1 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT... - 2011/08/29 14:29:59.41 t8IazN6x0 1/147

──喫茶店

マミ「さあ、魔法少女体験コース第一段、張り切っていってみましょうか!」


ドンキー「ウホホ」


まどか「……。」

さやか「……。」


まどさや「いやいやいやいや」

元スレ
マミ「タッチ!」パァン ドンキー「ホッホッホッハッハッハ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314595799/

3 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 14:34:15.55 t8IazN6x0 2/147

マミ「どうしたの?」

さやか「どうしたのじゃないですよ!なんで何気なくマミさんの隣にゴリラが座ってるんですか!」

マミ「ああ、紹介してなかったわね……彼はドンキーコング。私の相棒よ」

まどか「相棒って……私たちが初めてあったときはいなかったような……。」


マミ「あの時はタルに閉じ込められてたのよ」

まどか「わけがわからないよ」

ドンキー「ウホ」

5 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 14:39:31.22 t8IazN6x0 3/147

マミ「それで二人とも、なにか準備はしてきた?」


さやか「い、一応バットを……。」


マミ「うん、心がけとしては十分ね。鹿目さんは?」

まどか「わ、私はとりあえず衣装だけでm」
ドンキー「ウホーウホーウホー!!」ドンドンドン


まどか「!?」

さやか「な、なんでいきなり胸叩き始めたのさこのゴリラはー!」

マミ「ごめんなさい、じっとしてるのが苦手みたいで……駄目じゃないドンキー」

ドンキー「ウホ……。」シュン

9 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 14:47:26.21 t8IazN6x0 4/147

──CDショップ裏


まどか「それで、どうやって魔女を捜すんですか?」

マミ「うーん、普通の魔法少女は魔女の残した魔力の痕跡を探すんだけど……。」

さやか「ふーん、思ったより地味ですね」

マミ「『普通の魔法少女は』って言ったでしょ?見つかった?ドンキー」

ドンキー「ウホホ!」

さやか「な、なんでCDショップにバナナが……。」

マミ「私は魔女の残したバナナを追って捜すのよ」

まどか「わけがわからないよ」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 14:57:54.33 t8IazN6x0 5/147

──廃ビル

マミ「バナナが房で落ちてる……魔女が近いわね」


さやか「マ、マミさん!あれ!ビルの屋上!」

マミ「!」

OL「……。」ユラッ


まどか「お、落ち……!」

マミ「任せて!」シャキーン

マミ「それっ!」ドゥイーン

まどか「お、女の人の下にタイヤが!」
マミ「跳ねたわ!ドンキー!」

ドンキー「ウホッ!」ガシッ

さやか「な、ナイスキャッチゴリラ!」

13 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:06:43.55 t8IazN6x0 6/147

マミ「これは……魔女のくちづけ!」キリッ
さやか「く、くちづけ!!」


マミ「魔女に目をつけられた証よ……魔女は恐らくこのビルの中ね!」

さやか「(くちづけ……。)」


──廃ビル内

マミ「結界に入るわよ、準備はいい?」
まどか「は、はい!」

さやか「大丈夫ですよ!」

マミ「と、その前に……。」ガシッ

ピカーン!

さやか「ば、バットが!」

マミ「ホームランバットよ、気休め程度だけど」

さやか「見た目の変化がぜんぜん分からないんですけど」

20 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:16:38.64 t8IazN6x0 7/147

──結界内

マミ「突っ切るわよ!」タッタッタッタッ

使い魔「キーキー」

さやか「このっこのっ!来んなぁ!」ペシン

さやか「何これ?普通のバットより重いのに全然効かないじゃない!」

マミ「投げつけるのよ!美樹さん!」

さやか「え!?えぇい!」ブンッ!

使い魔「オ゙ーッ」ドグシャ

さやか「あ、あれ……?」

マミ「急いで!美樹さん!」タッタッタッタ

さやか「ま、待ってマミさーん!」タタタタタ

21 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:27:18.92 t8IazN6x0 8/147

ゲルトルート「エエエーエーエー」
さやか「なにあれ……グロっ」

マミ「あぁー!?」ビョーン

ドンキー「ホホヘヘホホヘヘホホヘヘ!?」ビョーン


まどさや「!?」

マミ「ふぅ……あれが魔女よ」

さやか「今思いっきり目玉飛び出してましたけど!?本当にあんなのと戦うんですか!?」

マミ「いつものことよ」

まどか「いつもあんなリアクションしてるんですか!?」


マミ「あんまり言わないでよ、恥ずかしいじゃない……それじゃ下がってて、行くわよドンキー!」

ドンキー「ウホッ!」

23 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:38:07.95 t8IazN6x0 9/147

マミ「相手は大きいけど動きは遅いようね……タイヤでいくわよ、ドンキー!それっ!」パアアアッ

まどか「た、タイヤが2つ、地面に埋め込まれていく……!」

ドンキー「ウホホッ」ドゥイーン

さやか「跳んだ!」

ゴシャッ!


ゲルトルート「オ゙ー」

まどか「ふ、踏んだ!」

ドンキー「ホッホッ」シュタッ

マミ「よし、私も続いて……!」シュルシュル…

マミ「(しまった、身動きを封じられた!これじゃ……!)」

ゲルトルート「オ゙ー」ダァン!

マミ「アォ!」

26 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:41:28.63 t8IazN6x0 10/147

まどか「マミさーん! ……マミさん!?」

マミ「……。」ダダダダッ ピョーン ピョーン

まどか「マミさん!どこ行くんですか!マミさぁーん!」

マミ「」ピョーン ピョーン ピョーン

さやか「て、天井の上に消えちゃった……!」

まどか「そんな……じゃあ今はあのゴリラしか魔女を倒せないの!?」

ドンキー「ウホ」

27 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:46:43.16 t8IazN6x0 11/147

ゲルトルート「キシャー」シュバババ

ドンキー「ウ、ウホホ」ドゥイーン ドゥイーン

さやか「ダメだよ!避けてばっかりじゃ勝てないって!」

まどか「マミさん……どこに言っちゃったんだろう」

ストーン

さやか「ん?ゴリラの近くに何か落ちて……タル?」

『TNT』

さやか「……んん?」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:51:48.27 t8IazN6x0 12/147

ドンキー「ウホ!」ガシッ!

さやか「あ、ゴリラがタルを持った!」

ドンキー「ウホーッ!」ブンッ!


ゲルトルート「グ……グギャー」 ズドン!ズドン!ズドン!

まどか「ば、爆発!?」

ボゴォォォォン

まどか「……倒しちゃった」

ドンキー「ウホ」

さやか「あ!魔女のいた所にまたタルがある!」

『TM』

タル「アケテー!ダシテ!ー」ドンドンドン!ドンドンドン!

さやか「……んん?」

34 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 15:58:38.67 t8IazN6x0 13/147

ドンキー「ウホッ」ガシッ
さやか「あ、ゴリラがタルを持った」

ドンキー「ウホッ!」ブンッ! バキャア

マミ「痛ァァ!!」ゴロゴロゴロ

まどか「ま、マミさん!?なんでマミさんが中に!?」

マミ「あ、あはは……カッコ悪いところ、見せちゃったわね」

さやか「いいも悪いも……まるで意味がわからないんですけど」

マミ「私とドンキーは魔女の攻撃を受けると魔女に閉じ込められてしまうのよ」

さやか「(閉じ込められるもなにも自発的に動いてなかったか……?)」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:06:11.73 t8IazN6x0 14/147

マミ「まぁ、何はともあれ無事に魔女を倒すことができると……戦利品が貰えることがあるの」チャリッ
まどか「それは?」
マミ「これはグリーフシード、魔女の卵よ」

さやか「魔女の卵!?」

マミ「安心して、この状態なら無害だから。むしろとても便利なものよ、ほら」パアアッ

まどか「あ、ソウルジェムの色が綺麗になった!」

マミ「ソウルジェムは魔法を使うたびに少しずつ穢れを溜め込んでいくの。その穢れを浄化する手段は魔女のバナナを100本集めるかグリーフシードに穢れを移すしかないわけ」

さやか「へぇ……。」

さやか「んん?」

47 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:11:25.75 t8IazN6x0 15/147

マミ「さて……。」ヒュッ


ほむら「……。」パシッ

マミ「あと一回分くらいなら使えるはずよ。あなたにあげるわ、暁美ほむらさん」

まどか「!?」

さやか「!?」

ドンキー「ウホ?」

ほむら「!?」ポトッ

マミ「……どうかしたのかしら?」


ほむら「(……ゴリラ!?)」

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:19:00.61 t8IazN6x0 16/147

ほむら「あの、巴マミ」

マミ「何かしら」

ほむら「そのゴリラは一体……?」

マミ「彼はドンキーコング、私の大事な友達よ」

ほむら「(全然答えになってない……。)そ、そう……このグリーフシードは貴女のものよ、返すわ」ヒュッ

マミ「へぇ、他人のものは受け取りたくないってわけ?」

ほむら「そう取っても構わない、私は帰るわ、さよなら」タタタタタ

マミ「あ、ちょっと……行ってしまったわね」

まどか「仲良くできればいいのに……。」

マミ「仕方ないわよ……。」

さやか「(ゴリラのせいじゃないかな……?)」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:22:31.07 t8IazN6x0 17/147

OL「う……ん……。」

マミ「大丈夫ですか?」

OL「あ……わたし……!?」

ドンキー「ウホ?」

OL「ひ、ひいぃぃぃ!嫌あぁぁぁぁ!!」タタタタタタタ

マミ「あ、ちょっと!」

まどか「すごく怯えてましたね……。」

マミ「とても恐ろしい思いをしたからじゃないかしら……。」

さやか「(ゴリラのせいじゃないかな)」

58 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:35:04.26 t8IazN6x0 18/147

──翌日、マミの家

まどさや「おじゃましまーす」

マミ「いらっしゃい」

QB「やあ、まどか。それに美樹さやか」

ドンキー「ウホ」


さやか「わ、なんかちょっとした動物園だ……。」


まどか「──そういえばマミさんはどんな願いで魔法少女になったんですか?」
マミ「え!?何でそんな事……。」

まどか「あの、私、今になっても願いが決まらなくって……参考までにマミさんの願いを教えてほしいなって」

マミ「……。」

まどか「……あ、あの」

マミ「私にはね、選択の余地なんてなかったの。」

61 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:40:17.00 t8IazN6x0 19/147

マミ「私ね、大きな交通事故に遭ったの」

マミ「お父さんもお母さんも即死だった。私も放っておけば死んでしまう怪我を負った」

まどか「え……!」
マミ「そんな時にキュウべえが来たの。だから私は願った」

マミ「『私を救ってくれる、力強い味方が欲しい』って」

さやか「そ、それじゃあまさかその願いでやって来たのが……!」


マミ「ドンキーよ」

64 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 16:47:47.56 t8IazN6x0 20/147

マミ「ドンキーは車の残骸から私を引きずり出して助けてくれた」

マミ「その後、瀕死の私に赤い風船を持たせたと思うと風船は割れて、私の身体は傷一つない状態に戻っていた」

QB「契約した僕が言うのもなんだけど不思議な話だ。エントロピーを完全に無視してるよ」

マミ「それからドンキーはずっと私を支えてくれたわ」

マミ「両親の遺産を狙う大人たちはみんなドンキーが追い払ってくれたし、私が落ち込んでいるときはコンガを叩いて励ましてくれた」

ドンキー「ウホ」

マミ「だから私は、魔法少女になって良かったと思ってる」

さやか「(どんなゴリラだよ……。)」

70 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 17:02:28.80 t8IazN6x0 21/147

まどか「うーん……ただ魔法少女になりたいってだけじゃダメなのかな」

マミ「勘違いしちゃいけないわ。魔法少女そのものは決していいものじゃないわよ」

まどか「え?」


マミ「危険だし、好きな時に遊べないし、ゆっくり休むこともできないし、恋愛もできないし、泣きたくなるときもいっぱいある。大変よ、魔法少女って」

まどか「え……!」
マミ「でも……ドンキーが一緒にいてくれるから、私は戦えるの。たぶん一人ぼっちじゃ私、今ごろダメになってた。それくらい厳しいのよ、魔法少女って」

ドンキー「ウホ」

まどか「そう……なんですか」

マミ「だから魔法少女はあくまでも最後の手段にしておきなさい?」

まどか「は……はい」

QB「僕の立場からはなにも言えないけれど、その気になったらいつでも声をかけてくれ」


さやか「……。」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 17:15:52.70 t8IazN6x0 22/147

──翌日


まどか「『大変ですマミさん!病院にグリーフシードが!さやかちゃんが近くにいます!』」

マミ「『分かった、すぐに行くわ!』」

ドンキー「『ウホッ』」

──病院

まどか「マミさん!」

マミ「この中に美樹さんがいるのね!」
まどか「はい」

マミ「それじゃあ入るわよ、全く無茶しすぎ、と言いたいところだけど……今回は冴えてたわ、これなら魔女を逃がす心配もないし……!?」

ほむら「今回の獲物は私が狩る、貴女たちは手を引いて」

ドンキー「ウホ?」

ほむら「……っ」

75 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 17:25:37.28 t8IazN6x0 23/147

マミ「悪いけど手を引くわけにもいかないの。美樹さんとキュウべえを迎えに行かないと」

ほむら「あの二人の安全は保証するわ」
マミ「……信用すると思って?はっ!」ボォーン

ほむら「(突然木箱が……!)」

マミ「ラトリィー!」ボゥン

ラトリー「アァーッ」シュルシュルシュル!

