3 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:06:08.64 Eq9EDazCO 1/184

ガチャ
「ただいま……」

「はぁ……」

「あっ!」

「帰ってきましたっ!」

「ふふっ」
タッタッタッ

元スレ
嫁「まだかなぁ。はぁ……男さん遅いです……」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1260536621/

5 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:09:19.43 Eq9EDazCO 2/184

「お、お帰りなさい。男さん」

「あぁ、うん。ただいま」

「あっ、あの……」

「ん?」

「えと、ご飯にしますか?」

「お風呂にしますか?」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:14:01.44 Eq9EDazCO 3/184

「そっそれとも……わっわた――」

「――ご飯をお願い」

「…………あ」

「は、はい……」

「ん?」

「…………」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:16:26.89 Eq9EDazCO 4/184

「…………」

「あの、ごめん、通れない」

「えっ、あっ……その、ごめんなさい」

「う、うん」

「……ああ」


……
…………

18 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:18:09.00 Eq9EDazCO 5/184

「……」ぱくぱく
ピッピッ

「…………」ぱくぱく
カチカチ

「あの、今日のサバの味噌煮は、どうですか?」

「…………」ぱくぱく
カチカチ

「…………」

「あ……あぅ……うぅ」

24 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:23:34.95 Eq9EDazCO 6/184

「えっ、あっ、ごめん」

「メール打ってて聞こえてなかった」

「えと、なんだって?」

「……いえ、その……なんでもない……で、す」

「ん……?」

25 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:24:23.23 Eq9EDazCO 7/184

「…………」
すたすた

「あっ、嫁さん」

「は、はい……」

「今日の料理は美味しいよ」ニコッ

「あっ、うっ……」

「ありがとうございます!」

……
…………

27 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:25:30.54 Eq9EDazCO 8/184

「ご馳走さま」

「あっ、はい、おそまつまさでしたっ」
ジャー

「食器、そこにおいてて下さい」
ジャー

「はい、じゃあ風呂入るから」

「あっ、はい」

「うん。お先に」
すたすたすた

29 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:27:41.83 Eq9EDazCO 9/184

バタンッ

「男さん?」

「もう……行きましたよね?」
ジャー

「……」

「ふふっ」

32 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:29:49.20 Eq9EDazCO 10/184

「ふふふふっ」
ジャー

「――♪」

「――――♪」

「今日は、今日は全部食べて下さいましたっ、ふふっ」
ジャー

「――♪」
くいっ

……
…………

33 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:30:37.75 Eq9EDazCO 11/184

「よしっ、洗いもの、終わりましたぁ」

――ヴーヴーヴーヴー

「んー?」

――――ヴーヴーヴーヴー

すたすた
「あっ……」

「男さんの携帯……なってます……」

38 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:33:36.51 Eq9EDazCO 12/184

――ヴーヴーヴーヴー

「……うー……」

「男さん、まだお風呂に入っているようですが」

「……こ、こういうのは」

「私が出てはいけないんですよね……」

――――ヴーヴーヴーヴー

47 : >>36おっと、失礼しました。で... - 2009/12/11 22:37:48.70 Eq9EDazCO 13/184

「どどうしたら……あー……」

「っ!」

――――♪ヴーヴーヴーヴー

「この着うた……」

あいしてーるーの響きーだぁけーでヴーヴーヴーヴー

「はぅ……『あいしてる』」

48 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:40:31.71 Eq9EDazCO 14/184

「あいしてる……あいしてる……んですか?」

「…………」

「……」

「はぅ」

「だっ、誰からなんでしょうか」

「ちょっと、見てみ――」

タッタッタッ
「出なくて良いから!」

51 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:43:08.10 Eq9EDazCO 15/184

「っ!?」

「おっ、男さんっ! しっ下着姿でっ!!」

「ちょっと、ごめん」

「……あ、はい」


「ふぅ」
ぴっ

「あっ、もしもし。すみません――」

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:47:10.50 Eq9EDazCO 16/184

「あっえ、いえ。今ですか、はい、大丈夫ですよ。ええ――」

「ああ! はいはいはい――」
すたすたすた

バタンッ

「…………」

「…………」

「会社の人?」

55 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:50:29.01 Eq9EDazCO 17/184

「男、さ……ん……?」

「いったい誰からだったんですか」

「男さん……」

……
…………

56 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:54:45.16 Eq9EDazCO 18/184

ピピピピ――

――ピッ

「…………」

「…………はぁ」

「昨夜のことが気になって気になって」

「全く寝られませんでした……」

57 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 22:58:43.07 Eq9EDazCO 19/184

「…………」

ぱんぱん
「このベッドにも、もう慣れたはずなのに……」

「寝付けないのは……昨日の電話のせい?」

「はぁあ」

「さてと、お弁当……作りましょうか……」

「……ふぁあ」

「あっ」

「…………スースー」

58 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 23:02:02.69 Eq9EDazCO 20/184

「ンン…………スースー」

「ふふっ」

「こうやって寝てると、子どもみたいで」

「男さん……かわいい……ふふっ」

「とりあえず、昨日のことは……忘れましょう」

「男さんはとても誠実な方です」

「うん……うんうん」

60 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 23:07:01.97 Eq9EDazCO 21/184

「……今日は鮭を入れて、えっと――」
ガチャ

「……………………っ」

「……はぁ」

……
…………

61 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 23:10:04.48 Eq9EDazCO 22/184

「今日も、昨日と同じくらいに帰るから」

「はい」

「じゃあ、えと、遅くなるんですね?」

「えっ、遅く?」

「あっ、えと、はい……」

62 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 23:14:46.79 Eq9EDazCO 23/184

「違うよ、どこの会社員もみんな大体その時間にかえるから」

「多分……普通じゃないかな」

「えっ、あっ、そうなんですかっ」

「ご、ごめんなさい……」

「私……常識知らずの無知で……」

71 : 妹は確かに一つ書いたことあるけど... - 2009/12/11 23:56:05.96 Eq9EDazCO 24/184

「………………」

「……いや、気にしないで」

「行ってきます」

「行ってらっしゃ――」

「あっ!」

「ん? どうした?」

72 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/11 23:57:23.13 Eq9EDazCO 25/184

「お、男さん! お弁当、忘れていますよ」

「え…………」

「えー……あー……」

「あ、ありがとう」

「じゃあ、美味しくいただきます」

「あ、はいっ」

「ふふっ」

74 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:09:18.70 2aKIGsIKO 26/184

「あの、その…………えと……よしっ」

「……」
がさごそ

「行ってきますのキスをしてく――」

「じゃ、行ってきます」
バタンッ

「――れなくてもいいですっ!」

76 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:10:42.66 2aKIGsIKO 27/184

「…………はぁ」

「男……さん……」

「ちゅっ」

「…………」

「むなしいです」

「……洗いもの……しましょうか……」

…………
……

77 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:12:48.95 2aKIGsIKO 28/184

「…………スゥスゥ」

「…………スー」

「スースー…………男さん……んむ」

「……だいすき……スースー」

ぴくっ
「…………う」

「ふぁあ……」

「あーっ……昼寝、してしまいましたね」

78 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:16:09.01 2aKIGsIKO 29/184

