【前編】 【中編】 の続きです。

元スレ
偽街の子供達「ご主人様?」メガほむ「……うん、ご主人様だよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398092292/

2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/21 23:59:09.33 8KvMYmyi0 299/401


Lotte「……」ザッ ザッ

Lotte「……」ザッ ザッ

此岸の魔女「…………」ズルズル

ナマケ「シクシク」

ガンコ「シクシク」

偽街の子供達「シクシクシクシク」

メガほむ「ぁ、ぅう、やだ……嘘だよ……こんなの、嘘に決まって……」

まどか「っ。ほむらちゃ――」

QB「嘘? ほむら。彼女たちは、あの姿に見合うだけの呪いを背負いこんだんだ。それだけのことだよ」

マミ「キュゥべえっ。あなた――」

杏子「てめえは………」ガシッ

QB「きゅぷっ」

杏子「てめえは何様のつもりだ? 事情通ですって自慢したいのか?」

QB「自慢? 僕はただ事実をありのままに言ってるだけだよ? それなのにこの扱いは、理不尽だ」

杏子「だから、なんでそう得意げにしゃべってられるんだッ。あいつらは、ほむらの……」

メガほむ「ぅ……ひっく……」

杏子「……家族、なんだぞ」

QB「家族? ふうん。それはそれで興味深い関係だと思うけど……それよりも、君たちはあの魔女を倒さないのかい」

さやか「!」

マミ「っ」

杏子「てめぇは……!」

メガほむ「……ぇ? たお、す……?」

まどか「ぁ……」

偽街の子供達「……倒す?」

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/22 00:04:31.72 0aIy9tPy0 300/401


ヒガミ「倒すの?」

ノロマ「サクラキョウコが?」

マヌケ「ミキサヤカが?」

イバリ「トモエマミが?」

ネクラ「主賓を倒すの?」

ガンコ「それはダメだよ」

ヤキモチ「それはダメ」

ミエ「騎兵がいなくて砲兵もいない」

オクビョウ「ここは偽街じゃないから、わたしたちも生まれない」

ワガママ「それでもね」

ナマケ「それでもこれは、本番に近いの」

ワルクチ「だから、邪魔はダメ」

4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/22 00:18:28.09 0aIy9tPy0 301/401


さやか「ダメって言ったって……」

ワガママ「そうだ!」

ナマケ「それならさ」

オクビョウ「あなたたちの時も盛り上げてあげる」

マヌケ「だから見逃して?」

マミ「……え?」

さやか「あたしたちの……時?」

QB「そうかい。君たちは、そこまで知ってるんだね」

ミエ「知ってるよ?」

イバリ「当然」

ワルクチ「知ってるよ」

杏子「……なにを言ってやがんだ、お前ら」

ノロマ「?」

ヤキモチ「何って言われても」

ヒガミ「だからね」

ネクラ「あなたたちの時も盛り上げてあげる」

ガンコ「あなたたちが魔女になった時も」

偽街の子供達「盛り上げてあげる!」

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/22 00:42:05.97 0aIy9tPy0 302/401


さやか「え? あたしたちが魔女って……え?」

ワガママ「そうだよ」

ネクラ「魔法少女が魔女になる」

オクビョウ「ここに女神さまはいないもん」

ワルクチ「当然だよね」

まどか「な、何言ってるの? そんな……そんなひどい事があるわけ――」

QB「君たちはどこでその情報を得たのかな。いいや。使い魔というなら、知っていて当然なのかな?」

まどか「――え」

マミ「……キュゥべえっ? 今の話、ほんとうなの!?」

QB「ああ、まぎれもない事実だよ、マミ」

マミ「!」

さやか「そ、んな……。魔法少女が……あたしたちが、魔女に……?」

杏子「……っち」

イバリ「それで?」

ミエ「どうするの?」

杏子「……お前ら、いったん引くぞ」

さやか「え? な、なんであんたが仕切って――」

マミ「……いいわ。美樹さん。とりあえず、今はこの結界から出ましょう」

さやか「ま、マミさん。でも……」

杏子「うっせぇ! 行くぞ、まどか。……ほむらもだ!」

メガほむ「や……やだぁ! あの子たちが、あそこに……まだ、あそこに……!」

まどか「ほむらちゃ、ん……」

ネクラ「邪魔しないんだ」

ウソツキ「ありがとう」

ナマケ「それじゃあね」

ヤキモチ「バイバイ」

ヒガミ「また明日」

メガほむ「やだぁっ、わたし、わたし行かないっ。あの子たちを置いてったりは――」

杏子「……くそっ。つべこべ言うな! 来いっ、ほむら」グイッ

メガほむ「いやっ、いやぁ!」


17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/23 00:17:25.88 FBsFsBQp0 303/401




18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/23 00:17:56.24 FBsFsBQp0 304/401


~叛逆後の世界~

デビほむ「ただいま」

デビほむ(といっても、あの子たちがいなくなった今、誰も出迎えてくれる人なんていないんだけど、もう習性よね、これは――)

QB「おかえり、ほむら」

デビほむ「…………なぜあなたがわたしの部屋にいて出迎えるのかしら。不愉快極まりないわ」

QB「君はなぜ僕の耳をつかんでつるし上げるんだい? わけがわからないよ!」

デビほむ「……はぁ。まあいいわ。しばらく顔を見せていなかったあなたがここにいるということは、あの子たちの所在が判明したということなんでしょう?」

QB「うん。まあ、そうだね」

デビほむ「そう。思ったより早くわかってよかったわ。それで、あの子たちはどこにいるの?」

QB「いないよ」

デビほむ「……は?」

QB「だから、いないといったんだ。僕が探した限り、彼女たちはこの地球上のどこにも存在しないよ」

20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/23 00:32:47.78 FBsFsBQp0 305/401


デビほむ「存在しない、ですって……? それはどういうことなのっ?」

QB「そのままの意味さ。彼女たちは今現在この地球上のどこにも存在していない」

デビほむ「……それは、あの子たちがいなくなってしまったということ?」

QB「断言はしないよ? 彼女たちが自ら結界を張ってその中に閉じこもっている可能性もあり得るからね。そうなってしまっては、僕たちも見つけ出すのは難しい。まあ、その可能性は低いだろうけどね」

デビほむ「インキュベーター。あなたの言葉はいつだって回りくどいわ。つまり、あなたが最も可能性が高いと思っている結論は、どういうことなの」

QB「僕はできるだけ正確に事実を言い表そうとしているだけなんだけど……そうだね」

デビほむ「……」

QB「魔獣による攻撃か、それとも不慮の事故によるものか。理由は分からないけれども、おそらく、彼女たちはこの世界から消滅してしまったんだろう。ほむら。彼女たちのことは諦めるのが賢明だ」

デビほむ「……っ」







21 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/23 00:52:48.62 FBsFsBQp0 306/401

~マミホーム~


マミ「……」

杏子「……」

さやか「……」

まどか「……あの、マミさん。ほむらちゃん、どうでしたか……?」

マミ「……泣きつかれちゃったんでしょうね。いまは、寝室のベットで寝かせてあるわ」

まどか「あ……。そう、ですか」

マミ「ええ」

さやか「……」

まどか「……」

杏子「……それよりも、だ。いまは寝ちまったほむらのことより、優先する事態があるだろ――なあ、キュゥべえ?」

QB「……」


28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/23 23:42:58.90 FBsFsBQp0 307/401


QB「いまは僕のことよりも、自分たちが無事だったことを喜ぶべきじゃないのかな?」

杏子「ここにきても悪びれしねえとは、大したもんだなお前は」

QB「そうかい? まあ驚くのも無理はないよ。本来なら君たちに伝えられる情報ではないからね」

マミ「それじゃあ、本当に……」

QB「聞くまでもなく理解してるんだろう? 巴マミ、佐倉杏子、美樹さやか。あの使い魔たちの末路が、君たち魔法少女の行く末だよ」

さやか「あんた、あたしたちを騙していたの!?」

QB「騙す? 僕はちゃんと魔法少女になってくれと頼んだはずだよ? その行く末の姿がどういうものかの説明は省略したけれども……」

さやか「なんで教えてくれなかったのよ!」

QB「知らなければ知らないままで何の不都合もないからね。事実、ベテランのマミや杏子ですら今まで知らなくても不自由しなかったじゃないか」

マミ「……」

杏子「……はっ、いけしゃあしゃあとまぁ口が回るもんだな」

QB「僕は事実しか話していないよ? そもそも騙すという行為自体、僕たちには理解できない。認識の相違から生じる判断ミスを後悔するとき、人間はなぜか他者を憎悪するんだよね」

まどか「キュゥべえ……」

さやか「バカ言わないでよ! そんな大事なことを言わないで契約だなんてっ。ほむらだってあんな――」

QB「……? あの使い魔が魔女になった原因は君だろう、美樹さやか?」

さやか「……ぁ」

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/23 23:43:48.32 FBsFsBQp0 308/401


QB「つまり今のほむらが不安定な精神状態にあるのはきみのせいだよ、さやか」

さやか「ち、ちがっ……。ぁ、あたしは、そんなつもり、じゃ……」

QB「そうかい? まあ、君がどう思おうと事実は変わらないけどね。本来なら、君がそのまま魔女になってくれるのが僕にとって都合がよかったんだけど――」

杏子「てめぇ……! いい加減その口閉じやが――!?」

マミ「……」チャキ

QB「……マミ?」

杏子「マミ、お前……」

まどか「その銃、は」

さやか「マミ、さん?」

マミ「あなたは……」

QB「なんだい、マミ?」

マミ「あなたは、わたしたちの命を何だと思っているの? どうしてこんなことをするの……?」

QB「僕は君たちの願いを叶えただけにすぎないよ。僕との契約で交わした願いは、確かに君たちの心からのものだったはずだ」

マミ「……」

杏子「……」

さやか「……」


30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/23 23:57:51.71 FBsFsBQp0 309/401

QB「そうして叶えた願いの対価を受け取る権利はあるはずだよ」

マミ「ふざけないで……」

QB「ふざけてなんかいないさ。祈りから始まり、絶望で終わる。これまで数多の魔法少女が繰り返してきたサイクルだ」

マミ「みんな……みんな信じていたのよっ。信じていたのに裏切られたの!」

QB「君たちを裏切ったのは、僕たちではなく君たち自身の祈りだよ」

杏子「っ」

さやか「……あんたは」

QB「どんな希望も、それが条理にそぐわないものである限り、必ず何らかの歪みを生み出すことになる。マミ。君の生きるという願いのために、君自身の手で積み上げてきた魔法少女の犠牲をかんがみるんだ」

マミ「……っ」ビクッ

QB「そうやって過去に流されたすべての涙を礎にして、今の君の暮らしは成り立ってるんだよ。そんな当たり前の結末を裏切りというなら、願い事なんてすること自体間違いなのさ」

マミ「……そう、かもしれないわね」

まどか「マミさん……?」


31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/24 00:16:54.64 PMEW7qLh0 310/401

マミ「いつだってわたしは正義のためだって嘘をついて、ほんとうは自分のためだけに戦っていただけなんだもの」

杏子「おい、マミ」

マミ「それでもね。そんな自分勝手なわたしだけど、それでも、いまは一人じゃないの」

さやか「マミさん……」

マミ「だからキュゥべえ。ここから出て行って」

QB「僕としては――」

マミ「さっさと消えて。いまはあなたと話すことなんて、なにもない」

QB「……」

クルッ テクテク

さやか「……結局なんだったんだよ、あいつ」

まどか「マミさん。その、大丈夫ですか?」

マミ「……大丈夫よ。それより、これからのことを話し合いましょう? 佐倉さんもいいわよね?」

杏子「ああ。こんな状況じゃ縄張りがどーこーいってるわけにもいかないからな」

さやか「何よ。珍しく物わかりがいいじゃない」

杏子「うっせー新人」

さやか「なんだとぉ!?」

まどか「ダメだよ、ケンカしちゃ!」

マミ「そうよ。ケンカなんてしてる場合じゃないでしょう?」

まどか(よかった。みんな、まだちょっとぎくしゃくしてるけど何とか落ち着いてくれた。……ほむらちゃんは、あっちの寝室だっけ。まだ寝てるのかな)






QB「入っていいかい? 話があるんだ」

メガほむ「…………」


32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/24 00:26:31.40 PMEW7qLh0 311/401


メガほむ「……うん。いいよ」

QB「お邪魔するよ、ほむら。気分はどうだい?」

メガほむ「ふふっ。……リビングの話し声、こっちまで聞こえてたよ、キュゥべえ」

QB「そうなのかい? ずいぶん前から起きていたんだね」

メガほむ「うん。だから、こっちの話があっちに聞こえないように気を付けようね?」

QB「そうだね。いまこの状態をマミたちに見つけられたら厄介だ」

メガほむ「うん。……それで、あなたたちは、みんなを魔女にするために魔法少女を生んでいるの?」

QB「勘違いしないでほしいんだけど、僕たちは何も人類に対して悪意をもっているわけじゃない。ただ、やむを得ない事情があってこういう結果を招いているんだ」

メガほむ「……ふふっ」

QB「……どうして笑うんだい? 今のところで、何か面白いところがあったのかな」

メガほむ「ううん。ただ、やっぱりあなたも人間じゃないんだなって思っただけ」

QB「そうだね。僕たちは宇宙の寿命を延ばすために熱力学の法則に縛られないエネルギーを探してきた。そうして知的生命体の感情をエネルギーに変化するテクノロジーを開発したんだけど、あいにく僕らが感情というのものを持ち合わせていなかった。そうして見出したのが君たち人類だ」

メガほむ「うん。……それで?」

QB「とりわけもっとも効率がいいのは、第二次成長期の少女の希望と絶望の相転移だ。ソウルジェムがグリーフシードへと変わるその瞬間、君たちの魂は膨大なエネルギーを発生させる。それを回収するのが、僕たちインキュベーターの役割だ」

メガほむ「……ふふふっ。ごめんね。あなたの言ってること、ついていけない。全然、納得できないの」

QB「……ほむら。君はこの事実を聞いて、笑うんだね」

メガほむ「うん。だってあなたはあなたの役割をしてるだけなんでしょう。それって、あの子たちと何も変わらないもん。だから、それはそれでいいと思う。……それを責めることなんて、わたしにはできない」

