1 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 20:59:35 3IMdYu9I0

「いやー、今日もバイト疲れたなー…」
(横の奴、誰だ?ここらへんじゃ見ない顔だな)

「はぁ、今日もバイト疲れたぁー」
(横の人誰かな?新しく引っ越してきた人?)


「ただいまー…と、その前に鍵、鍵っと」

「あれー?鍵、鍵…あ、あった」

「ん?」
「ん?」

元スレ
男「お前が俺…?」女「アンタが私…?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1327751975/

3 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:02:52 3IMdYu9I0

「あ、ここは俺の家ですよ?」

「あのー…家間違えてませんか?」

「えっ」
「えっ」

「いや、ちゃんと表札にも私の名前があるじゃないですか」

「いや、俺の名前じゃないか」

「えっ」
「えっ」


男女「…え?」

6 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:06:30 3IMdYu9I0

「えっと…お名前は?」

「◆●◆●です、そっちは?」

「奇遇ですねー、私も◆●◆●なんです」

「いやー、面白いですねぇ」

「性別どっちでも使える名前ですしねー」

男女「「で、あなたの本当の家はどこにあるんですか?」」

「いや、だから私は…」

「だから、この家はさぁ…」

9 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:09:56 3IMdYu9I0

「ま、いいや。とりあえず上がって。話を聞こうじゃないか」

「上がってって…まるで自分の家みたいに!」

「いや俺んちじゃん!」

「ここは私の家よ!」
「…まぁ上がって」

「…はぁ、紅茶?コーヒー?」

「コーヒー。ってなんで俺んちのコーヒーの位置知ってんの?」

「私の家なんだから当たり前でしょ」

男女「…えっ」

10 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:14:49 3IMdYu9I0

「とりあえず名前を紙に書いてみる」サラサラ

「わかった」サラサラ

◆●◆●

「…漢字まで、一緒だな…」

「…え、えぇ…」

「じゃあアレだ!身分証だ!学生証でもなんでも、住所が書いてある奴なら決着がつくだろ!」

「それもそうね」

〇〇町〇〇、〇〇丁目〇〇番〇〇号

男女「…」

「ちょっと、その学生証よく見せて」

「いいわよ、その代わりそっちの学生証も見るわよ」

男女「…」

12 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:17:48 3IMdYu9I0

「け、血液型は?」

「O型」

「ア、アンタの誕生日は?」

「7月22日」

「私と一緒だ…」

「なんなんだよ、コイツ…」

「こっちのセリフよ!」

男女「そうだ!幼馴染に聞いてみよう!!」

16 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:23:43 3IMdYu9I0

幼馴染「あ、二人ともおはよぉ~」

「な、なぁ幼馴染!こんな奴の顔なんか見たことないよな!?」

「こんな奴、幼馴染は知らないわよね!?」

幼馴染「…え??」

「ほら見ろ!お前のことは知らないってよ!」
「何言ってんのよ!私と幼馴染が何年の付き合いだと思ってんのよ!」

幼馴染「え~、あなた達は、二人で一つでしょ~?喧嘩でもしたの~?」
幼馴染「でも、自分同士で喧嘩って変かもね~」

男女「…は?」

22 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:28:38 3IMdYu9I0

「俺とコイツが、なんだって?今日はいつものボケに突っ込む余裕はないんだよ!」

幼馴染「二人で一つなんだって~。え、二人ともどうしちゃったの?」

「二人で一つって何よ!」

幼馴染「何よって言われても~…」

幼馴染「二人は一つの人間なんだよ~、私もそれ聞いたときビックリしちゃった」

幼馴染「DNAも何から何まで一緒なんだからすごいよね~」

男女「…」

25 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:31:56 3IMdYu9I0