ほむら「へ、蛇!身動きがとれな……!」

マミ「おとなしくしていれば帰りに解放してあげるわ、行きましょ」

まどか「は、はい」
ドンキー「ウホ」

ほむら「ちょ、待、今回の魔女は今までとわけが違……!」

ラトリー「アァー」

ほむら「ひぃぃー!」

80 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 17:36:23.15 t8IazN6x0 24/147

使い魔「キャーキャー」

マミ「雑魚が多いわね……一気に走り抜けるわよ!」ボォーン

まどか「また木箱!?」

マミ「ランビ!」ボォン

ランビ「オ゙ー」

マミ「さあ二人とも、乗って!」

ドンキー「ウホ」

まどか「えぇー!?」

マミ「しっかりつかまってね……飛ばすわよ!」ザッ…ザッ…ザッ…


ドドドドドドド


まどか「ひぃぃー!」

83 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 17:45:32.05 t8IazN6x0 25/147

ドガシャア

マミ「お待たせ!」
さやか「マミさん!さ、サイ!?」


マミ「お疲れ様、ランビ」

ランビ「オ゙ー」シュウウウ
さやか「サイが消えた……。」


まどか「うぅ……サイ酔いしちゃった」ヨロヨロ

さやか「だ、大丈夫?まどか」

QB「……気をつけて!出てくるよ!」

ゴゴゴゴゴ……バァーン
シャルロッテ「なんや」

マミ「ひゃあー!?」ビョーン

ドンキー「ホホヘヘホホヘヘホホヘヘ!?」ビョーン

さやか「わ!?み、見てるこっちが驚くよ……。」

85 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 17:57:00.08 t8IazN6x0 26/147

マミ「ふ、ふぅ……せっかくのところ悪いけど、今日という今日は"ソッコー"で決めさせて!」ストーン

『TNT』

さやか「あ、あのタルはこの前の!」

マミ「TNTィロ・フィナーレ!」ズドン!ズドン!ズドン!

ズドォォォン

さやか「やったー!!」

マミ「ふふ……。」ニコッ

ぎゅん!

マミ「え……!」

さやか「あっ……!」

まどか「……!」

シャルロッテ「あんまチョーシくれてっと"ひき肉"にしちゃうよ?ボクゥ……。」


!?

89 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 18:06:24.83 t8IazN6x0 27/147

パカァ

ドンキー「……ウホーッ!」シュバッ!!


さやか「ゴ、ゴリラが動いた!」

まどか「物凄く速い!」

ゴリラ「ホホッホホホッ」ピカアアァッ

さやか「ゴリラの身体が光って……マミさんの前に!」

まどか「手に何か持ってる、あれは……タル?太鼓?いや……」


マミ「──コンガ」
私が苦しいとき、いつもあなたはコンガを叩いて励ましてくれた。
そのコンガを携えて、あなたは私を助けに来てくれたのね──

ドンキー「ウホッ!」ピキィィィン

テレレレーッテレレレレーッテレレテレレレレー

ドンキー「ウホッ!」ボゴンボゴン

さやか「どこからか流れる音楽に合わせてゴリラがコンガを叩いてる……すごい衝撃波!」

98 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 18:23:37.26 t8IazN6x0 28/147

シャルロッテ「なんやー!」ドシャアア

マミ「きゃああああ!」

さやか「あのゴリラ、マミさんごと魔女を吹き飛ばした!」

まどか「い……いや!」

ドンキー「ウホー!」ダダダダダ!

まどか「吹き飛ばしたスピードより速く動いてる!」

ドンキー「ウホ!」ガシッ

さやか「回りこんでマミさんを受け止めた!すごい……マミさんには傷ひとつないよ!」

マミ「ド……ドンキー」

ドンキー「ウホホ」

マミ「あとは任せろ……ですって?」

ドンキー「ウホ」コクリ

102 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 18:35:42.53 t8IazN6x0 29/147

マミ「せめてこれくらいはさせて……タイヤ!」パアァァ

ドンキー「ウホ」ドゥイーン

さやか「マミさんの出したタイヤでゴリラが跳んだ!」

まどか「魔女と……至近距離だよ!」

ドンキー「ウホッ」ス……

シャル「なんや──」


テレレレーテレレレレーテレレテレレレー
ドンキー「ウホッウホッ」ボゴォ!ボゴォ!


シャル「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

ドンキー「ウホホッ」ボゴン!ボゴン!ボゴン!


テレレテレレレレー

さやか「(すごい……暴力的ですらあるこのサウンド……なのになんでだろう)」
テレレレレレレレー

さやか「(聴いていると……心がざわざわする!)」
ドンキー「ウホッウホッ」ボゴォボゴォ

106 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 18:49:34.48 t8IazN6x0 30/147

ドンキー「ウホホッ!!」ボゴン

テレレテレレレレー テッ!

シャルロッテ「あ……あかん」


ドンキー「ウホッ」ポイッ
シャルロッテ「!?」パクリ

まどか「お、オレンジ?」

シャルロッテ「なんや!」ズドーン! ズドン!ズドン!
さやか「ば、爆弾……。」

ズズズズズ……

コロンッ


まどか「グリーフシード……た、倒しちゃった」


ドンキー「ウホ」ス……
マミ「手を貸してくれるのね……ありがと」ガシ スクッ

107 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 18:59:17.36 t8IazN6x0 31/147

まどか「あ、景色が元に戻っていく……!」

シュウウウウウウ

ラトリー「アァー」

ほむら「ひ……ひっ……ひっ……!」


まどか「ほむらちゃん!!」

さやか「転校生!?なんで蛇に絡みつかれてんの!?」


マミ「……正直申し訳ないとは思ってるわ」

ドンキー「ウホ」

111 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 19:08:14.20 t8IazN6x0 32/147

マミ「お疲れ様、ラトリー」

ラトリー「アァー」シュウウウウウ


ほむら「はぁ……はぁ……!」ペタン

まどか「だ、大丈夫?ほむらちゃん」

ほむら「身体の色んなところが引きつって……!」

まどか「怖かったんだね……。」

さやか「(流石に同情するわ……。)」

まどか「……マミさん、流石にやりすぎだったんじゃ……!」

マミ「い、いや……だって!」

まどか「……。」ジロッ

さやか「……。」

ほむら「……。」ゼェハァ

マミ「……ごめんなさい、暁美さん」

ドンキー「ウホ」

114 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 19:23:03.98 t8IazN6x0 33/147

マミ「今度こそこのグリーフシードを受け取って」

ほむら「い、いえ、その必要はないわ」

マミ「そんな、受け取って貰えないんだったら私の立場がないじゃない!」

ほむら「そう言われても……。」

マミ「お願い!」ペコリッ


ほむら「そうね……グリーフシードは必要ないから、ひとつ頼みがあるわ」

マミ「え!?」バッ

128 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 19:47:40.23 t8IazN6x0 34/147

マミ「頼みって一体……!」

ほむら「ちょっとついて来なさい」

マミ「え?えっ?」
さやか「て、転校生!一体マミさんをどこに連れ出すつもりだよ!」

QB「僕にとっても興味深いね、暁美ほむら。なんの話をするつもりだい?」

ほむら「あなたたちはついてこないで」

まどか「ほむらちゃん……!」


マミ「……わかったわ、でもドンキーはついていっても構わないでしょう?」

ほむら「う……!あ……わかったわ」

ドンキー「ウホッ」

132 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 20:01:16.24 t8IazN6x0 35/147

──公園

ほむら「この辺でいいかしら」

マミ「ええ」

ドンキー「ウホッ」

マミ「……それで、頼みっていうのは何?」

ほむら「もうすぐこの町にワルプルギスの夜が来るわ」

マミ「なんですって!」

ほむら「知っているでしょう?ワルプルギスの夜のことは。奴が町に来たら、沢山の人が犠牲になるわ」

マミ「……ええ、まさか頼みっていうのはワルプルギスの夜と一緒に戦うことかしら?」

ほむら「……それもあるわ。それもあるけど──」


ほむら「──まどかを魔法少女にするのを止めて」

138 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 20:20:24.95 t8IazN6x0 36/147

マミ「暁美さん?それってどういう……。」

ほむら「魔法少女になるというのがどういうことか分かるでしょう?私はまどかが魔法少女になるのを未然に防ぎたい……!」

マミ「暁美さん……わかったわ」

ほむら「!」

マミ「最終的に決めるのは鹿目さんの意志。それだけは変えられないけれど、鹿目さんが魔法少女になる事が無いよう、できる範囲で協力はするわ」ニコ

ドンキー「ウホ」

ほむら「……ありがとう」

マミ「それと、ワルプルギスの夜。もし本当にこの町に来るとしたら、今のうちに対策を練る必要があるわね」

ほむら「巴マミ、貴女……。」

マミ「私は守りたいの、お父さんお母さんと、ドンキーと一緒に暮らした見滝原を……協力してくれる?」

ほむら「! ……ええ」

141 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 20:28:58.36 t8IazN6x0 37/147

マミ「(その後、私たちは連絡先を交換して別れ、私とドンキーは帰路についた)」


マミ「──ワルプルギスの夜、か。昔の魔法少女友達が話してたわね。結界を持たない最強クラスの魔女がいるって」

ドンキー「ウホッ」


マミ「あの子……元気かな」

ドンキー「ウホッウホッ」
マミ「きっと元気だって?ふふっ、ありがと」

ドンキー「ウホッ」

マミ「鹿目さんに、ワルプルギスの夜……一緒に頑張りましょう、ドンキー!」

ドンキー「ウホッ!」

144 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 20:43:34.08 t8IazN6x0 38/147

──数日後、上条恭介の病室


上条「さやかは僕を苛めてるのかい?」
さやか「──え?」
上条「もう聴きたくなんかないんだよ!」バシッ ガシャアアアン!

さやか「恭介!」

上条「自分で弾けもしない曲、ただ聴いてるだけなんて、僕は……僕はっ!」

さやか「だ……だって恭介、音楽好きだから……。」

上条「動かないんだ…もう、痛みさえ感じない。こんな手なんてっ」

さやか「大丈夫だよ、きっと何とかなるよ。諦めなければきっと、いつか……!」

上条「諦めろって言われたのさ、もう演奏は諦めろってさ。先生から直々に言われたよ。今の医学じゃ無理だって」

さやか「……なんだってんだちくしょー!」

上条「!?」

148 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 20:55:37.21 t8IazN6x0 39/147

さやか「ちょっとくらい腕が動かないからってなんだよ!」

上条「ちょ、ちょっと!?」


さやか「CDをチョップで叩きわれるガッツがあるじゃないか!熱い血潮が流れてるじゃないかよ!」

上条「あ、あぁ……。」


さやか「なんでそんなに簡単に諦めるんだ!医者に言われたから!あんたがバイオリンが、音楽が好きってのはその程度の好きだったのかよ!『できる』から『好き』だったのかよっ!それでもお前は……あたしの大好きな上条恭介かッッッ!!」

上条「!?」

上条「ち、ちがっ……///」

さやか「もういい、あたしが恭介の情熱を呼び覚ましてやる!また来るから!」バタン

上条「……なんだったんだ」ドキドキ

151 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 21:02:51.36 t8IazN6x0 40/147

──マミ家


ピンポーン

マミ「はい……あら、美樹さん?」

さやか「マミさん!お願いします!」ババッ

マミ「ど、どうしたの!?」


さやか「あたしに……コンガを教えてください!!」

マミ「えっ、えっ!?とにかく頭を上げてー!」

157 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 21:15:09.92 t8IazN6x0 41/147

マミ「──そう、男友達の情熱を取り戻すためにコンガを……。」

さやか「はい……あのコンガを聴いた時、身体中の血が沸き立つような衝撃を受けました!だからそのコンガの音色を恭介に聴かせてやりたいんです!」キラキラ

マミ「(ああ、さやかさんが何やらキラキラしてる……ドンキーのコンガは普通の演奏でもテンション上がるから耐性の無い人が全力で聴いたらそりゃこうなるわよね……。)」

ドンキー「ウホ!」

マミ「ということは今ごろ鹿目さんも……。」

──鹿目家

まどか「いくぜぇ!ジーグブリーカァ!死ねぇ!」ギリギリギリ
たっくん「あーうあー」キャッキャッ

知久「たっくんの面倒を見てくれて助かるよ」

165 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 21:30:04.79 t8IazN6x0 42/147

ドンキー「ウホホウホホ」

マミ「え!?コンガを教えてあげるって!?」

さやか「本当!?ありがとうゴr……ドンキーコング!」

ドンキー「ウホ」


マミ「(こうして美樹さんの厳しいコンガ修行が始まった)」

さやか「D・K!」ボボン!

