関連作品: ジョナサン 「君がディオ・ブランドーだね」


50 : VIPに... - 2014/06/27 20:15:27.71 HxckPu6t0 1/601



スモーキー 「やあみんな、俺の名はスモーキー。アメリカ育ちのアメリカ人さ。」


スモーキー 「俺は今非常に困っているんだ。」


スモーキー 「俺にサイフをスられた身長195cmはあろうイギリス人の男は警官から俺を庇ってくれた!」


スモーキー 「そして食事に誘ってくれたんだ!いったいどうなってんだ!?」」


ジョセフ 「誰に話しかけてるんだ?」


スモーキー 「いやべつに、なんでもないぜ!」




元スレ
ジョセフ 「ジョセフ・ジョースター、ジョジョってよんでくれ。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403796466/
ジョセフ 「ジョセフ・ジョースター、ジョジョってよんでくれ」 part2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404465381/

52 : VIPに... - 2014/06/27 20:22:13.32 HxckPu6t0 2/601




ジョセフ 「おめーッ名前はなんていうんだ。」


スモーキー 「スモーキーだよ。」


ジョセフ 「スモーキーか、いい名前だな!」


ジョセフ 「俺はジョセフ・ジョースター、ジョジョってよんでくれ。」


ジョセフ 「それでこれがエリナおばあちゃんだ。」


エリナ 「うちの孫がお世話になりました。」


スモーキー 「は、はい。」



53 : VIPに... - 2014/06/27 20:24:44.28 HxckPu6t0 3/601



スモーキー 「エリナさんのお隣の方はジョジョの・・・・お父さんですか?」


ジョセフ 「違う違う、俺のおじいちゃんだぜスモーキー。」


ジョナサン 「よろしくスモーキーくん。」


スモーキー 「お、おじいちゃんッ!?」



58 : VIPに... - 2014/06/27 20:36:45.60 HxckPu6t0 4/601



店員 「お待たせしましたー。」


ジョセフ 「料理が来たぜおじいちゃんッ!」


ジョナサン 「やった!よし、さっそく食べるぞジョセフ!」


エリナ 「食べましょうスモーキーさん。」


スモーキー 「はい!」



60 : VIPに... - 2014/06/27 20:42:50.17 HxckPu6t0 5/601




ジョナサン 「うん!これは美味しいッッ!」 ガツガッツ


ジョセフ 「やっぱスパゲッティはカルボナーラだぜッ!」 ズビズバーーッッ


エリナ 「こらジョジョ!ジョセフ!マナーよく食べなさい!」


スモーキー 「ジョジョはともかくあの紳士の鏡のようなジョナサンさんまで食べ方が汚いなんて!」


スモーキー 「でも食事はやっぱり楽しく食べなくちゃな!」 ムシャムシャ



63 : VIPに... - 2014/06/27 20:46:41.53 HxckPu6t0 6/601




スモーキーはジョセフ達との食事で家族の温もり、大切さを思い出していた。
彼にとってそれがどれほど嬉しいことか、想像はつきまい。
スモーキーは幸せな時間に浸っていた。



しかし、この幸せな時間は突如消えて無くなってしまう!ある男の一言で!



72 : VIPに... - 2014/06/27 21:03:08.53 HxckPu6t0 7/601


チンピラ 「くせーーーなァッッ!なんだこの店は!ブタくさいぜッ!」


チンピラ 「ブタがブタ食っていいのかよォ!」


チンピラ 「おい店員!この店ブタと同じ料理を俺らに出すのかよォッッ!」 バンッッ


スモーキー 「 ! 」


77 : VIPに... - 2014/06/27 21:13:28.57 HxckPu6t0 8/601




店員 「わたくしたちどもはお金さえ払っていただければそれで・・・・・。」


チンピラ 「あ~ッッ食う気が失せたぜ!」


ジョセフ 「野郎ッッ!」 バッ


スモーキー 「待ってジョジョ!いいんだ、そもそも俺がいけないんだし・・・・・。」 ガシッッ


ジョセフ 「スモーキー・・・・・。」


ジョナサン 「・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



80 : VIPに... - 2014/06/27 21:19:35.89 HxckPu6t0 9/601




ジョナサン 「・・・・・・・・・ジョセフ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「止めないでくれジョナサンおじいちゃん!」


ジョナサン 「・・・・・・・・いや、止めはしない。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・・・・やれ、徹底的にな・・・・・だが他の客に迷惑をかけるな。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「おじいちゃんッ!」 ニカッッ



86 : VIPに... - 2014/06/27 21:34:52.06 HxckPu6t0 10/601




ジョセフ 「おい!そこのテメェッッ!」


ジョセフ 「そこのブタ野郎!」


チンピラ 「アアァンッ!?」


ジョセフ 「お~ッと、今の反応は自分をブタだと認めているってことだぜ!」


ハハハハハハハハハハッッ


チンピラ 「この野郎ゥ!」 ピクピク



103 : VIPに... - 2014/06/27 23:24:22.32 HxckPu6t0 11/601



チンピラ 「野郎ぶっ殺す!」 ザッ


ジョセフ 「メリケンサックなら後ろポケットだぜ。」


チンピラ 「何イイィッ!」 バァァーーーーーーン


ジョセフ 「「テメェなぜわかった」と言う。」


チンピラ 「テメェなぜわかった!」


チンピラ 「ハッ!」



104 : VIPに... - 2014/06/27 23:29:14.94 HxckPu6t0 12/601



ジョセフ 「テメェみたいな野郎の考えることなんざわかりきってんだよ!」 バッ


チンピラ 「ゲエェェッッ!」 バッキィィ


ジョセフ 「ケッ、だらしねえ。」


ヤクザ 「ちょっといいですか。」


ジョセフ 「なんだ、テメェもやるってんのか?」


ヤクザ 「いやそんな気はありませんよ。うちのものが失礼しました。」



105 : VIPに... - 2014/06/27 23:31:37.00 HxckPu6t0 13/601



ヤクザ 「ジョナサン・ジョースターにエリナ婦人ですね。」


ヤクザ 「私はスピードワゴンさんにお世話になったことがあるものです。」


ヤクザ 「お二人に伝えたいことがあります。」







ヤクザ 「スピードワゴンさんが殺されました。」



109 : VIPに... - 2014/06/27 23:38:10.86 HxckPu6t0 14/601




エリナ 「それは・・・・・・本当なの・・・・?」


ヤクザ 「はい。」


エリナ 「そ・・・・そんな・・・・・ウウゥッ。」


ジョナサン 「・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


112 : VIPに... - 2014/06/27 23:44:55.84 HxckPu6t0 15/601



ジョナサン 「・・・・・・・・・なるほど。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・報告はありがたい・・・・・・だが!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・妻を・・・・エリナをよくも泣かせたな!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ヤクザ 「 !!? 」 ゾクウゥゥッッ



116 : VIPに... - 2014/06/27 23:52:16.07 HxckPu6t0 16/601



ジョナサン 「・・・・・・・・許せん!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ヤクザ 「お、落ち着いてくださいジョースターさん。」 ガクガク


ジョナサン 「ウォラアァッッ!!」 ドッゴォォ


ヤクザ 「うげえええぇーーーーーーーーーーーーッッ!」 バリーーーーーーーーーンッッ


ジョセフ 「やりすぎだよジョナサンじいちゃん。」


ジョナサン 「エリナを泣かせたんだ。これくらいしとかなきゃ。」


120 : VIPに... - 2014/06/27 23:57:40.36 HxckPu6t0 17/601



ジョナサン 「だがまだ信じられない。」


ジョナサン 「あいつは、スピードワゴンはそう簡単に死ぬ男じゃない。」


ジョナサン 「財団と連絡をとってくる。」


ジョセフ 「頼んだよおじいちゃん。」


ジョナサン 「任せろ。一応ジョージにも連絡しておく。」


127 : VIPに... - 2014/06/28 00:02:18.19 T13cQNwy0 18/601




新ジョースター邸


ジョージⅡ 「スピードワゴンさんが殺された!?」


ジョナサン 「まだわからない。今財団が調査中だ。」


エリナ 「どうか無事でありますように・・・・・・・・。」


ジョージⅡ 「大丈夫だよ母さん、スピードワゴンさんはきっと無事だ。」



130 : VIPに... - 2014/06/28 00:07:28.85 T13cQNwy0 19/601



リサリサ 「あなた!」 バンッ


ジョージⅡ 「どうしたエリザベス?」


リサリサ 「財団から連絡があったわ!スピードワゴンを襲ったのは!」


リサリサ 「ストレイツォ師匠よ!」


ジョナサン 「 ! 」


ジョージⅡ 「そんな、お義父さんがスピードワゴンさんを?」


ジョージⅡ 「そのことはジョセフに伝えたのか?」


リサリサ 「ええ、でも伝えたあと急に家を飛び出して行ったわ。」


ジョナサン 「ジョセフ・・・・・・・・。」


131 : VIPに... - 2014/06/28 00:10:34.66 T13cQNwy0 20/601



ジョセフ 「ハァ、ハァッ!」 ダダダッッ


ジョセフ 「俺の予想だとストレイツォは俺らに会うため!」


ジョセフ 「アメリカに来ている!!」






























































ストレイツォ 「ここがアメリカか・・・・・・・。」


ストレイツォ 「リサリサやジョージ君は元気かな?」



135 : VIPに... - 2014/06/28 00:17:57.67 T13cQNwy0 21/601




ストレイツォ 「なるほど、アメリカはすごいな。」


ストレイツォ 「チベットにこもっていては中々来れないからな。」


ストレイツォ 「はやくジョジョ達にあって説明しないといけないな。」


ストレイツォ 「石仮面をかぶってしまった理由を。」



140 : VIPに... - 2014/06/28 00:23:01.20 T13cQNwy0 22/601




ジョセフ 「どこだ!どこにいやがるストレイツォ!」


ジョセフ 「見つけ次第ぶっとばす!」



















ストレイツォ 「飛行機の中は大変だった。どれ、そこのカフェで一休みするかな。」 カランカラン


店員 「いらっしゃいませー。」


店員 (カッコイイ) /// キュン



142 : VIPに... - 2014/06/28 00:25:38.18 T13cQNwy0 23/601



ジョセフ 「スモーキー!」


スモーキー 「ようジョジョ!どうしたんだ。」


ジョセフ 「実はだな・・・・・・・・






















ストレイツォ 「コーヒーで。砂糖たっぷりのコールタールみたいなものをお願いします。」


店員 「か、かしこまりました。」///



145 : VIPに... - 2014/06/28 00:29:21.48 T13cQNwy0 24/601




ジョセフ 「どこにいるんだ!」


スモーキー 「仲間をよんでくるよジョジョ!」






















店員 「お待たせしました。」///


ストレイツォ 「ありがとうお嬢さん。」 ニコッ


店員 「はうッ。」/// ズキュウゥゥーーーーーン


146 : VIPに... - 2014/06/28 00:37:02.53 T13cQNwy0 25/601



ジョセフ 「こうなったら店の一つ一つを探すぞスモーキー!」


スモーキー 「あのカフェにいるかもしれないぞジョジョ!」


























店員 「あの、お名前を教えてくださいませんか?」///


ストレイツォ 「ストレイツォというものです。お嬢さんは?」


あん子 「あん子といいます。」///



148 : VIPに... - 2014/06/28 00:39:00.69 T13cQNwy0 26/601

あん子は
あーんスト様が死んだの子です

153 : VIPに... - 2014/06/28 00:49:22.50 T13cQNwy0 27/601



ジョセフ 「失礼するぞ! 」 カランカランッ


ストレイツォ 「おおジョジョ!久しぶりだn ジョセフ 「見つけたぞストレイツォォォ!!」


ストレイツォ 「え?」


156 : VIPに... - 2014/06/28 00:56:39.67 T13cQNwy0 28/601




ジョセフ 「スピードワゴンの仇ィッッ!喰らえッ!!」バッッ


ストレイツォ 「ちょッ仇ってなに!?」


ジョセフ 「宣戦布告だぜぇッッ!!」 ジャキッッ


ジョセフ 「うおおおおおおおぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!」 ダダダダダダッッッ




ダダダダダダダダダダダッッバリーーーーーーーーーンッッ





あん子 「キャーーーーーーーーーッッ!」


スモーキー 「トプソン機関銃!どこから持ってきたんだ!」



159 : VIPに... - 2014/06/28 00:59:41.80 T13cQNwy0 29/601




ストレイツォ 「な・・・・・・んでだ・・・・・・グアッ!」 ガクッ


あん子 「ストレイツォさん!」


ジョセフ 「ちょっとこいつを借りてくぜ。」


あん子 「バカバカ!スト様になにするのよ!」 ポコポコ


160 : VIPに... - 2014/06/28 01:02:59.42 T13cQNwy0 30/601





ジョースター邸




ストレイツォ 「ハッッ!」


リサリサ 「お気づきですかお父さん。」


ストレイツォ 「リサリサ!」


ジョナサン 「ストレイツォさん、やはり石仮面をかぶったのですね。」


ストレイツォ 「そのことではなしがあるんだ!スピードワゴンが危ない!」


162 : VIPに... - 2014/06/28 01:05:03.82 T13cQNwy0 31/601



ジョセフ 「な~にがスピードワゴンが危ないだ!」


ストレイツォ 「ジョジョ!」


ジョセフ 「自分でスピードワゴンを襲っといて何を言いやがる!」


ストレイツォ 「スピードワゴンを襲った?何のことだ?」


ジョセフ 「とぼけるなよストレイツォ!」 バンッ



163 : VIPに... - 2014/06/28 01:08:20.29 T13cQNwy0 32/601



ストレイツォ 「お前らは何か勘違いしてないか?」


ジョナサン 「勘違いだって?」


ストレイツォ 「私はスピードワゴンを襲ってはいない。」


ジョセフ 「襲ってないだとォ!?」


165 : VIPに... - 2014/06/28 01:12:06.99 T13cQNwy0 33/601



ストレイツォ 「説明してやろう。あれはスピードワゴンによばれてメキシコにいったときのはなしだ。」















数週間前 メキシコ




スピードワゴン 「よく来てくれたストレイツォ。」


ストレイツォ 「友人の頼みだ、断る理由はない。」


スピードワゴン 「相変わらず若々しい、さすがは波紋だな。」




169 : VIPに... - 2014/06/28 01:17:50.23 T13cQNwy0 34/601



ストレイツォ 「褒めても波紋しか出ないぞ。」


ストレイツォ 「どういう理由でよんだんだスピードワゴン。」


スピードワゴン 「・・・・・・ついて来てくれ。」





















洞窟内




スピードワゴン 「これをみてくれ。」 パッ


ストレイツォ 「こ!これは石仮面!それになんだあの男は!生きているのか!?」


スピードワゴン 「ああ、こいつは確かに生きている。」



170 : VIPに... - 2014/06/28 01:20:59.74 T13cQNwy0 35/601



スピードワゴン 「こいつを波紋で消滅させてほしい。」


スピードワゴン 「もちろん石仮面も全て破壊してくれ。」


ストレイツォ 「確かに・・・・これからは禍々しい悪のオーラを感じる・・・・・・。」


ストレイツォ 「よし、任せろ。」







ダアアァァァンッ




ストレイツォ 「 !? 」 バシュッッ



172 : VIPに... - 2014/06/28 01:24:11.52 T13cQNwy0 36/601



スピードワゴン 「ストレイツォ!!」


ストレイツォ 「グッッ!急所をとっさにズラして外したが・・・・・・肺をやられた!」 ブシュゥッッ


ストレイツォ 「波紋が使えないッ!」


ドイツ兵 「それをこちらに渡せスピードワゴン。」


スピードワゴン 「ナチスか・・・・・・・・!」


ストレイツォ 「逃げろスピードワゴン・・・・・・・ガハッッ!」


スピードワゴン 「ストレイツォ!」



173 : VIPに... - 2014/06/28 01:32:04.30 T13cQNwy0 37/601



ドイツ兵 「スピードワゴンを確保しろ。この男は殺して構わん。」


部下 「ハッ!」


ストレイツォ (どうすれば・・・・・・・・このままだと殺されてしまう!)


ストレイツォ (スピードワゴンだけでも助けなければ!)



177 : VIPに... - 2014/06/28 01:35:17.67 T13cQNwy0 38/601




部下 「スピードワゴン!おとなしく捕まるんだ!」


スピードワゴン 「くそッこのままでは・・・・・・・・そうだ!」


スピードワゴン 「石仮面をかぶれストレイツォ!」


ストレイツォ 「何ィィッ!?」


スピードワゴン 「このままだと殺される!石仮面をかぶって生き延び!」


スピードワゴン 「ジョジョ達に伝えてくれッッ!!」



178 : VIPに... - 2014/06/28 01:38:37.84 T13cQNwy0 39/601



ストレイツォ 「しかし・・・・・・・!」


スピードワゴン 「はやくするんだぁッッ!」


ストレイツォ 「クッ!わかったスピードワゴン!」 ガバッ


ドイツ兵 「撃て。」


部下 「ハッ!」 ジャキッ






ダァンッッ






ストレイツォ 「グアッ・・・・・・・だがッッ!」 スチャッ


部下 「仮面をかぶった!?」



203 : VIPに... - 2014/06/28 11:33:49.78 T13cQNwy0 40/601



ストレイツォ 「こ・・・・・・・こんなところで・・・・死ぬわけにはいけないッ!」 ビチャッッ




ドスドスドスッッ




ストレイツォ 「この男を蘇らせてはいけないッ!」


ストレイツォ 「この世界の平和を守るため!俺は喜んで人間をやめるぞーーーーーーーーッッッッ!!!」 カッッ


部下 「光った!」


ドイツ兵 「何かヤバイッ!おい、今のうちにスピードワゴンを運べッッ!」





206 : VIPに... - 2014/06/28 11:50:14.61 T13cQNwy0 41/601



ストレイツォ 「させるかッッ!」 バッッ


部下 「ヒッィィッ!銃で撃たれたのにッ!なぜ死なないッッ!?」


ドイツ兵 「怯むな!撃てぇ!」


ストレイツォ 「KUAAAAAAAAAAAAAAAAAッッ!!」 シュッッ


部下A 「ぐわぁぁぁぁぁッ!」 ドガァッ


部下 B「つ、強すぎる!我々の手には負えないッッ!」


207 : VIPに... - 2014/06/28 11:55:23.99 T13cQNwy0 42/601



ストレイツォ 「これが吸血鬼のパワーッッ!素晴らしい!」


ストレイツォ 「これならスピードワゴンを助けることができる!今いくぞ!」 ダッッ


部下B 「追って来ます!」


ドイツ兵 「なんとしてでも止めろぉッッ!」


部下C 「うおおおおおおッッ!」 ダンダンッッ


部下D 「祖国の発展のために死んでもらうぞ!」 ダンッ


ストレイツォ 「銃など効かぬッ!波紋使いでもよんでこいッ!」 バッッ



208 : VIPに... - 2014/06/28 11:58:04.29 T13cQNwy0 43/601




ドイツ兵 「奴はおそらく吸血鬼だ!」


ドイツ兵「アレをもってこい!はやくゥッ!」


部下E 「アレはまだ試作段階でs ドイツ兵 「いいからはやく持ってくるんだッ!」


部下E 「ハッ、ハイッ!」


211 : VIPに... - 2014/06/28 12:35:12.73 T13cQNwy0 44/601




部下F 「全く重てぇな何食ってんだ?」


部下G 「知るか!つべこべ言わずに運べぇ!」


スピードワゴン 「」 気絶中


ストレイツォ 「見つけたぞ!」


ストレイツォ 「今助けるぞスピードワゴンッ!」 バッ




ピカッッッ




ストレイツォ 「 ! 」 ボロッッ


ストレイツォ 「ウガァアッッ!」 ドッシャァ


212 : VIPに... - 2014/06/28 12:38:32.19 T13cQNwy0 45/601



ストレイツォ 「手が・・・・崩れ去った!」


ストレイツォ 「なんなんだあの光は!」


ドイツ兵 「紫外線照射装置さ吸血鬼。」


ストレイツォ 「紫外線照射装置だと!?なんだそれは!」


ドイツ兵 「簡単に説明すると太陽光とでも言おうか。」


ストレイツォ 「太陽のエネルギーだと!波紋ではないのかッ!?」



213 : VIPに... - 2014/06/28 12:45:23.30 T13cQNwy0 46/601



ドイツ兵 「いくら吸血鬼とはいえ、この紫外線照射装置の前では無力だな。」


部下E 「隊長!スピードワゴンを運び出すことに成功しました!」


ドイツ兵 「よくやった。はやくここから離脱するぞ!」


ストレイツォ 「逃がすか!」 バッッ


ドイツ兵 「フンッ!」 ピカッッ


ストレイツォ 「ぐわああああァァァッッ!」 ボボコォッ


ドイツ兵 「足を消滅させた。お前はここで再起不能になっていろ。」



215 : VIPに... - 2014/06/28 12:56:26.86 T13cQNwy0 47/601



ストレイツォ 「吸血鬼を!なめるなッッ!」 ズアッ


ストレイツォ 「空裂眼刺驚 (スペースリパースティンギーアイズ) ッッ!!」 ジュギュゥゥーーーーーンッッ


ドイツ兵 「グワァァッッ!」 バシュッッ


部下D 「隊長ッ!」


ドイツ兵「大丈夫だッ足をやられただけだ!」


ドイツ兵 「だがこんな隠し球があったのか吸血鬼ィッ!」


ドイツ兵 「この死に損ないがァッッ!」 ピカッッ


ストレイツォ 「うおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!」 バッシュゥゥッッ


ストレイツォ (やられる!)



216 : VIPに... - 2014/06/28 13:00:20.71 T13cQNwy0 48/601



ストレイツォ 「ウオッッ!」 ズバァッ


ストレイツォ (頭だけになればッッ!) ガシッ


ストレイツォ 「オラァッッ!!」 ブンッッ




バシュウウゥゥッッ



ドイツ兵 「消滅したか吸血鬼・・・・・・・。」 ハアハア


ドイツ兵 「よし、あそこの埋まっている男を岩ごと切り出すんだ!」


部下達 「「「ハイッ!!!」」」



218 : VIPに... - 2014/06/28 13:04:00.36 T13cQNwy0 49/601






___________________



ストレイツォ 「ということがあってな。」


ジョセフ 「じゃ、じゃあ本当にスピードワゴンは?」


ストレイツォ 「殺してなどいないし、多分生きている。」


ジョセフ 「Oh!NOーーーーーーッッ!」


ジョナサン 「・・・・・・・・・・・ジョセフ。」 ドドドド


ジョセフ 「ヒィッッ!」 ビクッ



221 : VIPに... - 2014/06/28 13:06:19.53 T13cQNwy0 50/601



ジョナサン 「・・・・・・・・謝るんだ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「でもよぉ~ッ俺はてっきり・・・・。」


ジョナサン 「・・・・・・・・・・・もう一度だけ言う。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・・・・・・謝るんだ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「」



228 : VIPに... - 2014/06/28 13:11:36.55 T13cQNwy0 51/601

ミス


スピードワゴン 「殺してななどいないし、多分生きている。」×


ストレイツォ 「殺してなどいないし、多分生きている。」○

233 : VIPに... - 2014/06/28 13:49:15.32 T13cQNwy0 52/601




そのあとジョセフはジョナサンの圧倒的オーラの前にやむを得なくストレイツォに謝った。
ストレイツォの話を聞いたジョセフはスピードワゴン救出のためメキシコへと向かった。
しかし!メキシコには吸血鬼をも凌ぐ最強の生物がジョセフを待ち構えている!!



256 : VIPに... - 2014/06/28 23:02:08.25 T13cQNwy0 53/601






メキシコの砂漠




ジョセフ 「あっちィ・・・・・・・なんなんだこの暑さ・・・。」


ジョセフ 「このままだと基地にたどり着く前に俺があの世にたどり着いちまう・・・・・・・・。」


ジョセフ 「水もそこ尽きたし・・・・・・。」


ジョセフ 「くそッ!どうすればいいんだ!」


257 : VIPに... - 2014/06/28 23:10:11.71 T13cQNwy0 54/601




ジョセフ 「そうだ!波紋があるじゃねーかッ!」


ジョセフ 「これで地中深くの水を!汲み上げるッッ!!」


ジョセフ 「コオオオオォォォ・・・・・・・!」 ゴゴゴゴッッ


ジョセフ 「波紋疾走 (オーバードライブ) !!」 バリバリッッ!!




ゴゴゴゴゴゴゴゴッッッッ!!!



258 : VIPに... - 2014/06/28 23:14:02.24 T13cQNwy0 55/601




ドイツ軍基地


ドイツ兵 「なんだ!地震か!」


シュトロハイム 「うろたえるなッッ!ドイツ軍人はうろたえないッ!」


シュトロハイム 「机の下にかくれるんだァッッ!」


ドイツ兵 「机がありません少佐ァッ!」


シュトロハイム 「何イィーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!」



259 : VIPに... - 2014/06/28 23:17:51.29 T13cQNwy0 56/601




ゴゴゴゴゴゴゴゴッッ



ドッパアアアアァァァァァッッッ




ジョセフ 「よし!水が湧き出てきた!」


ジョセフ 「やっぱ波紋って便利だな。」


ジョセフ 「でもやっぱジョナサンじいちゃんくらい使えたらもっといいだろうな。」


ジョセフ 「今の俺じゃおじいちゃんの半分くらいしか使えないからな。」



268 : VIPに... - 2014/06/28 23:40:07.53 T13cQNwy0 57/601



ジョセフ 「」 ゴクゴク


ジョセフ 「プッハァーーーーーーッッ!」


ジョセフ 「カーーーーッッ、うまい!生きててよかったーーーーーーーッッ!!」


ジョセフ 「しかしどうしよう、砂漠に突然湖ができちまったぜ。」


ジョセフ 「財団に報告して地図を書き直さないとな。」



275 : VIPに... - 2014/06/29 00:00:25.36 SCQ82jfe0 58/601





ドイツ軍基地



ジョセフ 「あれがスピードワゴンの捕らえられている場所か。」


ジョセフ 「待っててくれよ。今助け出してやるからな!」


ジョセフ 「だが侵入するのが大変そうだぜ・・・・・・・。」



280 : VIPに... - 2014/06/29 00:07:23.87 SCQ82jfe0 59/601




ジョセフ 「どうすれば・・・・・・・・。」


?? (逆に考えるんだ、男じゃなくてもいいんじゃないかと。)


ジョセフ 「なんだァ!頭の中に誰かが語ってる!」


ジョセフ 「そうか!男じゃなくてもいいんじゃあないか!」


ジョセフ 「イイ作戦思いついたもんねェ~ッッ!」



285 : VIPに... - 2014/06/29 00:20:14.63 SCQ82jfe0 60/601








ドイツ軍基地 正面門




ドイツ兵A 「基地の中で何やってんだろうな。」


ドイツ兵B 「なんか吸血鬼を使ってヤバイ実験やってるらしいぜ。」






























ジョセフ 「うししッ、いるいる。」


ジョセフ 「骨抜きにしてやるぜドイツやろうッ!」


286 : VIPに... - 2014/06/29 00:28:43.57 SCQ82jfe0 61/601




ドイツ兵B 「シュトロハイム少佐のことどう思う?」


ドイツ兵A 「うるさいよなアイツ。」


ドイツ兵B 「うん。」


ドイツ兵A 「自覚してんのか・・・・・ハッッ!」


ドイツ兵A 「なんだアレは!」


ドイツ兵B 「急にどうしたんだ。」 クルッッ


ジョセフ 「ハアァ~イッ♡」 ウィンクッ!


ドイツ兵B 「」


292 : VIPに... - 2014/06/29 01:57:44.79 SCQ82jfe0 62/601



ジョセフ 「こんにちはお兄さんたちィ~ッ。」


ジョセフ 「あたしジョセフィーヌ、よろしく?」 ニッコオ


ドイツ兵A 「引っ捕らえろぉ!」


ドイツ兵B 「この大男が!女装なんてしやがって気持ち悪いッ!」


ジョセフ 「何イィーーーーーーーッ!なぜばれたんだッッ!」


ドイツ兵A 「貴様のような女がいるかッ!」



293 : VIPに... - 2014/06/29 02:05:58.22 SCQ82jfe0 63/601



ジョセフ 「くそ!こうなったら!」


ドイツ兵A 「コイツ抵抗する気か!」


ジョセフ 「抵抗ォ~ッ?違うね!これは一方的な攻撃だぜドイツやろうッッ!!」


ジョセフ 「コオオオオオォォォッッ!」


ジョセフ 「喰らえッ!地面を伝われッ地面流波紋疾走 (ガイアオーバードライブ) !!」 バコォッッ!!


ドイツ兵AB 「「あべばぁぁーーーーーッッ!!」」 バリバリバリッッ



296 : VIPに... - 2014/06/29 02:21:30.01 SCQ82jfe0 64/601



ジョセフ 「けッだらしねぇな。」


ジョセフ 「まあこれで基地内への侵入も楽になったってことよ。」

























ドイツ軍基地 実験室




シュトロハイム 「みていろスピードワゴン、これからあの切り出された岩の男を岩から解放する!」


スピードワゴン 「やめろ!奴は我々のてでは負えんッ!蘇らせてはいけないッッ!!」


シュトロハイム 「もう遅いィィーーーーッッ!」 ポチッ


スピードワゴン 「ああッッ!」



299 : VIPに... - 2014/06/29 02:26:31.31 SCQ82jfe0 65/601




「」 ビキッッ


「」 ビキビキッッ


「」ボッガアァ!!


?? 「」 ドッシャァァ・・・・


シュトロハイム 「おお!あれが柱の男か!」


スピードワゴン 「なんということを!」


?? 「・・・・・・・・。」グググッ


?? 「 !? 」 ズルゥッ


?? 「グッ!」 ズシャァ




300 : VIPに... - 2014/06/29 02:31:33.48 SCQ82jfe0 66/601




シュトロハイム 「ダーーーーーハッハッハッハッ!」


シュトロハイム 「アヒアヒアヒッ!なんだあれは!まるで原始人だな!」


シュトロハイム 「あれに本当に吸血鬼をも凌ぐ力があるのか!?」


ドイツ兵C 「シュトロハイム少佐!準備ができました!」


シュトロハイム 「よし!奴のところに吸血鬼を向かわせろ!」



303 : VIPに... - 2014/06/29 02:50:59.53 SCQ82jfe0 67/601




シュトロハイム 「やつの名は・・・・・そうだな、メキシコに吹く風、サンタナだ!」


シュトロハイム 「さあ楽しませてくれよサンタナ!」


シュトロハイム 「お前の能力を見せてみろ!」





ゴゴゴゴッガコンッッ!




吸血鬼 「クアアア・・・・・・・・。」


サンタナ 「・・・・・・・・・・・。」


スピードワゴン 「あの吸血鬼は!?」


シュトロハイム 「捕虜に石仮面をかぶせたのだ。」



304 : VIPに... - 2014/06/29 02:56:38.74 SCQ82jfe0 68/601




シュトロハイム 「奴には食事をとらせていないッ!」


シュトロハイム 「すなわち奴は空腹なのだァッ!」


吸血鬼 「KUAAAAAAAAAAAAAAAAAッッ!」 バッッ


サンタナ 「・・・・・・・・。」 ドズッッ


吸血鬼 「シャァッ!」 ドゴォッ


サンタナ 「・・・・・・・・。」 ゴシャッ


ドイツ兵D 「サンタナがやられています!」


シュトロハイム 「何イィーーーーーーーーッッ!」



306 : VIPに... - 2014/06/29 03:01:27.73 SCQ82jfe0 69/601



シュトロハイム 「ここで死なせるわけにはいかんッ!」


シュトロハイム 「爆弾を!吸血鬼の頭に埋め込んだ爆弾を起爆させるんだ!」


ドイツ兵C 「待ってください!様子がおかしいです!」


吸血鬼 「 !? 」 ズズズッッ


シュトロハイム 「吸血鬼の口が!腕が!体がッッ!!」


吸血鬼 「ぎゃああああァァァッッッ!」 ズズッバシュッッ


吸血鬼 「」ズズズッッ


シュトロハイム 「サンタナに取り込まれているうゥゥッッ!!」



309 : VIPに... - 2014/06/29 03:08:05.80 SCQ82jfe0 70/601




シュトロハイム 「なんということだッ!石仮面の男を取り込みやがったあぁッッ!!」


シュトロハイム 「吸血鬼は!奴らの餌だったのだッ!」


サンタナ 「フッ。」 ドヤアァ


314 : VIPに... - 2014/06/29 14:35:08.32 SCQ82jfe0 71/601




シュトロハイム 「吸血鬼では歯が立たない!」


スピードワゴン 「知性は・・・・・・・奴に知性はあるのかッ!?」


シュトロハイム 「知性だとッ!?」


サンタナ 「・・・・・・・・シュ・・・・・。」


サンタナ 「シュトロハ・・・・・・イム・・・・・・。」


シュトロハイム 「何イイィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!?」


シュトロハイム 「キエエェェーーーーーーーーーーッッ!喋ったあァァーーーーーーーーーッッッッ!!」



317 : VIPに... - 2014/06/29 14:45:04.07 SCQ82jfe0 72/601




シュトロハイム 「しばらく監視していろぉッ!俺はトイレに行ってくるゥ!」


ドイツ兵D 「ハッ!」


シュトロハイム 「我ァがドイツのトイレは世界一ィィーーーーーーーーッッ!」 バタンッ


ドイツ兵C 「トイレくらい静かに入れよ。」


ドイツ兵D 「本当にうるさいよな。」


スピードワゴン (シュトロハイム・・・・悲しい男よ。)



318 : VIPに... - 2014/06/29 14:50:02.34 SCQ82jfe0 73/601





五分後




シュトロハイム 「スッキリしたあァーーーーッ!」 ジャァーーーーッ


ドイツ兵D 「シュトロハイム少佐ッ!大変です!」


シュトロハイム 「どうしたのだ!」


ドイツ兵D 「サンタナの姿がありません!消えましたッ!」


シュトロハイム 「何イイィィーーーーーーーーーーーーーーッッッ!?」



319 : VIPに... - 2014/06/29 15:03:09.02 SCQ82jfe0 74/601




シュトロハイム 「そんなバカなことがあるかぁッ!あの中は密室!」


シュトロハイム 「サンタナがどう足掻こうが抜けられるはずがないッ!」


白衣ドイツ兵 「我々が目を離した一瞬で消えていたんです!」 ズズズッ


シュトロハイム 「飲んどる場合かあァーーーーーーーーーーッッッ!!」 パリーンッ


ドイツ兵C 「シュトロハイム!監視カメラの映像でます!」


シュトロハイム 「よし!写せッ!」



324 : VIPに... - 2014/06/29 15:11:16.19 SCQ82jfe0 75/601





監視カメラ映像



サンタナ 「・・・・・・・・。」


サンタナ 「・・・・・・・・・・・・・・・。」 イッチニーサンシー





シュトロハイム 「準備体操をしているぞぉッ!」


ドイツ兵D 「ちゃんと首の骨までやっています!」






サンタナ 「 ! 」 ダダダッッ


サンタナ 「トウッ!」 ダンッッ







シュトロハイム 「壁に向かって走っていくぞォォ!」



326 : VIPに... - 2014/06/29 15:17:16.90 SCQ82jfe0 76/601





サンタナ 「トランスフォームッ!!」 バキバキッッ


サンタナ 「」 ズズッバキッゴキ






シュトロハイム 「何イイィィーーーーーーーッッッ!?」


シュトロハイム 「空気供給官にィィーーーーーーーーッッ!自分の体を折りたたんで入っていくぞぉぉーーーーーーーーッッ!!」


ドイツ兵D 「どうするシュトロハイム!?」


シュトロハイム 「呼び捨てしとる場合かあァーーーーーーーーーッッッ!!」バキッ


ドイツ兵D 「タコスッッ!」 ドシャァ




327 : VIPに... - 2014/06/29 15:24:48.27 SCQ82jfe0 77/601




シュトロハイム 「サンタナが脱走したァッ!」


ドイツ兵D 「どうしますシュトロハイム少佐!」


シュトロハイム 「最悪自爆するしかないッ・・・・・・・だが!」


シュトロハイム 「我ぁがドイツの科学力は世界一ィィーーーーーーーーーーーーーーッッ!」


シュトロハイム 「サンタナごときィッ我々が撃退してくれるわぁーーーーーッッ!」 ポンポン


シュトロハイム 「なんだ貴様ァッ!?上官の肩を叩くんじゃあないッッ!」 クルッ


サンタナ 「ヨッス。」


シュトロハイム 「」




330 : VIPに... - 2014/06/29 15:32:23.73 SCQ82jfe0 78/601




シュトロハイム 「サンタナがァァーーーーーーーーッッ!俺の肩をォォッ!」


シュトロハイム 「叩いたああああァァァァーーーーーーーーッッ!!?」


サンタナ 「うるさいぞ・・・・・・・シュトロハイム・・・。」


ドイツ兵D 「少佐!離れてくださいッ!」


ドイツ兵C 「サンタナ!貴様少佐から離れろッ!」 ジャキッ



332 : VIPに... - 2014/06/29 15:37:24.60 SCQ82jfe0 79/601



サンタナ 「いや・・・・・・・・俺離れない。」


シュトロハイム 「何イイィィーーーーーーーーーーーーーーッ!?」


サンタナ 「・・・・・・・シュトロハイム・・・・俺の友達。」


サンタナ 「俺・・・・・・・シュトロハイムの友達。」


シュトロハイム 「」


336 : VIPに... - 2014/06/29 15:42:28.54 SCQ82jfe0 80/601




シュトロハイム 「サンタナがァ!友達になったァァーーーーーーーーーッッッ!?」


スピードワゴン 「なんということだ!奴はフレンドリーだったのか!」


サンタナ 「・・・・・・銃を下ろして・・・・ほしい。」


ドイツ兵D 「少佐のお友達なら。」 スッ


ドイツ兵C 「おろさないと。」 スッ


シュトロハイム 「おろしたああァァァーーーーーーーーーーーーーーッッッ!?」



342 : VIPに... - 2014/06/29 15:48:47.12 SCQ82jfe0 81/601




ジョセフ 「スピードワゴンのじいさん!」 ドガッッ


スピードワゴン 「ジョジョッ!きてくれたのか!?」


シュトロハイム 「誰だ貴様ァーーーーーーーーーーーーーーッッ!?」


ジョセフ 「ジョセフ・ジョースター、ジョジョってよんでくれ。」


シュトロハイム 「侵入者だァァァーーーーーーーーーーーーーーッッ!!」


サンタナ 「侵入者・・・・・・・シュトロハイムの・・・・・敵。」


サンタナ 「ジョ・・・・・・ジョを倒す・・・・・・・!」



344 : VIPに... - 2014/06/29 15:50:39.40 SCQ82jfe0 82/601



ジョセフ 「あれがアホレイツォの言ってた柱の男か!」


ジョセフ 「ここで倒してやるぜッ!」


サンタナ 「シュトロハイムの敵・・・・・・・・倒す!」


サンタナ 「いくぞジョジョ!」


347 : VIPに... - 2014/06/29 15:54:40.08 SCQ82jfe0 83/601



サンタナ 「喰らえジョジョォ!」 バッッ


ジョセフ 「何ッ!こいつ肋骨を!」


サンタナ 「露骨な肋骨 (リブス・ブレード) !!」 ズガァッッ


スピードワゴン 「ジョジョォォーーーーーーーッッ!!」


サンタナ 「フッ。」 ニヤリ



348 : VIPに... - 2014/06/29 16:00:27.57 SCQ82jfe0 84/601



シュウウウゥゥ


ジョセフ 「効かねえぞサンタナ!」


サンタナ 「 ! 」


ジョセフ 「てめぇの骨なんざァ!」 ガシッッ


ジョセフ 「おじいちゃんの十分の一の強度もないんだよォッ!」 バキィッッボキッ


シュトロハイム「吸血鬼をも簡単に倒した柱の男の肋骨をいとも簡単に折ったァァーーーーーーーーーッッ!?」


スピードワゴン 「あのパワー!やはりジョースターさん譲りだ!」


356 : VIPに... - 2014/06/29 16:11:15.67 SCQ82jfe0 85/601



サンタナ 「強い・・・・・・・・!」


ジョセフ 「もう終わりかサンタナ!次は俺の番だぜ!」


ジョセフ 「喰らえ!波紋のビートォッ!」 バリバリッッ


サンタナ 「グワァァッッ!」 ドッシュゥッ!


シュトロハイム 「サンタナアアァァーーーーーーーーーーーーーーッッ!」


スピードワゴン 「サンタナの左半身が消し飛んだァッ!」


359 : VIPに... - 2014/06/29 16:19:28.67 SCQ82jfe0 86/601



サンタナ 「・・・・・・・グゥ・・・・・。」 シュゥゥ


サンタナ 「これは・・・・・・・波紋・・・・・・!」


ジョセフ 「波紋を知ってるのか?」


サンタナ 「波紋の一族は・・・・・・・・我々が倒した・・・・・・・はず。」


360 : VIPに... - 2014/06/29 16:23:12.11 SCQ82jfe0 87/601



サンタナ 「逃げろ・・・・・・・・シュトロハイム。」


サンタナ 「奴は・・・・・・・・強過ぎる・・・・・・・・!」


シュトロハイム 「馬鹿者がァァァーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!」


サンタナ 「 ! 」


シュトロハイム 「貴様を見捨てて逃げれるかァァァーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!」


サンタナ 「シュトロハイム・・・・・・・・。」


365 : VIPに... - 2014/06/29 16:32:42.12 SCQ82jfe0 88/601



ジョセフ 「なるほどな・・・・・・・。」


ジョセフ 「これは一気に決めないとな!」


ジョセフ 「コオオオオォォォッッ!」 バリバリッ


シュトロハイム 「やめろぉぉーーーーーーーーーーーーーーッッ!!」


ジョセフ 「波紋疾走 (オーバードライブ) !!」 バリリッッ!


サンタナ 「 ! 」




ドッゴオオオォォォッッ!!




369 : VIPに... - 2014/06/29 16:39:42.67 SCQ82jfe0 89/601




ジョセフ 「決まった!確かに波紋が流れた!」


シュトロハイム 「サンタナアアァァーーーーーーーーーッッ!」


372 : VIPに... - 2014/06/29 16:42:36.31 SCQ82jfe0 90/601




シュウウウゥゥ




シュトロハイム 「サンタナ・・・・・・・・。」 ガクッ


ジョセフ 「よくみやがれドイツやろう。」


シュトロハイム 「 ! 」


サンタナ 「波紋が・・・・・・・・登ってこない・・・・・・・?」


シュトロハイム 「サンタナが生きているーーーーーーーーッッ!!?」



374 : VIPに... - 2014/06/29 16:46:27.50 SCQ82jfe0 91/601




ジョセフ 「俺が流したのはーの波紋、すなわち一回めとは真逆の波紋!」


ジョセフ 「これによってサンタナに流れた波紋はかき消されたってことだ。」


ジョセフ 「つまり!サンタナは助かる!」


サンタナ 「傷が・・・・・・・治っていく・・・・・・・・!」


ジョセフ 「おまけに波紋による治療も行っといたぜ。」



383 : VIPに... - 2014/06/29 16:51:39.74 SCQ82jfe0 92/601




サンタナ 「なぜ・・・・・・・・俺を消滅させなかった・・・・・・ジョジョ。」


サンタナ 「俺は波紋使いを殺してきた・・・・・・・・今だって・・・・・・・。」


ジョセフ 「いや、お前のシュトロハイムに対するさっきの言葉。」


ジョセフ 「自分がやられるってのに仲間を助けようとする精神!」


ジョセフ 「それ以外に助ける理由がいるかァ?」


シュトロハイム 「ジョジョ・・・・・・・・。」


スピードワゴン (やはり心もジョースターさん譲りか・・・・・・・・。)



401 : VIPに... - 2014/06/29 20:31:36.30 SCQ82jfe0 93/601




そのあとジョセフはドイツ軍基地からスピードワゴン助け出すことに成功した。
シュトロハイムとは結構意気投合し仲良くなった。もちろんサンタナとも

ジョセフはシュトロハイムからきいた情報を元にスピードワゴンとともにローマに向かった
さらなる試練がジョセフを待ち受ける!!


402 : VIPに... - 2014/06/29 20:40:26.32 SCQ82jfe0 94/601






イタリア レストラン




ジョセフ 「何食べようかなァーッ。」


店員 「こちらのネーロ・ディ・セッピアンはいかがですか?」


ジョセフ 「それにするぜ。」



403 : VIPに... - 2014/06/29 20:45:13.54 SCQ82jfe0 95/601



店員 「お待たせしました。」 コトッ


ジョセフ 「何イィーーーーーーーーーーーーーーッッ!?」


ジョセフ 「なんだこのインクをかけたような真っ黒いパスタは!?」


ジョセフ 「テメェーッこんなもん客に食わせるのかこの店は!」 ガシッ


店員 「イ、イカスミです!イカスミパスタですよ!」


ジョセフ 「イカスミィ~ッ?」


店員 「おいピーですよお客様ッ!」



404 : VIPに... - 2014/06/29 20:51:21.11 SCQ82jfe0 96/601



ジョセフ 「まあ食ってみるか。」 クルクル


ジョセフ 「」 ズズーーッ


ジョセフ 「うんまあァーーーーーーーーーイッッ!!」


ジョセフ 「こいつはうまいぜッ!中々いけるぜィッ!」 ズビズバーッ







?? 「・・・・・・・・。」



405 : VIPに... - 2014/06/29 20:53:19.74 SCQ82jfe0 97/601



?? 「このレストランも格が落ちたな・・・・・・・・。」


?? 「田舎もんが来てやがる・・・・・・・・。」




ジョセフ 「ムッ。」 ズビズバッ


ジョセフ 「なんだァ~あのやろう。」


411 : VIPに... - 2014/06/29 21:00:26.30 SCQ82jfe0 98/601



?? 「セニョリータ、これを受け取ってくれ。」


「まあ、なんて綺麗なの!」


?? 「寝る前、これを見て俺を思い出してほしい。」


「まあ・・・・・。」///








ジョセフ 「ケッみせつけやがって。」


ジョセフ 「な~にが俺を思い出してほしいだッ!」 ズビズバッ


412 : VIPに... - 2014/06/29 21:04:57.26 SCQ82jfe0 99/601



?? 「セニョリータ・・・・・・・。」


「・・・・。」 ///




チュッ




ジョセフ 「ケッ!こんなところでしやがって。」


ジョセフ 「そうだ!パスタに波紋を流して・・・・・・。」 バリリッ


ジョセフ 「こうやって邪魔するのはいけないことでしょォーーーかッ!」 グイッ



416 : VIPに... - 2014/06/29 21:08:24.88 SCQ82jfe0 100/601




ジョセフ 「喰らえ!」 パスタバーン!


?? 「 フッ。」 マカロニバーン!


ジョセフ 「ニヤリ。」


?? 「 ! 」 バリバリッッ


?? 「この波紋エネルギーは!ヤバいッ!!」 バリリッッ!



420 : VIPに... - 2014/06/29 21:12:02.17 SCQ82jfe0 101/601



?? 「グアアァッ!」ドッガァッッ


「キャァーーーーーーーーーーーーーーッッ!」


ジョセフ 「これが黒麺波紋疾走 (ブラックパスタオーバードライブ) !!」


?? 「クッ・・・・・・・なんて波紋パワーだ。」


423 : VIPに... - 2014/06/29 21:16:49.18 SCQ82jfe0 102/601



スピードワゴン 「何をしているジョジョ!」


ジョセフ 「スピードワゴンじいさん!見てくれよあのキザやろうをシめたぜ!」


スピードワゴン 「ハァ~ッ。」


スピードワゴン 「シーザー、大丈夫か?」


シーザー 「はい、スピードワゴンさん。」 イテテッ



424 : VIPに... - 2014/06/29 21:22:02.84 SCQ82jfe0 103/601




ジョセフ 「お前!シーザーか!」


シーザー 「よくもやってくれたなジョジョ、相変わらず波紋パワーが桁違いだ。」


シーザー 「さすが先生の子供、ジョナサンじいさんの孫だ。」


ジョセフ 「8年ぶりだな!なんだよさっきの、どこのスケコマシだよ。」


シーザー 「いいじゃないか、男はこういう生き方するもんだぞジョジョ。」


シーザー 「まあお前じゃ無理かな~ッ。」


ジョセフ 「テメェ!」 ギリッ



428 : VIPに... - 2014/06/29 21:25:37.18 SCQ82jfe0 104/601




ジョセフ 「それにしてもなんだあの波紋、あれじゃ俺を越えられないぞ。」


シーザー 「お前が強過ぎるんだジョジョ。」


ジョセフ 「あッれぇ~ッ?シーザーちゃんは言い訳するのかなァ~?」


シーザー 「ジョジョォォッ!」 ギリィッ



431 : VIPに... - 2014/06/29 21:33:14.37 SCQ82jfe0 105/601



シーザー 「覚悟しろジョジョッ!」 ズアッ


シーザー 「俺がウィルじいちゃんと一緒に考えた技!」


シーザー 「シャボンランチャァーーーーーーーーッッ!!」 ドアアッッ!


シーザー 「喰らって田舎に帰りなジョジョオォーーーーーーーーッッ!!」


ジョセフ 「シャボン玉ァッ!?」


ジョセフ 「ウゲェッ!」 ズボォッ!



433 : VIPに... - 2014/06/29 21:35:45.86 SCQ82jfe0 106/601



ジョセフ 「なんだ!シャボン玉の中かにッ!」


ジョセフ 「シーザーのやつこんな必殺技を覚えたのか!」


シーザー 「そこから抜けるのは難しいぞジョジョ!」


シーザー 「今日こそは俺の勝ちだな!」



436 : VIPに... - 2014/06/29 21:43:46.15 SCQ82jfe0 107/601



ジョセフ (このシャボン・・・・・・波紋をまとってやがる・・・・・・!)


ジョセフ (確かに成長したようだなシーザー・・・・・・波紋の強さが今までと段違いだ!)


ジョセフ (そしてこのシャボン!波紋を一点集中しないと割れないつくりだ!)


ジョセフ 「だが!」


ジョセフ 「コオオオオォォォッッ!」


ジョセフ 「波紋疾走 (オーバードライブ) !!」 バリバリバリッッッ!



438 : VIPに... - 2014/06/29 21:50:08.45 SCQ82jfe0 108/601



ジョセフ 「お前のシャボンは一点集中の強い波紋じゃないとわれないようにできている!」


ジョセフ 「だがそれは普通の波紋使いに対してだ!」


ジョセフ 「全体に一点集中以上の波紋を流すッ!!」 バリバリッッ!!




バッシュウウゥゥッッ




ジョセフ 「惜しかったなシーザー!」


シーザー 「なんてヤツ・・・・・・!段違いの強さだッ!」



439 : VIPに... - 2014/06/29 21:55:29.93 SCQ82jfe0 109/601



シーザー 「ならこのシャボンカッt スピードワゴン 「そこまでだ。」


スピードワゴン 「見ろ、お店の中がメチャクチャだ。」




グッチャァ・・・・・・




シーザー 「やり過ぎた・・・・・・・。」


ジョセフ 「あ~あ、お前のせいだぞシーザー。」


シーザー 「お前が波紋パスタをやるからいけないんだぞジョジョ!」


ジョセフ 「お前がスケコマすからだシーザー!」


シーザー 「何をーーーーーッ!」


ジョセフ 「やるかッ!?」


スピードワゴン 「ハアァ・・・・・・・。」 ヤレヤレ



452 : VIPに... - 2014/06/29 22:41:36.72 SCQ82jfe0 110/601



その夜 ローマ 地下遺跡




ドイツ軍人A「これが柱の男か!」


ドイツ軍人B 「なんか穴が空いていないか?前はなかったのに。」


ドイツ軍人A 「気のせいだろ。」


ドイツ軍人B 「覗いてみようぜ。」




コオオオオォォォ・・・・・・・・





ドイツ軍人B 「なんか風の音が聞こえないか・・・・・・・?」


ドイツ軍人A 「別に聞こえないぞ・・・・・・・・。」



456 : VIPに... - 2014/06/29 22:51:03.76 SCQ82jfe0 111/601




コオオオオォォォ オオオッッ!!



ズギュルッッ!!


ドイツ軍人A 「 ! 」


ドイツ軍人B 「ウギャアァッッ!」 ギャルルルッッ


ドイツ軍人A 「コイツ!目覚めていッギャアアァッ!」ズバシャッッ


ドイツ軍人C 「うわあああああッッ!」


上官 「しッ紫外線照射装置を最大にしろぉッッ!」


ドイツ軍人D 「ハイッ!」 ピッカァッ


?? 「人間も進化したようだな・・・・・・・こんなものを作ったのか・・・・・・・・。」


ワムウ 「だがそんな貧弱な光でこのワムウが止められるかァッッ!!」


ワムウ 「ムンッ!」 ギャルルルッ


ドイツ軍人達 「ギャアアアアアアアアッッッ!」 ブッシャアアッ




ビッチャビッチャァア



上官 「血が!紫外線照射装置に血がかかって光が!!」



462 : VIPに... - 2014/06/29 23:03:51.96 SCQ82jfe0 112/601




その頃 地上




ブロロロ



ジョセフ 「それでよぉ、この前ウィンドナイツ・ロットに行ったわけよ。」


ジョセフ 「そしたらディオの銅像が立っててよォ!」


シーザー 「ディオさんらしいな。」


ジョセフ 「あとアイツまだアレらしいぜ。」


シーザー 「アレ?」


ジョセフ 「童貞!」


シーザー 「ッッッ!!」 バンバンッッ




472 : VIPに... - 2014/06/29 23:19:34.91 SCQ82jfe0 113/601




シーザー 「そういえばマルク!お前童貞か?」


マルク 「一週間前卒業しました!」///


シーザー 「ヤッホオオオオオッッ!」


シーザー 「こいつの彼女俺が紹介したんだぜ!」


マルク 「この仕事が終わったら結婚するんです俺ら!」///


ジョセフ 「そいつはめでたいッ!今度うちに来なマルク!」




ワイワイガヤガヤ




スピードワゴン (何か胸騒ぎがする・・・・・・・・この青年に何かが・・・・・・・。)


スピードワゴン (まあジョジョがいるから安心か。)



536 : VIPに... - 2014/07/01 16:30:24.80 NqoUoRHS0 114/601




ローマ 地下遺跡




ジョセフ 「ここがローマ遺跡か・・・・・。」


マルク 「今案内しますね。」


シーザー 「・・・・・・・・。」


537 : VIPに... - 2014/07/01 16:33:53.11 NqoUoRHS0 115/601




マルク 「時間より遅れてしまいましたね。」


ジョセフ 「ああ、急がないとな。」 グニィッ


ジョセフ 「グニィッ?」


ジョセフ 「なんかゴム風船みたいなの踏んじまったぜ。」


マルク 「俺もです。いったいなんだろう?」 カチッ




ピカッッ




マルク 「 ! 」


ジョセフ 「こ!これは人間の皮だァッ!」



538 : VIPに... - 2014/07/01 16:36:35.39 NqoUoRHS0 116/601




マルク 「うッうわあああァァァァァッッ!」 ダダダッ


シーザー 「待てマルク!行ってはいけない!」


ジョセフ 「あのやろうッ!シーザー、俺が追いかける!」 ダダダッ


シーザー 「任せたぞジョジョ!」


539 : VIPに... - 2014/07/01 16:40:07.27 NqoUoRHS0 117/601




ジョセフ (俺の勘だとこの先にいるッ!)


ジョセフ (人間をあんな状態にした奴らがッ!)


ジョセフ 「追いついたぞマルクッ!」 ガシッッ


マルク 「ヒイイィィッッ!食べないでくださいィッ!」 ビクッ


ジョセフ 「誰が食うか!俺だよ。」


マルク 「なんだジョジョか・・・・・・・。」



541 : VIPに... - 2014/07/01 16:43:18.82 NqoUoRHS0 118/601




ザッ・・・・・・・・




ジョセフ 「 ! 」


ジョセフ 「マルク・・・・・・・・はやくシーザーのところへ戻れ・・・・・・。」


マルク 「で、でも ジョセフ 「いいからはやく戻れッ!」


マルク 「ハイッ!」 ビックゥ



542 : VIPに... - 2014/07/01 16:47:13.95 NqoUoRHS0 119/601



ジョセフ 「これでいい・・・・・・・・マルクはただの若者だ。」


ジョセフ 「さて、ここからだな・・・・・・・・。」




ザッザッ・・・・・・・・




ジョセフ 「きたか・・・・・・・・。」


シーザー 「ジョジョ!」


ジョセフ 「奴らがくる、気をつけろシーザー。」



544 : VIPに... - 2014/07/01 16:51:05.41 NqoUoRHS0 120/601



ワムウ 「ム・・・・・・・・まだここにも人間がいたか・・・・・・。」ゴゴゴゴ


ワムウ 「エシディシ様、どういたしましょう。」ゴゴゴゴ


エシディシ 「放っておけ・・・・・・なあカーズ?」ゴゴゴゴ


カーズ 「うむ。」 ゴゴゴゴ


シーザー (なんという凄まじいオーラ・・・・・・・・!) タラァ


ジョセフ (まあ吸血鬼よりは骨がありそうだな。)



547 : VIPに... - 2014/07/01 16:53:56.00 NqoUoRHS0 121/601




ワムウ 「そこを退け・・・・・・・・。」


シーザー 「・・・・・・・・断る。」


ワムウ 「ほう・・・・・このワムウに楯突く人間がまだいるとはな。」


シーザー 「この先にお前らを行かせてはいけない!」


シーザー 「ここで倒す!」


ワムウ 「倒す?このワムウをか?」



548 : VIPに... - 2014/07/01 16:56:29.62 NqoUoRHS0 122/601



シーザー 「すまない!倒すではなくッ!」


シーザー 「倒さなくてはならないだ!」 ギュアッ


シーザー 「シャボンランチャーッッ!!」 ズアアァッ!!


ワムウ 「 ! 」


549 : VIPに... - 2014/07/01 16:59:46.45 NqoUoRHS0 123/601



ワムウ 「波紋か・・・・・・・・だが!」 シュルルッ




ジャランッジャラッ




ワムウ 「ムウゥンッ!」 ゴッッ!




シュルルッ ドッッパアアァッ!!




シーザー 「シャボンランチャーが全てわられたッ!?」 スパッ


シーザー 「えっ!?」 タラァッ


ジョセフ 「目を閉じろシーザーッ!」



550 : VIPに... - 2014/07/01 17:02:32.62 NqoUoRHS0 124/601




シーザー 「ぐああぁぁーーーーッッ!」 バッシュゥゥッ


ワムウ 「波紋使いの弱点は喉と肺だ。」 ドガッ


シーザー 「ゴッホォッ!」


ワムウ 「柱に叩きつけてやるッ!」 ゴッッ


シーザー 「ガアァッ!」 ドッガアアァァッッ



552 : VIPに... - 2014/07/01 17:05:40.60 NqoUoRHS0 125/601



ワムウ 「カーズ様、波紋使いはもういないようです・・・・・・・・ムッッ!!」


ジョセフ 「・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ (感じる・・・・・・・・今まで戦ってきたどの戦士よりも奴は強いッ!)


ワムウ 「・・・・・・・・カーズ様、少しお時間をいただきたい。」


カーズ 「よかろう・・・・・・・だが気をつけろワムウ。」


カーズ 「奴は強いぞ。」



556 : VIPに... - 2014/07/01 17:08:10.05 NqoUoRHS0 126/601



ジョセフ 「・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「我が名はワムウ。名をきかせてくれ・・・・・・・・。」


ジョセフ 「ジョセフ・ジョースター・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「ジョジョとよぼうか・・・・・・・。」



557 : VIPに... - 2014/07/01 17:11:05.97 NqoUoRHS0 127/601



ワムウ 「その強さを身につけるのにどれほど修行したジョジョ。」


ジョセフ 「・・・・・・・・修行はしていない。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「何ッ!?」


ジョセフ 「・・・・・・・・ただ祖父に教わっただけだ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「なるほど・・・・・・教えたくないようだな・・・・・・・・。」


558 : VIPに... - 2014/07/01 17:13:25.33 NqoUoRHS0 128/601




ワムウ 「ならばここでこのワムウがお前を倒してたるぞジョジョッ!」バッ


ワムウ 「フゥゥンッ!」 ドッガァッ


シーザー 「蹴りが頭に!ジョジョォッ!」


ワムウ 「フッ。」 ニヤリ


ワムウ 「 ! 」



559 : VIPに... - 2014/07/01 17:18:30.25 NqoUoRHS0 129/601



ジョセフ 「・・・・・・・・・・・吸血鬼の五倍以上はパワーがあるらしいな・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・・・だが所詮はその程度か・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


562 : VIPに... - 2014/07/01 18:00:52.05 NqoUoRHS0 130/601




ジョセフ 「・・・・・・・もっと殴ってみろ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「よかろう!ならばこのワムウ!全力で貴様を倒す!」


ワムウ 「いくぞジョジョ!」


ジョセフ 「・・・・・・来い!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


563 : VIPに... - 2014/07/01 18:05:39.01 NqoUoRHS0 131/601



ワムウ 「ムンッッ!」 ガッッッ


ジョセフ 「グウッ!」


ジョセフ (・・・・・・・・蹴りの威力が上がっている!?)


ワムウ 「セエェイッッ!」 ゴォッッ


ジョセフ 「クッ!」 ドヒュゥゥッッ




ドッゴオオオォォッッ!




ジョセフ 「・・・・・・・・この俺を蹴り飛ばすとはな。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨






565 : VIPに... - 2014/07/01 18:08:49.75 NqoUoRHS0 132/601




ワムウ 「我が全力の蹴りを喰らって体が引き千切れないか。」


ワムウ 「やはりジョジョ!貴様は今まで戦ってきた誰よりも強い!」


ワムウ 「俺は嬉しいぞジョジョ!」


ワムウ 「貴様を倒し!さらに俺は強くなるッ!」



567 : VIPに... - 2014/07/01 18:12:51.34 NqoUoRHS0 133/601



ジョセフ 「・・・・・・・・俺を倒すだと?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・・・寝言がいいたいなら寝かしつけてやろうかワムウ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「 ! 」 ゾクゥッ


ワムウ (このワムウが恐怖しているッッ!?)


ワムウ (だがそれがいいッッ!恐怖を乗り越えたとき!このワムウは強くなる!)


570 : VIPに... - 2014/07/01 18:44:46.88 NqoUoRHS0 134/601




ジョセフ 「・・・・・・・・ワムウ知ってるか?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・・・・バラなどの植物は生命磁気をおびているんだ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・だがこういういわゆる玩具はそんなものおびていないだぜ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「なんだソレは!」


ジョセフ 「・・・・・アメリカンクラッカーっていうおもちゃだ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


573 : VIPに... - 2014/07/01 18:52:01.44 NqoUoRHS0 135/601



ジョセフ 「・・・・・・・・これに波紋を流す!」 バリバリッ


ジョセフ 「・・・・・・・すると!」 カンカンッ




ガッ!ガガガガガガガガッッッ!!




ワムウ 「なんという波紋エネルギー!ここまで衝撃がきているっ!!」 ゴオッッ



574 : VIPに... - 2014/07/01 18:55:33.76 NqoUoRHS0 136/601



ジョセフ 「・・・・・・・・名付けてクラッカーヴォレイだぜ!」 ガガガガガッッ!


シーザー 「波紋どうしがぶつかって更に威力が増している!」


ジョセフ 「・・・・・・・・覚悟しなワムウ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・・この技でお前をt ゴズッッ!!


ワムウ 「・・・・・・・・。」


ジョセフ 「・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ「・・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・今のは無しだぜ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



578 : VIPに... - 2014/07/01 19:02:45.87 NqoUoRHS0 137/601




ジョセフ 「・・・・・・・・もう一回!」 バリリッッ


ジョセフ 「クラッカーヴォレイッ!!」 ガガガガガッッ!


ワムウ (あれを喰らったら間違いなくからだが消し飛ぶッ!)


ジョセフ 「・・・・・・・・喰らえワムウ!」 ゴオォッッ


ワムウ 「セエエェイィッッ!」 ヒュオオォッ


ジョセフ 「 ! 」


シーザー 「ジョジョの筋肉からなる超高速のクラッカーをよけた!」



579 : VIPに... - 2014/07/01 19:06:51.77 NqoUoRHS0 138/601



ワムウ 「今の俺は風を感じている。」 ヒュウウゥ


ワムウ 「気温、湿度、空気中の分子一つ一つを風で感じている、だから!」


ワムウ 「いくらはやい飛び道具がきてもよけることは容易い!」


ジョセフ 「・・・・・・もう一発!」 ゴオォッ


ワムウ 「当たらないと言っておろうが!」 ビュオオォッッ


シーザー 「またよけたッ!」



584 : VIPに... - 2014/07/01 19:23:47.49 NqoUoRHS0 139/601



ワムウ「見事な波紋と武器の連携技だ。」


ワムウ 「だがこのワムウには効かぬ!」


ジョセフ 「・・・・・・・・なるほどな風を感じることで空気の移動から起動をよんだのか。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・・・だがお前は俺の真の狙いがわかっていないぜワムウ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「 真の狙いだと?」


588 : VIPに... - 2014/07/01 19:32:41.60 NqoUoRHS0 140/601



ジョセフ 「・・・・・・・・俺がかわされた攻撃を馬鹿みたいにもう一回投げると思ったのかァワムウ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・拾いにいく必要はないのよ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「なんだとッ!」


ワムウ 「ハッ!この風の流れ!まさかッッ!」



バチチチッッ ゴオォッ!



ワムウ 「 ! 」 ゴッシャアアァ!


シーザー 「クラッカーが互いに当たってブーメランのようにかえってきたッ!」



589 : VIPに... - 2014/07/01 19:38:42.98 NqoUoRHS0 141/601



ワムウ 「グゥゥアアアアアアッッッ!!」 ボッシュゥゥッ


ワムウ (とっさによけなければ頭が消し飛んだいた!)


ワムウ (かすっただけでこの威力とは!なんて波紋のエネルギーだ!)


ジョセフ 「・・・・・・・・当たったな!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



590 : VIPに... - 2014/07/01 19:49:41.11 NqoUoRHS0 142/601




ワムウ 「なるほど・・・・・やはりジョジョ!貴様は最高の戦士だ!」


ワムウ 「力だけでなくその頭のキレ!素晴らしいぞジョジョッ!」


ワムウ 「お前は俺の奥義で倒すッ!!」


ジョセフ 「・・・・・・・・・・・奥義だと?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


601 : VIPに... - 2014/07/01 19:57:17.72 NqoUoRHS0 143/601



ワムウ 「右手を腕ごと左回転ッッ!」 ギャルルルッッ


ワムウ 「左手を腕ごと右回転ッッ!」 ギャルルルッッ


ジョセフ 「 ! 」


ジョセフ (・・・・・・・風が揺れているッ!) ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「喰らえジョジョォッッ!!」


ワムウ 「奥義神砂嵐ッッ!!!」 ゴッバアアアアアアアアアァァァァァッッッッ!!!


602 : VIPに... - 2014/07/01 20:01:40.38 NqoUoRHS0 144/601



ジョセフ 「ウグウゥゥッッッ!」 ミシッ


ジョセフ 「これはァッ!まるで二つの巨大な台風ゥッッ!!」ミシミシミシッッ


ジョセフ 「うぐああああああああああああああああァァァァァッッッッ!!」 ゴッバアアアアァァッッ!!


シーザー 「ジョジョォォーーーーーーーッッッッ!」


603 : VIPに... - 2014/07/01 20:05:19.64 NqoUoRHS0 145/601




ゴオオオオオオオオォォォッッ・・・・・・・・




ワムウ 「これが奥義神砂嵐・・・・・。」


ワムウ 「流石にこれを喰らっては生きていまい・・・・・・・。」


610 : VIPに... - 2014/07/01 20:13:55.64 NqoUoRHS0 146/601



カーズ 「終わったか・・・・・・・・。」


エシディシ 「あのワムウをも圧倒するとはな・・・・・惜しい人間だ。」


ワムウ 「エシディシ様、カーズ様、行きましょう。」 ザッ




「待ちな。」





カエワ 「「「!!! 」」」


ジョセフ 「・・・・・・・・勝手に殺すんじゃあないぜ。」 ドドドド


612 : VIPに... - 2014/07/01 20:16:12.97 NqoUoRHS0 147/601




ワムウ 「何イイィッッ!」


ワムウ 「貴様生きているなッ!」


ジョセフ 「・・・・・・・・今のは効いたぜワムウ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



644 : VIPに... - 2014/07/02 17:49:58.83 zgJ84FDd0 148/601




ワムウ 「我が神砂嵐が直撃してなお立ち上がるのか・・・・・・・!」


ジョセフ 「・・・・・・・・中々の威力だったぜワムウ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「神砂嵐が効かぬか・・・・・・・なら!」


ワムウ 「ならば最終奥義で貴様を倒してみせるッ!」


カーズ 「待てワムウッッ!!」


ワムウ 「 ! 」



645 : VIPに... - 2014/07/02 17:52:41.32 zgJ84FDd0 149/601



カーズ 「ジョジョと言ったな・・・・・・・・。」


ジョセフ 「・・・・・・・・テメェが親玉かァ?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


カーズ 「我が名はカーズ、そしてジョジョ、時間をくれないか?」


ジョセフ 「・・・・・・・・・・・・時間だとォ?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


646 : VIPに... - 2014/07/02 17:56:57.57 zgJ84FDd0 150/601



カーズ 「ワムウは戦闘になるとちと熱くなる性格でな。」


カーズ 「このまま戦わせてはワムウが再起不能になってしまう。」


ワムウ「カーズ様!わたしh カーズ 「黙っていろワムウ!」


ワムウ 「 ! 」


ワムウ 「申し訳ございません・・・・・。」


658 : VIPに... - 2014/07/02 21:19:41.17 zgJ84FDd0 151/601



ジョセフ 「・・・・・・・・このまま戦うのはお互いに得でないってことだな。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


カーズ 「そうだ。ここでやられては目的が果たせないのでな。」


ジョセフ 「・・・・・・・・いいぜ、のんでやるよその条件。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


エシディシ 「まあ俺ら三人でかかれば貴様なんぞ。」


カーズ 「エシディシ!挑発するんじゃあないッ!」


カーズ 「そういうことだジョジョ。」


663 : VIPに... - 2014/07/02 21:24:12.12 zgJ84FDd0 152/601




カーズ 「俺たちに三十三日時間をくれ。」


ジョセフ 「・・・・・・・・三十三日か、中途半端だぜ。」┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「ジョジョ、これをみてくれ。」 スッ


ジョセフ 「・・・・・・・・・・ただの指輪がどうかしたのか?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「これは死の結婚指輪。三十三日後に毒が溶け出すようなっている。」


ジョセフ 「・・・・・・・・・・おっかねェ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



666 : VIPに... - 2014/07/02 21:27:56.20 zgJ84FDd0 153/601



ワムウ 「ハアァッッ!」 ズブッ!


ジョセフ「・・・・・・・・・・自分の体に埋め込みやがったァ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「もちろんお前も飲み込んでほしい。」


ジョセフ 「・・・・・・・・・・・なるほどな、これでお互い逃げられないってことか。」


ジョセフ 「・・・・・・・・いいぜ、飲み込んでやる!」 パシッ


ジョセフ 「」 ゴクッ



668 : VIPに... - 2014/07/02 21:32:57.05 zgJ84FDd0 154/601



カーズ 「一ヶ月後!我らと再び会ったとき!」


カーズ 「決着をつけようぞジョジョォッ!!」


ジョセフ 「・・・・・・・・望むところだぜ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ワムウ 「必ず強くなってくるぞジョジョ!次は貴様を倒す!」


エシディシ 「俺らも修行しなくてはな。」


カーズ 「さらばだジョジョ!」 バッッ




ドッシュウウゥッッ!




ジョセフ 「・・・・・・・・・・結構飛んだなあいつら。おじいちゃんの半分くらい跳躍力あるじゃん。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



674 : VIPに... - 2014/07/02 21:34:41.57 zgJ84FDd0 155/601




シーザー 「ジョジョ!にがしていいのか!?」


ジョセフ「いや、流石に三人相手にお前とスピードワゴンじいさんをかばいながら戦うのは無理だ。」


シーザー 「 ! 」


シーザー (俺は足手まといなのか・・・・・・・・。)



679 : VIPに... - 2014/07/02 21:37:38.34 zgJ84FDd0 156/601



ジョセフ 「お前まさか足手まといとか考えてんじゃないだろうなシーザー。」


シーザー 「・・・・・・・・ああ。」


ジョセフ 「馬鹿野郎ッッ!!」


ジョセフ 「確かにお前はあいつらに勝てない!だが何のための三十三日だ!」


ジョセフ 「強くなるんだ!俺もお前も!」


シーザー 「ジョジョ・・・・・・・!」



684 : VIPに... - 2014/07/02 21:39:13.60 zgJ84FDd0 157/601



シーザー 「強くなるッ!」


シーザー 「お前を超えてやるぞジョジョッ!!」


ジョセフ 「よし、それでこそ俺のライバルだぜ。」


686 : VIPに... - 2014/07/02 21:41:22.56 zgJ84FDd0 158/601




スピードワゴン 「大丈夫かジョジョ!シーザー!」 ダダッ


ジョセフ 「ああ、大丈夫だぜ。」


ジョセフ「マルク、シュトロハイムのやろうに報告しておいてくれ。」


マルク 「はいッ!」



690 : VIPに... - 2014/07/02 21:47:10.04 zgJ84FDd0 159/601



ジョセフ 「シーザー、ヴェネチアに向かうぞ。」


シーザー 「なぜヴェネチアに?」


ジョセフ 「ジョナサンおじいちゃんと母ちゃんが観光旅行にいく。」


ジョセフ 「ジョナサンおじいちゃんのところで修行しにいくぞ!」


シーザー (ジョジョの祖父、ジョナサン・ジョースター・・・・・・・。)


シーザー (歴代最強の波紋使いであり今地球上で存在する中で最強の人物・・・・・・。)


シーザー(そしてチベット波紋師範でありジョジョの母であるリサリサ先生・・・・・・・・。)


シーザー (その二人に教えてもらう!?なんという名誉なこと!!)



692 : VIPに... - 2014/07/02 21:48:22.07 zgJ84FDd0 160/601



シーザー 「ああ!明日にでも行こう!」


ジョセフ 「いざ!」


ジョセフシーザー 「「ヴェネチアへ!!」」



719 : VIPに... - 2014/07/03 17:40:33.67 A8/49jmf0 161/601




イタリア ヴェネチア





シーザー 「ここがヴェネチアか・・・・・・・。」


ジョセフ 「水がすんげェ綺麗だぜシーザー!」


ジョセフ 「こんなにも走りやすいぜこの水ッ!」 バチャチャチャッッ


シーザー 「まるで子供だなジョジョ。」


ジョセフ 「なんかいった?」


シーザー 「いや、なんでもない。」



720 : VIPに... - 2014/07/03 17:45:34.23 A8/49jmf0 162/601




ジョセフ 「それにしても遅いなジョナサンおじいちゃん。」


シーザー 「本当にここが待ち合わせ場所なのか?」


ジョセフ 「間違ってはいないと思うけど・・・・・・・・。」





オーーーーーイッッ





ジョセフ 「ん?なんかきこえなかったかシーザー?」


シーザー 「何もきこえなかったが?」


722 : VIPに... - 2014/07/03 17:47:58.11 A8/49jmf0 163/601




「オォーーーーーーーーーーイッッ!!」 ドババババッッッッ




ジョセフ 「海から誰か走ってくるぞ!」


シーザー 「あれは!」



723 : VIPに... - 2014/07/03 17:50:30.86 A8/49jmf0 164/601






ジョナサン 「ジョセフゥーーーーーーッッ!!シーザーーーーーーーくぅーーーんッッ!!」 ドババババッッ!





ジョセフ 「ジョナサンおじいちゃんッ!」


シーザー 「えッ!?」


726 : VIPに... - 2014/07/03 17:53:04.62 A8/49jmf0 165/601




ジョナサン 「とうッッ!!」 ザッッバアアアァァッッ!






ジョセフ 「飛んだッ!なんつーー高さだッッ!」


シーザー 「何てことだ!海がわれたッッ!」

730 : VIPに... - 2014/07/03 17:57:26.53 A8/49jmf0 166/601



ジョナサン 「せいッ!」 ドッガアァ!!


ジョセフ 「着地した地面にヒビがッ!」


ジョナサン 「またせたねジョセフ、シーザーくん。」


シーザー 「ジョナサンじいさん、どうやって海から!?」


ジョナサン 「ハハッ、アメリカから走って海を渡ってきたんだ。」


シーザー 「」


739 : VIPに... - 2014/07/03 18:13:21.62 A8/49jmf0 167/601



ジョナサン 「リサリサはまだついてないのかい?」


ジョセフ 「そういえば母ちゃんまだついてないな。」


ジョナサン 「まあ飛行機は遅いからね。」


741 : VIPに... - 2014/07/03 18:17:13.58 A8/49jmf0 168/601



ジョナサン 「しかしまいったな。」


ジョセフ 「どうしたんだジョナサンおじいちゃん?」


ジョナサン 「いやね、修行する場所はリサリサが決めたから僕はわからないんだ。」


ジョナサン 「飛行機だとつくのが明日くらいになると思うんだ。」


シーザー 「どうしましょうか・・・・・・。」



744 : VIPに... - 2014/07/03 18:19:16.88 A8/49jmf0 169/601



ジョナサン 「よし!今日は一日ヴェネチア観光だ!」


ジョセフ 「やったぜッ!」


ジョナサン 「今日はヴェネチアを遊びつくそう!」


シーザー 「はいッ!」


748 : VIPに... - 2014/07/03 18:26:42.10 A8/49jmf0 170/601



ジョナサン 「走ってきたからおなかすいてしまったな。」


シーザー 「あそこのレストランが有名ですよ。」


ジョセフ 「さっそく入ろうぜ!」























































ディオ 「ここがヴェネチアか、いい街だな。」


ディオ 「だが我が街ウィンドナイツ・ロットには劣る・・・・・・・・・・。」


ディオ 「・・・・・・・・劣ってたらうれしい。」



752 : VIPに... - 2014/07/03 18:33:17.04 A8/49jmf0 171/601



ポコ 「ディオ市長、食事はどうなさいますか?」


ディオ 「ここではディオでいいぞポコ、それにしてもいいのか?」


ディオ 「今日は確か孫達との約束があったらしいが。」


ポコ 「ディオさん一人では不安なのですよ。うっかり日傘から出たら危ないでので。」 ハハハッ


ポコ 「市長をサポートするのが副市長の役割ですから。」



755 : VIPに... - 2014/07/03 18:36:06.37 A8/49jmf0 172/601

ウィンドナイツ・ロットはディオの活躍で街から一つの市になったってことでお願いします。
五十年がんばって大きくしました。

759 : VIPに... - 2014/07/03 18:40:10.19 A8/49jmf0 173/601



ディオ 「日傘からでてもクリームがあるから十分は持つぞポコ。」


ポコ 「そんなこといってついこの間、散歩中に犬に舐められて腕消えそうになったそうじゃないですか。」


ディオ 「ウッなんでそのことを!」 ギクッ


ポコ 「飼い主の女の人はおしゃべりで有名らしいですよ。」


ディオ 「WRYYYYYYYッッ!このディオの威厳がァァッッ!!」



763 : VIPに... - 2014/07/03 18:48:08.94 A8/49jmf0 174/601



ポコ 「あそこのレストランはどうですか?」


ディオ 「ほう・・・・・中々良さそうな店ではないか。」


ディオ 「いってみようか。」


764 : VIPに... - 2014/07/03 18:51:17.69 A8/49jmf0 175/601



ジョナサン 「何を頼もうかな。ジョセフは何にするんだい?」


ジョセフ 「な今イカスミパスタにはまってるんだ俺。」


ジョナサン 「イカスミ?食べれるのかジョセフ?」


ジョセフ 「おう、すんげェおいピーんだぜ。」


ジョナサン 「じゃあそれにしようかな。」



765 : VIPに... - 2014/07/03 18:53:19.68 A8/49jmf0 176/601




イラッシャイマセー



ディオ 「中も良さそうな雰囲気だ。」


ポコ 「あそこの大きい三人組の隣のテーブルでいいかな。」


ディオ 「席はどこでもいい。」



769 : VIPに... - 2014/07/03 18:57:25.13 A8/49jmf0 177/601



ウンマイナーーーーッッ
ハハハマックロダゼジョナサンオジイチャン





ディオ 「ムッ、何ときたない食べ方、まるでジョジョのようだ・・・・・・・。」


ディオ 「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


ディオ 「えっ!ジョジョォッ!?」


ジョナサン 「モアッディヲアアイアッ (あっディオじゃないか) !」 ムシャムシャッ


ディオ 「食べながら喋るんじゃあない。本当にマナーがなってないな。」



774 : VIPに... - 2014/07/03 19:00:16.21 A8/49jmf0 178/601



ジョセフ 「ディヲッ!イアイブイアナッ (ディオ!久しぶりだなッ) !」 モグモグッ


ディオ 「えぇ~いッ!お前もかジョセフッ!」


ポコ 「ジョースターさん、お久しぶりです。」


775 : VIPに... - 2014/07/03 19:05:18.28 A8/49jmf0 179/601



ジョナサン 「ポコッ!もうすっかりおじいちゃんだな。」


ポコ 「ジョースターさんの若さが羨ましいです。」 ハハッ


ディオ 「石仮面はかぶらせんぞポコ。」


ポコ 「いえ結構です。」 キッパリッ


ディオ 「 (´・ω・`) 」


778 : VIPに... - 2014/07/03 19:10:39.66 A8/49jmf0 180/601



シーザー 「お久しぶりですディオおじさん。」


ディオ 「シーザー!やはりお前はジョジョ達とは礼儀が違うな!」


ディオ 「シーザーを見習えジョジョ!」


780 : VIPに... - 2014/07/03 19:18:52.77 A8/49jmf0 181/601



ディオ 「ハア・・・・・まあいい、食事にしようポコ。」


ディオ 「店員さん、いいかな。」


女店員 「は、はい。」


ディオ 「この子羊背肉のリンゴソース掛けをくれないか。」


女店員 「かしこまりました。」



782 : VIPに... - 2014/07/03 19:23:02.41 A8/49jmf0 182/601



女店員 「お待たせしました。」 コトッ


ディオ 「ありがとう綺麗なお嬢さん。」 ニコッ


女店員 「ありがとう・・・・ございます。」///


ジョセフ (童貞のくせに。)


シーザー (童貞にしてはがんばっているな。)


ジョナサン (このパスタおかわりしようかな。)



791 : VIPに... - 2014/07/03 19:35:54.41 A8/49jmf0 183/601




食事後




ジョナサン 「ああ美味しかった。」 マンプクマンゾク


ディオ 「まさか八回もおかわりするとはな。」


ジョナサン 「だって美味しいものは仕方ないじゃないか。」


ジョセフ 「それでも食べ過ぎだぜ。」


シーザー 「お前も五回おかわりしただろ。」



798 : VIPに... - 2014/07/03 19:57:24.15 A8/49jmf0 184/601



ジョナサン 「ところでなぜディオはヴェネチアに?」


ディオ 「この美しい街から何か学べないかと訪れたのだ。」


ディオ 「ウィンドナイツ・ロットは俺の故郷と言ってもいい。」


ディオ 「自分の過ちも、愚かさを優しく包んでくれた。」


ディオ 「そんなウィンドナイツ・ロットをもっと人々が住みやすく、そして喜ばれる街にしたいんだ。」



802 : VIPに... - 2014/07/03 20:03:08.49 A8/49jmf0 185/601



ジョナサン 「ディオ・・・・・・・。」


ディオ 「今の俺がいるのはジョジョ、お前のおかげかもしれないな。」


ディオ 「俺がお前の家に養子にならなかったら今頃あのクズと同じ人生を送っていたのかもしれない・・・・・・。」



805 : VIPに... - 2014/07/03 20:11:58.26 A8/49jmf0 186/601



ジョセフ 「ジョナサンおじいちゃんは子供の頃どんなんだったんだ?」


ディオ 「子供の頃のジョジョ・・・・・・・・








少年ジョナサン 「うっしゃーーーーーーーーーーッ!」 ドッゴォッ


少年ディオ 「ウゲエエェッ!」 ドッサアァ






少年ディオ 「無駄無駄無駄!!」 シュバババッ


少年ジョナサン 「・・・・・確かに無駄だな・・・・・・。」ササッサッ


少年ジョナサン 「お前のパンチがな!」


少年ジョナサン 「お前がァッ!泣くまでッ!殴るのをやめないィッッ!!」 ドッゴオォォッッ


少年ディオ 「ウゲェェェァァァァァーーーーーーーーーーッッッ!!」 グッシャアアアァァ






__________________________





ディオ 「恐ろしいかった・・・・・・・・。」 ガクガクブルブル



808 : VIPに... - 2014/07/03 20:16:42.91 A8/49jmf0 187/601



ディオ 「子供の頃のお前を見たときトラウマが襲いかかってきたぞジョセフ。」


ジョセフ 「まあ俺はジョナサンおじいちゃんに似てるからな。」


ディオ 「あんな恐ろしい血統は似なくていいのに。」


ジョナサン 「・・・・・・・・なんか言ったかディオ?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ディオ 「いッいや!何も言ってないぞジョジョ!」



810 : VIPに... - 2014/07/03 20:27:06.13 A8/49jmf0 188/601



ディオ 「お前らはなぜヴェネチアにきたんだ?」


ジョセフ 「俺が説明するぜディオ。」



















_______________


ディオ 「柱の男だと!」


ジョセフ 「ああ、奴らは吸血鬼を含め全ての生物を餌とするんだ。」


ジョセフ 「波紋がないと攻撃することはおろか触れることもできないんだぜ。」


ディオ 「・・・・・・俺では歯が立たないか・・・・・。」


ジョセフ 「相性がな・・・・・・・。」



812 : VIPに... - 2014/07/03 20:35:36.13 A8/49jmf0 189/601



ジョセフ 「カーズとかいう奴の言っていた目的ってのも気になる・・・・・・・。」


ジョセフ 「それに今の俺では奴らを全員を相手にできない。」


ディオ (ジョジョに任せればいいと思うが・・・・・・・。)


ディオ 「」 チラッ


ジョナサン 「」 クビフリフリ


ディオ (あくまで孫に任せるか・・・・・・。)


813 : VIPに... - 2014/07/03 20:40:09.53 A8/49jmf0 190/601



ディオ 「わかった、俺もできることはやろう。」


シーザー 「ありがとうございます。」


ディオ 「だがジョジョとの修行か・・・・・・・・。」


ディオ 「・・・・・・・・・・・。」


ディオ 「・・・・・・・二人とも死ぬなよ。」



815 : VIPに... - 2014/07/03 20:43:39.73 A8/49jmf0 191/601




その夜ジョセフ達はディオの泊まる予定だったホテルに無理やり泊まりこんだ。
五人は夜までトランプなどをして盛り上がった。しかし毎回ビリはディオだった。


819 : VIPに... - 2014/07/03 20:49:04.53 A8/49jmf0 192/601




翌日



ディオ 「しばらくはヴェネチアに滞在する。」


ポコ 「なにかあったらすぐ連絡してくださいね。」


ジョセフ 「ありがとよ。」


ディオ 「無理はするなよ。」


シーザー 「無理しないと勝てない相手ですから。」



823 : VIPに... - 2014/07/03 20:59:24.25 A8/49jmf0 193/601



ディオ 「おッジョセフ、来たぞ。」


ジョセフ 「あれは!おーーーーいッッ!母ちゃァァーーーーーーーんッッ!!」


リサリサ 「街中で大声あげるんじゃありませんジョジョ!」


シーザー 「お久しぶりですリサリサ先生。」


リサリサ 「あらシーザー、見ない間に立派になったのね。」



824 : VIPに... - 2014/07/03 21:04:03.27 A8/49jmf0 194/601



シーザー 「お願いいたします先生。」


リサリサ 「まあ私はサポート、今回は義父様があなた達の先生です。」



825 : VIPに... - 2014/07/03 21:07:32.52 A8/49jmf0 195/601




ジョナサン 「・・・・・・・・・・・・・・・・死ぬ気の覚悟が必要だぞ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・・・・・・それでもついてくるか!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


シーザー 「クッ!」 ゴォッ


シーザー (なんという強いオーラッ!)


ジョセフ (さすがジョナサンおじいちゃんだぜッ!)



827 : VIPに... - 2014/07/03 21:13:48.85 A8/49jmf0 196/601



ジョセフ 「・・・・・・・・やってやるぜ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョセフ 「・・・・・・・・・・・ジョナサンおじいちゃんを超えてやる!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・超える?・・・・・・・・この俺をか!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・・・やってみろジョセフ!」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


828 : VIPに... - 2014/07/03 21:15:42.59 A8/49jmf0 197/601



ジョセフ 「・・・・・・・・俺だけが超えるんじゃない・・・・・・・。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


シーザー 「そう!」


ジョセフシーザー 「「俺たちが超えるんだッッ!!」」


ジョナサン 「 ! 」



829 : VIPに... - 2014/07/03 21:17:09.38 A8/49jmf0 198/601



ジョナサン 「・・・・・・・・いい心構えだ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


ジョナサン 「・・・・・・・・リサリサ、案内してくれ。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨


リサリサ 「はい。」


ジョナサン 「・・・・・・・・・・ついて来い。」 ┣¨┣¨┣¨┣¨



834 : VIPに... - 2014/07/03 21:32:11.29 A8/49jmf0 199/601




ヒュオオオオオオオォォォ・・・・・・




ジョセフ 「ゲエェ~ッ!なんだここ!」


シーザー 「まるで崖のようだ・・・・・下が見えない・・・・!」


ジョナサン 「えい。」 ドン☆


ジョセフ 「え?」


シーザー 「押された?」










ジョセフシーザー 「「うわあああああああああああぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーッッッ!!」」




836 : VIPに... - 2014/07/03 21:37:54.80 A8/49jmf0 200/601



ヒュウウウウウウウゥゥゥ・・・・・・



ジョナサン 「二人とも上がってこれるかな?」


ジョナサン 「僕とくせいの超地獄昇柱 (スーパーヘルクライム・ピラー) から。」


ジョナサン 「通常の約十倍の高さだ。」



845 : VIPに... - 2014/07/03 21:50:56.34 A8/49jmf0 201/601



シーザー 「波紋疾走 (オーバードライブ) !!」 バリバリッッ


シーザー 「クゥッッ!」 ズドォッッ!


シーザー 「足を波紋でガードしなければ粉々に砕けていたッ!」


シーザー 「ジョジョ!大丈夫かッ!」


ジョセフ 「ああ、けどこの高さ、二百メートル以上はあるぜ・・・・・。」



847 : VIPに... - 2014/07/03 21:56:10.34 A8/49jmf0 202/601



ジョセフ 「流石の俺も落ちるのは波紋なしじゃ百メートルが限界だぜ。」


シーザー 「相変わらずすごい身体能力だな。」


ジョセフ 「ジョージ父ちゃんは波紋使えないけどおじいちゃんより身体能力は上だぜ。」


シーザー 「ジョナサンじいさんより!?」


ジョセフ 「まあ俺はジョナサンおじいちゃんを半分にしたくらいの波紋と身体能力だからな。」


854 : VIPに... - 2014/07/03 21:59:57.75 A8/49jmf0 203/601



ジョセフ 「いつか二人とも超えてやるぜ!」


シーザー 「ああ!だがまずここを登らないとな。」


ジョセフ 「シーザー、いちにで一緒にスタートしよう。」


シーザー 「わかった。」


856 : VIPに... - 2014/07/03 22:03:49.46 A8/49jmf0 204/601




シーザー 「準備できたぞジョジョ。」


ジョセフ 「いくぜ!せーの・・・・・・いちィィッッ!」 ダッッ!


シーザー 「 ! 」


ジョセフ 「バーカバーカッッ!俺が一番乗りだぜッッ!!」


シーザー 「卑怯者めッッ!」 ダダッ



862 : VIPに... - 2014/07/03 22:07:44.00 A8/49jmf0 205/601



ジョセフ 「こんな壁!足を突っ込んでそのまま登り切ってやる!」 バッッ!





ガアアアアァァンッッッ!





ジョセフ 「いってぇええぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!」


ジョセフ 「なんつー硬さだ!」








頂上



ジョナサン 「僕の波紋を壁に流しているんだ。そんな方法じゃダメだよジョセフ。」 バリリッ


864 : VIPに... - 2014/07/03 22:11:13.79 A8/49jmf0 206/601



リサリサ 「本当に登り切れるでしょうか・・・・・・・・。」


ジョナサン 「ジョセフは波紋の威力はシーザーの何十倍も強いが燃費が悪い。」


ジョナサン 「シーザーのように細かい調整ができるようならなくては。」


ジョナサン 「だがシーザーは威力はジョセフに圧倒的に劣るがシーザーには何かある・・・・・・。」


リサリサ 「なにか・・・・・・ですか?」



867 : VIPに... - 2014/07/03 22:16:39.08 A8/49jmf0 207/601




ジョナサン 「ひょっとしたらジョセフと同じくらい、いやそれ以上。」


ジョナサン 「それほどの波紋蓄積量がある。」


リサリサ 「まさか・・・・・。」


ジョナサン 「そう、マリオさんの波紋だ。」


ジョナサン 「・・・・・・・・だがマリオさんから受け継いだ波紋をまだ使いこなせていない。」


872 : VIPに... - 2014/07/03 22:24:17.69 A8/49jmf0 208/601



ジョナサン「それをこの修行で覚醒させる!」


ジョナサン 「彼には受け継いだツェペリ魂がある!」


ジョナサン 「見せてくれジョセフ、シーザー!人間の魂の強さを!


880 : VIPに... - 2014/07/03 22:38:47.75 A8/49jmf0 209/601



ジョセフ 「この壁!油が塗ってある!」


ジョセフ 「けどこういう時?のための波紋でぜッ!」 バリリッッ


ジョセフ 「一気に登るッ ツルッ


ジョセフ 「グエェッ!」 ゴンッッ!


シーザー 「ただ波紋をまとうだけではダメだぞジョジョ。」



886 : VIPに... - 2014/07/03 22:52:42.35 A8/49jmf0 210/601



シーザー 「ちゃんと指先だけに波紋を集中させるんだ。」


シーザー (シャボンカッターのように・・・・・・・指先からの波紋を乱さないように・・・・・・・・。)


シーザー (俺にはジョジョのような威力はないがウィルじいちゃんの元で八年間修行した。)


シーザー (波紋の精密さは負けないッ!)


シーザー 「うおおッッ!」 ビタァッッ


ジョセフ 「あいつ登りやがった!」



889 : VIPに... - 2014/07/03 22:55:46.67 A8/49jmf0 211/601



ジョセフ 「俺もはやく登らないとなッ!」


ジョセフ「ハアァッッ!」 ビタッ


ジョセフ 「やった!コツがわかってきたぜ!」 ビタッッビタッ


ジョセフ 「一気に差を縮めt ズルゥッッ


ジョセフ 「うおおぉッッ!」 ゴッッ



890 : VIPに... - 2014/07/03 22:59:56.50 A8/49jmf0 212/601




頂上




ジョナサン 「さすがシーザー、ツェペリさんから習った波紋の扱いを完璧にマスターしている!」 つ双眼鏡


ジョナサン 「それに比べてジョセフは登っては落ち登っては落ちているな。」



891 : VIPに... - 2014/07/03 23:03:08.65 A8/49jmf0 213/601




一時間後



ジョセフ 「ハァ・・・・・ハァ・・・・・何とか波紋を指先に集中できるようになった。」


ジョセフ 「クッ・・・・・まだ半分かよ!」





シーザー 「ジョジョのやつ・・・・・不完全だが指先に波紋を集めれるようになったな・・・・・・・・。」


シーザー 「もうあと・・・・・・五十メートルなのに・・・・・・波紋が・・・・ッ!」



894 : VIPに... - 2014/07/03 23:07:00.93 A8/49jmf0 214/601




シーザー 「ここから落ちたら・・・・・・・多分着地の分の波紋はないッ!」


シーザー 「頑張らなくてはッ!」 バリリッ




ジョセフ 「シーザーまであと十メートルだぜ!」


ジョセフ 「ん?なんだ・・・・・・くぼみがあるぜ。」


ジョセフ 「ラッキー!このくぼみにつかまって一休みだッ!」



895 : VIPに... - 2014/07/03 23:11:16.17 A8/49jmf0 215/601




ガコッッッ



┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ドッッッ!





ジョセフ 「しまった!トラップだッ!」


ジョセフ 「大量の油がシーザーの頭上にッッ!」





シーザー 「 ! 」 バシュッッッ!


シーザー 「急に油が波のように・・・・・・・・!油にッ弾かれてッ!」


シーザー 「うわああああああああぁぁぁッッッ!」 ドヒュウウウウウゥゥッッ


ジョセフ 「シイイィィィザアアアアァァァーーーーーーーーーーーーッッッ!」



897 : VIPに... - 2014/07/03 23:16:07.85 A8/49jmf0 216/601




ヒュウウウウウウウゥゥゥ・・・・・・・






シーザー (落ちているッッ!ダメだ!もう壁には戻れないッッ!!)


シーザー (このままじゃあ落下死してしまうッッ!)


シーザー (ここで・・・・・・終わりなのか・・・・・・・・父さんの仇もうてず・・・・・。)


シーザー (このまま・・・・・・死ぬのかな・・・・・・俺・・・・・・・。)





















































シーザー 「嫌だッッッ!!」


シーザー 「こんなところでッッ!終わってたまるかァァッッッ!!」



898 : VIPに... - 2014/07/03 23:18:39.30 A8/49jmf0 217/601





シーザー 「父さあああああぁぁぁぁんッッッ!!」


シーザー 「俺に力を分けてくれええええええええぇぇぇぇぇぇぇッッッッ!!!!」 ゴオオオッッッ!!!!!




カッッッッ!!!!!





899 : VIPに... - 2014/07/03 23:21:07.09 A8/49jmf0 218/601





頂上





ジョナサン 「この光はァッッ!」


ジョナサン 「シーザーの波紋とマリオさんの波紋がぶつかり合いッッ!」


ジョナサン 「一つになったぁぁぁあああああッッ!!!」



902 : VIPに... - 2014/07/03 23:38:20.52 A8/49jmf0 219/601




シーザー 「分かるッ!父さんの波紋を感じるッ!」


シーザー 「タアァッ!」 ビッタァァ


シーザー 「このまま突っ切るッ!」 グググッッ


シーザー 「テヤアアァァッッ!!!」 ダアアアンッッ!!!



904 : VIPに... - 2014/07/04 00:08:52.37 bfxEUQqd0 220/601



ジョセフ 「シーザーのやろう!あれに突っ込む気かッ!!」 グググッッ


ジョセフ 「むちゃだッ!お前の体ではズタボロになるだけだ!俺もいくッッ!」 ダッアアアンッッ!!!


シーザー 「そんなことわかってる!」


シーザー 「シャボンカッターーーーーーーッッ!!!!」 ズアアアッッ



バシュゥゥッッ!!!



シーザー 「あの波のような油を斬るには威力が足りないッッ!」


906 : VIPに... - 2014/07/04 00:12:34.97 bfxEUQqd0 221/601




ジョセフ 「力を貸すぜシーザーッ!」


シーザー 「ああ!呼吸は俺に合わせろジョジョォォッッ!!」


ジョセフ 「ハアアアアアァァッッッ!!」 バリバリッッ!!!


シーザー (ウッッ!これがジョジョの波紋エネルギー!なんてパワーだ!)


シーザー (だが今の俺なら耐えられるッ!いや、扱えるッッ!!)


シーザー 「オオオオオォォッッッ!!」 バリリッ!!!



908 : VIPに... - 2014/07/04 00:14:23.66 bfxEUQqd0 222/601












シーザー ジョセフ 「「スーパー波紋カッタァァァーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!」」 ゴアアアアアアッッッ!!!!!








ズッバアアアアアアアンッッッ




910 : VIPに... - 2014/07/04 00:16:33.30 bfxEUQqd0 223/601




ジョナサン 「 ! 」


ジョナサン 「くッッ!」 サッッ



ヒュゥゥンッッ ズッガアアアアアンッッ




ジョナサン 「なんて大きさの波紋カッターだ!当たるところだった!」



911 : VIPに... - 2014/07/04 00:19:09.95 bfxEUQqd0 224/601



シーザー 「ハッ!」 シュタッ


ジョセフ 「よっと!」 シュタッ


シーザー 「やったなジョジョ!」 ガシッッ


ジョセフ 「ああ!お前のおかげだぜシーザー!」 グッッ


ジョナサン 「まさかあの油の滝をああやって攻略するとはね。」


912 : VIPに... - 2014/07/04 00:29:39.99 bfxEUQqd0 225/601




シーザー 「ところでどうして急に油が流れてきたんだ?」


ジョセフ 「」 ギクゥッ


ジョセフ 「それはたぶん修g ジョナサン 「ジョセフがトラップを作動させたんだよ。」


シーザー 「ジョジョォッッ!貴様ッ!」


ジョセフ 「あんなとこにくぼみつくんのが悪いんだぜ。」



913 : VIPに... - 2014/07/04 00:35:35.80 bfxEUQqd0 226/601



ジョナサン 「まあ何がともあれ、二人とも合格だ。おめでとう!」


ジョナサン 「今回のことでお互いの課題が克服されただろう。」


ジョナサン 「ジョセフはシーザーのような波紋の精密な扱い方。」


ジョナサン 「シーザーはジョセフのような圧倒的な波紋のパワー。」


ジョナサン 「だがまだシーザーの方が扱いが上手いしジョセフの方が波紋は強い。」


ジョナサン 「残りの修行で一気に両方底上げするぞ!」


シーザージョセフ 「「はいッ!!」」



927 : VIPに... - 2014/07/04 16:38:21.67 bfxEUQqd0 227/601




ジョセフとシーザーは修行した!
ジョセフは波紋の精密な扱い方!シーザーは波紋のエネルギーの威力増加のため!


二人は確実につよくなっていった!
そして二人の波紋エネルギーはリサリサを超えジョナサンに迫っていたッ!!


929 : VIPに... - 2014/07/04 16:43:18.41 bfxEUQqd0 228/601




シーザー 「喰らえジョジョォッ!」


シーザー 「シャボンカッター連打ッ!!」 ズアアッッ


ジョセフ 「シーザーのやつ!なんつーシャボンカッターの数ッ!」


ジョセフ 「でもたった三十個程度じゃ俺には効かないぜッ!」


ジョセフ 「地面を殴り上げるッッ!!」 ドッゴオオォッッ


ジョセフ 「地面流波紋疾走 (ガイアオーバードライブ) !!」 バリバリッッ



932 : VIPに... - 2014/07/04 16:48:51.90 bfxEUQqd0 229/601




ズガガガガガッッッ!




シーザー 「地面の土で壁を!」


シーザー 「波紋を流してシャボンカッターが貫通しないようにしている!」


ジョセフ 「自分ばっか遠くから攻撃できると思うなよシーザー!」


ジョセフ 「オラァッッ!」 ドッガアァッッ


シーザー 「ガードしていた土の壁を殴った!こっちに塊がッ!」


ジョセフ 「これぞ地面飛波紋疾走 (ガイアフライングオーバードライブ)だぜッ!」



933 : VIPに... - 2014/07/04 16:52:04.11 bfxEUQqd0 230/601




シーザー 「シャボンガード!!」 ギュルルルッッ!


ジョセフ 「ゲエェッ!シャボンカッターをガードに使いやがった!」


ジョセフ「ガードもできて切り裂くこともできる!攻守にして完璧だぜッ!」


935 : VIPに... - 2014/07/04 16:56:02.59 bfxEUQqd0 231/601




ジョセフ 「これ以上攻撃されてたまるかッ!」 ダダッ!


シーザー 「なんという走りのスピード!やはり身体能力では差がありすぎる!」


シーザー 「だが上に逃れてそこからッ!」 ググッ



ビッタアァ



シーザー 「足に何かついてる!?いや!これはくっつく波紋ッ!!」


936 : VIPに... - 2014/07/04 16:59:05.29 bfxEUQqd0 232/601




ジョセフ 「「まさかジョジョお前ッ!」と驚く。」


シーザー 「まさかジョジョお前ッ!」


シーザー 「ハッ!」


ジョセフ 「そう!地面流波紋疾走 (ガイアオーバードライブ)のときにくっつく波紋を流しておいたのさ!」


ジョセフ 「追い詰めたぜシーザー!」


シーザー 「くッ!」



937 : VIPに... - 2014/07/04 17:13:26.00 bfxEUQqd0 233/601




ジョセフ 「喰らえシーザー!」


シーザー 「うおおおおおおぉぉッッ!」




ジョセフシーザー「 「波紋疾走(オーバードライブ)!!」」 バルバリッッ!



938 : VIPに... - 2014/07/04 17:16:11.12 bfxEUQqd0 234/601




バチチチチッッッ!!



ジョセフ 「はあああああああああぁぁぁッッ!!」 バリバリッッ!


シーザー 「うおおおおおおおおぉぉぉッッ!!」 バリリッッ!




ズッガアアアアアァァァッッッッ



941 : VIPに... - 2014/07/04 17:20:24.07 bfxEUQqd0 235/601



シーザー 「グアアアァァッ!」 バッシュウッ


シーザー 「ウグァッッ!」 ドッサァ


シーザー 「相変わらず凄まじい波紋の威力だな。」


ジョセフ 「お前も俺の波紋を受けれるようになったなシーザー!」



942 : VIPに... - 2014/07/04 17:23:54.36 bfxEUQqd0 236/601




ジョセフ 「ダイアーさんが俺の全力受けたら多分腕が消し飛ぶぜ。」


シーザー 「まあこれも修行のおかげかな。」


シーザー (ありがとう・・・・・父さん!)





















チベット 波紋修行道場




ダイアー 「ムッ!今誰かこのダイアーを褒めた予感がした!」


ストレイツォ 「それはないな。」



946 : VIPに... - 2014/07/04 17:33:25.89 bfxEUQqd0 237/601



ジョナサン 「お疲れ様、はいタオル。」


シーザー 「ありがとうございます。」


ジョナサン 「惜しかったねシーザー。もうそろそろシーザーに抜かれちゃうぞジョセフ。」


ジョセフ 「大丈夫!体の強さは抜かれないぜ!」



947 : VIPに... - 2014/07/04 17:45:27.84 bfxEUQqd0 238/601




シーザー 「次は負けないからな!」


ジョセフ 「やってみろ!」


ジョナサン (お互いがお互いを高め合っている。いいことだ。)


ジョナサン 「ジョセフ、シーザー、大事な話がある。」


ジョセフ 「大事な話?」


ジョナサン 「奴らが動き出した。」


ジョセフシーザー 「「!!」」



948 : VIPに... - 2014/07/04 17:51:27.66 bfxEUQqd0 239/601












ワムウ 「カーズ様、お待たせしました。」


カーズ 「みないうちにたくましくなったなワムウ。」


エシディシ 「三人わかれて修行したからな。」


ワムウ 「今ならジョジョを倒せます。」


カーズ 「奴らも修行している。そう簡単にはいかぬぞ。」



949 : VIPに... - 2014/07/04 17:54:58.87 bfxEUQqd0 240/601




カーズ 「三週間時間を無駄にしてしまった。」


カーズ 「時は来た・・・・・・・・いくぞエシディシ!ワムウ!」































































カーズ 「エイジャの赤石を求めに!!」



To be continue

【 後編 】 へ続きます。

記事をツイートする 記事をはてブする