1 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:07:27 X49c9lmc 1/38


「なんだこりゃ」

「えっと…? これは、ホラー好きの貴方の元に恐怖を届けるアプリです。心臓の弱い方は―――よくんからんな」

「まぁ無料だしインストールしてみるか」

「ほいっ、と」ピッピッ

「お…進みはえーな」

「何々…体感したい恐怖を選んでください、か」

「貞子にメリーさん、さっちゃん…いっぱいあるけど有名所ばっかじゃねーか」

「とりあえず貞子にしとくか」ピッピッ

元スレ
男「ホラーアプリ?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1354644447/

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:11:35 ilhEarLI 2/38


「ローディングなげぇ」

ズズズ…

「ん? 画面が黒く…」

貞子「よいしょっと」ズイッ

「!? うぉっ!」パッ

貞子「いたい!」バタン

「え、ごめん…は?」

貞子「急にスマホ落とすなんてひどいです! ただでさえ出るの大変なのに!」グスッ

「は、はぁ」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:16:38 r9Hs7TdY 3/38


「――つまり…お前の名前は貞子。俺がアプリで選んだから出てきたと」

貞子「まぁそうなりますね。理解が早くて助かります」

(いや、微塵も理解できてないんだけど)

「それで俺の事呪い殺したりとかするわけ?」

貞子「えっ…そういうの引きます」

「えっ」

貞子「殺すとか簡単に言いますけと、犯罪ですよ?」

「えっ」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:21:47 UGIsdZBI 4/38


貞子「有料版の『なんちゃって呪術』でも死にませんし」

「なにそれ」

貞子「ちゃんと説明最後まで読まなかったんですかー? これだからゆとりは…」

「」イラッ

貞子「まぁ簡単に言うと、課金すれば呪いを体験できる機能ですね」

「…車にひかれるとか?」

貞子「いえ、身体の節々が痛んだり…足の小指を角にぶつけやすくったり」

「ただの嫌がらせじゃねーか!」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:28:22 P/IivoXI 5/38


「んなメリット皆無で金払う奴いんのかよ」

貞子「ふふふ…」

「なんだよ…」

貞子「残念ながらボロ儲けです。最近の人間は刺激に飢えてるんでしょうね」ドヤァ

「…へぇ」イラッ

貞子「貴方は草食系の真性ビビリみたいなので興味ないのかもしれませんが…プッ」

「」ガシッ

貞子「え、何するんでs…痛っ、頭掴んで何を…ちょっ! 画面に無理矢理押し込まないで下さい! ごめんなさいやめて!」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:31:33 uzWv7NRI 6/38


