あやめ速報-SSまとめ-

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIPで書かれたSSをまとめています。 主なジャンル:「まどか☆マギカ」「禁書目録/超電磁砲」「けいおん!」「ゆるゆり」「Another」・新ジャンル・魔王・勇者・幼馴染・男・女・妹など。

あやめ速報のツイッター あやめ速報のRSS あやめ速報をブックマーク Facebookに投稿
ヘッドライン

ほむら「いいわ、私が髪を結ってあげる」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/05 02:11:41.24 YUPzKWXe0 1/29

杏子「ほむらー」

ほむら「佐倉杏子……わざわざ人の家まで来て、何の用?」

杏子「けっ、愛想のなさは相変わらずだね」

ほむら「余計なお世話よ」

杏子「一晩でいいんだ、泊めてくれ。寝るだけでいい。頼む」

ほむら「……常識というものを何も知らないのね」

杏子「あん?どうすりゃいいんだよ。土産の一つでも渡せばいいのかい?」

ほむら「そんな話はしていないわ。もっと事前に連絡するとか、色々あるでしょう?」

杏子「あー、そういうことか。それは無理だね」

ほむら「そう。ではこちらの出す答えも同じよ」

杏子「違うって。ほら、外見てみなよ」

ほむら「外……? って、雪? すごい吹雪ね……」

杏子「ああ、マミの家に向かう途中で急に強くなってきやがった。これじゃ辿り着けそうもない」

ほむら「それで一番近かった私の家へ?」

杏子「まあ、そんなとこだよ」

元スレ
ほむら「いいわ、私が髪を結ってあげる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354641101/

続きを読む

シンジ「今夜のオカズは何にしようかな」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/04 21:57:02.84 ErwOrNq30 1/57

シンジ「う~ん」

レイ「何を悩んでるの?」

シンジ「あ、綾波、今夜のオカズは何にしようかなって」

レイ「そう」

シンジ「うん、毎晩悩むんだよね」

レイ「碇君の好きにすればいいと思うわ」

シンジ「そうなんだけど……いろいろマンネリ化してるっていうか」

レイ「マンネリ?」

シンジ「うーん、同じものばかりっていうこと、かな」

元スレ
シンジ「今夜のオカズは何にしようかな」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354625822/

続きを読む

まどか「私のまんまんがアワビになった……」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/05/04 20:54:50.34 M3Z5tOfy0 1/171

まどか「死にたい」

元スレ
まどか「私のまんまんがアワビになった……」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1304510090/

続きを読む

シンジ「アスカが僕の部屋に入り浸る……」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/04 19:31:46.88 0D2TEvbzP 1/57

アスカ「そこ右よ」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「そっちは左」

シンジ「……」


アスカ「そうじゃなくて、看板の裏」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「あ、そこ、隠しアイテムあるから」

シンジ「……」


シンジ「……」ピコ

アスカ「……あーあ、死んじゃった」

元スレ
シンジ「アスカが僕の部屋に入り浸る……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354617106/

続きを読む

アスカ「バレンタインデーにチョコ?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/03 20:56:14.97 dBg6YBHwP 1/70

ヒカリ「うん、日本のバレンタインデーはチョコを渡すのよ」

アスカ「ふーん」

ヒカリ「……あんまり興味なさそうね?」

アスカ「だって、私、付き合ってる人いないし」


ヒカリ「日本では別に付き合っていなくても、あげていいのよ」

アスカ「そうなの?」

ヒカリ「うん。好きな人、憧れている人、日頃お世話になっている人……そういう人にあげるの」

アスカ「へぇ」

元スレ
アスカ「バレンタインデーにチョコ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354535774/

続きを読む

さやか「オイデゲェェェェェェ!!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/09/24 17:16:31.27 wOi+Xldp0 1/89

―――歩道橋

杏子「さて、ここなら邪魔は入らないだろうし。やろうか?」ニッ

さやか「上等……!!」スッ

ほむら「待ちなさい、佐倉杏子!」

まどか「やめて、さやかちゃん!」

杏子「ちっ、またあんたか、イレギュラー……」

さやか「まどか……」

ほむら「話が違うわよ。美樹さやかには手を出すなと言ったわよね?」

杏子「ふん、そんな事言ったってよ、こいつから絡んできたんだぜ?」

さやか「邪魔しないで、まどか!そもそもまどかは関係ないんだから!」

まどか「ダメだよ!魔法少女同士でいがみ合うなんて、こんなの絶対おかしいよ!」


元スレ
さやか「オイデゲェェェェェェ!!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348474591/

