1 : VIPに... - 2014/04/20 23:56:00.17 1kVDzVcL0 1/15

※申し訳程度の百合要素を含みます


科学準備室

ガチャ

「あっつー」パタパタ

沙衣「やあ」

「最近まで寒かったと思ったら急に暑くなってきたわねー」

沙衣「そうだね」

沙衣「はい」コン

「あら、珍しく気が利くじゃない」

沙衣「えっ?」



元スレ
沙衣「媚薬を作ったよ」蓮「は?」【カガクチョップSS】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398005760/

2 : VIPに... - 2014/04/20 23:59:05.06 1kVDzVcL0 2/15

ゴクゴク

「ん、何か変な味ね?」トン

沙衣「あーあ」

「えっ、何よ?」

沙衣「それ、新しい発明品の媚薬だったんだけど」

「ブーッ」

「あ、アンタ、人になんてモノ飲ませてるのよ!?」ケホケホ

沙衣「いや、そんなつもりは無かったんだけどね」

4 : VIPに... - 2014/04/21 00:02:03.66 Cv2evvUT0 3/15

「『ハイ』って言って渡したでしょ、しかもマグカップで!」

沙衣「『そこに置かせてもらうよ』って意味だったんだけど」

「そんなの分かるわけ無いでしょ!?」バン!!

沙衣「カップはビーカーが乾燥中だから、有りあわせのものを使ったまでだよ」

沙衣「だいたい、君は私から受け取った飲み物なんて警戒して飲まない性質じゃ無かったのかい?」

「うぐぐ…、それもそうよね…って」

「ここは学校よ!そもそも何学校で媚薬なんか作ってるのよ!」

沙衣「製薬会社の依頼で作ったんだよ、研究費の足しになると思ってね」

「ハァ…、毎度のことながらアンタと話してても埒が明かないわね…」

5 : VIPに... - 2014/04/21 00:05:03.77 Cv2evvUT0 4/15

沙衣「まあ別に飲んだところで心配ないと思うよ」

「どういう意味よ?」

沙衣「だってその薬は…」

「あ…」フラッ

沙衣「あれ?」

「ほーら、言ったそばから…」プルプル

沙衣「だ、大丈夫かい?」

沙衣「うーん、おかしいな、そんなはずは無いんだけど…」

沙衣「解毒剤が必要みたいだね、とりあえずコレを飲んで―」

ガシャーン!

沙衣「あっ…!」

6 : VIPに... - 2014/04/21 00:10:13.01 Cv2evvUT0 5/15

「…」フーッフーッ

沙衣「い、委員長、何で腕をつかむんだい…?」

「フフフフフ…」

沙衣「」ビクッ

「ハーッ、…今日という今日は許さないわよ、覚悟しなさい!」

沙衣「覚悟って何を…?」

「これよ!」ガバッ

ちゅーっ

「んっ…」

沙衣「んーっ」ジタバタ

7 : VIPに... - 2014/04/21 00:13:07.39 Cv2evvUT0 6/15

「…ぷはっ、どうよ、ファーストキスを奪ってやったわ!」ハーハー

沙衣「…どうって、別に?」

沙衣「覚悟って、これのことかい?」ゼーゼー

「何よ、強がり?ってまさか…!?」ハッ

「すでに経験済みってこと!?」ガーン

沙衣「いや、そうじゃなくて…」

沙衣「こんなのは単なる口唇と口唇同士の接触じゃないか」

沙衣「そんなことにどんな特別な意味があるというんだい?」

「んなっ、アンタねぇ…」

「私だってファーストキスだったのに…」グヌヌ

沙衣「私に言われても…」

「こうなったら行くところまで行ってやるわ!脱ぎなさい!」

沙衣「いや流石にそれは…」

8 : VIPに... - 2014/04/21 00:16:05.38 Cv2evvUT0 7/15

盛本「おそくなりましたー」ガチャ

沙衣「あ」

盛本「え」

「ハッ…!も、盛本さん!?」

「こ、これは違うの!いや、違わないけど違うの!」

沙衣「盛本くんの存在を完全に忘れてたみたいだね」

沙衣「ちょうど良かった盛本くん、委員長にそこの机の上にあるやつを…」

盛本「…」

沙衣「盛本くん?」

盛本「」フラッ

バターン!!

