1 : ◆Memo/g4n8M[sag... - 2013/10/30 22:46:43 839YeAPY 1/33


「トリック・オア・トリート!」

「おわっ?! 包帯お化け?!」

「ふひひ、マミーだぞー。お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞー!」ワキワキ

「そういや昨日そんなこと言ってたな」

「事前連絡してたんだから、お菓子はちゃんとあるよね?」

「いきなりお菓子を蓄えとけと言われて、なんのことかと思ったよ」

「はやくはやくぅ」

「はいはい、ちょっと待ってて。たしか引き出しの中に」

「なになに? しゃかりこ? ホッキー?」ワクワク

「えっと、ここらへんに入れていたはずなんだけど……」

「ドキドキワクワク」

元スレ
妹「トリック・オア・トリート!」姉「ハッピー・ハロウィン!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1383140803/

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 22:51:40 839YeAPY 2/33


「あ、あれ?」

「ん? どしたの、にっちゃ?」

「……い、いや、ちょっと……、おかしいなあ」

「にっちゃ? お菓子は?」

「涙目はタンマ。すぐに見つけるから……あれれ?」

「にっちゃ……」ジワ

「泣くのはタンマ! 探してるから待って!」

「おっとこくーん! ハッピー・ハロウィン!」ドカッ

「おぶっ!」

「ね、ねえね!」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 22:53:06 839YeAPY 3/33


「なんだよ、姉ちゃん。……なにその恰好」

「なにって、どうみても吸血鬼でしょ」

「黒色ビキニにワイシャツを羽織るだけで吸血鬼ですか?」

「細かいことはいいじゃない。それよりぃ」

「な、なに?」

「Trick or Treat.」

「発音いいっすね」

「大学で専攻してるもの。そんなことはどうでもいいの」

「あの……そこは触られちゃうと……」

「犯してくれなきゃイタズラしちゃうぞ」ボソッ

「おふぅ……、妹がいるしご勘弁を……」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 22:55:06 839YeAPY 4/33


「ほわおっ?!」

「妹ちゃんがいると恥ずかしい?」

「恥ずかしいというか道徳的に」

「倫理的にもよくないと、ふぅーん」

「ねえね? にっちゃ?」オロオロ

「妹ちゃん。あとでお菓子あげるからお部屋で待っ――」

「ポロン」グイッ

「おひゃっ?!」

「いひゃっ?!」

「あら、おっきい」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 22:57:15 839YeAPY 5/33


「あの……、これ以上は本格的によろしくない気がするわけで」

「犯してくれなきゃイタズラしちゃうぞ」ボソッ

「あふぅっ、い、妹がいるから無理ですって」

「あ、あわわ」

「そっか、じゃあ仕方ないわね」ニギッ

「あおぅっ」

「妹ちゃん。お兄ちゃんがイタズラしてほしいって」

「いたずらって……でも……」

「お兄ちゃんのおち×ぽを優しく握ってあげて」

「これにイタズラするの?」ドキドキ

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 22:58:13 839YeAPY 6/33


「そうよ」

「い、妹ちゃん。あとでちゃんとお菓子あげるから、そんなこっ、おぅっ」

「うわぁ……、あったかい」

「びくびくしちゃダメ。もっとちゃんと掴んであげなきゃ」

「う、うん。これが、にっちゃの……」

「どう?」

「どうって言われても……あったかくてかたい?」

「最初はそんなものよね。それじゃ、握ってるついでに擦ってあげて」

「コスるの?」

「最初は上下に優しくね」

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 22:59:18 839YeAPY 7/33


「こう?」コスコス

「そうそう。そんな感じ」

「これすると、にっちゃはどうなるの?」コスコス

「どうなるのかな、おにいちゃん?」

「うぁっ……、妹ちゃんの手のひら柔らかい……」

「だって」

「柔らかいとどうなるの?」コスコス

「気持ちよくなるの」

「気持ちよく……、あ、なにか出てきたよ」

「うそ!? もうっ?!」

「うん。透明なねばねばが……」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:00:07 839YeAPY 8/33


