1 : 以下、\... - 2015/06/16 16:53:34.34 BrNF2RTz0.net 1/20

「神?」

「そうだ」

「じゃあ、その神様がなんの用だ?」

「私がなんでもひとつだけ願いをかなえてやろう」

「はあ~」

「信じておらぬな…」

「まあ、いきなり初対面で」

「こんなぶっ飛んだ話信じろってほうが無理があるよ」

「まあ、いいではないか」

「私の気が変わらぬうちに」

「ほれ、ほれ」

元スレ
男「誰お前…」神「神だ…」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1434441214/

6 : 以下、\... - 2015/06/16 16:57:22.17 BrNF2RTz0.net 2/20

「じゃあ、三億円ください」

「いや、むりじゃ」

「はあ?」

「それは、あの神の力を超えとるし…」

「…お前、じゃあ、そうだな」

「俺に初体験させてくれよ」

7 : 以下、\... - 2015/06/16 16:59:03.88 BrNF2RTz0.net 3/20

「初体験!?」カァァァ

「そうだよ、俺まだなんだ」

「いや、しかしまだ知り合っても間もないのに」

「おいおい、なんでも願いかなえてくれるんじゃないのかよ」

「いや、わしは…」

「じゃあ、いいだろぉ」

「いやっ…」

9 : 以下、\... - 2015/06/16 17:01:28.87 BrNF2RTz0.net 4/20

「なんてな、冗談だ」

「へっ?」

「あたりまえだ…お前みたいなガキに興味はないよ」

「神のわしを愚弄するとわ…」

「ゆるさんぞ!!」

「へっ、宿無し神がなにいってやがる」

「なっ、何でそれを知っておるのじゃ」

「お前が神社で雨宿りしてただろ」

12 : 以下、\... - 2015/06/16 17:05:20.30 BrNF2RTz0.net 5/20

「で、お前宿ないのか?」

「…」

「返事くらいしろよ」

「うるさいうるさい!!」

「わしだってな、みんなに信仰されたいんじゃよ!!」

「でも、宿もなければ力もないこんなわしにどうしろというのじゃ!」

「はあ、力がないね」

「その力ってのはどうすれば戻るんだ?」

「わしを信仰する人が増えれば…」

「そうか、じゃあ、俺が手伝ってやるよ」

「なんじゃと」

「だから、お前の力戻すの、手伝いしてやるってんだよ」

「ふ、ふざけるな」

「おまえなんぞに」

17 : 以下、\... - 2015/06/16 17:14:07.47 BrNF2RTz0.net 6/20

「好意は素直にうけとるもんだぜ」

「…」

「じゃあ、お願いします」

「よし、わかった」

「じゃあ、まずなにからすればいいのかな…」

「そういえば、手伝いしてやるとか言っといて何も考えてなかった」

「そうじゃな、おぬしは何も考えておらぬような顔しとるもんな」

「うるさいな、今考え中…」

「…」

「あ、そうだ」

「みんなの役に立つことすればいいんじゃね」

「それは、いいのう」

18 : 以下、\... - 2015/06/16 17:18:03.41 BrNF2RTz0.net 7/20

「つーか、どうすれば信仰されるか、俺知らないんだけど」

「あ、それはあれじゃ、わしがほら、その…」

「なんだ」

「そのものに良いことをすればいいんじゃ」

「そうか、じゃあ、手助けいらないかもな」

「がんばれ」

「それはないじゃろ!!」

「いや、でも俺いらない気がするんだけど」

「おねがいじゃから」ウルウル

「いや、泣かれても困るんだよ…」

「そうだな、じゃあ、お前にできないことを俺が手伝えばいいわけだ」

「じゃあ、まずは」

「そこら辺、パトロールしかないな」

22 : 以下、\... - 2015/06/16 17:21:34.77 BrNF2RTz0.net 8/20

「…」トコトコ

「…」トコトコ

「ん?」

「あれは」

「やめてください」

不良「いいだろ」

不良2「いい加減、俺たちと楽しい遊びしてくれよ」

「古臭い不良ですね」

不良「なに!?」

「そんなんだから、ナンパ失敗するんですよ」

不良「うるせーぞこのクソアマ!!」

「キャアアアアア」

「キャアアって、あれどう考えても女のほうが悪いだろ」

「なに、悠長なこといっておるのじゃ、助けるぞ」

26 : 以下、\... - 2015/06/16 17:26:38.24 BrNF2RTz0.net 9/20

「ええ~俺殴られるのやだ~」

「ええい、じゃあ、わしが行く!」

「おい、不良ども」

不良「なんだ~このガキ」

「おなごが嫌がっておるじゃろ、はなしてやれ!」

不良2「あのね、君」

不良2「僕たち、とっても忙しいのだから、向こうに行ってくれるかな?」

「うるさい!おぬしたちがおなごから手を離さぬというのなら!」

不良「?」

「わしが、かわりになろう」

「なに、いってんだあのバカ」

27 : 以下、\... - 2015/06/16 17:29:54.63 BrNF2RTz0.net 10/20

不良2「ごめんね、僕たちはさすがに君には手を出せないよ」

「いまさら、怖気づいたか!」

不良2「いや、そういうことじゃなくてね…」

「わしはいつでも準備万端じゃ!!」

「おい、アホ」バシッ

「イッタイッ!」ヒリヒリ

「何をする!男!」