「時間は……」

「七時……? え゛」

「七時……十九時……?」

「あー……えー……ん?」
コンコン

「――――ッ!!」

「ひっ、ひちじですか――っ!?」

83 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:18:58.90 2aKIGsIKO 30/184

「どうしましょっ、えっ、あっ、かっ」

「買い物もしてませんっ」

「確か……明日のお弁当の材料くらいしかありません……」

「もっ、もう男さんが帰ってきてしまいますっ」

「はわっ、はわあわわっ!!」

86 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:26:05.51 2aKIGsIKO 31/184

「そっ、そだっ!! 電話ですっ!」

「電話しないと」

プルルルルプルルルル

「うー……うー」

「ただいま、通話中で――」

ぴっ
「男さん、いま電話、誰かとしてるっ」

88 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:29:43.18 2aKIGsIKO 32/184

「…………」
プルルルルプルルルル

「ただいま――」

ぴっ
「…………」

「あー、どうしよ……うー……謝らなきゃいけないのにぃ……」

「うぅ……やばい……泣きそになってきました……」

「そだっ!」

「メールを――」

ガチャ
「ただいま」

90 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:34:13.07 2aKIGsIKO 33/184

「あわあわわあわ」

「おっ、お帰りなさい」

「あの……今日は――」

「うん、ご飯が先で」

「!!」

「あっ、あのっ」

93 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:40:59.70 2aKIGsIKO 34/184

「ん、なに?」

「ごっ、ごめんなさいっ」

「今日……その……ご飯用意できてないんです……」

「あー、別にいいよ」

「まってるから、うん。先に風呂に入るし――」

「あっ、あのっ!」

「そ、その……本当にごめんなさい……ぐすっ」

94 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:44:11.99 2aKIGsIKO 35/184

「お風呂も入れてません……」

「それに……グスッ……ご飯……」ポロッ

「……ご飯も……買い物ができなくて……ふぇ……グスッ」ポロポロッ

「今日は……ぐスッ……はぁ……晩御飯……ぐすっ」ポロ

「……つくれないんれす……ふぇえぇ……」ポロポロ

「本当に……本当にごめんなさぁ……あぁ……ぃ……ふぇ」ポロポロポロ

「ダメなオヨメで……ぐすっ……ズッ」ポロッ

98 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:49:28.14 2aKIGsIKO 36/184

「…………ふぅ」

「嫁さん、気にしないで」

「……ぐすっ……男さん……?」ポロ

「そうなった理由は……わからないけど」

「誰だってミスはある」

「……男さん」ポロッ

102 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 00:53:03.05 2aKIGsIKO 37/184

「今からほか弁車で買ってくるから」

「何にする?」

「ふぇ……ぐすっ……うぅ……おとござぁぁん……」ポロポロ

「……」

「よいえんおう……ぐすっ」

「ん?」

「ぐすっ、のリ弁当で……グスッ」ポロ

104 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 01:00:14.95 2aKIGsIKO 38/184

「わかった。じゃあ行ってくるから」

「男さん、本当にすみません……ぐすっ」

「い゛、いってらっしゃい……」

「うん、行ってきます……」

ガチャ
バタンッ

106 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 01:07:38.73 2aKIGsIKO 39/184

「……はぁ」

「本当に情けないです……グスッ」

「…………」

「…………男さん……」ポロッ

「……はぁ」

110 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 01:13:51.57 2aKIGsIKO 40/184

「お風呂入れてきましょうか……」

「あ……洗濯物もとりこめてないです……」

「おっ、男さんが帰ってくるまえに……」

「私の仕事、全部しないとっ」

「…………涙」
ごしごし

「よしっ」
タッタッタッ

……
…………

115 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 01:30:46.01 2aKIGsIKO 41/184

「ふぅ、御馳走様」

「ごちそうさまでした」

「おっ、美味しかったですね、あはは」

「……よいしょっと」

「あっ、私片づけますね」

「ごめん、ありがと」

116 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 01:33:16.13 2aKIGsIKO 42/184

「男さん、あのー……」

ヴーヴー

「あっ……」

ピッピッ

「……メールか」

「あっ、あの……男さん?」

「…………」
ピッピッ

「…………あぅ」

117 : >>114わ、わかりますん……[... - 2009/12/12 01:37:33.65 2aKIGsIKO 43/184

「あの……」

「ん、どした?」
カチカチカチカチ

「今日は本当にすみませんでした……」

「…………」

「気にしないでいいってば」

「す、すみません……」

118 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 01:39:30.10 2aKIGsIKO 44/184

「あっ、あのっ」

「お風呂沸いてるので、先にどうぞ」

「入っちゃって下さいね」

「ありがとう」
パタッ

「じゃあ早速……」

123 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 02:02:42.48 2aKIGsIKO 45/184

「お先に」
すたすたすた

「はい、ごゆっくりどうぞ」

「…………うん」
バタンッ
すたすた


「……男さん」

「はぁ」

…………
……

150 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:16:12.21 2aKIGsIKO 46/184

ピピピピ――
――ピッ

「よしっ」

「今日は……うん、よく寝られましたっ」

「昨日は……。はぁ」

「今日はしっかり家事をこなさないと、ですっ」
バッ

152 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:19:12.39 2aKIGsIKO 47/184

「お弁当の用意を――」

「あっ、嫁さんっ」

「は、はいっ……え、あっ」

「お、おはよう……ございます」

「あ、うん、おはよう」

「きっ……聞かれてたかなぁ……うわぁあゎ」ボソッ

158 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:28:53.22 2aKIGsIKO 48/184

「あのさ」

「ごめん、今日のお弁当……いらない、からさ」

「あっ、はいっ……わかりま――」

「――……えぇっ!?」

「ご、ごめん……」

159 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:40:14.33 2aKIGsIKO 49/184

「あっ、い……いえ」

「…………」

「…………」

「あっ、あのっ」

「それじゃあ……朝ご飯の用意しますね」

「あー……うん、お願い。はい」

161 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:43:52.27 2aKIGsIKO 50/184

「…………はぁ」

「……」

「幸先悪いです……」ボソッ
バタンッ

「よし、朝ご飯をがんばっちゃいましょう」


…………
……

162 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:52:36.70 2aKIGsIKO 51/184

……
…………

「さて、お買い物いきましょう」

「結構家事も片付いたし、昨日……うっ」

「昨日みたいなことにならないために」

「は、早めにいっちゃいましょう」
すたすた
ガチャッ

…………
……

163 : 過疎ってんなw[] - 2009/12/12 13:53:52.28 2aKIGsIKO 52/184

「あっ、こんにちは」

「こんにちはー」
「こんにちは~」
「でさー、旦那が浮気を――」
「私のところは、浮気なんて――」

「…………」
すたすた

164 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:55:47.42 2aKIGsIKO 53/184

すたすた
「さっきの奥様方……離婚の話してました」

すたすたすた
「私のところは……」

てくてくてくてく
「浮気なんて」

「浮気なんてないですよね、あはは……」

「うんうん」
すたすたすた

166 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 13:58:32.20 2aKIGsIKO 54/184