「ほんとだ。へぇ~」ヒクヒク

「ねえね。これなあに?」

「おとこくぅーん。私のときよりも気持ちよくなってるのはなんでかなぁ?」

「いひっ?! いやですね、それは……、その……ぎこちなさが新鮮で……」

「妹ちゃん、どいて」

「はい。どうぞ」

「ふんっ」グシッ

「ふぎぃっ!」

「ひゃっ! にっちゃの踏んじゃうの?!」

「どういうことかな? 私がする毎日のご奉仕はマンネリとでも言いたいのかしら?」グリグリ

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:01:03 839YeAPY 9/33


「決してそんなことは、んひっ! かかとはおやめください!」

「なにがおやめくださいよ。嬉しいから硬いままなんでしょ」

「にっちゃは痛いのが好きなの?」

「妹ちゃんも踏んでみる?」ニコッ

「踏むのは……」チラッ

「…………」

「……えいっ」グニッ

「あぉんっ」

「こ、こうでいいの?」フニフニ

「妹ちゃんは指で挟んでこするタイプなんだ」

「そうなの? よくわかんない。……いたくない?」

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:02:20 839YeAPY 10/33


「あ、ぐっ、……う、これ、ヤバッ」

「うわっ、なんか震えてきたっ!」

「ほう……」イラッ

「ねえね! にっちゃのがびくびくって!」

「ごめっ、妹ちゃん! 俺、もう、限界で――」

「はい、終わり」ヒョイッ

「おっとと」

「ぐ、ぁっ?! なんで……姉ちゃん……」

「男くんが妹ちゃんばかりで気持ちよくなるからお仕置き」

「そんなっ!」

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:03:55 839YeAPY 11/33


「Trick or Treat.」

「……トリックで」

「English please.」

「Trick.」

「I want many snacks.」

「Very few.」

「I never forgive you.」

「ひでぇ」

「ねえね、にっちゃとなんのお話してるの?」

「大人の会話。Where are snacks?」

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:05:46 839YeAPY 12/33


「Amm...Sorry. Forget. Somewhere...in this room.」

「……あとでこってりしぼってやる」

「ひっ!? ご容赦をっ!」

「ねえねなんて言ったの? すなっく? お菓子?」

「お兄ちゃんがね、どうしても妹ちゃんにもっとイタズラされたいって甘えてきたの」

「ふえっ?! そ、そうなの?」チラッ

「え? そうなの?」チラッ

「そうなの?」チラッ

「どうなの?」チラッ

「すみません。されたいです」

「されたいんだ」ドキドキ

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:16:23 839YeAPY 13/33


「どうせ私は男君に使いこまれた成人手前の年増中古ですよーだ」

「年増って……、まだそんな歳じゃないじゃん」

「気の済むまでむにむにの若肌と戯れてれば? 蚊帳の外でお菓子咥えながら見物してますよ」ブスゥ

「また勝手にへそ曲げて……」

「にっちゃは……ねえねより私がいい?」

「そりゃあ、どっちかって聞かれたら」