QB「そうかい。まあ、君たち人類の価値基準は僕らも理解に苦しんでいるから、どんな思考の末にそいう結論に至ったかは聞かないで置くよ。――それより本題だ、暁美ほむら」

メガほむ「……なに?」

QB「君は今、叶えたい願いをその胸に抱えているだろう? 君にはそれを叶える資格があるんだ」

メガほむ「……うん」

QB「そうかい。それなら話は早い。ねえ、暁美ほむら」

メガほむ「……」

QB「僕と契約して、魔法少女になってよ!」

46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/24 23:16:14.51 PMEW7qLh0 312/401


メガほむ「……ごめんね。わたし、魔法少女にはなれないの」

QB「どうしてだい? 君は、抱えた願いがかなわなくてもいいのかい? それとも、魔法少女になった後のリスクを恐れているのかい?」

メガほむ「ううん。リスクなんてどうでもいいの。……きっとあなたに願えば、あの子だって元の姿に戻るんだよね?」

QB「当然、その程度の願いなら叶うだろうね」

メガほむ「そっか。でもね。それであの子を元に戻して、次はどうするの?」

QB「次?」

メガほむ「うん。次。だってあの子たちはみんな魔女になる運命なんでしょう? 他の子達が魔女になった時、わたしにはもう、奇跡を叶える資格はないんだもの」

QB「そうだね。それは僕にもどうしようもないことだ」

メガほむ「でしょう? だから、そんな一時しのぎにしかならない奇跡なんていらないの。……ふふっ。そんなことしなくても、あの子達とずっと一緒にいる方法はあるからね」

QB「そうかい。なら少し残念だけど、僕はお呼びでないということでいいのかな」

メガほむ「うん。だから、もうさよならだね、キュゥべえ」

QB「さようなら、ほむら。この宇宙のために死んでくれる気になったら、いつでも声をかけて。待ってるからね」

クルッ テクテク

メガほむ「…………ふふふふっ」

メガほむ(この宇宙のため、かぁ)

メガほむ「ごめんね、キュゥべえ。わたしの命は、宇宙なんかにあげられないの」

コンコン

メガほむ「……!」

マミ「暁美さん。起きてるかしら? 入ってもいい」

メガほむ「…………はい。起きてます。どうぞ」

50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/25 00:00:21.23 XOvFA5MX0 313/401


マミ「お邪魔するわね」

メガほむ「いえ。お借りしてるのはこちらのほうですから」

マミ「あら、そんなことは気にしないでいいのよ?」

メガほむ「……ありがとうございます」

メガほむ(巴さん、か。……美樹さんのほうが良かったけど、そもそもここは巴さんの部屋だし、仕方ないよね。佐倉さんや鹿目さんじゃなかっただけ良しとしなきゃ)

マミ「それで、気分はどう?」

メガほむ「……だいぶ落ち着きました。気分もすっきりして、今までにないくらい頭が冴えている気がします。いままで気が付けなかったこともわかって、なんだかいろいろ合点がいって、なんだか少し不思議な気分です」

マミ「そう……。無理、してない? つらかったらまだ泣いてもいいのよ?」

メガほむ「はい。大丈夫です。それで、巴さん。わたし、聞きたいことがあるんです」

マミ「なにかしら? わたしに答えられることだったら、なんでも聞いて?」

メガほむ「巴さんたちは、あの子たちをどうするんですか?」

マミ「っ。それ、は、これから佐倉さんたちと話し合うことだけれども……」

メガほむ「……やっぱり倒すつもりなんですね」

マミ「まだそうと決まっているわけじゃないわ」

メガほむ「いいんですよ、言葉を濁さなくても。きっとそうするんだろうなって思ってましたから」

マミ「……暁美さん? あなた、どうしたの?」

メガほむ「どうしたって、何がですか?」

マミ「やっぱり少し変よ。まだ疲れてるなら、まだ眠っても――」

メガほむ「いいんです。もう寝てる時間なんていりませんから」

マミ「暁美、さん……?」

メガほむ「それで、巴さんたちは魔女だからっていうだけの理由であの子を殺すんですね。――あなたたちも魔女になっちゃうくせに」

マミ「――え」

51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/25 00:01:42.73 XOvFA5MX0 314/401


マミ「暁美さん、あなた、何を言ってるの……?」

メガほむ「何って、巴さんこそどうしたんですか? わたし、何か間違ったこと言いました?」

マミ「間違ったことは、言って、ないけど……」

メガほむ「そうですよね。キュゥべえが言ってたことですもん。ふふっ。マミさん、ずいぶんとキュゥべえのことを信頼してましたよね? 今日の話を聞いてどう思いました? キュゥべえ、すごいですよね。わたし達のことなんて、使い捨ての消耗品ぐらいにしか思ってないですよ、あれ」

マミ「……っ」

メガほむ「以前に巴さんから人間じゃないあの子たちと暮らすのはよくないって言ってましたけど、ふふふっ。巴さん、よくあんなこと言えましたよね。キュゥべえを追い出した時、どんな気持ちでしたか?」

マミ「やめ、やめてっ……! なんでそんなことを聞くのっ」

メガほむ「そうですか。なら、この話はやめますけど……そういえば、美樹さんが魔法少女になったのって、巴さんのせいですよね」

マミ「…………ぁ」

メガほむ「大変ですよね、美樹さん。内心では巴さんのこと恨んでますよ。当然ですよね。だって、巴さんと出会わなければ、美樹さんはこんなことに巻き込まれなかったはずですから」

マミ「あ、ぅ、そんな、美樹さんは、そんな子じゃ……」

メガほむ「そうですか? 美樹さんは確かに正義感にあふれていて、まっすぐで、好きな人のためにたった一度きりの奇跡も使えちゃうような……そんな、良くも悪いただの女の子なんですよ?」

マミ「それは、それ、は……確かに美樹さん、は……」

メガほむ「そう。そんな普通の女名の子だった美樹さんが、巴さんに会っちゃったばっかりに、何もかもダメになっちゃったんです。これで恨まないわけないでしょう?」

マミ「あ」ガク

メガほむ「美樹さんのことだから、もちろん表には出したりしないと思いますよ? 巴さんに気を使って、ニコニコ笑ってると思います。でも、その奥底はどうでしょうね。……いつ、巴さんといることに耐えられなくなっちゃうでしょうね?」

マミ「ぁ、あああ」ガクガク

メガほむ「いままでも、魔法少女だった魔女を殺して生きながらえて、そうして美樹さんまでいつか魔女になる魔法少女にしちゃって、彼女のこれからを台無しにしちゃったんですよ、巴さんは。本当に、ひどい人ですね」

マミ「ぅあぁ、ああああああ」ガクガクガクガク


55 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/25 00:28:25.38 XOvFA5MX0 315/401


メガほむ「――ふふっ。でも大丈夫ですよ、巴さん」ニコリ

マミ「ぁあああ――え?」ピクリ

メガほむ「大丈夫なんですよ。自分勝手な希望で生きてきた巴さんでも、絶望から生まれたあの子たちなら、心から受け入れてくれます」ニコニコ

マミ「……こんなわたしでも、受け入れて、くれ、る?」

メガほむ「はい。だから巴さん、連れて行ってください」ニコニコニコニコ

マミ「どこに、どこに行けばいいの……?」

メガほむ「決まってるじゃないですか」ニコリ

マミ「…………」

メガほむ「葬列に行きましょう? ――わたしを、あの子たちのところに」

71 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/25 23:53:10.35 XOvFA5MX0 316/401





さやか「だーかーらっ。なんであんたはいちいちそう偉そうなのよ!」

杏子「偉そうも何も、あんたよりに一年以上は長く魔法少女をやってんだ。実際に偉いのさ、ルーキー」

さやか「うがぁあ! ああ言えばこう言うっ。まどか! あんたもこいつに何か言ってやってよ」

まどか「そんなことよりも、さやかちゃん。マミさん、ちょっと遅いよね。ほむらちゃんの様子を見に行ってるはずだけど……」

さやか「そんなことだとぅ!? ちょ、まどか――」

杏子「ん? そういえばそうだな。ちょっとばかし時間がかかりすぎてる気もするな」

まどか「だよねっ」

さやか「お、おーい? まどかさーん……? あたしの話もちょっとは――」

まどか「杏子ちゃん、さやかちゃん。ちょっとわたし、ほむらちゃんの様子を見てくるね」

杏子「おう。行って来い、まどか」

まどか「うん!」

さやか「…………」

72 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 00:29:23.45 Zrs22PC70 317/401


さやか「……ねえ。さっきからちょっと気になってはいたんだけど……あんたとまどか、何か仲良さげじゃない?」

杏子「あん? 別に普通だろ。初対面でもないしさ」

さやか「いやでも――」

まどか「杏子ちゃんっ、さやかちゃん!」

さやか「――たまにはあたしにも最後までしゃべらせてくれー」

杏子「めんどくせーな、お前……。それで、まどか。血相変えてどうした?」

まどか「部屋にほむらちゃんとマミさんがいないの!」

さやか「え!?」

杏子「……なんだと?」

まどか「それで窓が開いてて、もしかしてほむらちゃんとマミさん、そこからどこかに行っちゃったんじゃ……!」

杏子「ちくしょうがっ。ほむらのやつ……さやか! すぐに追うぞ!」

さやか「え!? で、でも二人がどこに行ったかなんて――」

杏子「バカかお前は! いまほむらが行こうとするところなんてひとつだろうが!」

まどか「あっ、ほむらちゃん、もしかして……!」

さやか「あいつらのところね!」

杏子「ああっ。……まどか、お前は留守番してろ」

まどか「う、うんっ。わかった!」

杏子「それじゃあ行くぞ、さやか」

さやか「う、うん」

杏子(よしっ。マミがほむらを連れてるなら、その分、足は重くなってるはずだ。まどかを連れて行かなきゃ先回りはできるが……くそっ。なんでマミのやつはほむらを止めなかったんだ……?)


73 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 01:09:16.74 Zrs22PC70 318/401


~工事現場~


マミ「……ここね」

メガほむ「……わかりました。それじゃあ、わたしは中に入ります。巴さんは、ここに残っていてください」

マミ「……どうして? わたしも、一緒に行くわ」

メガほむ「仕方ないんです。だって、巴さんには――」

さやか「あ、っぶなっ。なんと間に合ったぁ!」

杏子「追いついたぞ、ほむら、マミ!」

マミ「あ……」

メガほむ「――あの人たちの相手をしてもらわないといけませんから」

74 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 01:31:28.15 Zrs22PC70 319/401


メガほむ「こんばんは、佐倉さん、美樹さん」

マミ「……」

さやか「ほむら……マミさん……」

杏子「よう。ずいぶんと辛気臭い顔してんな」

メガほむ「ふふっ。……気にしないでください。そういう佐倉さんこそ、いつまで見滝原にいるつもりなんですか?」

杏子「あんたには関係ねーだろうが。とりあえずいまは、ここの魔女を食ってくだけだよ」

さやか「杏子っ。あんた、そんな言い方はないでしょっ」

メガほむ「……いいえ、美樹さん。別にいんですよ。佐倉さんがなんと言おうと、今回ばかりはわたしも譲れませんから」

マミ「……」

さやか「ほむら……。マミさんもそうだけど、あんた、さっきから様子が変だよ。もしかして、魔女の口づけを受けてたりしない?」

メガほむ「……そういう美樹さんは、いつもとあまり変わらないですね。――あの子を、魔女にしたくせに」


75 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 01:48:53.71 Zrs22PC70 320/401


さやか「……え?」

メガほむ「美樹さんが一人で暴走して、周りの言うことも聞かないで行動するから穢れがたまって、そんなの自業自得でしかなかったはずなのに、本当は美樹さんが魔女になるはずだったのに、美樹さんはそれを全部あの子に押し付けたんです」

杏子「おい、ほむら……。お前、何を言って――」

メガほむ「間違ったこと言ってますか、わたし? 言ってませんよね」

さやか「ぁ、ちが、ぅ……ちが、わないけど、ほむら。あたしは、それでも、そんなつもりじゃなかったの……。ご、ごめ――」

メガほむ「ほら、ここで自己弁護をする。美樹さんはそんな自分大事で卑怯な人です。……だから、上条君を志筑さんにとられちゃうんですよ」

さやか「――ぁ」

メガほむ「明日、上条君に全部伝えるって約束したんですよね。どうするんですか? 自分がいつかは魔女になって人を殺すんですって、そんな大切なことを言わないわけにはいけませんよね」

さやか「ぁ、ぅ」ブル

マミ「…………」

メガほむ「頑張ってくださいね、明日の告白。上条君、どんな顔をして美樹さんから離れていくでしょうね?」

さやか「ぅう、うううううううう」ブルブル

杏子「……ちっ。ちょっと寝てろっ」ガツン

さやか「ぅううう――うぐっ」バタン


79 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 02:03:51.13 Zrs22PC70 321/401

メガほむ「……乱暴ですね、佐倉さん」

杏子「はんっ。あんたの言葉ほどじゃねーさ。まー、さやかのやつが何もいないでリタイアするとはあたしも思ってなかったけどさ。あのままほっとくよりは大分ましだろ」

メガほむ(……佐倉さんは無理だよね。美樹さんと巴さんはちょっと無理矢理でも責められる部分がわかってたけど、佐倉さんには何を言えばいいかわからないや……)

杏子「それで、ほむらがやけっぱちになってるのは分かるけどさ。マミ。あんたはなんでこいつに付き合ってんだよ」

マミ「……わたしには、もう魔法少女を続ける理由がないのよ」

杏子「はぁ?」

メガほむ「……巴さん。わたし、もう行きますね」

杏子「! ちょっと待――!」

バンッ

マミ「……動かないで」チャキ

杏子「マミ。あんた……」

マミ「暁美さん。いまのうちに」

メガほむ「はい」テクテク

杏子「……」

杏子(ほむらが結界に入っちまった……!)

