1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 00:58:04.34 c/pOGzK80 1/54

ほむら「特に服の上から揉みたいわ」

ほむら「服越しに伝わるまどぱいの感触…ああ、素晴らしい」ホムッ

元スレ
ほむら「まどかの胸を揉みしだきたい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1327247884/

2 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:01:23.46 c/pOGzK80 2/54

ほむら「恥じらうまどかの顔…声…」

ほむら「あわよくば色々な所も舐めてみたいわ」

ほむら「もちろん服越しで」

ほむら「でも果たして私に揉ませてくれるかしら…ねえ、そこの白いの」

QB「僕は知らないよ…いきなりどうしたんだい」

3 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:04:32.80 c/pOGzK80 3/54


ほむら「ほら、ワルプル倒したしご褒美みたいな感じよ」

QB「まどかも君を好いているようだしいけるんじゃないかな」

ほむら「よし、まどかに頼んでみるわ」

QB「行動が早いね」

6 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:07:12.83 c/pOGzK80 4/54

ほむら「よし電話、電話」

プルルルル…プルルルル…ガチャ

まどか「もしもし?どうしたの、ほむらちゃん」

ほむら「まどか、頼みたいことがあるのだけど、今行っていいかしら」

まどか「うん、大丈夫だよ!来て来て!」

ほむら「ありがとう、まどか」

QB「僕も契約をしに行こうk」パン

QB「」

ほむら「消えなさい淫獣」

8 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:09:50.16 c/pOGzK80 5/54

――――――――――――――――――――

ピンポーン

まどか「はーい!」

まどか「ティヒヒ、いらっしゃい、ほむらちゃん!」

ほむら「お邪魔するわ」

9 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:12:37.47 c/pOGzK80 6/54

ほむら「(それにしても…)」チラッ

ほむら「(私服…ぶっちゃけ今からでも襲いたいわ)」ハァハァ

まどか「どうしたの、ほむらちゃん…もしかして服…変、かな」

ほむら「いいえとてもかわいらしいわ、食べちゃいたいくらいよ」

まどか「ふぇっ!?ほむらちゃん…それはどういう…//」

ほむら「本心よ」キリッ

まどか「(かわいいって…ほめられちゃった//)」

ほむら「(まどかわいい)」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:15:25.06 c/pOGzK80 7/54

まどルーム

ほむら「いきなり悪いわね…」

まどか「いいよいいよ、私もほむらちゃんのお手伝いしたいし…
    私にできることだったらなんでもするよ!」

ほむら「じゃあ…お言葉に甘えて」

まどか「うん!」ティヒヒ

14 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:18:09.61 c/pOGzK80 8/54

ほむら「―――――それじゃあまどか、胸を揉ませてもらっていいかしら?」

まどか「…………えっ?」

ほむら「お願い!どうしても触ってみたいの!ふにふにしてみたいの!
    埋もれたいの!」

まどか「」

ほむら「駄目かしら…」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:20:03.52 c/pOGzK80 9/54

まどか「で、でも…私…その、おっぱい、小さいし…」マドマド

ほむら「大きさは関係ないわ」キリッ

ほむら「いいかしら、まどか」

17 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:23:25.08 c/pOGzK80 10/54

まどか「う…うん、なんでもするって言ったし…」

まどか「それが…ほむらちゃんのためになるのなら…」

まどか「うん…触って…いいよ、ほむらちゃん//」

まどか「(揉んでもらえば…少しは大きくなるかも//)」

ほむら「(キター!神様ありがとう!)」ホムー!

19 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:26:38.01 c/pOGzK80 11/54

まどか「それじゃあ、その…脱ぐ?//」

ほむら「まどか、もう一つお願いが…」

まどか「なにかな?」

ほむら「パジャマに着替えてもらっていいかしら」

まどか「…?うん、分かった」ニコッ

そう言うとまどかは、洋服入れからパジャマを取り出した

21 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:29:22.38 c/pOGzK80 12/54

ほむら「」ジー

まどか「ここで…着替えるの?//」

ほむら「ええ、私は後ろを見ているから大丈夫よ」ハァハァ

まどか「うぅ…(まあ…それなら//)」i

24 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:32:12.78 c/pOGzK80 13/54