「だって男さんは優しいし格好いいし」

「……凄く凄く素敵な方です…………」

しゅん
「あ……」

「……」

「ち、ちょっと不安になってき……ました……」

「だ、大丈夫でしょうか……」

167 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:05:20.58 2aKIGsIKO 55/184

てくてく
「はぁ」

すたすたすた
「でも私には信じることしかできません」

すたすたすた
「……とりあえず、買い物しましょうか」

…………
……

169 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:09:10.25 2aKIGsIKO 56/184

……
…………


「…………はぁ」

「今日は遅いなぁ、男さん……」

「どうしたんでしょうか……」

「まっ、まさか……じ事故っ!?」

「い……いや、それなら電話が入りますよね」

170 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:13:05.31 2aKIGsIKO 57/184

「便りがないのは良い便り……」

プルルルルプルルルル
「うー……うー……っ」

「出てぇ……出て下さいよぉ……はぁ」

「…………」

「とりあえず、落ち着きましょう」

「……すーはー」

「うん」

「料理温め直しましょう」

172 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:20:25.51 2aKIGsIKO 58/184

…………
……

ガチャッ
「ただいまー」

「……っ!」

「良かったぁ、ほんっとに良かったぁ」

「ふふっ」
タッタッタッ

「おかえりなさいっ!!」

176 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:42:26.73 2aKIGsIKO 59/184

「お、男さん」

「心配したんですよ」

「……もう……」

「ごっ、ごめんなさいっ

「ミスした後輩の仕事を手伝っててさ」

「あっ……そうでしたか……」

「なっ、なら……べつに良いですよ」

177 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:45:04.39 2aKIGsIKO 60/184

「で……でも……連絡はして欲しかったですけど」

「あ、ごめん……携帯の電源がさぁ……切れちゃってて……」

「ごめん……」

「会社の電話は……?」

「……あっ……えっと……ごめん……わ、忘れてた……」

178 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:48:55.57 2aKIGsIKO 61/184

「…………そっ」

「そんなときもありますよねっ」

「あっ、今日は料理もお風呂も準備」

「できているので好きなのをどうぞ」ニコッ

「あ、ありがとう……じゃあ、今日はお風呂にするね」

180 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:58:28.25 2aKIGsIKO 62/184

「あっ、はい。お風呂ですね」

「……ああ、うん」

「ありがと」ニコッ
すたすた

ふわぁっ

「っ!?」

182 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 14:59:45.09 2aKIGsIKO 63/184

「男さん……」

「えっ……あ、うん……ど、どうしたの?」

「…………」

「…………いっ、いえ。ごめんなさい」

「なんでもないです、あはは……」

「そう? じゃあ先に失礼するね」
すたすたすた

183 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:02:02.15 2aKIGsIKO 64/184

ガラッ

「男さん……す、凄く香水の匂いし……てました……」

「…………男さん……」

ぐっ
「私……む、胸が……胸がきゅぅうって痛いんです……」

「痛いんです……よぉぉ」

184 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:04:26.47 2aKIGsIKO 65/184

ぐっ
「…………はぁ」

「…………ご飯の用意もしておきましょうか……」

「…………」

「……よし……」

…………
……

187 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:11:02.33 2aKIGsIKO 66/184

ガチャッ
「あの……」

「男さん?」

「もう寝ちゃいました……か?」

「…………」

「…………スースー」

「…………」

「もう、寝ちゃったんですね」

188 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:13:23.41 2aKIGsIKO 67/184

「あの……ね……私、私っ」

「私、本当に本当に男さんのことが大好きです」

「ずっと、ずーっと……一緒がいいです……」

「一緒に居たいですっ!」

「…………っ」

「すーすー……」

189 : >>186きっかわ?よしかわ?あ... - 2009/12/12 15:16:34.25 2aKIGsIKO 68/184

「ねぇ……男さん……」

「……浮気……なんて」

「してないです……よね?」

「……」

「スースー」

「わっ……私、勇気も度胸も……男さんの妻としての自信もないから」

「男さんが起きてる間にはきけません……」

193 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:33:32.66 2aKIGsIKO 69/184

「それに……」

「もし……もし」

「浮気……してるなんて言われたら」

「私死んじゃい……ますよ?」

「っ……スースー」

「…………」

「本当ですよ」

194 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:35:12.24 2aKIGsIKO 70/184

「…………スースー」

「……」ジーッ

「ふふっ、可愛い寝顔です」

「う……スースー」

「…………信じてますよ、男さん……」

195 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:40:30.10 2aKIGsIKO 71/184

ガサゴソ
「10分……ううん、20分だけ……」

「お願いです」

「男さんの布団の中に入れてくださいね……」

「……スースー」

「愛してます、男さん……」

196 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 15:47:57.76 2aKIGsIKO 72/184

「…………くんくん」

「えへへっ」

「…………スースー」

「男さんの匂いですぅ……くんくん……ふぁ」

「布団……大好きな匂い……ふふっ」

「なんだか男さんにギュッてされてるみたいです」

200 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 16:03:33.42 2aKIGsIKO 73/184

「…………スースー」

「えへへへ、ふふふふっ」

チラッ
「あっ……あーあぁ」

「あ、もうこんなに時間経っちゃいましたね……」

「戻りましょう……」

「……スースー」

「おやすみなさい、大好きな男さん」

…………
……

230 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 20:35:34.30 2aKIGsIKO 74/184

「ふふっ、こないだテレビでやってたモンブランでも……」

「甘栗むいちゃいました! よしっ」

「あれ? 買ってましたっけ……?」

「…………まぁ、でも」

「メモに書いたような気がしますし……」

「つかっちゃいましょう」

「――♪」

…………
……

231 : >>229ただいまん……あっ、う... - 2009/12/12 20:38:16.43 2aKIGsIKO 75/184

「つ、つくり過ぎちゃった……かな」

「三つは流石に……」

「一人じゃあ食べられないですよね?」

「男さんはあまり甘いものが得意ではないですし」

「と、とりあえず一つ……た、食べちゃいましょう」

「…………」ぱく

232 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 20:43:56.89 2aKIGsIKO 76/184

「……♪」ぱくぱく

「ねぇ、男さん、どうですか?」ぱくぱく

「ケーキは美味しいですか?」

「……あっ」

「ふふっ、クリーム鼻についちゃってますよー?」

233 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 20:46:08.90 2aKIGsIKO 77/184

「もっと右ですよ、ふふっ」

「そっちは左ですよ」

「あーもー、とってあげますから

「男さんは、じっとしていて下さいね?」

「ちゅっ」

「えへへっ、あまいです」

235 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 20:48:05.54 2aKIGsIKO 78/184

「ケーキの後は……わっ……私なんて、どっどうでしょうかっ?」

「…………」

「……」

「……なんて」

「できませんよね、あはは……」

ピーンポーン

237 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 20:50:47.48 2aKIGsIKO 79/184