自宅

「…」

「…」

「…なぁ」

「…何よ」

「幼馴染の言ってたこと、本当なのかなぁ」

「…でも、これだけ特徴が重なってたら流石に…」

「明日病院で血液見てもらうか?」

「でも明日は学校のテストよ?」

「なんでそれを知っ……まぁいいか…」

男女「はぁ…」

30 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:35:43 3IMdYu9I0

「お前は本当に俺なのか?」

「ふざけないでよ…私は私よ…」

「いわゆる、あれだ、ドッペルゲンガーだ!」

「性別違うわよ?」

「ぐっ…」

「とりあえず、ご飯でも作りましょうか」

「俺は風呂でも洗ってくる」

31 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:41:23 3IMdYu9I0

「はい、できたわよ」

「おう、風呂もすぐに沸くから」
「風呂洗ってたら、急に指が割れた。いってーな、この季節はアカギレとか多いよな」

男女「…いただきます」

「ん…」パク
「味付けも完全に俺だ!」

「その様子だと湯加減の好みも一緒ね」

「ところで、私も料理中、ミスって指切っちゃって…いてて」

「あ、ちょうど俺もその位置にアカギレが…」

男女「…!?」

「…いや、まさかね…」

32 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:45:50 3IMdYu9I0

「た、試しに指切ってみて?」

「は?やだよ!」

「私が切ってもいいけど、予想が正しかったらアンタにもその傷がフィードバックするかもね」

「…わかったよ!包丁は駄目だ、カミソリ貸せ!」

「指でいいんだよな…痛っ…」ピシッ

「つっ…!?」ズキンッ

「……指から血が…」

「なんなんだよぉぉぉぉぉお!!」

37 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:50:19 3IMdYu9I0

「はぁ、もう一人の俺よ、これからどうするんだよ」

「その呼び方やめてくれない?」

「とりあえず、明日の学校だな」

「そうね…」

「まぁ何食わぬ顔で、互いに知らない生徒同士で振る舞えばなんとかなるかな?」

「そうするしかないでしょ?」

「お風呂、先に入るわね」

「あぁ、先に入れ、俺」

「その呼び方やめてってば!」

41 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:55:12 3IMdYu9I0

翌日

「あ、お前も制服持ってたんだ」

「私もアンタの学ランにビックリしたわよ」

男女「行ってきまーす!」

幼馴染「あっ二人とも~、学校遅刻しちゃうよ~」

「あぁ、悪いな。このバカが遅れて…」

「ごめんなさい、このアホが遅くて…」

「あ?」
「あ?」

44 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 21:58:52 3IMdYu9I0

学校

(他人の振り他人の振り)

(赤の他人赤の他人)

「…なんでお前まで俺の教室に来るんだよ!」

「仕方ないでしょ!私の教室もここだもん!」

「ぐっ…まぁいい、席に座ろうか」

「えぇ」

男女「………」
男女「…えっ」

(椅子が…)

(1セットのみ…二人なのに)

46 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:01:46 3IMdYu9I0

「やっぱりか!この学校に在籍してるのはどちらか一方なんだよ!つまり俺だ」

「私も昨日までここに通ってたのよ!?合格発表で受験番号もあったし!」

「どうしたんだ?お前ら、いつもはその椅子に半分ずつで座ってるじゃないか」

男女「なんやて!?」

51 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:07:08 3IMdYu9I0

授業中
ギュウギュウ
「アンタ椅子陣取りすぎよ!!」ヒソヒソ
ギュウギュウ

「お前の尻がデカすぎるんだよ!」ヒソヒソ
ギュウギュウ

「なんですって!?」ヒソヒソ

「お前こそ!」ヒソヒソ


(男の子ってこんなにゴツゴツした体なんだ…)ギュウギュウ

(女の子の体って、こんなに柔らかいのか…)ギュウギュウ


(なのに…)


(何故だろう…)


男女(全っ然、興奮しねぇ…)