さやか「ドンキー・コンッ!」ボォン

ドンキー「アァォ!」

マミ「はい!ストップ!」パァン

さやか「はぁ、はぁ……どうだったかな」

ドンキー「ウホホウホウホウホホハハヘヘホホッホ」

マミ「コンガに懸ける情熱は認めるけど感情が先行しすぎてコンガが走りがちになってるそうよ」

さやか「! そうかぁ……よし、もう一回!」

ドンキー「ウホ!」

171 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 21:45:37.28 t8IazN6x0 43/147

──深夜

さやか「ドンキー……コンッ!」ボオォォン……!

ドンキー「アアォッ!」


マミ「そこまで!」パァン

さやか「はーっ、はーっ……。」

マミ「見事だったわ、美樹さん……!」パチパチパチ

さやか「マミさん……!」

ドンキー「ウホウホウホホ、ウホホウホウホ」
マミ「『情熱は文句なし、技術も次第点、これからも励んでくれ、素晴らしかった』だそうよ」

さやか「ありがとう、ドンキー、いや、師匠……!」ガシッ

ドンキー「ウホ!」ガシッ
マミ「一晩で師弟関係……コンガって凄いわ」

さやか「あ、もうこんな時間……帰らないと!師匠、マミさん、ありがとうございました!」

174 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 21:50:17.99 t8IazN6x0 44/147

マミ「行ってしまったわね」

ドンキー「ウホ」

マミ「それにしても良かったの?コンガを渡しちゃって……。」

ドンキー「ウホホ」スッ

マミ「予備がある、って……一体あなたいくつコンガ持ってるのよ」

ドンキー「ウホホ」

178 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 21:59:46.03 t8IazN6x0 45/147

──翌日

ガラガラガラ

さやか「来たよ!恭介!」

上条「さ、さやか……。」

さやか「あんたが楽器を演奏できないのが理由で音楽を辞めるというのなら、あたしはあんたの目の前で楽器を演奏してやる!」

上条「な、なんでそんなことを!」

さやか「決まってるでしょ!音楽はその程度で辞めるもんじゃない!それにあたしはあんたが音楽に打ち込んでる姿がたまらなく好きなんだよ!」

上条「は、恥ずかしいことをサラッというな! だいたいさやかは楽器なんて出来ないはずだろう!?」

さやか「できるさ!情熱を持った人間に音楽はいつだって平等だ!だから、たとえ一夜漬けの練習だって……このコンガの音色を、あんたの心に響かせてみせるッ!」スッ

182 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 22:07:49.40 t8IazN6x0 46/147

さやか「いきます!」スゥー……。


チャッ チャッ チャッ チャッ

さやか「(情熱を込めて……かつ情熱に流されず!)」ボコボコボンボンボンボンボンボン
上条「!」ハッ

さやか「(リズムに乗ったら……その情熱を、想いを、リズムに乗せて届けろッ!)」ボンボコボンボンボンボコボンボンボン

上条「(凄い、荒削りだけど、情熱的で……こんな演奏は今まで聴いたことがない!)」

さやか「D・K!」ボコボーン
さやか「ドンキー・コォン!」ボォン
さやか「アァォ!」チャッ


看護婦「ちょちょちょちょっと!騒がしいと思ったら何してるんですか!」

さやか「ええい離せ!これからいいとこなんだ!」

看護婦「だれか!だれかー!」


さやか「──病室おんだされちゃった」

189 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 22:21:26.36 t8IazN6x0 47/147

看護婦「まったく、病室であんな大騒ぎするなんてなに考えてるんですか!次見つけたら出入り禁止にしますよ!」

さやか「はい……。」

さやか「はあ……怒られちゃった」

さやか「演奏は中断しちゃったけど……情熱が伝わってるといいな」


──病室

上条「……すごかったな、さやかの演奏」

上条「今まで全然楽器なんてできなかったハズなのに……頑張ったんだろうな」
上条「それに引き換え、僕は何をしてたんだ……腕が動かなくなったくらいでふて腐れて……!いちばん大事な音楽から逃げ出そうとしてた!」
上条「僕にはまだ耳がある、目が見える、声も出せる……そうだ!」

上条「歌を歌おう!自分で曲を書いて、僕のエネルギーを……僕のパワーをみんなに伝えてやりたい!」

193 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 22:32:45.50 t8IazN6x0 48/147

さやか「追い出されちゃったけど、やっぱり様子が気になるよね……。」コソコソ


上条「パワートゥーザドリーィーム……」ボソボソ


さやか「あ……恭介が……歌ってる!」

上条「……ありがとう、さやか」ボソッ


さやか「~~っ!?」ドキンッ!

上条「パワートゥーザミュージーック……。」

さやか「な、なんだぁ独り言か……。それにしても聴いたことない曲だな……恭介のオリジナルかな?」

上条「オレータチノパワーヲツタエターイー……。」ボソボソ
さやか「……伝わったよね、きっと」

198 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 22:40:11.05 t8IazN6x0 49/147

──翌日、学校


さやか「パワートゥーザドリーィーム♪」

まどか「おはよー、さやかちゃん!」

仁美「おはようございます、さやかさん」

さやか「おはよ、二人とも!」

まどか「なんかさやかちゃん、すごく機嫌いいねー」

仁美「どうしたんですの?」

さやか「うーん……ひみつ!」

まどか「えー」

マミ「『美樹さん』」

さやか「『あ、マミさん!』」

マミ「『伝わった?』」

さやか「『……はい!』」

200 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 22:50:12.89 t8IazN6x0 50/147

──その日の夜


まどか「すっかり遅くなっちゃったね」
さやか「そうだね……ってあれ、仁美じゃない?」


仁美「~♪」フラフラ

まどか「あ……魔女のくちづけ!」

さやか「くちづけ!?本当に!?くちづけ!?」

まどか「う、うん、首のとこのあれ……!」

さやか「くちづけはヤバいかもね……くちづけは止めなきゃね!仁美を呼び止めよう!」

まどか「う、うん……(くちづけくちづけって恥ずかしいよ……。)」

207 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:00:37.40 t8IazN6x0 51/147

まどか「仁美ちゃん!」

仁美「あら、お二人ともご機嫌よう、偶然の出会いですわ」

さやか「どこ行こうとしてんのさ仁美!」

仁美「どこって……ここよりもずっといい場所ですわ」

さやか「まるで意味がわからんぞ!」

仁美「ああそうだ、お二人もご一緒に、ええそうですわ、それが素晴らしいですわ!」フラフラ


まどか「ちょ、ちょっと!?」

209 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:07:37.21 t8IazN6x0 52/147

──廃工場

仁美「~♪」フラフラ

さやか「成り行きでついて来ちゃったけど……これってかなりヤバいって感じ?」

まどか「そう……だよね」

さやか「『マミさん……マミさん、聞こえますか?』」

マミ「『んぁ?あ、どうしたの美樹さん?』」

さやか「『今友達が魔女のくちづけされてヤバそうな感じです、今成り行きでついていっちゃって廃工場にいます』」



215 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:18:49.40 t8IazN6x0 53/147

マミ「『それは大変ね……今すぐ向かうわ』」

さやか「まどか……とりあえずマミさんと連絡がとれたよ」コソコソ
まどか「ほんと?ならとりあえず一安心かな……。」

仁美「着きましたわ」

さやか「うわ……なんかしみったれた人がいっぱいいる」

ドンヨーリ

まどか「さやかちゃん、あれ!」

ドボドボドボ

さやか「ベンジンとシンナー……あれ混ぜたらヤバい!止めなきゃ!」

ガッ

さやか「ぐっ!」

まどか「仁美ちゃん!何してるの!」

仁美「邪魔をしてはいけません。あれは神聖な儀式ですのよ」

まどか「何言ってんの仁美ちゃん!あんなことしたらみんな死んじゃうよ!?」
仁美「そう。私達はこれからみんなで、素晴らしい世界へ旅に出ますの!」
さやか「ぐっ……まどかァ!行って!仁美は私が押さえてるから!」ガシッ

まどか「……うわああああ!」ダダダダ

219 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:29:23.04 t8IazN6x0 54/147

まどか「うわああああ」ガシッ!

まどか「うわああああああ」ブォン! ガシャアアアアン!

まどか「はぁ、はぁ……。」


一般人「オォォォォォ……」

仁美「離しなさいッ!」ブンッ

さやか「うっ!」ドタッ

まどか「さやかちゃん!」

一般人+緑「オォォォ……」ジリ……ジリ

まどか「あ……!」

さやか「待て!」ボォーン!

全員「!?」

さやか「あたしの……あたしのコンガを聴けえぇぇぇッ!」

224 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:35:48.68 t8IazN6x0 55/147

さやか「パワートゥーザドリーィーム!」ボコボンボーン

さやか「パワートゥーザミュージッーク!」ボコボコボーン

まどか「すごい……みんなが注目してる」

さやか「『まどか、今のうちに隠れて!』」

まどか「う、うん!」ダダダッ

一般人+緑「!」

まどか「き、気づかれた!」

さやか「そこのドアに逃げよう、早く!」 ガッ! バタン

ドン!ドン!

さやか「ふーっ、間一髪……。」

まどか「はぁ、はぁ……ありがとう、さやかちゃん……!」
さやか「いや……!」

キャハハハハハハハハハハハ!

さやか「魔女……安心するのは早かった、絶対絶命じゃん、これ!」

まどか「マミさん……早く来て!」

227 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:47:51.31 t8IazN6x0 56/147

エリー「キャハハハハハハ」

さやか「うわああああ!何これ!」

まどか「フワフワしてる……まるで水の中にいるみたい」

使い魔「キャハハハハハ!」
まどか「嫌ああぁぁぁぁ!」ビョーン

さやか「まどかー!」

マミ「エンガァァァァド!」

エンガード「フゥーッ!」
ギュン!

使い魔「ギャ」「ハッ」ドスドスッ!!

まどか「わ!」ドタッ
マミ「間に合ったみたいね!」

ドンキー「ウホ」

さやか「マミさん!師匠!さ……魚!?」

まどか「ここってやっぱり水の中なんですか?」

マミ「分からないわ、魔女の結界は曖昧な空間だから……行くわよエンガード!」
エンガード「フフゥーッ!」
さやか「解せぬ」

234 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/29 23:59:21.61 t8IazN6x0 57/147

マミ「はっ!」

使い魔「ギャース!」ガスッ

エンガード「フゥーッ!」
使い魔「オ゙ーッ」ドスッ
エリー「あ……あ……?」

マミ「エンガード!トドメよ!」

エンガード「フゥーフフフフフ!」ヒュッヒュッヒュッヒュッ

マミ「突撃!」

エンガード「フゥッ!」ヒュン!

エリー「ざっけんなー!」グッサリ

パキパキ……ガシャアアアン!!

