1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/08 23:51:52.53 7faitF+90 1/33

----教室 休み時間----

さやか「うあぁぁぁぁ! 中間テストの結果、散々だったよ・・・」

さやか「まどかはどう?」

まどか「わたしもイマイチ、かなぁ」

さやか「期末もこんな感じだと本気でヤバいかも」

ほむら「毎日ちゃんと勉強しないからよ」

さやか「むぅ・・・」

元スレ
さやか「凄い、これが進研ゼミ・・・!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360335112/

5 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/08 23:54:00.78 7faitF+90 2/33

まどか「ほむらちゃんはテストどうだった?」

ほむら「こんな感じね」

ペラッ

さやか「うおっ! なんじゃこりゃ!」

さやか「100点なんて都市伝説じゃなかったのか!」

まどか「ほむらちゃん、頭いいから羨ましいな」

ほむら「そんな事はないわ。勉強すれば、誰にだってできる事よ」

7 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/08 23:55:50.62 7faitF+90 3/33

さやか「ぐぬぬぬぬん・・・」

ほむら「でも、二人ともこんな具合だと成績が危ないんじゃないかしら?」

まどか「だよね・・・」

まどか「うぅ・・・またパパに怒られちゃうよ・・・」

さやか「あたしも、お小遣い減らされちゃうかも・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「私でよかったら、勉強を教えてあげるわよ?」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/08 23:57:44.10 7faitF+90 4/33

まどか「本当?」

ほむら「えぇ。ただ、成績が上がるかは自分次第よ」

さやか「うーん・・・」

ほむら「別に今すぐ決めなくてもいいわ」

ほむら「ただ、勉強は日々の積み重ねが重要だから」

ほむら「早いに越したことはないわね」

さやか「どうしようかな・・・」

12 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/08 23:59:36.27 7faitF+90 5/33

まどか「ちょっと、お家に帰ってからゆっくり考えていい?」

ほむら「えぇ、もちろんよ」

さやか「あたしもそうしよう」

キーンコーンカーンコーン

ほむら「授業が始まるわね。二人とも、後でまた・・・」

まどか「うんっ!」

さやか「はぁ・・・」

さやか「どっかに楽して成績が上がる方法はないかなぁ・・・」

14 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:01:13.54 ynMUVcXl0 6/33

----放課後----

ほむら「それじゃ、私は用事があるから先に帰るわね」

まどか「またねー、ほむらちゃん!」

さやか「また明日ー」

まどか「じゃあ、私たちも帰ろうか」

さやか「そうだね・・・ってあそこに居るのは」

まどか「マミさんだ!」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:02:46.79 ynMUVcXl0 7/33

マミ「あら、二人とも今帰り?」

さやか「はい、マミさんもですか?」

マミ「えぇ、この後お買い物をして帰るつもりよ」

まどか「ところでマミさん、テストどうでした?」

マミ「二人はどうだったの?」

さやか「正直あんまり・・・」

マミ「そう・・・」

17 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:04:13.55 ynMUVcXl0 8/33

さやか「勉強方法が悪いのかなぁ? いい点が取れないんですよね」

まどか「わたしもそんな感じです」

マミ「なるほど・・・」

マミ「それなら、進研ゼミはどうかしら?」

まどか「進研ゼミ?」

さやか「って、あの進研ゼミですか?」

マミ「えぇ、そうよ」

22 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:18:06.00 ynMUVcXl0 9/33

QB「進研ゼミは通信教育なんだ」

QB「毎月君の家に教材が送られてくるからそれを解くだけ」

QB「教材は君のレベルに合ったものが用意されるから、難しくて解けないという心配は要らないよ」

QB「そして、解き終わった教材を返送すると」

QB「なんと・・・」

QB「赤ペン先生が採点してくれるんだ」

QB「間違えた部分は解説をつけてくれるから、復習に役立つよ!」

QB「これなら成績が上がる事請け合いさ!」

23 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:19:40.04 ynMUVcXl0 10/33

マミ「と、いった感じかしら」

さやか「へぇ・・・、興味がなかったんでスルーしてましたけど」

さやか「なんだか、凄くいいんじゃないですか? それ?」

まどか「わたしも、ちょっとやってみたいかも」

マミ「かくいう私も進研ゼミで学年1位の成績をキープしているわ」

さやか「えぇ!?」

まどか「マミさん凄いです!」

さやか「早速申し込まなきゃ!」

24 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:20:37.65 ynMUVcXl0 11/33