57 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:15:27 3IMdYu9I0

「お前、胸ないくせに!」ヒソヒソ
ギュウギュウ

「痩せ気味のアンタに言われたくないわよ!」ヒソヒソ
ギュウギュウ


「――――!!」ヒソヒソ
ギュウギュウ

「――――!!」ヒソヒソ
ギュウギュウ


幼馴染「あんなにくっついて、仲いいなぁ、あの二人…あれって一種のナルシズムだよね」

59 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:23:11 3IMdYu9I0

放課後
「今日は疲れる授業だったな…」

「えぇ…」

「つーか、なんでこの下駄箱も一つだけなんだよ、不便不便」ガチャ

ピラリッ

「あっ手紙だ!」
「わ、本当だ」

『◆●先輩へ』

「…」
「…」

男女「どっちの◆●先輩ですか?」

60 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:28:49 3IMdYu9I0

自宅

「さて…この封筒をどうするか」

「あ、アンタが開けなさいよ!」

「いや、ここは公平にジャンケンだろ」

男女「ジャンケンポイ」

「うしっ!」

「ぐっ…」

「仕方ないわね、開けるわよ」

「あぁ、渡した側からの名前で、性別がわかるしな」

「なになに…『入学式の時に先輩を学校で見て…」

「『体育館裏に来てください!』……終わり」

「…名前は?」

「以上、匿名希望さんからのお頼りでした」

「性別わからんかったか…」

63 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:35:27 3IMdYu9I0

翌日
教室
「え?俺が待ち合わせ場所に行くのか?」

「だって私は昼休み忙しいし」

「携帯でネットやってるだけじゃねーか」

「でも、丸い字使ってたから女の子だとは思うよ」

「確かにな」

64 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:38:09 3IMdYu9I0

体育館裏

「一応来てみたはいいが……」

ザッ
「あっお待ちしておりま……した……」

「お、お前は…!!」

つづく

66 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:41:25 3IMdYu9I0

♂後輩「あ、…◆●先輩!?なんでこんなところに!?」

「お前が手紙で呼んだんだろが」

♂後輩「いや、呼んだのは女の方の先輩で…」

「ムッキィィィイッ!!手紙にそれを書いとけやぁああ!!」

71 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:50:13 3IMdYu9I0

「ちょっと待て、お前があの丸く可愛い字を書いたのか?」

♂後輩「あ、はい。◆●先輩…あ、女の方のね、あの先輩も女の子だから、可愛い字の方が、と」

「お前、女の子にわざわざ合わせたのか?」

♂後輩「な、何かいけないんですか?」

「女の子にがっつく痛い男子にありがちなこと…メールで絵文字を多用!」

♂後輩「」ギクッ

「行ったこともないのに『あー合コンしてぇ~』とか言っちゃう!」

♂後輩「」ギクッ

「SNSでキラキラの写メを晒しちゃう!」

♂後輩「ぐぁあああ!」

73 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:54:01 3IMdYu9I0

「メール?違う。カラーペン?違う!漢なら…恋文は筆で書かんかい!」

♂後輩「は…はい!」



「戻ったぞ」

「あ、どうだった?OKした?」

「男子生徒で、お前に告白する予定だったんだと」

「はは、ないない、それはない」

「…はぁ……なんで女生徒じゃないんだよ…くそったれ」

74 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 22:58:39 3IMdYu9I0

「俺たちってさ、二人で一つなんだろ?」

「そうらしいわね」

「合体とかすんのかな?」

「合体?自分と?うわー…それじゃオナn」

「ちげーよ!すぐエロに走るのは男女共通のパーソナリティなのか…」