続きを読む

先輩「引越し業者がまだ来ない…」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/01 22:45:24.08 mBC8Ivbz0 1/27

先輩「このダンボールの山、どうしよう」

元スレ
先輩「引越し業者がまだ来ない…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354369524/

続きを読む

ほむら「ほむほむの時間よ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/03 21:59:22.88 t06+A33s0 1/37

ほむら「ほむほむさせて頂戴」

元スレ
ほむら「ほむほむの時間よ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354539562/

続きを読む

える「私、気になりません!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/03 22:30:06.56 ggYMoPSG0 1/37

――部室
ガラッ

奉太郎(あいつらはまだ来てないのか・・・ん?)

奉太郎(この薄い冊子は何だ?)

ペラッ

奉太郎(『マサキは後悔してないの?僕・・・男だし・・・』)

奉太郎(『だって、関係ねーじゃん。俺は権名翼が好きなんだからさ』)

奉太郎(・・・?何だこれ?漫画か?)

ガラッ

里志「ちーす、奉太郎」

元スレ
える「私、気になりません!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354541406/

続きを読む

ミサト「本当にシンちゃんが嫌いなの?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/04 16:57:08.45 4cuVW/If0 1/40

アスカ「ガキだし言い訳ばっかりだしすぐ泣くし、ほんっと大っ嫌いよ!」

ミサト「ふーん」

アスカ「…」

ミサト「…」



ミサト「ここにシンちゃんの飲みかけジュースが…」

アスカ「えっ!?」ガタタッ!


ミサト「」

アスカ「」

元スレ
ミサト「本当にシンちゃんが嫌いなの?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354607828/

続きを読む

ほむら「私の中に、もう1人……!?」【後編】

362 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/05/24 03:25:57.59 5upi7xT/0 127/266

数日後

さやか「おぉりゃああ!!」

使い魔「ギャァアアアアアアア……!」

さやか「ふぅ……どうですか、マミさん!」

マミ「すごいわ、美樹さん。初めての時より、ずっと上手に戦えてるわ」

さやか「えへへ……マミさんが特訓してくれたおかげですよ!」

ほむら『大したものね。思っていたよりずっと成長が早いわ』

弱ほむ『はい……美樹さん、すごいです』

ほむら『……そろそろ良いかも知れない』

弱ほむ『え……?』

ほむら『2人に、話してみましょう』

弱ほむ『っ……!』

マミ「……暁美さん、どうかした?」

弱ほむ「……その……実はお2人に、お願いがあるんです……!」

さやか「んー?どうした、改まってー。なんでも言ってくれたまえ!」

元スレ
ほむら「私の中に、もう1人……!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337767305/

続きを読む

ほむら「私の中に、もう1人……!?」【前編】

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/05/23 19:01:45.81 DAD+ViGC0 1/266

ほむら「……また、駄目だった」

目が覚めたら、そこは“いつもの”病院。
私はベッドから上体を起こす。

……諦めない。
今度こそ私は、まどかを……

 『ほ、本当に戻っ……えっ……?あ、あれ……?どうして……?』

ほむら「!?」

何……?
突然、頭の中から声が……!?
テレパシーじゃない……これは……私の中に、誰か……!

元スレ
ほむら「私の中に、もう1人……!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337767305/

続きを読む

赤沢「Akather…?」

1 : VIPにかわりましてNIPPER... - 2012/04/01 20:21:56.88 2UyBBTxQ0 1/149


「ばか…」

つぶやく私の足元には、捨てたばかりのコーヒーの空き缶が転がっていた。
ゴミを撒き散らすようなことをしたのは、覚えている限り生まれて初めてのことかもしれない。
そもそも、この安物の缶コーヒー自体、半ばヤケになって一気飲みしたものだ。

