1 : 以下、名無し... - 2011/12/07 10:11:59 MPKLOy4q0

マミ「魔法少女が魔女を生むなら‼魔女は私達自身…もぅ嫌よ!!魔女を殺すのも魔法少女同士で争うのも、もぅ嫌!!」

まどか「マミさん…」
杏子「マミ…」
ほむら「巴マミ(マズい!!巴マミのグリーフシードが急速に濁って…このままじゃ魔女化してしまう)」

マミ「…そうよ。魔女も魔法少女も私が無くしちゃえば…」ズズッ

ほむら「ごめんなさいさい、巴マミ!!」チャキッ

まどか「ほむらちゃんっ‼駄目!!」ギュッ

ほむら「えっ…(まどかが邪魔で撃てない!!)」

マミ「ふふふふふふ」ビカァッ!!

ほむら(巴マミが魔女化する…!!)

元スレ
ほむら「巴マミが魔女になった…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323220319/

3 : 以下、名無し... - 2011/12/07 10:19:24 MPKLOy4q0

ほむら「ケホッ…ケホッ…巴マミ…。」

まどか「マミさん…。」

杏子「マミ…。」

ほむら「ここは…魔女の結界?」

まどか「みたいだね…。」

杏子「って何だよ、これは!?動けねぇ!!拘束されてる!!」ガチャガチャ

まどか「そんな…」ガチャガチャ

ほむら「私も…」ガチャガチャ

ほむら「巴マミが魔女化して気付いたら魔女の結界に囚われて三人とも拘束されてる…大ピンチね。時間を止めても抜けれそうにないし…。」

「あら、三人とも気が付いたのね?」

8 : 以下、名無し... - 2011/12/07 10:36:41 MPKLOy4q0

まどか「マミさん!?」

ほむら「待ってまどか、巴マミから魔女の気配が!!」

杏子「マミ!?お前、魔女…なのか!?」

マミ「ふふ♪どうなのかしらね。」

杏子「いいからここから出しやがれ!!マミ!!」

マミ「それは…貴方達が正直になったら…考えてあげるわ♪」

杏子「お前何言って!!」

マミ「佐倉さん、煩いわね。ちょっと黙ってなさい!!」

杏子「黙…ん~っ‼ん~っ!!」モガモガ

マミ「静かにしてたらすぐに良い子にしてあげるわ♪」

10 : 以下、名無し... - 2011/12/07 10:46:00 MPKLOy4q0

まどか「マミさん!!正気に戻って下さい!!」

マミ「何を言ってるの?鹿目さん、私は正気よ。それにしても鹿目さん、やっぱり可愛いわぁ。」

まどか「えっ…マミさん…!?」

マミ「うふふ♪」

マミ「やっぱり初めは鹿目さんからね♪」

まどか「やっ…いやっ…!!」

ほむら「巴マミ!!止めなさい!!殺すなら私からに!!まどかは…まどかだけは助けて!!」

15 : 以下、名無し... - 2011/12/07 10:50:32 MPKLOy4q0

マミ「何言ってるのかしら?誰も殺したりしないわ…とってもイイコトをするだけよ。とっても…ね♪」

ほむら「何言ってるの…?」

マミ「あなたも…うるさくしそうだし…暫く黙っていて貰うわ♪」シュルッ

ほむら「…」ムーッムーッ

マミ「ふふ♪じゃ、鹿目さん始めましょうか♪」

まどか「や…っ!!」

16 : 以下、名無し... - 2011/12/07 10:54:09 MPKLOy4q0

マミ「鹿目さん、可愛い♪」

まどか「マミさん…止めて下さ…」

マミ「キスしちゃおうかしら?」

まどか「いや…」

マミ「…2人がどうなっても良いの?」

まどか「…」

マミ「良い子ね、じゃあ舌出して♪」

まどか「はい…。」レロッ

マミ「ふふふ♪」チュッ

まどか「んっ…!!」

17 : 以下、名無し... - 2011/12/07 11:01:18 MPKLOy4q0

マミ「ちゅ…れろ…ん…ちゅぱっ…」

まどか「ん~っ!!」

マミ「ちゅっ…ちゅっ…」

まどか「や…」