「合体したら、一人の人間になるよな」

「うん、そうね」

「その人間の性別は男なのか女なのか、どっちかなって」

「あー…」

75 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:04:25 3IMdYu9I0

放課後
「あちゃー…雨が降ってるわね」

「傘持ってきてよかった」

「あら、アンタ…いや、私にしては準備がいいのね」

「傘の中にいれて欲しい?」

「えぇ」

「入れて欲しい?」

「えぇ」

「挿入れて欲しい?」

「自分の分身に言葉責めして楽しい?」

「悲しい」

76 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:09:58 3IMdYu9I0

「うわっ土砂降りだ!」

「冷たーい!!」

「走るぞ!」

「えぇ!」


自宅

「いやー…雨キツかったな…体中ビショビショだ」

「へっくしっ」

「なんだ風邪引いたのか。しょうがない奴だなぁ、本当におま゛…ブェックシュンッ!!」

「…」ズズ
「…」ズズ

「フィードバックね…ごめんなさい」

「…いや…もういい…」

84 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:16:19 3IMdYu9I0

翌日

「熱だ……」

「同じく……」

「何度…?」

「38.5…」

「俺と同じだ…」

「…」

「…」

「なんか…お粥か何か作らねぇと…」フラフラ

「無理しないで…」

「あぁ…」フラフラ

86 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:20:44 3IMdYu9I0

「手伝うわ…」フラフラ

「お前は寝とけ…」フラフラ

「アンタが悪化したら私にもとばっちり来るんだから、手伝って早く終わらせましょう…」フラフラ

「…じゃ葱切って…」フラフラ

「わかった…」ザクザク
ピッ
「痛っ…」

「おい、俺の指に切り傷が浮かんできたけどお前大丈夫かよ…」フラフラ

89 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:25:59 3IMdYu9I0

「できた☆……」フラフラ

「わーい☆……」フラフラ
「熱いから気をつけろよ…」

「えぇ…」

「はい、あーん☆……」

「あーん…」パク…

「はい、あーん☆……」

「あーん…」パク…


男女「…自分同士で何やってんだろ…」

95 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:35:34 3IMdYu9I0

ピンポー…ン

「はーい☆……」

幼馴染「お邪魔しま~す、二人とも見事にダウンしてるねぇ~」

「何の用かしら…」

幼馴染「わーお、見張り役になんてこというのさ」

「見張り役……?」

幼馴染「あ、あー…。まぁ、それはともかく、二人ともダウンしてるんだから看病しにきたよ~ろくなもん食べてないでしょ、二人とも」

「神様や……」

「恩に着るわ……」

幼馴染「神様…ねぇ~。じゃあ看病はじめますかぁ~」

97 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:39:41 3IMdYu9I0

幼馴染「はい、体拭くよ~」

「ありがとう…」

「俺は?」

幼馴染「駄目、つーか嫌~」

幼馴染「そうだねぇ~二人は、一人の人間だから男の方の◆●も拭いてあげるよ~」

「やった~☆……」

100 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:44:40 3IMdYu9I0

幼馴染「~♪」
幼馴染「二人で一つって、これほど不便なこともないよね~」

「周りがそういう扱いにしてるんじゃないか」

「そうよ、少し前までは私しかいなかったのに、なんでコイツが」

幼馴染「それは、この『るつぼの世界』に来ちゃったから二人が出会っても仕方ないよね~」

男女「はい?」

幼馴染「でも、まぁ確かに不便だよね~」
幼馴染「どっちかが怪我したらもう片方も傷負うし、今の熱だってそうだしね~」
幼馴染「一人の人間に合体した方が楽ってのもよくわかるよ~」