まどか「や、やった!」

マミ「ふう……ありがと、エンガード」
エンガード「フゥッ」シュウウウ

さやか「……あれ?風景が戻らないぞ?」

マミ「……気をつけて!まだ何かいるわ!」

236 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 00:10:24.31 0ogHbTjK0 58/147

ズゥゥゥゥン……。

さやか「で、でかい……!」

マミ「テレビの次は巨大タル……ゴミ収集の業者になった気分ね」
まどか「後ろが崖になってますよ!」

マミ「どうやら逃がしてはくれないらしいわね……!」

ドンキー「ウホッ!」

BOSS:きょだいタル ベルチャ

242 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 00:20:27.58 0ogHbTjK0 59/147

ベルチャ「ガァァ」カパッ
ニックナック「ヂー」ブーン

さやか「う、うえぇっ!タルの口からでっかい虫が飛んできたぁ!」

マミ「落ちついて……はっ!」ゲシッ!

ニックナック「ヂィィ……」ピクピク

まどか「ふ、踏んづけちゃった!」

さやか「でもまだ生きてますよ!」

マミ「今は構ってられないわ、TNTィロ・フィナーレ!」ブンッ ズドンズドンズドォン!!
ベルチャ「……」カパッ

マミ「そんな……口の中に放りこんだのに効いてない!」

ドンキー「ウホーッ!」ブンブンブンブン……バキィ!
ベルチャ「……。」
ドンキー「ウホ!?」

さやか「そんな!師匠の渾身のパンチも効いてない!」

まどか「(師匠……?)」

ベルチャ「グアアァ」ドスーン!

マミ「『く……じりじり近づいて来る!後ろには崖、通り抜ける横幅もない……どうすれば!?』」

255 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 00:38:31.42 0ogHbTjK0 60/147

『虫よ!その虫をあいつの口のなかに放りこんで!』

マミ「今の声……!分かったわ!」ガシッ
ニックナック「ヂー」ピクピク

マミ「そぉい!」ブンッ!

ベルチャ「!」パクッ……

ベルチャ「ゲェーッ!」ズザーッ

さやか「あいつが退いた!さっすがマミさん!」

マミ「いえ、間一髪だったわ……ありがとう、暁美さん」

ほむら「礼には及ばないわ」

まどか「ほむらちゃ……ほむらちゃん!?」

さやか「て、て、転校生」


まどさや「なんで象に乗ってるの?」

265 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 00:54:09.48 0ogHbTjK0 61/147

ほむら「い、色々と訳があるわ、とにかく虫を口に投げ込むのよ!」
マミ「わかったわ!攻略法さえわかれば大したことないわね!」

ドンキー「ウホホー!」

さやか「いやー、あんな虫を生きたまま素手で掴む勇気はないかな……。」

──過程省略 ゲェーッ ズザーッ

さやか「端まで追いつめた!」

マミ「ダメ押しよ!」ブン

ベルチャ「ゲ……」パク
ベルチャ「ゲェーー!」ズザー

ズズゥゥゥ……ン

まどか「や、やった!」

マミ「空間が戻っていく……今度は本命だったようね」

シュウウウウウ

マミ「……暁美さん、まずありがとう。それとその象は?」
ほむら「この子は貴女に会いたがっていた。私はそれを手伝っただけよ」
マミ「……!アニマルフレンドね!」

まどか「さやかちゃん、言ってることわかる?」
さやか「全然」

270 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 01:04:37.67 0ogHbTjK0 62/147

マミ「私が説明するわ」

まどか「あ、聞こえてました……?」

マミ「まあね……魔女の中には稀に自我を取り戻して、力を貸してくれる者がいるの……それを私は『アニマルフレンド』と呼んでいるわ」
さやか「ん?いま『自我を取り戻す』って言いました?」

マミ「ええ。魔女は元々ソウルジェムに穢れが溜まり、砕け散った魔法少女の成れの果てよ」

まどさや「な、なんだってー!!」


さやか「その話は本当なんですか!」

ほむら「事実よ」

マミ「言ったでしょ?『魔法少女なんていいものじゃない』って」

まどか「あ……!そういうことだったんですか!?」

278 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 01:13:46.88 0ogHbTjK0 63/147

まどか「な、なんでそんな大事なこともっと早く教えてくれなかったんですか!?」

マミ「え……だってショッキングな話じゃない?いきなり教えるのもなんかあれだし……先送りにしてる間に機会を失っちゃって」モジモジ

さやか「うわぁ……。」

ドンキー「ウホホウホ」

マミ「へぇ、エリーって言うんだ、この子」

まどか「名前、わかるんですか?」

マミ「えぇ。アニマルフレンドは生前の記憶、魔女の記憶、全てを引き継いでるの」

281 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 01:19:10.59 0ogHbTjK0 64/147

さやか「ってことはあたしがアニマルフレンドになったら象の美樹さやかとかになっちゃうわけ?」

マミ「アニマルフレンドは生前の名前を使いたがらないから分からないけど、もしかしたらそうなるかもね……縁起でもない話だけど」


ほむら「……マグロの美樹さやか」プッ

さやか「あんだとー!」

まどか「っ……!」プルプル

さやか「笑うなー!」

291 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 01:34:35.50 0ogHbTjK0 65/147

マミ「ま、まあとにかく」ゴホン

まどか「あ、マミさん顔赤いですね!」
マミ「言わないでよ……エリー、準備はいい?」

エリー「キュキー」

ドンキー「ウホホウホ」

マミ「分かったわ、じゃあいくわよ……!」バッ

バタンバタンバタンバタン

まどか「あ、エリーが木箱にしまわれていく……!」

ほむら「あれがアニマルフレンドとの契約方法よ」

さやか「けーやくぅ?」

ほむら「アニマルフレンドは魔法少女なしにはこの世に留まることはできない。魔法少女の力を借りて生きる代わりに、魔法少女にその力を貸す……らしいわ」
さやか「らしいって……あんたも魔法少女じゃんか」

ほむら「あんなことができるのは巴マミ意外にいないわ。他の魔法少女はアニマルフレンドの存在すら知らないはずよ」
さやか「な、なんじゃそりゃ……!」


297 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 01:47:52.14 0ogHbTjK0 66/147

ほむら「(実際、あの後何度か巴マミと会って話をしたけど、この時間軸の巴マミはいつもと違いすぎる)」

ほむら「(魔法少女に対する知識が深いのはアニマルフレンドのせいだとして、精神的にも余裕のようなものがあるというか……。)」

ほむら「(とにかく滅茶苦茶だわ、私がイレギュラーだとしたら、彼女はシグマってレベルで)」

マミ「ふぅ」

さやか「ありがとうございました、マミさん!」

マミ「いいえ、こんな状況に出くわしたら何時でも呼んでちょうだい!」

ドンキー「ウホッ!」

ほむら「(あのゴリラのせいかな?)」
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「!!」

まどか「ほむらちゃんも、ありがとう!助けに来てくれて」

ほむら「……礼には及ばないわ」

ほむら「(いえ、ゴリラのおかげ……かしら)」

307 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 02:11:38.51 0ogHbTjK0 67/147

──次の日、上条恭介の病室

さやか「おっす、元気?」

上条「あ……さやか、この前はありがとう。僕……さ、なまじバイオリンが弾けたせいで大事なことを見落としてた、音楽が大好きなんだってこと。それにさやかが気づかせてくれたんだ」

さやか「そ、そんな……はは」

上条「君の演奏は凄く情熱的だった。ぼくも忘れかけてたエナジーを取り戻すことができた。だからさやか、僕と……」
さやか「(まさか、まさか……!)」

上条「僕と組んで、バンドやってみないか?僕が作詞作曲とボーカルやるからさ」

さやか「(まぁ……大体こんな事だろうとは思ってたけど)うん、いいよ。あたしのパートはコンガでしょ?」フゥ

上条「もちろん。それと、えっと、その……好きだって言ってくれた事は、凄く驚いたけど僕も、まぁ……さやか!付き合ってくれ!」

さやか「え?えっ!?えー!喜んで!」

316 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 02:29:07.86 0ogHbTjK0 68/147

──上条とさやかが突撃ラブハートしてるころ、マミ家

マミ「わざわざ遠くから呼び出して悪いわね」

ドンキー「ウホ」

杏子「気にすんな、あんた達にゃ借りがあるからな」

まどか「マミさん、この人は?」

マミ「彼女は佐倉杏子、昔馴染みの魔法少女よ」

まどか「杏子……バービーボーイズにいましたねそんな人」

杏子「初対面でそれか!だいたいいくつだテメェ!」

まどか「(知ってるんだ……。)」

ほむら「……早く本題に入りましょう」
マミ「ええ、そうだったわね」


347 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 06:52:52.68 0ogHbTjK0 69/147

マミ「杏子、ワルプルギスの夜を倒すのに協力してくれない?もうすぐこの町にワルプルギスの夜が来るの」

杏子「呼び出した目的はそれかよ……なんてそんな大物を相手にしなきゃなんないんだ?あたしはまだ長生きしたいよ」

マミ「あの時の恩を忘れるのね、飢え死に寸前のあなたを見つけてバナナをお腹いっぱい食べさせてあげたことを……無理やり何10本も引きずり出したからソウルジェムが砕け散るかと思ったわ、あなたものすごい食べるんだもの」


ドンキー「ウホ」

杏子「ぐ……仕方ねーなぁ……。」

マミ「協力してくれるのね!」パアァ

杏子「……あぁ」

ほむら「(あ、あっさり杏子の協力を得られてしまった……一体どういうことなの?尺余りすぎじゃない?X5で初回に撃ったエニグマがうっかり成功しちゃったレベルよこれ)」

353 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 07:15:29.70 0ogHbTjK0 70/147

杏子「んで、そこのアンタたちは?」

ほむら「……暁美ほむら、魔法少女よ」
まどか「私は鹿目まどか、一般人だよー」

杏子「そんな自己紹介があるかよ……まるで人間が見えねーよ」

マミ「鹿目さんと暁美さんは私の学校の後輩よ、二人とも悪い子じゃないわ」

ドンキー「ウホ」

杏子「ふーん、まあよろしくな二人とも……。」

ほむら「ええ」

まどか「よろしくっ」

杏子「それでさ、鹿目まどか」

まどか「?」

杏子「あとの二人は分かるんだけど、なんで一般人のアンタがここにいるんだ?ワルプルギスの夜を倒すって話であたしを呼び出したんだろ?マミ」

まどか「え?それは……。」

マミ「彼女も……鹿目さんも今回の作戦に必要な人材だからよ」

まどか「え!?」

ほむら「……巴マミ、一体どういうこと!?返答によっては……!」

356 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 07:29:48.05 0ogHbTjK0 71/147

マミ「落ち着いて暁美さん。みんなよく聞いて、もしワルプルギスの夜が上陸したら沢山の人が犠牲になるわ……上陸してからでは遅い、ワルプルギスの夜が来る前に人々を避難させなければならない、わかるわね?」

ほむら「……ええ」
マミ「でも私たちはワルプルギスの夜と戦わなくてはいけない……だから一人でも多くの人を事前に避難させてほしいの」

まどか「私が……!そんな、私には……!」

マミ「魔女の存在を知っているのは魔法少女とキュウべえをおいて、あなたと美樹さんしかいないわ。あなた達にしかできないの」ニコ

まどか「(私たちにしか、できない……!)やります……私、頑張ってみます!」

杏子「んで、そのもう一人の美樹ってヤツはどこにいんだよ?」

ほむら「男のところよ」

マミ「暁美さん!言い方ってものが」

杏子「ちょーウゼぇ……!」

360 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 07:41:04.34 0ogHbTjK0 72/147

ほむら「……ワルプルギスの出現予定は○×日よ、当日には私たちは戦う準備を整え、まどかは人々の避難を完了させなければならない」

まどか「○×日って……一週間後だよ!?」

杏子「あたし達のほうはグリーフシード稼ぐだけだから何とかなるが……あんた、大丈夫か?」

まどか「……うん。さやかちゃんもいるし、なんとか方法を考えてくる」

368 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 08:10:56.90 0ogHbTjK0 73/147

──病室、上条恭介の病室

さやか「それで、私のところに相談に来たわけだ」

まどか「うん……私一人じゃ一気にみんなを避難させる方法なんて考えつかなくって……魔女なんてみんな信じてくれないだろうし」

上条「……よく分からないけれど、要するに一週間後に避難所になりそうな場所に人を集めればいいんだろう?」

まどか「そ、それはそうだけど」

上条「なら……一週間後、見滝原市民た目的ホールで、ライブを開く!!」

まどか「え!?確かにそれなら人が集まるだろうけど……一体誰の?」

さやか「ふふん」チラ
上条「ふふん」チラ

まどか「ま、まさか」

上条さやか「僕(あたし)たちがライブを開くッ!」

370 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 08:23:46.93 0ogHbTjK0 74/147