ピーンポーン

「!!」

「はーいっ」

タッタッタッ

ガチャッ
「あっ」

青年「こっ、こんにちは」

239 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 20:58:46.34 2aKIGsIKO 80/184

「あっ、はい。こんにちはっ」ニコッ

青年「……っ!」

「ん?」

青年「あっ、あのっ」

青年「と隣に引っ越して来た、青年といいます」

245 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 21:07:01.80 2aKIGsIKO 81/184

青年「は、初めての一人暮らし、マンション住まいなんで」

青年「迷惑掛けちゃうかもしれませんが……」

青年「あの、宜しくお願いします」
ぺこっ

「ふふっ、はいっ。嫁です」

「こちらこそ、お願いしますね」ニコッ

247 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 21:10:50.38 2aKIGsIKO 82/184

青年「はは……」

青年「びっ……美人だなぁ……すげぇ……」ボソッ

「っ!?」

青年「あっ、やっ、えと……すみません」

青年「あの、これ……どうぞ。つまらないものですが」

パサッ

「あっ、すみません。ありがとうございます」

250 : >>244好きなスレでしたが、自... - 2009/12/12 21:15:30.35 2aKIGsIKO 83/184

「あっ、そうだ」

「どうですか?」

「もしよかったら、ケーキあるんですけど食べて行きませんか?」

青年「えっ……でも……」

「やっぱり……だめ……なんですかぁ?」
しゅん

青年「いっ、いえっ」

青年「よろこんで!」

……
…………

253 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 21:22:15.41 2aKIGsIKO 84/184

「――♪」

「――――ふんふん♪」

青年「すっ、凄くあまい香がする」
そわそわ

青年「……これは」

青年「ケーキの匂い? それとも……嫁さんの?」
そわそわ

255 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 21:27:10.58 2aKIGsIKO 85/184

ひょこっ
「あの、青年さん?」

青年「はっ、はひっ!?」

「あのー、青年さんはどうしてこちらにいらしたんですか?」

「んー、見た感じ……学生さんですよね?」

青年「あっ、はっ、はいっ。そですよ」

260 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 21:36:38.07 2aKIGsIKO 86/184

青年「今までは実家から大学行ってたんですけど」

青年「ちょっと遠かったのと」

青年「たまたまここの家が空いたって聞いたので」

「あー、そうなんですか……」

「きっとタイヘンなんだろうなぁ……」ボソッ

262 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 21:40:01.88 2aKIGsIKO 87/184

「なにか困ったことがあったら」

「すぐに呼んで下さいねっ?」

青年「あっ、はっ、はいっ」

「絶対に、ですよー?」

青年「はい。ありがとございますっ」

「ふふっ、お隣同士ですもの」

「とうぜんです」ニコッ

264 : >>263何の確信犯なのか小一時... - 2009/12/12 21:48:49.16 2aKIGsIKO 88/184

青年「……っ」

青年「凄い美人の隣に住めた。これは……」

青年「これは……引っ越してきていきなり幸先いい……」コソッ

「?」

「あの、青年さん」

青年「はっ、はいっ!」

267 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:08:24.88 2aKIGsIKO 89/184

「飲み物はコーヒー、紅茶、どちらになさいますか?」

青年「……あ、はい、紅茶でお願いします」

「はいっ」ニコッ

「――――♪」

青年「……」

青年「嫁さん、一人暮らしなのかな?」

270 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:14:02.31 2aKIGsIKO 90/184

青年「だよな? …………うん」

「――――♪」

青年「見た目は結婚にはまだ早いし」

青年「男性がいる形跡――」チラッチラッ

青年「――……は、無しだし、なぁ」

277 : >>269のとおりです[] - 2009/12/12 22:21:52.78 2aKIGsIKO 91/184

青年「引っ越してきていきなりこんな待遇なんて」

青年「どれだけ自分はついてるんだろう」

青年「……しかも、凄く凄く美人な方に……でへへ」

青年「あれ、俺……これから死ぬのかな……?」

青年「とりあえず、今は幸せのスルメをかみ続けよう」

青年「いや、いいにおいだし……スメル?」

青年「まぁ何でもいいや、でへへ」

282 : >>271それがなかなか思うよう... - 2009/12/12 22:26:28.05 2aKIGsIKO 92/184

「ふふっ、できましたよ?」

「あー、でも、甘いので……青年さんに合わなかったらすみません」
しゅん

青年「そっそんなことっ」

青年「俺は、なっ、何でも食べられますよ!」

「ふふっ、そうなんですか」

「作る方からしたらとてもイイお客さんですね」

青年「あはは」

……
…………

287 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:31:27.40 2aKIGsIKO 93/184

青年「……」ぱくぱく

「ど……どうですか?」

「私のお菓子を食べた私以外の人は青年さんだけなんで……」

青年「……」ぱくぱく

「うぅ……」

青年「……」ごくっ

ダンッ
青年「美味しいです!!」

290 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:34:08.82 2aKIGsIKO 94/184

青年「思ったより甘くないというか」

青年「意外にしつこくなかったです!」

青年「これは栗が多めになってますよね。使ってるのは生クリームですか?」

「はい、生クリームですよ」

青年「その生クリームの味が薄くなってるし、砂糖もいい感じに少ないので」

青年「とても食べやすいですっ!! 凄くおいしい」

「うっ」

「……うれしいです」かあっ

294 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:39:04.32 2aKIGsIKO 95/184

「青年さん、まだまだありますんで」

「もしよかったら、もっと食べちゃって下さいね?」

青年「は、はいっ」

青年「ありがとうございます」

「ふふふっ」

青年「…………」ぱくぱく

「ふふっ」ニコッ

青年「……はぅ……」ごくっ

295 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:39:55.93 2aKIGsIKO 96/184

「……あっ」

「ふふっ、クリーム鼻についちゃってますよー?」

青年「……えっ」

青年「どっ、どこですかっ?」
ぱっぱっ

「右です」

青年「えっ、みっ右」
ぱっぱっ

297 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:42:03.94 2aKIGsIKO 97/184

「そっちは左ですよ」

青年「どっどこっ」

「あーもー、とってあげますよ。じっとしていて下さいね?」

青年「……はっ、はいっ」
じっ

青年「えっ……指で……」ボソッ

ぱっ
「……はいっ」

「もうとれましたよ? ふふっ」

ちゅぱっ
「……ふふっ」

299 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:44:26.12 2aKIGsIKO 98/184

青年「指……なっ……舐めて……」ボソッ

青年「……だめだ……」ボソッ

青年「この美人なおねぇさんは……」ボソッ

青年「ねぇ、ちゃんとしよっ?」ボソッ

「どうしたんですか?」

青年「いやぁ……だって、嫁さん……指を……」

「っ!?」

「はっ、はわっ、うわっ!」

「すっ、すみませんでしたっ!」

「こんなの……されて、いや、でしたよね? ごめんなさい」
シュン

300 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:45:20.51 2aKIGsIKO 99/184