杏子「どけっ。あんた、あいつを見捨てるつもりかよ!」

マミ「どかないわ。わたしもこの結界の中で死ぬんだもの」

杏子「……んだと?」


80 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 02:12:31.59 Zrs22PC70 322/401

マミ「美樹さんを魔法少女にしたのはわたしなのよ? わたしはね、何にも知らないくせに、嬉々としてあの子が人々を殺す魔女になる道に引きずり込んだの。笑っちゃうでしょう? 一人が淋しいからって仲間を作った結果がこれなの」

杏子「……」

マミ「わたしのやってきたことって何だったの? 大切な仲間を魔女にするための戦いだったの?」

杏子「……そんなん、知るかよ」

マミ「そうよね。でも、どうせいつかは同じ運命をたどるなら、今ここであの子たちに見送られて死んだほうがましだって、そう思っちゃうじゃない?」

杏子「……」

マミ「だから放っておいて。佐倉さんだって、もう二度と他人のためには魔法を使わないって、確かにそういって縁を切ったんだものね?」

杏子「相変わらず、いちいち細かいやつだな……。だったらそいつはちょいとばかり撤回するよ」

マミ「……」

杏子「今のあたしには、あんたらをこのまま放っておくことなんて、絶対できやしないんだからさ!」


108 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 23:32:57.55 Zrs22PC70 323/401


マミ「……そう? できないのなら、どうするのかしら?」

杏子「魔法少女同士がもめ事を一発で解決させる方法なんて、一つしかないんじゃない?」

マミ「……それもそうね。いいわ」スッ

杏子「……」

マミ「悪いけど、いつかの時みたいな手加減はなしよ。本気で殺すつもりで行くから覚悟してね、佐倉さん?」チャキ

杏子「……ふん、上等じゃんかさ。ちょうどいい機会だ。手加減なしのマミとあたし、どっちが強いかはっきりさせようじゃないか」ヒュン

マミ「それじゃあ、お望み通り力づくで通らしてもらうわよ?」

杏子「はっ。ほむらのところに行きたけりゃ、あたしをぶっ倒してからいきな!」


109 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/26 23:43:47.64 Zrs22PC70 324/401


~結界内部~


Lotte「……」ザッ ザッ

Lotte「……」ザッ ザッ

此岸の魔女「…………」ズルズル

ワルクチ「……」

オクビョウ「……」

イバリ「……これ、もう何回目だっけ」

ウソツキ「えっと、九回目?」

ミエ「違うよ。十回目」

マヌケ「そうだね。十回目だね」

ヒガミ「十回……」

ヤキモチ「もう十回も……」

ネクラ「……あと何回?」

ガンコ「何回でもやる」

ワガママ「何回でも……」

ノロマ「……」

ナマケ「…………飽きた」

偽街の子供達「…………」

110 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/27 00:05:25.61 lVhcAFUZ0 325/401


ヤキモチ「……なら帰る?」

ガンコ「でも、お祭りまで練習しなきゃ」

ウソツキ「……なんか別にもういい気もしない?」

ミエ「そうだよ。もういいよ」

ワガママ「わたしなんて、いっとう早く泣けるもん」

ヒガミ「じゃあ帰る?」

イバリ「うーん……」

コツコツ

オクビョウ「……あれ?」

マヌケ「誰か来たよ」

ワルクチ「あれって……」

メガほむ「……」テクテク

ネクラ「ご主人様?」

ナマケ「ご主人様だね」

メガほむ「……うん、そうだよ」

112 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/27 00:17:48.37 lVhcAFUZ0 326/401


ワルクチ「何しに来たの?」

ヒガミ「何かをしに来たの?」

メガほむ「うん。わたしも葬列に参加しに来たの。いいよね?」

ネクラ「いいよ?」

ガンコ「ちょうどいいね」

イバリ「これで最後にしよう」

ウソツキ「これが、最後の葬列」

メガほむ「そうだね。これが最後だね。……ありがとう」

ノロマ「……?」

ミエ「それじゃ、一緒にあそこまで歩こう」

メガほむ「……あの大きなギロチンまで?」

ヤキモチ「そうだよ」

ナマケ「面倒ならやめる?」

メガほむ「ううん。行くよ。ふふっ。……本当に、おおきなギロチン」

マヌケ「そう?」

ワガママ「とにかく行こ!」

メガほむ「……うん」


114 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/27 00:25:36.39 lVhcAFUZ0 327/401

Lotte「……」ザッ ザッ

Lotte「……」ザッ ザッ

此岸の魔女「…………」ズルズル

ガンコ「……」テクテク

ナマケ「……」テクテク

メガほむ「……」テクテク

偽街の子供達「……」テクテク

メガほむ「……ね、あなたたち」

ノロマ「?」

マヌケ「どうしたの?」

メガほむ「実はわたしね。ここに来るために、巴さんと美樹さんにひどい事しちゃったの」

ワガママ「そうなの?」

オクビョウ「トモエマミとミキサヤカにひどいこと……」

ヤキモチ「頭をかじるとか?」

ネクラ「キックとか?」

メガほむ「え? いや、その、そういうひどいことじゃなくて……なんていうのかな。二人に対して、こじつけみたいなひどいことを言っちゃったの」

ヒガミ「ふーん」

ミエ「ひどいことを言うって、つまり」

ウソツキ「こいつみたいにってこと?」

ワルクチ「おい、こっち見るな」

115 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/27 00:41:32.96 lVhcAFUZ0 328/401


メガほむ「あはは……うん。いつものその子より、もっともっとひどいことを言ったの」

ミエ「でもあの二人にひどい事って、それ」

マヌケ「わりといつも通りじゃない?」

メガほむ「へ? そ、そんなことないよ? あんなこと言ったの、初めてだもん」

ネクラ「ふーん?」

ヤキモチ「なんでそんなこと言ったの?」

メガほむ「だって、わたし一人じゃ、この結界の場所もわからないんだもん。普通に頼んでも連れてきてもらえるわけないから、ね」

ワガママ「そうだね」

ヤキモチ「二人とも頭が固いしね」

ノロマ「……」ジイー

ガンコ「なぜこっちを見る」

イバリ「そうだね」

ミエ「どっちかというと、あっちだね」

Lotte「……」ザッ ザッ

Lotte「……」ザッ ザッ

ワルクチ「つまり、こいつらとお前ってキャラがかぶ――」

ウソツキ「そんなひどいことを言っちゃだめだよ」

メガほむ「うん。あなたたち、最後くらいわたしの話聞いてくれると嬉しいかなー?」

116 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/27 01:11:22.51 lVhcAFUZ0 329/401


ナマケ「はいはい」

マヌケ「それで?」

メガほむ「うん。それでね。巴さんにひどいこと言って、ここに連れてきてもらえるように誘導したんだ」

オクビョウ「へー」

ヤキモチ「そうなの?」

メガほむ「正義感と責任感が強い美樹さんならともかく、巴さん相手で成功するか自信がなかったんだけど、思った以上にうまくいったんだ」

ネクラ「まあ、トモエマミだったらね」

ワルクチ「そういう時期だしね」

メガほむ「ふふっ。そっか。それでここに入る直前、佐倉さんと美樹さんに追いつかれちゃってね。巴さんに足止めしてもらうにしても、二対一じゃ厳しいだろうなって思って、美樹さんにひどいこと言って責めたてたの」

ミエ「あらら」

ヤキモチ「それは濁るね」

メガほむ「動きがにぶるかなって、それくらいの気持ちだったんだけど、これも予想以上に効いたみたいでね。美樹さん、佐倉さんに気絶させられちゃった」

イバリ「あ、割れなかったんだ」

ウソツキ「なんだ……」

メガほむ「いまもあの二人、戦ってるのかな。巴さんは優しい人だし……佐倉さんも何だかんだで素直になれないだけだから、巴さんにあんまりひどいことできないと思うの」

ワガママ「さあ?」

ガンコ「それはどうだろう」

メガほむ「きっとそうだよ。それで全部終わった後は、鹿目さんがみんなをつなげてくれるよね。だから、わたしがいなくなった後はハッピーエンドだよ――なんてね」

ノロマ「……?」

メガほむ「そんなのね、全部さっき考えた嘘なんだ」


117 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/27 01:27:18.13 lVhcAFUZ0 330/401

ウソツキ「うそ?」

メガほむ「本当はね、ただ巴さんも道ずれにしてやろうって思ってただけなの」

ワガママ「うん」

メガほむ「本当はね、美樹さんのことを恨んでただけなの」

ネクラ「うん」

メガほむ「本当はね。みんなのことなんて全部どうでも良くって、こんな世界めちゃくちゃになっちゃえば、それはそれでいいなって、そう思ってただけなの」

ヒガミ「うん」

メガほむ「それがたまたま全部つながってここにこれたの。……ねえ。あなたたちも魔女になっちゃうんだよね」ジワ

ヤキモチ「うん」

メガほむ「そうだよね。あなたたちはそういう役割で、それはそれで仕方ないって分かってはいるの。でもね」ポロリ

イバリ「うん」

メガほむ「わたし、ぃっく、無理だよ……。あの子一人でも、わけわかんなくなるくらいつらかったのに、あなたたちが一人ずつ魔女になって、ぐすっ、それで巴さんたちに退治されるのを見るなんて、それに耐えろだなんて、無理なの……!」ボロボロ

オクビョウ「うん」

メガほむ「……あのギロチンまで、もうちょっと歩くね」ゴシゴシ

ナマケ「うん」

メガほむ「でも、いいよ。……わたしも、あの子と一緒にいくから」

マヌケ「うん」

Lotte「……」ザッ ザッ

Lotte「……」ザッ ザッ

此岸の魔女「…………」ズルズル

ノロマ「……」テクテク

ウソツキ「……」テクテク

メガほむ「……」テクテク

偽街の子供達「…………」テクテクテクテク


128 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/28 00:46:25.80 pQTYC6BN0 331/401


~マミルーム~


まどか「うん、うん、ごめんねパパ。ちょっと先輩の家にお呼ばれしちゃってて遅くなってるの。もしかしたら泊まるかも――え? ううん。大丈夫だよ。うん。それじゃあ」

ピッ

まどか「ふう、何とかいい訳できた……。心配かけちゃったかな。パパとママには悪い事しちゃったけど……それでも、いま帰るわけにはいかないもんね」

まどか(みんなが帰ってきたら、ほむらちゃんにはまずお帰りなさいって言ってあげよう)

まどか(さやかちゃんには上条君にばらしちゃったことをちゃんと謝らなきゃ)

まどか(それから、マミさんにも杏子ちゃんと友達になったって打ち明けよう)

まどか(みんながケンカしないように、仲良くなれるように頑張ろう。それが、魔法少女じゃないわたしに頑張れることだと思うから。だから――)

まどか「みんなが、ケガもなく無事に帰ってこれますように」


129 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/28 00:56:33.45 pQTYC6BN0 332/401






マミ「……」

杏子「……」

マミ「……残念ながら、わたしの勝ちね、佐倉さん」

杏子「……はっ」

マミ「強がってもダメよ? そんなに縛られちゃ、もう動けないでしょう?」

杏子「それで? あたしを動けなくしてどうすんの。とどめを刺すの?」

マミ「そうね。いまさらやめるわけにはいかないもの。ごめんなさいね、佐倉さん」チャキ

杏子「……アンタが謝ることないさ。だってさ、先に裏切ったのはあたしじゃないか」

マミ「……え?」

杏子「昔のマミにだってあっただろう? あたしを信じてくれたこと。突然手のひらを返して裏切るなんて思ってもみなかっただろう?」

マミ「……」

杏子「あたし、いつも自分のことばっかであんたに甘えてわがまま放題で、きっと何度も傷つけてきたんだと思う。だからあんたがあたしに恨みを抱くのも無理ないし、今のあたしは自業自得なんだろうさ」

マミ「……今更どういうつもり? 命乞い?」

杏子「ううん。ただ謝りたかっただけさ」

マミ「……」

杏子「今日までごめんね、マミさん。気の済むようにやってよ。……いいよ。撃ちなよ」

マミ「…………」



バアンッ――……パリン




130 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/28 01:06:18.67 pQTYC6BN0 333/401


マミ「……待ってて、暁美さ――!」ズクン

マミ(……ぁ。変身が、解け――)

マミ「う……ッ」ドサリ

マミ(動けない……。佐倉さんとの戦いで魔力、使いすぎたのね。ソウルジェム、もう真っ黒だ)

QB「生き残ったのは君のほうか、マミ。仕方ないね。君だけでも無事でなによりだ」

マミ「キュゥ……べえ……」

QB「あの魔女のもとに行く前に魔力が尽きてしまったようだね。そのソウルジェムはもう限界だ」

マミ(……そっか。わたし、魔女になっちゃうんだ)

QB「魔女が孵るまでにはまだ時間がありそうだけど、ここで見届けさせてもらうよ。それもまた僕の役目だからね」

マミ(暁美さん。傍にいてあげられなくてごめんね。……やっぱりわたしって駄目だなぁ。もっと強い意志さえあればなんだってできたはずなのに、肝心なところで迷っちゃうからいつも失敗しちゃう)

QB「マミ。君の絶望は、どんな形をしてるのかな」

マミ(……そっか。こんなわたしだから、いつもひとりぼっちで終わっちゃうんだ)


131 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/28 01:26:27.74 pQTYC6BN0 334/401


――マミ回想――

杏子「うぅ・…また負けたー!」

マミ「ふふっ。まだまだ甘いわね」

杏子「くっそー、マミさんのリボンは卑怯だよ! 本数制限なしの上に自由自在に操れるんでしょう? そんなのよけられるわけないよ!」

マミ「実践の時にもそんな言い訳するつもりなの? 魔女との戦いに卑怯も何もないのよ?」

杏子「うっ」

マミ「それにわたしの魔法が卑怯だっていうなら佐倉さんの幻惑魔法はどうなっちゃうのかしらね?」

杏子「あうぅ……。それならせめて、もう少しくらい手加減してくれてもいいよね? 一度くらい勝ちたいよ……」

マミ「だーめ! 訓練にならないでしょう?」

杏子「けち……」

マミ「……もう。だったら手加減はしないけど、報酬付きの勝負はどう? わたしに勝った時は、かわいい後輩の言うことなんでも聞いてあげちゃうわ」

杏子「!! なにそれ乗った! ホントになんでもだね!?」

マミ「叶えられる範囲だからね。……まあ佐倉さんの場合、今の調子ならわたしなんてすぐに追い抜いちゃうわよ。不得意な治癒魔法をカバーできさえすれば右にでるものはいないくらい成長すると思う」

杏子「そ、そう?」

マミ「そうよ。だから自信もって? こんな優秀な子が友達になってくれてわたしも花が高いんだから」

杏子「……ねえマミさん」

マミ「どうしたの?」

杏子「……その、マミさんはあたしのこといつも友達って言ってくれるけどさ……。あたしにとってのマミさんは友達っていうのとはちょっと違う違うっていうか……」

マミ「どういう……こと?」

杏子「えーっと、変な意味じゃなくてさ。その……ううん。やめとく! さ、行こ!」

マミ「……」

マミ(……そう、なんだ。友達じゃ、ないんだ)

マミ「……そうだよね」

マミ(だって佐倉さんは魔法少女として強くなるためにわたしと一緒にいるんだもの。一人前になったらきっとわたしのもとから去ってしまうんだ)

マミ「それならせめて、少しでも長く傍にいてくれるように、わたしにできる努力はしなくちゃね」

マミ(たとえば誰よりも強くて頼りがいがあって、品が良くてみんな優しくて、絵にかいたような魔法少女のように優雅でいて、それから――)


132 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/28 01:50:27.64 pQTYC6BN0 335/401


ロリマミ『――もうやめよう?』

マミ『……え?』

ロリマミ『無理して頑張らなくてもういいの。どんなに努力したってみんなはマミの頑張りに応えてくれないもの』

マミ(魔法少女になる前の、わたし……?)

