続き
勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」#03

記事をツイートする 記事をはてブする