マミ「ちゅるっ…ちゅるっ…ちゅっ…」

まどか「ぁんっ…」

マミ「ちゅ…れろれろ…」

マミ「ぷはぁっ…ふぅっ…鹿目さん、どうだったかしら?」ハァハァ

まどか「…マミさん、正気に戻って下さい!!」ハァハァ

マミ「どうだったか聞いてるのよ?正直に言わないと…」

まどか「…気持ち…良かったです。」

マミ「そう♪じゃあもっとしないと駄目ね♪」

まどか「や、止め…んぐっ!!」

23 : 以下、名無し... - 2011/12/07 11:22:00 MPKLOy4q0

マミ「ふぅ…鹿目さん、良かったわ♪」

まどか「…」ハァハァ

マミ「初めは嫌がってたのに…最後は自分から舌まで絡ませちゃって♪」

まどか「…」ハァハァ

マミ「ふふふ♪」

まどか「…マミ…さん…正気に…。」

マミ「さて、と。鹿目さんの胸は控えめで可愛いんだけど…」モニュッモニュッ

まどか「や…あ…胸が…熱…」

25 : 以下、名無し... - 2011/12/07 11:34:29 MPKLOy4q0

マミ「ふふふ♪」モニュッモニュ

まどか「や…やぁっ…胸が…大きく…」

マミ「えいっ♪」カプッ

まどか「ひぃっ…」ピュッ

まどか「えっ…今のって…」

マミ「うふふ♪大成功♪」モミッ

まどか「やあっ…!!」ピュッピュッ

まどか「これは…」ハァハァ

マミ「ふふ♪見ての通り母乳♪」

まどか「そんな…私まだ…。」

30 : 以下、名無し... - 2011/12/07 11:46:17 MPKLOy4q0

マミ「ふふ♪心配しないで。妊娠した訳ではないわ。鹿目さんの魔力と魔法資質を母乳に変換してるだけだから♪」カプッ

まどか「それって…あひぃっ」ピュッ

マミ「ふふ♪美味しい♪全部出しちゃえは鹿目さんはもぅ魔法使えなくなっちゃうかも♪」モニュッ

まどか「いやぁっ!!」ピュッ

マミ「大丈夫よ♪鹿目さんの魔力は底無しなんだからちょっとぐらい出しても大丈夫よ♪」モミッ

32 : 以下、名無し... - 2011/12/07 11:53:28 MPKLOy4q0

マミ「だから…♪」

まどか「…」ガタガタ

マミ「この搾乳機つけちゃいましょ♪」カチャッ

まどか「いやあっ!!」

マミ「大丈夫、安心して♪鹿目さんのおっぱいは後で全部私が飲んであげるから♪」

まどか「いやぁっ!!」

マミ「スイッチ・オン♪」カチッ

ゴウンゴウン

まどか「ああっ‼」ビュッビュッ

33 : 以下、名無し... - 2011/12/07 12:03:09 MPKLOy4q0

マミ「鹿目さんは暫くほっておいて…次はどっちにしようかしら?」

杏子「ん~っ!!」
ほむら「む~っ!!」

マミ「佐倉さんにしましょ♪」

マミ「佐倉さん、轡なんてしてごめんなさいね。苦しかったでしょ?外してあげるわ♪」

杏子「…」ハァハァ

マミ「ふふ♪」

杏子「マミ!!殺してやる!!お前だけは絶対に!!殺す!!」

マミ「あら、怖い♪」

杏子「まどかにしたような事してみてみやがれ!!舌噛み切ってやる!!」

36 : 以下、名無し... - 2011/12/07 12:16:09 MPKLOy4q0

マミ「とはいってもねぇ、私に出来るのこれぐらいだし…」モミモミ

杏子「や、やめ…」

マミ「ふふ♪」モミモミコネコネ

杏子「いや、あっ…」ハァハァ

マミ「佐倉さんって見た目よりもおっぱい大きいのよね。揉みがいあるわぁ♪」

杏子「くそっ…やっああん…そんなに胸が好きなら自分の胸でも揉んでろ!!このくそ野郎!!」ハァハァ

マミ「むっ!!まだ減らず口叩くの?そんなんだと、お姉さん本気出しちゃうぞ!!」モミモミ

杏子「いや、あっ…いぎいっ!!」ビクッビクッ

41 : 以下、名無し... - 2011/12/07 12:27:06 MPKLOy4q0

マミ「ふふふん♪ちょっとやり過ぎちゃったかしら?」

杏子「…」ピクッピクッピクッ