……
…………

青年「…………」

青年「あっ、もうこんな時間……」

青年「すみません、長い間お邪魔しました」

「あっ、いえ、こちらこそ……」

「長い間引き留めちゃって」

青年「いえ、すみません、さよなら」

「まっ、またきて下さいねっ」

304 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:47:07.41 2aKIGsIKO 100/184

青年「あっ、はい、ありがとうございます」
バタンッ



「…………」

「…………」

「青年さんと一緒にいるの、たのしかったです」

「でも……いまは寂しいです……」

「男さん……帰ってきて……」

308 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:50:45.51 2aKIGsIKO 101/184

……
…………

「……ただいま」

「あっ!」

「帰ってきてくれましたっ」

タッタッタッ
「おっ、おかえりなさい」

「ただいま」

311 : 可愛いキャラなんて俺には無理だっ... - 2009/12/12 22:54:27.60 2aKIGsIKO 102/184

「あっ、カバンあずかりますねっ」
サッ

「ん……ああ、ありがとう」

「いえいえ」

「ふふっ」ニコニコ

「…………」
すたすた

「…………」ニコニコ
すたすた

313 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:56:47.27 2aKIGsIKO 103/184

「……?」
すたすた

「……」
すたすた
ガチャッ

「よいしょっと」
くいっ

「あっ、服ハンガーにかけますね」

「えっ、あっ……ありがと」
ぱさっ

「はいっ」ニコニコ

314 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 22:58:39.90 2aKIGsIKO 104/184

ぱさぱさっ
「…………よし」

「いつも、お疲れさまです。男さん」ニコッ

「え……ああ、うん」

「…………」

「…………」ニコニコ

「…………なんかあった?」

319 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 23:01:15.31 2aKIGsIKO 105/184

「えっ? ああ、はいっ」

「可愛い弟ができたんです、ふふっ」

「弟……?」
ぱさっ

「はい」ニコッ

「ラブプラスみたいな何か、かな……」ボソッ

「?」

「いや、なんでもないよ」

351 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 23:48:13.03 2aKIGsIKO 106/184

……
…………

「…………」ぱくぱく

「……ごく」

「ごちそうさま」

「あっ、はい」

「あのさ、明日から急に出張が入ったんだけど……」

「えっ、出張……ですか?」

354 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 23:53:18.05 2aKIGsIKO 107/184

「うん、出張。こっ……神戸に」

「あっ、2日間だけなんだけどさ」

「えっ……でも」

「明日は土曜日ですよ? 土・日、ですか?」

「……あー」

「う、うん……会社ってそんなものだよ」

「どこも急な土日出張とかザラ」

「そ……そう……なんですか……」

357 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/12 23:57:10.09 2aKIGsIKO 108/184

「ごめんさい……世間知らずで……」

「あっ、やっ、大丈夫だよ」

「……」

「でも、日曜日に連れて行って欲しいところがあったんですけど」ボソッ

「?」

「や、えと、何でもないですっ、あははっ」

361 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 00:04:20.45 2aKIGsIKO 109/184

……
…………

シャー
「出張いやです……」

「引き止めたいです」

「でも、仕事だし……無理ですよね……はぁ」

「……今日は……」

「今夜は……っ!」
シャー

362 : >>361あっIDが変わってない... - 2009/12/13 00:05:53.71 2qjA0AG1O 110/184

「おっ……おと男さんを、誘って……ごくり」

「いっぱい、いっぱい」

シャー
「愛してもらいましょう……うん」


「2日間も会えなくなるんですもの……」

シャー
「きっと、私……寂しくて……うぅ……」

「今日は念入りに体をキレイにしないと!」

366 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 00:13:59.31 2qjA0AG1O 111/184

……
…………

「…………はわあわはぅ」
じたじた

「すごく……すごく緊張してきちゃいました……」

「すーはー」

「オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸
  オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸オンナは度胸…………っ!」

「よしっ!」

ガチャッ

379 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 00:58:40.03 2qjA0AG1O 112/184

「…………あっ、おやすみ」

「おやすみなさ――……じゃないです」

「…………あの」

「強気にならなきゃ、ですね。よしっ」ボソッ

「男さん、布団、失礼しますね……?」

すいっ

「えっ……?」

383 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:03:18.70 2qjA0AG1O 113/184

「えっ……あっ……どうしたの?」

しゅっ

「ふふっ」

「男さんの布団のなか……温かいです」

「……えへへ」

「えっ……あっ……」

「ほ、ほんとにっ、どっ、どしたのっ?」

「度胸……度胸……」ドキドキ

388 : すみません[] - 2009/12/13 01:10:48.28 2qjA0AG1O 114/184

「近づかなくては……近づかなくては……」ドキドキ

ちょん

ピクッ
「……つめたっ」

「あっ、足の先……あたっちゃいましたね、ごめんなさい」

「いや……」

「……別にそれはいいけどさ……」

「いいんですか!」

「えっ、やっ……あー……」

389 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:15:47.51 2qjA0AG1O 115/184

「……」ドキドキ

「……」

「男さん……失礼します」

くいっ

「えっ、わっ、わっ」

ギュッ

「……男さん……ふぁ……」

「嫁……さん……?」

396 : >>390分かり難いけど……>>... - 2009/12/13 01:29:10.67 2qjA0AG1O 116/184

「…………っ」

ギューッ
「……」ドキドキ

「あの……」

「ひっ、久しぶり……ですよね」

「こんなにくっつくのって……」ドキドキ

「……」

398 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:30:46.31 2qjA0AG1O 117/184

「男さんの背中……気持ちいいです」

「なんだかピッタリくっついたら」

「私の心の中がぽかぽかして温かいんです……ふふっ」

「あっ……あのさ」

「今日どうしたのっ……」

「たまには……いいじゃないですか……」ボソッ

399 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:35:50.58 2qjA0AG1O 118/184

「あの……嫁さん……」

「……はい」ドキドキ

「さっきから、そのー……胸があたってる……」

「……もうっ!」

「わざとですっ、わざと!」

「……っ」

402 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:39:37.00 2qjA0AG1O 119/184

「だから、ノっノーブラでそっ……その」

「おっぱいを当てて、誘ってるんですっ」

「……いっ……言っちゃった……」

「……」

ギュッ
「……」

「男さん……?」

「私……その……」

407 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:43:27.15 2qjA0AG1O 120/184

「…………あう……」

「……あのさ」

びくっ
「っ!」

「……はっ、はいっ……」ドキドキ

「明日……早くに新幹線乗らないといけないんだ」

「……え……?」

412 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:46:26.68 2qjA0AG1O 121/184

「……え……えっ……」

ちょこ

「ほら、もう足もあったまったみたいだしさ」

「悪いんだけど……自分の布団に戻ってくれないかな」

びくっ
「…………っ」

「ふぁあ……」

「もう眠たいんだけど……」

418 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:51:03.07 2qjA0AG1O 122/184

「あっ、言い忘れてたけど」

「明日……ていうかもう今日だけど」

「朝ご飯もお弁当もいらないから」

「……おやすみ」

バサッ
「…………ぐすっ」ポロ

「ひぐっ……すみません、……でした……ズッ」ポロポロ

421 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 01:56:46.25 2qjA0AG1O 123/184