「それは…まぁ、」

「うーん確かに…」

104 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:51:50 3IMdYu9I0

翌朝

「今日もいい朝だ…!!」

「快調ねー!」

「本当、幼馴染には感謝だな」

「つきっきりで看病なんて…本当にありがとう」

幼馴染「あはは~別にどうってことないよ~、二人が治ってよかったよ~」

「しかし、そう考えるとこの体は本当に不便だな」

「他方の傷や病気がフィードバックするなんて…ねぇ?片方が死んだら…」

「やめろ想像もしたくない」

幼馴染「早く学校に行こうよ~」

105 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/28 23:55:48 3IMdYu9I0

学校
先生「では、これから抜き打ちテストを始める」

「何ぃっ!?」

「なんと」

先生「紙が回ったところから始めていっていいぞー」

「先生、こっちに紙が1枚足りません」

先生「何を言っとる、生徒一人に用紙は一枚だ」

「だから、こっちにも…」

先生「ど、どうしたんだお前たち?お前たち二人で、一人の生徒じゃないか」

「…な、なるほどっ…」

「そ、そう…ですよね…」

107 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:01:18 NsotelpN0

昼休み
「テストどうだったー?」
「抜き打ちとか聞いてねーし」
ワイワイガヤガヤ

「はぁ…」

「はぁ」

幼馴染「どうしたの~?」

「う~ん、二人で問題用紙解いてると、どっちが自分の回答なのかわかんないんだ」

「筆跡も瓜二つだものね。一人でテストをやれたらどんなに気が楽なことか」

幼馴染「でも、普通の人の感覚だと、テストで協力プレイなんて羨ましい限りだよ~」

「なんだかなぁ、これだと本当に合体した方が気が楽そうだ」

「フィードバックもないしね」

幼馴染「ふ~ん」

109 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:05:38 NsotelpN0

放課後

「あ、また手紙入ってる」

「お、今度はアイツ、達筆で書いて来たんだろうな」

「いいえ、丸文字…しかもまた名無し…」

「はぁ…あのアホ後輩め」


112 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:11:33 NsotelpN0

自宅
男女「ジャンケンポイ」
「よしっ」

「くそっ…!」

「ということで、アンタがその後輩に説教しに体育館裏に行くのは禁止!」
「代わりに私が正々堂々と告白を受けに行きますので」

「けっ…」

「あー…カッコいい子だったらいいなぁ~…」

「面食いめ」

「アンタも同じ立場になったら『可愛い子だといいなぁ~』って言うでしょう?」

「当たり前だろ」

「ほら見たことか」
「いい?私とアンタは一つの人間なんだから、考えてることはお見通しなのよ」

「そっくりそのままそのセリフ返すぞ」

115 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:14:54 NsotelpN0

翌日
体育館裏

「あ、待っててくれたの?」ニコ

(…あれ…?)ニコニコ

♀同級「あれ?男の方が来るかと思ってたけど」

(あれれ~?)ニコニコニコ

♀同級「まあ、別にいいか!」

(べ、別にいいの!?)

116 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:21:14 NsotelpN0

「ま、待ってて、すぐにアイツ呼んでく――」
グイッ

♀同級「どこ行くの?私は◆●◆●に用があるんだよ?」

「だ、だからそれは男の方で」

♀同級「…え?な、何言ってるの?◆●◆●は◆●◆●じゃない」

♀同級「今ここで言わせて…私は◆●◆●が大好き…」

「だ、だから私は、ごめんなさい、ソッチの趣味は…!」

♀同級「ソッチ?◆●◆●にソッチとかコッチとかあるの?」

♀同級「◆●◆●は◆●◆●じゃない。本当にどうしちゃったの!?」

「う、…え、あ…だ、だからぁ…」

121 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:26:37 NsotelpN0


「はぁ…」

「お、戻ってきたか」

「えぇ…逃げてきちゃった」

「逃げる?何かあったのか?」

「私、なんだかよくわからなくなってきちゃったわ。◆●◆●って人間が」

「俺だって…よくわからねーよ。◆●◆●=俺って感じだったのに、お前が来てから俺=◆●◆●=お前みたいな」



「同じ◆●◆●なら…もう、一つになっちゃいたいわ…」

バサッ

「!?」

「!?」
「お、お前…羽!羽が!!背中から!!」

「え?」

122 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:29:19 NsotelpN0

「羽?…え!?何よコレ!?」

幼馴染「えへへ~~」トコトコ
幼馴染「◆●◆●」ポンポン

「幼馴染…!?」

幼馴染「おめでと」ボソッ

「え?」

「お、おいおい…」

「…え?」

126 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:34:17 NsotelpN0

自宅

「……」

「…作り物、じゃないんだよな、それ」

「知らないわよっ…そんなの!」

「う…」
「でもこれ、片方の羽しか生えてないよな…左の羽しか生えてない」

「…そうね…」

「お前に心当たりはないんだな?」

「当たり前よ…」

「そっか…明日、学校はどうする?」

「休む…」

「クラスメイト達の目もあるしな…それにしても奴ら、女の子から羽が生えたってのに、ノーリアクションだったな…なんでだろ」

128 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:38:25 NsotelpN0

「ねぇ…」

「ん?」

「…私、◆●◆●よね?他の誰かになんかなってないわよね?」

「当たり前だろ、俺とお前は同一人物の◆●◆●だ」

「…そう…ありがとう」

「今日はもう寝ろ。俺だったらそうする」

「じゃあ…そうするわ…」

131 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:42:20 NsotelpN0

翌日
学校
「ふぁ~あ…」

幼馴染「おはよ~」

「おう、おはようさん」

幼馴染「あれ~?女の方の◆●◆●は~?」

「あ、あぁ…アイツならまた風邪ぶり返したんだよ」

幼馴染「それはおかしいな~、フィードバックの関係で、君にも発症する筈なんだけど~」

「うっ…」

幼馴染「くすくす…まぁいいや、もうすぐ授業が始まっちゃうよ!」

133 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:46:00 NsotelpN0

授業中
先生「~つまり、この公式では…~」

(アイツとギュウギュウ押し合ってた椅子って、こんなに広かったんだ)