ロりマミ『みんなみんな、マミ一人置き去りにしていなくなっちゃう薄情者なんだから』

マミ『……一人、に』

ロりまミ『そうよ。だけどもう大丈夫。ひとりぼっちにならない素敵な方法を見つけてきたよ』

マミ『どんな方法……?』

ろriMaミ『理想の世界をつくればいいの』

マミ『理想の……』

RoriMaみ『理想の友達はマミを絶対に裏切らないよ。佐倉さんみたいに友達じゃないなんて言わないし、美樹さんみたいに恨んだりもしなければ、暁美さんみたいにひどいことを言ったりもしない』

マみ『……』

Roromami『時間を忘れてみんなで楽しくお茶会するの』

まmi『……そっか』

Lorocami『そうだよ。だから、わかるよね?』

Mami『うん」

Candeloro『わたしが魔女になっちゃえば、ずっとみんなの傍に――


134 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/28 01:54:58.83 pQTYC6BN0 336/401

――カツン

マミ「……!」

QB「……」

杏子「おはよう。びっくりした?」

マミ「佐倉、さん……」

杏子「なあ、マミ」

マミ「……」

杏子「もう、目は覚めたかい?」


144 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/29 04:34:45.50 Lstbriyl0 337/401


QB「……君も生きているということは、あの死体は偽物ということだね。幻惑魔法かい?」

杏子「……ふん」

QB「なるほどね。わずかながら能力が戻っていたのか」

杏子「奥の手は最後までとっておくもんだな。おかげであたしは、こうしてあんたを出し抜けたわけだしね」

マミ「……」

杏子「グリーフシードがなくっちゃさすがのマミ先輩もお手上げだな。ま、残念ながらあたしも自分で狩った魔女の分はもう品切れなんだけど、さ」

マミ「…………」

杏子「……何か言い返してくれなきゃこっちの立つ瀬ってもんがないだろ? 怒ってんのかよ……?」

マミ「違うの。わたしにもあったのよ、佐倉さんに謝らなくちゃいけないこと。だから改めて反省会をしない?」

杏子「……はぁ?」

マミ「戦いが終わった後は必ずそうする決まりだったでしょう? お茶をしながらここが良かったとか悪かったとか話し合ったじゃない」

杏子「そりゃ、そうだけどさ……」

マミ「……いいわ。勝手に話すから聞いて欲しいの」

杏子「……」

マミ「わたしはね。ずっとあなたと友達になりたいと思ってたの。あなたにとってのわたしはただの先輩でしかなかったみたいだけど、わたしはそんな立場じゃなくて友達みたいに仲良くなりたかったの」

杏子「……友達、ね」

マミ「うん。だけどわたしには歩み寄る勇気がなくて何も言えなかった。顔z雲いない孤独な魔法少女同士だったのに、結局お互いをつなぎとめるのは戦いや争いでしかなかったのが心残りなの」

杏子「…………」

マミ「あの時のわたしに勇気があればこんな争いもせずに済んだんじゃないかって……反省してる」


145 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/29 04:47:31.60 Lstbriyl0 338/401


マミ「……次は佐倉さんの反省点ね」

杏子「あたしの……?」

マミ「ええ。幻惑魔法でうまいこと騙せたと思ってた? 残念だけど偽物だってわかってたわ」

杏子「は!? なに言って……う、うそつけ!」

マミ「昔のロッソ・ファンタズマのほうがキレがあったわね。もう一度リハビリもかねて特訓してあげましょうか?」

杏子「――ッ。今更あんたにおそわつことなんかねーよ! そいつ抜きにしたって十分アンタと渡り合ってたろ!?」

マミ「そう? あなたより新人の美樹さんだってあれくらいはやつわよ?」

杏子「調子に乗ってんじゃねえよ! あたしはあんたらみたいに他人となれ合うぬるいやつらとは違うんだ! あたしはひとりだって負けねえし、あんただっていつか追い抜かして――」

マミ「どんなに強いものにだって弱点はかならずあるものよ。だからこそわたし達はひとりぼっちじゃダメだったの」

杏子「……っ」

マミ「たとえば佐倉さんにも苦手な魔法はある。逆にその魔法を得意とする子が身近にいたでしょう?」

杏子「それは……」

マミ「そうやって互いの弱さを認め合ってみんなで補い合えば、わたし達にはもっと素敵な未来があったはずなの。足手まといだから一緒にいたらとか、ひとりでカッコよくならなくちゃとか……見せかけの強がりで幸せを逃してはダメよ。――そんな嘘は、悲しいだけだから。……反省会はこれでおしまい」

杏子「……」

マミ「最後にわたしへとどめを刺して、暁美さんを迎えに行ってあげて」

146 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/29 04:55:23.96 Lstbriyl0 339/401

杏子「……は?」

マミ「あの子を助けたいんでしょう? きっと大丈夫。わたしは心が弱くてダメだったけど……あなたなら救ってあげられる」

杏子「何をいってんのさ……」

マミ「あなたはわたしのような公開のないように、お互いを認め合える魔法少女の友達を作るのよ。ケンカなんてしちゃダメ。これからは協力してみんなを守るのよ。この街をあなたたちに任せるから――」

杏子「だから、さっきから何言ってんだよ! あんた一人死ねばすむ話だとかそんなバカなこと考えてないよな? あたしは……そんなの嫌だぞ!?」

マミ「……どうして? わたしはあなたたちを殺そうとしたのよ?」

杏子「だからってマミ一人で責任をかぶる必要なんてな――」

マミ「だって魔女になるなら死ぬしかないじゃない!」

杏子「っ」

マミ「いまさら反省したってソウルジェムの穢れがきえるわけじゃない……。もういいの。お願いだから死なせてよっ。なにも救えないわたしなんて生きている意味がないんだから!」

杏子「そんなことできるわけないじゃんか!」

マミ「なんで……? どうしてなの?」

杏子「だって、救われているやつならここにいるんだよっ」


159 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/29 23:32:37.35 Lstbriyl0 340/401


マミ「……え?」

杏子「だってあんたは、あたしにとっての巴マミってやつは最後の……家族なんだ」

マミ「……!」

杏子「もしもあたしがマミと出会っていなかったら、父さんたちが死んだあの時、魔女になってたかもしれないんだ」

マミ「そんな……佐倉さんは、心が強くて――」

杏子「あの時、何もかも失って絶望に飲み込まれそうになった時、あんたのことを思い出した。本当の家族とは違うけど、本当の姉みたいに優しくしてくれた人がいる。だからあらしはひとりぼっちじゃないんだって」

マミ「ぁ……」

杏子「あんたがしてくれたいっぱいの当たり前が、あたしに強さと希望を与えてくれた。……あんたがいままで生きてくれていたこと。それにあたしの命はつなぎとめられたんだ」

マミ「本当、に?」

杏子「この期に及んで嘘なんていわないさ。この街に来たのだって、やり方こそ間違っちまったが、あんたたちの幸せを守りたかっただけなんだ」スッ

マミ「……グリーフシード? さっき、もうないって……」

杏子「これはもらいもんだよ。自分で狩った分じゃないからなんとなく使いそびれてたんだけど、こんなところで役に立つなんてな」シュウウ

マミ(ソウルジェムの穢れが消えた……)

160 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/29 23:46:48.27 Lstbriyl0 341/401


杏子「さて、ソウルジェムの心配はもうないね。あたしは……ほむらのやつを迎えに行ってくる」

マミ「待って……わたしも……!」

杏子「ダメだ、寝てろ。動けないだろう? 足手まといはごめんだよ」

マミ「……だったら約束して」

杏子「ん?」

マミ「家族は互いを心配させたりしないものよ。もう二度と勝手にいなくなったりしないって……約束して」

杏子「……」シュル

マミ(髪をまとめてる、リボンをほどいて……?)

杏子「こいつに誓うよ」スッ

マミ「……これ、は」

マミ(リボンの中にアンクが。これって、確か佐倉さんのおうちのシンボルだったものよね……)

杏子「あげるわけじゃねーからな。大事なもんだから絶対とりに戻ってくる。そいつがあんたのもとにある限り、あたしは絶対死んだりしない」

マミ「……うん、約束よ。帰ったらみんなでケーキをいただきましょうね」

杏子「そうだね。今回はあたしの負けでいいからさ、帰ってきたらまた手合わせをしようよ。それであたしが勝ったら……改めてあんたにお願いしたいことがあるんだ、マミ」

マミ「……ええ、わかったわ」

杏子「それじゃあ、行ってきます」

マミ「うん。……行ってらっしゃい」


161 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/30 00:16:12.45 o76DQISl0 342/401


~結界内部~


Lotte「……」スタッ スタッ

Lotte「……」スタッ スタッ

此岸の魔女「…………」ピタリ

メガほむ「……」

イバリ「着いたよ」

ネクラ「着いたね」

ワガママ「ここが最前席だよ」

ワルクチ「よく見えるね」

メガほむ「……そうだね」テクテク

ノロマ「?」

マヌケ「何してるのご主人様?」

メガほむ「……うん。ここに座ろうって思って、そうしてるだけ」ストン

ミエ「そこに座るの?」

ナマケ「そこに?」

オクビョウ「でもそこは……」

メガほむ「…………」

ガンコ「……ギロチンが落ちるところだよ?」

162 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/30 00:45:56.90 o76DQISl0 343/401


メガほむ「うん。それでいいの」

ナマケ「え?」

ウソツキ「いいの?」

ワルクチ「それで?」

ガンコ「本当に?」

メガほむ「うん」

ヤキモチ「でも……」

ミエ「……こんなのなの?」

メガほむ「自身が罰を望んで、罪を下す」

ノロマ「?」

メガほむ「あなたたちがそういったことだもん。だから、いいの。わたしもこの子と一緒に、ね」

ミエ「そっか……」

オクビョウ「なら、いいのかな?」

イバリ「うーん?」

マヌケ「……わかんない」

ヒガミ「わかんないね」

ネクラ「でも、葬列の開くのはご主人様」

ワガママ「そうだけど、こんなにあっさり……あ」

ナマケ「ギロチンが――」

メガほむ「――落ちるね」

偽街の子供達「……――」

メガほむ(――これで、おしまい)



――ガチャン――


164 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/30 01:09:25.03 o76DQISl0 344/401


イバリ「……」

ヒガミ「……」

ワガママ「……」

オクビョウ「……」

マヌケ「……」

ガンコ「……」

ネクラ「……」

ヤキモチ「……」

ノロマ「……」

ワルクチ「……」

ミエ「……」

ウソツキ「……」

ナマケ「……」

此岸の魔女「……」

カツン

杏子「……よう」

メガほむ「……佐倉、さん」

166 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/30 01:39:47.52 o76DQISl0 345/401


イバリ「壊れた」

ヒガミ「壊されたよ」

オクビョウ「サクラキョウコに、ギロチンを壊された」

杏子「ああ。あんまりにも辛気臭いもんだったからさ」

メガほむ「……何しに、来たんですか」

杏子「わかってんだろ」

メガほむ「…………」

杏子「あたしも帰るって約束がある。もう引き下がれないんだ。……お前らは、あたしの邪魔をしないのか」

ノロマ「?」

ナマケ「しないよ」

ヤキモチ「これで終わるなら、それはそれでいいし」

杏子「そうか。ま、あたしにとっちゃ都合がいいからいいさ。ま、あっちのやつらはさすがに放っておいてはくれないよな」

Lotte「……」チャキ

Lotte「……」チャキ

此岸の魔女「…………」

杏子「それじゃ……魔女退治と行きますか」チャキ

メガほむ「……ぁ」

167 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/30 01:43:48.51 o76DQISl0 346/401


メガほむ「や、やめ、て……あれは、あの子で――」

杏子「ほむら。QBのやつがなんと言おうと、あんたのとこの使い魔が魔女になったところなんて、あたしは見ちゃいないんだ。だからあの魔女の元がなにかなんて、わかりはしないのさ」

メガほむ「そんな、そんなわけ……!」

杏子「……」ザシュン

Lotte「……」バチャ

メガほむ「……ぁ」

杏子(ねえ、神様)

ワガママ「……」

オクビョウ「……」

杏子「……」ザシュ

Lotte「……」ベチャ

メガほむ「……ぅぁ」

杏子(世界を救うだとか、みんなの幸せを守るだとか、あたしはそんな神様の真似事をしたかったわけじゃないんだ)