「……」ギロリ

「……ど、どっちもかなあ。おおおおお兄ちゃん贅沢ものだなあ、あは、あははは」ダラダラ

「ふんっ」プイッ

「はぁ……」

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:17:30 839YeAPY 14/33


「さっきみたいにするの?」

「優しくお願いね」

「うん、わかった」フミッ

「ちょっと待って。それはもういいんだ」

「そうなの? でもお兄ちゃんの……」フミフミ

「おぐっ、悪くはないけども、もっと違う別のことを、んひっ」

「べつのこと? たとえば?」

「こすったりとか咥えたりとか」

「これ、口に入れちゃうんだ……」

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:18:49 839YeAPY 15/33


「見た目汚いからちょっと拭こうか。べとべとだし。ティッシュ取って」

「包帯あるよ」

「便利だな。包帯男」

「女の子のマミーです」フキフキ

「あ、これなんかいいかも」

「包帯が?」

「そのままチ×チンに包帯を巻いて続けてみて」

「こう?」コシコシ

「そうそう。つぁっ、布地とぬめり気が絡み合う感触やばい」

「にっちゃがぷるぷる震えてる。大丈夫?」スリスリ

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:19:54 839YeAPY 16/33


「大丈夫だよ。すごく気持ちいい」

「気持ちいいんだ……」コスコス

「んぁっ、やばっ! 妹ちゃん、口開けて!」

「ほえ? んぐっ?! んんっ?!」ビクッ

「ぐっ、あ、……っつ、……ん、ふぅ……はぁ」

「……んん、ん、こくこく、こく……ぷぁ、……美味しくない」ギロッ

「頭押さえつけて射精するなんて最低ね」

「ごめん。つい、気持ちよくて」イソイソ

「妹ちゃんの番は終わり。しゃかりこ見つけたからこっちおいで」

「あ! しゃかりこ!」

「おっと、もう少し我慢して」グイッ

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:21:24 839YeAPY 17/33


「にっちゃ、はやくはやく!」

「なにしてるの?」

「包帯を結んで一風変わった玉を連立させる遊び」

「なにそれ斬新。しかも超地味」シャクシャク

「にっちゃ! わたしのしゃかりこがなくなっちゃう!」

「待って。あとふたつ……ひとつ……完成! ゴー!」

「しゃかりこー!」

「はい。頑張ったご褒美」

「うえへへ、しゃかりこ……あれ?」

「はいはい、へばっててもいい時間なんかないわよ」

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:22:16 839YeAPY 18/33


「濃厚濃密な一射後は休憩を下さい」グテー

「男のクセにだらしないわね。どうせ舐められるだけで元気になるんでしょ」

「いやいや、疲労困ぱい、満身創痍はさすがに」

「あむっ、ちゅっ、ちるる」

「うぁ……」

「ほら、嘘つき。ちゃんと勃つじゃない」

「自分自身と姉ちゃんを甘く見ていました」

「わかればいいのよ。ん、ちぅ、ちゅく……んぷ、んっ」

「筋部分とかさの裏もいい?」

「ん、……はむ、ちろちろ、ぬちゅ……、くちゅ、ちゅぅっ」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:26:07 839YeAPY 19/33