「盛本さーん!?」

盛本「」ドクドク

沙衣「頭から行ったね」

沙衣「あ、瞳孔が開いてる」

「呑気に言ってる場合じゃないでしょ!?」

9 : VIPに... - 2014/04/21 00:19:04.98 Cv2evvUT0 8/15


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「大丈夫、盛本さん?」

盛本「いやー、すみません、ご迷惑をおかけしましたー」

盛本「びっくりしすぎて気を失ってしまって…」

盛本「まさか部長の発明品でああいうことになっていたとは」

「そうよ!私は学内の風紀と秩序を守る委員長なんだから!」

「あんな痴態を公然と晒すなんて不本意としか言いようがないわ!」

「勘弁してよね、まったく!」

10 : VIPに... - 2014/04/21 00:22:30.89 Cv2evvUT0 9/15

沙衣「襲われたのは私のほうなんだけどなー」

「自業自得でしょ!だいたい『別に飲んでも心配ない』とか言っておきながら…」

沙衣「あーそうだ、その件なんだけど」

「何よ?まだ何か言いたいわけ?」

沙衣「私が作った催淫剤は、改良がしてあってね」

「どういうこと?」

沙衣「製薬会社の方から『犯罪に使われないように』っていう要望があったからね」

沙衣「相手に格別な好意を持っている時しか薬の効果が出ないように調整してあるんだ」

11 : VIPに... - 2014/04/21 00:25:09.33 Cv2evvUT0 10/15

「んなっ、何よそれ!意味わかんないわよ!////」

沙衣「まあ、毎度いろいろ無茶な実験に付き合わせちゃってるからね」

沙衣「少なくとも嫌われてないようで何よりだよ」ニヤニヤ

「薬のせいよ、薬のせい!べ、別に私はアンタのことなんか!」プイッ

沙衣「…薬の効用は感情に作用するだけだから、実際に行為に及ぶかどうかはまた別の話だよ?」マガオ

「あーもう聞こえない!」ミミフサギ

13 : VIPに... - 2014/04/21 00:28:03.73 Cv2evvUT0 11/15


盛本「…長倉さん、ちょっといいですか?」

「あっ、えっ、どうしたの盛本さん?」

盛本「結局、長倉さんは部長のことを、どう思ってるんですか?」

「えっと、だから、それはその、確かに嫌いじゃないというか…////」アタフタ

「って、盛本さん、どうしてそんなことが気になるの?まさか…」

盛本「はい、私も部長が好きなんです」キッパリ

14 : VIPに... - 2014/04/21 00:31:29.00 Cv2evvUT0 12/15


沙衣「えっ」

「え゛」

盛本「…部長が好きだから今までどんな実験にも耐えてきたんです」

沙衣「あれ、気にしてたんだ」

「気にするに決まってるでしょ!」

沙衣「てっきり部員だから頑張ってくれてるのかなー、と」ハハハ

「笑い事じゃないわよ!」

15 : VIPに... - 2014/04/21 00:35:06.81 Cv2evvUT0 13/15

盛本「私はずっと、大好きな部長のために、部長のためだからとずっと尽くしてきたんです」

盛本「なのに、後から来た部員でもない長倉さんとあんなこと…」ブツブツ

「ねえ、さっきから思ってたんだけど、盛本さん様子がヘンよ、いつもと雰囲気が違わない?」ヒソヒソ

沙衣「そう言われればそうだね、何でだろう?」ヒソヒソ

沙衣「あー、これかな」

沙衣「君の飲みかけを間違えて飲んだみたいだね」カラッポ

「あっ…」

盛本「ドウシテドウシテドウシテ…」ブツブツ

16 : VIPに... - 2014/04/21 00:39:05.77 Cv2evvUT0 14/15

沙衣「ほらね、さっき言ったとおり、人によって薬の効果の発現は違うだろう?」

沙衣「察するに、盛本くんはいわゆるヤンデレってやつだったのかな?」

「まるで他人事ね…」

沙衣「うーん、あっそうだ」

「何よ?」

沙衣「何とも皮肉な話じゃないかい?薬を飲んで病むなんてね」ドヤァ

「……あ、これでいいわ」カシャカシャ

沙衣「解剖用のメスを何に使うんだい?」

「私もヤンデレだったみたい」グサッ

~おわり~

17 : VIPに... - 2014/04/21 00:41:44.24 Cv2evvUT0 15/15

以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。
原作のテンポと雰囲気を大切にしたいのと、二人の百合が書きたいのの板挟みで何ともどっちつかずな感じに仕上がりました。
とにかくカガクチョップが流行ってほしいです、そして願わくば蓮沙衣(沙衣蓮?)をやすニャ並みの一大百合コンテンツに…、ムリ?

記事をツイートする 記事をはてブする