----さやかの家----

さやか「ただいまー!」

バタバタバタ

さやか「確か、この間来たやつがまだあったはず・・・!」

ガサガサ

さやか「あった!」

さやか「よーし・・・」

さやか「お母さーん!」

25 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:22:18.00 ynMUVcXl0 12/33

「どうしたの? さやか?」

さやか「お母さん! あたし、進研ゼミがやりたいんだ!」

「え?」

さやか「このままの成績じゃダメだって気付いたんだよ!」

さやか「進研ゼミならちゃんと勉強できるから!」

さやか「だから、やってみたいんだ!」

「あの勉強嫌いだったさやかがこんなに強く言うなんて・・・」

「いいわ、やってみなさい」

さやか「やったー!」

26 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:23:47.55 ynMUVcXl0 13/33

----次の日 教室----

さやか「まどか! あたし、進研ゼミを申し込んだよ!」

さやか「まどかはどう?」

まどか「あのね、さやかちゃん」

ほむら「まどかの勉強は私が見る事になったの」

さやか「えぇ!?」

まどか「進研ゼミも面白そうなんだけど・・・」

まどか「でも、身近に居る人のほうがいろいろやりやすいかなって思って」

さやか「そっかぁ・・・」

28 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:24:42.46 ynMUVcXl0 14/33

まどか「さやかちゃん、進研ゼミがんばってね!」

さやか「うんっ」

ほむら「あなたの成績が上がるのなら、別に何でもいいわ」

まどか「わたしも頑張るから、ほむらちゃんお願いね!」

ほむら「えぇ、ゆっくり確実にやってきましょう」

29 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:25:47.31 ynMUVcXl0 15/33

----数日後 さやかの家----

「さやか、進研ゼミからお届け物が来てるわよ」

さやか「ありがとう、お母さん!」

バタバタバタ


----さやかの部屋----

さやか「これが、進研ゼミ・・・!」

さやか「よーし、早速やってみよう!」

31 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:26:57.81 ynMUVcXl0 16/33

さやか「凄い! 要点がしっかり纏まってて分かり易い!」

さやか「それにちゃんとわたしでも分かる問題だ!」

さやか「これならちゃんと勉強できるよ!」

さやか「やった、今日の分がもう終わっちゃった!」

さやか「明日からも頑張ろう!」

32 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:28:21.90 ynMUVcXl0 17/33

----1週間後 教室----

和子「はーい、それじゃ今日は抜き打ちテストをしまーす!」

「えぇー!?」
「なんでいきなり!」
「あー、勉強しておけばよかった」

和子「ほら、静かに。それじゃ配ります」


さやか「抜き打ちテスト・・・」

さやか「進研ゼミで勉強した成果を見せるときだ!」

33 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:29:46.91 ynMUVcXl0 18/33

和子「じゃあ始めてください」

ペラッ

さやか(よーし、がんばるぞ!)

サラサラ

さやか(あ、これ昨日やったのと同じだ)

さやか(凄い、こっちも見た事がある問題だ!)

さやか(おおおおおお、スラスラ解ける!)

さやか(これもそうだ!)

さやか「進研ゼミでやった問題だ!」


和子「はい、美樹さん。静かにー」

34 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:31:03.64 ynMUVcXl0 19/33

----テスト終了後----

和子「隣の人と答案を交換してください。採点を始めます」

和子「まず問一は・・・」

さやか「・・・」ドキドキ

35 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:32:34.36 ynMUVcXl0 20/33

----授業後 休み時間----

まどか「さやかちゃん、テストどうだった?」

さやか「ふっふっふ・・・」

ほむら「?」

さやか「じゃーん!」

まどか「凄い! 10問中10問正解だ!」

ほむら「なんですって! 私ですら一問間違えたのに」

36 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:34:32.08 ynMUVcXl0 21/33