貞子「申し訳ありませんでした」ドケザー

「わかればいい」

「で、いつ帰るの?」

貞子「帰れません」

「は?」

貞子「この無料版の試用期間を終えるまでは帰れません」

「それこそ呪いじゃねーか! ふざけんな!」

貞子「ひどい!」

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:36:22 Sy/MX2bY 7/38


「で、期間てのはどんくらいなの?」

貞子「丸一日ですね。既に1時間経過してるので後23時間」

「なげぇ…学校休みで良かったわ」

貞子「……」キョロキョロ

「? どうした」

貞子「年頃の男子の部屋にはエロ本なるものが存在すると聞きました」

「どこで聞いたのか知らんが即刻忘れろ」

貞子「あ、これかな」ピラッ

「聞け!」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:41:21 QDYCeyFM 8/38


「てゆうかそれ、ただの漫画だし」

貞子「おぉ…かっこいい…。ほら、見てください! 手から炎のようなものが!」

「それ俺のだから」

貞子「闇の炎に抱かれて消えろ」キラッ

「……」

貞子「…かっこいいですか?」

「…うん、そうだな」

貞子「そのゴミを見下すような目、やめてくれませんか」

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:44:30 /deSS.uI 9/38


「今となっちゃどうでもいいだけどさ」

貞子「はぁ」パラパラ

「無料版にはどんな機能があんの?」

貞子「へぇ」パラパラ

「有料版は呪いとかあるとは聞いたけど」

貞子「ふーん」パラパラ

「……」

貞子「ほぇー」パラパラ

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:48:38 NRBm.Zvg 10/38


貞子「い、いたいです…」ヒリヒリ

「なら一先ず漫画を置け。後でいくらでも読ませてやるから」

貞子「本当ですか!?」パァァ

「あ、うん…」

貞子「嬉しい…っ」ニコッ

「っ!」ドキッ

貞子「あ、そうそう。無料版の機能でしたね!」

(くそっ…こいつのペースに巻き込まれるな俺…!)

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 03:54:19 iRRzR/bQ 11/38


貞子「――といった感じですね」

「予想通りクズアプリだった」

貞子「ひどい!」

「なんだよ後ろから驚かすとか、肩揉むとか。幼児のお遊戯会じゃねぇんだぞ」

貞子「そんな事わたしに言われても…」シュン

「……はぁ」

「まぁいいや。これも何かの縁だし」

「飯でも食いに行こう」

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:00:07 nhGNXyj2 12/38


貞子「ま、待ってください男さん…っ」キョロキョロ

「挙動不審すぎるだろお前…」

貞子「だって外にでるのとか…その、初めてで」

(そもそも名前教えたっけ…?)

「初めて…って…。ほら」パッ

貞子「え…と、これは?」

「手、繋いどけ。ここらへん割りと車通り多いからな」

貞子「…ありが、とう…ございます」

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:06:40 d7sNLvRE 13/38


―昼・ファミレス―

「決まったか?」

貞子「うーんうーん…」

「メニュー決めるだけで頭抱えるって…」

貞子「それより、ごちそうになっていいんでしょうか。ただではないでしょう?」

「…一期一会ってあるだろ? 記念だ」

貞子「…男さん」

「ん?」

貞子「とても臭いです」

「後で全部吐かせてやるからな」

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:10:31 OBrZhfS2 14/38


貞子「ごちそうさまでした」

「あいよ。ほら、アイス食っとけ」

貞子「あ、どもです」

「…お前、外出るの初めてって言ったよな」

貞子「おいしー……はい…確かに」

「普段、どんな生活してんだよ」

貞子「…生活も何も、わたし達はこの為だけに造られたので」

「?」

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:13:38 00mH/i6s 15/38


貞子「だから呼び出しのない時は暗い部屋で待機してます」

「……」

貞子「…あ、こういうのって言ったら駄目なのかな。すいません」

「いや…」

貞子「……」

「…寂しくないのか。一人で」

貞子「……」

貞子「寂しくないと言えば嘘になります」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:16:44 PAx.qar2 16/38


貞子「でも、そういうものなんです。わたし達は」

「…そうか」

貞子「…おいしかったです」

「あぁ」

貞子「そろそろ帰りますか?」

「……」

貞子「男さん…?」

「まだ寄る所あったわ」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:19:58 WsM8ghXk 17/38


貞子「ここは…噂の公園!」

「噂って程じゃないけどな」

貞子「なんでも楽しい乗り物がたくさんあるという」

「あながち間違ってないが…」

貞子「…む、むむ…」

「あぁ、それは腰掛けて足を浮かすと…」

貞子「し、知ってましたし! 本で読んだし!」

「……」

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:24:53 .IBj7XBw 18/38


「暗くなってきたな」

貞子「わたし達は暗くなってからが本番なんですけどねー」

キィ-、キィ-

「そろそろ帰るぞ」

貞子「…はい」

「…そんな顔すんな。家で漫画とか貸してやるから」

貞子「…そうですね…! では帰りましょう、わたし達の家へ」

「いつからお前の家になったよ」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:28:03 Dr3TVlMU 19/38