「私の布団……冷たい……」ボソッ
ふるふるっ

「…………」

「そ、そうですよね……あはは……ぐすっ」ポロッポロ

「わっ……私……み、魅力……ないですよね……ひぐっ」ポロポロ

「男さんより、ひぐっ、背はひくいし……グスッ……」ポロポロッ

「私……釣り合わないんです……もんね……ヒグッ、ひくっ」ポロポロッ

「もっと……もっと可愛い女の子に産まれたかったなぁ……あはは」ポロポロッ

「………………」

425 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:00:14.59 2qjA0AG1O 124/184

……
…………

「…………」

「……あ」
ぴくっ

「やばいですっ、寝過ぎました――」

「――……って」

「そうでしたね」

「男さんは出張だし」

「のんびりしててもよかったんでしたね」

429 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:03:34.38 2qjA0AG1O 125/184

「昨日……」

「…………」

「…………」ウルウルッ

「わっ、忘れましょう」

「男さんはただ早く寝たかっただけだったんです」

「そうに違いありません!」

「…………」

「…………顔を洗いにいきましょう……」

433 : 結婚したい><[] - 2009/12/13 02:11:42.17 2qjA0AG1O 126/184

ジャー
「…………」
ごしごし

きゅっ
「……うわぁ」

チラッ
「ひどい顔ですね、あなた」

「瞼の中に卵がつまってそう……」

436 : >>431……えと一年には満ちて... - 2009/12/13 02:14:09.65 2qjA0AG1O 127/184

「それじゃあ、男性に抱かれたりなんか……」

「…………」

「…………」ウルッ

「…………うっ」ポロッ

「……自虐はやめましょう」

440 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:18:33.32 2qjA0AG1O 128/184

「…………お腹空きました」

すたすた

パカッ
「…………」

「私の好きなプリンが三つ……?」

「モロゾフで買いましたっけ……?」

「……買ったような気がします」

443 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:23:25.05 2qjA0AG1O 129/184

……
…………

「……♪」

「おいしですっ」

「……」はぐはぐ

「ふぅ」

すたすた

「ビン用のゴミ箱――」

「――……? 何でしょうか、これ……」
ぱさっ

447 : グーグル先生のご使用はお控え下さ... - 2009/12/13 02:28:43.00 2qjA0AG1O 130/184

「レ……レビドラ?」

「なんなんでしょうか……?」

「そ……それに」
ぱさっ

「代謝賦活剤……?」

「お薬……ですか……」

「こんな隙間に隠して……」

「っ!!」

「お……男さん実は不治の病っ!?」

448 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:30:46.04 2qjA0AG1O 131/184

「…………」
プルルルルル

「……」
プルルルルル

「お掛けになった電話は――」

「…………男さん……」

「……」
そわそわ

454 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:33:25.71 2qjA0AG1O 132/184

……
…………

プルルルルル

「あっ!」

「男さんっ!?」

「はいっ、もしもし――」

…………
……

458 : >>455あははー、私はバカです... - 2009/12/13 02:39:11.50 2qjA0AG1O 133/184

…………
……

「よかったです」

「ふふふっ」

「このクスリはただの風邪薬でしたか」

「……」

「それより」

「昨夜あんなことあったのに……」

「意外にふつうに話せましたね、男さんと」

464 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 02:51:43.85 2qjA0AG1O 134/184

…………
……

「晩御飯……」

パカッ

「夜たべるのに良いものがありません……」

「あ、そだ」

「ご飯がなければプリンを食べればいいじゃない、でした!」

「――――♪」

469 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 03:18:47.68 2qjA0AG1O 135/184

…………
……

「……」

「布団……」

「男さんのに入っちゃっても構いませんよね?」

「えっちもしてくれなかったし……」

「……はいっちゃいますっ」

すさっ

471 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 03:22:05.65 2qjA0AG1O 136/184

「くんくん……すーはー」

「ふふっ」

「何ででしょうか……。いつも男くんの匂いを嗅ぐと」

「凄く胸がちくちく? きゅんきゅん?」

「…………」

「……ふぁ」

「おや……すみ……です、男……さ」

「…………スースー」

473 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 03:25:46.25 2qjA0AG1O 137/184

…………
……

「……スースー」

「んん……やめてくださいよう……スースー」

ピーンポーン

「男さん……キスは……うん……スースー」

ピーンポーン

「うぅっ」

「っ」

「誰ですか! 気持ちいい夢みてたのにぃ!!」
タッタッタッ

522 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 12:12:53.33 2qjA0AG1O 138/184

「はい!」
がちゃっ

青年「こんにち……――」

青年「おはようございます……」

「あっ、青年さんでしたか、ふふっ」

「おはようございます」

523 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 12:16:00.06 2qjA0AG1O 139/184

青年「あっ……あの……」

青年「パジャマ……」

「っ!?」

「すっすみませんっ!」

「恥ずかしいとこみせちゃいましてっ」

「ちょっと待ってくださいねっ!?」
バタンッ

青年「あ、はい……」

524 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 12:17:05.65 2qjA0AG1O 140/184

青年「…………」

青年「……こんなお昼まで寝てたのか」

青年「意外にぐうたら?」

青年「す、すごく……すごく可愛い……ごくり」

青年「しかも、寝癖とかあったし……」

青年「やべぇ、萌えたわ……」

525 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 12:22:28.67 2qjA0AG1O 141/184

……
…………

「お待たせしましたー」

「すみません」

青年「あっ、いえっ」

「あの……ところで、今日はどうなさったんですか?」

青年「あの……家具を揃えたいなぁ、と思ってたんですが」

「引っ越してきたばかりで、買う店がよくわからない?」

青年「そっ、そうなんです。あはは」

527 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 12:25:55.51 2qjA0AG1O 142/184

青年「まぁ、会うための口実なんですけど……」ボソッ

「ん?」

青年「なっ、何でもないです、何でもっ!」

青年「あの、もしお暇でしたら……付き合っていただけませんか?」

青年「…………っ」ドキドキ

「はいっ、いいですよっ」ニコッ

543 : 駅までちゃりダッシュしてました[... - 2009/12/13 13:13:21.57 2qjA0AG1O 143/184

……
…………

青年「今日はありがとうございました」

「いえいえ」

「私も久しぶりに買い物できて楽しかったですし」ニコッ

青年「あはは……」

青年「あのっ、今から……今から、お食事に行きませんかっ!」

545 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:16:25.78 2qjA0AG1O 144/184

「ご飯、ですか……」

「ご飯の用意……今日してなかったしなぁ……」

青年「…………っ」ドキドキ

「はいっ、良いですよっ」

青年「やっ、やったっ!」

青年「夜遅くまで調べたのが無駄にならずにすんでよかったぁ……」ボソッ

546 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:22:58.69 2qjA0AG1O 145/184

……
…………

青年「あの、ここっ、パスタが美味しらしいんですよ!」

「あっ、はいっ」

「私も良く来たことがありましたので、知ってます」

青年「…………」

青年「……え、知ってる……?」

547 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:23:40.49 2qjA0AG1O 146/184