「あーっ、ごめん、頭押さえるっ」

「んんっ」

「怒んないでよ。姉ちゃんのがうまいから、うぐっ」

「ちく、ちりゅ……、じゅ、ちる、……ぷふ、ふぅ……終わり」

「え? 生殺し?」

「口は、ね。もちろんまだまだ続くわよ」

「ですよね。ここまでされておあずけかと思った」

「そんなの……私が我慢できるわけないでしょ」

「ははは、姉ちゃんが我慢しても俺が襲っちゃうかも」

「それはダメ。お姉ちゃんが襲うの」

「ですよね」

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:27:33 839YeAPY 20/33


「下、入れるよ」

「手伝おうか?」

「ううん、お姉ちゃんの役目だか……ら、……ん、ふ、……入った」

「ねえね、しゃかりこ、2本しかないよ」

「あとで買ってあげるから、ん、待ってて。男くん、ちゅーして」

「んっ」

「ん、あむ、……むぁ、は、ぅむ、……ぷはっ、……いつもより硬い。妹ちゃんがしたから?」

「俺のワイシャツを勝手に羽織るビキニ吸血鬼の魔力かな」

「んふふ、正解。あっ、ふっ……、んぅっ」

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:28:36 839YeAPY 21/33


「上の水着、ずらすよ」

「いいよ。いじるときは、やさしく、だよ。んふっ、あっ!」

「上にまたがるエッチな吸血鬼の姿は格別だね」

「まだ動いちゃ、だめ、だから。いま、は、お姉ちゃんが、気持ちよく、させて、あげる番、だから」

「胸は好きにしていいんだよね?」

「んっ、先っぽもまだ、だめえ! はぅ、あ、も、揉むだけ。揉むだけなら、いいからっ」

「わかった。……やだ」

「ひぁっ?! ばっ! お、おとこくんは、言うこと、聞くの! ハロウィン、なの!」

「俺、気持ちよくしてくれる姉ちゃんよりも気持ちよくなってる姉ちゃんの方が好きなんだ」

「ひあっ?! まっ、動くなぁっ! 動いちゃ、あっ、はぅっ、んん……んぁっ!」

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:30:35 839YeAPY 22/33


「そういや下から突かれるのは初めてだったっけ。上からとどっちがいい?」

「どっちも、だめっ。おねがい、動かないで。お姉ちゃんが、あ、これ、すきに、なっちゃうぅっ」

「それにしてもワイシャツエロいなあ」

「ふ、んっ、い、はぁんっ、……ちから、はいらない、はぅっ、んんっ!」

「身体倒していいよ。抱きしめてあげる」

「うん。ひんっ、お、男くんの、体ぁ、あったかい、ふぅ、ふっ、あぅっ」

「姉ちゃんの体もあったかい。ぎゅってされるの好きだよね」

「くぁっ、う、ひっ、だ、だって、あんしん、できる、からっ」

「妹ちゃん。包帯、いいよ」

「ふぇ? 包帯?」

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:32:05 839YeAPY 23/33


「包帯?」

「それそれ。ゆっくりね。いれてあげてね。お尻に」

「おし、ひっ?! な、なに?! やっ! やめ、やだっ! 妹ちゃん!?」

「に、にっちゃが入れてって言うから……」グリグリ

「男くんっ! これ、なに?! あ、ぐうぅ……まだ、くるぅ……っ」

「さっき包帯で玉を作ってたでしょ。それ。けっこういいサイズにしてみたんだ」

「か……は……、あ、そんなっ、うあぁうっ……、ば、ばかぁっ!」

「これで8つめ」

「む、無理! 妹ちゃん、お願い、抜いてぇっ」

「抜くの?」グイッ

「ひんっ?!」ビクンッ

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:33:30 839YeAPY 24/33


「ねえね、力入れてちゃ抜けないよ」

「あぐう……ひっく、お願い……もう、いじめないで……ぐすっ」

「あ……、にっちゃ、ねえね泣いちゃった。ごめんね、ねえね」

「姉ちゃん。ごめんね。……すぐに全部入れてあげるからね」グイッ

「あぐっ?! は……はぐ……、あ……」ビクビク

「おー、ねえねの背筋が伸びた」

「マミ子さんの包帯が気持ちよかったって。よかったね」

「そう……なの?」

「――――っ」ビクビクッ

「ほら、吸血鬼さんもご満悦のこの表情」

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:38:23 839YeAPY 25/33


「大丈夫?」

「ふぅ……ふぅ……、う、うん。んく、……はぁはぁ」ヘナヘナ

「そんなに脱力しちゃってたら上は無理だね。入れ替わろうか」

「その前に、イったから、少し、やすませ、あっ、くふっ、やだぁ……」

「ああもう、弱くなってる姉ちゃんは可愛いなあ。ん」