「一応聞いてみるけど」

貞子「なんでしょう?」キョトン

「お前って料理した事あんの?」

貞子「で、ででできますよそれくらい!」

「…得意料理は?」

貞子「と、くい…料理? そ、そそそ」

「そ?」

貞子「そ、そ…変態!」

「なんで!?」

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/05 04:31:20 YBPruh86 20/38


「もういいよ俺作るし。漫画でも読んどけ」

貞子「はーい」

「全く…」トントン

貞子「……」ジィー

「…なんだよ」トントン

貞子「手慣れてますね」

「一人暮らしも長いからな」ジュウー

貞子「おぉ…」

(面白いなこいつ)

21 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 04:37:07 YBPruh86 21/38


男・貞「いただきまーす」

「…まぁまぁか」

貞子「そんな! すごくおいしいですよ?」ヒョイパク

「はは、ありがとな…おいそれ俺の唐揚げ」

貞子「バレましたか」

「そりゃな。よし、お前のよこせ」

貞子「もう食べひゃいまひた」モグモグ

「……ほぅ」

22 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 04:39:43 /deSS.uI 22/38


「それは口移しで食べさせてくれるって事か?」

貞子「ふぇ…っ?」ゴクン

「」バッ

貞子「っ! わわ、ちょ…」バタン

「……」

貞子(男さんの顔が…すぐ上に…)

「……」

貞子「あ、の…わたし…」

23 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 04:43:37 YBPruh86 23/38


「ご飯粒ついてるぞ」ヒョイパク

貞子「…へ?」

「さぁて夕飯の続きだー」

貞子「……」

「? なんだ、そんな顔赤くして」

「喉でもつまったか」

貞子「~、っ…な、な、」

「お、おい…」

貞子「ばかぁぁぁああ!!」バキィィ

「痛いっ!」ゴフッ

24 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 04:46:50 PqpafCCU 24/38


「おーい貞子ー。風呂貸してやるから先に…」

貞子「……」スゥスゥ

「…寝てるし」

(こうして見ると普通の女の子にしか見えないんだがな)