イバリ「……」

ヒガミ「……」

杏子「……」ズシャ

Lotte「……」ベチャン

Lotte「……」バシャン

此岸の魔女「…………」

杏子「……」チャキ

メガほむ「ぅあ……お願い、だから……」

杏子(ただあたしは目の前の家族と友達を救ってやられるような、そんな正義のヒーローみたいなやつになりたかったんだ)

マヌケ「……」

ガンコ「……」

メガほむ「もう、やめて……」

杏子「……っ。…………」ギュン

此岸の魔女「…………」

ネクラ「……」

ヤキモチ「……」

ノロマ「……」

ワルクチ「……」

ミエ「……」

ウソツキ「……」

メガほむ「ぁ」

此岸の魔女「…………」バチャン


168 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/04/30 02:18:39.37 o76DQISl0 347/401

コロコロ カツン

杏子「……グリーフシード、ちゃんと落としたな」ヒョイ

メガほむ「…………」

杏子(ほむらには悪いけど、ソウルジェムの浄化、しないとな。……あたしは、マミのところに帰らないといけないんだ)シュウウ

杏子「……ふぅ」

杏子(浄化はすんだ。グリーフシードはまだ少し使えるか。……ほむらのほうは――)

メガほむ「――して」

杏子「……え?」

メガほむ「――返して」

杏子「……ほむら。これは、魔法少女のもんだ。あんたが――」

メガほむ「返してッ」

杏子「……ッ」ビクッ

メガほむ「それはっ、それはあの子だったの!」

杏子「っ」


169 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/04/30 02:19:20.57 o76DQISl0 348/401


杏子(……聞いて、父さん。あたし、今日も魔女を倒したんだ)

メガほむ「だから返して……!」

杏子「ほむ、ら……」

杏子(……自殺しそうになってた人を、二人も救ったんだ)

メガほむ「返して……あの子を、返してよぉ!」

杏子「……」

杏子(これってさ……)

メガほむ「ねえっ、かえ、ぃっくぅ、返してぇ、っぃく、あの子、を、あの子ぉ、ぅ、ぁあ、うぁあああああん!」

杏子「…………」

杏子(これって……そんなに、悪い事だったのかな……)

190 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/01 00:07:25.49 065u1TlE0 349/401


メガほむ「ぅぅ、ぃぅっく」

杏子「……ほむ――」

マヌケ「ご主人様?」

ヤキモチ「どうして泣いてるの?」

ネクラ「もう葬列は終わってるよ?」

メガほむ「ぐすっ、違う、の……。あなたたちは、そういうもので、ひぃっく、それはわかってて、でも、わたしは、ぁぅ、ぅう」

ノロマ「……?」

ガンコ「どういうこと?」

イバリ「さあ?」

杏子「……」

ウソツキ「あ、わかった。練習だよ」

ヒガミ「ああ、そっか」

ワルクチ「泣く練習だね」

ワガママ「じゃあ、わたし達もやろっか!」

オクビョウ「うん、一緒に泣こう」

メガほむ「ぁぁ、ぅぅぅあ」

ミエ「シクシク」

ナマケ「シクシク」

メガほむ「ぁう、うぁああ、ぅうぇぇっく、ぁぁぅ、ひっく、ぅう、ぅぅぅぅぇええぇぇえん!」

偽街の子供達「シクシクシクシク」


191 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/01 00:36:15.68 065u1TlE0 350/401





~マミルーム~


まどか「……みんな、遅いな」

ガチャリ

まどか「!」

まどか(ドアの開く音だ!)

杏子「……ただいま」

マミ「……」

さやか「……」

まどか「杏子ちゃん! ……と、担いでるのは、マミさんとさやかちゃん……?」

杏子「ああ。ちょっと事情があって眠っちまったから抱えてきた」ドサリ

まどか「そ、そうなんだ……あれ? ほむらちゃんは?」

杏子「……あいつは無事だよ。みんなと顔を合わせづらいから、ひとりで帰るってさ」

まどか「そ、そうなんだ……。でもよかった。ほむらちゃんも無事なんだね!」

杏子「……ああ。まどかももう帰りな。こいつらのことはあたしに任せておきなよ。……家族が、心配するだろう?」

まどか「わかった、杏子ちゃん。それじゃ、またね!」

杏子「またな、まどか」


193 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/01 00:55:24.52 065u1TlE0 351/401




194 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/01 00:59:17.42 065u1TlE0 352/401

~叛逆後の世界~


まどか「ふぅ。さやかちゃんの家で遊んでたら、ちょっと遅くなっちゃった」

まどか(パパたちを心配させたくないし、早く帰らないと――って、あれ? 向こうから歩いてくる人って……)

まどか「……ほむら、ちゃん?」

デビほむ「……あら。まどか。今晩は。どうしたの、こんな遅い時間を歩き回ってると、悪い悪魔に襲われちゃうわよ?」

まどか「あはは。もう、ほむらちゃんたら。なぁに、そのたとえ」

デビほむ「ふふっ。わたしなりのユーモアよ。それで、どうしたの?」

まどか「さやかちゃんと杏子ちゃんのおうちに遊びに行ってたら少し遅くなっちゃったんだ」

デビほむ「なるほど。友人と仲が良いことはなによりよ」

まどか「えへへ、そうだね。それで、ほむらちゃんこそどうしたの? こんな夜遅くに出歩いてると、お空の上にいる女神様に怒られちゃうよ?」

デビほむ「ふふっ、それは怖いわね。これからは夜歩きは控えるようにするわ」

まどか「あははっ。いまのはほむらちゃんに合わせた冗談だけど……ホントにどうしたの?」

デビほむ「……探し物をしてるのよ」

まどか「探し物?」

デビほむ「わたしね、大切なものをなくしてしまったかもしれないの」

まどか「大切なもの? それって……」

デビほむ「人形よ」

まどか「……え? お人形、さん……?」

195 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/01 01:49:22.75 065u1TlE0 353/401

デビほむ「ええ、人形よ。まあまあ可愛がって、そこそこ世話をしてあげて、それなりに仲が良かった、そんな人形なの」

まどか「そうなんだ。そっかぁ。ほむらちゃんがお人形を持ってるってちょっと意外だけど……それなら探すの手伝おっか?」

デビほむ「ああ、それはいいわ。見つからないのは分かってるの」

まどか「へ?」

デビほむ「見つからないのは分かってるの。……なのに、どうしてかしら。そのうちひょっこり見つかるんじゃないかって、そんな期待をしてるのよ。バカみたいでしょう?」

まどか「そ、そんなことないよ。うんっ。大丈夫だよ。きっと見つかるよ! だって、ほむらちゃんの大切なものなんでしょう?」

デビほむ「……ええ。まあ、大切といえば、そうね。きっと、大切ではあったのよ」

まどか「ならさ、諦めずに探してみようよ。ね!」

デビほむ「……あなたは優しいわね。でもね、まどか。わたしが失くしたものは、結局は人形なの」

まどか「……え?」

デビほむ「なくなって胸が痛んだし悲しい気持ちもあるけれども、しょせんは人形よ。なくなったら少しは不便になるけど、その程度のこと」

まどか「あ……」

デビほむ「なによりわたしはそれを取り戻すために他の全てを投げ捨てることができないの。それより大切なものがあるから、そのために捨てることは、できない、の……」

まどか「そう、なんだ……」

デビほむ「ええ。そうなのよ」

まどか「……」

デビほむ「……ごめんなさいね。こんな遅くに変な話に付き合わせちゃって」

まどか「ううん。迷惑なんかじゃ、ないよ」

デビほむ「そう? それならよかった。もう帰りましょう。わたしも家に帰るわ。……どうせ、見つからない探し物だったもの」

まどか「……うん。ばいばい、ほむらちゃん」

デビほむ「ええ、また明日ね、まどか」

クルッ スタスタ

まどか「……」

まどか(ほむらちゃん、しょせん人形だなんて言ってたけど、そんなのウソだよね……)

まどか「……とっても悲しそうだったよ、ほむらちゃんの表情」


208 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/02 00:14:05.23 DUlaOARY0 354/401






~翌朝・ほむホーム~


メガほむ「……」

ノロマ「……」

オクビョウ「……ご主人様?」

イバリ「いつまでベッドにいるの?」

ネクラ「そろそろ準備しないと遅れるよ?」

メガほむ「……うん」

マヌケ「うん?」

ワルクチ「うんって言ったなら起きろ」

メガほむ「……うん」

ウソツキ「……起きないね」

ヒガミ「うんってなんだろう?」

イバリ「さあ?」

メガほむ「……」

ヤキモチ「とりあえずさ」

ガンコ「学校には行かないの?」

メガほむ「……うん」

ワガママ「行かないんだ」

ナマケ「別にいいんじゃない?」

ミエ「じゃあわたし達は行ってくるね」

メガほむ「……だめ」

偽街の子供達「?」

209 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/02 00:36:08.36 DUlaOARY0 355/401


ネクラ「やっと起きた」

オクビョウ「けど、ダメってなにが?」

メガほむ「……行っちゃダメ」

ノロマ「?」

イバリ「なんで?」

メガほむ「……学校には、美樹さんと巴さんがいるから、あなたたちが魔女になるのが早くなっちゃう」

ウソツキ「それがどうしたの?」

ミエ「別にいいじゃん」

メガほむ「……やだ」

ガンコ「やだって言われても……」

ヤキモチ「そもそも学校に行くのはご主人様が言ったことだし」

メガほむ「……わたし、そんなこと言ってないもん」

ウソツキ「……なに言ってんのこのご主人様」

ナマケ「めんどくさい……」

メガほむ「……いいから、どこにもいかないで。お願――ッ」

杏子『おい。いつまでもしょげてんじゃねーぞ』

210 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/02 00:55:04.06 DUlaOARY0 356/401


ミエ「あれ?」

マヌケ「いまの、テレパシー?」

ガンコ「サクラキョウコだね」

メガほむ「……」シャ

杏子『やっと顔を見せたか。何だ? カーテン開けて窓からこっち見るのはいいけど、まだ寝巻のままってことは今日はサボりか? 玄関から出てくるのを待ってたあたしがバカみてーじゃねぇか』

メガほむ「……」

杏子『話があるんだ。ちょっと外にでてくれないか?』

メガほむ「…………」シャ

オクビョウ「……あれ?」

ヒガミ「カーテンしめちゃうの?」

メガほむ「……うん」

ヤキモチ「外にも出ないの?」

メガほむ「……うん。わたし、寝なおすね」

ノロマ「…………」

ナマケ「……やっぱり面倒」

211 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/02 01:02:16.74 DUlaOARY0 357/401

メガほむ「……」ジイー

ノロマ「…………」

オクビョウ「……ご主人様」

ヒガミ「寝るんでしょう?」

イバリ「寝れば?」

メガほむ「……うん」ジイー

ミエ「……だからさ」

ワルクチ「寝ろよ」

メガほむ「……うん」ジイー

ヤキモチ「なにこのご主人様」

ナマケ「めんどくさいにもほどがある……」

ワガママ「もういいから外に行こうよ!」

ガンコ「そうだね」

ネクラ「外に行こ――」

メガほむ「――だめ」

偽街の子供達「…………」


212 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/02 01:32:31.40 DUlaOARY0 358/401


ネクラ「どうする?」ヒソヒソ

イバリ「何かバカみたいに頑なだよ?」ヒソヒソ

ヒガミ「だったらこのバカみたいに頑ななご主人様どうする?」ヒソヒソ

ワルクチ「バカは一回死ねば治るって、ミキサヤカで実証されてる」ヒソヒソ

メガほむ「……ね、あなた達」

ノロマ「!?」

オクビョウ「ど、どうしたの?」

ウソツキ「へ、変なことは言ってないよ? なにも言ってないよっ?」

メガほむ「……うん。別にいいよ。それより、あなたたちの話を教えてくれない?」

ミエ「わたし達の?」

メガほむ「うん。たとえばあなたたちがどうしてここに来たのかとか、そういうこと。いままでいっぱいいっぱいで、全然聞いてなかったもん」

QB「それは僕も興味があるね」

メガほむ「……キュゥべえ」

QB「やあ、ほむら。気分はどうだい?」

222 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/03 01:33:22.84 kildQsc/0 359/401


メガほむ「……別に気を遣わなくてもいいよ。あなたにそんなことされても、虚しいだけだもん」

QB「そうかい? 僕は円滑なコミュニケーションを図ろうと思ってるんだけど……まあ、嫌だというなら仕方ないね。それじゃあ、僕のことは気にしないで話を続けてくれるかな」

メガほむ「うん、わかった。……それじゃあ、あなたたち。教えてくれる?」

ネクラ「そういっても」

ヒガミ「大して話すことなんてないよね」

ヤキモチ「うん。ないね」

マヌケ「昔に大きなお祭りがあったって聞いたの」

オクビョウ「それを見てみたくなったの」

イバリ「だから魔法を使ってここに来たの」

ナマケ「それだけ」

メガほむ「……ふふっ、そっか。相変わらず、よくわかんないよ」

ミエ「そう?」

QB「そうだね。僕は今ので、おおまかな事情は理解できたよ」

メガほむ「……え? 今ので?」

QB「うん。まだ確証が持てない点はいくつもあるけれども………昔のお祭りを見にここへ来たと言ったね。なら、君たちは未来からやってきたということになるよね」

メガほむ「……み、らい?」

偽街の子供達「…………」

223 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/03 02:01:56.11 kildQsc/0 360/401


メガほむ「未来からって……どういうこと?」

ノロマ「……」

ガンコ「……まあ」

ウソツキ「未来ではあるよね」

ネクラ「うん。一応、未来だと思う」

QB「やっぱりか。ほむら。彼女たちは、おそらく魔法を使って未来から過去の世界へやってきたんだ。……時間遡行の魔法かい?」

マヌケ「……だいたい間違ってはないよね」

ワルクチ「訂正するほど間違ってはないね」

ミエ「ただ、時間遡行じゃないよ」

ヒガミ「魔法のちからで実現するのは」

オクビョウ「完全なる回帰」

ワガママ「それでここに回帰したの」

ヤキモチ「それだけだよ」

QB「なるほど。いまの話が、一つの疑問に答えを出してくれたよ。なぜ使い魔である君たちが、ただ魔法少女の素質を持っているだけの暁美ほむらを『ご主人様』と仰いでいるか、今なら納得のいく仮説が立てられる」