まどか「えぇぇぇぇぇ!?」

さやか「あたしがコンガ、恭介がボーカル」

まどか「いやいやいやいやいや!上条くんまだ手も足も動かないんだよ!だいたいパートそれだけなの!?」

上条「口は動くし肺も動くし心臓も動いてる、歌はハートさ、熱いハートがあればきっと伝わる!」
まどか「(上条くんってこんな人だったっけ?)」

さやか「そうだよ!私だって恭介の歌を、私たちのソウルを多くの人に感じてほしい」

まどか「(アイデアはいい、アイデアはいいんだけど……なんか二人とも変になっちゃってる!)」

まどか「わかった、わかったよ……その代わり追加メンバーを探して来てもいい?二人だけじゃ危なっかしいよ」

さやか「それどういう意味よ……まあいいわ、熱いソウルを持った奴だったら」
上条「うーん、まあいいか……じゃあ、ギターとベースを探してきてくれないかな?」

まどか「わかった!」

374 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 08:38:57.53 0ogHbTjK0 75/147

──その日の夜、鹿目家


まどか「はぁ……その場の勢いでメンバー集めるって行っちゃったけど、アテなんてないよぉ……明日学校で聞いてみよ」

詢子「ただいまー」
知久「おかえり」

タツヤ「マーマー」
まどか「おかえりまま、今日は早いね」
詢子「ああ、たまにはこんな日もあるよ……どうしたんだまどか?浮かない顔して」

まどか「……うん、実はさやかちゃん達が一週間後にライブを開くの、それでギターとベースを緊急で探してるみたいなんだけど……ママ、心当たりないかな?」

詢子「なっ……!?」

知久「ギターとベース……!?」

詢子「不思議だね……運命の巡り合わせってのは」

まどか「え……えっ!?何言ってるの!?」

377 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 08:49:34.52 0ogHbTjK0 76/147

詢子「まどか……そのギターとベース、アテがないこともない」

まどか「ホント!?」

詢子「ああ、パパ……いや、知久」

知久「わかってる、持ってきたよママ、いや……詢子」

まどか「えっ、そのギターとベースは……パパとママの!?」

詢子「ふふ……腕は錆びついちゃーいねーだろーな」クイクイ

まどか「す、凄く慣れた手つきでチューニングしてる……パパも」

知久「パパとママは学生時代にバンドを組んでたんだ。『カナメガデス』っていってね、伝説の学生バンドと呼ばれるまでになる程だったんだよ」クイクイ


まどか「ふ……二人にそんな過去があったなんて」

380 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 09:02:17.47 0ogHbTjK0 77/147

まどか「で、でも……どうしてやめちゃったの?」

詢子「……。」

知久「……僕達は、有名になりすぎたんだよ」

まどか「え?」

知久「有名になるっていうのは必ずしも良いことじゃない。若輩者の僕らの成功は多くの嫉妬を生み、事実無根の噂で貶められ、心無いマスコミの追求を受けた」

詢子「止めたっていうよりは……『これ以上続けられなかった』かな。あの頃のあたし達にはそれに刃向かうだけの気力としたたかさが無かったんだ。あたし達は真っ直ぐすぎた」
まどか「そんな……。」

知久「そして『カナメガデス』の四人は解散して、今は普通の人生で成功を収めた、というわけさ」
まどか「四人?」

詢子「あんたの担任、和子もメンバーだったよ?ドラム叩いてた」

まどか「ヒェー!」

382 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 09:14:58.44 0ogHbTjK0 78/147

知久「はは……まどかとたっくんには言うつもりなかったんだけどね」

タツヤ「あうー?」

詢子「……まぁ、今ならちょっとぐらい出たって大丈夫だ、腕さえ衰えてなきゃね?」

まどか「いいの!?」

知久「まどか、僕達の楽器をよく見てごらん」

まどか「あ……すごい、年季は入ってるけどよく手入れされてて……ピカピカだ!」

知久「僕達はいつでも演奏できるように楽器の手入れだけは怠らなかった。勿論、まどかに隠れてだけどね」

まどか「あ……。」
詢子「あたし達はさ……大好きなんだよ、音楽が!知久、久しぶりに一曲合わせるよ!『Holy Wars』!」

知久「おう!」

ジャカジャンジャカジャンジャカジャンジャカジャァァァン!!
まどか「(な……なんて力強いギターだ!吸い込まれる!)」

タツヤ「あ……。」

384 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 09:21:21.36 0ogHbTjK0 79/147

ドゥードゥクドゥクドゥクドゥク

まどか「(ベースが……腹の底に響いて……意識が演奏に持ってかれるッ!)」

ジャードゥクドゥクドゥクドゥクジャガジャーン

まどか「(う……あ……ギターとベースのサウンドが調和して……凄い!このままじゃ私──)」

タツヤ「ますたー……ますたー」

まどか「(───ッッッ!!)」ビクンビクン

386 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 09:30:10.38 0ogHbTjK0 80/147

ジャー……ン

詢子「……ふぅ!」

知久「お疲れ詢子、少しも衰えてないじゃないか、最高だったよ」

詢子「それはお互い様だよ、ピッタリ息を合わせてくれた最高の演奏だった」

まどか「はぁ、はぁ……二人とも、ものすごいよ」ハァハァ

知久「そうかい?久しぶりだからなんだか照れるなあ」

詢子「……どうしたまどか?モジモジして」

まどか「え!?いや……。」

タツヤ「パパ、ママ、メタル・マスター」

三人「!?」

389 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 09:53:13.16 0ogHbTjK0 81/147

──その頃、魔女結界


マミ「TNTィロ・フィナーレ!」ブン


エルザマリア「で、出番ー!」ズドン!ズドン!ズドォォォォン!

……コロン

マミ「よし……グリーフシード」ヒョイ

杏子「やっぱり三人いると楽勝だな、」
QB「お疲れ様、三人とも」

ほむら「……っ」

マミ「あら、キュウべえ」

杏子「……何しに来やがった?」チャキ

QB「君たちはワルプルギスの夜を迎え討とうとしているみたいだけど、今の戦力では正直無謀だ」

ドンキー「ウホ?」

杏子「……何が言いてぇ?」
QB「だが、その圧倒的戦力差を覆すことができる才能をもつ人材が一人いる」
杏子「何?」

QB「鹿目まどかさ」

392 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 10:04:16.65 0ogHbTjK0 82/147

QB「彼女が魔法少女になれば、ワルプルギスの夜なんて物の数じゃないだろうさ」

マミ「まさか、鹿目さんが……!」

ほむら「させないわ!まどかは……!」
マミ「……確かにここで戦力が一人増えれば心強くはあるわね」チラ

ほむら「巴マミ!?」

杏子「!……そうだな、あたし達だって楽してワルプルギスの夜を倒したいもんな」

ほむら「佐倉杏子……あなた達!?」

QB「本当かい!?じゃあさっそくまどかが魔法少女になってくれるよう説得を」

マミ杏「だが断る」
QB「!?」

ほむら「え……!?」

394 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 10:15:49.29 0ogHbTjK0 83/147

QB「どういうことだい!?」

杏子「はっ、アンタの持ちかけるウマい話なんて裏があるに決まってるっしょ?それに魔法少女はあたし達だけで十分なんだよ」

ほむら「杏子……!」

マミ「そうよ、大体鹿目さんを戦いに巻き込むわけにはいかないわ……それとも、私が約束を破る女だと思った?暁美さん」

ほむら「巴マミ……あなたは……!」ジワァ……

QB「僕は事実を言ったまでだよ?わけがわからないよ。この戦力じゃワルプルギスの夜に挑むのは無謀だ」

マミ「もういいわよ、しつこい男の子は女の子に嫌われるぞ?ドンキー!」

ドンキー「ウホッ!」ブンブンブンブンブン……

QB「な、何をする気だい!?」

ドンキー「ホオ゙ーッ!」バギョ!!

QB「いきなり殴るなんてわけがわからないよー……」キラーン

杏子「飛んだ飛んだ」

399 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 10:28:26.90 0ogHbTjK0 84/147

マミ「ふぅ……まったくデリカシーないわね、キュウべえは」

ほむら「二人とも……ありがとう」ゴシゴシ

杏子「あれ?お前もしかして泣いてたのか?」

ほむら「い、いいえ!ちょっと目にゴミが……!」

杏子「やーい泣き虫!泣き虫!茂野吾郎!」

ほむら「ち、ちがっ……やめなさいよ、小学生じゃないんだから!」

ドンキー「ウホホヒヒハハホホッホヘーwwwwwww」

ほむら「(あんのゴリラ……!)」

405 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 10:39:29.38 0ogHbTjK0 85/147

マミ「……でもまぁ、戦力面に不安が残るのは確かね」

杏子「なんだよマミ、あいつの言ったことを信じるってのか?」

マミ「いえ……。」

ほむら「……ワルプルギスの夜という魔女がそもそも規格外なのよ。結界を持たずに移動するパワーを持った魔女……たしかに常識で考えたら魔法少女たったの三人で戦うのは無謀ね」


杏子「あたしはそんな奴と戦わされんのかよ……。」

ほむら「でもこちらにも切り札はあるわ」

マミ「切り札?」

ほむら「えぇ。巴マミ、それとドンキーコング。あなた達がワルプルギスの夜を倒せるかもしれない最大の不確定要素よ」

ドンキー「ウホ!?」

409 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 10:55:53.22 0ogHbTjK0 86/147

マミ「一体どういうこと?」

ほむら「あなたは……あなたとドンキーコングはどの世界にもいない……世界で唯一の存在よ」

杏子「よ、よく分からねーけど……こんなゴリラが沢山いるのも想像したくないな」

ほむら「(そう、今までのどのループでもあのゴリラはいなかった。でも今、あのゴリラのおかげで巴マミは生きてここにいる)」


ほむら「ドンキーコングは……奇跡を起こせるわ!」

杏子「!?」

マミ「……えぇ、知ってるわ」

マミ「だってドンキーはいつだってわたしの、最高のともだちだもの」

ドンキー「ウホッ」

415 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 11:09:17.80 0ogHbTjK0 87/147

──翌日、上条恭介の病室

ガラガラガラ

まどか「さやかちゃん!上条くん!ギターとベースを連れてきたよ!」

さやか「本当!?って……まどかのお父さんお母さんじゃないですかぁ」

知久「やぁ」

上条「……あ、あなた方は、まさか……!」

詢子「上条、恭介って……まさか、上条のガキか?不思議な縁だね」

さやか「え?え?知り合い?」

上条「この人たちは『カナメガデス』の元メンバー……!」
さやか「『カナメガデス』……前に話してた、恭介のお父さんがボーカルを担当してた伝説の学生バンド!?」

恭介「なんて畏れ多いんだ……そんな方々にメンバーとして入っていただくなんて」

421 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 11:23:36.64 0ogHbTjK0 88/147

さやか「な、なんかもの凄いメンバーに囲まれちゃったな……ちょっと自信なくすよ」

上条「なに言ってるんだよさやか!君のコンガは心を……魂を震わせる素敵なミュージックを響かせてくれたじゃないか」
さやか「恭介……///」
上条「さやか……///」

詢子「……ったく、若いね……まどかはいないのかい?ああいう相手」

まどか「えぇ!?私はまだ……。」

知久「本当かな?それじゃ確認するけど、○×日に見滝原多目的ホールでいいんだね?」

上条「えぇ、会場の予約はもう取ってあります。1日貸切です」

詢子「豪勢なことしてくれるね……時間はどうする?」

さやか「やっぱ、朝から晩までいきましょうよ!」

知久「のった!といいたいところだけど……恭介くんは大丈夫かい?」

上条「大丈夫です、1日くらいなんとかします!」

詢子「あたしもなんとか休みをとるよ。まどか、あたしはビラ作るからあんたは配るのお願い」

まどか「わかった!」

427 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 11:41:58.12 0ogHbTjK0 89/147

──そして

まどか「これ、今度さやかちゃんと上条くんと私のパパとママがライブやるんだ!よかったら来て!」バッ
中澤「な、何そのメンツ……すごく気になる」
早乙女「(私の教え子とライブか……詢子、知久、懐かしいわね)」

