1 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 01:12:08 Iz4S9MZt0

「んん・・・」

魔女「もう朝だよ。起きてよ・・・」

「んぁ・・・魔女か・・・」

魔女「今日は日曜日だよぉ~?待ちに待った第二日曜日だぞぉ~?」

「あぁ・・・分かってる。着替えるから、リビングで待ってろ」

魔女「うん。・・・あ、そだ」

魔女「チュッ・・・」

魔女「おはよう。男」

関連スレ
男「そら、メシ出来たぞ」

元スレ
魔女「ねぇ・・・起きてよぉ・・・」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1320595928/

7 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 01:20:41 Iz4S9MZt0

魔女「あ、来た!」

「待たせたな」

魔女「起きんの遅いよ。男。デートの待ち合わせの時はレディを待たせちゃあいけないんだよ?」

「・・・その原因は、お前にあるんだがな」

「結局、何回やったんだよ・・・もう5回以降覚えてないぞ・・・」

魔女「・・・あははは」

「この痴女」

魔女「魔女だし!魔女!!」

魔女「・・・それに、男以外にあんな事・・・しないし・・・」

「・・・・・」

魔女「・・・・・・ぁ」

「・・・そろそろ、行くか」

魔女「う、うん!」

8 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 01:26:43 Iz4S9MZt0

魔女「んぅ~!こうして、男と外出るの久しぶり」

「そう引っ付くなよ・・・。色々、当たってんだが?」

魔女「当たってるんじゃなくてぇ・・・」

魔女「あ・て・て・る・の・♪」

「ぐっ・・・」

魔女「コーフンしちゃった?」

「うるさい」

魔女「あだっ!・・・もう、脳天にチョップしなくてもいいじゃない。これ、立てるの大変なのにぃ・・・」

11 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 01:35:34 Iz4S9MZt0

おばあさん「おやおや・・・昼からお盛んじゃのぅ・・・」

魔女「あ!おばあさん!こんにちは」

「こんにちは」

おばあさん「はいこんにちは。魔女ちゃんも、男くんもお似合いじゃのぅ・・・わしの若い頃を思い出すわい」

魔女「えへへ~。今から、男と隣町までデートしてくるんだよ!」

おばあさん「おやおや・・・じゃあ気をつけての。」

魔女「うん!いざとなったら、私が男を助けるんだから」

おばあさん「ホホッ・・・じゃあの」

魔女「体に気をつけてねぇ~!!」


15 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 01:46:00 Iz4S9MZt0

「さぁ・・・駅に着いたぞ」

魔女「おぉ~!!すっごい人が多いよ!!」

「そういや、ここまで来たのは初めてか」

魔女「・・・だって、外怖いし」

魔女「男と一緒じゃないと、知らない場所怖い・・・」

「分かった、分かった。そうしがみつくなよ。つか、はしゃいだり、ビビったり大変だな・・・」

魔女「う・・・うるさい!!」

「ほら」

魔女「これはなに?・・・西瓜?」

「あの人を見ろ」

魔女「ん?」

18 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 01:57:37 Iz4S9MZt0

「このカードをあの機械に翳すと・・・」

魔女「おぁ!開いた!!え?なにこれ?魔具の一種!?」

「最先端技術の賜物だ。もうその中には金入ってるから、後はあの人みたいに翳せば通れる。」

魔女「ふぅん・・・」

「ほら、行くぞ」

魔女「うん!」

魔女「ねぇ男!これピピッ!ってなったらバッ!!って開いた!!楽しい!これ楽しい!!」