マミ「おっぱい大っきくなったけど垂れちゃったわ。どうしましょう♪」

杏子「…殺してやる。殺してやる。」ブツブツ

マミ「あっ母乳出るようにするの忘れてたわ♪それっ♪」

杏子「ひいっ…」ビクッビクッ

杏子「いやぁっ…」ドピュッドピュッ

マミ「強力過ぎちゃったかしら♪」

杏子「私の魔力がぁっ!!」ビュッビュッ

杏子「無くなって…いやぁっ!!」ビュッビュッ


44 : 以下、名無し... - 2011/12/07 12:40:28 MPKLOy4q0

杏子「うわぁああ!!」ピュッピュッ

マミ「佐倉さんのソウルジェムが絶望で魔女を孕んじゃう。このままじゃ駄目ね♪佐倉さん、聞いて。」

マミ「出た分の母乳を飲めば魔力を補充出来るわ。」

杏子「どういう…事…だ」ピュッ

マミ「自分で自分の母乳を飲めば良いのよ。ほら、腕の拘束は解いてあげる♪これで飲みやすくなったでしょ?」

杏子「くっ…こんな…」チュウチュウ

マミ「ほら、飲めば魔力減らないでしょう?」

杏子「マミ…後で絶対に殺してやる…」ゴクゴク

48 : 以下、名無し... - 2011/12/07 13:02:35 MPKLOy4q0

まどか「あひぃぃいいい!!」ビクッビクッ

マミ「あらあら、鹿目さんの搾乳終わっちゃったの?まだ魔力は残ってるみたいだけど…一度に吸い過ぎたのかしら?」

まどか「やぁっ!!」ビクッビクッ

マミ「ふふ♪母乳だけ出してもらうつもりだったけど色々出ちゃってるわね♪こっちの蜜もちょっと味見しちゃおうっと♪」ズゾッ

まどか「いひゃあっ!!」プシャアーッ

マミ「ふふふ♪」

まどか「…」ビクッビクッ

マミ「こっちで遊んじゃっても良いけどそうしたら鹿目さんが持ちそうに無いわね。」

まどか「…」ハァハァ

51 : 以下、名無し... - 2011/12/07 13:08:02 MPKLOy4q0

マミ「鹿目さん?大丈夫?」

まどか「私のおっぱい…魔力が…」ハァハァ

マミ「あらあら♪でも鹿目さんの魔力おっぱいは私のだし…そうだ♪」

53 : 以下、名無し... - 2011/12/07 13:23:20 MPKLOy4q0

マミ「ほぉら、鹿目さぁん、おっぱいでちゅよ~」ペロン

まどか「…おっぱい!?」ハァハァ

マミ「ほら、マミお姉ちゃんのおっぱいでちゅよ~」

まどか「おっぱい…私の…んぐっ」チュウチュウ

マミ「あんっ…鹿目さん美味しい?」

まどか「」チュウチュウ

マミ「ふふふ♪」

まどか「ママ…」チュウチュウ


67 : 以下、名無し... - 2011/12/07 13:53:15 MPKLOy4q0

まどか「ママぁ…」チュウチュウ

マミ「あらあら鹿目さん、私はママじゃないんだけど…」ナデナデ

まどか「ママ…ママ…」チュウチュウ

ほむら「ん~っ!!」ジタバタ

マミ「ふふふ♪」ナデナデ

69 : 以下、名無し... - 2011/12/07 14:00:38 MPKLOy4q0

まどか「…」チュウチュウ

マミ「よしよし、ママのところにずっと居たら辛い事も何も無いからね」ナデナデ

まどか「ママ…」ギュッ

マミ「ふふふ♪」

まどか「…」スヤスヤ

マミ「安心して寝ちゃったみたいね♪」

まどか「Zzz…」

マミ「ふふふ♪まるで赤ちゃんね…」ナデナデ

まどか「ママ…Zzzz…」スヤスヤ

72 : 以下、名無し... - 2011/12/07 14:15:36 MPKLOy4q0

マミ「さ、暁美さん、待たせたわね。最後はあなたの番よ。鹿目さんが寝てるから残念だけど轡はしたままね♪」

ほむら「む~っ!!」

マミ「あら?」

ほむら「っ!!!」

マミ「じっとりね。この年になってお漏らし?」

ほむら「…/////」

マミ「ふふ、言わなくても分かってるわ。鹿目さんと佐倉さんの見て濡らしちゃったんでしょ?イケナイ子ね。」