──それぞれが戦い
看護婦「大変です!上条さんがいません!」

医者「なに!?またスタジオに脱走か!手足が動かないのに!」

上条「パワァートゥーザドリーィーム!!」

さやか「」ボコボコボーン

詢子「ボーカル、ノビが弱い!コンガは走りすぎてる!」
上条さやか「はい!」
知久「この辺で休憩にするかい?」
上条「いえ……まだやれます!」
──運命の日を

ほむら「マグマが迫ってくる……!」
杏子「マミ!どうにかなんないのか!」
マミ「任せて!クラッパァー!」ボゥーン ゲシッ!
クラッパー「アーッ」シュパーッ パパパン!
杏子「ま、マグマが水になっちまいやがった……。」
マミ「今のうちに魔女の本体を叩くわよ!」

──迎えようとしていた。

432 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 11:55:00.32 0ogHbTjK0 90/147

──ワルプルギスの夜襲来日、前日

マミ「──そう、ライブで見滝原多目的ホールに人を集める……冴えてるわね」
ドンキー「ウホッウホッ」

まどか「……でも、一つ問題があるんです」

マミ「なに?」

まどか「私がビラを配れる範囲なんて学校が精一杯で、とても町中の人には……。」

マミ「そう……それなら、名案があるわ!」

まどか「え!?」

マミ「コークス!」ドゥーン

コークス「オ゙ヴヴヴヴ」

まどか「鳥……まさか!」

マミ「そう、そらからビラをばらまくのよ!」

まどか「さすがマミさん!」

434 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 12:04:51.96 0ogHbTjK0 91/147

マミ「さあ鹿目さん、コークスに掴まって!」

まどか「え?ちょっと、え?どういうことですか?」

マミ「何言ってるの、あなたが空からビラを配るんじゃない!」

まどか「えぇーっ!?」

マミ「さあ、頑張って!」

まどか「ま、ま、ま、待って、待って下さい!」

マミ「どうしたの?」

まどか「ジャージの下借りていいですか?」

マミ「ああ……見えちゃうもんね」

440 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 12:13:10.90 0ogHbTjK0 92/147

コークス「オ゙ヴヴヴヴヴ」ガッチリ

マミ「うん、ビラを配るために両手を開けなきゃいけないから……胴を掴んでいくのは仕方ないわね」

まどか「ほ、本当に大丈夫なんですか?なんか横向きで酔いそうなんですけ」

マミ「大丈夫よ、コークスは鋼鉄のタンクですら軽々と運べるほど力持ちなの!」

ドンキー「ウホホ」

まどか「そ、それじゃあ……いってきますー!」

コークス「オ゙ヴヴヴヴヴ」バッサバッサ


マミ「行ってしまったわ……ドンキー、私たちも明日が勝負ね」

ドンキー「ウホーウホーウホー!!」ドンドンドン

446 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 12:27:58.20 0ogHbTjK0 93/147

コークス「オ゙ヴヴヴヴヴ」バッサバッサ

まどか「ひひー!」ガクガク

まどか「(怖い、怖いけど……みんな頑張ってるんだ……ここで私が頑張らなきゃ!)」

まどか「明日は見滝原多目的ホールでライブがあります!みんな来てくださーい!」バッ! バッ!

一般人A「親方!空から女の子が!」

一般人B「なんだなんだ……なにかバラ撒いてるぞ?」

一般人C「親方!空からライブのチラシが!」

一般人B「なに、ライブ?どれどれ……なに!?元『カナメガデス』の詢子と知久が出てるじゃねぇか!」

一般人AC「な、なんだってー!」

一般人「それに残りのメンバーは中学生、ボーカルが車椅子のガキだぁ……?いや、あの二人がバンドを再結成したんだ、只者じゃねぇはずだ!こいつは見逃せねぇぜ!」

447 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 12:33:34.48 0ogHbTjK0 94/147

まどか「ライブ見て下さい!お願いしまーす」バッ!

一般人「うわあぁぁ!空からチラシが!」

まどか「お願いしまーす」バッ!

一般人「あの天才バイオリン少年、上条恭介がボーカルのバンド!?一体どういうことだ!」

まどか「お願いしまーす!」

一般人「ボーカル、ギター、ベースは分かるけどコンガってなんだよ……気になるじゃんかよ」



まどか「──はぁ、はぁ……やっと、配り終わった……人、沢山来てくれるかな」

コークス「オ゙ヴヴヴヴヴ」

まどか「(私はやるだけのことをやった。みんな、あとは明日……頑張って!)」

454 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 12:46:00.23 0ogHbTjK0 95/147

──○×日早朝、見滝原多目的ホール


さやか「ついに本番だね」

ほむら「ええ……私たち全員の運命の日」

詢子「ふ……あたし達は全力で客に最高のパフォーマンスをするだけさ!」

知久「すごい……ホールが満員だよ、こんな人の前に立つのは久しぶりだ」

上条「僕はなんだか……とっても不思議な気分だ」

杏子「それじゃ、あたしたちは先に行ってるよ」

マミ「お互い頑張りましょう、私もドンキーをいつまでも外に待たせちゃいけないわ」タッタッタッ

詢子「行くって……?」

まどか「……観客席だよ。私もたっくんと行ってるね、がんばって!」

タツヤ「ママー、がんばれー!」

詢子「……おう!」
上条「それじゃあ行くよ、FIRE BOMBERの初ライブ!気合い入れてェ!」

四人「ファイヤーー!」

461 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 12:55:31.85 0ogHbTjK0 96/147

マミ「ドンキー、見張り頼んじゃって悪いわね……ワルプルギスの夜は来た?」タタタ

ドンキー「ウホ」ス……!

杏子「あ、あれが……!」



ゴゥンゴゥンゴゥンゴゥン

ほむら「ええ、あれが」



ほむら「ワルプルギスの夜よ」キッ



ドンキー「ウホ……!」

マミ「……来る!」


ワルプルギス「キャハハハハハハハハハハハ!!!」

463 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 13:01:35.46 0ogHbTjK0 97/147

職員A「スーパーセル観測!」

職員B「大変な被害になるぞ!近隣の住民はすぐに避難を開始させろ!」

職員A「そ、それが……!」


職員B「……なに?すでに近隣住民のほとんどが見滝原多目的ホールに集結してる!?」


上条「みんなァー!今日は俺達FIRE BOMBERのライブに来てくれてありがとーゥ!!」

観客「本当に車椅子で出てきた!!」「大丈夫なのか!?」

上条「それじゃさっそく一曲目いくぜ!『突撃ラブハート』!!」

469 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 13:12:56.33 0ogHbTjK0 98/147

上条「Let's go♪突き抜けようぜ、夢で見た夜明け……」

観客「うおぉぉぉぉぉぉ!!」「とても綺麗で、かつパワフルな声だ!」「とても車椅子に乗ってるとは思えねーぜ!」
さやか「(すごいよ恭介……あんたの曲は、胸が熱くなる!)」ボコボコボンボコ

詢子「(ふふ……こうしてると昔を思いだすね)」ジャカジャカジャー

知久「(まさかまたこんな舞台に立つなんて思っていなかった……サイコーの1日にしてやる!)」ドゥードゥンドゥドゥー


ワーワー

マミ「……あっちも始まったようね」

ワルプルギス「キャハハハハハ!」

ドンキー「ウホーウホーウホー!」

475 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 13:26:09.38 0ogHbTjK0 99/147

杏子「先手必勝だ!マミ!頼む!」

マミ「ええ!スクイッタァー!」ボゥーン

スクイッター「アア゙ー」
マミ「スクイッター、ワルプルギスに続く足場を作って!」
スクイッター「ヴォッ」バシュッ バシュッ

杏子「よっしゃ!」ターン ターン

マミ「気をつけて!スクイッターの足場は二つずつしか出せないわ!」

杏子「二つもあれば十分だ!届く!」タンッ
マミ「跳んだ!」

杏子「仕留めてやるっ!」チャキッ!

シュババッ!

杏子「ぐあっ!」バキ!
使い魔「キャハハハハハハ」
ほむら「杏子!いけない……あの高さから叩き落とされたら只ではすまない!」
マミ「くっ……エリィー!全力で杏子を吸引!」ドゥイーン
エリー「キュキー!」ズゴゴゴゴゴ
ほむら「軌道がズレた!でもダメよ……落ちる!」
マミ「いいえ!ドンキー!」
ドンキー「ウホッ!!」ダダダダダ ガシッ!

杏子「わっ!」ドサ
ほむら「ナイスキャッチゴリラ!」

483 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 13:35:59.22 0ogHbTjK0 100/147

杏子「あ、あぶねぇ……助かったよ」

ドンキー「ウホッ」

ほむら「しかし厄介ね……近づくと使い魔が奴への攻撃を妨害してしまう」

マミ「それなら……私が空中戦で活路を開くわ!スコークス!!」ボゥーン

スコークス「エ゙ゴヴヴヴヴ」

マミ「ヘホッ」ガシッ

ほむら「なら私は出てきた使い魔を!」
杏子「そしてチャンスが生まれたらあたしとあのゴリラで一気に……ってわけだ」

マミ「作戦は決まりね、行くわよ!」

ドンキー「ウホッ!!」

スコークス「オ゙ッ」バッサバッサ

490 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 13:49:35.42 0ogHbTjK0 101/147

マミ「私はこっちよ!ワルプルギス!」
スコークス「エ゙ゴヴヴヴヴヴ」バッサバッサ

ワルプルギス「キャハハハハハハハ!」ガラガラガラ……バババッ!

マミ「そんな瓦礫……当たらないわ!お返しよ!」

スコークス「オ゙ッ!オ゙ッ!」ポン ポン

ボコッ ボコッ

マミ「だめだわ……卵攻撃じゃてんでダメージが通らない!」
ババッ!
使い魔「ヤァ」「ハハッ」

マミ「しまった、目の前に……!」

ヒュルルル……ズドォォォン!
使い魔「エレクトリカル」「パレードッ!」

マミ「きゃ!ロケットランチャー……暁美さん……危ないじゃない!」グラグラ

ほむら「ちゃんと助けたわ」

496 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 14:05:25.29 0ogHbTjK0 102/147

杏子「今だ!行くぞゴリラ!」タン

ドンキー「ウホ!」ドゥイーン

杏子「行けッ!」グサッ!

ドンキー「ホッホッホッホッ」ブンブンブンブン……

ドンキー「ホオ゙ーゥ!」バギ!

マミ「決まった!ドンキーパンチ!」

杏子「やったか!?」

ワルプルギス「……キャハハハハハハハハハハ!!!」


ほむら「駄目よ!全然効いていない!」

ワルプルギス「キャハハァーッ!!」ブワアアアアッ!!

杏子「だああーっ!」ビュン

ドンキー「ウホー!?」ビュン

マミ「きゃ!?」ビュン

スコークス「エ゙オ゙ヴヴヴヴ」

ほむら「くっ!あんな突風を吹かせるなんて……みんな!」

499 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 14:19:54.13 0ogHbTjK0 103/147

ワルプルギス「キャハハハハハァ!!」ガラガラガラガシャアアアン!!
ほむら「しまっ……きゃああああ!!」ガラガラガラ

ほむら「くっ……足が瓦礫に挟まれて……このままじゃ!」
ワルプルギス「キャハハハハハハ」ガラガラガラ

ほむら「(もう、駄目……!)」

ワルプルギス「キャハハハ……ハ……ハ!?ガ……!」ガシャ……。

ほむら「!?(攻撃を止めた……?苦しんでいるように見えるけど……。)」

ワルプルギス「ア……ヤメテ……ウタヲヤメテ!!ココロガ!イタイ!イタイ!ヤメレ!」

ほむら「(歌……?歌って、まさか……ライブ?)」
詢子「みんなー!楽しんでるか!」
観客「おぉぉぉぉぉおお!!」

詢子「今度はあたしのボーカル曲だ!いくよ……。」

観客「詢子のボーカル曲!?」「……あれしかないだろ!」
詢子「聴いてください。『愛、おぼえていますか』」

508 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 14:32:10.25 0ogHbTjK0 104/147

杏子「いてて……ずいぶん飛ばされちまった」

ドンキー「ウホ」

マミ「まずいわね……このままじゃ暁美さんが危ない」

杏子「くそ、速く助けにいかねーと!」ダダッ

マミ「待ちなさい!」ガシッ

杏子「なんでだよ!はやくしないと手遅れに……!」

マミ「急がば回れって言うでしょ……大砲!」ドゥイーン

杏子「た、大砲だ……。」

マミ「これでいくわよ……ドンキー、弾入れて」

ドンキー「ウホ」デロレン
杏子「どういうことだオイ……!」

マミ「さあ入って入って!」グイ

杏子「ちょ、待て……うわ!」ガコン バァン!