「風邪ひくぞー、っと」パサッ

貞子「ん…うぅー…ん…」スゥ

「俺も風呂入って寝るか」

「……」

「…明日にはおさらばなんだな」

25 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 04:52:58 iRRzR/bQ 25/38


「ちゃっかり俺のベッド占領しやがって…」

「…ソファで寝るか」

「っと…。…おやすみ」

貞子「…男さん」

「ん…なんだ起きてたのか」

貞子「はい」

「どうした」

貞子「いえ…、なんかお話したくて」

「……」

26 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 04:57:09 jMMy/w8U 26/38


貞子「今日はありがとうございました」

「特に大した事してないけどな」

貞子「…男さんにとってはそうかもしれませんね」

貞子「でも、わたしはすごく楽しかったです」

「…そうか」

貞子「普段は呼び出されても、通常の用途以外では話しかけてくれたりとかないので…」

貞子「嬉しかった…」

「お前…」

27 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:00:56 DWldho6Q 27/38


貞子「…こっち来ませんか」

「…は?」

貞子「! べ、別に変な意味じゃなくて!」

「変な意味での事は知ってんのか」

貞子「…さっきベッドの下で何冊か…」カァァ

「…見たのか?」

貞子「…少しだけ」

「タイトルは?」

貞子「巨乳美少女の裏の顔」

「oh…」

28 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:07:17 nhGNXyj2 28/38


貞子「結局来てくれるって、男さん結構ツンデレですよね」モソモソ

「また漫画か」

貞子「いっぱい置いてるので助かります」

「たまには他のも読めよ。明らかに知識偏ってんぞ」

貞子「…例えば?」

「…百科辞典とか」

貞子「…本気で言ってます?」

「ごめん」

29 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:14:42 iRRzR/bQ 29/38


「手、冷たいんだな」

貞子「っ…急に触れるとびっくりするんでやめてください」

「悪い」

貞子「…いいですよ、別に」

「…お前」

「明日、帰るんだな」

貞子「最初ものすごく帰ってほしそうにしてたじゃないですか」

「…そうだけどさ」

30 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:17:02 XcuDzFz6 30/38


「…なぁ、貞子」

貞子「? なんでしょう」

「その…、俺も楽しかったよ」

貞子「…ふふ、良かった…」

貞子「妖怪、冥利につきます」

「それは違うだろ」

貞子「ふぁ…ぁぁー…また眠たくなってきました…」

「ふぁ…俺もだわ」

貞子「おやすみ、なさい…」

「…おやすみ」

31 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:20:03 XcuDzFz6 31/38


―翌朝―

「くぁ、…朝か」

「!」バッ

「貞子!?」

「時間は…まだある。どこに……まさか、夢?」








貞子「いぃぃやぁぁ!! だれかぁぁぁぁあ!!!」

32 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:24:32 XcuDzFz6 32/38


「それじゃ、言い訳を聞こうか」

貞子「はい…」

貞子「お世話になったお礼に料理をと思いまして…」

「それで換気扇を丸焼きにしてくれたわけか」

貞子「ごめんなさい…」シュン

「…いいよ、ありがとな」ナデナデ

貞子「!」ビクッ

「それに少し安心したしな」ボソッ

貞子「えへへ…」ニヘラ

「涎たれてんぞ」

33 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:29:47 YBPruh86 33/38


「そろそろ時間か」

貞子「…はい」

「言い残す事は?」

貞子「今から処刑されるみたいな言い方やめてください」

「…また会えるのか」

貞子「どうでしょう、貞子は無数に存在しますから」

「えっ」

貞子「あれ、知らないんですか?」

「無数にって…なにそれ怖い」

貞子「そりゃわたしだけじゃ貞子は廻りませんよ」

34 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:33:31 nhGNXyj2 34/38


「つまり…有料版で課金しても、大量の貞子の中からお前が来る確率はないに等しいと」

貞子「説明ありがとうございます」

「どういたしまして」

「…っ! そうだ」

貞子「?」

「写真撮らないか?」

貞子「写真、ですか」

「あぁ、記念に。追加料金とかはやめてくれよ?」

貞子「わたしが守銭奴みたいじゃないですか!」

35 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:38:32 KQF9buaI 35/38


「ほら、お前の分な」

貞子「さすがご都合主義。現像も早いですね」

「うっせ」

「それより…普通に映るんだな」

貞子「はい?」

「いやさ、もっと心霊写真っぽく映るのかなーと」

貞子「はぁ」

「こっちの写真とか半目だし」

貞子「」ビリビリビリ

「あっ」

36 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:43:41 UGIsdZBI 36/38


「あと5分…」

貞子「なんか、ドキドキします」

「…そうか」

貞子「……」

「…」ギュッ

貞子「へっ…?」

「ごめん…こうしてて、いいか?」

貞子「…はい」ギュゥ

「…ありがとう、来てくれて」

貞子「わたし、…―し――ま―す」

サァァァァァァ……

37 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:47:39 DWldho6Q 37/38


「消えた、か…」

(なんか一気に静かになった気が…)

ピリリリリ

「ん、なんだ友からか」ピッ

「あぁ、わかった。すぐ行くわ、はーい…はい」ピッ

「…早く慣れないとな」

「…ん。ホラーアプリまだ残ってんのか」

「アップデート?」

「…一応しとくか」

38 : ◆AZqbxrTrnk[sag... - 2012/12/05 05:57:05 QDYCeyFM 38/38


「相変わらずローディングなげぇ」

「…あれ? 新機能搭載、って…」

ズズズ…

「なんか前にも似たような事が」ゾクッ

「画面が…黒い!」

貞子「どもー!」ズイズイ

「」

貞子「丁度アップデートで、妖怪側から自由にサプライズ突撃ができるように―――あれ…泣いてるんですか?」

「帰れ」

貞子「そんな照れちゃっtt…って痛い! だから戻れな…っ…そんな小さい所に入らないですからぁぁ!!」

おわり

記事をツイートする 記事をはてブする