さやか「そういうまどかはどうだったの?」

まどか「わたしは6問正解だったよ・・・」

ほむら「まどか・・・」

まどか「あ、でもね。ほむらちゃんと勉強したところは役に立ってるよ」

まどか「ちゃんとわかるようになってると思う!」

ほむら「そう・・・」

さやか「あたしはこれなら、期末テストも安心だ!」

さやか「こんな短期間で勉強が出来るようになるなんて」

さやか「凄い、これが進研ゼミ・・・!」

37 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:35:08.61 ynMUVcXl0 22/33

----そして1ヵ月後----

39 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:36:37.05 ynMUVcXl0 23/33

----放課後----

さやか「まどかー、帰ろう?」

まどか「ごめんね、さやかちゃん。今日もほむらちゃんのおうちで勉強するから・・・」

さやか「あー、うん。それじゃ仕方ないね」

まどか「ごめんね・・・」

ほむら「まどか、そろそろ行きましょう」

まどか「うんっ!」


さやか「・・・」

さやか「・・・本屋でも寄っていこう」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:38:15.57 ynMUVcXl0 24/33

----本屋----

さやか「あっ、この漫画新刊出てたんだ!」

さやか「楽しみにしてたんだよねー」

さやか「買って帰ろう」


アリアトッシター

さやか「続きはどうなってるのかなー?」

44 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:39:58.55 ynMUVcXl0 25/33

----夜 さやかの家----

さやか「おぉ! まさかここで主人公がこうなるなんて!」

さやか「ってあれ? もうこんな時間か」

さやか「そろそろ寝よー、っと」

パチン

さやか「おやすみー」

さやか「・・・」

さやか「ってああぁぁぁぁぁぁ!」

さやか「進研ゼミ、あしたぐらいまでに送らないといけないんだった!」

さやか「どうしよう・・・真っ白だよ・・・」

46 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:40:48.52 ynMUVcXl0 26/33

さやか「よし、徹夜で何とか片付けよう・・・」

ペラッ

さやか「・・・」

さやか「なんか面倒だな・・・」

さやか「やっぱいいや・・・」

49 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:42:43.77 ynMUVcXl0 27/33

----そして迎えた期末テスト----

和子「それじゃ、初めてくださーい」

ペラッ

さやか「・・・」

さやか(この問題も分からない・・・)

さやか(こっちの問題も・・・)

さやか(進研ゼミをサボってたから・・・)

さやか(どうしよう、これってかなりヤバいんじゃ・・・)

51 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:46:27.97 ynMUVcXl0 28/33

---- 一方まどか

まどか(えっと、確かこっちはこの公式を使うんだよね・・・)

まどか(この公式は確か、二人でアイスを食べながら勉強したときの公式かな)

まどか(こっちの問題はこう、かな・・・?)

まどか(うん、何とかなりそう)

まどか(ありがとう、ほむらちゃん・・・)

52 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:46:59.80 ynMUVcXl0 29/33

---- そしてほむら

ほむら「・・・」

ほむら(この問題、ループでやった範囲じゃない!?)

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:49:03.82 ynMUVcXl0 30/33

----答案返却日----

まどか「ほむらちゃん、テストどうだった?」

ほむら「そこそこね・・・」

まどか「わたしは、ほら! ほむらちゃんが教えてくれたからバッチリできたよ!」

まどか「さやかちゃんはどうだった?」

さやか「」

まどか「さやかちゃん?」

さやか「」

ペラッ ヒラヒラヒラ

54 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:49:53.21 ynMUVcXl0 31/33

まどか「これ・・・」

ほむら「16点・・・」

まどか「えっ!? 100点満点のテストだよね、これ?」

さやか「」

ほむら「どうして悪化してるのよ!」

55 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:51:42.58 ynMUVcXl0 32/33

さやか「進研ゼミ・・・やらなかったから・・・」

まどか「え? でもさやかちゃん、進研ゼミを申し込んでやってたんじゃ・・・」

さやか「やらなかったから・・・」

ほむら「サボり続けていたのね・・・」

さやか「どどどどどどどうしよう!」

まどか「良かったら・・・わたしが勉強教えてあげようか・・・?」

58 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/02/09 00:53:17.87 ynMUVcXl0 33/33

その後、さやかはまどかとほむらに教えられ必死に勉強した

進研ゼミじゃなくても、毎日勉強していればこんな事にならなかったのに

そう考える時間すら惜しく思えた


追試の日は、すぐそこまで迫っていた



おわれ

記事をツイートする 記事をはてブする