(いや~、一人って気楽だなぁ~)ハァ…

(でもアイツが戻ってきたら、また気楽じゃなくなるんだ)

(じゃあアイツが戻って来なければいいのか?…それはなんか、違うよなー…)

幼馴染「…」ニコニコ

136 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:50:25 NsotelpN0

昼休み

幼馴染「ねぇね」

「ん?」

幼馴染「◆●◆●と言う人間は、なんなんだろうね」

「俺は、お前が何者かって言う方が知りたいけどな」

幼馴染「え、私?」

「はい」

幼馴染「私は◆●◆●の同僚であり後見人であり仕立て屋だよ?」

「…ん?」

幼馴染「『神様や…』って言われたときはドキッとしたねぇ~、まぁ私は確かに神様なんかじゃないけど~」

「はい?」

幼馴染「話を変えるよ~」

138 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 00:56:56 NsotelpN0

幼馴染「女の方の◆●◆●はね、翼が生えてるでしょ~?」

「あぁ」

幼馴染「あの子の心の痛み、理解できる~?ショックの度合いとか~」

「全然わからない」

幼馴染「君は学校に来て、あの子は来ないもんね~、君とあの子は同一人物なのにわからないの~?」

「あぁ」

幼馴染「わかりたい~?」

「うん」

幼馴染「一人の◆●◆●になれば、わかるかもよ~」

「『わかるかもよ』っていうか、『絶対わかる』よね」

幼馴染「一人の◆●◆●になってみる~?」

「できるのか?」

幼馴染「信じる者は救われる~!私は信じる者をいっぱい救ってきたしね」

139 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:00:47 NsotelpN0

幼馴染「信じる者は救われるって言うけれど、◆●◆●はその信心を実現する側の、つまり救う側の人間だけどね」

「一人の人間に、合体かぁ…」
「…なりたいな……」

バサッ

幼馴染「うんッあの子は左の羽だったから、君には右の羽が生えたみたいだね!」

幼馴染「じゃ、一つになりましょ~!大丈夫、互いの体は磁石のように引っ張られるから、流れに身を任せて~」

142 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:04:14 NsotelpN0

上空

バサッ
「なんじゃこりゃぁあああ!?飛んでる!俺飛んでる!?つーか飛ばされてる!?」

バサッ
「アンタ…!?」

「お前…うわわっ吸い寄せられる!」グイッ

「キャッ!?」グイッ

幼馴染「合体開始~」

151 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:08:33 NsotelpN0

右羽を生やした男と、左羽を生やした女は、見えない糸にひかれるように上空に舞い上がり、ある高度にて、互いの羽を持つ者同士が出会った。
そして、離れたところで同じく両羽を持った幼馴染が右の手、左の手を交差させた。
その手に対応する「片翼」達は磁力にひかれあうように、ぶつかりあい、そこを中心に辺りをまばゆい光が包んだ

161 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:13:13 NsotelpN0

――――――
「俺たちってさ、二人で一つなんだろ?」


「そうらしいわね」


「合体とかすんのかな?」


「合体?自分と?うわー…それじゃオナn」


「ちげーよ!すぐエロに走るのは男女共通のパーソナリティなのか…」

「合体したら、一人の人間になるよな」


「うん、そうね」


「その人間の性別は男なのか女なのか、どっちかなって」
――――――

幼馴染「あの時、君たちはこんな会話してたよね~」

幼馴染「お答えしましょう、君たちが合体したらね~?男でも女でもなく…」

幼馴染「両性具有の天使ちゃんになっちゃいま~す!」

幼馴染「ね?◆●◆●」

◆●◆●「…うん、確かに天使。羽生えてるし輪っかあるし」

171 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:22:11 NsotelpN0

幼馴染「…もう私の人材引き抜きも佳境を迎えたみたいだし~、ネタバレしちゃうね?」

◆●◆●「ネタバレ?」

幼馴染「ん~と、君はこの世界で違和感を感じなかった?『なんでこんな奴といきなり共同生活なんだー』とか」
幼馴染「『なんで周りの奴らは自分たちを二人で一つのように扱うのかー』とか」