まどかは、着ていた服を脱ぎ始めた
服の擦れる音が、ほむらの鼓動を早くさせる

まどか「んしょ…と」パサッ

ほむら「(最高に…最高にエロいわ!まどか!)」

ほむら「まどか、ブラも取ってほしいわ」

まどか「ふえっ!?これも…取るの?」

ほむら「ええ」

まどか「うぅ…//」

27 : >>25 あの時飽き... - 2012/01/23(月) 01:36:30.51 c/pOGzK80 14/54

まどか「これで…いいかな、ほむらちゃん」

ほむら「着替え終わったかしら…」クルッ

ほむら「…!」

まどかの顔はうっすら紅潮していた
胸を包んでいた下着はなく、小さな膨らみが
服の上からよく見える
薄い黄色の寝巻はどこか幼さを感じさせるが、
それは彼女に非常によく似合っていた

まどか「どう…かな?」

ほむら「(ホムー!)ええ、とってもかわいいわ、まどか」ニコ

まどか「//」

28 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:40:23.68 c/pOGzK80 15/54

ほむら「じゃあ、こっちに…」

ほむらはベッドの上に座り、その前にまどかを座らせた
そして、自分より少しだけ小さな背中を後ろから抱き寄せた
まどかの身体が少し震えたが、すぐに後ろに身を任せ、身体を預ける
彼女の甘い香りが鼻をくすぐる
ほむらはまどかの耳元に唇を近づけ、

ほむら「…触るわよ」

そう呟いた

30 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:42:25.54 c/pOGzK80 16/54

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「なにかしら」

まどか「優しく…ね//」

ほむら「ええ」(まどパイ!まどパイ!)

32 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:45:11.42 c/pOGzK80 17/54


ほむらは後ろから手をまわし、そっと触れた

まどか「ん…」ピクッ

服越しに伝わる二つの丘は、弾力があり、かつ柔らかい
ほむらは、両手でなでるように撫で、指をくい込ませた

33 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:47:21.57 c/pOGzK80 18/54

ほむら「(ふおおお!マドカァー!)」

指に吸い付くようなそれに夢中になり意識を集中させる
もっと。もっと。
ただひたすらに、手を動かす

36 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:49:07.19 c/pOGzK80 19/54

ほむら「(まどか…いい匂い…)」

まどか「んんっ…」

布の擦れる音に加え、まどかの声がだんだん大きくなっていく

まどか「んん…!んっ…」

37 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:51:12.01 c/pOGzK80 20/54

まどか「(なんか…身体が変だよぉ)」

ほむら「(この何ともいえない柔らかさ)」

ほむら「(服越しは思った通り…いい!)」

39 : >>38 がんばりま... - 2012/01/23(月) 01:54:52.66 c/pOGzK80 21/54


数十分と揉まれるうちに、まどかの身体は熱を帯び、感じやすくなっていった
ほむらはもうすでに服越しに隆起していた胸の先端部分を、両手でつまんだ

まどか「あん…っ!」ビクッ

一瞬身体が震え、ほむらにもたれかかった

41 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:56:27.35 c/pOGzK80 22/54

ほむら「まどか…感じやすいのね」

まどか「ほむら…ちゃ…っ」

ほむら「なにかしら」

43 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 01:59:03.92 c/pOGzK80 23/54

まどか「触るなら…直接…触ってぇ…」

ほむら「駄目よ」

まどか「うぅ…//」

ほむら「(エロさ半減よ…脱いだりなんてしたら)」

45 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:02:10.35 c/pOGzK80 24/54

ほむら「(耳はどうかしら)」

胸を撫でまわしながら、耳たぶを甘噛みする

まどか「ひゃっ…!」

ほむら「耳でも感じるのね…まどか」

47 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:04:55.67 c/pOGzK80 25/54

まどか「み、耳元で…しゃべらないでぇ…」カァァ

ほむら「(…!)」ゾクッ

ほむら「(…そうだ)」

ほむら「まどか、横になってくれるかしら」

まどか「う…ん」

49 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:09:40.12 c/pOGzK80 26/54

まどかはベッドに横になりその上にほむらが覆いかぶさる
胸を弄られたことによる経験のない快感、羞恥により頬が赤く染まり、息も切れている
ほむらはその表情にひどく揺さぶられた
もっとその顔を見せてほしい。そう思った彼女は
胸の突起に唇を当て、それを吸った

まどか「ほ、ほむらちゃ…!それは…!んんっ!」

ほむら「大丈夫よ」

50 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:14:28.06 c/pOGzK80 27/54