「はい、学生の頃よく来てましたから、ふふっ」

青年「…………」

青年「あはは、そ、そうですよねー……」


青年「……この街に長くすんでる人には」

青年「この作戦は……むり、だったか……」ボソッ

青年「つっ、次だっ」

551 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:30:01.49 2qjA0AG1O 147/184

青年「……ごくり」

青年「よ、よしっ」

青年「次は大人っぽさをアピールしよう……」

青年「すみません、ワインを一つ――えと、この……赤ワインで!」

「かしこまり――」

「ダメですよっ」

553 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:32:19.09 2qjA0AG1O 148/184

「青年さんはおいくつなんですかっ?」

青年「えっと、はたち……」

「…………」ジロッ

青年「じ、じゅうはち……です……」

「やっぱりー。どこかまだ幼いような感じしてましたもの」

青年「おさ……おさない……ですか」
しゅん

「そういうところが、なんですが」

「ふふっ、かわい」

555 : 早生まれなら一年生(一回生)は1... - 2009/12/13 13:36:54.95 2qjA0AG1O 149/184

青年「……」

「……」ぱくぱく

「…………」ぱくぱく

青年「……」ぱくぱく

「ふふっ、おいしですねっ」

青年「あはは、そですね……」ぱくぱく

青年「……失敗ばかりして、俺……情けないなぁ……はぁ」ボソッ

青年「そ、そだ、帰りは頑張ろう……っ!」

559 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:42:08.00 2qjA0AG1O 150/184

……
…………

ガタッ
青年「……あの」

「はい」

青年「今日お世話になったし、お会計は自分がやります」

ふるふる
「……いいえ」

「流石に学生さんにはおごってもらうことはできません」

560 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 13:46:38.48 2qjA0AG1O 151/184

青年「だっ、大丈夫ですよっ」

青年「おっ、俺お金はたくさんあるんですからっ!」

「でも……それは、親御さんが働いたお金ですよね?」

「そんなお金では私はおごって欲しくはないです」

青年「あっ……あ……」
しゅん

622 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 20:03:14.54 2qjA0AG1O 152/184

「だから……その」

「青年さんが一人前になって

「それでもって、おばさんになった私でも良かったら……」

「その……奢って下さいね?」

青年「はっ、はいっ! 任せて下さい!!」

「ふふっ、期待してますね」

青年「はいっ!」

626 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 20:15:34.02 2qjA0AG1O 153/184

…………
……

青年「今日は……ありがとうございましたっ」

てくてく

「……」ニコニコ

てくてく

「私も……弟ができたみたいで……」

「楽しかったです、ふふっ」

てくてく

青年「あはは……」

青年「お、弟……ですか……」

「ん?」

629 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 20:20:40.15 2qjA0AG1O 154/184

青年「何でもないですよ――」

「――……あっ」

てくてく

「……はぁ」

「…………あ……」

「おっ……おか……おかえりなさい」

青年「っ、えっ!? えっ、えっ?」

「えっ」チラッ

「た、ただいま」チラッ

638 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 20:45:23.21 2qjA0AG1O 155/184

「……」

「こんばんは……」

青年「こ、こんばんは……」

「じゃあね」
すたすた

「えっ、あっ、はい……」

「先にいっちゃいましたね……」

青年「あの人だれっ!? 嫁さんのなに? 知り合いっ!?」ボソッ

「…………」

「一緒にかえってくださってもいいのに」ボソッ

「はぁ……」
青年「はぁ……」

「…………っ」
すたすたすたすた

645 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 20:51:48.92 2qjA0AG1O 156/184

……
…………

「ただいまー……」
ガチャッ

「…………」

「……?」

「あっ、もしかして……男さん、ヤキモチでしょうか」

「ふふふっ、えへへへへっ」

「私が年下の男性と夜に一緒にいたりなんかしたから」

「ふふふっ可愛いです」

「男さんっ!」

「…………っ!」

659 : 話、期待しないでね><[] - 2009/12/13 21:04:01.35 2qjA0AG1O 157/184

「っ!」
バサバサッ

「ん?」

「ふぅ……おかえり」


「ただいまっ、ふふっ」

「……ああ、これ。お土産、チーズケーキ」

「元町の有名なやつなんだけど」

「えっ、ありがとうございます」

「……あれ……妬いてない?」ボソッ

662 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:09:15.58 2qjA0AG1O 158/184

「……あのですねー」

「今日、年下の大学生とでっデートしてきたんですよー、ふふっ」

「素敵なパスタ食べて」

「ワインたのんだり」

「ふふっ、楽しい1日でしたー、えへへ」チラッ

「………………」

「…………男さん」

673 : >>660ヤンデレ書いたことな... - 2009/12/13 21:20:35.87 2qjA0AG1O 159/184

「…………」

「……」

「……よかった」

「え……?」

「……よかったね」

「好きなんだ? さっきの人のこと」

「確かに感じのいい、優しそうなカンジだったしね」

「…………男さん……本気で……それを?」

「…………っ」

「そうだけど……?」

684 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:27:42.51 2qjA0AG1O 160/184

「自分でいれた。……風呂に入ってくる」
タッタッタッ

「…………」
ぐっ

「……男さん……」

「男さん……」

「……」

「私が」

「私が好きなのは――」

「っ!!」
タッタッタッ

687 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:31:05.03 2qjA0AG1O 161/184

シャー
「……」

シャー
「……っ」

「…………」
シャー

タッタッタッ
ガラガラッ
「っ!!」

「男さんっ!!」
ギュッ

「…………」
シャー

691 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:35:39.94 2qjA0AG1O 162/184

「…………」

「っ!」
ギューッ

「……嫁さん、なにしてるの?」

「お風呂っ入りっ……そのっ」

「男さんっ!」
ギュッ

シャー
「……離れて」

「嫌ですっ」

「……どうしたのさ、離れてってば」

「嫌……」

「私、世界で一番……いっちばん、男さんが大好きなんですっ!!」

698 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:41:39.93 2qjA0AG1O 163/184

「……………………………………」

「…………っ、離れませんっ!」

「……はぁ」
シャー……キュッ

「服のままで来たから、びしょびしょだし……」

「……とりあえず、俺はもうあがるから」

「嫁さんは服脱いで風呂に入ってて」
ガラガラッ

「男さん待ってくださいっ!!」
ぱさっぱさっ

「えっち……してください……わ、わたしと……」

714 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:49:25.78 2qjA0AG1O 164/184

「男さんのおちんぽ……」

「ちょっ、やめっ……」

さわっさわっ

「ちゅっ、可愛い……」

「ふふっ、ちゅる……じゅる……ちゅぽっ……ふぁあ」

「美味しいです、ふふっ」

「…………っ!」

「もう、こんなにギンギンに大きくなって――」

「――……やめろっ!!!」

ドンッ

「…………え」

「俺たちは結婚すべきじゃなかったんだ……」

「……先にお風呂……あがるから……」

732 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 21:55:25.48 2qjA0AG1O 165/184

「……なんで……」ポロッ

「…………ね……なんでなんで……すか」ポロポロッ

「私……わたし……男さん……ふぇ」ポロポロッ

「男さんは……私のこと……嫌い……なんですか……?」ポロポロッ

「結婚すべき……じゃないって……」ポロポロッ

「そんな……そんな……ズズッ」ポロポロッ

「うぁあぁああぁぁっっ!」ポロポロポロポロッ

「うわぁぁあぁっん!!」ポロポロポロポロッ

799 : >>749はネタです。お待たせし... - 2009/12/13 23:01:17.29 2qjA0AG1O 166/184

「…………」

「男さん……」キョロ

「出て行ったみたいですね」

「……」

「…………何でしょうこの紙……」

ぱさっ

「…………え……」ポロポロッ

「……ふぇ……ぅあっ……」ポロポロッ

「男さ……ん……ふぇ……」ポロポロッ

803 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:04:50.27 2qjA0AG1O 167/184

「私たちの仲……もう……」ポロ

「もう……修復……無理なんですか……」ポロポロッ

「離婚とど……けって……」ポロ

「男さん……ぐすっ」

プルルルプルルル

「でっ、電話っ!!」

プルルルプルルルプルルル

「早くでないとっ」
ぐっ

「――はいっ、もしもし、男さんっですかっ!?」

815 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:17:59.62 2qjA0AG1O 168/184

…………
……

医者「兵庫○○病院の担当医の医者ですが、男さんは――」

「お医者様?」

医者「? はい」

「……病人なんかいませんよ……?」

……
…………

822 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:21:56.48 2qjA0AG1O 169/184

「男さんっ、男さんっ」
タッタッタッ

「…………っ」
タッタッタッ


「はやくっ、はやくっ……!」
さっ

キーッ
「はい、どちらまでー?」

「――――」

……
…………

826 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:23:33.30 2qjA0AG1O 170/184

…………
……

「男さんが病気……?」

医者「いや、病気といいますか……その……」

医者「生まれつきのもののようでして……はい」

「…………?」

……
…………

831 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:26:00.71 2qjA0AG1O 171/184

ガチャッ
「ありがとうございましたっ」

「はい、二千――」

「お釣りはいらないですっ、それではっ」

「一万円……多すぎだろ……」

「……っ」
タッタッタッ

「男さんっ。男さんっ!」
タッタッタッ

843 : >>823やめて。本当にやめて。... - 2009/12/13 23:29:41.25 2qjA0AG1O 172/184

……
…………

医者「…………」

「ほ、本当ですか?」

医者「…………はい。残念ですが……」

医者「……」

「あははっ」

「あははははっ」

医者「え?」

…………
……

845 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:32:02.01 2qjA0AG1O 173/184

「……はぁ……はぁ」
タッタッタッ

「……はぁはぁ」

「やっぱり、ここ……はぁはぁ」

「やっぱりここだったんですね……」

「バカ……バカ……」

「大好き……」
タッタッタッ

854 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:38:00.69 2qjA0AG1O 174/184

「…………」
タッタッタッ

「ふふっ」
ギュッ

「発見しましたー、えへへっ」

「……え」

「えっ、ええっ、えっ!?」

「よっ、よっ、嫁さんっ!?」

「どうして此処に……」

「私たちはここで会いました」

「ここで男くんは私に告白もしました」

「ここで結婚の約束もしました」

861 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:42:34.01 2qjA0AG1O 175/184

「離して……」

「嫌ですー、ふふっ」

「だから離してくれって……」

「だぁかぁらぁ、いやですってー」
ギューッ

「…………はぁ」

「……ふふっ」

「ねぇ、男さん……あの……」

870 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:50:26.04 2qjA0AG1O 176/184

「…………なに?」

「私のこと好き……?」

「…………」

「じゃあ、嫌いなんですかー? ふふっ」

「俺たちは離婚した方がいいんだってば……」

「嫁さんには、年下の弟みたいな人が合ってたんだ……」

「青年さんですか。彼は弟」

「それ以上でもそれ以下でもないです」

「それでも、俺たちよりは似合うってば……」

873 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:56:04.58 2qjA0AG1O 177/184

「私は、男さんに嫌われない限り……離婚はしませんっ」

「…………」

「はぁ…………」

「…………」

「もしかして」

「私が子供がほしーほしーって言ってたのを気にしてたから、なんですか」

「っ!」

「…………ですよね」

「……ごめんなさい……」

876 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/13 23:59:27.56 2qjA0AG1O 178/184

「……」

「薬……わかったんだ……?」

「…………」

「レビドラじゃなくて、代謝賦活剤の方ですよね……?」

「…………うん」

「でも」

「お医者様に教えてもらったんです」

「……あー……」

「くそっ……」

882 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/14 00:04:37.49 e2QQeKpcO 179/184

「私……子供なんていらないです!」

「男さんがいれば良いのです!」

「……嫁……さん……」

「でも、男さん?」

「私は怒っています!」

「そ……その……」

「…………最近……冷たくしててごめんなさい……」

894 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/14 00:13:15.40 e2QQeKpcO 180/184

「ちがいまっ――」

「――……いや、まぁ確かにそれは」

「間違い……ではないですが」

「うっ」

「結婚して一年満ちていないのに……」

「その……あきちゃったのかなぁって……泣きそうになりましたね」

「今でも思い出したら……その……」

「……うっ」

「ごめんなさい」

902 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/14 00:17:32.68 e2QQeKpcO 181/184

「……一番は、相談してくれなかったことですっ」

「あ……ごめん……」

「私……今いない赤ちゃんか」

「目の前にいる愛しい愛しい男さんなら」

「絶対に……っ、絶対に男さんを失いたくありませんっ」

「……ごめんなさい」

「勝手に自分だけで考えて、決断とか今後一切止めて下さい」

「さすがに男さんでも……す、少し嫌いになっちゃいますから……」

913 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/14 00:24:52.76 e2QQeKpcO 182/184

「あのさ……」

「はい」

「俺……不妊症……男性不妊症なんだ」

「はい」

「くすりとかさ……グスッ……病院とか……ズッ」

「色々……色々さ……ぐすっ……試したけど、上手くいかなくてさ……ズッ」ポロッ

「はいっ」ポロッ

921 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/14 00:31:32.11 e2QQeKpcO 183/184

「……嫁さんの大好きな子供……無理だけど……」ポロポロッ

「……はいっ」ポロポロッ

「きっと可愛かったにちがいない寝顔を見たり」ポロッ

「一緒に育児したり」ポロポロッ

「子供の彼氏彼女に腹を立てたり、喜んだり」ポロポロッ

「結婚式で一緒に涙流したり……ひぐっ」ポロポロッ

「……できないけど……グスッ……できないけどさ……」

「は、はいっ」ポロポロポロポロッ

934 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2009/12/14 00:40:25.82 e2QQeKpcO 184/184

「それでも……」ポロッ
くいっ

ごしごし

「それでも?」

「……それでもっ」

「一緒に……これからも暮らしていってくれますか?」

「はいっ!!」

「喜んでっ」ニコッ

―END――

記事をツイートする 記事をはてブする