◆●◆●「あー、はいはい。それは確かに」

幼馴染「それはね、この世界が私の作った面接会場だからだよ?」

◆●◆●「ん?」

幼馴染「仮に女の子がいた世界をA、男の子がいた世界をBとしましょう。つまりその二つは◆●◆●に関するパラレルワールド同士なわけ」

◆●◆●「はいはい」

幼馴染「女の子を受け入れるAの要素、男の子を受け入れるBの要素を軸に『◆●◆●は二人で一つ』という要素を加えたのが」

幼馴染「この世界、Cで~す」

◆●◆●「なんと」

177 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:28:17 NsotelpN0

幼馴染「だから私は君の看病をする時、見張り役を名乗ったわけ」

◆●◆●「ん?」

幼馴染「簡単に言えば、A、B二つの世界で同時に二つの◆●◆●の監視やってたのね~」
幼馴染「一方は女の子の監視、もう一方は男の子の監視~」

幼馴染「そりゃもう、幼いころからず~~~~っと、ね☆」

◆●◆●「なるほど」

幼馴染「説明終わり~、質問ある?」

◆●◆●「これから◆●◆●は何者になるの?」

幼馴染「天使~、信心を実現するサラリーマンだよ~。私みたいに人事の仕事でもいいけど?」
幼馴染「君はもう完全な存在だよ~おめでと~!」

183 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:32:17 NsotelpN0

◆●◆●「確かに一人ってすごく気楽…」

幼馴染「でしょ~?」

◆●◆●「…でもさ、それって普通のことじゃない?」

幼馴染「ん~?」

◆●◆●「いや、だってバカ♂後輩も、♀同級も、一人の人間じゃん」

幼馴染「うん」

◆●◆●「いま、◆●◆●が一人になってもそんなに偉いことじゃないね」

186 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:37:30 NsotelpN0

◆●◆●「それに、この体不便だよ」

幼馴染「え?」

◆●◆●「だって、今までなかった所に穴が空いて、生理来たりして大変だろうし」

◆●◆●「今までなかったところに立派なモノが生えてきても、ポジショニングしなきゃいけないし」

幼馴染「はぁ~」

◆●◆●「やっぱり別々でいいや」

幼馴染「本当にいいの?」

◆●◆●「だって元々の住む世界が違うんだからさ」

「同姓同名でも、嗜好とか、何から何まで一緒でも」

「その後の振る舞い次第で個性なんか変えられるからね」

幼馴染「そっか」ニコ

189 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:42:55 NsotelpN0

………
幼馴染「二人には、野暮なことしちゃったかな~?」

「楽しかったよ、俺の性格って端から見たらあんなのなんだって」

「そうね」

幼馴染「んじゃ、世界の扉は開いたよ!こっちが男、こっちが女の元々いた世界だよ~」

「…じゃ、お別れだな…俺!」

「元気でね…私!」

男女「ありがとさん、幼馴染」

幼馴染「別に感謝されることしてないんだけどね~」

「まぁあ…そろそろ行くよ、それじゃ!」

「さようなら!」

191 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:46:59 NsotelpN0

………

通学中
「やべ!遅刻!やっべーよ」タッタッタ


「幼馴染ー?学校行くぞー!まだ寝てんのかー?」


「仕方ねぇなアイツ…」

「ん?」


「なにこの張り紙…アイツ、引っ越ししたの!?…いや、待てよ…」


「…ぉ……」


「………あぁ、そうだった……」


「元気でな、幼馴染。頑張れよ、向こうの俺」

おわり

194 : 以下、名無しにかわりまし... - 2012/01/29 01:48:19 NsotelpN0

投稿ラノベ
春日ヘヘヘヘ
ありがとさにー

記事をツイートする 記事をはてブする