19 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:08:11 Iz4S9MZt0

魔女「・・・はぁ」

「どうした魔女?」

魔女「人多い・・・電車の中、人多すぎ・・・」

「日曜だしな。ほら、」

次は~○○町ぃ~。お出口はぁ~右側です

「次で降りるぞ」

魔女「あ・・・」

魔女「(男が手を・・・私を気遣ってくれたのかな・・・)」

魔女「・・・・男、だぁい好き」

「なんか言ったか?」

魔女「ヒ・ミ・ツ」

20 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:15:21 Iz4S9MZt0

魔女「とうちゃぁ~くっ!!」

魔女「おぉ~!」

「どうだ?初めての隣町は」

魔女「すっごい!!」

「そうか」

魔女「ねぇねぇ!これから、どこ行くの!?」

「そうだな・・・まずは腹ごしらえだな」

魔女「だよねぇ~!喰わねば戦もなんとやらって奴だね?」

「・・・また、妙な言葉を。つか、何と戦う気だ?」

魔女「いいから、いいから!行こう!お腹ペコペコだよぉ~!!」

「はいはい」



21 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:21:29 Iz4S9MZt0

「・・・じゃあコレとコレ」

魔女「私は、このハンバーグで!・・・あ、食後にチョコパフェも!」

店員「はい、かしこまりました」

「じゃあ、なんか飲み物持ってくるけど・・・なにがいい?」

魔女「コーラ!」

「了解。じゃあ取ってくるから」

魔女「いつもすまないねぇ~・・・」

「それは言わない約束だろ?ばあさんや」

魔女「ホッホッホッ・・・」

23 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:36:04 Iz4S9MZt0

魔女「ハンバーグんまぃ!」

「それは良かったな」

魔女「男のはオムライス?」

「あぁ・・・。今後のオムライス作りに、メニューを盗めないかと思ってな」

魔女「男の目が何時になく真剣?!」

魔女「んぅ~・・・ていっ!」

「ちょ!」

24 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:36:42 Iz4S9MZt0

魔女「ん~・・・男の作るオムライスの方が好き」

魔女「このオムライス・・・私への愛が感じない・・・」

魔女「男の料理の方が何十倍も美味しいし!・・・これ以上、うまくなられたら、私の立つ瀬が無くなっちゃうよ・・・」

「魔女・・・」

「・・・口にソース付いてる」

魔女「ぁ・・・・」

魔女「指で拭って舐めた?!ハ、ハレンチだよ!男ぉ~!!」

「いいだろ別に。オレ達はもう夫婦なんだから」

魔女「ふう・・・ふ・・・」

魔女「・・・そっか。もう、私たち夫婦なんだ。えへへ・・・」

25 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:39:38 Iz4S9MZt0

男:17歳
魔女:不明(自称:16歳)
おばあさん:10万75歳

29 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:46:51 Iz4S9MZt0

魔女「ねぇ男・・・」

「ん?」

魔女「あぁ~ん」

「ちょ・・・!」

魔女「夫婦なんだから良いでしょ?」

魔女「ほぉら!あぁ~ん・・・」

「ぐっ・・・南無三!!」

魔女「どうどう?美味しい?」

「・・・あぁ」

魔女「あ!男赤くなってるぅ~」

「っるせーよ」

32 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:51:03 Iz4S9MZt0

魔女「ふぅ~食べた食べた!」

「次は、服を見に行くか」

魔女「うん!」

「うわっ!いきなり腕に抱きつくな」

魔女「えへへ~・・・」