74 : 以下、名無し... - 2011/12/07 14:23:10 MPKLOy4q0

マミ「もぅ出来上がってるみたいね♪ふふふ♪すぐに良くしてあ・げ・る♪」スカッスカッ

ほむら「ん~っ(止めなさい巴マミ!!)!!」

マミ「テレパシーでそんな事言っても…暁美さんの胸は…」スカッスカッ

ほむら「んっ(や、止めて…)!!」

75 : 以下、名無し... - 2011/12/07 14:31:00 MPKLOy4q0

マミ「…」スカッスカッ

ほむら「…(あれ?)」

マミ「…。」


「転校生!!」ザシュッ

マミ「きゃっ‼」

ほむら「!?」

さやか「逃げるよっ!!」

マミ「美樹さん!?生きてたの?」

ほむら「待って!!まだまどかと佐倉杏子とまどかミルクが!!」

さやか「アレは今は無理!!それにもぅ手遅れ…とにかく今は逃げるよ!!」

ほむら「あっ…」

79 : 以下、名無し... - 2011/12/07 14:50:35 MPKLOy4q0

マミ「逃げられちゃった…。」クスン

マミ「でも、今は手元に残った2人の方を…。」

マミ「佐倉さん、気分はどうかしら?」

杏子「くそっ!!お前なんて殺して…やりたいのに…これ飲んでると…くっ!!」

マミ「あらあらじゃあ飲むの止めたら良いのに。」

杏子「飲むの止めたら魔力が…」

マミ「そうね。じゃまた暫くしたら会いましょう。それまでここでゆっくりね♪」

杏子「くそっマミめ…。」

83 : 以下、名無し... - 2011/12/07 15:18:17 MPKLOy4q0

まどか「マミさぁん♡」

マミ「あら、起きたの?」

まどか「大好きです」チュッ

マミ「私も好きよ」チュッ

まどか「あの…////」

マミ「ふふふ♪」

84 : 以下、名無し... - 2011/12/07 15:31:44 MPKLOy4q0

ほむら「クソッ!!」ドンッ

さやか「ほむら、落ち着きなよ?」

ほむら「魔女にまどかを奪われたのよ!!これが落ち着いていられ…!!」

さやか「…。」

ほむら「それに貴方!!生きてたのに姿を見せないせいで!!巴マミが!!」

さやか「…。」

89 : 以下、名無し... - 2011/12/07 15:53:45 MPKLOy4q0

ほむら「とにかくまどかを助け出さないと。」

さやか「待ってまだほむらの身体が…二三日は動くの無理だよ。」

ほむら「くっ…。」

94 : 以下、名無し... - 2011/12/07 16:09:30 MPKLOy4q0

さやか「ほむら…実は私…あんたのこと…」

ほむら「美樹さやか…」

さやか「逃げちゃおう?2人で…」

ほむら「…」ギュッ


ほむら(って事になっても良いから誰か助けて!!)

マミ「あら?観念したの?随分静かだけど?まぁ騒がないでいてくれた方が嬉しいわ。鹿目さん寝ちゃったし…。」

ほむら「っ!!」

マミ「まさか貧乳だから効かないなんて思ってるんじゃない?」

ほむら「…(思ってました!!)」

マミ「ふふ♪意外と可愛い考えするのね♪でも、現実は残酷だから」モニュッ

ほむら「ッ!!!!」ビクッビクッ

99 : 以下、名無し... - 2011/12/07 16:21:57 MPKLOy4q0

マミ「ふふ♪私の魔力、よく馴染むでしょ?三人目だから加減も分かっちゃった♪」モニュッ

ほむら「!!」ビクッビクッ

マミ「暁美さんって、おっぱいが小さい事悩んでたわね。いいわ、大きくしてあげる♪」モニュッモニュッ

ほむら「ひんッ!!」ビクッ

マミ「ふふふふふ♪」モミモミコネコネ

マミ「一挙に5カップも大きくしちゃった♪どう?嬉しい?」

ほむら「!!!(えっ…本当に!?)」

111 : 以下、名無し... - 2011/12/07 16:39:37 MPKLOy4q0

マミ「本当よぉ♪(AAAAA→B)」

ほむら(夢じゃ…ないのよね!?)