右手で右胸を刺激し、口でまどかの左胸を味わう
ほむらは数分おきに吸う胸を変えたり手でひたすら揉んだりした

舐め、吸い、また舐める
その繰り返しにより、まどかの身体はさらに火照っていく

ほむら「(おいしいわ…)」

まどか「~~っ!」

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:17:58.34 c/pOGzK80 28/54

ほむら「まどか…」

まどか「も、もう胸は…っ!?」

ほむらはまどかが言葉を発する前に唇で唇を塞いだ
胸とはまた違った柔らかさをもつそれもまた、ほむらを魅了した

54 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:20:27.69 c/pOGzK80 29/54

まどか「んん…!(ほむらちゃんの唇…!)」

まどか「んっ!(柔らかい…よぉ)」

ほむら「ん…(唇も…いい)」

まどか「ん~!ぷはっ…はあ…はあ…」トロン

55 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:23:30.57 c/pOGzK80 30/54

ほむら「ぷはっ…(…こうして改めて見ると)」

まどかの汗、ほむらの口から溢れ出す唾液により、
主に胸のあたりが濡れ、脱がさなくとも胸の様子が見えた
ほむらはその様子を見渡す

57 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:29:15.14 c/pOGzK80 31/54

ほむら「いいわ…すごくいいわ」

まどか「み、見ないでぇ//」

ほむら「そう…分かったわ」

ほむらはまどかの胸に埋もれ、再びひたすらに舐める

まどか「ひゃんっ…そ、れも…!」

59 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:31:57.15 c/pOGzK80 32/54

舐める音が部屋に響く
かわいらしい嬌声、匂い、柔らかさがほむらを刺激する
全身で感じ、求める
ほむらは当然止まらない

ほむら「(もっと…もっと)」

まどか「やっ…そんな激しく…だめぇ…」

まどか「(身体が…熱いよぉ)」

62 : 再開します[] - 2012/01/23(月) 02:45:28.23 c/pOGzK80 33/54

ほむら「まどか…まどか…!」

まどか「ひゃん!そ、そこは…!」

ほむらはまどかの身体の下の秘所を、そっと撫で始めた
長い長い胸、口への愛撫により、そこはすでに溢れる蜜で色が変わっていた

64 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:49:36.63 c/pOGzK80 34/54

まどか「ひあっ…ほむらちゃん…!」

まどか「私の…そこ…なんか…濡れてて…その…//」

ほむら「…もっとはっきり言ってほしいわ」

ほむら「どうしてほしいのかしら」

少しだけ撫でる速度を速める

まどか「あんっ…!」

65 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:53:20.50 c/pOGzK80 35/54

まどか「その…なぜか、濡れてて…やだから…ひぅっ…!」

まどか「パジャマ…脱がして…!」

ほむら「…分かったわ(まどパン!まどパン!)」

ほむらは脱がせる体制に入る

ほむら「脱がしてあげる」

66 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:56:30.19 c/pOGzK80 36/54

寝巻の下をおろす
まどかの、まだ毛の生えていない綺麗なそれが下着越しに見える
ほむらはうっすらと色の変わっている薄い桃色の下着を見つめる

まどか「わたし…おもらししちゃったの?//」

ほむら「違うわよ」

ほむら「これはあなたが感じた…証」

まどか「えっ…感じ…って//」

67 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 02:59:27.69 c/pOGzK80 37/54

まどか「(うぅ…それもそれで恥ずかしいよぉ//)」

ほむら「色が変わってて…うん、いいわまどか」

まどか「い…言わない…でぇ//」

ほむら「(下もいいけど…やっぱ胸よ!)」

70 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:02:42.05 c/pOGzK80 38/54

ほむらは再び覆い被さってまどかの胸を両手で包み、揉み始めた
すでに濡れに濡れて形がくっきりと目に映る
揉まれて形を変える柔らかいそれに、ほむらはすでに虜になっていた

まどか「も…う胸はっ…!や、やめてぇ…んっ…!」

71 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:05:27.76 c/pOGzK80 39/54

まどか「(なにか…きちゃうよぉ…!)」

押し寄せる快感。こみあげる何か。
すでに感度が限界近くまで上がったまどかは、胸を弄られるだけでも達しそうであった

まどか「あぁ…っ//」ゾクッ

まどか「だ、だめっ、ほむらちゃ、なに、か、き、ちゃ!」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:10:14.82 c/pOGzK80 40/54