マミ「私たちもいくわよ!」ガコン バァン!
ドンキー「ウホ」ガコン バァン!

515 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 14:42:13.47 0ogHbTjK0 105/147

─ほしをあつめろ!─

テレレテレーテー

杏子「なんだここ!?知らないぞこんな空間!」

マミ「杏子、ドンキー!そこら中に浮かんでる星を全部集めて!はやく!」

杏子「え!?わ、わかった!」

ドンキー「ウホ!」

チャリッ チャチャチャチャチャチャチャチャリ

チャリッ チャリッ

杏子「全部集めたぞ!」

マミ「よし、これでショートカットできるわ!いくわよ!」

杏子「(ショートカット……?)」

ドンキー「ウホ」

テレレレレテレレレーテー

519 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 14:58:12.89 0ogHbTjK0 106/147

詢子「……聴いてくれてありがとう」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!

観客「詢子!最高だったぞー!」「結婚してくれー!」「ばか!既婚者だって!」

詢子「……。」チラ

知久「……。」ニコ

まどか「パパ、ママ……すごいよ」

タツヤ「あーう」

ワルプルギス「……キャハ」
ほむら「(歌が……今度こそもう……!)」

バァーン!

ほむら「!?」

マミ「暁美さん、大丈夫!?」
杏子「ギリギリ間に合ったみたいだな!」
ドンキー「ウホ!」

ほむら「みんな……!」


上条「よっしゃ次は盛り上げていくぞー!『POWER TO THE DREAM』』!」


525 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 15:18:11.72 0ogHbTjK0 107/147

上条「パワートゥーザドリーィーィーム……。(この曲は……さやかの演奏を聞いたときに感じた情熱に突き動かされて作った初めての曲なんだ、この曲は……全身全霊で歌いきる!)」

さやか「(この曲は……!OK恭介、私も全力で行くよ!)」ボコボコボコボコボコ


上条「パワートゥーザドリーィーム!」ボコボーン
上条「パワートゥーザミュージーック!」ボコボコボーン
上条「あたーらしいゆめーがほしいのーさぁー!!」ボコボコボコボコボコボンボンボン

知久「(二人の気持ちのノリがいい感じだ)」ドゥクドゥー

詢子「(こりゃあたし達も……負けてらんないね!)」ジャカジャー

ワルプルギス「ギャアアアアアアア!ア……アア!」

杏子「なんだ!?いきなり苦しみ出したぞ!」

ワルプルギス「ア……アニマスピリチア!」

529 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 15:32:36.26 0ogHbTjK0 108/147

上条「パワートゥーザユーニバース!」ボコボンボーン
上条「パワートゥーザミステリー!」ボンボン
上条「俺達のパワーを伝えたーいぃー!!」ジャジャジャジャジャッ ジャージャジャー

上条「台風なんざくだらねえぜ!俺の歌を聴けぇぇぇぇー!」

観客「うぉぉぉぉぉ!!」

ワルプルギス「アアアアアアア!!」ジタバタ

杏子「すっげー熱気……さっきからワルプルギスが苦しみっぱなしだ」

ドンキー「ウホ」ガラガラ

マミ「暁美さん、大丈夫?瓦礫は取り除いたし傷も治したわ」

ほむら「えぇ大丈夫よ……!?」ピカアアアッ
杏子「なんだ!?」
マミ「あたし達のソウルジェムが輝きを増してる!」

ほむら「何が起きているの……!?」

マミ「きっとこのソウルフルなステージが私たちに力を与えているのよ!」
杏子「どういうことだオイ……!」

534 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 15:46:40.62 0ogHbTjK0 109/147

マミ「いくわよ!私たちの増幅した力をドンキーに!」

ほむら「ええ!」

杏子「わかった!」
ドンキー「ウホッ!」


杏子「後は任せたよ、ドンキー……!」パァン!

ドンキー「ホッホッホッハッハッハ」

ほむら「ドンキーコング……お願い、倒して……ワルプルギスの夜を!」パァン!

ドンキー「ホッホッホッハッハッハ」

マミ「ドンキー、全て託したわ……きっついドンキーパンチをお見舞いしてあげて!」

ドンキー「ウホ!」


マミ「タッチ!」パァン
ドンキー「ホッホッホッハッハッハ」

ペペポポパペポペペポポパペポ

ドンキー「ウホーウホーウホー!」ドンドンドン

ほむら「ドンキーコングの身体が点滅している……!」
マミ「もう誰にも止められないわ、今のドンキーは……無敵よ!」

537 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 15:59:10.14 0ogHbTjK0 110/147

ドンキー「ウホホッ!」ドゥイーン

ワルプルギス「アアアアアアッ!!!」ズガシャ!ズガシャ!ズガシャ

ほむら「ああ、瓦礫の山がドンキーに!」

杏子「いや……!」

ドンキー「ウホーウホー!」ドゥイーン

杏子「まるで効いてないぞ!」

マミ「今のドンキーは文字通り『無敵』なのよ……何をされようとも決して止まらないわ」

ドンキー「ウホッウホッ」ペペポポパペポ

542 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 16:13:26.63 0ogHbTjK0 111/147

ドンキー「フッ、オ゙ゥ!」ゴスッ!

ワルプルギス「アアアアアアアア!!」ズズウゥ……ン

ほむら「ず、頭突き!?」

杏子「ワルプルギスが……地上に落ちた!」

ドンキー「フッフッフッフッフッフッ」ブンブンブンブンブン……ピタ!

杏子「ドンキーの頭から煙が吹いてるぜ!」

マミ「決めるつもりね……次の一撃で!」

ドンキー「フッ」ブン

ワルプルギス「ア──」

ドンキー「オ゛ゥッ!」メキィ

ピカ……

ワルプルギス「ア……ア、アアアアアアアアアア!?」パキパキパキ

杏子「何だ!?」

マミ「ワルプルギスが砕けて……光が、広がっていく……!」

546 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 16:26:33.14 0ogHbTjK0 112/147

ワルプルギス「ア……」シュウウ

ほむら「ワルプルギスの夜が消えていく……。」

杏子「勝ったんだ……勝ったんだ!あたしたち!」

マミ「やった、やった……!ドンキー!」

ドンキー「ウホッウホホッ」
テレレテーレーテーテレレレレーレーテレレレーレレー(テレレレン)

杏子「(今なにか聞こえたような……。)」

ほむら「勝った、勝ったのよ……まどか」ポロポロ

杏子「……泣いてんのかお前?」

ほむら「……ええ」ポロポロ


上条「『POWER TO THE DREAM』聴いてくれてありがとーぅ!」
観客「イェー!」「最高だぜカミやん!」「俺が介護してやるー!」

上条「今日はこのまま徹底的に夜までやるからな!準備はいいか!」

全員「イェー!」

552 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 16:35:42.03 0ogHbTjK0 113/147

QB「……やれやれ、何が起きたんだい?」ノソッ

マミ「キュウべえ!」

杏子「てめぇ今更ノコノコ何しに来やがった!」

QB「さっきの一連の流れを見ていたけれど、人間の感情エネルギーがエントロピーを完全無視した動きをしていた。まったくどうかしてるよ」テクテク

ほむら「……また、まどかを狙うの?」
QB「まさか。こんなデタラメなエネルギーの流れがある空間で契約したところで、いつまで経っても魔女になりそうな気がしないじゃないか」

ほむら「それを聞いて安心したわ、さっさと立ち去りなさい」

QB「言われなくてもそうするさ」ノソノソ

554 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 16:42:58.76 0ogHbTjK0 114/147

杏子「……追わないのか?」

ほむら「えぇ、あれを殺したところで無駄よ、それより……」

杏子「?」

ほむら「せっかくチケットがあるんだから、ライブを楽しまなきゃ損じゃない?」ニコ

杏子「あ!」

マミ「暁美さん、いつの間に!!」

ほむら「秘密よ」



係員「お客様、ゴリラ同伴のご入場はちょっと……。」

マミ「そこをなんとか!」

ドンキー「ウホ」

559 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 16:51:58.16 0ogHbTjK0 115/147

マミ「あの、えっと……このゴリラはこれからステージに出るんです!」

ドンキー「ウホ!?」

係員「え!?」

マミ「ちょっと予定より遅れちゃって……通してください!」

係員「そういうことなら早く行って!」
マミ「ありがとうございます!」

係員「早く!早く!ステージはこっちです!」

マミ「……あれ?」

ドンキー「ウホ」

561 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 17:01:07.50 0ogHbTjK0 116/147

杏子「マミの奴、遅いな」

ほむら「やっぱりドンキーコングで手間取ってるんじゃないかしら」

マミ「おまたせ、二人とも……。」

杏子「随分遅かったじゃねーかマミ、何やってたんだ?」

マミ「それが……。」

上条「さあ次の曲は……!」

ドンキー「ウホーッ!」ドゥイーン

上条「!?」

観客「なんだなんだ!?」「今度はゴリラがステージインか!?」「サイコーにクールだぜ!」

杏子「おい、どうすんだよこれ……。」
マミ「……ごめんなさい」

566 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 17:18:56.61 0ogHbTjK0 117/147

上条「あ……?」

さやか「恭介、マイク借りるよ!」ガシ

上条「あっ!」

さやか「みんな燃えてるかぁぁぁーっ!」

観客「おおぉぉぉぉ!!」

さやか「紹介するよ!このゴリラはドンキーコング!あたしにコンガを教えてくれた師匠だ!!」

観客「マジかよ!」「ゴリラが師匠!?ロックだぜ!」
さやか「そんな師匠がステージに来てくれた!だから師匠との思い出の曲をみんなに聴かせたい!いくよ!」

上条「(思い出の曲……あれか!)」

さやか「いきます!『モンキーラップ!』みんな……いくよ!」

詢子「突然の予定変更……嫌いじゃないよ、こういうの!」
知久「ああ、僕もだ!」

上条「ふふ……なんだか楽しいじゃないか!」

ドンキー「ウホッ!!」


──ドンキーを交えたステージは、これまで以上の盛り上がりを見せつつ、その幕を閉じた。
特にドンキーと美樹さんのコンガセッションは、最高にCOOLだった……。

575 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 17:32:30.55 0ogHbTjK0 118/147

見滝原を興奮のるつぼに叩きこんだライブ『悪ぶるKISSの夜』から数ヶ月が経った……。
あの日以来、みんなはどうしているかというと……。

鹿目さんは、あのライブに感動して暁美さんと一緒に軽音楽部に入部したみたい。
両親の指導もあって、かなりの有望株だとか。

暁美さんは以前と比べてなんだかトゲがなくなった感じ。
いつも鹿目さんと一緒にいるみたい。

美樹さんはあれ以来、FIRE BOMBERの人気が出ちゃって大忙しみたい。
でもたまに会いに来るとき、とっても生き生きした顔をしてる。
上条くんとの仲も良好みたい。


杏子は……あんまり変わってないわね。たまに会うときにコンガを叩きたがるようになったくらいかしら?


そして、私は──

580 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 17:43:36.38 0ogHbTjK0 119/147

マミ「TNTィロ・フィナーレ!」ズドォォォォォン!!