ノロマ「……」

QB「ほむら。君はね、おそらくは確かにこの使い魔たちのご主人様で、魔女なんだよ」

メガほむ「……え?」


224 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/03 02:44:41.61 kildQsc/0 361/401

メガほむ「どういう、こと?」

QB「未来というものは不確定だ。過去の可能性を切り替えることで数多の平行世界が生まれる。そうしたいつかの世界で、どこかの君は僕と契約して魔法少女になったんだ」

メガほむ「わたしが、魔法少女に……? いったいどうして……」

QB「君の願いは分からないし、重要なことではないよ。魔法少女の結末は一つだ。どこかの君もどの魔法少女達と変わらず、絶望して魔女になったのだろう。そうして生まれたのが彼女たちだ」

偽街の子供達「…………」

メガほむ「……」

QB「あと一つわからないことは、君たちがここに来た理由だ。大きなお祭りといっていたね。使い魔の君たちが見に来たがるお祭りというのが、近々見滝原で開かれるのかい?」

ネクラ「うん」

ヤキモチ「来るよ」

ミエ「明日の夜には、もう来てるよ」

メガほむ「……」

QB「いったい何が来るんだい?」

ウソツキ「知らないの?」

マヌケ「有名なのに……」

ヤキモチ「あの世界一無力で」

ナマケ「大きな大きな劇団」

偽街の子供達「ワルプルギスの夜が来る」

237 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 00:25:27.79 JFvpgn6v0 362/401

QB「……なるほど。君たちも、ワルプルギスの夜に惹かれてきたんだね。それなら納得だよ」

メガほむ「ワルプルギスの夜……?」

QB「魔法少女にとって最悪の強敵、超大型の魔女のことだよ。結界隠れる必要がないほど強大な力を誇り、一度具現しただけでも何千人という人が犠牲になるだろうね」

メガほむ「……街中が危ないの?」

QB「そうだよ。相変わらず普通の人間には見えないから、被害は地震とか竜巻とか、そういった大災害として処理されるんだ。……さて、僕はそろそろお暇するよ」

ネクラ「……あれ?」

ガンコ「どこかへ行くの?」

QB「ほとんどの疑問は氷解したからね。僕はこの話をこの街の魔法少女たちに伝えてくるよ。なにせ見滝原市の危機だ」

ノロマ「……」

ワルクチ「わざとらしいやつ」

ウソツキ「別にいいけどね」

QB「そうかい? なら、僕はこれで失礼するよ」

クルッ テクテク

ヤキモチ「消えたね」

ミエ「すっきりした」

イバリ「うん」

メガほむ「……ねえ」

ナマケ「うん?」

オクビョウ「なに?」

メガほむ「さっきの話、わたしにはほとんど良くわからなかったんだけど、あなたたちがここに来たのは、ワルプルギスっていう魔女を見るためだけなの?」

マヌケ「そうだよ」

ヒガミ「だから終わったら帰るよ」

メガほむ「……ぁ」

238 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 00:37:19.72 JFvpgn6v0 363/401


メガほむ「帰っちゃうの……?」

オクビョウ「帰っちゃうよ?」

ミエ「もともとがそういう魔法だもん」

マヌケ「もともとがこの一か月のためだけの魔法だもんね」

イバリ「それより街のことはいいの?」

ワガママ「街中が危ないんだって!」

メガほむ「……うん。わたしにはどうしようもないことだし、それより気になることがあるもん」

ワルクチ「気になること?」

ウソツキ「なにそれ」

メガほむ「……あなたたちがここにいるのは、無理なのかな? ずっといてくれて、いいんだよ……?」

ネクラ「無理でしょ」

ヤキモチ「一か月だけの魔法だもん」

ナマケ「無理だね」

メガほむ「……そっか。帰っちゃうんだ。…………いなく、なっちゃうんだ」

メガほむ(QBに祈れば、この子たちも……でも、それは……)

メガほむ「……ねえ」

ノロマ「?」

239 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 00:44:28.51 JFvpgn6v0 364/401

メガほむ「あなたたちが帰っちゃうところって、どういうところなの?」

マヌケ「どういうところ……」

オクビョウ「とりあえず、こことは違うよね」

メガほむ「どういうところが違うの? ……ここよりも、いい場所なの?」

ワガママ「うーん……」

ガンコ「良いか悪いかはともかく」

ワルクチ「だいぶ変な悪魔がいて」

ミエ「少し欠けてる女神さまがいて」

ヤキモチ「魔女なんてものは、存在しない」

イバリ「そんな世界だよ」

メガほむ「……魔女が、いない? もしかしてそこならあなたたちは魔女にならないで済むのッ?」

ガンコ「うん」

ミエ「呪いも穢れも魔獣が持ってちゃうもん」

ナマケ「だから、こっちでしか本番に近い練習はできないんだよね」

メガほむ「そっか……そうなんだ……」

ヒガミ「どうしたの?」

メガほむ「……ううん。どういう世界かなんてわたしには想像もつかないけど、それなら止められないなって、そう思っただけ」

ウソツキ「ふーん?」

ネクラ「じゃあ、どうするの?」

メガほむ「……そうだね。うん。どうしよっか……」

ノロマ「……」

メガほむ「……ねえ。今日一日だけでいいから、明日のお祭りまでのほんのちょっと間でいいから、お願いだから――いまだけは、一緒にいて……!」

偽街の子供達「…………」

240 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 00:56:39.25 JFvpgn6v0 365/401


ノロマ「……」

オクビョウ「今日一日……」

ネクラ「どうする?」

ナマケ「別にいいんじゃない?」

ヤキモチ「別にいいよね」

ワガママ「今日一日だけだよ?」

ワルクチ「それでお祭りを見終わったら、帰るから」

メガほむ「……うん。ありがとう」ニコリ

ウソツキ「どういたしまして」

ミエ「それじゃ、明日の夜まではご主人様と一緒だね」

ガンコ「まあ、それはそれで」

ヒガミ「うん。それはそれで」

イバリ「それでいいんだよね?」

ノロマ「……」ジイー

メガほむ「うん。わたしも明日のその時までに……ちゃんと決心、しておくよ」

270 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 20:07:48.02 JFvpgn6v0 366/401


杏子「……」

杏子(ほむらのやつ、出てくる気配がねーな)

杏子「……やっぱ、あたしじゃダメだよな」

杏子(いや。あたしに限らず、今のあいつに届く言葉をかけられるのは、たぶん――)

QB「何がダメなんだい?」

杏子「……どの面さげてきやがった、テメェ」ヒュ

QB「やれやれ、招かざる客ってわけかい? 今日は君たちにとっても重要なはずの情報を報せに来たんだけどね」

杏子「あぁ?」

QB「明日、見滝原にワルプルギスの夜がやってくるよ」

杏子「……なんだと?」

271 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:09:03.02 JFvpgn6v0 367/401


~マミルーム~


まどか「ワルプルギスの夜……?」

杏子「ああ。超弩級の大物魔女だ。あたしもマミも、たぶん一人じゃ勝てない。キュゥべえのやつが言うには、そいつが明日、見滝原に出現するらしい」

マミ「ワルプルギスの夜……。伝説の魔女が、この街に来るなんて……」

さやか「で、でもさ、キュゥべえの言うことだよ? 信じていいのかな?」

マミ「キュゥべえは、何だかんだで嘘は言わないわ」

さやか「……う」

まどか「じゃあ、本当に来るんだ……」

杏子「ああ。……そういえばさやか。お前、今日はあの坊やに全部話すんだとか意気込んでたんじゃないのか? どうなったのよ」

まどか「あ。杏子ちゃん、それは、いまはちょっと……」

杏子「あん? なんだよ。話すことを選んだにせよ、最低でも告白ぐらいはしたんだろ? どうだったんだ、さやか?」

さやか「……あんた、そんなにわたしのソウルジェムを濁らせたいの?」ズズズ

まどか「さやかちゃん……」

マミ(何も聞かないでおいてよかったわ……)

杏子「お、おう。なんか悪かったな。ほ、ほら。このケーキでも食って機嫌直せよ。な?」

さやか「うわーん! いいもんっ。あんなデリカシーのないやつなんてもういい! 恭介なんて無神経に仁美を苦労させた挙句、こっぴどく振られちゃえばいいんだっ。あたしにはマミさんがいるんだー!」ダキッ

杏子「!?」

マミ「あらら、美樹さん。よしよし」ナデナデ

まどか「うぇひひ。マミさんとさやかちゃん、仲良しだね」

さやか「当然! マミさんはあたしの嫁なのだー!」

杏子「……」


272 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:09:56.41 JFvpgn6v0 368/401


杏子「……お前ら、とりあえず離れろよ。いまは真面目な話をしてんだ」

まどか(……杏子ちゃんが始めた話じゃないのかな?)

マミ「あら、それもそうね」

さやか「そうだよね。見滝原中が危ないんだ」

まどか「一人じゃやっつけられないくらい強い魔女なんだよね。……大丈夫なの?」

杏子「当たり前だろ。あたしとマミがそろってんだ。どんな魔女が相手だろうと負けやしないさ。ついでもいるしな」

マミ「そうね。佐倉さんも一緒というのは、本当に心強いわ」

さやか「……ねえ。ちょっと気になってたんだけど、何かマミさんと杏子、やたら打ち解けてません?」

杏子「は? 今更なに言ってんだ。あたしとマミは昔からのなじみだぜ。お前とマミよりずっと付き合いが長いんだ」

さやか「は? あんた、今まで散々な態度をとっておいて――」

マミ「ふふっ。そうね。佐倉さんはわたしの一番弟子だものね。……そういえば、約束の手合わせ、いつにしましょうか?」

杏子「ああ。ワルプルギスの夜を乗り越えてからでいいだろ」

さやか「あー! やっぱり何かあったんだッ。あたしが気絶させられていた間に何かあったんだ!」

まどか「……あははっ!」

273 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 20:11:11.14 JFvpgn6v0 369/401


さやか「なぜ笑った!? まどか、みじめなあたしがそんなにおかしいのかー!」

まどか「うぇひひ。ううん、違うの。そういうことじゃなくて……安心したの」

マミ「安心?」

まどか「はい。とっても強い魔女だって聞いて、ちょっと不安になってたんですけど……だって、こんな仲良しな魔法少女が三人もいるんだもん。うん。どんな魔女だって、絶対やっつけられるよね!」

杏子「はんっ。ワルプルギスのことなんて、魔法少女じゃないまどかが気にすることじゃないのさ。……だからさ、まどかはほむらのことを気にかけてやってよ」

まどか「え?」

杏子「ほむらのやつは、ひどいことに続けて見舞われちまったせいで、かなりまいってる。ああいう状態のやつには、事情が知ってるやつがどうにか慰めたり気をそらしたしてやんなきゃいけないんだけどさ……あたしには、それができないんだ」

マミ「……」

杏子「あたしだけじゃない。マミにも、さやかでもダメだろうさ。……魔法少女のあたしたちの言葉は、いまのあいつには届かないんだよ」

さやか「……」

杏子「だからさ、いまのほむらに言葉を届けることができるとしたら、あんたしかいないんだ。いくら落ち込んでて、世界全部を嫌いになっちまうくらいどん底に落ち込んでる時でも……一番の友達の声なら届くかもしれないんだ」

まどか「うまく、いくのかな……?」

杏子「わかんないからやるんだよ。大切な人の言葉に救われるっていうのはさ、実際あることなんだよ。あたしはそれを知ってるんだ」

マミ「佐倉さん……」

杏子「だからさ、ほむらのやつはまどかが救ってやってくれよ。……そんな役目、ごめんかい?」

まどか「……ううん。やる。わたしにしかできないからとかじゃなくて、わたしがやりたいからやるよっ」

マミ「……ふふっ。これなら暁美さんのほうは心配ないわね。後はわたし達の問題を話し合うだけね」

さやか「そうだね。杏子。とりあえず、マミさんを嫁に迎えるのはどっちかという話を――」

杏子「お前は何を言ってんだ」

まどか「うぇひひ」

まどか(……うん。明日、ほむらちゃんとお話しよう。学校に来なかったら、おうちにお邪魔しよう。わたしが、ほむらちゃんを助けてあげるんだ!)


274 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:12:05.18 JFvpgn6v0 370/401





~ほむホーム~


イバリ「……」

ヒガミ「……」

ワガママ「……」

オクビョウ「……」

マヌケ「……」

ガンコ「……」

ネクラ「……」

ヤキモチ「……」

ノロマ「……」

ワルクチ「……」

ミエ「……」

ウソツキ「……」

ナマケ「……」

メガほむ「……………………………………………………………………決めたよ」

偽街の子供達「…………」


275 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 20:13:56.41 JFvpgn6v0 371/401






~翌日・気象台レーダー観測室~


観測員「雷雲がとんでもない勢いで分裂と回転を起こしています。明らかにスーパーセルの前兆です。ただちに避難指示の発令を!」





~住宅街~


広報車「本日午前七時、突発的異常気象に伴う避難指示が発令されました。付近にお住いの皆さまは、速やかに最寄りの避難所での移動をお願いします。こちらは、見滝原市役所広報車です。本日午前七時――」





~河川敷~


さやか「……いよいよかぁ。さすがにちょっと緊張してきたな」

杏子「あんまり力みすぎんなよ。ぶっちぎりで下っ端なんだ。少しくらい足ひっぱたっていくらでもフォローしてやるさ」

マミ「そうね。だから落ち着いていつも通りに行きましょう。……二人とも、来たわ!」

さや 「!」

5

さやか「……」チャキ

4

マミ「……」シュル

3

杏子「……」ヒュン

2

さや マミ 「………………」

1

ワルプルギスの夜「Kyahahahahaahahahahahahahahahahaha!」


276 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:14:43.08 JFvpgn6v0 372/401





~学校の体育館~

タツヤ「きょーは、おとまり? きゃーんぷ、なん?」

知久「ああ、そうだよ。今夜はみんなで一緒にキャンプだ」

タツヤ「きゃーんぷ!」

まどか「……ほむらちゃん」

まどか(避難指示のせいで、ほむらちゃんとお話できてないよ……。これって、魔女のせいだよね。こんな大事になるなんて……。ううん。それより、ほむらちゃん、この避難所のどこかにいるのかな)

詢子「……ん? まどか、どうした?」

まどか「ちょ、ちょっと、友達を探しに」

詢子「そっか。ヒマだろうし友達と話してくるのはいいけど、間違っても外には出るなよ?」

まどか「うん。それは大丈夫」

詢子「おう。なら行って来い!」


277 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:17:34.03 JFvpgn6v0 373/401


~河川敷~

さやか「うぉおおおりゃぁああああ!」ザシュ

杏子「よっし。さやか、その調子で周りの使い魔たちをやってくれ!」

さやか「おうさ!」

杏子「マミ! あたしたちはあのデカブツをやるぞ。出し惜しみはなしだっ。一気に決める!」

マミ「ええ。わかってるわ!」

さやか「てぇいやぁああああ!」ザシュン!