「ん、ちゅぷ、あむちゅ……、んん、ちゅ……」

「ん……ぷは。足、抱えるね」

「あぐ、はっ、これ、奥、きちゃうっ! 男くんの、硬いの、ふわぅっ!」

「ねえね、声、すごい……」

「あん、やっ! ま、ダメっ! 足、離してっ!」

26 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:40:46 839YeAPY 26/33


「離さないよ。抵抗できないからこれだけ感じてるのに。もったいないでしょ」

「でも、でも、だって、こんなの、続けてたら、おかしく、なっちゃうっ! ああんっ!」

「妹ちゃん。お姉ちゃんの腕を押さえておっぱい好きにいじってあげて」

「だ、だめ! それされたら、本当にっ!」

「って、ねえねが」

「しゃかりこ2つ」

「でも……」

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:43:14 839YeAPY 27/33


「ふぁ、んんっ! あっ! い、妹ちゃん、だめ、だよっ! いぁっ!」

「4つ」

「ねえねが……」

「5つ」

「8つ」

「今回だけ特別な」

「にっちゃ、ありがと!」

「んなっ?! 妹ちゃんっ!? ひんっ」

「ねえねのおっぱい、おおきい」チュー

「はぅっ! ちくび、吸っちゃ、やだぁ……っ!」

28 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:52:04 839YeAPY 28/33


「うわっ、胸責めされてるとすっごく締まる。姉ちゃんは弟妹に苛められて喜ぶ性癖なんだね」

「ちがっ、そんなんじゃ! あん、あっ! んひゃっ?!」

「お尻の包帯もいじってあげた方がもっと気持ちいいよね」

「おしり、ダメに、なるよっ、ひっく……、あ、んあっ! ああんっ!」

「1個め抜くよ、ほい」

「ひぃっ?! 男くんの、いじわる……っ!」

「だけど気持ちいいでしょ。おま×ことお尻どっちがいい?」

「あぐぅ、……んひっ、わ、わかんない! そんなの、わかんない!」

「そっか残念。どっちも気持ちよくなかったかあ」

「ちがう、のっ! おま×こも、おしりも、気持ちいいの!」

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/30 23:57:00 839YeAPY 29/33


「姉ちゃんはどっちの穴でも気持ちよくなれるんだ。卑猥な言葉を言いたくなるくらいに。これで2個め」

「んあっ、ちがっ、へんなこと、言わせっ、あんっ! ばかあっ!」

「あむ、あむ、はむはむ、ちろちろ……」

「んんーっ、ふわっ、あっ、や、もう、キちゃうっ! キちゃうよぉ!」

「いいよ。姉ちゃんの好きなときにイっていいからね。っと、3個め」

「あ、やっ、イっ、ああんっ! あっ! ふわっ!」

「ちゅぷちゅぷ、ぺろぺろ、はみはみ」

「あぐっ、ひあんっ! ああっ! ああぁっ! イっ、イっちゃ……っ!」

30 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/31 00:01:28 eU9t57IE 30/33


「姉ちゃんっ、俺もっ! くっ、包帯全部抜くよ!」

「あっ! ああっ! イっ、あああっ! ふわああああっ!!」

「うぐっ、ふ……っ! ……ん……、ふぅ……」

「あ、……んくっ、……はぁはぁ、んんっ、はぁはぁ……」ピクピク

「……気持ちよかったよ、姉ちゃん」

「……うん。私も……だよ」

「ちろちろ、ぺろぺろ」

31 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/31 00:03:11 eU9t57IE 31/33


*

「しゃかりこ8点で合計1096円なり」

「よかったね。買ってもらえて」

「ありがとね、にっちゃ」

「梅味は開けたら分けてね」

「いいよ」

「俺はチーズね」

「……なんで?」

32 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/31 00:05:50 eU9t57IE 32/33


「どうしてそこまで立派なきょとん顔ができましょうか」

「だって、ハロウィンだよ?」

「だよね。ハロウィンだもんね」

「ハロウィンだけども……わかった。諦めよう」

「にへへ、にっちゃ」

「なに?」

「トリック・オア・トリート!」

「ハッピー・ハロウィン!」

33 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2013/10/31 00:09:29 eU9t57IE 33/33

おわり

包帯以外にハロウィン要素なくてワロウィン

記事をツイートする 記事をはてブする