マミ「定着する迄は定期的に魔力補充をしないといけないけど…どう?自分で触ってみる」

ほむら「…。」コクッ

マミ「ふふ♪」

ほむら(これが…私の胸!?凄い!!これならパイズリも夢じゃない!!)

マミ「どう?凄いでしょう?私と一緒に来れば…」

ほむら「…」ゴクリ

マミ「じゃあまた拘束して」シュルッ

マミ「暁美さん、続けるわね」モニュモニュ

ほむら「…」コクッ

ほむら(あれ?さっきのタイミングで時間を停めればよかったんじゃ…!?)

117 : 以下、名無し... - 2011/12/07 16:51:08 MPKLOy4q0

マミ「もぅ、騒がないわね。轡外すわ♪」

ほむら「…」ハァハァ

マミ「ねぇ、暁美さん私と一緒に来て!!世界を何度も繰り返すのも止めて、争いの無い世界に行きましょ?」

ほむら「私は…。」

118 : 以下、名無し... - 2011/12/07 16:58:22 MPKLOy4q0

マミ「胸も大きくしてあげるし、佐倉さんのミルクも分けてあげる。もう鹿目さんを失う事も無くなるのよ。ね、私と一緒に…。」

ほむら「…」

マミ「暁美さんの魔力を私にくれれば、美樹さんも助ける事も出来ると思うの。」

ほむら「…。」

マミ「いえ、それだけじゃない。全ての魔女、全ての魔法少女を絶望する前に助けれるの。だから、お願い!!」

ほむら「私は…。」

123 : 以下、名無し... - 2011/12/07 17:05:26 MPKLOy4q0

QB「なんて事だ…魔女化したマミがエントロピーを凌駕した!?」

QB「うちゅうのほうそくがみだれる!!」

QB「宇宙が再構成されていく…」

マミ「そう…なのね。これが宇宙の…」

まど神「何…コレ」

まど神「マミ…さん?」

マミ「鹿目…さんにしては雰囲気が少し違うわね?」モミッ

まど神「ぁんっ…」

125 : 以下、名無し... - 2011/12/07 17:17:26 MPKLOy4q0

ほむら「私とまどかの魔力を取り込んだ巴マミはエントロピーを超え、過去未来全ての魔女と魔法少女を絶望する前に救ったらしい。」

ほむら「その過程で世界は再構成され、以前の世界をはっきりと覚えている人は巴マミ以外にはいない。私もおぼろげにしか覚えていない。なのでこれは巴マミに聞いた話だ。」

QB「ほむら、そろそろだよ。」

ほむら「分かってるわ。」

127 : 以下、名無し... - 2011/12/07 17:26:55 MPKLOy4q0

マミ「みんな、良い子にしてたかしら?」

まどか「あの、マミさん私のミルクを!!」ハァハァ

杏子「こら、まどか抜け駆けするな!!」

さやか「私のを」ハァハァ

まど神「わたしのミルクをお願いしますぅ♡世界なんてどうなっても良いですからぁ♡早くぅ♡」ハァハァ

ゆま「マミお姉ちゃん、ゆまのロリミルク飲んで!!」

マミ「ふふ♪みんな喧嘩しないの。順番に飲んであげるから。」


ほむら「出遅れた…。」



QB「マミ、行ってくるよ。」

マミ「ええ。気を付けてね。」




QB「僕と契約して魔法少女(マミさんの搾乳家畜)になって(マミハーレム入りして)よ!!」

おしまい

131 : 以下、名無し... - 2011/12/07 17:37:31 MPKLOy4q0

ちなみに魔女マミさんは…
孤独の魔女 その性質は搾乳
孤独の魔女に魅入られたが最期、悦楽の園に連れて行かれる。
常にマリオのスター状態で倒すのは不可能、諦めろ。

記事をツイートする 記事をはてブする