37 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:54:18 Iz4S9MZt0

「ショッピングモールも人多いな」

魔女「迷子にならないようにしなくちゃね!」

「・・・お前はオレにしがみつきたいだけだろ」

魔女「バレタ?」

「認めんのかよ」

魔女「だって・・・はなれたくないもん!」

「はいはい」

39 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 02:57:39 Iz4S9MZt0

「とりあえず・・・女物はココか」

魔女「いろんな服あるねぇ・・・」

魔女「ねぇ!私の服、男も選んで見てよ!」

「オレが?・・・全くセンスねぇぞ?」

魔女「私が選んだら、黒しか選ばないよ?」

「・・・はぁ。分かったよ」

40 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:02:11 Iz4S9MZt0

「・・・とりあえず、いつも黒だし、安直だが白を選んでみるか」

「白いワンピース・・・・」

「・・・ヤバい。愚息がウェイクアップフィーバー」

魔女「決まったぁ~?」

「あ、あぁ!こんなのはどうだ?」

魔女「白いワンピースか。じゃあ試着してみるね♪」

43 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:13:38 Iz4S9MZt0

魔女「どう?」

「おぉ!なかなかいいじゃん」

魔女「そうかな・・・えへへ・・・」

S店員「お客様ぁ~?残念ながら、そんな質素なワンピースなんかよりぃ~お客様にお似合いになる服がございますよぉ~」

S店員「そんなシュミのダサダサな童貞彼氏なんかよりぃ~このカリスマショップ店員の私に選ばせてはみませんか?」

魔女「・・・・・・いま、なんと言った?」

45 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:22:07 Iz4S9MZt0

S店員「はい?だから、あんなダサい彼氏に選ばせずに・・・・・」

魔女「・・・もういい。黙れ。その臭い口を閉じろ。穢らわしい雑音を、私の耳に入れさせるな」

「(マズい・・・!!)」

S店員「はぁ?なんなんですかぁ?アナタ?」

魔女「・・・うるさい。何度も言わせるな。」

S店員「だからぁ・・ーーー」

魔女「・・・・よくも、男の悪口を言ったな?」

S店員2「え・・・なにが起きたの・・・?」

S店員3「いま、あの子が睨んだ瞬間・・・吹っ飛んだ・・・よね?」

47 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:29:03 Iz4S9MZt0

「(遅かった・・・)」

魔女「・・・私?私は魔女。案外、モノホンよ?なに、伊達や酔狂であんな格好してたと思うの?」

魔女「よくも、よくも・・・よくも、男の悪口を言ってくれたな?」

「落ち着け、馬鹿!」

「(ええい!1かバチか!!)」

魔女「・・・ぁ」

魔女「おと、こ・・・?」

「正気に戻ったか?」

魔女「・・・ぁ。こんな・・・人前で・・・キス・・・なんて・・・!!ーーー」

「おい、魔女!!」

48 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:37:15 Iz4S9MZt0

魔女「・・・・・んぁ・・・・」

「起きたか?」

魔女「ここは・・・?」

「ショッピングモール内のベンチ。お前はオレの膝の上だ」

魔女「ふぇぇ!!!!」

「急に起きあがるな。お前、あの後気絶したんだぞ」

魔女「・・・そうなの?」

「あぁ・・・。んで、店員の方に謝ったら」

『S店員2「いいよ、いいよ!あの子には辟易としてたから、ブッ飛ばしてくれてせいせいしたし。なんか、スゴいの見せてくれたし。あ、その服、記念にあげるよ。彼女、大事にね♪」』

「だとさ」

50 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:44:44 Iz4S9MZt0

魔女「・・・そっか」

魔女「・・・また、男に迷惑かけちゃったんだね。」

魔女「なんか・・・私、男に迷惑かけっぱなしだね。あの日以来、もう魔法は使わないって決めたのに・・・。また・・・」

魔女「・・・また・・・こんな風に男に迷惑かけちゃった・・・」

魔女「・・・ダメダメだね。私」

「・・・・」

「ていっ!!」

52 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:54:26 Iz4S9MZt0

魔女「あだっ!!」

「そうやって、全部自分のせいにすんのはお前の悪い癖だ」

「オレは、一度でもお前が迷惑だとか言ったか?」

「こんなの、最初の頃のお前に比べりゃあ大したことない。」

「あー・・・その・・・なんだ・・・」

「・・・不謹慎だけど、少し嬉しかったしな」

魔女「え?」

53 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 03:58:45 Iz4S9MZt0

「オレの為に、魔女かキレた・・・。なんかさ、そこまで思ってくれてんだって思うと・・・嬉しくて・・・」

魔女「・・・おとこ」

魔女「ていっ!」

「んんっ!!?」

魔女「じゅっ・・ちゅっ・・・ぷはぁ・・・」

「おま・・・っ!!」

魔女「さっきのお返し!」

魔女「・・・ねぇ、男」

55 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:04:07 Iz4S9MZt0

「なんだ?」

魔女「・・・私、こんなんだよ?」

魔女「すぐにカッとなって、店員を吹き飛ばしちゃう暴力魔女で、5回以上ヤらないと寝れない淫乱魔女だよ?」

魔女「世間知らないし、料理できないし、男に迷惑かけてばっかりの、役立たずな魔女だよ?」

魔女「・・・それでも、私の事」

魔女「ちゃんと、愛してくれる?」

57 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:06:24 Iz4S9MZt0

「あぁ・・・!!」

「お前はオレの嫁だ。魔女」

魔女「うん・・・うん・・・っ!!」

「愛してるよ。魔女」

魔女「私も・・・男の事大好き!愛してる!!」

61 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:14:37 Iz4S9MZt0

魔女「んぁ・・・あっ・・・」

魔女「・・・トイレでなんて・・・大胆だよぅ・・・」

「・・・そのわりに、もう濡れてるんだけど?」

魔女「ぁあん・・・!だっ・・・だってぇ・・・」

魔女「誰か来たらどうしようとか・・・考えたら・・・その・・・」

「興奮してきたと?」

魔女「・・・もぅ・・・言わないでよ。バカぁ・・・んぁ・・・」

63 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:21:56 Iz4S9MZt0

魔女「ねぇ・・・男ぉ・・・キス・・・」

「ん・・・ちゅ・・・」

魔女「んぁ・・じゅる・・・じゅるる・・・ぴちゃ・・・」

魔女「・・・ぷぁ・・・んんっ!!・・・そ、そんなに・・・おま○こ触ったら・・・汚いよ・・・んっ!」

「そんな事・・・っ!・・つか、男の愚息をしごいてるお前に・・・言われたくない・・・っっ!!」

64 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:26:26 Iz4S9MZt0

魔女「だってぇ・・・男のおち○ぽ・・・ツラそうなんだもん・・・」

「・・・この、淫乱魔女」

魔女「んあぁっ!!そ・・・そんな・・・はげしっ・・・ダメ・・・ッ!!」

魔女「ぁ、ぁ、ぁ、ぁ、・・・んんあぁぁあ・・・!!」

「くっ・・・オレもヤバいな・・・」

魔女「一緒に・・・あぁ!!・・・一緒にィ・・・!!」

65 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:32:05 Iz4S9MZt0

魔女「あぁぁっぁぁぁぁあーーー!!」

「はぁ・・・はぁ・・・」

魔女「いっぱい出たね」

「あっ・・・服・・・」

魔女「大丈夫だよ。男のは腕にかかっただけだから・・・んっ・・・じゅるう・・・」

「おま・・・っ!!」

魔女「えへへ・・・苦いけど、男の精液の味・・・好き・・・」

魔女「あ」

魔女「・・・また勃ったぁ」

66 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:36:32 Iz4S9MZt0

魔女「んあぁぁあ!!あっ!あぁ!!!」

「声でけぇよ・・・」

魔女「だ・・・だってぇ・・・男ち○ぽがぁ・・・男ち○ぽがぁ・・・!!」

「この淫乱魔女め。自分の淫乱愛液でも舐めろ!」

魔女「んんっ!!じゅるる・・・じゅる・・・・」


67 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:44:08 Iz4S9MZt0

「どうだ?自分の愛液の味は」

魔女「おいひい!ほとこのふびほぉ・・・ふぁいふぇひがぁ・・・!!んんあぁぁあ!じゅるじゅるるるるぅ~!!」

「そろそろ出すぞ・・・」

魔女「ひてぇ・・・!!」

魔女「んんんんんんんんっーーーーー!!!」

魔女「・・・はぁ・・・はぁ・・・」

魔女「こんなに・・・いっぱい・・・私のお腹・・・男のでボテ腹にされちゃうよ・・・・」

「・・・どこでそんな言葉を」

魔女「秘密♪」

71 : 以下、名無しにかわりまし... - 2011/11/07 04:54:53 Iz4S9MZt0

魔女「ただいまぁ~!!」

「・・・お前、元気だな」

魔女「だって楽しかったんだもん!」

魔女「映画見たり、げーせん?行ったり!それに・・・」

「ん?」

魔女「一番嬉しかったのは、この婚約指輪・・・」

「露天で売ってた安物だけどな」

魔女「そんなの関係ないよ。こうやって、お互いのものに愛情を込めたものは、たとえ聖遺物ですら超越するんだから!」

「そっか・・・」

魔女「ねぇ・・・男・・・」

「ん?」

魔女「私は、もう貴方から離れる気なんて更々ないからね?」

「オレも離す気は更々ねーよ」

魔女「愛してる」

第二部~完~

94 : ◆8GEppMPt8s... - 2011/11/07 07:26:40 DokuN4m60

番外編~S店員のその後~

S店員「だからぁ~何度も説明してるじゃないですかぁ~」

警察「魔女に吹っ飛ばされて気絶か?んな馬鹿げた話あるわけないだろ」

警察「キミね、つくならもっとマシな嘘をつきなさい」

警察2「キミと同じ職場の2人にも聞いたが、キミは客の口論してたようだね?」

S店員「そうですぅ~すんげぇダサダサだからぁ~他のたっけー服買わせようと思ってぇ~」

警察3「先輩!そのカップルの2人を特定しました」

警察「なに?見せてみろ」

96 : ◆8GEppMPt8s... - 2011/11/07 07:32:21 DokuN4m60

警察「コイツは・・・・」

S店員「そうそう!コイツ等だよ」

警察「フッ・・・なるほど」

警察「おい、コイツは燃やしとけ」

警察3「え?ですが・・・」

警察「ヤツらは無関係だ。それにな・・・」

警察「”こんなとこに、悪い魔女なんかいない”」

警察「”いるのはちょっと変わった女の子”ぐらいだ」

98 : ◆8GEppMPt8s... - 2011/11/07 07:48:27 DokuN4m60

S店員「はぁ?!あんたそれでも警察ゥ?」

警察「吹っ飛んだのはコイツの自作自演だ。それに、超能力とか、魔法だの・・・んなケッタイなものを取り締まれる法はない。」

警察「嬢ちゃん。オレら警察は、確かに一般市民を助けるのが義務かもしれねぇがな・・・所詮、オレらなんざ駒だ。動かせる野郎が動かさなきゃあ・・・動けねぇんだわ」

S店員「はぁ?!あたしらの税金から金もらってんだから働けよクズ!!」

警察「それになぁ・・・オレが個人的に守りてぇのはよ・・・”か弱い市民”だ」

警察「独りでどうしようもなく、途方にくれて盗み働いちまうようなヤツとかよ・・・誰かに振り向いてほしくて、傷害事件起こしちまうようなヤツとかよ・・・。一発殴って、抱きしめてやんだよ。お前は独りじゃないってな」

警察「・・・警察に喧嘩売れんなら、まだ上等だろ。さっさと出ていきな」



99 : ◆8GEppMPt8s... - 2011/11/07 07:55:56 DokuN4m60

警察2「いいんですか?アレで・・・」

警察「なぁに!2・3日で元通りだろ」

警察2「・・・というか、この2人とは以前どこかで?」

警察「・・・あぁ。3年も前に、前にいた隣町でな。」

警察2「その話、聞かせて下さいよ」

警察「やなこった!それにな・・・」

警察「・・・こんな幸せそうな2人見てたんじゃ、話す気にもなれねーよ」

番外編~S店員のその後~完



記事をツイートする 記事をはてブする