「あ、ごめんあんまりにもバカなこと言ってたから」

30 : 以下、\... - 2015/06/16 17:34:30.19 BrNF2RTz0.net 11/20

「なんじゃ、その元気のない謝りは!」

「それより、不良くんたちそろそろ、放したほうがいいよ」

「じゃないと、俺が相手になるよ?」

不良「はぁ?てめーみたいなやつに負けるわけねーだろ!」

31 : 以下、\... - 2015/06/16 17:38:19.56 BrNF2RTz0.net 12/20

「はぁ、ここは俺も穏便に済ませたいんだ」

「だから、さっさ帰ってください」

不良「てめぇ~女の前だからって調子に乗るなよっ!」バッ

「はぁ、なんで、すぐ殴りかかってくるんだろ」サッ

不良「なっ!?」

「よいっと」

不良「グッ」グルン

不良「グフッ」ドサッ

「はい、終了」

不良「てめぇー」

不良2「もう、いいよ帰ろうよ」

不良「ちっ、てめー覚えとけよ」

「たぶん、すぐ忘れる」

不良「うるせぇー」イラッ

「さてっと」

32 : 以下、\... - 2015/06/16 17:40:30.27 BrNF2RTz0.net 13/20

「大丈夫ですか」

「あ、ありがとうございます」

「いえ、そんな」

「きみもありがとうね」

「なに、心配するな!」

「じゃあ、ありがとうございました」

「おしとやかな人だ」

「だれかとは、違って」

「さて、次にいくか!!」

「じゃあ、次はどこいくか」

34 : 以下、\... - 2015/06/16 17:45:33.40 BrNF2RTz0.net 14/20

「フンフン~♪」

「(なんか、男がさっきと違ってテンション高いぞ)」

「あ、普段なら素通りしそうな、荷物もってるおばあちゃん」

「よし、助けるぞ」

「お、おお」

「あの、荷物持ちますよ」

おばあちゃん「ああ、ありがとうねぇ」

「いえ、これくらいたいしたことでは」

「ないぞ!」

おばあちゃん「おや、まあかわいいね兄妹かい?」

「まあ、そんなもんです」

おばあちゃん「ありがとうね」

おばあちゃん「じゃあ、これお礼にあげる」

35 : 以下、\... - 2015/06/16 17:48:33.34 BrNF2RTz0.net 15/20

「あ、ありがとうございます」

おばあちゃん「じゃあね~」

「あ、さようなら」

「のう、男」

「ん?」

「これは、なんじゃ?」

「リンゴだよ」

「リンゴ…」

「…」あむっ

「むう!すごく美味ではないか」キラキラ

「リンゴ一個でそこまで喜ぶの見たの初めてだな」

「むう、おいしいのう」

「まあ、いいや」

「じゃあ、次はどうしようかな」

37 : 以下、\... - 2015/06/16 17:52:37.48 BrNF2RTz0.net 16/20

「迷子の猫探し…」

「そうじゃ、手分けして何かしてたら」

「こんな張り紙を見つけてな」

「そのまま、直行したんじゃ」

「はあ~お前、また面倒なのを」

「この写真の猫じゃ」

「こんな、そこら中にいるような奴を手分けして探せって言うのか…」

「この首輪が特徴らしいぞ」

39 : 以下、\... - 2015/06/16 17:58:55.20 BrNF2RTz0.net 17/20

「こいつか」

「違うのう」

「じゃあ、こいつか」

「似ておるが違うのう」

「じゃあ、こいつか!」

「あ、それじゃ」

「でかしたのう、男!」

「おお、でかしたぜ、俺」

「よし、わしがちゃんと、届けてこよう」

「おお、いい所だけ取っていく奴だ」

「うるさい、わしの手伝いしておるのじゃろう?」

「まあ、そうだな」

「神、あとどれくらい信仰が必要なんだ?」

40 : 以下、\... - 2015/06/16 18:01:52.19 BrNF2RTz0.net 18/20

「けっこうたまってきてるんじゃないか?」

「そうじゃのう、もう、信仰が必要なくなるくらいにはなるのう」

「そうか、じゃあ、俺の仕事もここまでだな」

「むっ、何じゃその言い方」

「いや、まあ、俺の最後の仕事ってやつ?」

「最後?」

「俺、もう死んでんだよ」

「はっ?」

「お前とこういう契約をすることでみんなにはみえているように」

「なってんだけどな、もう必要ないみたいだから」

「俺は、消えるな」

41 : 以下、\... - 2015/06/16 18:06:16.63 BrNF2RTz0.net 19/20

「そんな、うそじゃろう?」

「いや、うそじゃないぜ?」

「ほら、もうけっこう消えかかってきてるし」

「本当だ、気づかんかった」

「だからさ、最後に俺の願い聞いてほしいんだけど」

「…なんじゃ」

「まあ、みんなに愛されようなそんな、神になってくれよな」

「…男っ」

「じゃあ、さようならだ」ヒュン

「男っ!」

「男…」ポロッ

「はっ、なんで泣いてるんじゃ」

「神たるものこんなくらい…で泣…い……て……ちゃ」ポロポロ

「男ォォォォ」ポロポロポロ

42 : 以下、\... - 2015/06/16 18:09:41.70 BrNF2RTz0.net 20/20

「(その後、わしはみんなに信仰されるよう頑張り、神社が建てられ)」

「(みんなに愛されるような神を目指して、頑張っております)」

「(男の最後の願いだから)」

「(男。頑張るぞ)」

「ああ、期待してるぜ?」


記事をツイートする 記事をはてブする