魔女「オ゙ー」ボシュウ

コロン……。

マミ「グリーフシードね……ドンキー、お願い!」

ドンキー「ウホ」パキャ
私は、相変わらず魔女と戦っていたりする。
あの日以来、強い輝きを放ったソウルジェムは決して穢れることがなくなり、私たち三人は戦う必要がなくなった。
しかし、やはり私は魔女を放ってはおけない。

キュウべえはあの日以来一度も姿を見せないので、グリーフシードの浄化はドンキーが行っている。
今まで魔法少女の宿命のため、将来のことなんて少しも考えたことはなかったが、最近、夢ができた。

マミ「ドンキー、私ね、世界中を旅してまわりたいんだ」

ドンキー「ウホ?」

マミ「今まで見れなかった広い世界を、たくさん見てまわるの。一緒に来てくれる?」

ドンキー「ウホ!」コクリ
マミ「……ありがとう、ドンキー」

私の、最高の友達。



595 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 17:48:50.89 0ogHbTjK0 120/147

あ、ちなみに
マミ「燭台壊してハート稼ぐのは一苦労ね」

の作者は私です
言及があったので白状しておきます

738 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:00:17.71 0ogHbTjK0 121/147

なんかこのままkskだけで埋められるのも味気ないのでちょびちょび詰めたドンキー以外の小ネタを可能な限り解説でもしていきたいと思います

>>13
マミ「ホームランバットよ」
出典:スマッシュブラザーズ
一撃必殺のアイテム。
普通に殴ってもさっぱり効果を発揮せず隙の大きなスマッシュで殴ってはじめて一撃必殺の威力を発揮する
ぶっちゃけ投げたほうが強いが打撃音が爽快。

747 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:08:45.60 0ogHbTjK0 122/147

>>85
シャルロッテ「あんまチョーシくれてっと"ひき肉"にしちゃうよ?ボクゥ……。」
出典:疾風伝説 特攻の拓

登場人物のひとり「マー坊」クンのセリフ。
キレて見境がつかなくなった時によくこの言葉を放つ。

主人公の拓はこのセリフをアレンジして「"バラ肉"にしちゃうよ?」と凄んだりもした。

!?
出典:疾風伝説 特攻の拓
同名の漫画にやたら出てくる。

752 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:15:04.72 0ogHbTjK0 123/147

>>89

ドンキー「ホホッホホッ」ピカアアァッ

さやか「ゴリラの身体が光って……マミさんの前に!」

出典:大乱闘スマッシュブラザーズX

ステージに出てくる「スマッシュボール」を破壊すると、キャラクターの身体が光り輝き、『最後の切り札』が使えるようになる。

さやか「どこからか流れる音楽に合わせてゴリラがコンガを叩いてる……すごい衝撃波!」

出典:大乱闘スマッシュブラザーズX

同名ゲームのドンキーコングの『最後の切り札。』コンガを叩き、その衝撃波で相手を吹き飛ばす。リズムに合わせてボタンを押すと攻撃範囲アップ!
さらに起源を遡ると『ドンキーのタルコンガ』というゲームがあったり……。

753 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:19:29.16 6gimr9qLO 124/147

あったなそんなの

756 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:20:03.65 CzMZM8H10 125/147

>>752
タルコンガの一番の起源はDK64のボンゴ・ブラスターだと思うお。

755 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:19:54.10 0ogHbTjK0 126/147

>>157

まどか「いくぜぇ!ジーグブリーカァ!死ねぇ!」ギリギリギリ
出典:鋼鉄ジーグ

ジーグの必殺技。相手を磁力で引きつけてから両腕で挟みこみ、破壊する。要するにすごいベアハッグ
今にみていろハニワ原人

全 滅 だ !

757 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:24:02.33 CzMZM8H10 127/147

>>755
「マグネットパワー+!」
「マグネットパワー-!」
「「クロスボンバー!!!」」


を一人でやるわけですね

761 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:26:48.34 0ogHbTjK0 128/147

上条「パワートゥーザドリーィーム……」ボソボソ

出典:マクロス7
『POWER TO THE DREAM』という曲。主人公の熱気バサラが劇中歌っている。
上条たち『FIRE BOMBER』歌っている曲は『愛、おぼえていますか』を除いて全てマクロス7の熱気バサラのもの。
そもそもFIRE BOMBERの元ネタもバサラだし

764 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:33:50.35 0ogHbTjK0 129/147

>>219

さやか「あたしのコンガを聴けえぇぇぇッ!」

出典:マクロス7

主人公、熱気バサラのセリフに「俺の歌を聴けぇぇぇ!」というものがある

なんかマクロスFに「あたしの歌を聴けぇぇぇ!」というセリフがあるらしくこっちのほうが近いのかもしれないが>>1がマクロスF知らないのでマクロス7を出典とした

771 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:44:52.11 0ogHbTjK0 130/147

>>234

エリー「あ……あ……?」
出典:ボンボン版餓狼伝説

人気格闘ゲーム『餓狼伝説』のコミカライズ版……のはずだが、色々な要素が重なって伝説の作品となったボンボン版餓狼伝説のギース・ハワードのセリフ。
こんな台詞で驚く様子からも分かるようにボンボンのギース様は原作と比べると小物臭丸出しだった(巨大化したりしたが)

エリー「ざっけんなー!」グッサリ

出典:ボンボン版餓狼伝説

主人公テリー・ボガードの叫び。
正確には「うっおーっ!くっあーっ!ざっけんなー!」
この作品のテリーは「拳ひとつで勝負せんかい」と言いながら自分は石を使ったり、拳で戦車を破壊したりと何かとやりたい放題だった。

773 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:49:15.44 0ogHbTjK0 131/147

>>297

ほむら「とにかく滅茶苦茶だわ、私がイレギュラーだとしたら、彼女はシグマってレベルで」

出典:ロックマンXシリーズ

わかりやすく説明するとイレギュラーが敵ザコでシグマはラスボス。
ちなみにシグマは作品によっては首だけの姿で襲いかかってきたりする。

778 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 22:54:20.09 0ogHbTjK0 132/147

>>307

上条「──ぼくも忘れかけてたエナジーを取り戻すことができた。」

出典:マクロス7

劇中バンド「FIRE BOMBER」の楽曲『PLANET DANCE』の歌詞。
正しくは『忘れかけてるエナジー NOW HARRY UP 取り戻そうぜ』という歌詞である。

783 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:04:40.27 0ogHbTjK0 133/147

>>316

──上条とさやかが突撃ラブハートしてるころ

出典:マクロス7
劇中バンド『FIRE BOMBER』の楽曲「突撃ラブハート」から。
この曲はなにかと印象に残っている人も多いのではないのだろうか。

まどか「杏子……バービーボーイズにいましたねそんな人」

出典:BARBEE BOYS

『BARBEE BOYS』というバンドに字も読みも同じの「杏子」というメンバーがいた。
解散後はソロ活動をしている。

791 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:18:01.73 0ogHbTjK0 134/147

>>347

ほむら「(X5で初回に撃ったエニグマがうっかり成功しちゃったレベルよこれ)」

出典:ロックマンX5

ロックマンX5では、地球に衝突しようとするスペースコロニーを旧時代のギガ粒子砲「エニグマ」で撃墜しなければならない。
しかしゲーム開始時点ではエニグマのパーツが足りず、コロニーを撃墜することができない。
そのため、各ステージのボスを倒してエニグマのパーツを集めなければならない……はずなのだが。
実はゲーム開始時に発射は試せるうえに、パーツが一つも揃ってなくても運がよければ撃墜に成功してしまうのだ。
要するに、8大ボスと一切戦わずにクリアも可能なのだ。かわいそうなボス達……。

805 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:31:01.03 0ogHbTjK0 135/147

>>377

知久「『カナメガデス』」

出典:Megadeth
アメリカのスラッシュメタルバンド「Megadeth」から。
それ以上は>>1のにわかが露呈するので多くは語らない。

>>382

詢子「知久、久しぶりに一曲合わせるよ!『Holy Wars』!」
出典:Megadeth
スラッシュメタルバンド「Megadeth」の楽曲『Holy Wars』から。
前奏、間奏が長く激しい。

807 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:36:25.52 0ogHbTjK0 136/147

タツヤ「パパ、ママ、メタル・マスター」

出典:Metallica

ヘヴィメタルバンド「Metallica」の楽曲『メタル・マスター(英題:Master Of Puppets)』から。

ちなみにMegadethの結成メンバーであるデイヴ・ムステインは、Megadeth結成以前はMetallicaに所属していた。

813 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:42:05.37 0ogHbTjK0 137/147

>>392

マミ杏「だが断る」
出典:ジョジョの奇妙な冒険

第四部『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物、岸辺露伴のセリフ。
間違っても「だが断るッ!」と表記してはいけないし、唐突に使ってもいけない。
あくまでも「だが」断るのである。

820 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:51:07.29 0ogHbTjK0 138/147

>>399

ほむら「ちょっと目にゴミが……!」

杏子「やーい泣き虫!泣き虫!茂野吾郎!」

出典:MAJOR
メジャーリーグのピッチャーを務める主人公、茂野吾郎は、試合中に突如目にゴミが入り、打者の強烈なピッチャー返しに反応できず、頭部にまともに打球を受けてしまう。
その唐突な展開は読者の度肝を抜いた。
ちなみになんやかんやで最終的に二児の父になった。めでたしめでたし

824 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/30 23:58:05.32 0ogHbTjK0 139/147

>>446

一般人A「親方!空から女の子が!」

出典:天空の城 ラピュタ

主人公、パズーが空から舞い降りてきたヒロイン、シータを見つけて放ったセリフ。

一般人C「親方!空からライブのチラシが!」

出典:天空の城 ラピュタ

上に同じ。

一般人AC「な、なんだってー!」

出典:MMR マガジンミステリー調査班
同名の漫画でリーダーのキバヤシを除くMMRのメンバーが驚いたときによく発するセリフ。
彼らの手に掛かればなんでもノストラダムスや宇宙人のせいにされて、1999年に地球が滅亡することにされる。

826 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:00:57.26 3oF+SUEe0 140/147

>>490

使い魔「ヤァ」「ハハッ」
使い魔「エレクトリカル」「パレードッ!」

出典:???

推して知るべし。もしかしたら浦安のネズミ王国で会えるかも……?

831 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:06:09.62 3oF+SUEe0 141/147

>>499

詢子「聴いてください。『愛、覚えていますか』」

出典:超時空要塞マクロス

作中の歌姫「リン・ミンメイ」が歌う劇中歌。
同名のサブタイトルがついた劇場版アニメが公開された。

ほんの少しでいいから思い出してあげてください……柿崎のこと

837 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:12:32.35 3oF+SUEe0 142/147

>>525

ワルプルギス「ア……アニマスピリチア!」

出典:マクロス7

「スピリチア」とは生物の精神エネルギーのことを指し、敵勢力であるプロトデビルンはスピリチアを吸収することで生命を維持している。
主人公の熱気バサラはスピリチアの値が異常に高く、プロトデビルンからは「アニマスピリチア」と呼ばれていた。

840 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:17:21.26 3oF+SUEe0 143/147

>>764

上条「台風なんざくだらねえぜ!俺の歌を聴けぇぇぇぇー!」

出典:マクロス7

熱気バサラのセリフ「俺の歌を聴けぇぇぇ!」から

>>764と元ネタは同じだが、やはり彼が言ったほうがしっくり来る

845 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:22:22.86 3oF+SUEe0 144/147

>>542

マミ「光が、広がっていく……!」

出典:機動戦士Zガンダム

主人公のカミーユ・ビダンが精神崩壊直前に放ったセリフ

本当はネタとして仕込んだつもりはなかったが書いた後で「これカミーユだよなぁ……」って思ったら案の定食いつかれていた

854 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:32:20.96 3oF+SUEe0 145/147

──カーテンコール──

ほむら「ふぅ……やっと終わったわ」

マミ「……さて、ドンキーネタ以外の補足説明はこんなところね」

杏子「けっこう長かったな」

まどか「マミさん、この後はどうするんですか?」

マミ「決まってるじゃない、今まで見てくださった皆さんにお礼を言わなきゃ、でしょ?」

さやか「そうですね!まさか補足説明までさせて貰えるなんておもってなかったし……!」


マミ「この度は皆さん、このSSに長い間付き合って頂き、本当にありがとうございました!」

四人「ありがとうございました!」

さやか「まあ、>>654のお陰かもしれないけど……。」

マミ「しーっ!」


863 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:42:43.39 3oF+SUEe0 146/147

マミ「……とにかく、こんな時間まで本当にありがとう!」
上条「このスレッドはもうすぐ終わるかもしれないけど」

詢子「あたしたちの舞台は一つだけじゃない」

知久「またどこかのSSで僕たちを見かけるかもしれないね」

ドンキー「ウホッ!」

マミ「それじゃ、また会いましょう……次の舞台で!」

全員「おやすみなさい!!」

──幕──


ドンキー「……ウホッ!」

867 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/08/31 00:46:58.09 3oF+SUEe0 147/147

終わりです

今度こそマジで終わりです、紛らわしくてすいません


今まで付き合ってくれた皆さん、本当にありがとうございました
それじゃあそろそろ寝ます


お疲れ様でした!

記事をツイートする 記事をはてブする