杏子「ロッソ・ファンタズマ!」ブウン!

マミ「ティロ・フィナーレ!」バアアン!

ワルプルギスの夜「Ahahahahahahahahaha…………」

マミ「……」

さやか「……」

杏子「……やったか?」

シモテ「きゃははっ」

カミテ「あははっ」

ソデ「うふふっ」

さやか「な――っぐ」

マミ「きゃぁ!」

杏子「ぐ……はッ……!」

ワルプルギスの夜「Kyahahahahahahahahahahahahahahahahahaha!」


278 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:18:02.10 JFvpgn6v0 374/401


~体育館前の渡り廊下~


まどか「ほむらちゃん、どこに……」

まどか(もしかして違う避難所に……ううん。同級生のみんなはほとんどここに集まってたから、きっとほむらちゃんだって……)

QB「やあ、まどか」

まどか「……キュゥべえ」

QB「久しぶりだね。きっと僕に用があるだろうと思って顔を出したよ」

まどか「……あなたに用なんてないよ」

QB「……? 杏子からワルプルギスの夜について、話を聞いていないのかい?」

まどか「それは聞いたけど……杏子ちゃんたちが、いま何とかしてくれてるはずだよ」

QB「何とかする? ……まどか。もしかして君は、マミたちだけでワルプルギスに勝利できると思ってるのかい?」

まどか「……え?」

QB「もしそう思っているんだったら、現状認識が甘いと言わざるを得ないよ。ワルプルギスの夜は、彼女たち三人だけでは、決して倒せはしないよ」

まどか「そ、そんな……そんなのウソだよ! だって杏子ちゃんたちは――」

QB「僕は人間と違って不要な嘘なんて吐かないよ。マミたちだって、実際ワルプルギスの夜を見たことがあるわけじゃない。だから、彼我の戦力差を見誤っていたとしても不思議じゃないね」

まどか「そんな……」


279 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 20:19:22.57 JFvpgn6v0 375/401

~住宅街~


さやか「く……っそう! いくらなんでもデカすぎタフすぎでしょ、あれ!」

杏子「泣きごと言ってもどうしようもないだろうが! 体動かせ!」ザシュン

マミ「そうね。これ以上進まれたら、避難所が襲われるわ! それは何としても阻止しないと……!」パアン

さやか「……ええい! こんやろぉおおおお――ぁ」

杏子(ビルを投げつけて!? このままじゃさやかが――ちっ)

ドオオオオオオン

マミ「くぅっ……佐倉さん、美樹さん、大丈夫!?」

杏子「平気だ!」

さやか「な、なんとか……。杏子、ありがとう」

杏子「フォローはするって言っただろ。気にすんな」

マミ「よかった……」

マミ(でもこのままじゃ、足止めぐらいにしかならないわ。あと二人……せめて一人でも魔法少女がいてくれれば……!)


280 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 20:21:48.50 JFvpgn6v0 376/401







まどか「そんな……そんなのひどい……」

QB「仕方ないよ。彼女たちでは荷が重すぎた。でも、彼女たちだって覚悟の上だろう」

まどか「そんな……あんまりだよ! こんなのってないよ!」

QB「諦めたらそれまでだ。でも、君なら運命を変えられるんじゃないかな?」

まどか「……ぁ」

QB「避けようのない滅びも、嘆きも、すべて君が覆せばいい。いままで数多くの少女がそうしてきたように、君にだってその力が備わってるんだから」

まどか「……わたし、は」

QB「さあ、鹿目まどか。僕と契約して、魔法少女になっ――」

ほむら「――何をやっているのかしら?」

QB「――!」

まどか「え……?」

ほむら「あなたもこんなところで何をしてるのかしら。非常時には、家族と一緒にいるべきよ」

まどか「ほむらちゃん、なの……?」

ほむら「ええ、そうよ。わたしは間違いなく、暁美ほむらよ」ファサ

偽街の子供達「…………」

286 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 22:11:33.87 JFvpgn6v0 377/401






~ワルプルギス前夜・ほむホーム~


メガほむ「……………………………………………………………………決めたよ」

偽街の子供達「…………」

ノロマ「……」

オクビョウ「……決めたって、何を?」

メガほむ「うん。それを教える前にちょっと教えてほしいんだけどね」

マヌケ「なぁに?」

メガほむ「あなたたちのご主人様って、どんな人?」

ウソツキ「……三回目だよ?」

メガほむ「うん。これで、最後だから」

ヤキモチ「鏡もってくる?」

ナマケ「面倒だから口で言おうよ」

ガンコ「そうだね」

メガほむ「うん。わたしとしてもそっちのほうが助かるな」

イバリ「そっか」

ワガママ「ご主人様はね」

ネクラ「髪が黒くて」

ミエ「ストレートロングで」

ワルクチ「いつもクールぶってる」

ヒガミ「愛の人」

メガほむ「……そっか」

287 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 22:12:15.79 JFvpgn6v0 378/401


メガほむ「それってさ。この眼鏡を外して――」

イバリ「お?」

ほむら「それで、こんな感じで髪をおろして――」

オクビョウ「おお」

ほむら「こんな感じな、クールっぽい話し方をすればいいのかしら」

ワガママ「わぁ!」

ネクラ「そうそう」

マヌケ「そんな感じだよ」

ヒガミ「でもどうしたの、いきなり」

ヤキモチ「唐突だよね」

ほむら「そうだね……。だってね。わたしは、あなたたちのご主人様なんだよ?」

ワルクチ「しゃべり方」

ほむら「……そうよね。あなたたちは、そういう子達よね」

ウソツキ「うんうん。それで?」

ほむら「だから、そういうことよ。あなたたちのご主人様らしくなろうって思っただけよ。……明日を最後に会えなくなるかもしれないけれど、それでもわたしはあなたたちのご主人様なんだもの。だから、よ」

ナマケ「……ご主人様らしく」

ミエ「ご主人様らしく……?」

ガンコ「……」

ノロマ「……」

偽街の子供達「……ご主人様?」

ほむら「……うん、ご主人様だよ」

289 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 22:29:41.77 JFvpgn6v0 379/401


ヤキモチ「そっか」

ワルクチ「ならいいよ」

ヒガミ「それで、決めたって何を決めたの」

ほむら「それは明日にとっておくわ。今日はもう寝ましょう」

ノロマ「……」

イバリ「あ。そういえば一個だけ忘れてるよ?」

ほむら「……あら。何をかしら?」

ウソツキ「ご主人様らしいご主人様の、一番大事なものを忘れてる」

ネクラ「だってご主人様はね」

ワガママ「愛の人!」

ほむら「……ふふっ。バカね。それは最初から持ってるもの」

マヌケ「え?」

オクビョウ「どういうこと?」

ほむら「だってわたしは――あなたたちを愛してるもの」ニコリ






290 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 22:35:39.25 JFvpgn6v0 380/401


QB「暁美ほむら……。君はいったい……」

ほむら「わたしがどんな格好をしようとも、あなたには関係ないでしょう、インキュベーター」

まどか「ほむらちゃん。いきなりどうしたの……? その、似合ってるよ? でも、ちょっと急でびっくりしたというか、その、何か悩んでたのなら、わたしがちゃんと聞くから――」

ほむら「……ただの心境の変化よ。それよりインキュベーター。あなた、いま何をしていたのかしら?」

QB「……何をと言われても、まどかが契約に足るだけの願いをもってないか、確認していただけだよ。まどかのような少女が、このまま自分の住んでいる街が壊滅するのを見送れるとは思わないからね」

まどか「……キュゥべえ。やっぱり、それならわたしが魔法少女に――」

ほむら「その必要はないわ」ファサ

まどか「――え?」

ほむら「キュゥべえ」

QB「なんだい、ほむら」

ほむら「わたし、魔法少女になるわ」

偽街の子供達「…………」

291 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 22:38:06.85 JFvpgn6v0 381/401


QB「……君が?」

ほむら「ええ。不服かしら」

QB「いいや、そんなことはないよ。ただ意外だっただけさ。だって君は、自分の命を捨ててまでこの街を救おうとは思わないだろう?」

ほむら「……そうね。それは否定しないわ」

QB「ではなぜ、いまこの時、魔法少女になろうと思ったんだい?」

まどか「そ、そうだよ、ほむらちゃん。なんでいきなり、魔法少女になろうだなんて……」

ほむら「いきなりではないわ。昨日一日考えて出した答えよ」スッ

QB「それは……」

まどか「グリーフシード……? あっ。もしかしてそれって、あの子の……!」

ほむら「そうよ。……インキュベーター。このグリーフシードを、元のあの子に戻してあげて」

292 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 22:39:17.35 JFvpgn6v0 382/401


QB「……それが君の祈りかい?」

ほむら「そうよ。あの子たちが元の世界に帰るというなら、全員を帰してあげたい。……たぶん、それが一番あの子たちのためだから」

まどか「……ほむらちゃん。ほむらちゃんは、それでいいの? それがほむらちゃんが本当に望んだことなのっ?」

ほむら「いいのよ。戦う理由を見つけたの。逃げないって、自分で決めたの。だから、もう後はとことんまで突っ走るしか残ってないのよ」

まどか「あ……」

QB「……暁美ほむら。君の願いは間違いなく遂げられるだろう。だが、あえて聞くよ。僕は君が望むならば君を救い、君が望むものをなんでもひとつだけ願い事を叶えてあげられる。ただしそれが叶ったのならば、君はいつか自らの希望と反対の絶望に身を沈め、魔女へと変貌するだろう」

ほむら「……」

QB「そのすべてを承知してなお――君は魔法少女になるというのかい?」

ほむら「魔女になるなんて、たいしたことじゃない。たかが知れてる。あの子たちと同じ結末を迎えるというなら、喜んでそうしましょう。そうよ。わたしは平穏とこの世のすべての真実を放り投げて、こう言いましょう」

QB「……」

ほむら「この子の時間を、美しかったあの時へ」

QB「――契約は成立だ。君の祈りはエントロピーを凌駕した」

ほむら「……ぅ、っくぅ」

QB「さあ、解き放つといい。――それが君の運命だ」

ほむら「……っ」ガシリ


パアアアアアアアアアア!


293 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 22:40:00.78 JFvpgn6v0 383/401

イバリ「おはよう」

ネクラ「おはよう」

ワガママ「おはよう」

ガンコ「おはよう」

ヒガミ「おはよう」

ヤキモチ「おはよう」

ウソツキ「おはよう」

ワルクチ「おはよう」

ミエ「おはよう」

オクビョウ「おはよう」

ナマケ「おはよう」

マヌケ「おはよう」

ノロマ「……」

ほむら「……おはよう」

レイケツ「…………おはよう」


306 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/04 23:49:24.84 JFvpgn6v0 384/401


ほむら「……さて。それじゃあわたし、巴さんたちに謝りに行かないと。あなた達はあなた達で、もう後は好きにするでしょう?」

オクビョウ「うん」

イバリ「言われなくても好きにする」

ガンコ「待ちに待ったお祭りだもん」

ほむら「ふふっ、そうよね。まどか。あなたはここで待っていて」

まどか「ほむらちゃん……」ジワッ

ほむら「……まどか。どうしてあなたが泣くの?」

まどか「ううん……。これは、違うの……ほら、ほむらちゃんがやっと名前で呼んでくれたから……嬉しくって……」ゴシゴシ

ほむら「あら……そういえば、そうだったわね」

まどか「えへへ。うん、そうなんだよ。……ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「なぁに、まどか」

まどか「わたし、何にも出来なくてごめんね」

ほむら「いいのよ。巴さんや杏子、さやかの心を助けてくれたし……何より、わたしの一番の友達でいてくれたわ」

まどか「うぇひひ。……わたし、ほむらちゃんの一番の友達だった?」

ほむら「ええ。あなたは、わたしの最高の友達よ」ニコリ


307 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 23:49:53.26 JFvpgn6v0 385/401


まどか「……ありがとう、ほむらちゃん」

ほむら「どういたいまして、まどか」

まどか「……うん。ほむらちゃん。わたし、やっぱり魔法少女にならないね。これからどんなことがあっても、QBに何を言われたとしても、絶対に魔法少女にはならない」

ほむら「そうね。願い事なんかに頼らなくても、あなたは間違いなく素敵な大人になれるもの」

まどか「ふふっ。そういうほむらちゃんは、魔法少女になってもカッコいいよ? やっぱり、燃え上れーって感じで」

ほむら「あら、そうかしら。なら、まどかは見る目があったのね」

まどか「えへへ。……それでね。わたし、ずっとほむらちゃんの最高の友達でいる。……ずっとだよ?」

ほむら「……ずっと、ね」

まどか「うん。ずっと。ずぅっと」

ほむら「ありがとう。……本当に、ありがとう」

まどか「ううん。当たり前、だよ」

ほむら「……ええ。それじゃあ、わたし、そろそろ行くわね」ファサ

ノロマ「……」

イバリ「ご主人様」

レイケツ「……ちょっと待って」

ほむら「……?」

308 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/04 23:50:26.12 JFvpgn6v0 386/401


ほむら「どうしたの? 引き止めるなんて、あなた達らしくないわね」

ヤキモチ「あなたがいつか魔女になるとき、忘れないで」

ほむら「――え?」

イバリ「あなたの感情は、あなただけのもの」

ナマケ「わたし達は、そこから生まれた偽街の子供達」

マヌケ「だから、偽街を忘れないで」

ネクラ「偽街さえ忘れなければ」

ガンコ「あなたの此岸の淵が、偽街の舞台でさえあれば」

ワガママ「出来上がったそこが偽街でさえあれば」

レイケツ「わたしたちは、きっとあなたの葬列を盛り上げるわ」

ほむら「……忘れないわ。決して、わたしは忘れない」

ノロマ「…………」

ワルクチ「分かってくれたみたい」

ウソツキ「ならいいよ」

ヒガミ「なら、行きましょう」

オクビョウ「それじゃあね、ご主人様」

ミエ「ほんのちょっとだけ、さようなら」

偽街の子供達「いつかまたもう一度、逢えるから」


321 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/05 01:07:20.78 8lI78yk00 387/401







ワルプルギスの夜「Ahahahahahahahahahahahahahahahaha!」

さやか「ぜぇっ、はぁ……これ、もうやばいやつでしょ……」

杏子「はぁっ、ふうっ、だから、泣き言は……後にしろっての……!」

マミ「そうね……文句を言って変わる状況でもないし――」

ワルプルギスの夜「Kyahahahaahahahahahahahahaha!」

マミ「――!」

さやか「やばっ……って、杏子!」

杏子「……ぁ」

マミ(まずっ――! 助けられるタイミングじゃ――)


カチリ


マミ「――え?」

マミ(辺りの風景が、停止した? どうして……)

ほむら「……間に合ってよかったわ」

マミ「え? あなた、暁美、さん……?」

ほむら「ええ。あなた達に説明しないといけないことと、何より謝らなくちゃいけないことがたくさんあるけれども……全部、ワルプルギスの夜を片づけてからにしましょう。とりあえず、この手は離さないで。離せばあなたの時間も止まってしまうわ」

マミ「……そう。これがあなたの魔法なのね。なら、わたしのリボンで美樹さんと佐倉さんもつなぐわね」

ほむら「ええ。理解が早くて助かるわ」

マミ「……それじゃあさっそく」シュルル

杏子「――っと。ん? 止まってる? なんで……ぁ」

さやか「杏子っ、危ない! ……って、あれ? なにこれ。……んん? そこのクールビューティーはどちら様?」

杏子「……お前、ほむら、か?」

さやか「はぁ!? マジで……うわあっ。マジでほむらだ……。本気でわかんなかったよ……」

ほむら「ええ。これが終わったらいくらでも説明するし、謝罪もするわ。……だから、今だけでも、あなたたちに協力させて」


322 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:08:41.14 8lI78yk00 388/401


杏子「……」

さやか「……」

マミ「……共闘を受けるのに、ひとつだけ条件を付けていいかしら」

ほむら「何かしら? いままで我が儘放題だったし、わたしにできることなら、何だってするわ」

マミ「そう……。なら、これが終わったら、みんなでお祝いをしましょう?」

ほむら「……え?」

マミ「大きなケーキを用意して、みんなでテーブルを囲むの。それが条件よ?」

杏子「そうだな。腹も減ったし、マミの家で盛大に飲み食いしよーぜ」

ほむら「あなた達……」

さやか「そうだねっ。あたしの失恋パーティーもかねて、ぱーっとド派手にやろうよ」

ほむら「……ええ。ありがとう。そうよね。ワルプルギスの夜なんてさっさと撃退して、まどかも交えて、みんなでお茶会をしましょう!」

マミ「ええ!」

杏子「ああ!」

さやか「おう!」


323 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:09:08.88 8lI78yk00 389/401





ワルプルギスの夜「Kyahahahahahahahahahahahaha!」

シモテ「きゃははっ」

ソデ「あははっ」

カミテ「うふふっ」

ノロマ「…………」

ヤキモチ「……すごい大きな劇団舞台」

ヒガミ「綺麗な娘もかわいい動物も、たくさんいる」

ネクラ「……あの舞台に参加しようか?」

ガンコ「それはダメだよ」

オクビョウ「そうだよ。お空に連れていかれては、うさぎの首もはねられない」

レイケツ「それに、あの舞台はわたし達のものじゃない」

イバリ「それもそうだね」

ウソツキ「なら、ご主人様の演劇でも見る?」

ミエ「それもだめ。べとべとした血でケープを汚されてはたまらないわ」

ナマケ「それもそうだね」

ワガママ「なら、ここでワルプルギスの夜を見てよう」

ワルクチ「そうだね」

マヌケ「それがいいね」



324 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:09:58.85 8lI78yk00 390/401


レイケツ「ワルプルギスの夜」

イバリ「地上をマホウで埋め尽くし、すべての運命の不幸をなくそうとする」

ヒガミ「この世のすべてが戯曲ならば、悲しいことなど何もない」

ワガママ「悲劇ではあるかもしれないけれど」

オクビョウ「ただ、そぉいう脚本を演じてるだけ」

マヌケ「ワルプルギスの夜で芝居は止まって」

ガンコ「もう地球は一周だって回転しない」

ネクラ「物語は転換しない」

ヤキモチ「明日も、明後日もワルプルギスの夜」

ノロマ「…………無力」

ワルクチ「もうどうにもできない」

ウソツキ「すべて嘘にしてしまおう」

ミエ「すべて止めてしまおう」

ナマケ「そうして続く、ワルプルギスの夜――ぁ」




パアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア






325 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:10:32.77 8lI78yk00 391/401


ガンコ「空が……」

ノロマ「……」

ヒガミ「……晴れたね」

マヌケ「お祭りも、終わったみたい」

ワルクチ「舞台が通り過ぎて行ったから」

ワガママ「そっか」

イバリ「なら、帰ろっか」

オクビョウ「なら、帰ろうね」

レイケツ「そうだね」

ヤキモチ「だいぶ変な悪魔がいて」

ネクラ「少し欠けた女神さまがいて」

ミエ「魔女なんてものは存在しない」

ナマケ「そんな世界へ」

ウソツキ「みんな揃って、帰ろうね」

偽街の子供達「そうしよう」







326 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:11:30.71 8lI78yk00 392/401


ほむら「……」

杏子「……」

マミ「……」

さやか「……ねえ」

杏子「……なんだ、さやか?」

さやか「……あたし達、勝ったのかな?」

ほむら「……どうでしょうね。結局ワルプルギスの夜は倒せないまま街を通過させたから、辺り一帯はボロボロよ。負けたといわれれば、認めるしかないわ」

マミ「……いいえ。負けてなんかいないわ」

杏子「……そうだな。あたし達の勝ちさ。なにせあたし達は全員生き残ってる。それにさ――」


まどか「――! ――やかちゃん! マミさーん! 杏子ちゃーん! ほむらちゃぁぁん!」


杏子「――あのデカブツの進路を避難所からそらせたんだ。いま必死になってあたしたちを探し回ってくれてるやつが、その成果の証明だぜ」

さやか「あはは……。まったく、まどかのやつ。まだ避難指示解除されたないだろうに……詢子さんに相当怒られるぞ、ありゃ」

マミ「ふふっ。きっといてもたってもいられなかったのね。あんまり心配させるのも悪いわよ」

ほむら「ええ。……まどか! わたしたちはここよ!」


327 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:13:10.07 8lI78yk00 393/401


まどか「……! ほむらちゃん! それにみんな!」

杏子「おう。何とか生き残ったぜ」

マミ「ええ。もうみんなで帰ってお茶会をするだけよ。……あ。そういえば、わたしのおうち無事かしら……」

さやか「おーい。まどかー。全員無事だぞっ。さあ、この親友の胸に飛び込んでくるが――」

まどか「ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「きゃっ。ま、まどか? もう……そんな心配してたの」ナデナデ

まどか「うんっ……ほむらちゃん、無事でよかった……!」

さやか「親友のあたしのことスルーかよ!? ちょっと前から思ってたけど、ほむらが絡むと、まどか何かひどくなんない!? あたしの気のせいじゃないよね!」

まどか「え? そんなことないよ? ね、ほむらちゃん」

ほむら「そうよ。きっと気のせいよ。濡れ衣でまどかを責めるのはやめなさい、さやか」ナデナデ

さやか「なぜほむらが言う! ……っていうか、だいぶ気になってたんだけど、ほむらのそのキャラは何? イメチェン? 魔法少女になってるとかどうでも良くなるくらいびっくりしたんだけど」

ほむら「イメチェ――! ちがっ……います! そういうのじゃなくて、ただ、あの子達のご主人様がこんな感じだったらしいから、それを意識して――」

さやか(あ、やっぱりほむらだ。……うむっ。絶対これ、いじりがいがある!)

マミ(やっぱりけっこう無理してるのね、あの口調とか……)

杏子(まー好きにすりゃいいと思うけど……口には出さないでおいてやるか)

328 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:15:05.46 8lI78yk00 394/401


さやか「ほむらー。そういうのを世間ではイメチェンっていうんだぞー?」

ほむら「う、うぅ……それは、そうかもしれませんけど……でも……!」

さやか「言い訳は無用だー! でも正直どっちのキャラもかわいいから、ほむらもあたしの嫁に――」

まどか「さやかちゃん! ほむらちゃんをイジメるのはダメだよ!」

さやか「!?」

ほむら「ま、まどかぁ……。ありがとう……!」ヒシッ

まどか「うぇひひ。良いだよ、ほむらちゃん。わたし、ほむらちゃんのこと大好きだもん。だからいつでもわたしを頼ってね」ナデナデ

ほむら「うんっ、うん……!」

さやか「ねえ、杏子……あたしのやったことって、そんなに悪い事だったかな……?」

杏子「アホなこと言ってねーでもう引き上げるぞ。救急隊とかに見つかったら面倒だ」

マミ「そうね。鹿目さんはもとい、美樹さんだってご家族の方々が心配しているでしょう?」

まどか「あっ。わたし、ママの制止を振り切ってきちゃったから……帰ったら、すごく怒られるかも……」

さやか「うぁー。あたしもどう言い訳しよう……」

マミ「ふふっ。いいじゃない。みんな無事だったからこそ、そんな心配ができるのよ」

杏子「そうだぜ。あたしたちが避難所だけでも守りきれたから、こうして笑ってられるんだ」

さやか「……うん。そうだね。あたしたちが、街の人たちを助けたんだ」

マミ「ええ。だから、胸を張って帰りましょう」

杏子「そうだな。何だかんだで、やっぱり気分がいいな」

まどか「それじゃ、みんなで帰ろうっ」

ほむら「ええっ!」


330 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/05 01:29:49.31 8lI78yk00 395/401




331 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:30:15.94 8lI78yk00 396/401


~叛逆後の世界~


ガチャリ

デビほむ「……」

デビほむ(……もうこうやって無言で帰るのにも、慣れてしまったわね。ええ。別に淋しくなんかは――)

レイケツ「お帰りなさい」

ヤキモチ「お帰り」

ナマケ「お帰りー」

デビほむ「――!?」

ノロマ「……」ジイー

イバリ「やっと帰ってきた」

デビほむ「あ、あなたたち……え? えぇ!?」

332 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:31:19.97 8lI78yk00 397/401


ワルクチ「なに驚いてるの?」

デビほむ「へ!? いや、だってインキュベーターが……え? でも、ええっと、いるわね。あなたたち」

ミエ「そりゃいるよ」

ウソツキ「どうしたんだろう」

ヒガミ「どうでもいいよ」

ヤキモチ「どうでもいいことだね」

ネクラ「どうでもいいからさ」

ワガママ「そんなことより、ご飯!」

デビほむ「……あー。そうね。わかったわ。インキュベーターの言うことを鵜呑みにしたわたしがバカだったわね。いいわ。いまから腕を振るってあげましょう。事情はご飯を食べながら、ゆーっくり聞けばいいものね」

ワガママ「わーい!」

ナマケ「話すのは面倒……」

レイケツ「適当に話せばいいよ」

デビほむ「……ええ。根ほり葉ほり聞いてあげるけど――その前に一言だけ」

ノロマ「……?」

ガンコ「何?」

イバリ「どうしたの?」

デビほむ「あなたたち。――おかえりなさい」

偽街の子供達「ただいま、ご主人様!」

333 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:31:46.27 8lI78yk00 398/401




334 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 01:34:14.65 8lI78yk00 399/401


――Don't forget.


マミ「さて、と。今日も魔女退治に出かけましょうか」

さやか「そうですね! よっしゃ、気合入れていきますよー!」

ほむら「そうね。今日は杏子も風見野から来てるから、いつもよりだいぶ楽になるわ」


――Always, somewhere,


杏子「ま、何だ。ちょっと気が向いたからな」

さやか「ははーん、またまたー。最近は見滝原にいる日のほうが多いんじゃん? もうこっちに住めば?」

杏子「……うっせーこっちにもいろいろ事情があるんだよ」


――children is crying for you.


ほむら「そうね、さやか。その件についてはあまり追求したらダメよ」

まどか「そうだよ、さやかちゃん。杏子ちゃん、マミさんとの手合わせでまだ勝ててないから、お願いを――むぐぐっ」

杏子「うっせぇ! お前らなんでそれ知ってやがんだよ!?」


――As long as you remember them.


マミ「あ、あら。いったい誰が言っちゃったのかしら……」

杏子「マミぃ!? お前か! お前だなぁ!」

さやか「ほほう? 面白そうなネタですなぁ。ぜひとも今日のお茶会で――」


――you are not alone.


杏子「黙れアホ共! いいから魔女狩りに集中するぞ!」

まどか「ウェヒヒ。みんな、ガンバッテ!」

ほむら「ええ!」ニコリ



            End.


335 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) - 2014/05/05 01:37:45.37 8lI78yk00 400/401


おーしまい!

最初っから即興で先のこと何にも考えてなかったけど、終わりだけはハッピーエンド以外は考えてなかった!

じゃあまた別の作品で。

347 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします - 2014/05/05 02:16:04.94 8lI78yk00 401/401

大事なこと言い忘れてた。


クララドールズSSもっと増えろ!

記事をツイートする 記事をはてブする