「おにぃの…」

搾り出すように言うと、空き缶も、少し遠くに見えている川もぼやけてきて
堪えていた涙が流れ落ちそうになっているのがわかった。
赤沢和馬、私の従兄弟は、大切な『おにぃ』は、もう帰ってこない。
つい先日、とんでもなく理不尽な形で、奪われてしまったのだ。
永遠に。

「おにぃの……ばかぁーーーっ!」

元スレ
赤沢「Akather…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1333279316/

続きを読む

後輩「先輩、パンツ見えてますよ」先輩「ああ、これね」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/02 10:49:20.97 Kh2C28ApO 1/18

先輩「これパンツじゃないよ、アンダースコート」

後輩「そうなんですか……」

先輩「パンツはこっち」ピラッ

後輩「見せなくていいですよ!」

先輩「なんだ、見たかったんじゃないのか」

後輩「そんな天使が履くような純白パンツになんて興味ありません!」

先輩「がっつり見とる……」

元スレ
後輩「先輩、パンツ見えてますよ」先輩「ああ、これね」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354412960/

続きを読む

アスカ「あんたの手、あったかい」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/12/03 14:31:41.67 HSCbeMT70 1/39

シンジ「そう?」

アスカ「なんだか妙に安心するって言うか」ギュッ

シンジ「…」

アスカ「あんまり触ったことないけど、人肌ってこんな感じなのね」ギュッ ギュッ

シンジ「あ、アスカ?///」

アスカ「なるほどなるほど…」ニギュッ ニギュッ


アスカ「えへぇ///」

元スレ
アスカ「あんたの手、あったかい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354512701/

続きを読む

男「なあお母さん」 幼馴染「!?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/12/02 22:24:29 CwNwDIrQ 1/48

幼馴染「……」

「はっ!いや、いまのは、その」

幼馴染「なに?今のは私を呼ぶつもりだったの?」

「あ、ああ……」

幼馴染「……」

「ほら、よくあるだろ、学校の先生を間違えてお母さんって呼んじゃうやつ」

幼馴染「よくあるよくある」

「!あ、あるよな!そうだよな、お前もあるだろ一回ぐらい」

幼馴染「私はないよ」

「そ、そうか……」

元スレ
男「なあお母さん」 幼馴染「!?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1354454669/

続きを読む

従者「不老不死の呪い……ですか」女勇者「そうだ」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします... - 2012/11/28 22:25:18 riDVkubU 1/69

 それは少し昔の話。勇者は魔王を討たんとし、やがて……

女勇者「……はあっ、はあっ」

魔王「……よくぞ、人の身でここまで……」

女勇者「……これで、やっと……!」

魔王「……その通りだ。見てわかるだろうが私はもう助からぬ。貴様の勝ちだ」

女勇者「みんな、仇は取ったぞ……!」

魔王「……さすが人々を救い、希望を与える勇者だ。仲間が倒れても諦めず、今ここで私を倒したこと。賞賛に値する」

女勇者「……それでなんだ。なにが言いたい」

魔王「私はここで倒れる。だが……」

女勇者「……!?」

魔王「ただでは倒れてやらんぞ……!」

女勇者「貴様っ……!?」

元スレ
従者「不老不死の呪い……ですか」女勇者「そうだ」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1354109118/

続きを読む

ほむら「思い出せない…私は何者だ?」 PART.6(完結)