ほむら「(そろそろかしら)」

先ほどと同じく、服の上から主張する突起を強くつまんだ

まどか「んっ!~~っ!!…あ…」ビクッ ビクッ

今まで経験したことのない快感が、電撃のように身体に走る
下着の色が少し濃くなり、息をきらす
まどかが、初めて絶頂に達した瞬間であった

77 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:13:32.09 c/pOGzK80 41/54

ほむら「(感じてる顔…かわいい)」

まどか「んん…//」

まどか「な…に…今の…//」

ほむら「まどか…どう?」

まどか「ど、どうって、言われ、ても…」

78 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:15:37.84 c/pOGzK80 42/54

まどか「(何も…考えられないよ…)」

ほむら「まどか」

ほむら「もっと…気持ちよくさせてあげるわ」

79 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:18:09.89 c/pOGzK80 43/54

秘所を覆っている下着の上に唇を近づけ、それを舐め始めた
もっとも、それはもはや下着としての機能を果たしていなかった

まどか「ひうっ!」ビクッ

まどか「そ、そんなとこ、あっ…や…!」

81 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:21:16.38 c/pOGzK80 44/54

先ほど達したばかりのまどかは、まだ感度が良好であった
蜜が溢れ、ほむらの唾液と混ざり、それらがさらに下着を濡らしていく
布越しにまどかの蜜を味わう
もはや、ほむらのなすがままであった

ほむら「(まどか…全身どこでもおいしいわ)」

82 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:25:15.03 c/pOGzK80 45/54

なぞり、舐め、形にそって指をゆっくり、時に早く走らせる
焦らすことにより、感度をさらに上げようとする
指を往復させるたびに、嬌声を押し殺す声が耳に入る
未知の快楽に、まどかは酔う

まどか「あっ、あっ、ひうっ…!あ…!」

83 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:27:24.66 c/pOGzK80 46/54

時折強い刺激を与える愛撫は、まどかを一気に達しさせようとする

まどか「ま…また…あ…きちゃう…!」

ほむら「(激しくイくまどか…ありね)

84 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:30:30.99 c/pOGzK80 47/54

ほむらは口で弄る強さを一気に強くする
それに耐えきれるはずもなく、抑えきれない声が口から漏れる

まどか「ひゃんっ…!あっ、ああっ、また、きちゃ…!」

ほむら「(まどか…!まどか…!)」

86 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:35:22.42 c/pOGzK80 48/54

まどか「あ、ああ、あ、だ、め、んんんっ!!」

二度目の絶頂を迎え、まどかは先ほどより激しく身体を震わせた
秘所からまた蜜が溢れ、下着の間からこぼれる
息を切らし、のぼせたような顔を見せ、上はすでにはだけて華奢な身体が少しだけ見えている
特に胸は激しい愛撫によって二つの突起がくっきりと見え、下着は濡れに濡れている――――
その姿はひどく淫靡な様を呈していた

87 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:39:11.89 c/pOGzK80 49/54

まどか「はあ…んんっ…ああ…//」

ほむら「まどか…好きよ」

まどか「ぇ…はぁ…はぁ…あ…んっ」

88 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:43:13.54 c/pOGzK80 50/54

まどかはまだ快楽の渦から抜け出せず、ほむらの言葉が聞き取れない
疲れ果てたのだろうか、息がだんだん整っていくころには――――

まどか「すぅ…すぅ…」スヤスヤ

――――眠りに落ちていた

89 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:46:03.85 c/pOGzK80 51/54

ほむら「かわいい寝顔…」クスッ

髪をなでながら、愛おしそうに呟く

ほむら「起きたら…謝らないとね…」

ほむら「胸だけでは済まなかったし…」

91 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:49:59.75 c/pOGzK80 52/54

――――――――――――――――――――

まどか「うぅ…ん…あれ…私…」

ほむら「…まどか」

まどか「ほむらちゃん…あっ、わ、私…//」

先ほどの事を思い出し、頬を赤く染める

92 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:51:40.89 c/pOGzK80 53/54

ほむら「その…ごめんなさい、調子に乗りすぎたわ」

まどか「もう、ほむらちゃん…//」

ほむら「(ひたすらエロかったわ…)」

まどか「(でも…きもち、よかった…な//)」

94 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/01/23(月) 03:54:08.69 c/pOGzK80 54/54

ほむら「まどか、また次もよかったら…その」

まどか「えっ…//」

まどか「うん…ほむらちゃんとなら…いいよ//」ボソッ

ほむら「(やっぱかわいいわ…!)」

おわれ

記事をツイートする 記事をはてブする