前スレ:PART.1 PART.2 PART.3 PART.4 PART.5

102 : VIPにかわりましてNIPPER... - 2012/05/12 20:39:38.94 Q0iJFDsw0 470/543


夜も良い時間ということで、皆と解散することになった。

魔法少女とはいえ、あまり遅くまで活動していると補導も怖いのだ。


特にまどかは魔法少女ではない。彼女はマミに送ってもらう事になった。


さやか「いやぁー…それにしても、あれは凄いなぁ…」


先頭はさやか。後ろには私と杏子が並び、夜の街を歩いている。

グリーフシード集めは1つで終わるには時間がもったいないので、皆で集めることになったのだ。


マミも途中から合流すると言っていたが、私はその頃にはいないだろう。

個人的な用事もある。魔女狩りは、ワルプルギスの夜との戦いにおいてはそこまで重視されるものではない。

グリーフシードをまったく使わないわけではないだろうが、それ以上に力を入れる場所というものもあるのだ。


杏子「アタシもあの盾から炎を出す魔法、あれでやられたよ」

さやか「うげっ……良く生きてたね」

杏子「ああ、今日のを見ると、もしかしたらアタシ……あの時加減されてたんじゃないかって」

ほむら「なんかごめん」

杏子「いや、悪ィ、ほむらは悪くないよ」


本当は暁美ほむらも悪くは無い…と、擁護してやりたい。

けれど暁美ほむらの過去を語るわけにはいかない。もどかしいものだ。


ほむら「……魔女、どうやらなかなか見つからないようだね、すまないが私はそろそろ用事がある、おいとまさせてもらう」

さやか「あ、うんわかった、今日はありがとね!ほむら!」

ほむら「私の魔法、参考になったかな?」

さやか「あはは……参考になったかはわかんないけど」


手を振り、二人と別れた。

さやかと杏子は、もう少しだけ魔女探しをするようだ。


元スレ
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1330265526/
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1333269106/
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336396694/

続きを読む

ほむら「思い出せない…私は何者だ?」 PART.5

前スレ:PART.1 PART.2 PART.3 PART.4

598 : VIPにかわりましてNIPPER... - 2012/04/26 20:41:27.33 6/xV+LzB0 392/543

ぼふん。


ほむら「……」


毛布の上に倒れ込む。

そして、毛布を身体に巻きつける。

外の世界を遮断する。自分の世界に篭る。


いつからだろう。こうしておかないと、心を保てなくなってしまった。


ほむら「……」


そして暗い毛布の中、自分のソウルジェムの輝きを抱いて瞑想に耽る。

自らの魂すらも監視して、異常があればすぐに処置を施す。


バカみたいな話だ。

近頃の最大の敵は、自分なのだから。



「にゃぁ……」

ほむら「!」


毛布の中に黒猫が入りこんでくる。


ほむら「エイミー……」

「にゃ……」

ほむら「……そっか、今はワトソン、っていうんだっけ」


ソウルジェムが瞬いた。

いけない。自分に嫉妬してしまうなんて。


ほむら「……」


このままではいけない。

もう私は限界を感じたのだ。

全てを、私に託さなくてはいけないのだ。


他ならぬ私のために。

まどかのために。

元スレ
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1330265526/
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1333269106/
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336396694/

続きを読む

ほむら「思い出せない…私は何者だ?」 PART.4

前スレ:PART.1 PART.2 PART.3

40 : VIPにかわりましてNIPPER... - 2012/04/02 20:54:12.94 VA6uBrjt0 294/543


ほむら「ふっ……!」


ハードルを飛び越える。

魔法少女の身体能力は体育の時間で最も花開く。


何も考えずに力半分でやっていればいいのだ。

加減がなければ、むしろやりすぎてしまうからね。




教師「ま、またすごい記録を……」

ほむら「フリーです」

教師「聞いてないけど……何らかの機会で目に触れれば、スカウト、来るかもしれないわね…」

ほむら「なに」


それは困る。

さすがに魔法少女の力で、この国の有能なアスリートの卵たちを挫折させたくはない。


仁美「はぁ、はぁ……ほむらさん、すごいですわ…全く、追いつける気がしない…」

ほむら「ふふ、仁美もなかなか早かったじゃないか」

仁美「ああ……振り返りながら走っていましたものね…それでよく、ハードルに引っかからないものですわ…」

ほむら「歩数で数えていればハードルなんて目を瞑っていても越えられるさ」

仁美「あーあ…ほむらさんには、何ひとつ叶わないわぁー……」


委員長にちょっとした挫折を味あわせてしまったのかもしれない。

でも、この程度は勘弁してほしい。

元スレ
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1330265526/
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1333269106/
ほむら「思い出せない…私は何者だ?」3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336396694/

続きを読む
お知らせ
この度、姉妹ブログ『あやめ2nd』を開設いたしました。

「あやめ速報」でまとめていないジャンルのSSをまとめています。
主に「アイドルマスター」シリーズを中心に、「ラブライブ!」「アイカツ!」などのアイドル系作品をまとめています。
当サイト共々、こちらもよろしくお願いします。

URL: http://ayame2nd.blog.jp/
RSS: http://ayame2nd.blog.jp/index.rdf
最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: